ほんのちょっと差が大きくものをいう。

素敵な女性と、そう見られない女性との分岐点とは、実は小さな行為の積み重ねではないでしょうか。

誰でもなれるわけではないにしても、修正は十分可能ということです。

以下そうした観点からこの問題に迫っていこうと思います。

素敵な女性って一体どういうこと?

中高年男性の永遠の憧れといえば、オードリー・ヘップバーン(1929~1993年)と吉永小百合(1945年~)を挙げる人は多いと思います。

2人とも清楚にして華があるという稀有にして至高の存在です。

1993 年、オードリーが亡くなったとき、3歳年下のエリザベス・テイラー(1932~2011年)は「天は世界で最も美しい天使を得た。」

という趣旨のコメントをしていました。

結婚8回を〝誇り”、スクリーンでも私生活でも〝奔放な女”の代表と見られてた彼女でも、オードリーには羨望のようなものがあったのか、と意外に感じました。

吉永小百合は、オードリーのように「ローマの休日」「ティファニーで朝食を」などのような映画史に残る名作に出ているわけではありません。

その代わり作品の水準にかかわらず、すべて吉永小百合の映画にしてしまう存在感を持っていました。

ファンは彼女がスクリーンの中で躍動していればそれだけで十分でした。

オードリーは再婚していますが、結婚生活は14年と長く、晩年はユニセフの活動に身を入れています。

吉永は普通に結婚生活を送り、2人とも私生活においてもほぼ非の打ちどころがありません。

ファンにとって恋愛や欲情とは無縁の別世界に住む本物の天使なのです。

男性から見た「素敵な女性」とは?


もう少し現実的な世界に降りてみましょう。

そうすると男性から見た素敵な女性として思い浮かぶのは具体的に誰でしょうか?それはまず小学生または中学生のときにドキッとしたことのある〝きれいなお姉さん”とその残像でしょう。

ドロドロした思春期を経過した後、その女性が実はがっかりするような俗物だったことがわかったとしても、子供心をいっぱいにした美しいイメージはなかなか朽ちません。

大人になってからの恋も実はその残像の追っかけだったというケースはまれではありません。

何しろ本当にキレイに見えたからです。

実に美しい思い出の記憶なのです。

キレイ

美人の評価については人によりさまざまです。

時代によってもかなり違います。

江戸時代の美人とは、本当に浮世絵画のようなしもぶくればかりだったのでしょうか。

誰しも考え込んでしまうところですよね。

ここでは男の子目線からお姉さんがキレイに見えたポイントを記憶をたどりつつ指摘しておきましょう。

その記憶とは、キレのあるちょっとした仕草だったように思います。

後ろ髪を両手で束ねるときのカッコ良さ、ふと背伸びした拍子にひざ小僧がのぞいたとき、または胸元がふとのぞいたときのどっきり感です。

こうしたちょっとした仕草で年下の男子を魅了したことがありますか?あればその人は十分キレイな人と評価できます。

キレイとは顔立ちの良さだけではありません。

スタイル抜群!


私事になりますが、筆者の妻は中国人です。

初めて日本を訪れたとき、2つのことが印象に残ったそうです。

1つめは、日本女性はみな下を向いて歩いていること。

2つめは、夜のコンビニでじろじろ視線を向けるオヤジの目がいやらしいこと。

確かに中国人女性は胸を反り返らせて颯爽と歩いています。

服が似合っていようがいまいが関係ありません。

自信満々です。

それは実際の体型以上に引き締まった印象を与えます。

これは見習うべき点だと思います。

傲慢と見られないように注意しつつ、もう少し背筋を伸ばしてみましょう。

視界が開ける効果もあり、目つきもよくなるでしょう。

これもカッコ良さに大きく影響します。

スタイルとはこうした姿勢や表情までも含むものです。

幅広くとらえましょう。

いつも笑顔!

