今現在あなたが勤めている会社には新人がいますか?もし新人がいるならば、どのような新人でしょうか。

新人と一言に言っても様々な新人が存在すると思います。

例えば新人の割に仕事が出来て、何を任せてもきっちりこなしてくれる物覚えの早いタイプだったり、注意すればある程度仕事が出来るタイプ、目を離すと仕事をしなくなるので、ある程度気を使っておかないといけないタイプ、仕事がまったくできず、あまり期待できないタイプなど様々なタイプが存在すると思います。

もちろん仕事ができるに越したことはありませんが、新人であればある程度失敗はつきものです。

失敗を経験していくことで、より仕事ができるようになり、最終的に一人前となって仕事を任せることができるようになります。

なので、新人を育てる事も先輩の大切な仕事のひとつですが、人を育てるということは簡単なことではありません。

時にはストレスが溜まり、嫌になってしまうこともあるかもしれませんね。

だからこそ新人はどのような特徴があるのかということを把握した上で接する必要性があります。

人を育てる経験を豊富に持っている人間こそ、新人の特徴をつかんで、新人ごとに適切な指導を行っています。

特徴を把握すれば、先輩は適切な指導方法を行えるようになり、これから新人になる方はその特徴を把握する事で未然に行いがちな失敗を極力防ぐことが出来るようになります。

そこで今回は新人をテーマにして、新人だなぁと思う特徴についてご紹介していきたいと思います。

誰にも新人時代はある!

どんな人間でも新人の時代を経験しています。

今ではどんな仕事もそつなくこなすことができるような能力の高いビジネスマンも新人の時代は仕事が全くできなかったということはよくある話です。

人間は初めて行う事を上手にできる可能性はとても低いです。

だからこそ上手になれるように練習を重ねたり、たくさんの失敗を経験して、どうしなければいけないのか?ということを自分なりに学ぶ過程の中で成長していきます。

そして人間が行うことに関しては個人差がつきものです。

教えられたことを忠実に行えるようになるまでは個人によって全く時間が違います。

一度注意すればそれ以降は失敗することがない人間もいれば、最低3回は注意しなければ治らないような人間もいます。

だからこそ新人教育はとても難しいのですが、どんな方でも新人の時代を経験しているので、それを踏まえた上で相手の目線や気持ちを理解して指導してあげる必要性があります。

また時代によって人間の特徴なども変わってきています。

これらを適切に把握していないと新人教育は難しいです。

今回ご紹介する特徴を把握する事で、適切な新人教育やコミュニケーションを行えるようになるヒントを得ることが出来ると思います。

新人の気持ちを忘れてしまった年配の方は適切な指導を、これから新人として企業で務める方はこの知識を活かして適切な心構えを形成するきっかけにしてください。

新人とは?

そもそも新人って何?と疑問を抱く方は少ないと思いますが、社会経験がない方からすれば言葉の意味がわかりづらいと感じている方もいるかもしれません。

新人の特徴をご紹介する前に、新人という事が何を指し示している言葉なのか、正しく理解する必要性があります。

まずは新人という言葉の基本的な意味についてご紹介していきます。

新入社員のこと

新人とは略称された言葉であり、もともとは「新入社員」という言葉です。

「新入社員」とは「新しく入社する社員のこと」を意味している言葉です。

アルバイトや社会人の経験が存在している方は理解するのに難しくない言葉だと思います。

しかし新入社員と一言に言っても新入社員には種類が存在します。

例えばこれまでに社会人としての経験がないような、いわゆる「新卒新入社員」と呼ばれる存在。

そして社会人経験のある「中途新入社員」という存在があります。

一般的には「新卒入社社員」は学校を卒業した年から新しく社会人としてデビューするような人間であり、これから育てていこうと考えている人材、一方「中途新入社員」は年齢などは関係なく、社会人として経験がある人間、つまり即戦力として期待されて入社する人材の違いです。

どちらもその会社に新しく入社するという意味では新入社員、つまり新人という言葉でくくられて表現されています。

この分野のことを始めて間もない人

新人という言葉に関しては、これまでご紹介してきた意味以外にも似たような意味が存在しており「この分野のことを始めて間もない人」という意味を持っています。

例えば営業会社に入社して一カ月がたとうとしている人間も、まだ一カ月目の新人として表現することが出来ますね。

年齢などは関係なく、新しく初めた人は新人という言葉で解釈することが出来ます。

なので先ほど新人は新入社員とご紹介しましたが、新入社員ではなくても、アルバイトなどでの雇用形態でも新人という言葉で表現されたりすることはかなり一般的にありえます。

つまり、必ずしも雇用形態が正社員の人間だけを表す言葉ではないという事です。

そして、ビジネスの場面以外でも新人という言葉はよく使用されています。

新人時代はどんな日々?


