今回はためになるから皆もやるべき5個のことをご紹介します。

自分にとって利益となる、勉強となる、教訓となります。

ためになることをいくつかご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

ためになるから皆もやるべき5個のこと

ためになることはどんどんしたほうが良いですよ!

現状の自分に満足せず、ためになることをして自分を高めていきましょう。

1.本を読む


本を読むことはためになります。

日々の生活の中で本を読んでいる暇はないな・・・。

あまり本が好きではないという人も少なくないのではないでしょうか。

しかし、本を読むことは人生を豊かなものとしてくれますよ。

ハウツー本

ハウツー本とは、何かをどうするのかなどのやり方や仕組みなどを初心者向けに解説、紹介されている本です。

「Howto」を解決する本だからハウツー本と称されているのですね。

専門的な知識に基づいた情報ではないものの、さまざまな観点から見た意見や情報などもより入れることが出来るので、普段生活で取り入れられる役立つ情報なども取集することが出来ます。

中にはハウツー本は役に立たない、と言うような意見もあるものの、そのやり方や方法がすべて正しいと思い真似するのではなく、こんな方法もあるんだ、こんな情報もあるのだと視野を広げるための本となってくれるでしょう。

人生がゆたかな人は、広い視野で物事を見ることができます。

その情報自体がためになるかならないかは別としても、いろいろな考えや方法を知ることで、自分の知識の幅やひらめきの幅が広がりますよ。

雑学の本

雑学の本はいざというときに助かる知識が得られますね。

また、雑学を知っていると人との話に雑学を普段の雑談に盛り込むことで話が盛り上がり、話の面白い人だと思われるでしょう。

純文学の名作

純文学の本は、自分の実体験などを元に書かれている小説ですね。

ノンフィクションのものが多いのですが、稀にフィクションが含まれている事もあります。

ノンフィクションで人の人生などが書かれているため、こんな人生もあるのだな、このような人生の送り方もいいな、など自分の人生と見つめ合い、向上していけるようなためになる本です。

人生に行き詰っていると感じたときや、人生に疲れてしまったときなどに読むと良いのではないでしょうか。

SF

SFの本は、例えば科学が進んだ未来的な話や宇宙などが舞台となった話を読むことができます。

空想的な話なのでフィクションと言えますね。

フィクション、未来的な本はあまり読まないという人も多いかもしれませんが、実はSFなどの空想的な話を読むことで、ためになることもあるのです。

未来的話の場合、今までの自分が知りえないことがたくさん出てくるため、登場人物の名前や複雑な機械や場所の名前、想像しなければ理解できないような世界観が描かれているため、話を理解するためには記憶力、想像力が無ければ難しくなります。

