よく聞くバンドエイドという言葉がありますよね?

他の地域ではリバテープと呼んだり、カットバンと呼んだりするような地域もあると思います。

皆さんはバンドエイドを使う際には何て言いますか?

地域によってはその呼び方は何?と大学生の頃に指摘されたという人もりうのではないでしょうか?

バンドエイド1つでも実は呼び方が地域によって違うので新しい発見や面白い発見などをすることができるのではないかと思います。

怪我をした時にカットバンを取ってと言っても「何?」と言われたり「リバテープ欲しい」と言われたら「何のテープだ?」と思われたりしたという人はいるのではないでしょうか?

この様な経験というのは誰でもあることだと思います。

初めて大学に通うという人でもこの話題に必ずなるものの1つなのではないかと思います。

また絆創膏と言ったりもしますよね?病院などに関しては絆創膏と言うことが多いかもしれませんが、バンドエイドとの違いとは何なのかと考えたりしたことはありますか?

この様な考え方というのは、実はとあることが真実だったりするのです。

ただ呼び方が違うという地域でも、バンドエイドという言葉は共通で通ったり、絆創膏だけは通じるというような地域もありますよね?

日本というのは地域ごとに方言というものがありますが、このバンドエイドなどの呼び方も地域ごとの方言なのではないかと思う人もいるかもしれません。

ではそんなバンドエイドの地域によって違う呼び方を紹介したいと思います。

一部の地域ではもっと違うような呼び方をするという所もあるかもしれませんが、今回は代表的なものを取りあえげて、例を出したりしたいと思います。

今皆さんが他の人に「絆創膏を取って欲しい」と伝える際に「◯◯を取って欲しい」と言うと思いますが、その◯◯という言葉にはどの様な言葉が入りますか?

️バンドエイドのこと、なんて呼びますか?

バンドエイドというのは傷をふさぐテープのようなものですよね?

怪我をして血が出てしまったとなった時にバンドエイドというものを使うと思います。

子供の頃は外で遊んだりしては怪我をすることが多かったのではないでしょうか?その時にバンドエイドのことを何て呼んだりしますか?

絆創膏のことを何て呼びますか?と聞いた方が正しいかもしれません。

実はバンドエイドというものもその呼び方の1つなのです。

なのでバンドエイドを知らないという人もいたのではないでしょうか?

地域によって物の名前が変わるということがありますが、実はバンドエイドもその1つなのです。

これは主要な都市で言われる言葉でもありますが、一般的にはバンドエイドと呼んだりする人が多いと思っている人達もいるでしょう。

ですが他の人達からすると何?と思われても仕方ありませんよね?ではどの様な呼び方というものがあるのか詳しく見てみたいと思います。

元々バンドエイドとは何なのか?


バンドエイドという言葉は絆創膏のことを指します。

絆創膏のことを思い浮かべるとしたら、何か怪我をしてしまったときにそのキズを塞ぐために使うものだと思いますよね。

ガーゼみたいなものを巻きつけ血を止めたりする時に使われるものです。

基本的に軽い怪我をしたり、手や足の指の怪我の時にはこの絆創膏を使用して止血をしたりすることになると思います。

絆創膏にも大きさがあり、例えば指を覆うようなタイプもあれば、水につけてもふやけないタイプの絆創膏というのもありますよね?

基本的に絆創膏というのは種類も多くあるので、大きなものを見たことがないという人もいるのではないでしょうか?

まれに大きさが違うものがパックで売っていたりするので是非1度見てみてはどうでしょうか?

絆創膏というのは基本的に救急絆創膏とも呼ばれることがあり、瞬時に使えるという利点があるので家庭に1個は絆創膏があるということもあるでしょう。

また痛みがあるところを抑えるというのでも絆創膏は役に立ちます。

何かに触れると痛いという状態になった時に絆創膏を貼って指を固定したり、カバーする目的でも使用をすることができるので、その時にあった使い方をするようにしましょう!

中には柄になっている物もある

例えば人気のアニメのキャラクターになっていたり、そのデザインの絆創膏というものが多く売られたりしますよね?

それは例えばそれがヒーローのものであるならば、ヒーローのものを見て泣いていても元気になるというような子供の心理をついたこともあるからです。

基本的にアニメのキャラクターものやデザインというのは子供向けに販売されることが多く、絆創膏も小さいものが多いですよね?

子供というのは直ぐに怪我をしてしまったり、時には不注意になったりしてこけたりすることが多いです。

ですがその時にそのキャラクターものの絆創膏を使うとなると、見る度に元気になったりしますよね?

