「浸透」という言葉を耳にすると、女性でしたら、真っ先に思い浮かぶのは、化粧品ではないでしょうか?

ですが、今回ここで書く「浸透」とは、液体が浸透することではなく、ある考え方や思想などを浸透させるという意味の「浸透」です。

仕事で大切なことを伝えたい時、それが周囲に正しく伝わって浸透させるためには、どうすれば良いのか、「浸透させるための7個のテクニック」をご紹介します。

伝えたいことを周りに浸透させるのは難しい

伝えたいことを伝えても、それが周りに浸透することは難しいものです。

同じことを何度も言うと、鬱陶しく思われたりするので、何度もいうことも出来ませんよね。

でも、それでも大切なことを浸透させたいのであれば、諦めずに根気良く上手く伝えていくしかないのです。

それには、先ず、自分から率先して、浸透させるための行動に移してみてはいかがでしょうか?

説明しても上手く伝わらない


自分自身が説明することが不得手だったとしたら、当然のこと、何度説明しても相手に正しく伝わることはなく、相手にとっても聞く気も失せてしまうのです。

人に伝えようとする以前に、先ずは伝わるように説明できることができなければ、上手く伝わるワケがありません。

覚えて貰うのも一苦労

何度説明しても、あなたの伝えたい思いが上手く伝わらなければ、相手は聞く耳を持ってくれません。

そもそも、聞く耳を持っていない人に覚えて貰おうとしても、相手の脳裏にかすることもなく、なかなか覚えて貰えないのも当然のことなのです。

浸透させる秘訣が知りたい

ここを読んで下さっている方たちは、どうすれば浸透させることができるのか、秘訣が知りたくて検索して来たのだろうと思います。

いよいよ、この後からはその秘訣について書いていきますね。

仕事で伝えたいことを周りに浸透させるための7個のテクニック


さて、本題に入りますが、先に書いたように、人に伝えるということは容易にできることではなく、伝え方が悪かったり、伝えたいことを説明するのが得意ではない人が、何度同じことを言っても思いは伝わらず、さらにそれを浸透させることなどできるはずがありません。

そこでつまずいてしまっていては、先に進むことは出来ないので、先ずは伝える努力をしましょう。

伝えたいこと如何にして伝えて、周りに浸透させれば良いのか、7個のテクニックをご紹介しますので、参考にして試してみて下さい。

1、伝えたいことについて話し合う機会を作る

伝えたいことを浸透させるためには、ただ一方的に伝えようとするのではなく、お互いがその事柄について、どれだけ問題意識があるのかということ、そして、どのように捉えているのかを聞きただす機会を作ってみましょう。

相手の考えを聞いてあげることで、相手もそのことについて考える機会ができますし、相手がそのことをどれだけ重要視しているのか、或いは軽視しているのか、それが分かればその後の説明の仕方も分かってくるはずです。

