自分をできる限り美しく見せたい思っている人はたくさんいるでしょう。

そのため、ダイエットを一度はしたことがあるという人も多いのでないでしょうか。

どうしたら痩せて理想的な体型になることができるのか、女性は自分自身の理想のために常に戦っているとも言えます。

ですが、その戦いの中で強敵となってしまうのが、食欲でしょう。

どうしても食べたいという気持ちに勝つことはできないものです。

ダイエット中であったとしても、お腹いっぱい食べたい、美味しいものを食べたいと思ってしまうのは人間なら誰でも同じです。

それでは、そんな風に考えてしまうときには、どうしたら良いのでしょうか。

ダイエット中に食欲を抑えなければいけないと思っても、それに勝つことができない女性のために、ここでは低カロリーだけど美味しい食べ物についてご紹介します。

少しでも楽しく、美味しくダイエットをするために必要な知識について勉強してみることにしましょう。

ダイエット中でも食べたい!

ダイエット中だからと言って、そう簡単に食欲を抑えることはできませんよね。

食べることが好きな方なら、そう簡単に食べることをやめられないはずです。

自分の好きなものを好きなだけ食べることができたら、それは幸せなことだと思いますよね。

それでも、女性には自分の体型を保ちたいというプライドや願望があります。

ダイエットの最中には自分の好きなものを好きなだけ食べるということができずに、ストレスが溜まってしまうこともあるでしょう。

食べたいという気持ちと、食べてはいけないという気持ちが混ざってしまって、自分の食欲と戦うことの辛さにやられてしまうのではないでしょうか。

ダイエット中でも食べたいと思ってしまうのは当たり前のことですよね。

食欲は人間には必要なことですし、そこでうまく幸せを得ることができないと、人生の楽しみが少し減ってしまったような感覚がするものです。

ダイエット中であるからといって、食欲を簡単に消せるようになるわけではありません。

そんなときには、どのような方法で食欲を抑えると良いのでしょうか。

どのようにしてダイエット中の食欲と戦えばよいのでしょうか。

低カロリーなものならOK!

