例えば物覚えは良いけれどコミュニケーションを取ることが苦手な人だったり、コミュニケーションを取ることは上手いが、物覚えが苦手だったりと、人というのは長所というものと短所というものがあると思います。

長所というのはその人の良いところで、例えば人付き合いが良い、いつも真剣に物事を考えるというような良い利点、考えなどを持つことを長所と言いますが、短所はその逆のことを言いますよね。

例えば心配性であるというのは物事を心配しなくても良いものに関しても心配してしまう、気にしてしまうというようなところがあると思います。

この様な、少し欠点に感じるようなところを短所と言いますよね。

この長所と短所というのはよく履歴書などに書いたり、面接などでも聞かれると思います。

面接官から「長所と短所を教えてください」と言われたりしますが、この時になんて答えたりするか考えたことはありますか?

学生の頃と今の頃では少し違った考えになったり、昔はこのようなことが長所だったけれど今はこれが長所だと解ったりすることもあるのではないでしょうか?

もちろん短所についても同じです。

自分を見つめ直したりすることがありますか?自分の短所というのは自分にしか解らないことが多いですよね。

心配性というのもそうですし、物覚えが悪い、コミュニケーションを取ることが苦手など、短所というものも人それぞれあると思います。

今回は面接などをしている際に短所は言うべきなのかについてお話をしたいと思います。

過去に面接をしたことがあるという人、これから面接をするという人、短所を自分かた言ったりしますか?

短所を言うとマイナスになってしまうのではないかという人もいますが、その意見も賛否両論であり、答えというものが無い状況になっています。

ではどの様なことが起こっているのか詳しく見てみたいと思います。

短所についてまずは考えてみてはいかがでしょうか?

自分の短所を見つめ直したことがありますか?

自分の短所を見つめ直したことはありますか?

例えば今と昔とでは短所が違うという人もいるかもしれませんし、中にはずっと変わらないという人もいると思います。

自分の短所を見つめ直すというのはとても良いことですが、その様なことをしないという人も実は多いのです。

人というのは嫌な部分を隠しておきたいですよね?

どんな事であれ、嫌な部分や短所と思える場所に関しては隠しておきたいと思います。

長所はいろいろ表に出しますが短所というのは人によりマイナスな印象を取られてしまいます。

面接の時にでも自己紹介をすると思いますが、その時に長所と短所を言うのか長所だけを言うのか迷いますよね。

長所というのは相手にどんどんアピールすることができますが、短所になればいかにして相手に伝えるかが重要になると思います。

短所を見つめ直したときにどの様な部分が思い浮かんだでしょうか?

短所は誰にでもある


まず短所というのは誰にでもあるということを頭に入れておくことが大切です。

自分だけ短所が多いというわけではなく、普段の生活に見えないだけでその人の短所というのはいくつもあります。

それと同時に長所も同じ数くらいあるのです。

長所がよく見つかるという人は同時に同じくらい短所もあるということになります。

短所と聞くとマイナスなイメージを持つ人も多いでしょうが、それは捉え方によるのです。

考え方を少しでも変えるだけで短所というのは長所にもなることができます。

よく面接官などが聞いたりする短所というのはいかにそれを受け止めているかを見たりするのと同時に、どれだけ自分のことを理解しているかも見ているのです。

短所というのは必ずあるので、是非1つや2つ探してみてください。

仮に過去に短所だったものが今現在改善されているという人もいると思いますが、新たに増えている可能性もあるということを忘れないようにしておきましょう。

短所は長所にもなる

短所は長所にもなります。

これは少し難しいと感じますが、人の捉え方によっては長所にもなりうるのです。

どういう事かと言うと例えば優柔不断な性格の人がいるとしてその人が「優柔不断な性格が短所だと思います」と言うとします。

この時にどの様に捉えているかという所が重要になるのです。

例えば優柔不断というのはAとBどちらか1つのものを選べと言われてずっと迷っていたりするような人のことを言いますよね。

これは言い方にもよりますが、「いつも迷ってしまい時間がかかるの」と言うのか「慎重に選んでしまい時間がかかる」と言うのかで印象がとても違いますよね?

