大学への入学、就職、仕事の転勤、結婚、家の購入、気分転換、親の世話、子育て環境を良いものにするためなど、色々な理由で人は引っ越しをします。

あなたは今までに何回引っ越しをされましたか?

親が転勤族だったり、地方出身の方は、すでに数回経験されていることでしょう。

もしかすると、まだ一回も引っ越しをしたことのない方もいらっしゃるかもしれません。

また、子供の頃にしたことがあるが、大人になって、自分で引っ越しの準備や段取りをしたことはない方もいらっしゃることでしょう。

何れにしても、住む場所を変えるというのは非常に大きなことで、荷物をまとめたり、行政への手続きをしたり、引っ越し業者に頼んだりと、やるべきことがたくさんあり、何から始めて、どう進めれば良いのか不安になりますよね。

そこで今日は、不安を減らし、よりスムーズに引っ越しするために有益な情報をご紹介します。

️引っ越しをすると決めたなら…

どんな理由にせよ、引っ越しすると決めたなら、まずするべきことは新居探しです。

これは一番ワクワクする時間でしょう。

どんな街に住みたいのか、どんな家が良いか、夢や希望が膨らみますね。

それぞれ小さな時からこんな家に住みたいという理想がありますよね。

引っ越しという家をすみかえるタイミングは、その夢を叶える大チャンスです。

しかし、夢と現実の差もはっきりと認識しなければなりません。

少しの時間は、不動屋さんが出している間取り図などを使いながら、自分の夢に浸っても良いですが、自分や家族の生活を、具体的に描けば描くほど、本当に必要な条件などが絞れてきて、現実的な物件を見極められるようになります。

快適に暮らすための間取り、通勤や通学を考えての駅からの距離、買い物や道路事情などの生活環境、安全性や保証も関係する築年数、そして一番の問題は、家賃やローンなどのコストですよね。

結局は、どれくらいお金を出せるかで、選べる新居が変わってくるでしょう。

️引っ越しをするときにやること


引っ越し先も見つかって、本格的に、引っ越しに作業に取り掛かることになりました。

でも初めてだと、何からどう始めたら良いのかわからないですよね?

しかも、古い家で生活しながら、物を片付けなければなりませんし、電気やガスなどもギリギリまで使いたいし、手続きや書類の提出も引っ越し当日ではできないし・・と頭を抱えてしまうかもしれません。

事実、引っ越し準備の順番を間違えると、一度綺麗にしてしまったものをまた箱から引っ張り出すことになったり、引っ越し当日にバタバタしたり、後から不動産屋さんと揉めたりと、二度手間になったり、余計なストレスを抱えることになります。

ですからこれから、効率的な引っ越しの手順を調べてみましょう。

いらない物を捨てる

引っ越しは、自分の持ち物を見直して、大々的に処分する良い機会になります。

押し入れや天袋、物置などにしまったきりで、覚えてもいなかったものが次々に出てくることでしょう。

思い出が詰まったものもあるでしょうが、大抵は、ただスペースがあるから取っておいたものかもしれません。

新しい生活を始めるのです。

心機一転、気持ちよく新生活を始めるためにも、全然使っていないものを思い切って処分しましょう。

じっくりと手にとって、思い出を語ったり、いくらで買ったとか価値を思い出していると、惜しくなる気持ちも出てくるかもしれませんが、引っ越しという、またとない大掃除のチャンスを逃さないようにしましょう。

今まで使っていなかったものなら、捨てて後悔することはまずないでしょう。

ただ捨てるといっても、自治体によって、捨て方や回収日、収集件数などが細かく決まっています。

ですから、市町村が出している不用品回収のカレンダーを使って、できるだけお金をかけずに捨てれる方法を考えたり、不用品をきちんと捨て切れるように計画を立てたほうが、スムーズに片付けられます。