しかし読むことで記憶力や想像力が豊かになり、現実世界でも役立ってくれます。

また創造力も豊かになります。

実際に起こりえない事の話を読むことで、不確実性やあいまいな事
等を許容することが出来るようになります。

するとその思考はクリエイティビティさに良い影響を与え、新しいひらめきやアイディアが浮かびやすくなります。

資格のテキスト

資格を多く持っていると、様々な場面で活躍できることが増えますね。

資格を持っているという事は自分にとって社会的武器となります。

資格をもっているだけでは意味が無いという人もいます。

資格と経験が無ければ意味が無いという事ですね。

しかし、逆に経験や実務が伴っていても、資格が無ければ思うように活躍できないという場面もあります。

また、何かしらの事情で職を失ったとき、失う危機に見舞われた時などに、資格を持っているという事は心の安心、支えにもなりますよね。

面接時などに自分の強みとなってくれます。

勉強するぞと意気込んで挑むより、普段から暇なときに資格テキストを読んで無ることで、知識が意外とすんなりと入り、あっという間に資格習得という事もあります。

興味のない資格もテキストを読んでみたら興味が湧いた、好きになったという事もあります。

何か読みたいけど、特に好きな本や読みたいものが無いという場合は、資格テキストを読んでみるのも良いですね。

漫画

漫画は娯楽的イメージがあり、自分のためにはならないのではと思われがちです。

しかし、実は漫画を読むことでもためになることがたくさんあります。

まず1つ目として、漫画を読むことで、人の心情を察することが出来るようになり、対人関係が豊かになります。

漫画の場合登場人物の細かい心情が描かれているため、様々な状況、立場になった時に、人の心情が分かりやすくなるのです。

すると人を思いやることが自然と出来たり、人に優しくすることが出来るようにもなるでしょう。

2つ目は自然と詳しい知識がつきます。

たとえばスポーツのルールや専門的用語などを専門誌などで学ぼうと思っても、難しく感じたりなかなか頭に入ってこないものです。

しかし、それを漫画で読むことで自然とルールや専門用語などがおぼえられてしまうのです。

スポーツに限らず医療的な分野や宇宙的分野なども同様です。

社会の仕組みなども学べるので、踏み込みたいのに知識が伴わず断念しているという方は、自分が求める知識が盛り込まれているジャンルの漫画を読んでみると良いですよ。

歴史の分野もわかりやすく理解することができますね。

読書が苦手、活字離れしているという方も、小説などには苦手意識が強くなってしまいがちですが、漫画はとっつきやすく、漫画を読むことで読書が好きになるかもしれません。

読書を始めるきっかけとするのも良いですね。

2.いろんな街へ行く


いろんな街へ行くというのも自分のためになりますよ。

詳しい場所や得られるメリットをご紹介していきます。

工場見学

ほとんどの会社では工場見学が無料で出来るところが多い傾向があります。

工場見学をすることで、普段自分が使っている製品や自分が食べているものなどの作り方、などを知ることが出来るため、意外な発見が見つけられます。

また、安心して使用したり食べたりすることも出来るようになりますよね。

その商品や食べ物をもっと好きになるかもしれません。

作り方や意外な事実を知るほかにも、試食や試飲などが出来る工場見学もあるので嬉しいですね。

農業体験

農業体験をすることで、普段食べているものがどのようにして作られているのかという事を知ることができます。

更に普段自分が食べているものにこんなにも手間暇がかかっているのだという事実にも触れることが出来るため、職に対して感謝の気持ちやありがたみを感じることができるようになります。

