足の美しいタレントさんと言えば、菜々緒さんをイメージする人も多いですよね?

モデルさんのようにスラリと伸びた足は女性なら誰でも一度は憧れるものです。

ですが、あそこまでパーフェクトな足になれないとしても、せめて足のむくみは解消したい。

立ち仕事をしていると足がパンパンにむくむ人は多いですが、デスクワークで座っていても足はパンパンにむくみます。

どうして、足はむくむのでしょうか?足がむくむ原因は血行不良によるものです。

血液がスムーズに循環しないことで足がむくんでしますのです。

足がむくむ方は、まずは原因を知ることが大事です。

そして、原因を知ったら改善することが大事になってくるのです。

️足のむくみで悩んでる…

足のむくみがひどくなると朝穿いたブーツのファスナーが夕方になると閉まらない。

足がパンパンになる歩くことができない。

足がむくむことで穿きたい靴も断念した女性は多いと思います。

でも、足がむくむ方もいれば、むくまない方もいるのです。

その差は何でしょうか?足のむくみは放置していると同じことを繰り返してしまいます。

足のむくみで悩んでいる方は解消法を知ることが大事です。

足ののむくみは毎日、ケアをすることで解消されることができるのです。

足が重いと倦怠感をかんじて、身体全体の不調に繋がってきます。

足のむくみは原因を知ることが大切


足のむくみの原因はザックリと言えば血行不良によるものです。

身体の中の血液は足から上へ持ち上げられて循環されていますが、締め付けや立ち仕事、同じ体勢を長時間することでリンパの流れが悪くなるのです。

そうすると血液が足に溜まったままになり、足のむくみに繋がって行きます。

足がむくんだとき、横になり足先を頭よりも高くすることで足のむくみは解消されます。

それは足に溜まった血液が流れて行くからです。

足がむくむ原因は1つだけとは限りません。

立ち仕事の方、デスクワークの方など生活環境によって解消法も変わってくるのです。

自分に合った解消法を知ることが大事です。

足のむくみの原因を知ると、美脚にもなる道も近づいてきます。

自分に合わせた解消法を!