または治っているのに外したくないという子供もいるのではないでしょうか?

その様なものもあるので、お子さんがいる家庭などは是非、キャラ物のデザインの絆創膏を1度買って見てはいかがでしょうか?

地域によって物の名前が変わることがある


地域によって物の名前が変わるものってご存知ですか?

例えば実家の地域にはあった呼び方をいざ都会の方でしたときに「何それ?」というような事があって驚いたという人もいるかもしれません。

例えば食べ物で言う「今川焼」と「大判焼」というのは同じですが言い方が地域によって違いますよね?

この間どのように呼び方を言っているというものがあった時に話題となったのは「マクドナルド」の言い方もあるのではないかと思います。

これは「マック」と呼ぶのか「マクド」と呼ぶのかでまた地域ごとに変わってくるのです。

固有名詞は同じものですが呼び方となると地域により変わってしまうというのが面白い特徴ですよね。

それはバンドエイドも同じなのです。

地域によりバンドエイドと呼んだり呼ばなかったりする地域や他の呼び方をするというような地域もあるのです。

基本的にこの様なものは全て方言と関係してくるのもありますよね。

方言からものの名前が変わっているというようなものもあります。

ですが今回のバンドエイドというのはどの様な形で呼ばれたりすることがあるのでしょうか?

バンドエイドもそのひとつ!

実はバンドエイドというのも地域で呼ばれる限定のものです。

これには驚いた人というのもいるのではないでしょうか?

バンドエイドという言葉も地域で言われている言葉であり、他の地方では通じないなんていうこともあります。

ですがバンドエイドがある程度知られているというのには理由があるのです。

バンドエイドというのは元々は1つの商品の名前でありそれが関東などの主要都市に広まったので絆創膏をバンドエイドという人が多くなったのが1つです。

この様にして広まったと言うのもあるので、他の地域のバンドエイドと呼ばれるものももしかしたら広まった原因というものがあるかもしれませんよ?

バンドエイドと呼ぶ地域は?

バンドエイドと呼ぶ地域はどこの地方があるのでしょうか?実はバンドエイドと呼ぶのは関東の地方と近畿地方の一部だけなのです。

関東に住んだりしている人はバンドエイドが普通なのですが、地方からきた人にとってはバンドエイドという言葉がとても新鮮に聞こえたりすることが多いのではないでしょうか?

関東地方

関東地方の人達はよく絆創膏のことをバンドエイドと呼びます。

これは親が言っていたのでそのように言っていたり、皆がその様に言っていたのでその通りに言ったという人もいるのではないでしょうか?

関東地方の人達というのは基本的に物などに関しては最先端のものをおいていることが多いです。

地方の場合は後から遅れて入るという印象も強いのではないかと思います。

関東地方が最初にバンドエイドとなりそこから広まったいったというのもあるのではないかと思います。

基本的には関東などの言葉が他の地方に広がるということもあるので流行なども1つ良い例ですよね。

例えば関東に昔流行っていたのはガングロだったりしますが、これも一部の地域へとどんどん広まり真似をする人が増えたという形になりますよね?

それと同じようにバンドエイドという言葉もまた広まっていったのではないかと思います。

近畿地方の一部

地域により言い方が違うといいましたが、実は近畿地方の一部でもバンドエイドという言葉が通じるところがあるのです。

これは主要都市であるからというのと同時に、バンドエイドという会社があるからなのです。

バンドエイドというのは絆創膏の違う呼び方と感じる人も多いですが、実は商品名のことを言っているのです!

全国の様々なバンドエイドを見てみよう

では全国の様々なバンドエイドを見てみたいと思います。

バンドエイド以外の呼び方を知っているという人はいますか?

例えば上京をしてきたという人から聞いたり、また地方に行ったことがあるという人から聞いたりするような人が多いのではないでしょうか?

全国各地で呼び方が違うとなればとても面白いと感じますよね?ではどの様なものがあるのか詳しく診て見たいと思います。

️地域別・バンドエイドの呼び方

地域別で呼び方というものが変わります。

例えば北海道などではサビオと呼ばれたりしますが、これが実は和歌山県や広島県でも言われたりするのです。

北海道がある場所が北なのに対して和歌山県は近畿地方、広島県は中国地方といった地方がバラバラになっているのに呼び方が同じだというところもあるそうです。

他にもカットバンや絆創膏のことをそのまま絆創膏と呼ぶ地域もあったりリバテープと言ったり、キズバンと言うようなところもあるのです。

各地域により呼び方というものが違いますがこれにも理由というものがあるのではないでしょうか?