再び中国人を引き合いに出して申訳けありませんが、中国人は人と会うときに自然と笑顔が出るようにできています。

大陸に生きる人たちは、常に敵に囲まれているという意識があり、本能的に出会った人を味方に取り込もうとします。

そのため必要なとき、いつでも満面の笑顔をふりまくことができるようになっています。

これは彼らの遺伝子に組み込まれています。

信じやすい単純な日本人はこれにやられ、ビジネスでも恋愛でも簡単に陥落してしまうことがあります。

このように笑顔は世界中で大きな武器になります。

最初は作り笑いの営業スマイルになってもかまいません。

笑顔は心のこもったものでなければならない、というマナーを商売としている人の言葉を鵜呑みにすることはありません。

中国人はほとんど営業スマイルです。

練習して磨きをかけましょう。

誰にでもわけ隔てない!


筆者の解釈では、いわゆる美人には2種類あります。

小さいころから可愛い可愛いと周囲にチヤホヤされて育ったタイプと、少女時代は目立たなかったのに大人になるにしたがってキレイになり、美人の仲間入りした人です。

社会に出るとこの差は非常に大きくあらわれます。

前者のタイプは基本的にわがままなお姫様です。

回りのしもべたちが段取りを整えてくれることに慣れていて、自分から働きかけることは苦手です。

気位いばかり高くてビジネスの世界ではまず使い物になりません。

これに対し後者のタイプは、キレイなのに謙虚さを保ち、人の言うことにもよく耳を傾け、誰とも分け隔てなく接するなど、一番人気の出やすいタイプです。

そして本人は自分のことを美人だとは思っていません。

そこも高い評価ポイントです。

周囲にそういう人がいれば、ぜひ参考にしましょう。

もしいなければ自分がそうした存在となることを目指せばよいと思います。

ファッションセンスがいい!

ファッションセンスの良さとは、普段着カジュアルでは何を着ていてもかまいませんが、いざというとき女子力の高い恰好でビシッと決められるか、が最大のポイントです。

また制服や、スーツ、フォーマルウエアでもばっちり似合っているか、というところも大切です。

青山、アオキのレディース・スーツでもかまいませんが、寸法の幅出しやカットなど微調整が効き、少しでも見栄えよく見える服作りに協力してくれる店または店員を選びましょう。