足のむくみの原因は1つだけではありません。

慢性化な足のむくみは、もしかしたら病気かもしれません。

その場合、足のマッサージをしても、それは一時的なことで解消することはありません。

とは言え、足のむくみの原因のほとんどは血行不良によるものです。

その根本的な原因を考えて場合、個々の生活環境が症状を悪化させていることが多いです。

例えば、立ち仕事の方もいればデスクワークで一日中座っている方もいます。

夜勤の仕事で眠る時間が不規則な方もいれば、忙しくて食事が偏っている方もいます。

このように生活環境は個々に違います。

足のむくみの解消法は1つではありませんし、同じ方法を試しても効果が得ない場合もあるのです。

自分に合わせた解消法を知ることが必要です。

️足のむくみの4個の解消法


足のむくみを感じたとき、足のマッサージに行く方も多いと思います。

でも日常的に起こる足のむくみを感じる度にマッサージに行くことはコストもかかります。

マッサージに行かなくても足のむくみは自分で解消することができます。

足のむくみの解消法は主に4つです。

自分でセルフマッサージをすることと、ツボを押すこと、足のむくみ専用の靴下、生活環境の見直しなどあります。

足のマッサージやツボは、入浴後や眠る前がおすすめです。

ちょっとした解消法で足のむくみは改善します。

是非、初めてみましょう。

マッサージ

足のむくみを解消するなら、マッサージがおすすめです。

足には老廃物がたまりやすくなり、血液も溜まりやすいです。

特に同じ体勢をしている方は、リンパの流れが滞っているので足をマッサージしてあげることで柔らかくなり、流れも良くなります。

足のマッサージもそうですが、マッサージ前にはお水を飲むと良いと言われています。

そうすることで老廃物が流れやすいのです。

さて、肝心の足のマッサージの方法ですがが、足首のほうは、

・片手の親指で内くるぶしの後ろを押すように足首をつかむ。

・そのまま押しながら、足首をグルグルと回す。

という簡単なやり方でまずはOKです。

ふくらはぎのほうは、両手で挟んで、もしくは片手でふくらはぎを握るようにして、足首側から上のほうにかけて、押し上げていきます。

上に流れるようにマッサージすることがおすすめです。

足のマッサージをする際に足が乾燥している状態だとマッサージがしにくいものです。

マッサージをする際はオイルやパウダーを手につけると滑らかになります。

足のむくみにおすすめなアロマオイルとホホバオイルをブレンドしても良いでしょう。

ローズマリーなどは血行を促す効果が期待できます。

また、ラベンダーパウダーなどもアロマショップに販売しているのでチェックしてみると良いでしょう。

【足のむくみに効くマッサージ方法は、こちらの記事もチェック!】

ツボ押し

街中に足ツボサロンやリフレクソロジーサロンなど目にしたことあると思います。

足の裏には様々なツボがあります。

足の裏は身体全体を映す反射区と言われています。

実際に身体の臓器を触ったり、押すことはできません。

足の裏のツボを押すことで身体の不調な部分を関節的に改善する効果が期待できるのです。

足のむくみは血液が滞り、老廃物が溜まることで起こります。

足のツボを押すことでリンパの流れを良くすることができます。

ツボ押しはセルフですることができます。

とくに入浴後など代謝が良くなっているときがおすすめです。

ツボ押しは慣れないと指を痛めてしまうことがまれにあります。

あまりチカラを入れないことがコツです。

また100円ショップなどでもツボ押し棒など販売されているので使用することもおすすめ。

手軽にできるツボ押しとしてはゴルフボールをツボ部分に置いてコロコロと転がすと丁度良いチカラ加減でツボ押しすることができます。

湧泉

湧泉は足の裏にあるツボです。

