笑いに関しては本当に色々な意味の言葉がありますよね。

笑いは人間の感情が楽しくなってしまったときにも起こりますし、逆の方向に感情が降り切れてしまったときにも出てくるものです。

人間にとってはとても親しみ深い行動の一つであり、それがなければ人生が楽しくないように感じてしまうこともあるほどでしょう。

では、その中でも「失笑」というのがどのような感情からなる笑いのことだかは分かりますか?

失笑という身近な言葉でも実は間違って覚えている可能性が高いことを考えると怖いですよね。

知っていると思っていた言葉を知らないというのはとても恥ずかしいものです。

失笑とはどういう笑いなのでしょうか?

ここでは、実は間違っている可能性の高い失笑という言葉に注目して見てみることにしましょう。

失笑って言葉の意味、知ってる?

失笑という言葉を使うことは、それほど多いわけではないでしょう。

失笑という言葉を交互で使うことはあまりないですね。

ですが、本の中で、文章の中で使われているのを見ることはあるでしょう。

もしくはちょっと気取った言い方をしてみたいときに使ってみることもあるかもしれませんね。

ですが、この失笑ですが、意味を間違って覚えている可能性がとても高い言葉なのです。

そうだと思っていた言葉を間違って使っていると、実はとても恥ずかしいものですよね。

ここでは、失笑の意味について見てみることにしましょう。

実は知っていると思っていた言葉について新しい発見をしてしまうということもあるかもしれませんね。

失笑とは?

失笑という言葉の意味を正しくは知らない人がとても多くいるように思えます。

失笑とはそもそもどのような意味になっているのでしょうか。

失笑という言葉を知らない人はいないかもしれませんが、正確な意味を説明できる方は少ないかもしれませんね。

失笑という言葉は日本の中でもかなりの人が間違って使っているといわれている言葉の一つです。

日本人の約6割が間違って覚えてしまっているとも言われていますから、まずはこちらで正しい意味について見てみることにしましょう。

自分が持っている「失笑」のイメージと、それは同じだったでしょうか。

失笑という言葉は知っていても、意外と、ただし意味で使ったことはなかったのではないでしょうか。

こらえきれずに吹き出すこと


失笑の意味はこらえきれずに吹き出してしまうことを言います。

吹き出してしまうのですから、相当に面白いことであったのには間違いありません。

こらえきれないほどに面白いことを言ったということなので、言った側としても面白いということを狙って行ったかもしれませんね。

一同、こらえようとはしていたのに、そこでどうしても耐えられずに笑い始めてしまったというところが「失笑」の失うという感じを使っているところに通じます。

この笑いに関しては、どちらかというとポジティブな意味での笑いに近い意味を持っているのではないでしょうか。

笑うということに関して、オープンに笑っているわけではないことは「こらえきれず」といっているところからも分かります。

ですが、そこに相手を嘲るような意味が含まれているわけではありません。

本当に楽しくてこらえきることもできずに楽しいままに笑ってしまったというようなイメージですね。

思わず笑い出してしまうこと

失笑という言葉は、さらに、思わず笑い出してしまうことという意味もあります。

笑うつもりはなかったのに、相手があまりにも面白いことを言っているので思わず笑ってしまったという状態のことを言うのです。

面白いと感じてしまった気持ちが抑えられずに笑ってしまうので、ここにもネガティブな意味は込められていません。

もちろん、誰かの失敗があまりにも面白くて笑ってしまうことはあるかもしれませんが、その相手のことを本気で馬鹿にしているという身ではないでしょう。

どちらかというと、明るくからからと笑ってしまうような印象のある言葉ですね。

やはりこの場合でも、吹き出してしまったというような意味合いの強い言葉だといえるかもしれません。

「彼の発言に失笑してしまった」

ここで、失笑の正しい解釈について例文を使って見てみることにしましょう。

「彼の発言に失笑してしまった」という意味です。

日本人の多くにこの言葉を見せると、大抵は間違った情景が思い浮かぶのではないでしょうか。

多くの日本人にとっては、これはかなりネガティブな意味を持っています。

「彼」の発言は真面目ではあったのかもしれませんが、あまりにも的を外しており、またおろかに見えてしまったために、あざけりの意味を込めて笑ってしまう、もしくは笑うこともできないほどに相手の態度に呆れてしまうというような意味に解釈する人が多いでしょう。

ですが、実際には違います。

失笑というのは、相手が面白いことを言ったので吹き出してしまうというような意味になります。

そのため「彼の発言があまりにも面白いので、思わず耐えることもできずにその場で吹き出してしまった」というような意味合いが強いですね。

この分だけでは「彼の発言」が状況をわきまえない愚かなものであったのかは分かりませんが、言葉から想像される状況を考えたときに、イメージがかなり違うことに驚くのではないでしょうか。