ここで一昔前、東京のオンワード樫山(現ONWARD)のことを思い出します。

筆者が商談で同社の本社を訪問したときのことです。

仕事は早めに終わり、社員食堂でしばし休憩ということになりました。

他に同社のOLたちも2~3グループ休憩していました。

そこでは世間のイメージ通りの光景が展開されていました。

みなカッコいいのです。

制服の着こなし、足の組み方、たばこの吸い方、ナンバーワンアパレル企業の花形OLにふさわしい洗練のされ方です。

ただしあまりにも表情がきつく化粧も濃い。

これでは普通の地方出身の男性では怖過ぎて、とても声はかけられないな、と思ったものです。

彼女たちにはトップファッション企業の人間としてダサい恰好などできない、という強いプレッシャーがかかっていたとは思います。

今あのときの彼女たちはみな幸せな暮らしを送っているのでしょうか、思い出すたびに気になります。

女性から見た「素敵な女性」とは

筆者はかつて女性の多い職場(総合スーパー)にいました。

そこには高校卒の正社員から50代のパートのおばさんまでフルラインでそろっていました。

その女性たちの暗闘に巻き込まれ、自分の評価を落としてしまった痛恨の思い出もあります。

女性は怖い、女性社会とは大変なところだ、この2つはまだ若かった筆者の身に染みたものです。

それはともかくに好かれる女性になるのは、男性のそれよりはるかにハードルが高そうです。

筆者は男性ですから、以下この稿は想像に依っています。

一つの見方として参考になれば幸いです。

八方美人でない

誰にでもいい顔をしようとするのは、女性にとって最も危険な行為の1つでしょう。

必ず勘違い男を生じさせてしまうからです。

女性との交際経験の少ない男性ならいきなりストーカーにまで進化してしまうかも知れません。

したがって一定の距離を保つことは是非とも必要です。

もちろん本命男性までブロックしてしまっては元も子もありません。

しかし本命がいるときこそ他の男性との距離感は大切です。

八方美人という風評は、本命男子をも遠ざけてしまいます。

そして同性からは女性の武器を使っている、ととられる可能性は十分にあります。

「女性」を武器にしない


筆者が総合スーパーにいたころの経験では、やはり仲間内で一番非難されていた女性は、権力者にすり寄る女性でした。

店長はパート従業員の人事権を持っています。

そしてパート従業員は正社員よりはるかに多いのです。

まだ若くて元気いっぱい、容姿にも自信のあるパート女性の中には、店長に媚を売るタイプの人がよくいました。

またスーパーはチェーンストアですから、本社の人間が定期的に巡回してきます。

おえらいさんもやってきます。

そうしたときにもアピールを欠かしません。

職場社会の中で自らの優位を確保したかったのでしょう。

しかし行き過ぎると大きな反発を買うだけでなく、ときには深刻なトラブルにもなりかねません。

実際に不倫まで関係が深まってしまい、露見して降格処分になった店長も1人や2人ではありません。

【媚を売る人がどういう人か知りたいなら、こちらの記事もチェック!】

言いたいことをはっきり言う

やるべきことをしっかりこなした上でのことになりますが、言いたいことははっきり言いましょう。

これができなければ特に仕事においては信頼感は高まりません。

もちろん人を非難するような言い方は禁物です。

自己主張が強いととられるのも大きなマイナスです。

感情をコントロールできるようにしましょう。

おさまるまで一呼吸おき、落ち着いて話すことが大切です。

特に言いにくいことをしっかり上司に伝えられる人は、信頼を勝ち取っているはずです。

面倒見がいい

他人から相談を持ちかけられる人になりましょう。

それは職場の中心にいて信頼されているかどうかです。

職制とは関係ありません。

かけがえのない人と思われているかどうかです。

後輩の面倒を見て育てる、というのは日本社会の美点です。

無理してまで姉御風を吹かせる必要はありません。

自分のオリジナルスタイルで行うのがカッコいいと思います。

仕事はきっちりこなす

九州から出て来た高卒の女子社員がいました。

服装も仕事ぶりもどんくさかったのですが、性格の安定感だけはありました。

チャラチャラしたところはなかったのです。

彼女は言われたことをよく守って着実に仕事をこなしていきました。

すると2年もしないうちに、職場に欠かせない大黒柱となりました。

もちろん主体的に自らの判断もできるようになりました。

自信がついたせいもあるのでしょう次第にあか抜けていき、男性社員の注目も引くようになりました。

つまり理想的な成長を遂げたわけです。

性格が安定していた、ということが彼女の最大の素質でした。

素敵な女性はどのようにして育った?