ちょうど真ん中、膨らみの凹んだ部分になります。

足裏の人差し指の付け根から3~4cm下がった部分が湧泉です。

足裏を掴み湧泉のツボを手の親指でゆっくりと圧をかけて押します。

指を離すときは、圧と同じようにチカラを抜いて行くと足がジンワリと温かくなります。

湧泉のツボを押すことで身体の血流も良くなります。

湧泉のツボは、足のむくみを緩和することはもちろんですが身体のあらゆる不調を改善してくれる万能なツボとも言われています。

胃痛、食欲不振など胃腸のバランスを整えることや、肌トラブルなどにも効果が期待できます。

足がむくみ、疲れやすい方は湧泉のツボ押しがおすすめです。

足心

足心のツボは両足裏のカカトから5cm程度上の場所になります。

カカトの膨らみがなくなる凹んだ部分の中心です。

足心を刺激することで腎臓に働きかけます。

腎臓の動きが悪いと水分を排出することができなくなるので、腎臓のツボを押すことで正常にします。

少し強めに、ゆっくりと上に押し上げるように圧をかけることがポイントです。

足心のツボはカカト付近にある為、硬くなっている方も多いです。

心臓

心臓は両足にはありません。

左足裏の中指と薬指の間から4cm程度下に下りた部分になります。

少し膨らんだ部分です。

心臓のツボを刺激すると身体全体の血行を促します。

その為、下半身のむくみをとる効果が期待されるのです。

ゆっくりと圧をかけて揉みながら押すと良いでしょう。

ツボ押しは間違えて押してしまうと意味がなくなります。

足裏は毎日歩いていることで硬くなっている方も多いので、なるべく皮膚が柔らかくなる入浴後に行うと良いでしょう。

足湯などに浸かると全体の代謝も良くなり、手軽に出来ておすすめです。

むくみ取りの靴下

足のむくみが気になる方は日頃から、むくみ取りの靴下を愛用しています。

一般医療機器として下肢静脈瘤や深部静脈血栓という病気の予防に使われている物もあるほど効果的なようです。

むくみを取る靴下を穿くことで血液の流れがよくなっていきます。

また女性の間で人気な靴下が寝ている間に足のむくみケアをしてく
れる「メディキュット」です。

医学に基づいた設計で寝ている間に足のむくみを改善してくれる優れものです。

足のむくみは放置していると足を太くしてしまうことにも繋がります。

特別なことをしなくても、靴下であれば履いているだけで足のむくみケアができます。

最近では靴下だけじゃなくタイツやレギンスもあるので、服のコーディネートに合わせても足のむくみケアをすることができます。

生活習慣の見直し

どうして足のむくみが起こるか?それは足に老廃物や血液が滞ることが原因です。

では、何故、老廃物や血液は滞るのか?それは生活習慣が影響しているのです。

仕事上、どうしても立ち仕事をしていることやデスクワークで1日中、座っているなど姿勢は足のむくみを引き起こす大きな原因のヒトツです。

またスタイルを気にするばかりに自分に合っていない靴を穿いてしまうこと。

これも女性なら、よくあることです。

健康的な生活をしていれば、足に老廃物が溜まることや血液が滞ることはないのです。

足のむくみを治したいのであれば、生活習慣の見直しが必要です。

️足がむくむ原因

足がむくむ原因は、様々あります。

同じ姿勢を長時間続けていることは足に負担をかけます。

エコノミー症候群という言葉を聞いたことあると思いますが、まさにエコノミー症候群は長時間同じ姿勢でいることが原因で血液の流れが悪くなる足がむくみます。

足がむくむだけで済めば良いですが、酷くなると血液が滞り、脳や心臓に回らなくなり死に至るケースもあるのです。

震災時に車中生活を余儀なくされた方も同じ姿勢で長時間過ごし、エコノミー症候群になり、2時間置きに身体を動かすか、足のむくみを解消するタイツを穿くことをすすめられています。