引っ越しの準備や荷造り


不用品を捨てたら、新居に持っていくものだけが残ります。

今度は、本格的な荷造りです。

どうせなら、綺麗な状態で新生活が始められるように、持ち物を磨いたり、掃除をしましょう。

その際、改めて新居に必要かどうかを考えながら、迷うものは一時保管という箱を用意して、再考できるようにしましょう。

洋服や靴、アクセサリーなども、「絶対にいるもの」と「なくても良いもの」という分類をすると、思っているより不用品が多いことがわかります。

そうすることによって、荷物を減らしてよりすっきりと引っ越しが可能になります。

しまっていく順番ですが、季節などに応じて、確実に使っていない季節ものからパッキングを始め、料理器具などいつも使っているものは、最後まで残しておきましょう。

引っ越しの朝までそこで暮らすことを頭に描きつつ、片付けていけば、二度手間を防ぐ荷造りができるでしょう。

契約や届出などの確認

引っ越しなるとなると、現住所で契約している各社への解約の連絡、住所を登録している書類全ての変更が必要になります。

引っ越しが決まった時点で、早めに手続きするべきなのは、固定電話やインターネットの移転手続き、不動産や駐車場の解約、新聞などの解約です。

解約や移転の申請が遅れて、余分な出費を払うことにならないように、1か月前には連絡しましょう。

その後、引っ越し1〜2週間前には、住民票や住民税、転校届けなど公的機関への手続きを行います。

さらに、郵便局での転送手続き、電気・ガス・水道の使用中止連絡や、銀行や印鑑登録、保険などの住所変更も済ませましょう。

これらを計画的に済ませておくと、ギリギリになって役所回りをしなくてもすむので、気持ちの余裕も生まれます。

引っ越した後は、2週間以内に転入届を出し、年金、運転免許、マイナンバーなどの住所変更を済ませるようにしましょう。

そして引っ越し業者への依頼!

ストレスの少ない引っ越しをするための鍵になるのは、良い引っ越し業者さんに出会い、トラブルなく、しかも気持ちよく仕事をお任せできるかどうかでしょう。

順番的にこの項目が最後にはなっていますが、引っ越し業者選びは、新居が決まったらすぐに始めることで、荷造りを始める前には、確実に決めておきたいことです。

なぜなら、引っ越し業者さんとの打ち合わせによって、引っ越し日が決まりますし、業者さんによって荷物ごとの値段も変わりますし、荷物を梱包するダンボールやクッション材を用意してもらえるかどうかも異なります。

また、自分でどこまでやるべきかも業者さんのプランやサービスによって変わってきます。

例えば、ハンガーに抱えている服は箱にしまうのか、それとも当日そのまま専用ケースで運べるのか、靴、お皿などもそれそれ専用の入れ物も持ってくる業者もあります。

ですから、とにかく引っ越しが決まったら、どこの引っ越し業者にするのか、慎重に選ぶことから始めましょう。

️引っ越し業者は意外とトラブルも多い?

なぜ引っ越し業者を慎重に選ぶかは、サービスや値段が変わるだけではなく、意外と引っ越し業者さんとのトラブルが多いからです。

引っ越しで家全体を移動させるわけですから、多くのものを運ぶことになります。

貴重品やデリケートなもの、どうしても運べないもの、運ぶためには経費が余分にかかるものまであります。

家主にとっては、どれも思い入れのある物で、特別扱いをして欲しかったり、でもできるだけ費用を抑えたいなど希望があるでしょう。

しかし業者としては、安全に運ぶということが第一で、そのような思い入れを共有するのは難しいでしょうし、どんなに気をつけていても、時間内に作業を終えるということを考えるならば、多少無理をすることも必要だったり、気をつけていてもミスをすることもあるかもしれません。