ダイエット中でもそう簡単に食欲と戦うことはできません。

そんなときには食欲と戦う必要はないのです。

食欲を抑えるのは難しいですし、実際に食べる量が減ってしまうと、ストレスが溜まってしまいます。

反動でたくさん食べるようなことがあれば、それでリバウンドしてしまう可能性もあります。

また、食べる量が減ってしまうと、普段のエネルギー量が足りなくなり体調を崩してしまう可能性もあります。

女性の場合では、生理不順などともかかわってきますから、実際にはあまり急激に何も食べないようなダイエットをするのは体のためによくありません。

そんなときには、低カロリーのものを選ぶようにしましょう。

低カロリーであれば、お腹いっぱい食べたとしても罪悪感もありませんし、健康的に痩せることができるでしょう。

食べないように気を付けるのではなく、食べる内容を変えるようにすれば良いのです。

自分の食生活を見直してメニューを変えなければいけませんが、食べたいのに何も食べられない辛さよりはずっと楽でしょう。

それでは、ダイエット中に食べても大丈夫な低カロリーのものには、何があるのでしょうか。

低カロリーで美味しい食べ物14選

低カロリーであれば、空腹で辛い思いをすることもないでしょう。

ダイエットをする際には、しっかりと低カロリーの食材や、その調理方法について覚えておくべきですね。

しっかりと低カロリーな食事を作ることができれば、太る心配なく食べることができるでしょう。

ここからは低カロリーの食材をご紹介します。

豆腐


豆腐は高たんぱく、低カロリーであることで有名ですよね。

ダイエット中は、食事の中に豆腐を取り入れる人も多いのではないでしょうか。

絹ごし豆腐のカロリーは100gで56kcal、木綿豆腐は72kcalです。

1丁(300g)では、絹ごし豆腐168kcal、木綿豆腐216kcalになります。

ご飯一膳(140g)で約235kcalなので、木綿豆腐を1丁食べるのとだいたい同じカロリーであることがわかります。

豆腐はお腹に溜まりやすいといわれているので、1丁も食べなくても満足できるかもしれませんね。

しかし、豆腐を毎日食べていると飽きてしまう人も多いでしょう。

そのため、豆腐単体で食べるのではなく、豆腐を使った料理や豆腐を料理の中に混ぜて摂取すると良いのではないでしょうか。

例えば豆腐ハンバーグは、豆腐をメインとして食べることもできますし、肉を食べているような気分を味わうこともできます。

工夫次第で、低カロリーでお腹を満たすことができる食材です。

豆腐が苦手な方でも食べられるようなレシピを探してみましょう。

豆腐はダイエット中に頼る方が多くいますから、探せば女性の為の色々なレシピがたくさん出てくるはずです。

自分に合うものを探してみてくださいね。

サラダ


ダイエットの時にはできる限りサラダを食べるようにして、あまりご飯系を食べないようにしている人もいるかもしれません。

野菜にもいろいろな種類がありますから、低カロリーの食材を使ってサラダのレパートリーをふやすのは楽しいかもしれませんね。

ドレッシングなどの組み合わせを考えると、ダイエット中であったとしても美味しく、そしてバリエーションのある食事を楽しむことができるでしょう。

サラダばかり食べていると、何だか草食動物になったような気がしてくるかもしれませんが、ダイエットには効果的なので、できる限り美味しく食べられるような工夫をしてみてくださいね。