アウトプットの機会を増やす

伝えたいことがしっかり伝わっているのか、その結果を見ることができる機会を作らなければ、本当に伝わっているのか分かりませんよね。

そして、その成果を評価して、達成した時に褒めてあげて下さい。

1人が実績を作ることで、他の人たちも実績を上げるために意欲が湧くのです。

頑張れば必ず成果が出て、それを褒めて貰えるだけで、達成感の喜びを知った人は、また次も頑張ろうと思うので、自然に私も私もと周りにも「浸透」していくものです。

2、ビジョンを明確に伝える

ただ漠然と、「みんなで頑張りましょう!」と言われても、どうやって何のために頑張るのかが明確でなければ、人を動かすことはできません。

将来的に、どのように発展していきたいのか、どんな目標があるのか、それを成し遂げるためにはどんな努力をすれば良いのかということを、明確に伝えましょう。

しっかりとした目標が定まって、未来のビジョンが見えてくると人は自ずと動くのです。

どんな行動を取るべきか判断基準になる

どんな行動を取るべきか分かるように指示すれば、それに従って動くことができます。

仕事では、目指すところがなく、各自バラバラにまとまりなく動いても、1人の力で目標を達成することはできません。

それぞれの仕事に対する意識レベルを統一して上げて行くことで、会社は繁栄していくのです。

ですから、目標を定めることで、それを達成するためにはどんな行動を取れば良いのか、判断基準を作ることによって、全体の動きを統一することができます。

動きやすい環境を作れば、仕事能率も上がりますよね。

3、伝えたいことを文字に起こす

伝えたいことを言葉だけで伝えても、なかなか人の記憶には残らないものです。

例えば、社内ポスターなどで、伝えたいことを文字に起こして伝えることで、視覚的なインパクトで記憶が残ることもできます。

詳細を長文で書くよりも、会社の教訓のように大きな文字でインパクトがあるポスターの方が、毎日それを見る度に知らず知らず記憶されていきますよ。

文字にしたことをディスカッションでより深く考えていく

より深く記憶に浸透させるためには、文字に起こしたことについて、デスカッションすると良いでしょう。

1人1人がそれについて考えて、議論することだけでも、その人たちの記憶に浸透していきますからね。

またそうやってデスカッションする機会を作ることで、会社全体に浸透させることができます。

4、伝えたいことに接する機会を増やす

頭の中では理解していても、その伝えたいことに実際に接する機会がなければ、その必要性も記憶も薄らいでしまします。

あなたが伝えたいことに接する機会を増やすことで、いつまでも記憶が鮮明に残り、伝えたいことを浸透させることができますよ。

浸透しなくても諦めない

すぐに浸透しなくても、諦めずに根気良く浸透させましょう。

伝えることを止めてしまったら、あなたの思いはそれまでのものだということです。

簡単に諦められるくらいの思いでは、人に伝わるはずがありません。

強い思いがあれば、ある切っ掛けから突然周りが振り向いてくれるチャンスが必ず訪れるのです。

諦めずに、色々と伝えるテクニックを試してみて下さい。

5、何度も伝える

言葉だけで、何度も同じことを同じように伝えるということではなく、説明の仕方や伝え方を変えて、何度も伝えるようにしてみて下さい。

人によって、心が動かされるものは違いますから、全ての人が一度に伝わるほど、伝えるということは簡単なことではありません。

どのようなことで人の心は動くのか、伝えるということは、あなた自身が人の心理を知ることができなければ、なかなか伝えることはできないのです。

ですから、それを試して人の心を知るためにも、色々な伝え方で何度も伝えてみて下さい。

やらないといけないと思わせる

最初は他人ごとのように聞いていた人でも、あることが切っ掛けになって、「やらなければいけない。」と思うようになることがあります。

それに気付いた時、人は動き出すのです。

その切っ掛けを作ってあげることができれば、それまで伝わらなかった人も動き出せるのです。

6、ストーリーテリングで伝える

伝えたい思いを伝えるためには、実体験を話すことが一番効果的な方法だと思います。

例え話を何度聞かされても、想像だけの話などは、「絵に描いた餅」でしかないのです。

人は架空の話より、実体験を聞く方が真実味があるので、「私にもできる。」「私もやらなければ」と思えるものです。

簡単にできるようなことではないから、なかなか思いが伝わらず、重い腰が上がらないという人が多いので、「こんなことがあって、こうやって成功した。」というストーリーテリングで伝えた方が説得力がありますよね。

記憶に残り共感も持ちやすい

作り話を聞いても、動ける人は動けますが、動けない人は全く反応しないこともあります。

ドラマなどであれば、綺麗な女優さんとイケメン俳優さんが映像で観れるので、記憶に残るほど感動することもありますが、やはり共感を持って貰うためには、失敗談も織り交ぜながら、やがて成功したという実体験を話してあげた方が、共感を得て記憶に残りますよね。