そもそも何故その様に名前が変わるのかということを考えたことはありますか?

方言などで変わるというものではなく、単純な理由とうものがこの「絆創膏」にはあるのです。

ではどの様な呼び方があるのかまずか見てみたいと思います。

北海道:サビオ

北海道ではこのことをサビオと呼んだりします。

サビオ取ってと言われたら絆創膏を取ってということです。

よく東京に上京にしきたとなった時に北海道の友人がサビオ無い?と言ったりすることがありませんか?最初は「何だ?」と思うことが多く「サビオ知らない?」と言われても解らないのが普通ですよね?

ですが写真などを見せて「バンドエイドのことか!」と納得をしたりするというような人も多いのではないでしょうか?

最初にこの言葉を聞くともっと別のものを想像したり、何か固体のものなのかなど様々な考えをしたりする人が多いのではないかと思います。

サビオというのはバンドエイドの違った呼び方であるということをまずは覚えておくようにしましょう。

和歌山県や広島県でも

和歌山県や広島県でもサビオと呼ばれたりします。

ですが少し不思議に感じますよね?

和歌山県や広島県というのは北海道とはとても遠くに離れているのにも関わらず、どこの県も隣接していないですよね?

ですがこの2県に関しては北海道と同じサビオで通っていることがあるのです。

その理由というのもありますが、基本的には商品名ということになるのです。

東北地方:カットバン

東北地方やその一部ではカットバンと呼ばれることもあります。

例えばこのカットバン貼ってというような言葉を言うとそれは「バンドエイドを貼って」と言っているということになると思います。

東北地方ではなく、一部の地域からきた人もバンドエイドというのではなくカットバンという人も多いのではないでしょうか?

中部地方:絆創膏

中部地方ではそのまま絆創膏と言います。

特別な呼び方というのがあまり無いというのがこの中部地方の特徴なのではないでしょうか?

もちろん方言などというのは地域ではありますが、バンドエイドのようなものの場合はそのまま絆創膏という風に呼ぶことが多いのです。

九州地方:リバテープ

九州地方ではリバテープと呼ばれることもありますが、実は九州地方などは一部ではカットバンとも呼ぶ地域があるのです。

リバテープをカットバンを両方言っているなんていう地域もあると思いますが、どちらの言い方でも通じるというのはその一部での特徴なのではないでしょうか?

基本的に九州地方、それと奈良県などではリバテープと呼ばれることが多いです。

なので九州地方などに行ってもバンドエイドというのではなく、リバテープと呼ぶと比較的に探しやすいのではないでしょうか?

奈良県でも呼ばれる

このリバテープという言葉は奈良県でも呼ばれることがあります。

奈良県は近畿地方なので、普通にバンドエイドで通じることもありますが、奈良に住むという人々はリバテープと呼んだりすることも多いそうです。

ですが奈良県で呼ばれるこのリバテープというのは少々別の意味で言われることがあります。

それは元の名前が「キズリバテープ」というものからそれを略してリバテープという風に呼ぶようになっているのです。

これは少し九州地方のリバテープとは別の会社ということになるので注意をするようにしましょう。

富山県:キズバン

富山県だけは唯一キズバンという風に言うことがあります。

これは富山県だけの特別な言い方なので、友人にキズバンという人がいるのであれば、その人は間違いなく富山県に住んでいたという人かゆかりのある人に間違いないでしょう。

ですが富山県だけキズバンというのも何故なのか気になりますよね?これにも様々な理由があるということをわすれないようにしましょう。

️実は絆創膏以外は商品名!

ここで衝撃の事実を教えると全て今まで言ったものは商品名ということになるのです。

なので今まで言っていた「バンドエイド」「サビオ」「カットバン」「リバテープ」「キズバン」のこの5つは実は絆創膏の商品名ということになるのです。

これには驚いたという人もいるのではないでしょうか?

実際に絆創膏という言葉を使う地域は中部地方だけでしたが、他の地域は何故この商品名で通ったりしていたのか気になりますよね?