自然に対する考えや食べ物に関する考えが、今までとは一転することでしょう。

新就職先として考えたり、老後の自給自足を考えている人にも良い刺激、経験となりますね。

地域の名産品を食べる

全国各地には地域名産物というものがありますよね。

その地域で育まれた農林水産物や食品など様々なものがたくさんあります。

そんな地域の名産物には現在GIマークというものが表記されるようになっています。

とてもおいしい地域のものを食べて心も充たされ、この地域にはこんな名産物があるのだという知識にもなりますね。

また、美味しい食べ物、地域の名産物を知ることで、雑談時に役立つこともありますし、接待などの時に役立つこともありますね。

歴史上の建築物などを見る

歴史上の建造物の多くは指定文化財や認定文化財となっています。

そのような建造物を見ることで、その時代背景などを知るきっかけとなったり、深く知ることが出来ます。

現在の自分の生き方にも影響するような知識を発見したり、雑学にもなります。

その土地の人々の話を聞いてみる

自分の住む土地の事、自分の職場の土地の詳しい話を知ることで、より暮らしやすくなったり、仕事にも良い影響を与えてくれます。

ネット上や様々な本などに記載されている地域の話よりも、やはり地域に長年住んでいる人などに聞いたほうが、より深いことを知ることができます。

実際に聞く前に事前知識を付けておくことは大切ですね。

3.いろんなバイトをする

色々なバイトをするということはあまりよくないようなイメージがあると思うのですが、色々なバイトをすることでためになることがあります。

飲食店でキッチン

飲食店でのキッチンのバイトは大変ですが自分にとってためになることもあります。

まず一つ目は調理のスキルが磨けます。

料理が苦手だった、料理をしたこともあまりなかったという場合でも料理が上手になります。

また、作業処理能力も付きます。

キッチンでバイトをするという事は、複数の伝票を見て、テーブル番号とオーダーを暗記して料理をしなければいけません。

忙しい時間帯もあり、出来るだけ早く正確に注文をさばきます。

間違えたメニューを出したり、出す順番を間違えてしまうと大変なので、注意深く情報を読み込み処理するのです。

そのような仕事を毎日こなすことで徐々に作業情報能力が高まります。

あらかじめの準備や作業効率をアップさせるスキルも身に付くでしょう。

販売店で接客

販売店で接客にバイトをすると、コミュニケーション能力が身に付きます。

初めて会う色々な人と上手くコミュニケーションを取る必要があります。

多くの人と話すことでコミュニケーションを取るのが苦手だという人もどんどんおしゃべりが上手になります。

ネットワークが広がるという事もあります。

多くの人の接客をする中で、大物有名人やその関係者と出会ったり、自分の人生にとってのメリットとなる人と出会える事もあるのです。

政治家や実力者と出会うこともあり、自分のためにバックアップしてくれる人と出会える事もありますよ。

更に時に上手く人とコミュニケーションが取れない時もあるでしょう。

人それぞれ様々な価値観などがあるので、時に歯車が合わない人もいますよね。

そんな時、自分の心が疲れてしまったり、酷くy落ち込んでしまうこともあるかもしれません。

しかし、そんな経験が自分の心の強さに繋がり、将来の自分にとっての役に立つことでしょう。

塾講師で指導

塾講師として指導するバイトに就くことで、まずはプレゼン力が尽きます。

塾講師は決まった時間内にわかりやすく生徒に物事を教えなければいけません。

また、それが生徒一人だけではなく、塾全体のせいと全員にわかりやすく教えなければいけないのです。

聞いている全体の雰囲気を感じ取り、工夫して指導したり、決まった時間でわかりやすく伝えるために準備も行わなければいけません。

そういった仕事は企業に就職した時に、プレゼンテーションを行うときの企画書作成という準備等を行うときの力となります。

更に、緊張することなく大勢の前で話すことが出来るようになりますし、声の適切な大きさ、姿勢や話すリズムなども塾講師の時に身につくので上手く話すことが出来るようになるでしょう。

コミュニケーション能力も身に付きます。

塾には勉強が好きではない子や真面目に人の話を聞くことが出来ない子もいます。

しかし、そういった子供にも勉強を教えなければいけません。

すると企業に就職した時も、後輩の指導が上手く出来たり、自分と波長が合わない人とも当たり障りなく関われるようになります。

マネジメント能力も身に付きます。

塾ということは生徒がテストで◯◯点取る、受験に合格するといった目標の中、その目標を達成するために全面的バックアップを行います。

そのため、企業などでもこの日までにこれを仕上げる、この日までにこういった状態に持ち込むという目標を達成するために最大限の力を発揮することが出来るようになります。

計画威力が身に付くともいえますね、計画性が無ければ上手くいかない事も、塾の講師として務めた経験が生き、計画的にこなせるでしょう。

更に会社で働くという事は、お客様と上司、上司と後輩の間で板挟みされることもあります。

そんな時対処に困ってしまうこともあるでしょう。

しかし、塾講師として働いていれば生徒と親御さんの間で板挟みにされた時、上手に対処する方法が身につくので上手く対処できます。

誰も責めないで解決する方法が自然と身についていきますよ。

得意なこと苦手なことに対する意識も変わります。

生徒の中には苦手な分野がある子が必ずいます。

しかしそれが簡単だと言ってすらすら説いてしまう子もいます。

自分が得意、簡単だと思っていることが、他人にとってはものすごく苦手な場合もあるという事を知ることができるのです。

すると会社に勤めているときに、自分の力量で判断し相手にものを言う事が避けられるようになります。

自分は簡単だと思っていても、相手にとっては大きな負担となる場合もあるという事を知ることで、
対人関係がスムーズに行えるようになるでしょう。

雑貨屋で販売

雑貨屋で働くことで、様々な新しいものや素敵な商品にいち早く触れることが出来るようになります。

すると友人や仲間へのプレゼント選びが得意になるでしょう。

また、この人にはこんなものが似合う、この世代の人はこういったものが好きだという傾向を知ることができ、職場でのプレゼント選びやお祝いのプレゼントなどをうまく選べるようになります。

また服装が自由なので、自分のオシャレ度も磨かれ、日々おしゃれなファッションが出来るようになるでしょう。

意外と力仕事も多いので、職場で力仕事があっても楽勝に感じますし、立っぱなしの時間も多いので、職場で立ち仕事が多くても馴れているので楽勝ですね。