それにあくまでも、仕事として、利益を得る目的でしています。

この立場の差から、どちらも望んでいないのにも関わらず様々なトラブルがおきてしまうのです。

見積もり時の段ボール

見積もりをしてもらった時に、引っ越し業者が置いていったダンボールを巡ってトラブルが頻発しています。

ダンボールを置いていった会社と契約をして、引っ越しを頼めば全く問題がないのですが、もし、その会社とは契約しなかったり、キャンセルした場合には、ダンボールを家主負担で返却するように求められたり、使用料としてお金を支払いを求めることがあります。

お客側としては、「勝手に置いていったのに」「契約するかわからないといったのに置いていったのだから、なんで支払わないといけないのか」という不満が残り、トラブルになるのです。

ダンボールもコストがかかる、業者側の商品です。

契約した会社以外のダンボールは、絶対に使わないようにしましょう。

また強引な営業で、契約の意思を示していないのにダンボールを置いていくような業者とは契約しないようにしましょう。

荷物の紛失

あってはならないトラブルですが、全くないわけではありません。

しかし、ダンボール一つがないといったり、このダンボールの中にしまった貴重品がないと言われても、証明できない限り業者が保証をすることはまずありません。

実際、後から出てきたり、捨てていたり、客側の思い違いであることも多いのです。

このようなトラブルを防ぐ方法としては、ダンボールに通し番号を振って、引っ越し作業を始める前に、業者に確認してもらいます。

そうすれば、何番がないとはっきりします。

さらに、ダンボールの中身を撮影して保存しておくと、それが証拠となり保証に応じてもらえる確率が上がるそうです。

荷物がなくなる原因として、積み忘れということもあるので、自分の目でもしっかり確認するようにしましょう。

荷物に傷が付く

どんなに気をつけていても、またプロであっても、人間ですからミスや失敗をしてしまいます。

口コミなどで、荷物を丁寧に扱うと評判の感謝であっても、荷絶対に荷物に傷をつけないという保証はありません。

しかし頼んだ方としては、大事な家具や思い出の品に傷をつけられたショックは、想像以上に大きいものでしょう。

ですから、なんとか元どおりにしてもらいたい、もしくは新品に変えてほいと願うのです。

しかし現実は、中古品が新品に変わることは絶対にないですし、納得のいくほど元どおりになることはありませんし、金銭的解決でも市場の最低限の価格になるでしょう。

また、傷も引っ越し中に見つけたのなら、責任がはっきりするするのですが、数日後になると、業者側としたら、うちの責任とは限らないという主張になります。

荷物の運搬拒否

引っ越し業者が引き受けを拒否できる荷物があります。

それは、現金や預金通帳、キャッシュカードや宝石貴金属、骨董品や美術品などの貴重品、さらに、火薬などの危険物や不潔な物品、そして、動植物などの命あるものです。

貴重品を業者に預ける人は少ないと思いますが、よくトラブルになるのは、観葉植物やペットです。

特に、水槽ごと金魚や熱帯魚を運んでもらえると思っている人がいますが、業者としては、移動中に魚が死んでしまうリスクがあるので拒否します。

犬や猫ももちろんダメです。

ペット専用の業者に依頼しましょう。

植物も枯れたらトラブルになるので拒否されることが多いですが、見積もり時によく確認しておきましょう。

金銭関係

コストを抑えたいお客と、儲けたい業者という立場の違いがもっとも顕著に現れる部分なので、お金のトラブルも多いです。

特に、加算システムが引っ越し業者によって異なっていたり、見積もりから実際の引っ越しまでに期間があったりすると、見積もり時には含まれていなかった荷物が増えていることによる料金の変動などがあります。

内金や手付金

見積もり無料と書いてあったから頼んだのに、手付け金や内金を払わされたというトラブルがあります。

業者としては、繁忙期などは必死で人員を抑えるのでキャンセルされたら困るし、他者に乗り換えられても困るという理由で、契約を確実にするために実際の費用のいくらかを先に払ってもらうという結論になったのでしょうが、これは約款には記されていない、違法な方法です。