またサビオなどに関しては県が離れていてもその言葉を使ったりしするというようなこともあると思います。

それにも理由というものがあるので、次はその商品名としてそれぞれの呼び方の絆創膏を見てみたいと思います。

サビオ

サビオと聞くと最初はどんなものか解らないという人も多いですよね。

実はこれは絆創膏のことだとは気付かないという人も多いでしょう。

このサビオというのは先ほども言ったように北海道を中心にしており、広島や和歌山でもこの言葉を使われることがあります。

ですがこのサビオというのは実は世界的にはとても知名度が高い絆創膏になるのです。

この絆創膏はもともとスウェーデンの会社である絆創膏のブランドの1つなのです。

これにも驚くという人がいるのではないでしょうか?海外のブランドの絆創膏を北海道や広島の人達は使っているのです。

ニチバン・ライオンが製造販売

ニチバン・ライオンが製造販売をしていますが、スウェーデンの会社との連携をしてサビオという絆創膏を発売したのが最初です。

元々は違う商品名だったのをサビオとして発売をしたという形になります。

実はこのサビオというのは全国的に占めていたものの1つだったのですが、バンドエイドなどが主流となってしまったために製造などが中止になったというものでもあります。

サビオというのはその時の名残からずっとその様に言っているという人達が多いのではないでしょうか?

カットバン

カットバンというのも実は商品名の1つなのです。

このカットバンという言葉は中国地方や一部の地域、東北地方などに広まっている言葉です。

ですがカットバンには謎というものがあります。

祐徳薬品が製造販売

祐徳薬品という会社が製造販売しており、今でも目にしているという人も多いのではないでしょうか?こちらの会社はカットバン以外にもシップなどを開発したり、している会社でもあります。

よくパスタイムという商品を見たりするというような人もいるのではないでしょうか?パスタイムというのも実はこの祐徳薬品からの製造で作られているのです。

佐賀県鹿島市にある

ここで不思議に思うのが佐賀県鹿島市に工場があるということです。

これはどういう事を言っているのかというと、九州地方にあるものがリバテープが主流になっていますが、何故九州ではなく東北や中国地方の一部にこのカットバンという言葉を使っているのかという点です。

この事はとても面白いものだと感じています。

北海道の近くであるサビオだったり、関東の言葉であるバンドエイドのような言葉ではなく、九州の工場から出ているものの「カットバン」という言葉が東北に広がったというのはとても不思議に思いますよね?

どの様なことでカットバンという言葉が流行っていったのかは不明ですが、地方を越えて他の地方でもその様に呼ばれることがあるということを忘れないようにしましょう。

リバテープ

リバテープというのも商品の1つです。

リバテープというのは九州などを中心にしたものですが、このリバテープこそが最初の絆創膏を作ったところでもあるのです。

これには驚くという人もいると思います。

バンドエイドなどの関東のものが最初なのではなく、リバテープと呼ばれるものが最初に作られたというのはあまり知られていないかもしれません。

リバテープ製薬株式会社が製造販売

リバテープ製薬株式会社が製造販売をしているところですが、このリバテープの会社こそが先ほど言った絆創膏を最初に作った会社でもあるのです。

当時の現3代目は、戦時中に米軍が使用していた包帯をヒントにこの研究をして、ガーゼに消毒液である「リバノール」を染み込ませてそれを商品にしたのがリバテープということになるのです。

そこから絆創膏というものが広がり、次第に全国へと広がっていき商品も新しいものがどんどん出てきたということになるのではないでしょうか?

熊本県熊本市にある

熊本県熊本市に工場がありますが、九州の一部にしかこのリバテープという言葉は広がっていません。

全国的に絆創膏というものが広がったにも関わらず商品名が違うことで、他の飛び方になってしまったということがよく解ると思います。

ちなみに余談としてですが、先ほど奈良県にも「リバテープ」と呼ばれるということがありましたがこれは奈良県にあるキズリバテープという商品から取っているものなので、こちらの物は九州のリバテープというのと完全に別会社ということを覚えておくようにしましょう。

キズバン

キズバンというのも商品名の1つです。

特にキズバンという言葉は富山県でしか言われていない言葉なので、直ぐにその人が富山県出身であったり、その地域にゆかりがあるという人物で解るのです。

ですがキズバンという言葉も何故富山県のみなのかと疑問に思う人もいると思います。

他の地域では聞かないでキズバンと言うのは富山県以外にあるのかと思う人もいるかもしれませんが、実はキズバンという言葉は富山県のみなのです。

その隣接する地域では絆創膏だったりバンドエイドだったりと違う呼び方をする地域が多いのです。

唯一キズバンと呼ぶのは富山県のみということを覚えておくと面白いかもしれません。

ライト株式会社が製造販売

ライト株式会社が製造販売をしていますが、この会社はなんと驚くことに会社が富山などにあるというのではなく、福岡や東京といった主要都市にあるということです。

ライト株式会社というのは富山県にあると思いきや違う県にあるということになるのです。

これはどの様な理由があるのかは解りませんが、更に驚くべきことも中にはありました。

それはライト株式会社が主としているのがゴルフ製品だったというところです。

本業はゴルフ製品

本業はなんとゴルフ製品を扱っている会社なのです。

ゴルフをメインにして販売をしている会社なのにも関わらず何と絆創膏を売っていたということになります。

これには何故だろうと考えますよね?