前者の方ではとにかく優柔不断は迷ってしまうという風に捉えていますが、後者の言い方になると優柔不断とは慎重に選んでいるという短所であるべき所を長所に変えて言うことができています。

これはとても良いことであり、短所というのはどの様なものも長所に変えることができるのです。

優柔不断の以外の例を出すのであれば、心配性という言葉があると思いますが、この心配性というのを「いつも物事を気にしてしまうので進まない」と言うのか「作業は遅いが、1つのことに集中してしまう」と言うのかでイメージが変わりますよね?

短所というのも言い方1つ変えるだけで長所になることもできるのです。

なので長所というのもその逆の考えをすることができるようになります。

例えば「優しい」という長所があるとすれば「相手を注意することができない、指摘をしたり怒ることができない」という短所にもなるかもしれませんし、人により様々な受け答えなどが必要になると思います。

言葉の意味というのをどれほど理解していて、自分のことを解っているかというのがとても重要になるでしょう。

短所は面接で言うべき?


では短所というのは面接で言うべきかどうかという疑問があると思います。

短所は長所にもなるという話をしましたが、それだと長所だけ言うので良いのでは?と思う人もいるかもしれません。

これに答えというものは無いことをまずは覚えておきましょう。

自己紹介などを言う際に長所や短所を言う人もいますが、求められたりすることもあると思います。

仮に自己紹介で長所と短所を言ったのであれば「何故そう思うのか具体的に言って欲しい」と言われたり「それを改善するためにはどうすれば良い?」と聞かれたりすることもあると思うのです。

面接の時には特に緊張などをしてしまいあまり言えなくなるというような人もいると思いますが、短所を聞かれた際には答えるようにしましょう。

では具体的に短所は面接でどの様な形なのかを見てみたいと思います。

1.面接で短所を言うことを求められることがある

面接で短所を言うことを求められることがあります。

仮に長所だけしか言わないという状況になった時に「短所は?」と突っ込まれることもあるでしょう。

また長所と短所について教えてください、と言われたりすることもあると思います。

その時にいかにして自分のことを理解して言っているのかが大切になるのです。

短所を言わないようにしようと思っていても、どこの面接でも言う機会というものがあるので、長所と短所は言うことができるように練習をしておくと良いでしょう。

ですがここで疑問が出てくると思います。

何故短所というのを聞くのかという疑問です。

長所だけで良いのでは?と思う人もいるかもしれませんが、これには様々な理由があるということを忘れないようにしましょう。

2.短所を聞く理由とは?

短所を聞く理由にはいくつもあります。

例えばその短所をどの様にして見ているのかという点、どのように向き合っているのかを知りたいという点、問題解決能力があるのかという点など、様々な理由があるのです。

面接というのは相手のことを知って会社に雇うかどうかを決めるものでもあります。

短所を聞くというのは自分のことを相手に知ってもらうチャンスでもあるということです。

良いところだけではなく、自分にとっての短所を教えることで相手もどの様な人なのかというのを知ることができるようになるでしょう。

ここで注意をすることは嘘のことを言ってはいけないということです。

短所というのは一緒に行動をしていると直ぐに解ったりするものです。

仮に会社に入って様々な短所が出てきてしまったとなった時に、入社時は「そんなこと言っていたかな?」となり、疑問を持たれたりすることもあるので注意をするようにしましょう。

では短所を聞く理由の具体的な内容について見てみたいと思います。

自分を客観視出来ているかを見たい

自分を客観視出来ているか見たいという面接官もいます。

自分の視点からなのではなく、第三者から、相手から見てどう思うのかということをできるかどうかを知りたいという人もいるでしょう。

物事や仕事というのは基本的に客観視を持って行動をすることを求められることもあります。

自分を客観視できているかどうかを見たいとなれば、短所のことを聞いたりするのが一番なのです。

自分の弱点とも言える部分をいかに相手に伝えることができるのか、どの様にして考えているのかなど自分を客観視するというのは時には大事になることなのです。

短所に対して向き合うことができるのかというのにも繋がります。

今直ぐに短所を言えたりすることができますか?