刑事ドラマを見ていると、ほとんどの加害者は家庭的な問題を抱えています。

両親が自殺したとか、生き別れとなり、親戚をたらいまわしにされたり、施設で育った、などが定番です。

ここまで至らずとも、母子家庭である、生みの親は別のところにいる、などは一番多い設定でしょう。

そしてついに素直でいられなくなる瞬間が来て犯罪を犯してしまいます。

実際のカ家庭環境と犯罪率との因果関係はわかりませんし、軽々しく口にすべきではありません。

しかし刑事ドラマの動機としてよく使われる設定は、性格には大きな影響を及ぼしているはずです。

苦労は芸の肥やしになる、という考えもあるでしょう。

一方作家の司馬遼太郎(1923~1996年)は、苦労は人格を破壊する、という趣旨のことを述べています。

筆者も後者に近い考えです。

性格が安定しないからです。

親への依存が少なかった

親への依存が少ないということは、逆に両親の存在の大きさを物語っているのでしょう。

家庭内の紛糾に煩わされることなく、のびのび育ったのに違いありません。

こういう人は何も学んでいないように見えて、実は家庭で多くのことを学んでいます。

そして何事につけても程度がほど良いのです。

何々し過ぎる、思い込みがはげしいということはありません。

独立心も地に足がついたものになっています。

実践的な知識が豊富


実践的な知識もその多くは家庭にヒントがあります。

三世代同居、兄弟のいる環境でこそ雑多な知識が身に付きます。

孤独な人、家族を忌避する人にはどうしてもピント外れな行為が付きまといます。

知ったかぶりは禁物で、知らないことがあったら素直に聞くことです。

それができなければ、誰も教えてくれなくなり、周囲とのギャップが生じてしまいます。

それどころか高飛車ともとらえられかねません。

小さなことを知らなかった、という些細なことから人間関係がぎくしゃくすることは多いものです。

よく人から学んで豊富な実践的知識があれば、こうした罠に落ちることもありません。

家庭環境からの影響はあっても、好奇心という心の弾みを失わなければ大丈夫です。

素敵な人とはよく弾む人のことでもあります。

困難にもめげない

またうまくいかなかった、というマイナス思考に陥らないようにしましょう。

自分のしていることなど実は大したことではないと、ときには突き放してみるのがよいでしょう。

また過度な他人への思い入れも禁物です。

余計な困難を抱え込むことになってしまいます。

バランス感覚を養いましょう。

また中国人の話になって恐縮ですが、彼らはめったに弱音をはきません。

それは自らを不利に追い込むことが分かっているからです。

これは美点とはいえないにしても見習うべき点ではある、と思っています。

何事にもチャレンジしていく

豊臣秀吉は、ボス・織田信長からの困難な要求を自ら手を挙げ、進んで引き受け続けました。

古くからの織田家の家臣でない彼に他に選択の余地はありませんでした。

断ったが最後、管理職からはずされ何もかも失うことは明らかでした。

現代社会はこのような厳しい状況ではありませんが、進んでプロジェクトを引き受けることは、人生の転機にもなります。

やってみる価値は十分あります。

自らの責任が増すことで、脳も体も活性化します。

逆に、失敗したらすべてお前の責任だ、などとリスクを引き受けられない上司や会社には、早めに見切りをつけましょう。

わかりやすい行動は、信頼感を高めます。

悪口、愚痴を言わない

これは人の評判を決定付けます。

特にこれができる女性は価値が高いのです。

筆者が総合スーパーにいたとき、某女子社員にふともらした内容が、瞬時に店の女性陣全体に伝わってしまい、唖然とした経験があります。

たわいのない内容だったからよかったものの冷や汗をかき、なんと女性社会とは恐ろしい、と思い知らされました。

同時に不信感も持ち、しっかりブロックしてくれる女性はいないものか、とも思ったものです。

今思い返してみれば、独身男性が数えるほどしかいない職場の中で、女性たちは面白おかしく筆者の品定めをしていただけでしょう。

しかし何を言われるかわからない、という恐怖のなか、悪口、愚痴を言わず、口がかたい、とされる女性には間違いなく、男性陣からの信頼があつまります。

こうした女性は切実に求められているともいえます。

もちろん任命されるわけではないインフォーマルな立場ですが、積極的その役目を務めてみたらどうでしょう。

カッコいいこと請け合いです。

素敵な女性は美人?