食材によっては高カロリー

食材によってはとてもカロリーが高くなってしまう可能性もあります。

サラダというだけで何となくカロリーが低いという印象になってしまうかもしれませんが、食材を選ぶ時は気を付けましょう。

例えば、野菜の上にベーコンを乗せたサラダもありますが、ベーコンを使うことによってカロリーが高くなってしまいますよね。

かぼちゃやジャガイモなどの野菜もカロリーが高くなってしまうので注意が必要になります。

できる限り野菜だけを入れるようにしていれば良いですが、それではお腹がいっぱいにならないという問題点もありますよね。

例えば、春雨を入れるなどするとサラダだけでも腹持ちが良くなるかもしれません。

マカロニサラダやポテトサラダ、シーザーサラダなどもカロリーが高くなってしまうので、サラダという名前に騙されてたくさん食べないようにしてくださいね。

ドレッシングは注意

ドレッシングなども含めればバリエーション豊かなサラダを食べられるというのは上述の通りです。

ですが、このドレッシングによって高カロリーになってしまう場合があります。

マヨネーズを多用しているものでは折角のサラダの低カロリーが活かされない食事になってしまうでしょう。

サラダ自体を低カロリーにしたからといって油断することなく、しっかりとドレッシングのカロリーを考えることも忘れないようにしてくださいね。

カロリーを抑えたいなら、ノンオイルドレッシングを使うといいかもしれません。

時にはドレッシングをかけずに塩やこしょうなどで食べてみるのも意外と美味しいので試してみてください。

ダイエットのためにサラダを食べているということを忘れずに、味付けには気を付けましょう。

もやし

もやしはスーパーでも安く手に入る食材で、それと同時にダイエットのときにも助けになる食材です。

よくスーパーなどで目にすることが多い緑豆もやしは、100gあたり14kcalという低カロリーな野菜です。

低糖質で、ビタミンCや葉酸などの栄養も豊富です。

また、大豆もやしは100g34kcalですが、糖質がゼロとなっています。

もやしを調理する際には、味付けによっては高カロリーになってしまうので気を付けた方がいいでしょう。

もやしは節約料理にもよく使われる食材ですから、様々な調理方法を覚えておくと低カロリー&低価格で美味しく食べることができると思いますよ。

こんにゃく

こんにゃくのカロリーは100gあたり6.9kcalです。

食べ応えもあり、腹持ちも良いので低カロリーでお腹を満たすことができると思います。

また、食物繊維がたっぷりでお腹にも良く、便秘解消効果も期待できます。

煮物に入れたり、おでんに入れたり、調理方法を工夫して食べてみてください。

刺身こんにゃくやこんにゃく麺などもあるので、飽きることなく食事に取り入れることができそうです。

こんにゃくゼリーを持ち歩いてお腹が空いたときにおやつ代わりに食べるのもおすすめです。

春雨

乾燥した春雨のカロリーは100gあたり350kcalです。

350kcalと聞くと、低カロリーではないのでは?と思いますよね。

しかし、春雨はゆでることによって約4倍に膨らみます。

そのため、ゆでた春雨は100g約80kcalとなります。

そう考えると、春雨はダイエットをしている女性の強い味方といえるのではないでしょうか。

スープに入れたり、サラダの中に入れて春雨サラダを作ることもできます。

とにかくいろいろな食べ方をできるので、ダイエット中の食卓にボリュームがないように感じてしまうことがあれば、春雨を取りいれてみるといいかもしれませんね。

海藻

海苔、わかめ、ひじき、昆布、もずくなど、海藻には様々な種類があります。

これらの海藻は低カロリーな上に、ミネラルやビタミン類、タンパク質、食物繊維などの栄養素もたっぷり含まれています。

食卓に積極的に取り入れていきたい食材の一つですね。

味噌汁に加えたり、海藻サラダや煮物など、工夫次第で色々な食べ方をすることができるのが嬉しいポイントです。

種類によってもカロリーは異なりますが、どれもそれほど高くありません。

色々な種類を使ってご飯作りを楽しんでみてください。

ささみ

ささみも低カロリーの食材としてダイエット中に食べる方も多いのではないでしょうか。

ささみは100gあたり105kcalといわれており、お肉にしてはカロリーが低いというところがおすすめのポイントです。

脂身の多いお肉はカロリ―が高く、ダイエット中は思わず避けてしまいがちになるものです。

ですが、たんぱく質をきちんととっていなければエネルギーを作ることもできませんし、健康にも良くありません。

そんなときの味方となってくれるのが鶏肉ですが、特にその中でもささみは低カロリーなので食事にも取り入れやすいでしょう。

どうしても肉を食べたいと思ったらささみを茹でる・蒸すなどの調理法で、サラダなどに乗せるのもでおすすめです。

ただし、チーズなどの高カロリー食品と組み合わせることがないように気を付けてくださいね。