どちらが正解なのかは、どちらも試してみて、伝わりやすい話を見つけましょう。

7、伝えたい本人が明確な目的意識を持っておく

自分自身が伝えたいことが分かっていなければ、他人に伝えられるワケがありません。

伝えたいことは何なのか、明確な目的意識を持って、他人が理解できるように伝えて下さい。

漠然と描いたものなどを他人に伝えようとしても、さらに漠然としたことしか伝わりませんからね。

それでは浸透するところまで到達できませんよ。

伝えたいことを整理して、明確に伝えられるようにしましょう。

目的意識に沿った指示をしていく

自分の目的意識が明確であれば、それに沿って指示することができるでしょう。

その指示を明確にできれば、迷うことなく指示に従うことができます。

ぼんやりとして目的がハッキリしない指示には、従いたくても従うこともできません。

しっかり目的を意識して伝えると、周りもどう動けばいいのか伝わるはずです。

浸透させることが大事な理由

効率よくスムーズに仕事をするためには、「浸透」させることは大切なことです。

良い結果を出すために考えたやり方や目標を、社員全員が心得ていれば、いつか誰も言わなくなっても、当たり前のようにそれを心掛けてくれるようになるのです。

「浸透」させるところまで行かずに途中で止めてしまうと、何かある度に、「だから言ったじゃない。

」と、問題になってしまうので、「浸透」させることで、そのミスも最小限に防げたり、会社の目標を自分が言わなくても他の人も伝えてくれるようになり、みんなで同じ目標に向かうことができますよ。

より良い仕事をしていくため

より良い仕事をしていくためには、良い方法があればそれを周りに浸透させることで、同じ目的意識を持って仕事をすることができるので、もっと上を目指す余裕もできます。

目的意識を共有するため

目的意識を明確に伝えて共有することは、全体で統一した目標に向かって、仕事の効率を上げることにも繋がります。

浸透させるということは、みんなで同じ目的を共有するということですから、個人の意志がバラバラになっていると、なかなか効率よく動けないので、目的を共有して動きやすくするためにも、良いことは浸透させましょう。

仕事の目的を理解していく

一度で理解できない人もいますから、そういう人には、何度でも根気良く伝えてあげることで、仕事の目的を理解してもらって下さい。

目的が理解できれば、目指すべき方向が分かってスムーズに指示に従えるようになりますよ。

働く意欲につながる

ビジョンが明確であれば、それに沿って従えるという人であれば、目的を達成するために働く意欲につながります。

成果を出せば褒めて貰うこともできますし、達成感を得ることもできるのです。

目標を与えてあげることで、そこへ向かう意欲が湧いてきますよ。

予測して必要な物を用意できる

誰が教えることもなく、「浸透」しているものは、自分で予測することができるようになります。

最初は人から教えてもらいながらやっていたことも、自分で考えて必要な物を用意できるようになれば、ずっと言い続ける必要がなくなるので、指導する人の別の仕事が捗りますよね。

仕事の質を高めるため

仕事の質を高めるためには、社員全員の目的意識を高めなければなりません。

1人でも意識が低い人がいれば、「あの人もやらないから、私もやる気なくす。」と思ってしまう人もいるので、そういう人がいるとやる気を失せる人が伝染するように増えてしまうので、全体の意識を高めるためにも「浸透」させることが大切なのです。

前後工程のことを意識して仕事できる

一度「浸透」させてしまえば、あとは自分で前後の工程も考えて行動をすることができるようになるのです。

目的を浸透させて記憶することで、次は何をすればいいのかということも、誰にも教わることなくできるようになっていくのが「浸透」なのです。

トラブルが起きにくくなる

大切なことが「浸透」していないと、何かある度に、また同じことをクドクド話さなければならなりません。

ですが、しっかりと目標が定まって「浸透」することができていれば、1人1人の心掛けも違ってくるのです。

そして、同じ目標に賛同して向かうことができる者同士であれば、トラブルも起きにくくなるのです。

成果に繋がりやすくなる

目的が明確で分かりやすくなれば、方向性が定まって成果を上げることもつながりやすくなります。

簡単に言えば、「浸透」させるということは、目標を達成するまでの長い工程を「浸透」することで省くことができるということですね。

浸透させるには”行動の引き出し方”が焦点になる

このように「浸透」させることは、簡単にできることはありません。

ですが、あることが切っ掛けになって、人の心を動かすこともできます。

その引き金になるものは、人によって違うものなので、一概に何が良いとは言えませんが、この記事では、その伝え方の7個のテクニックをご紹介させていただきました。

ぜひ、参考にしていただけたらと思います。