あくまでも予想ですが、ゴルフをしていると必ず手などに怪我をしてしまったりするということが多いからなのではないでしょうか?

そこでそのゴルフをメインに扱うライト株式会社が同時に絆創膏も作ったのではないかという予測を立てることができます。

基本的に本業はゴルフですが、それと同時に絆創膏を販売したといいうことになるのでしょうか?

富山の会社ではない

富山の会社ではなく、元は埼玉県の会社であるということです。

そこから大阪や福岡、東京といったような形で売り込みをしたのではないかと考えられます。

特に富山の会社ではないということですが、それでもゴルフ関係が売れていて絆創膏も売れていたのが富山県ということになるのは、売り込みの原因なのではないかとも考えられます。

富山県民はゴルフが好き?

ここで富山県民にだけ何故キズバンという言葉が流行るのかというのは、このライト株式会社が売っている独自のものであるからというのが解りましたが、ゴルフ好きというのは各地方にも多くいますよね?

ですが何故富山だけなのかと言うと、ゴルフ場などが比較的に多かったり、各地から集まるというのが富山県だからということです。

基本的に富山県の人達はゴルフが好きというのと同時にそれほどゴルフをする場所もあるということになりますよね?

その影響により富山県ではゴルフなどが盛んになっているのではにかと予想することができます。

️バンドエイドにも地域柄が出ていた!

いかがでしたか?とても驚くことばかりだったのではないかと思います。

特にバンドエイドを普通に呼んでいても地方では「ビサオ」と呼んだり「カットバン」「リバテープ」など初めて聞くような言葉ばかりなのではないかとも思います。

この様な言葉というのは全て商品名であるとうことをまずは覚えておきましょう。

元は絆創膏というものが変わってその様な呼び方になったということを忘れないようにしましょう。

そしてその呼び方というのも地方で独特なものもあれば、通じるところと通じないところというのもあります。

中には呼び方が混同していたりして、どちらでも良いという県もあるのではないでしょうか?更に地域になればもっと違う呼び方をしていたかもしれません。

絆創膏1つでも呼び方が地方から出ると変わるというのはとても面白いですよね?

バンドエイドという言葉も実は地方の言葉の1つだったということを忘れないようにしましょう。

言い方は人それぞれ

言い方というのも人それぞれだということを学ぶことが大切です。

例えば富山県民の人の場合はキズバンと言ったりしますが他の人が解らないとなった時には別の言い方を用意すれば良いですよね?全国的に広がりつつある言葉は「バンドエイド」次に「カットバン」という形でしょう。

今では「バンドエイド」という商品は全国的にあると思うので、とりあえず「バンドエイド」という言葉を言っていれば通じるかもしれません。

何故隣接していたり近くの県なのに言葉が違うの?

この事は多くの人が疑問に思うのではないかと思います。

方言であればまだ解りますが、商品という所に注目をすると解るかもしれません。

商品というのは他のところに運んだりしますよね?その時の影響により地方により呼び方が違うということになります。

なのでサビオの場合は広島と和歌山に対して商品を流通していたということになりますよね?

他の県にではなく、その2県のみに商品を発売していたとなれば、その県にだけ呼び方が「サビオ」となってしまうのです。

他の地域も似たような形だと思っていてください。

中には工場が近くにあったり本社が遠くにあるというようなところでもその様な状況になったりすることがあるということです。

なんとダイエットにも使用をする場合も?!

なんとダイエットにも使用をするというような事があります。

これは絆創膏を使い、体のツボとなる部分を刺激するために使うというようなことをします。

ただしこれには注意が必要で、被れてしまったり皮膚が弱いという人にはあまりオススメすることができるものではありません。

ダイエット方法にもなる絆創膏ですが、基本的には怪我をした時に使うという正しい使い方があるので、決して無理をしてダイエットで使わないようにしましょう。

絆創膏を使うという時は怪我をしてしまった時で良いのです。