法律上は、料金は当日に払えば良いので、何を言われても払わなくて大丈夫です。

そしてこんなことを言ってくる業者なら、利用しない方が良いでしょう。

当日の追加料金

契約書のないように書いてあることが全てになりますので、もし契約時に、小さなソファや自転車などを申告しておらず、当日持っていくことを伝えた場合は、当然追加料金が発生します。

また、転居先が駐車スペースがなく遠くから運んだり、見積もり時に伝えていなかった家具の組み立てなどの作業を頼んだ場合もプラスの作業があったとして、規定にのっとって追加料金がかかります。

ですから、見積もり時に、「こんなの簡単に運べる」「やってくれるでしょう」などと安易に考えずに、持っていく荷物、してほしいこと、転居先の階数、近隣の道路事情、通路の幅、エレベーターがあるかなど全てを事細かく業者に伝えるようにしましょう。

オプションサービス

引っ越しのオプションサービスとしてよくあるのは、ピアノの運搬、エアコンの取り外し、ハウスクリーニング、ペットの移動です。

これらのオプションサービスは、引っ越し業者が自らやるというより、引っ越し業者が提携している業者に任せたり、下請けを使う場合が多いです。

ですから、名前は一流でも、実際に作業に当たるのは素人だったり、引っ越し業者も細かいことを把握せずに見積もりを出して、追加料金が発生したりします。

ですから、オプションサービスを頼む場合も、気になることは全て確認して、こちらの希望も徹底して伝えてもらうようにしトラブルを回避しましょう。

引っ越し業者が来ない

引っ越し当日に業者が来ないなんて嘘みたいなことが実際に起きているのです。

特に繁忙期である3月、4月になると増えるそうです。

誰もがまさかそんなことはと、少しは待つとは思いますが、電話をかけても折り返すと言われたり、平気で今日は行けなくなりましたという業者もいるそうです。

もちろん、テレビCMもしているような大手の会社ではそんなことは絶対にありませんが、もともと認可も取っていないようなモグリの業者では、失うものがないだけに平気で引っ越しをすっぽかすという信じられないことをすることもあります。

しかし、予定日に引っ越しできないとなると、電気、水道、ガス、家賃、仕事と全てに影響が出る非常に困った状況になります。

ですから、値段が安いからという理由だけで業者選びをするのではなく、信用できる会社を選ぶようにしましょう。

️引っ越し業者のトラブルに巻き込まれないためには?

せっかく新たな気持ちで、新居での生活を始めるつもりだったのに、トラブルに巻き込まれると、ワクワク感が台無しになったり、不必要なことで時間を取られたりして、とにかく嫌な気持ちになりますよね。

ですから、最初からトラブルにならないように策を講じましょう。

説明をしっかりしてもらう

引っ越し業者の人は、仕事としていつもしていることですし、ありとあらゆる引っ越しに関わっているので、専門用語や、システムを説明する必要はないと考えたり、それがわからないとは思いもしないということがあるかもしれません。