カロリーが高い食材と組み合わせてしまっては、せっかくのささみの低カロリーの魅力も消えてしまいます。

サラダにする際も、高カロリーなドレッシングを選ばないようにしましょう。

コンビニのサラダチキン

ささみを調理するのが面倒くさいなら、コンビ二のサラダチキンを試してみてください。

コンビニのサラダチキンは、すでに茹で上がっている状態ですから、簡単にささみを摂取できます。

味付けもしてあるのに、カロリーが抑えられたものが発売されていて、ダイエット中の女子にはとても人気となっているようです。

ランチなどでも、コンビニでご飯を買うのならサラダチキンを選べば低カロリーな食事を摂ることができると思いますよ。。

ところてん

ところてんは、100gで1.9kcaというとても低カロリーの食材です。

また、低糖質でもあるので、糖質を気にしている人にもおすすめです。

こちらはスルスルと入っていくので、暑い夏でも食べることができるというのも魅力の一つかもしれません。

ところてんは様々な食べ方がありますが、ダイエット中には黒蜜をかけて食べる方法はお勧めしません。

黒蜜は大さじ1杯で約60kcalと言われています。

そのため、醤油や酢醤油などをかけて食べた方がカロリーが低くて良いのではないでしょうか。

最も、ところてん自体低カロリーですから、少しくらい黒蜜をかけても大丈夫かもしれませんね。

甘いものが食べたくて仕方なくなってしまったときには、ところてんを食べるのも一つの方法としてよいかもしれないですね。

おから

おからはヘルシーで栄養豊富なので、ダイエット中に食べる人もいます。

おからのカロリーは100gあたり111kcalです。

肉詰めやハンバーグを作る時に、肉の代わりに水分をしっかりと切ったおからを入れるとカロリーを抑えることができます。

また、食物繊維を豊富に含んでいるため、腹持ちが良く、少量でも満足できると言われています。

そのため、できる限り食事におからを取りいれるようにすれば、食欲を押さえることができますね。

また、お通じを良くする効果もあるので、ダイエット中に便秘になってしまう人のためにもおからは最適です。

おからが苦手な人や、おからを手に入れにくい人は、おからパウダーがおすすめです。

コーヒーやスープ、ヨーグルトなどに混ぜて手軽に食べることができますよ。

おからクッキーなども

おからクッキーは普通のクッキーと比べてカロリーが低く、おやつや小腹が空いた時にはおすすめです。

おからを料理の中に入れて食べるのが苦手だという方は、こうした方法でおからを食べてみると良いのではないでしょうか。

ただし気を付けていただきたいのは、おからだけを食べていると栄養不足になってしまう可能性があるということです。

他の食材もバランスよく食べるようにしてくださいね。

カロリーコントロールアイスクリーム

カロリーコントロールアイスクリームというくらいですから、ダイエットの強い味方のように思えますね。

アイスクリームはカロリーが高いものが多く、ダイエット中は食べるのを我慢している人も多いのではないでしょうか。

ですが、暑い夏はどうしてもアイスクリームが食べたくなってしまうこともあるでしょう。

そんなときにおすすめなのがカロリーコントロールアイスクリームです。

アイスクリームでありながらカロリーは1つあたり80kcalです。

80kcalならアイスを食べても罪悪感を感じなくてすみそうですよね。

糖質もカットされていますし、太ることを心配せずに甘いものを食べられるというのはとても嬉しいですね。

どうしてもアイスクリームが食べたくなってしまったら、カロリーコントロールアイスクリームを選んで食べるようにしましょう。

低カロリーだけど美味しいと評判のようなので、甘いものが大好きな人は食べてみてください。

ゼロカロリーゼリー

最近ではダイエットをする人の味方として、ゼロカロリーゼリーと呼ばれるものも増えています。

こちらは、本当にカロリーが0です。

ダイエット中でも、甘いものやデザートが食べたくなる時はありますよね。

そんなときにはゼロカロリーゼリーを試してみてください。

食べすぎるのはよくありませんが、ダイエット中のささやかな楽しみにするにはぴったりかもしれません。

フルーツ

フルーツダイエットという言葉を聞いたことがある人もいるかもしれません。

フルーツはダイエットや美容、健康などに効果があるとされています。

ですが、フルーツと言っても多くの種類があり、そのフルーツによってカロリーや期待できる効果は様々です。

いくつかの種類を見てみることにしましょう。

例えば、ダイエットで食べている人が多いバナナは意外とカロリーが高く、中1本(100g)あたり約86kcalです。

リンゴは100gあたり約54kcalで、一玉(200g)で約108kcalあり、食べすぎると太りやすい果物とも言われています。

では、低カロリーでダイエットに向いている果物というと、それはイチゴです。