社会経験が存在している方は自分の新人の時代を思い出してみてください。

あなたはどんな新人だったと自分で思いますか?
これから新人としての経験を積んでいく方からすれば予想しにくい事かもしれませんね。

しかし、初めて新人としてビジネスの現場に立つ際にはこれまでの生活環境と一変しますので、かなりのギャップを伴う事が考えられます。

ギャップが大きければ大きいほど自分自身の受け止め方が違います。

ある程度新人時代はどういう日々になるのか、ということを理解しておいた方がこれから新人を迎える方には心構えを形成することが出来ます。

なので、新人時代が予想がつかないという方のために新人時代の日々を簡単にご紹介します。

右も左も分からない

まず新人時代は右も左も何もわからない状況から始まるということを覚えておいてください。

考えてみれば至極当然のことかもしれませんが、初めて社会人としてデビューする方はビジネスの現場を経験するとすればアルバイト程度しか経験したことがないと思います。

確かにアルバイトをしていれば社会人としてのごくごく基本的なことなどは学ぶことができるかもしれません。

しかし正社員とアルバイトとでは行っている仕事が全く違いますし、当然立場が違うことによって責任なども異なります。

なので、これまで経験してきたアルバイトと社会人としての日々は全く違うということを理解してください。

職種にもよりますが、これまで経験してきた事がまったく役に立てず、おそらく最初の日々は何をするかもわからない状態から始まり、数日は慣れていない事もあり相当な疲れとプレッシャー、そして自分の無知さを実感させられるかもしれません。

会社によって行っている習慣やルールなどは全く違いますので、これは当たり前な事でもあります。

なので、新人時代は想像以上に厳しい現実が待っているという事を覚悟しておいてください。

生活リズムがつかめない

新人時代は生活リズムがつかめなくなってしまうこともよくあることです。

なぜ新人時代は生活リズムがつかめないのかと言いますと、これまで大学生だった方は学校の時間などが授業によってバラバラだったと思います。

時にはお昼までゆっくりと寝ていても時間に余裕を持てる生活だったかもしれませんが、社会人になると必ず決められた時間までに出社しなければルール違反となります。

特に正社員として雇用されている方は時間を守るのが当たり前であり、新人の場合は決められた時間よりもさらに早く出社することが求められます。

さらに、普通の学生で決められた時間に学校に通っていた方も、例えば業務の進捗によってお昼休憩に行ける場合もあれば、いけない場合もありますし、決められた時間よりだいぶ遅くなる事もあります。