しかし、人生のうちで数回しか引っ越しを経験しない人も多いですし、システムや専門用語なんて知るわけがありません。

ですから、業者の流れに乗った説明で満足するのではなく、真剣に話を聞き、事細かく説明してもらうようにしましょう。

専門用語を使われた時には、ニュアンスで理解するのではなく、しっかりとどういうことなのかを説明してもらってください。

疑問は納得いくまでぶつける

不明点や、心配事があるなら納得いくまでとことん確認しましょう。

大抵のトラブルは、「大丈夫だろう」「これも含まれるだろう」などの思い込みによって生じます。

人はどうしても自分の都合のいいように考えるので、現実は全く異なる場合もあります。

それを防ぐには、情報の共有と確認作業しかありません。

どんなに細かいことでも、恥ずかしがらずに、面倒臭がらずに、徹底して確認してください。

それを徹底的にやることが、トラブルに巻き込まれない一番良い方法でしょう。

ちゃんとした引っ越し業者を選ぶ

ちゃんとした引っ越し業者は、トラブルにならないようなシステムを構築していますし、万が一問題が生じた時にも、迅速に、誠実に対応するように心がけています。

ですから、ちゃんとした業者を選べば、かなりトラブルのリスクを減らすことができるでしょう。

ちなみに、陸運局の正式な許可を受けていない業者は、トラックのナンバーが白ですので、そのようなモグリの会社はなるべく使わないようにしましょう。

自分の家の全てをお願いする相手です。

しかも新居にも入る人たちなわけですから、責任感のない人やプロ意識のない会社では困ってしまいますよね。

嫌な思いをしないように、口コミや、会社の実績を調べて納得できる業者を選ぶようにしましょう。

️引っ越し業者のおすすめ7選

では、実際に良いとされている、おすすめの引っ越し会社をご紹介します。

みなさんおなじみの大手から、全国区ではそんなに知られていない会社までありますが、これからご紹介する会社は全て、長年の信用と実績があり、自信を持って紹介できる会社なので、引っ越しをされる際にぜひご検討ください。

さらに、引っ越し業者同士を比較することもできる、業者選びに役立つサイトもご紹介いたします。

引越し侍

謎のアイドルが「引越しするなら引越し侍」と歌うテレビCMでおなじみの引越し侍ですが、正確には引っ越し業者ではなく、引っ越し見積もりサイトです。

この引越し侍では「サカイ引越センター」「アート引っ越しセンター」「アリさんマークの引っ越し社」などの信頼できる引っ越し業社を含む、270社の人気業社の引っ越し手続き方法と、値段などを比較することができます。

2つの比較サービスがあり、270社の中から最大10社までに、一括で見積もりを依頼できる「一括見積もりサービス」と、各社の料金や口コミをネットで比較できる「ネット予約サービス」です。

気に入った会社があれば、その場で予約をすることができ、業者選びから契約までネットで完結できるという現代にぴったりなシステムです。

アート引越センター

単身の引っ越しから、家族の引っ越しまで、どんな規模の引っ越しでも引き受けてくれる頼もしい会社です。

しかも、大型の家具の梱包やセッティングはしてくれる「基本コース」、荷造りの要素をプラスした「ハーフコース」、荷造りと荷ほどきに片付けまでついている「フルコース」とあり、予算や要望に合わせて選ぶことができます。

他にも、女性のスタッフだけで引っ越しをしてくれる「レディースパック」、60歳以上の人が利用できる、暮らしの整理士がお手伝いしてくれる「シニアパック」、学生さんがお得に引っ越せる「学割パック」など、多様なプランが用意されていて、どんな立場の人でも、自分の願う引っ越しができるように考えられています。

このお客様のためを思い、キメ細やかな配慮をする社風が評価され、5年連続顧客満足度がナンバーワンというすばらしい結果を残しています。

実際にアート引越センターを利用した人が、よかったと思うわけですから、ぜひ使ってみたいと思いますよね。

アリさんマークの引越社

赤井さんのテレビCMで有名なアリさんマークの引っ越し社は、創業46年という長きにわたって、みんなに愛されている実績があります。

この会社で特に興味深いプランは「長距離プラン」です。

長距離の引っ越しは、移動距離が長く、費用もかかり、心細さもあるとても大変なものですが、中間業者が一切入らない「スペシャル便」、現在の住所の最寄り貨物駅から、新居の最寄り貨物駅まではJRの列車で運ぶ「エコ便」、業界初の、荷物の輸送はJRのコンテナ便を利用し、引っ越しの作業はアリさんマークの引越社が行うという「エコリーズナルパック」という3種類のバリエーションが用意されています。

JR貨物を入れることによって、環境にもお財布にも優しい今までになかったプランが作られました。

ですから、金銭的に厳しかった長距離の引っ越しでも、自由度やコストを考慮して、自分に最適なプランを選ぶことができるでしょう。

サカイ引越センター

個人から法人、そして海外への引っ越しまでも行なっている、日本の引っ越し業界ナンバーワンのサカイ引越センターは、まごごろを込めてお客様とお付き合いすることをモットーに営業しています。