この命題を逆に考えてみましょう。

美人はみな素敵か?という風にです。

実はたいていの男性は、美人と話をしてみたらがっかり、見ているだけの方がよかった、という経験を持っています。

多少ゆるんでいる程度なら好感度はむしろ増すでしょう。

中にはそれどころではないほど常識からはずれてしまっている人もいます。

とても美人はみな素敵という公式は成立しません。

素敵な女性は美人、の方が経験上納得できそうです。

よく見れば美人でない場合も

素敵な女性と評価されていても いわゆる美人としてのパーツが整っていない人は大勢います。

それでもカッコいいと評価されるポイントは、これまで指摘してきた通り、動作のキレ、分かりやすい行動の2つとそれに伴う好印象にあります。

ここからもう一度それらの要素を確認していきましょう。

でも「素敵オーラ」が美人にさせる

内面の自信は外面までにじみ出てくるものです。

一般にはオーラが出ている、と表現されます。

例えば創業社長たちには典型的にそれが表れています。

そして創業社長であってしかも脂ぎったおじさん、おばさんではない。

これは理想的生き方の1つと言えるのではないでしょうか。

女性でいえばディー・エヌ・エーの南場智子会長のような人です。

2011年、同社がプロ野球横浜ベイスターズを買収したとき、彼女は記者会見に出ていました。

これはプロ野球のオーナーなど権力志向の強いおっさんに決まっている、と思っていた男性陣に衝撃を与えました。

彼女が洗練されたインテリ風だったことも驚きに輪をかけました。

南場さんはあの日、最も素敵な女性の1人だったことでしょう。

身だしなみが整っている

最近は草食系男子の増殖により、そうではないのかもしれませんが、男性は高値の花を手に入れたい、という思いがあります。

その対象は清潔感のある女性で間違いありません。

反対に仲間内の交流が強すぎるグループにいて異性扱いされなくなってしまう女性もいます。

適度な距離感で、素敵な女性として、ちょうどよいポジションを保ちましょう。

身だしなみが整っていることはその前提です。

ファッショントレンドを1つ抑えているとさらに良いですね。

笑顔が美人を作る

どのようなシチュエーションにおかれても、大事なポイントでは自然に笑顔がこぼれ出る、というのが理想です。

日本人は感情の起伏を表に出すのを避ける傾向があり、外国人からは、無表情で何を考えているのかわからない、と言われることがあります。

自分の周囲からひんしゅくを買うのでは、とブレーキがかかるかもしれません。

そうした小さな世界の標準に合わせるのではなく、世界標準に合わせていきましょう。

世界的には、自己主張の強さ、オーバーアクションなど何の問題にもなりません。

自信をもって作り笑いから始めましょう。

そのうちに顔の筋肉はほぐれていきます。

やがて笑顔ともども自然にふるまえるようになります。

素敵な女性になるためのサイトまとめ

以下は主な女性向けサイトの一口批評をしてみます。

実際の使い勝手もコメントではありませんのでその点はご了承ください。

ウーマンエキサイト


小さな子どもを持つ初級ママ向け女性サイト。

エキサイトニュースの系列でニュースは充実、子育て関連を最優先している。

ポータルサイトに準じた構成で、見やすく使いやすい。

占いコーナーも人気がある。

マイナビウーマン


株式会社マイナビ(毎日新聞社から派生した人材広告会社)の運営する女性サイト。

恋愛、婚活、美容健康記事が中心。

写真や画像が多く、コラム記事中心のマスコミっぽい構成になっている。

オズモール


旅行、レストラン、美容・健康などリラクゼーション紹介関連が充実している。

各施設への予約もできる。

恋愛で悩んでいない、生活を楽しみたい大人の女性向に最適なサイト。

あまり生々しさはなくさわやかな感覚が表に出ている。

女性応援ポータルサイト


内閣府男女共同参画局のホームページ。

厚生労働省、文部科学省など行政サービス関連情報を得るにはここが一番。

ただし実際の居住地の地方自治体のやっていることはわからない。

すぐに役立つかどうかは疑問。

URL:http://www.gender.go.jp/policy/sokushin/ouen/

たんぽぽモール


女性向け商品のネット通販サイト。

幅広い商品分野のトレンドがよくわかり、非常に役に立つ。

独自ポイントサービスはネットマイルを通じてTポイント、アマゾンギフト券などに転換可能だがやや面倒くさそう。

素敵な女性にあなたもなれる!

小さなことの積み重ねで印象は変わり、別人に変身することも可能です。

これからもさまざまな契機が訪れるはずです。

可能性にふたをすることだけは避けましょう。

知恵と強い意志で、素敵な女性を作り上げることは容易ではありませんが十分に可能です。