失笑という意味のきちんと知っておかなければ、小説を読んだ時に全く異なる解釈をしてしまうこともあるかもしれませんね。

失笑のよくある間違い


失笑という言葉は間違って覚えている人がたくさんいます。

失笑という言葉を正しく覚えていない、もしくは間違って記憶してしまったという人は全体の60%にも及ぶといわれていますが、そもそも、失笑はどのような意味に間違えられてしまっているのでしょうか。

失笑という言葉のよくある間違いについて見てみることにしましょう。

失笑という言葉は以下の意味に勘違いして覚えているという人もたくさんいるのではないでしょうか。

心当たりを感じる人が多そうな間違いをご紹介します。

呆れて笑いも出ない

まず間違いの一つ目として多そうなものは、呆れて笑いも出ない状況になっているというものです。

失笑という言葉の感じからそのような勘違いをしてしまう人が多いのかもしれませんね。

「失笑」という言葉の「失」は、読んで字のごとく、失うという意味になります。

つまり、「失笑」という言葉を書き下してみると「笑いを失う」という意味になるのです。

そのまま受け取ると、笑いを失ってしまう状態、つまり相手に呆れている状態を解釈することができるでしょう。

そのために、呆れて笑いも出ないというような状況を思い浮かべてしまうのです。

呆れてしまって笑いも出ないという状況は、実は失笑の正しい意味とは正反対ですね。

「こらえていた笑いを失ってしまう」、つまり「こらえきれずに笑い出してしまう」というのが正しい解釈なのですが、確かに漢字だけを呼んでしまうとそのような解釈ができてしまうでしょう。

バカにして笑うこと

「失笑」には馬鹿にして笑うことという意味もあります。

これはどちらかというと、冷笑という言葉に近い意味を持っていますね。

確かに思わず笑ってしまうという状況には変わりがないのですが、この場合には吹き出すというよりも馬鹿にして笑うことという意味がとても強くなっています。

相手の言っていることがあまりにも愚かなので、バカにする気持ちが笑いという形を伴って表面的に出てきてしまったというイメージでしょうか。

嘲りの気持ちがとても大きい笑いなので、同じ笑いでも全く印象が異なるというのが面白いですね。

「彼が繰り返すミスは失笑ものだ」

「彼が繰り返すミスは失笑ものだ」という例文で見てみると、この分を作った人が失笑の意味を間違って捉えていたことがよく分かりますね。

まず、笑っている対象がミスだということに対して、この文の中にどこか嘲りの気持ちが含まれているということが分かるでしょう。

「失笑ものだ」という表現からも、そのミスのことを楽しいと思っているわけではないということが読み取れるでしょう。

つまり、ミスに対して呆れてバ関している気持ちが大きいので、思わず冷笑してしまうというようなことを表現したいのでしょう。

ですが、本当に失笑という言葉の意味を考えてみると、この文章の解釈は本当は「彼が繰り返すミスは(あまりにも楽しいものが多すぎて)思わず吹き出してしまう(どこか楽しくて憎めない)」という意味になってしまいますね。

使っている言葉の解釈が違うと、作る文章もどこか頓珍漢なものになってしまうように思えます。

でも、最近は間違いではない?

失笑という言葉の間違いについては理解することができましたでしょうか。

意外と間違って覚えていたと胃人も少なくないのではないでしょうか。

ですが、この間違いは本当に間違いだということができるのでしょうか。

失笑という言葉は、間違った意味で使われていることも良くあります。

最近では間違いではないと扱っていることもありますよね。

本当に失笑の間違った使い方は排除されるべきものなのかということについて見てみることにしましょう。

誤用が広まると一般化される

失笑という言葉を誤用している人は全体の約6割といわれています。

ここから分かるのは、日本人の半分以上は失笑という言葉の正しい意味を知らない、もしくは、正しい意味だけではなく誤用された意味も、失笑と胃言葉の意味の一つだと捉えているということになりますよね。