コースの種類も豊富で、とにかく忙しいので、梱包から荷ほどき、家の掃除まで全部やってほしい人から、包むのが大変な食器類はお願いしたいけど、あとは自分でやるという人、時間も体力もあるので、準備は全部自分でやるがコストは抑えたい人まで、様々な希望に添えるようなプランが用意されています。

さらに、オプションサービスも充実しており、不用品買い取りや、引っ越し荷物運送保険、引っ越しの挨拶状やギフトの手配、消毒・殺虫サービスなど、他の会社ではないようなきめ細かなオプションサービスが整っています。

ハート引越センター

ハートマークが目印のハート引っ越しセンターは、「初めての引っ越しだから不安」「荷造りはどうやれば良いの?」「忙しすぎて引っ越し準備ができない」「高齢の親が安心して引っ越しできるようにしたい」などという、それぞれの思いに応えるようなサイトを作ったり、希望に合うようなぴったりのプランを提供するなど、価格だけではない、ハートのつながりで選ばれるように意識している会社です。

ですから、それぞれに付帯サービスが異なる「スタンダード」「エコノミー」「パーフェクト」「エクセレント」という4つのプランと、個人的ニーズに答えられるようなオプションサービスを用意して、組み合わせ次第でオリジナルコースを作れるようになっています。

オプションサービスの中には、引っ越し当日からインターネットが使えるようになる「インターネット回線取次」、引っ越しで疲れながらの長距離ドライブが心配な方のための「マイカー陸送サービス」など、利用者の不安に寄り添うような心のこもったサービスがあり、温かさを感じますよね。

ムービングエス

「どこよりも安く、丁寧に」をモットーとしている会社です。

見積もりをお願いするとすぐにわかることですが、大手に比べると格段に安いです。

そのあまりの安さに、最初は大丈夫かなと不安になるかもしれません。

しかし、スタッフの対応も、スピーディで丁寧という申し分のない感想が多いです。

ホームページのトップに、「お客様の声」というコーナーを持ってきて、利用した人からの感謝の言葉や、感想を持ってくるあたりでも、その誠実なサービスに自信を持っていることがわかります。

リピート率も高く、引っ越しの際は候補として考えることをお勧めします。

日本通運

日通には、豊富な実績を支える多種多様なサービスと、日通ならではのこだわりが生む、確かなクオリティーという強みがあります。

特にどんなところにこだわっているかというと、まずはWEBだけで予約が完了できることです。

これは日通だけのサービスで、電話や見積もりが面倒な人や、ネットで完結することに慣れている人、忙しくて時間のない人には助かるサービスですよね。

さらなるこだわりは、引っ越しの2日前までに直接電話をして、準備のことや、変更がないかなどを確認して、不安の解消や、思い違いによるミスを防ぐことです。

さらに、人だけでなく、建物にも傷をつけないというこだわりがあるので、建物にも養生をして、家具と家を守るという気配りをしてくれます。

これほど細かく、自分たちのこだわりとポリシーを持って仕事をしてくれる会社なら、自分の大切な家財道具を安心して頼めるのではないでしょうか?

️引っ越し業者を選ぶなら、まずは見積もりから!

おすすめの引っ越し業者比較サイトや、引っ越し会社をご紹介しましたが、参考になったでしょうか?失敗しない引っ越しのポイントは、業者選びです。

そして、その業者がちゃんとしているか、自分と合いそうかを見極めるのは、見積もりの機会でしょう。

ですから、気になる会社を絞ったなら、とりあえず見積もりをしてもらって、スタッフの対応や、説明の仕方、細かいサービスについてチェックして、一番良さそうなところに決めると思い通りの引っ越しができることでしょう。