自分の問題にどう向き合っているか知りたい

自分の問題にどう向き合っているのかを知りたいという面接官もいるでしょう。

面接というのは相手のことを知りたいと思うので、長所や短所、どの様な興味があるのかなど細かく聞く必要がありますよね。

そこは人の個性というものに繋がるので、会社はどの様な人材を欲しているのかを見て性格などを変えるのではなく、素の自分を出していくことが大事になるのです。

そんな時に短所に対してどのように向き合っているのか、ということを一番に見る人もいるということです。

短所というのは必ずついてくるものであり、解決をしなければずっとついてくる問題でもあります。

その問題に対して自分はどう向き合っているのか、というのは問題に差し掛かった際に、どの様にして解決をするのかということと同じになるのです。

仕事に通ずるものを感じたりすると思いますが、それほど短所というのは大事に見られるということを覚えておきましょう。

誠実さがわかる

誠実さがわかるのも1つです。

誠実というのは嘘などの偽りが無い状態のことを指しますが、この誠実さというのを知りたいと思うときに聞くことができるのが「短所は何?」と聞くことなのです。

仮に短所について指摘された際に答えることができない、ということになれば、短所はあるけれど言いたくないということになります。

短所というのは必ず誰しも持っていることなので、言えないということは無いのです。

嘘かどうかということをハッキリと解るのもこの短所を聞いてみてからだとも言われています。

長所と短所というものは人によって必ず違うので、全く同じ人というのはいないはずです。

仮に似たような表現をしていても具体例を出すとより個性が出るのでオススメです。

短所を言う際には具体例を交えつつ話をするとより相手に解りやすく伝えることができるでしょう。

問題解決能力があるか見たい

問題解決能力があるか見たいと思う人もいるかもしれません。

短所という問題に対してどの様に改善をしていくのかを聞きたいという面接官もいます。

どんな仕事でも、どんな事でも必ず出てくるのが問題ですよね。

その問題に対していかに柔軟に対応をすることができるのか、客観的な視点を見て意見を言えたり、考えたりすることができるのか、この様なことを見るのにも「短所とは?」と聞かれることがあるのです。

面接官からして見れば同じような人達は多いものの、個性や問題解決に対しては人それぞれ個性というものがあるので、皆違います。

問題解決能力があるか見たいとなった場合には、短所を先に聞かれることもあるので、よく言えるようにしておきましょうね。

3.自分から短所を言うと謙虚さが伝わる

自分から短所を言うと謙虚さが伝わるのも1つあると思います。

面接の際には自己紹介をする時間などがあると思いますが、その時に長所と短所を言う人がいますよね。

自分の良いところを相手に知らせるのもそうですが、悪いところ、辛いと思ったりここがダメだと思うところを相手に伝えるというのは難しいものです。

ですがそれを言うことにより、謙虚さがとても伝わるようになります。

控えめな態度などを取りつつも短所を言うというのは面接をするにとってはとても良いことだと思います。

どんな事であれ聞かれる可能性があるのがこの長所と短所です。

自分から言うことで相手が聞きたかったことなども言うと良いのではないでしょうか?

4.長所ばかり言うのはNG

長所ばかり言ってしまうという人もいますがこの長所ばかり言うというのは面接ではNG行為なのです。

友達と喋ったり、軽い自己紹介の時には良いですが、面接の場合は良いところを言っても悪いところを見たがる人が多いと思います。

仮にどんなに仕事ができていても、短所を言わないと「何故自分の短所を言わないのだろう?」となり、不安に思われたりすることもあるからです。

例えばコミュニケーションを取れない人だと会社としては人材を取ることが難しいと思いますよね。

どんな時にでもコミュニケーションというものは付きまとうものなので、欠けている部分に問題点を置くというのには重視をすると思います。

その時に何か解決策やこの様な努力をして短所を補っているという言い方をすればとても高評価に繋がりますが、長所ばかり言っていて短所を言わないとなればプライドが高い人や自慢するタイプに思われたり、中には適当に言っているのではないかと思う人もいるかもしれません。

長所ばかり言ってしまうという人もいるでしょうが、気をつけるようにしましょう。

ではどの様に思われたりするのか具体的に例を挙げたいと思います。

常に長所しか言い続けないという人がいるのであれば、少し変えてみてはいかがでしょうか?

傲慢だと思われる

傲慢という言葉がありますよね。

この言葉の意味をご存知でしょうか?傲慢というのは相手のことを見下したりしてしまうような人のことを言います。

簡単に言うと相手に対して思いやりが無いというような人のことも傲慢な人といいますよね。

長所ばかり言うということは、自分のことを一番と思っている人が多いです。

なので仕事やグループワークなどをしている際にも傲慢な態度を取ってしまうことが多いという特徴があります。

良く仕事などをしていたとしても、コミュニケーションに関してはよく相手のことを考えずに物を言ったり、少し見下したりしてしまうというようなタイプの人はいませんか?