足のむくむを引き起こす原因を知って、気をつけるようにしましょう。

同じ姿勢をし続けている

同じ姿勢をし続けていることは立っていても座っていても良くないのです。

エコノミー症候群も同じ姿勢で座りっぱなしの状態が8時間以上続くことで発症することがあります。

日常では連続して8時間も立ったり座ったり続けることはありませんが、それでも仕事となると4時間座っていることや立っていることはあります。

4時間でも同じ姿勢を続けていることはリスクがあります。

足に老廃物や血流を滞る原因になるのです。

仕事上で同じ姿勢をしないといけないことは仕方ないことです。

その中でも出来るだけの対策を考えて足のむくみを解消していきましょう。

立ちっぱなし

足がむくむと言えば、立ち仕事です。

接客業の方は休憩時間まで永遠と立っていることも多いと思います。

しかし同じ場所でずっと立ち続けることと、小まめに立っていながらも動くことでは、足のむくみ方にも差が出てきます。

例えば、ガードマンなど同じ場所で永遠と立ち続ける仕事は、それだけ血流も滞り、血栓もつまりやすくなります。

飲食店などのホールの方は立っていながらもマメに動くことで血流は固まらず、流れるようになるのです。

立ちっぱなしの方は、わずかでも動くことを心がけましょう。

同じ場所に立ってないといけない場合は靴の中で足の指だけを使いジャンケンをするように動かすことをおすすめします。

それだけでも、足のむくみ予防になるので試してみてください。

座りっぱなし

意外と立ち仕事の方よりも、足のむくみが酷いことが多いです。

デスクワークはイスに座って膝が曲がったままの状態で長時間います。

この体勢は余計に血液の流れを悪くし、血栓を詰らせやすくなります。

座りっぱなしの状態では立ちっぱなしの状態よりも下半身が固定されて動けないのです。

立っている状態であれば、多少なり足がだるくなってきたら左右に動くことはできます。

座っている状態は固定感が強く、ほぼ動けない。

だからこそ立ち仕事よりも足のむくみも酷くなりがちです。

出来るだけ休憩時間やトイレなど小まめに動くことをおすすめします。

また、靴を脱いで足先だけグーチョキパーなど動かすことも良いでしょう。

下半身を冷えにくくすることも大事です。

締め付けの強い下着やボトムス

締め付けの強い下着やボトムスも足がむくむ原因のヒトツです。

弾圧ソックスなどは適度に締め付けて血行の流れを良くしますが、締め付けて良い部分と締め付けると足がむくみやすい部分はあります。

矯正下着などで腰周り、ヒップなどを強いチカラで締め付けると血液の循環を妨げることになります。

その為、足元の血液は腰周りで滞ってしまうのです。

足首やふくらはぎを程よい圧で段階的に締め付けることは血行の流れを良くしますが、
強い締め付けの下着やボトムスは血栓ができる原因です。

その証拠に矯正下着や締め付け感あるボトムスを脱いだときに開放感と身体の血液が巡り、下半身が楽になりませんか?それは血液の流れを無理に止めている状態だからです。

うっ血状態にもなりかねないので注意しましょう。

ヒールのある靴

女性はスタイルを良く見せる為に10cm以上のヒールを穿く方も多いですよね。

たしかに足元がスラリとして高身長に見えますが、実は足に大きな負担がかかります。

ヒールの高い靴を穿くことでカカトは無理に浮き上がり、爪先に血液が溜まり血栓ができやすくなります。

とくにヒールのある靴は爪先をギュッと締め付けているタイプの物が多いです。

その為、余計に血行が悪くなるのです。

ヒールのある靴を脱いだ瞬間にパァと血行が良くなるのが分かりますよね。

もともとヒールは歩きやすい靴ではなく、スタイルをよく見せる為の靴です。

ヒールのある靴を穿いて歩くということは無理があるのです。

スニーカーを穿いて長時間ウォーキングは出来ますが、ヒールのある靴を穿いて長時間のウォーキングは出来ません。

足のむくみが気になる方は、もしかしたらヒールの高い靴を穿いているせいかも。

ストレス

ストレスと足のむくみは関係あるの?一瞬、考えてしますよね。

ストレスが溜まると自律神経に影響がでて、ホルモンのバランスが乱れることが原因で足のむくみが起こります。

身体の中にはストレスホルモンと俗に言われるものがあります、
このストレスホルモンの身体に与える影響は水分代謝に影響を及ぼしてしまいます。

水分の排泄がスムーズに行かず、体内に水分が滞りやすくなるのです。

その為、足や手がむくみやすくなるのです。

ストレスは誰でも少なかれ感じるものです。

そのストレスと、どう付き合って行くか?ストレス解消法が大事になってきます。

運動不足

運動不足も足のむくみを引き起こしやすくなります。

運動不足の状態だと新陳代謝が低下してしまします。

普段から運動をしないと筋肉を育てることができず、筋肉が痩せ細くなります。

リンパの流れも低下して、身体の中の老廃物や水分を排出に影響を及ぼしてしまいます。