そして、会社の業務に慣れるために残業などを行うことも当たり前に求められます。

そして新人歓迎の飲み会などがある際には遅い時間までお酒を飲んでも翌日は定時までに出社しなければいけないなんてこともしばしば存在します。

なので生活リズムが最終的にバラバラになってしまい、最初はうまくバランスを保つことが出来ない事が予想されます。

人間には適応能力がありますので、ある程度慣れてくるとそこまで気になりませんが、慣れてくるまでは辛い環境を覚悟しておいてください。

世代によって特徴も様々

新人には様々なタイプが存在しているとご紹介しました。

当然人によって考え方や価値観なども異なりますし、性格も違えば、身に着けている基礎知識・スキルなども違います。

なので、人によって特徴などは様々ですが、それ以外にも時代の影響で特徴なども大きく変わるようになります。

例えば今の時代と100年前の時代の20代を比べて同じ特徴を持っていると思いますか?
恐らく同じような特徴ではないと思います。

その当時どのような環境で育ってきたのか、一般的に身の周りの人間はどのようなことが当たり前だったのかなど、様々な要因が今と異なるからです。

では、具体的に今の世代と昔の世代は何が違うのか。

簡単に考えていきましょう。

特に特徴があると言われているのは「ゆとり世代」

今の時代はいわゆるゆとり世代と呼ばれている時代であり、ゆとり世代が新人として企業に入社してきています。

なぜゆとり世代と呼ばれるのかと考えた時に、今の時代はゆとり教育の時代と言われているからです。

ゆとり教育とは日本において1980年度から2010年代初期まで実施されていた、ゆとりある学校目指した教育のことを意味している言葉です。

ちなみにそれ以前までの1970年代まではいわゆる「詰め込み教育」と呼ばれる教育方法が主流でした。

簡単な違いを述べると、「詰め込み教育」は知識の暗記を重要視しており、たくさんの学習量を行って、とにかく質よりも量を意識した学習形態だといえます。

しかし、なぜそうなるのか?という学習の疑問などを追及するよりも、とにかく知識を覚えるというスタイルだったので、これを改める事になりました。

それに反して「ゆとり教育」は子どもにも自由、そして学校に縛り付けないという事を念頭において、思考力を上げる事を目的にした学校教育が始まりました。

そのゆとり教育で育った人間が今社会人として入社してきているのです。

その結果、「詰め込み教育」と「ゆとり教育」では大きな特徴の違いがあります。

例えば具体例を挙げると、プライベートの時間を犠牲にしてまでお酒の場に参加しない、ストレスに弱い、言われた事しかできない、などの特徴があります。

しかしあくまでこれらは特徴であり、ゆとり世代の中にもしっかりと仕事が出来る人間も多く存在しています。

あくまで時代背景を通した総合的な特徴だと考えてください。

新人だなと思う人の6個の特徴


時代によって当然新人として入社してくる人の特徴なども変わるということをご紹介していきました。

細かい部分で見てみれば、性格であったり物事の捉え方などは違うかもしれません。

しかし大きな枠組みである新人というポジションを考えてみると、今でも昔でもそこまで変わらない特徴というものは存在しているはずです。

今もしも自分が働いている会社に新人がいるのであれば、こういう考え方は違うけど、この部分は自分が新人の時を見ているようだという気持ちになる方も多いはずです。

新人あるあるとして考えていただければ、自分自身に該当していたことも多く存在すると思いますので、自分が新人だった頃を思い出しながら確認してください。

1.スーツが真新しい

まずはじめにご紹介する新人だなと思う人の特徴はスーツが真新しいということです。

社会経験のある方であれば、道を歩いていたり、取引先の企業を訪れた時や、居酒屋などでスーツを着た人を見かけた時に、明らかにこの人新人だな、と勘が働く事があると思います。

その理由としてはスーツが真新しいということが判明した時です。

人生の中でスーツを着る機会を早い順に考えた時に、大抵は大学の入学式や成人式だと思います。

それ以外はおそらくなかなか着る事がなく、就活をする時と企業に入社した時位になると思います。

しかし、たいていの場合は入社祝でスーツを買ってもらったり、それまでにあまり着なかった事からスーツがピカピカである場合がほとんどです。

真新しいスーツを見かけたときは基本的に年齢なども考慮してみれば新人であることが明白ですよね。

さらにその人間が持っている時計や鞄、靴などを見てみるとピカピカである場合も多いので、すぐに判明してしまいます。

なので新人だなぁと思う特徴はスーツが真新しい時になります。

2.「あー」「えーと」などの言葉が多い

次にご紹介する新人だなと思う人の特徴は「あー」「えーと」などの言葉が多いということです。

社会人としての経験をたくさん積むことによって、ビジネスの場面における適切な話し方というものが身につくようになります。

間違った日本語を使わないようにしなければいけないという事や、相手に信頼感を与えるための話し方を身につけたりするなど、自分なりにたくさんのことを心がけてそれを一つのスキルとして身につけていきます。

しかしながら新人の特徴としては、当然これまで学生としての立場で生活をしていましたので、話し方が急に上達するはずがありません。

特に話をすると本来の自分が出てきてしまいやすくなりますので、「あー」「えーと」などの言葉を多用したり、わからない分野の質問を受けた時には間をつなごうと「あー」「えーと」などの言葉を多用しがちになります。

優しい方であれば、新人だと思って多めに見てもらえるかもしれませんが、厳しい人間の対応だとお叱りを受ける事もありますので、注意が必要です。

3.汗をたくさんかく

次にご紹介する新人だなと思う人の特徴は汗をたくさんかくということです。

なぜ汗をかくと新人だと思われるのかというと、新人は社会人としての経験が乏しいため、社会人としての場に慣れていない状況で業務を行っています。

ですので様々な場面において緊張してしまいやすくなります。

緊張してしまうと余計に人間は汗をかいてしまうことが多くなりますので、新人ほどたくさん汗をかいていたり、緊張が伝わる話し方などをしがちになります。

なので汗をたくさんかいていると新人だな、と想像することが出来るのです。

4.要領が悪い

次にご紹介する新人だなと思う人の特徴は要領が悪いということです。

新人として業務を行っている人間に多くみられる特徴として、与えられた仕事の要領が悪いことが多いです。

先ほど述べたように、初めて行うことに関して最初から上手に行うことができる人間は少ないです。

大抵の場合最初は失敗したり、間違った手順で始めてしまうものであり、たくさんの失敗をしたり、経験をすることによって正しい手順や効率の良い方法を見つけ出すことができます。