長所ばかり言うとその様な短所を見破られることもあるので、その場合は先に短所から言って長所を言うようにしてみてはいかがでしょうか?

プライドが高いと思われる

プライドが高いと思われたりすることもあります。

自分はこの様なところが得意だ、好きだと相手に伝えることは良いですが、その頻度が多ければ多いほど、プライドが高い人だと思われても仕方ありません。

プライドというのは自分にとっては武器になることもあります。

長所を言う際にその時の内容が具体例を出すと高く評価をされますが、面接官からして見ると長所だけではなく短所も見たいということになりますよね。

相手の良いところをたくさん知るということは大事ですが、ダメな所、辛いところも知るというのもとても大事になるのです。

人付き合いでは特にこの相手の良いところとダメなところを解っているからお互いに支えあって助け合うというようなことがあると思うのです。

仮にそこが解っていないと、直ぐに友達と別れたり、あまりコミュニケーションや人付き会いというものが上手くいかないとなるので、長所ばかりを言うとプライドが高い人なのだろうかと思われても仕方ありませんよ?

自慢するタイプだと思われる

プライドが高いと少し似ていますが、自慢というのはプライドと少し違います。

例えばプライドの場合は、これだけは譲れないという長所のことを言いますが、自慢というのは他の人にこうだったと言うことを喋る人のことを言います。

自慢気にものを言うという人も中にはいますよね?

それと同じように、長所ばかりを言っていると自慢だけに聞こえてしまい、短所などは?と突っ込まれたりすることもあるのではないでしょうか?

基本的に面接官は長所よりも短所を重視して話すことが多いです。

短所に関していかに向き合っているかを見るので、長所ばかり言ってしまうという人がいるのであれば、少し注意をするようにしましょう。

挫折を知らない人だと思われる

挫折を知らない人だと思われる可能性もあります。

これは面接官の考え方にもよりますが、長所というのはイコールで考えると「成功」というポジティブな捉え方ができますよね。

自分にとって長所というのがあるから何か成功をすることができた、諦めずにできたというような長所に助けられる部分も多いと思います。

そのせいで長所ばかり説明をしていると、挫折をするというのを知らないのではと思われてしまう可能性もあるのです。

挫折をするというのはその目標に対してときには離れるということを必要としたりしますよね。

一旦落ち着いて、できないと思っていても我武者羅にならないというような意識を持つこともできます。

短所というのは一度考え直すということを与えてくれるものなので、長所ばかりを言っていると挫折というものを知らないのではと思われても仕方ないです。

物事が何でも思い通りになると思っているように見える

物事が何でも思い通りになっていれば人というのは苦労しませんよね?

特に自分の思い通りに行くというようなファンタジーの世界ではなく、時には弊害があり、時には困難な壁が出たりと人生というものは楽もあれば苦もあるものだと思います。

仮に人生を楽しんでいるとなれば良いのですが、長所ばかりというのは良いことばかりということで、何でも思い通りになると思われている可能性もあるのです。

これは良いことをたくさん言うというのはとても良いことですが、困難なことや苦手なことというのをあまり経験したことがないということにもなるので、自分のことをよほど大事にしているのか、もしくは物事は全てすんなりといくものだと思っているのか、とこの様な考えが面接官には浮かんでしまうのです。

人生というのは先ほど言った通りで、必ず「苦」という部分があるのです。

本人が気付いていないのであればそれまでですが、長所ばかり言っているとこの様に思われてしまうこともあるので十分に気をつけるようにしましょう。

4.長所と短所、両方を伝えよう

長所と短所、どちらかを言うのではなく、両方を伝えることが何よりも大事になります。

必ず面接官から突っ込まれたりするのか、片方を言えばもう片方も気になるということになります。

これは人として当たり前であり、特に長所と短所に関してはその人自信の情報を聞くことができるのでとても良いものです。

それを言わずにして黙っていると、相手のことが解らないということになったり、長所だけであればプライドが高い人なのだろうかと思われ、短所だけを言うのであればネガティブな人だと思われても仕方ありません。

長所と短所というのはどちらかを言った場合には必ずもう片方も言わないといけなくなるので。

その場合は必ず両方を伝えるようにすることをオススメします。

長所と短所というのも人に必ずあるものなので一度見直すことが大事になるでしょう。

短所の言い回しの例とは?