運動不足だと便秘がちになり悩む方も多いです。

腸内バランスもスムーズに行えず、便秘になってしまいます。

運動は体内のスムーズな排出をする為に欠かせないことです。

激しい運動はしなくても、マメにウォーキングをすることが大事です。

足のむくみで悩んでいる方は、まずは代謝を上げることを心がけましょう。

1日1時間のウォーキングなどがおすすめです。

睡眠不足

睡眠不足も足のむくみと大きく関係しているのです。

通常、心臓から送り出した血液は全身の毛細血管に行き渡り、栄養などを送りながら再び、心臓に戻ると動きをしています。

ですが、睡眠不足になると身体の二酸化炭素が溜まり、酸素不足になるのです。

酸素をほしい身体は余計に血管を広げてしまいます。

血管に対して血流の量や栄養分、水分も増える為に足がむくみやすいくなるのです。

また、睡眠は成長ホルモンを分泌させます。

この成長ホルモンは新陳代謝を活発化させる大事な役割があります。

睡眠不足になると新陳代謝は低下して、体内の余分や老廃物を排出する働きができなくなるのです。

その為、身体の中は老廃物を排出できずに足のむくみに繋がって行くのです。

水分不足

水分を撮り過ぎると足がむくみやすいイメージがありますが、水分不足も足のむくみを引き起こす原因になります。

摂取した水分は腎臓の働きにより尿となり、老廃物と一緒に外に排出されます。

一連の動きは水分をある程度、摂取しているからスムーズに行えることです。

水分不足になると外へ老廃物等を排出することができなくなるのです。

その為、血液循環や新陳代謝が低下して、慢性的に足がむくみやすくなります。

トイレの回数が増えることがイヤだから、水分を減らしている方もいます。

しかし水分摂取は尿だけを単純に排出するのではなく、身体の中に不要な老廃物を排出することでもあるのです。

極端に水分を控えることは代謝を下げることになります。

水分は取り過ぎもダメですが、水分不足も足をむくみやすくします。

気をつけましょう。

塩分過多

前日にラーメンを食べると翌朝は手足がむくんでいることがありますよね。

それはラーメンなどに含まれている塩分(ナトリウム)が原因です。

塩分を摂取すると人間は身体の中で塩分濃度を下げる為に水分を摂取します。

水分を過剰に摂取してしまい、結果的に排出する作業が追いつかずに足のむくみを引き起こすのです。

日頃、食べている料理は自分では気づかないほど塩分や糖質が含まれています。

特に食事をした際に水分を多く摂取している方は身体が塩分を感じているからです。

1日の目安塩分摂取量は6g程度と言われています。

しかし現代人の1日の摂取量は10g以上とも言われています。

足がむくみやすい方は、食生活を見直してみることをおすすめします。

アルコール

アルコールを飲むと尿の量が極端に増えます。

尿と一緒に老廃物などを排出しているイメージですが、アルコールは実は水分まで排出しすぎて脱水症状を招く原因になるのです。

アルコールを飲んで寝ると途中で喉がカラカラになり目が覚めます。

身体の中はアルコールを摂取したことで血管が膨張している状態になるのです。

アルコールを飲むことで水分不足が起こり、足のむくみを起こす原因になります。

アルコールは水分ではありません。

飲みすぎると脱水症状を起こしてしまいますので注意しましょう。

湯船に浸からない

最近は湯船に浸からない方が増えています。

湯船に浸かることは時間もかかり、面倒だからシャワーで済ませてしまう。

しかし、湯船に浸かることと、シャワーだけで終わらせることではリラクゼーション効果に差があるだけじゃなく、全身の温まりも違うのです。

湯船に浸かることは血液循環を良くします、代謝を上げる効果が期待できます。

代謝が良くなることでコリもほぐれます。

足がむくんでいる方こそ、湯船に浸かることをおすすめします。

40程度の湯船に10分以上浸かるようにしましょう。

冷え

足のむくみが起こる原因のヒトツに冷えも大きな問題です。

冷えは血液循環を悪くします。

とくに下半身の冷えは足のむくみを引き起こします。

冷えると筋肉が硬くなる為、収縮や弛緩を繰り返す働きが弱くなります。

血液を心臓にまで戻すチカラが衰えてしまいます。

日頃から冷たい飲み物を飲むことや、下半身を冷やすことはNGです。

夏場は特に冷房により代謝が悪くなりやすいです。

ブランケットなどで調整をして、下半身は特に冷やさないように注意しましょう。

️足がむくむと出る症状

足がむくむと出る症状は色々とあります。

まず、足の大きさが変わることで靴のサイズが合わない。

足全体がずっしりと重くなり、だるさを感じます。

足がむくむことは身体全体の不調に感じるのです。

毎日、歩く為に足は重要な役割をしています。

足は全体を支える大事なポジションです。

足がむんだ状態のままにしておくと足が太くなる原因にもなります。