半分以上が間違っている場合、それは間違っているといえるのでしょうか。

御用が広く広まってしまっている場合には、それは、もう既に間違いとは言えないのかもしれません。

言葉の使い方に厳しい人にとっては、間違った使い方をすることは許せないと思うかもしれません。

こういったところから日本語が乱れるのだと思ってしまうでしょう。

ですが、普通に考えてみると、半分以上が間違って覚えているのだとすれば、それは既に一般化しているということになりますよね。

言葉というものは、とても厳しい使い手でもなければ、すぐに変わって行ってしまうものなのです。

使われていくうちに変わって行ってしまうものだとしたら、すでに変わってしまった使い方については、それを受け入れていくしかないのではないでしょうか。

間違っていても意味は伝わる

失笑という言葉が間違って伝わっていることについては、それを受け入れるしかありません。

既に失笑は「呆れて笑いも出ない」「馬鹿にしておろかだと笑ってしまうこと」という意味を持った言葉になってし待っているのです。

つまり、間違った意味で使っていたとしても、意味は伝わるのです。

試しに周りにいる人に、間違った意味で話しかけてみて下さい。

それこそ「失笑」される可能性もありますが、大抵はバカにすることもなく、当たり前のように「馬鹿にして笑うこと」という意味で通じるでしょう。

6割の人が間違って使っているというだけで、残りの4割が「間違って伝わっている意味」を全く知らないということはないでしょう。

それで意味が通じるのだから、言葉としてはそれでよいのではないでしょうか。

他人に間違いを指摘する必要はない

元々は誤用されている言葉だったとしても、それがそのまま伝わってしまっているのなら、全く持ってその間違いを指摘する必要はありません。

他人に間違いを指摘していても、それは実際には間違っていない可能性もあるのです。

世の中に一般的に広まってしまっているのなら、それを間違いだと指摘すること自体が間違いになってしまっている可能性もあります。

それで広まっているのならそれで良いと思っている人が多いでしょう。

そのため、いきなりその間違いを指摘されたところで「どうしてそんなことを指摘するのか」と思われてしまうでしょう。

間違いを知っておくことは悪いことではありませんが、他人にわざわざ間違いを指摘して誇りに思う必要はありません。

ウザったい人間だと思われてしまいますから、そういったことはしないでいた方が良いですね。

知識として覚えておこう

正しい使い方は違うということは知識として覚えておきましょう。

正しい使い方を覚えていて損はありません。

また、自分が使うときだけは、間違った使い方をしないというのも良いですね。

自分が「馬鹿にして笑うこと」という意味で失笑を使いたいと思うときには、「冷笑」を使うと良いのです。

自分が使わないでいるだけで、間違った使い方をしているということを笑われる心配はなくなるでしょう。

他の人が使っているときに問題なく解釈することができるのなら問題はありません。

もう既に一般的に広まってしまっているのですから、その間違いを正す必要はないですが、きちんと正しい意味を知っているということは教養の一つとなります。

時折、トラップのように意味を聞かれることもありますから、きちんと自分の中で覚えておけば問題ありません。

一般生活の中で間違った意味の方を多く使うことが分かっているのなら、それはそれで覚えておけばよいのです。

その他の笑いに関する言葉

笑いに関する言葉には、失笑以外にもたくさんの言葉があります。

それらについてはどれくらい知っているでしょうか。

笑いに関する言葉は感情が豊かにあるからこそ、色々な言葉が生まれているのです。

中には、失笑のように間違って覚えられている言葉もあるかもしれませんね。

使われていくうちに意味が変わってしまっているものもあるかもしれません。

言葉についても調べてみるのも面白いので、ここでは失笑以外の笑いの言葉についてご紹介します。

有名なものばかりですので、サラリと読んで自分の中にあるイメージと違いがなかったのかについて見てみてくださいね。

爆笑

爆笑という言葉をよく使うという方はとても多いのではないでしょうか。

失笑よりもずっと、口に出して使う機会があるということもあるでしょう。

普通のカジュアルな言葉の中でも使っていることが多い言葉のようにも思えます。

「この映画どうだった?」「マジで面白かった!爆笑ものだよ!」というやり取りをしている人が多くいます。

そして、その使い方は当たり前のように通じてしまっていますが、正確に言うと失笑と同じように爆笑も違う意味を持っていますね。

この正しい意味に関しては、最近では忘れられてしまっているのではないでしょうか。

1人で大笑いは間違い!