イチゴは100gあたり約34kcalで、中粒1個(15g)約5kcalとなっています。

コレステロール値を下げる効果や、体内の塩分を外に出す効果も期待できるので、ダイエットに向いている果物と言われています。

また、グレープフルーツも低カロリーで、100gあたり約38kca、中1個(318g)で約85kcalとなっています。

他にも、スイカやメロンは比較的低カロリーです。

さらにフルーツの良いところは、たくさんのビタミンが含まれているところです。

自然のものなので、お菓子を食べるよりはフルーツの方が体にも良いと言えるでしょう。

ヨーグルト

ヨーグルトは製品によっても違いはありますが、100gあたり約62kcalとされています。

それほど低いわけではありませんが、十分に許容範囲内のカロリーだといえそうですね。

ヨーグルトは腸内環境を整えると言われているので、ダイエットを続けることで便秘気味になってしまう人は、ヨーグルトを積極的に取りいれるといいかもれません。

ただしこのカロリーはヨーグルトに砂糖などを混ぜていない場合です。

加糖か無糖かでカロリーが変わってきてしまうので、できるだけ低カロリーが良いという方は、無糖を選ぶようにしてください。

どうしても何か必要なようなら、果物で代用した方が美味しく食べられると思いますよ

コーヒー

コーヒーは1杯(200g)あたり約8kcalです。

コーヒー好きな人も、ブラックコーヒーならカロリーを気にせずに飲むことができそうですね。

しかし、砂糖やミルクなどを入れてしまうとカロリーが高くなってしまいます。

コーヒーに砂糖を入れた場合約60kcal、ミルクを入れた場合約40kcalとされています。

カロリーを気にするなら、ブラックで飲んだ方がよさそうですね。

調理法などにも気をつけよう

低カロリーの食材を使っていれば、お腹いっぱい食べても罪悪感を抱くことがないでしょう。

ですが、低カロリーの食材を使っているからといって、何でも良いというわけではありません。

料理の方法によってはカロリーが高くなってしまう可能性もあります。

調理方法も重要なので、間違わないように気を付けましょう。

例えば、低カロリーの食材を油で揚げたり、炒めるとカロリーは高くなってしまう可能性があります。

また、調味料をたくさん使って濃い味付けをしているようでは、使っている食材が低カロリーだったとしても、全体的に見ると高カロリーになってしまうでしょう。

食べる量にも気を付けてください。

低カロリーで作った食事をお腹いっぱいになるまで毎食食べてしまっている状態では、なかなか痩せなくても仕方ないですね。

ダイエットをしているときには腹八分目くらいでとめておくようにしましょう。

ダイエットをするのなら食事以外でも気を付けて

ここまで低カロリーの食材についてご紹介してきました。

ダイエットをするなら食事以外でも気を付けなければいけないことがたくさんあるでしょう。

例えば、食べた後にすぐ寝るようなことはしない、定期的に運動をするといったようなことです。

カロリーばかり気にして何も食べなくなってしまうよりは、運動をしてカロリーを消費することで健康的にダイエットすることができますよ。

ダイエットをするのなら、食事以外のことにも気を遣って、早めに結果を出すことができるように頑張ってくださいね。

ダイエットが終わった後にも続行

また、ダイエットが終わった後でもカロリーを制限した食事をとることが大切です。

ダイエットが終わったからといって当たり前のように普通の食事に戻すのではなく、低カロリーな食事も続けるようにしてください。

ダイエットが終わった後には、リバウンドに気を付けなければいけない時期になります。

反動で色々なものが食べたくなってしまうこともあるかもしれませんが、せっかく低カロリーな食事を身につけたのですから、それを活かした食事を続けることで体型を保ってあげてください。

リバウンドしてしまったときには、もう一度ダイエットで戻すのではそれを繰り返すことになってしまいます。

しっかりとダイエットをすることができたのなら、その努力を続けられるように頑張ってください。

ダイエット中でもお腹いっぱい!

ダイエット中には自分の食欲と戦うことになりますよね。

ダイエット中にお腹いっぱいに食べることができないのはとてもつらいことです。

自分では気づいていないくらいに、お腹が空いていると言うこともあるでしょう。

ですが、それでは健康的にダイエットできているとは言えません。

出来れば食欲を押さえずに、お腹いっぱいに食べながらダイエットをするのが一番です。

そのためには、しっかりと低カロリーの食事を勉強してみてください。

低カロリーの食事をするのは面倒くさいこともありますが、新しい料理のレパートリーを増やすと思って挑戦してみて下さい。

ダイエット中であったとしても、食べる楽しみを奪う必要はありません。

楽しみながらダイエットをすることができれば良いですね。

ダイエットを楽しみながらできるように応援しています。