足の不調をイチ早く感じることが大事です。

足のむくみは通常では両足、同じようにパンパンになることやだるさを違和感をかんじることが多いです。

まれに片足だけ足がむくむ症状や足首だけがむくむ、足意外にも瞼も腫れぼったくなるなど様々な症状もあります。

極端な足のむくみや違和感は病気を引き起こしている可能性もあるので注意しましょう。

足のだるさ

足のむくみを感じるとだるくなります。

足がズッシリと重くなり、ふくらはぎが倍の太さの感覚になることもあります。

たかが、足のだるさと放置していると病気に進行する場合もあります。

代謝が低下して老廃物などが混じった汚れた血液が心臓まで送ることができない、戻らない血管の病気があります。

これを下肢静脈瘤と言います。

足のだるさを感じた時は湯船に浸かり、足の代謝を良くすることが大事です。

代謝が良くなった状態で、ふくらはぎをマッサージして更に血行を良くしましょう。

眠るときは足元に枕などを置き、頭よりも高くして眠ると足に溜まった血液が循環しやすいくなります。

足湯は通常の湯船に浸かる温度よりも高い42~43度位が良いでしょう。

足湯にアロマオイルを2~3滴たらして、血行促進させることもできます。

とくにおすすめは、ジュニパーやグレープフルーツのアロマオイルです。

ジュニパーは腎臓の働きを高め利尿を促す作用と血液の循環をよくします。

靴が入らないorキツくなる

足のサイズは朝、昼、夜で変化します。

その差は1cm以上も変わる方もいます。

当然、朝は寝ていることで血液に均等に身体の中を巡ることができます。

朝は足がむくみません。

ですが、起きてからは足が全体を支える土台になり、心臓から送り出された血液は下に行き、上げることが大変になっていきます。

その為、時間が過ぎるほど足は水分や老廃物、血液などが溜まりやすくなります。

夕方は最も足がむくみやすい時間と言われています。

仕事をしている方であれば、座りっぱなし、立ちっ放しが解消される時間。

通勤時の靴に履き替えるとキツイことがあります。

靴を購入する時間は足が最もむくむ、夕方が良いと言われていますが、逆に朝は靴が大きすぎるなど問題も出てきます。

その為、午後13~14時など均等がとれておすすめです。

足が冷たい

足がむくむと足が冷たくなります。

それは血行の悪さが原因です。

血液の流れが悪くなると代謝低下します。

寒くなると顔色が悪くなることと一緒で足も血色が悪くなるのです。

身体を擦ると温かくなります。

顔や皮膚は、ほんのり赤く染まってきます。

足を触って冷たいと感じたときは足を擦るようにマッサージをしましょう。

そして普段よりも足元を冷やさないように注意します。

足が冷えたときは足を温めること足湯をしてみてはいかがでしょうか?足湯は通常の湯船に浸かる温度よりも高い42~43度位が良いでしょう。

足湯にアロマオイルを2~3滴たらして、血行促進させることもできます。

とくにおすすめは、ジュニパーのアロマオイルです。

ジュニパーは腎臓の働きを高め利尿を促す作用と血液の循環をよくします。

その他にも、ゼラニウムのオイルは自律神経と循環器系のバランスを整えて、過剰な水分を排出に働きます。

アロマオイルは香りも良く、リラクゼーション効果も非常に高いものです。

ストレス解消にも効果あります。

寒い季節こそ足湯で足を温めて、むくみを解消しましょう。

足を指で押すと跡が残る

足を指で押すと跡が残ることがあります。

それは、まさに足がむくんでいる証拠です。

特に脛の部分を指で押すと白くなり、長時間消えないことがあります。

また靴下などのゴムの跡がつくことがあります。

それは代謝が悪くなり足のむくみが起こるからです。

靴下などゴムで締め付けた場合は、足が太くなったことで跡が付くのです。

指で押しても白く消えないのは、足がパンパン状態に膨らんでいるからです。

跡が残り続ける、いつまでも消えない場合は足を伸ばし、楽な状態にしましょう。

血液の流れを良くするようにしてください。

️むくみを改善してスラッとした足へ!

足のむくみは誰にでも起こることです。

仕事上で長時間立ちっぱなし、座りっぱなしの方もいると思います。

そのような方はマメに体制を変えたり、見えないところで足の指をグーチョキパーと動かすことで少し解消することができます。

また、弾圧靴下やタイツなどを日常的に使うこともおすすめです。

運動不足による冷えや血行不良はウォーキング等をはじめるだけでも代謝は変化します。

運動不足は自分の考え方次第です。

食生活を見直して水分や塩分の摂りすぎには注意しましょう。

慢性的な足のむくみは、腎臓や肝臓の病気や下肢静脈瘤かも知れません。

足のむくみが治らない、足がだるくて仕方ない場合は病院に行き、検査をしてもらいましょう。

生活環境を改善やチョットした行動で、足のむくみは改善します。

スラリと伸びた美しい足を目指していきましょう。