最近では爆笑という言葉は「大笑い」という意味で使われています。

ただ笑っているよりもずっと爆発的にラ笑っているということを表現するために使われるのです。

爆発って気に笑っているということなので、笑いよりも大きな「大笑い」ということですよね。

ですが、爆笑というのは何となく「大笑い」寄りも一段階上の笑いのことを指してるように思われます。

「大笑い」「馬鹿笑い」「激しい笑い」などを足したような大笑いのことを指します。

子心の底から面白いと思っているものを思いきり笑うという意味になりますね。

ただし、これは間違いです。

一人で大笑いをすることは爆笑とは呼びません。

もちろん、こちらに関しても既に一般化してしまった間違いなので、わざわざ正す必要はありませんが、ただし意味の方も知っていた方が良いでしょう。

正しくはみんなで大笑い

爆笑の正しい意味としては、大勢の人間が一度に思いきり笑うことを言います。

そのため、一人で笑っているだけでは爆笑というほどの大きさにはならないのです。

一人でいるときに笑っていることを爆笑と呼ぶのは、正しくは誤用ということになりますね。

ただし、近年ではひとりでいるときの笑いも爆笑と呼んで間違いありません。

「あなたの返信を呼んで思わず爆笑してしまった」も大丈夫ですし、「あまりにも彼が面白いことを言うものだから、クラス中が爆笑してしまった」でも大丈夫です。

正しい意味を少し広げた使い方をするようになったと考えると良いでしょう。

昔の小説を読んでいると正しい使い方のものしか見ないかもしれませんが、最近ではどちらも使います。

失笑のケースと違うのが、正しい意味でもいまだに使われているということなのではないでしょうか。

失笑のケースでは正しい方の意味が和擦られてきているということが問題でした。

ですが、爆笑の場合は笑っている範囲が広がったというような意味になりますから、こちらの方が受け入れやすいかもしれませんね。

苦笑い

苦笑いは「苦笑」という形で使うこともありますね。

この笑いは読んで字のごとくというような笑いでだといえるでしょう。

苦々しい思いをしていながらも、その表情には笑いを浮かべるというものです。

浮かんでいる表情としても苦々しいものがチラリと過っていることがよくあるのではないでしょうか。

必ずしもその笑顔は爽快なものではないはずです。

もちろん、苦笑いは作り笑いではありませんから、自分の中から出てきた笑いのはずです。

この苦笑いをしているときには、苦々しい思い、どうしようもないと思って困っている気持ちが笑顔を作り出しているのです。

その場を収めるための苦笑いでもありますし、相手に痛いところを突かれたときに、思わずバレてしまったことに対する気まずさを消すための笑いであるとも言えます。

どこか自分の気持ちの中にどうしようもないと思ってしまうようなものがあるときには苦笑いが自然と出てくるのではないでしょうか。

作り笑い

作り笑いをしているときには、人間は基本的に本気では笑っていません。

笑った方が良い場面だということを空気を読んでいるだけなので、作り笑いというのはとても社会的な笑いということになりますね。

作り笑いをしているときと、本物の笑いを浮かべている時では表情も違うといわれています。

本物の笑いを浮かべているときには、目元のしわが寄っていくものですが、作り笑いをしているときには口角が上がるだけという違いがあります。

人間は大人になっていくにつれて作り笑いをすることが大切になってきます。

作り笑いという言葉を知らないのは子供のころだけです。

ある意味で自分の感情に嘘をついて表情禁を動かしているということになりますね。

微笑み

微笑みはかすかな笑みを浮かべていることを言います。

楽しくて声をたてて笑うこととは全く異なる状況で浮かべるのが微笑みなのです。

微笑と浮かべているときには、楽しいというよりも幸せを感じているときなどが多いでしょう。

または、相手を安心させようと思っているときに微笑みを浮かべるでしょう。

かすかな笑みであるということは、楽しいわけではないけれど、どちらかというとポジティブな表情を浮かべるべきときに、それが選ばれているということになります。

この微笑みに関しても全くのポジティブな気持ちが100%というわけではありません。

不安な気持ちがあるときなども、他の人に向けることで相手の不安を和らげようとして使われることがあります。

微笑みはほかの人を癒す効果があるということですね。

嘲笑う

あざ笑うというのは相手の愚かさを笑うときに使われます。

相手のことを軽蔑しているときや見下すような気持ちがあるときに、この笑いが出てくるでしょう。

相手のことをおろかだと思っているときに、その愚かさを笑うときにはこの笑みになるのです。

どこかニヒルな表情を浮かべていることが多いはずです。

「嘲笑」という言葉で使われることもあります。

相手に対しての好意的な気持ちはありません。

相手をとことんまでバカ二したいときに使われるのがこの笑いで素。