短所の言い回しというのもあります。

例えば短期であれば裏を返せばこだわりが強いということになったりするということです。

短所も見方を1つ変えるだけで実は長所になることをお気づきでしょうか?仮に自分で思う短所を言った際に「羨ましい」と言われたことはありませんか?

それは相手にとってあなたの短所が長所であるということになるのです。

人によりその捉え方というのは違います。

例えば心配性が短所という人がいれば裏を返せば「物事に対してそれほど集中できたり気にすることができる」という思いやりの部分などを長所として捉える人もいるし「大雑把ではなく1つに対して集中する」というような形で捉えられることもあると思います。

短所というのは必ず言いまわすことができれば長所にもなるので、自分自身の短所を見た際には長所などの考え方をするのも良いでしょう。

では具体的にどのような例があるのか細かく見たいと思います。

1.短気→こだわりが強い

短期という短所があるとします。

これは物事に対してとても短い時間で解決をしようとしたりするようなことを言いますよね。

ですがこれは裏を返せばこだわりが強いということになるのです。

短い時間の間で解決をする、物事を考えるというのはとても難しいことであり、短期であるというのはこだわりが強いということになります。

こだわりを持てばその事に関して直ぐに考えて直ぐに解決をするというようなこともできるので、短期であるという人は、裏を返せばこだわりが強いということになるでしょう。

2.気が弱い→人の気持ちがわかる

気が弱いという人もいますよね。

いつも謝っていたり、いつも考えて行動をしたりしている人がいると思います。

この様な人は裏を返せば人の気持ちが解るということになりませんか?

例えば人の気持ちというのは相手のことを考えなければ解らないものですよね?

相手のことを気にして言えなかったり、気が弱いと言われる人もいると思いますが、その様な人は基本的に相手の気持ちになって言えるような人なのです。

特に相手のことを考えて行動をできるので、基本的に傷つけたりせず思いやる行動ができる人ということになるのです。

短所だけで見れば少し弱弱しいと思う人もいるかもしれませんが、長所に変えると逆に頼もしい存在になることもあるのです。

3.八方美人→周りをよく見ている

八方美人な人というのもいますよね。

誰に対しても欠点などが無いような人のことを言います。

この様な人達というのは裏を返せば周りをよく見ているような人ということになるのです。

これは八方美人というのは常に欠点がないと思われている分、それほど周りから見られることが多いということになりますよね。

八方美人の人は逆で、こちらが周りをよく見ていなければそのように思われるということはないので、基本的にまわりをよく見ている人が多いということになります。

これも長所として言えるのではないでしょうか?物事を、視野を広げて見るという行為はとても大事になります。

4.優柔不断→慎重に考えられる

優柔不断な性格も辛いと思う人がいるかもしれません。

ですがこの優柔不断な性格というのは裏を返せば慎重に考えられる人ということになるのです。

優柔不断とはどちらかAとBを取るとなった際に選べずに迷ったり時間を使ったりするというような人のことを言いますが、これは逆を取るとそれだけその物ごとに関して考えられるということになります。

後悔しないような考え方をすることができるということなので、とても良い長所に変わることもあるでしょう。

5.要領が悪い→丁寧

要領が悪くて仕事が進まないという人もいますよね。

これを短所として悩んでいる人もいると思います。

ですがこれは要領が悪いということは同時に1つのことに対して丁寧に物事をこなせているということになるのです。

仕事というのはとても多く、1つや2つではなく一気に4つや5つきたりしますよね。

その時に幅広く手をつける人もいれば1つ1つ着実にこなす人もいると思います。

丁寧な人というのは1つ1つ時間をかけてでもミスを少なくするというようなことになるので長所として考えることもできるということを忘れないようにしましょう!

短所を言うのも大切!

短所というのは面接でも聞かれますが、面接で言われなかった場合は言うことも大切なのです。

相手に自分の短所はどれか、それに対してどの様な解決策を考えているのかなどを相手に伝えることでとても好感度がアップすることになるでしょう。

それはあなたの個性であり、あなたにしか解らないことです。

短所を言わないようにしているという人もいると思いますが、短所を言うようにすると面接も有利に進む可能性もあるので、短所をなるべく言うようにしましょうね!

【短所については、こちらの記事もチェック!】