なので新人に何かの指示をしたとしても、通常に社員の倍近い時間はかかる事を意識しておかなければいけません。

これも新人の1つの特徴だと思い、受け入れてあげることが大切です。

新人として入社する方はある程度どのような事を指示されるのか、そして一度教えてもらった事や経験した事がある内容は覚えて、失敗を繰り返さないように注意する事が求められます。

5.素直で教えられた通りの言動をする

次にご紹介する新人だなと思う人の特徴は素直で教えられた通りの言動をするということです。

新人が入社した時には、まずはじめに社会人としてのルールやマナー、そして基本的な業務知識を教えるところから始まります。

こういう場合にはこのような説明をする、こういう質問を受けた場合はこういう風に説明するなどの業務知識をたくさん習います。

物事の全体を理解し、それぞれの役割がどうなっているのかということを正しく理解しておけば、よりその状況に沿った的確な説明をすることができるようになるのですが、新人はどうしても知識が乏しく、教えられた通りに実践しようとします。

その結果相手に対して言葉を投げかける際、自分なりの言葉を使おうとするに教えられた通りそのままの言動を素直に行うという特徴があります。

社会経験や業務知識が身につけば改善しますが、それまでは明らかに新人だろうなというような言動が行われることが多いので、ひとつの大きな特徴だと判断出来ます。

6.言動がぎこちない

次にご紹介する新人だなと思う人の特徴は言動がぎこちないということです。

なぜ新人は言動がぎこちないのかと考えた時に、どうしても新人は業務に関する知識であったり、社会人としての経験が乏しくなります。

その結果、自分が受け答えしている内容が正しいのか正しくないのか自信が持てなくなることがあります。

どんな人間でも自分の発言内容に自信がない時は声が小さくなってしまったり、どこか弱々しい話し方をしてしまいがちです。

なので知識や経験が乏しい新人は話し方や言動がぎこちなくなってしまうということはよくあります。

なので言動がぎこちない人間を見ると新人だと判断することができるので、言動がぎこちない人間は新人の特徴だと認識することが出来ます。

上司に嫌われる新人のタイプとは

ここまでは新人だなと思う人の特徴についてご紹介していきました。

社会人経験のある方ならば、これまでに挙げた特徴を実際に目の当りにした事も多いかと思います。

そして、たくさんの新人を目の当りにするにあたって、場合によってはいまいち好きになれないな、という新人を目にしたりする機会もあります。

それは外見もそうですが、内面においても特徴を持っている事があります。

しょうがない部分かもしれませんが、これから挙げる特徴をこれから新人の立場になる方には心得て頂き、自分はそうならないようにして頂きたいと思います。

そうする事で上司と良い関係を築くことが出来、自分自身も働きやすい環境に身を置くことが出来るようになりますので、重要な要素だと理解してください。

1.指示通り動かない

まずはじめにご紹介する上司に嫌われる新人のタイプは指示通り動かないということです。

これまで学生として活動していた方は当然社会人としての経験が乏しいので、考え方や行動がどうしても学生気分が抜けていない場合が多いです。

しかしビジネスの場面でプロ意識を持っていなければ、仕事を全うすることはできません。

学生気分が抜けていない人間ほど指示通りに動いてくれなかったりする場合が多く、指示をしたのに動けないという事は業務に関する知識が乏しかったり、社会的な経験が少ないということも一つの理由にはなりますが、それ以前に自分自身の考え方や理解度が大きく左右していると捉えられます。

知識や経験は後から身につくものですが、そもそもの心構えに関しては自分自身の意識次第ですぐに身に着けることができます。

姿勢や心構えの部分が伴っていない事で、指示通り動けない様子を目の当りにすると、どうしても上司からは嫌われてしまいがちになります。

教えてもらわなくても出来る事である気持ちの問題くらいは、最初から高く持つようにしなければ、周りの印象が悪い所からスタートしてしまいます。

その点についてはしっかりと危機感をもって考えるようにしてください。

2.感情の起伏が激しい

次にご紹介する上司に嫌われる新人のタイプは感情の起伏が激しいということです。

感情の起伏が激しすぎて扱うのに苦労をさせる人間は新人であろうと、そうでなかろうと周りからは嫌われてしまいます。

怒られて落ち込むこともあるかもしれませんが、落ち込むにしても仕事をしている最中はその素振りを見せないようにすることも求められます。

それと同様に怒りを感じたとしてもそれを表面に出してはいけません。

しかし学生気分が抜けていない子供の考え方を未だに持っている人間は感情の起伏が激しく、それを表に出してしまいがちです。

しかしそれを表に出したところで根本的な解決にはならない上、それな業務に支障が出るほどになれば周りからは呆れられてしまいます。

急に自分を取り巻く環境が変わる事に対しては不安感もあるかもしれませんが、プロとして社会人になるという事を意識して自分の感情を律する事が出来なければ社会では通用しませんし、嫌われてしまうので注意してください。