笑いという形式をとっていますが、真正面から言葉で馬鹿にされる寄りも、あざ笑われているときの方が屈辱的な気持ちを味わうことになるのではないでしょうか。

馬鹿笑い

馬鹿笑いは爆笑にも似たような意味を持っていますね。

爆笑している人の中には馬鹿笑いになっている人もいるかもしれませんね。

馬鹿笑いは「馬鹿のように笑っている」ということになるでしょう。

ここでいう「馬鹿」というのは頭がおかしくなっているという意味になります。

頭がおかしくなっていると思われる程に笑うということなのですから、要するに大笑いをしている、そしてそれが止まらなくなってしまっている状態のことを指します。

含み笑い

含み笑いも、爽快な笑いとは全く異なる笑いの種類になりますね。

含み笑いとは言葉の通り、何か含むところがある笑いのことを言います。

普通の笑いのように思えながらも、何か隠していることがあり、自分にだけ分かるその理由から分かっているということになるでしょう。

外から見ている人にとっては、含んでいる物が何なのかが分からないので、どこか気持ち悪い笑いのようにも思えてしまうものです。

含み笑いを見た人は、なかなかそのことを忘れられないでしょう。

大抵は後からその含んでいたものに気づいて、「あのときの含み笑いはこういった意味だったのか」ということを理解するのです。

薄笑い

薄笑いも含み笑いに近いような表情ですね。

ですが、含み笑いよりは微笑みに近い方向に行っているんではないでしょうか。

楽しい気持ちからの笑いをひそやかにしたものが微笑みであるとしたら、含み笑いや冷笑をひそやかにしたものが薄笑いです。

どちらにしても、あまり気持ちの良い笑いではないことは確かですね。

薄笑いには馬鹿にするような意味も込められていますので、微笑みとは全く異なる表情になります。

表情にどこかニヒルな色が浮かんでいることになるのです。

また、その薄笑いには嫌な感情を抱く人も多いでしょう。

盗み笑い

盗み笑いは、人に見られないようにして笑っていることを言います。

盗み笑いの種類として色々なものがあるでしょう。

普通に楽しいことを聞いて笑っているときであったとしても、何か原因があってその笑いを大っぴらに出すことができないので、人に見られないようにして笑うことになるのです。

最も、その中に含んでいる笑いに関しては、嘲笑である場合もあるでしょう。

笑いをこらえきれずに人に見られないようにしているところは同じですが、それが必ずしも楽しいものに対する笑いであるわけではありません。

嘲笑を浮かべているのだけど、相手が目上の人なので大っぴらにそういったところを見せるわけにもいかずに、盗み笑いをするということはよくあるでしょう。

朗笑

朗笑とは言葉の通り、朗らかに笑うことを言います。

朗らかな笑い方をしていることを言いますので、ここには愚弄の意味などは込められていません。

朗笑は清々しい気持ちで行われることが多いですね。

どこか子どものようなあどけなさを持っている笑いでもあるので、この奥には暗い気持ちは隠されていません。

ほほえみよりも大きな笑いではありますが、大笑い程は大きくない笑い方となります。

笑い上戸

笑い上戸は、何でも楽しくなってしまって何に対しても笑いが生まれてしまうのです。

そして、笑いが一度出てしまうとそれが止まらなくなってしまうのです。

笑い上戸の人はひき笑いであることもありますし、さらには笑いの沸点がとても低いのです。

何に対してでも笑いが生まれてしまうのですから、ある意味で大変ですね。

笑い上戸というのは行動ではなく、その人の性質のことを指します。

笑い上戸という性質を持っている人がいるということになりますね。

よくあるのは、お酒を飲んで酔っ払うと笑い上戸になるタイプです。

アルコールを入れたときに、理由もなく笑い続けている人がいるでしょう。

そういったタイプの人を笑い上戸といいます。

笑いに関する言葉はまだまだたくさん!

いかがでしたか?
笑いに関する言葉というのはたくさんありますよね。

笑いに関する言葉についてはよく使われることがありますので、覚えておいて損はありません。

自分で言葉に出して熟語を使うことはないかもしれませんが、熟語は小説や文書の中ではよく使われますので、それらはきちんと覚えておいて良いでしょう。

正しい意味を覚えていない言葉もあるかもしれませんので、一度調べてみると違いが分かって面白いかもしれませんね。

笑いというのは人間の行動の中でも大きなものとなります。

だからこそ、自分の中の感情などに即しており、意味も覚えやすいはずです。

笑いに関する言葉では自分の経験に即して覚えることもできますから、これを機に自分の中の「笑いの語彙」を増やしてみるのも良いですね。

中には間違って覚えられてしまっているものもあるかもしれませんが、それは一般化しているものをきちんと知っておけば問題ありません。

間違って覚えられてしまっているものでも、言葉は変わっていくものだと考えれば、それは当たり前の話なのです。

笑いに関する言葉を知っている人は、きちんとそれについて意味までセットで覚えておくようにしてくださいね。

語彙力は増やしておいて損はありません。