3.言葉遣いが悪い

次にご紹介する上司に嫌われる新人のタイプは言葉遣いが悪いということです。

学生の場合に関してはある程度上下関係も緩いことが多く、言葉遣いに関してもそれほど厳しく注意されるようなことは少ないかもしれません。

しかし社会人になれば正しい敬語を使うということは当たり前に求められることです。

それ以外にも若い方がよく多用しがちな若者言葉であったり、砕けた言葉などは言葉遣いが悪いと指摘を受ける場合があります。

会社の業務に関する言葉であれば教えてもらえるかもしれませんが、正しい敬語や正しい言葉遣いに関しては社会人以前の問題です。

これができていないと仕事においても信頼出来ない人物であると判断さえますし、上司である前に人間なのでどうしても心では嫌われてしまいます。

それは新人の立場としての人間においては非常に損な立ち位置になります。

なので言葉遣いに関しては必ず気を付けて、間違った言葉を使わない、失礼な言動はしないように注意する必要があります。

4.謙虚さがない

次にご紹介する上司に嫌われる新人のタイプは謙虚さがないということです。

謙虚さがない新人はどうしても上司から嫌われる対象になりやすいです。

そもそも社会経験の乏しい新人に対して実務的な面で期待を持たれることは最初はありません。

ではどういう部分に期待するのかと言いますと、人間性や仕事に対する姿勢を求められるはずです。

謙虚さを欠いてしまいますと、その人間性の部分に対する信頼がなくなり、人間として嫌われてしまいます。

立場もわきまえずに厚かましい態度をとってくるような人間を好きになる人はいませんよね。

新人の時には仕事ができない分、このような謙虚さや礼儀、マナー、気遣いなどがより一層求められます。

きっちりこの部分を恥ずかしくないようにしておけば、上司からは好かれる可能性も高くなりますので、自分なりにどうすれば相手に好意をもってもらえるかよく考えて行動するようにしてください。

5.自分の用事を優先させる

次にご紹介する上司に嫌われる新人のタイプは自分の用事を優先させるということです。

これはどういうことかと言いますと、いわゆる最近のゆとり世代の特徴の一つとして、仕事が終わった後にお酒の席などに誘ったりすると自分の用事を優先させて誘いを断るということがよく見られがちです。

しかしこれは相手にとって失礼な行動になってしまいます。

ゆとり世代の方からすれば仕事が終わった後はプライベートなので、自分のプライベートを好きにしようが勝手であり、業務の延長線上のような飲み会は参加したくないという持論を持っています。

しかし上司からすれば仕事中にとることができないようなコミュニケーションをとるために誘っているということも十分考えられます。

上司も人間なので、どうしても外せない用事があるならば仕方ないですが、優先度が低い自分の用事を優先させて誘いを断るような人間に対しては可愛がってあげようとは思わないはずです。

飲みにケーションという言葉もあるように、全ての誘いに付き合う必要性はありませんが、新人という立場を考慮すると、最初に誘われた時には今後仕事を行いやすくする人間関係を形成するという目的も含めて参加しなければいけません。

面倒かもしれませんが、最初はそれも仕事と思い、嫌ならば信頼関係が築けてきた後に少しずつ自分の意思を見せて、時々断るなどの工夫が出来るようにしましょう。

6.女性の場合、化粧がケバくて派手

次にご紹介する上司に嫌われる新人のタイプは女性の場合、化粧がケバくて派手だということです。

若い年齢の女性は落ち着いた女性よりも目立つ格好をおこないがちです。

学生気分が抜けていない方ほど会社とプライベートを区別せずに容姿にこだわりがちです。

しかし、仕事で自分の個性を必要以上に主張するということは一般的によく思われません。

このような基本的な知識について身につけていない人を見ると周りの人間は嫌ってしまいます。

嫌われてしまった後に信頼関係を回復するためにはそれなりに行動しなければいけませんので、自分にとって負担が大きくかかってしまいます。

その場所その場所に適した容姿にするという事は若い方からすれば苦痛かもしれませんが、ある程度我慢も必要だという事を理解してください。

7.中身が何もない

次にご紹介する上司に嫌われる新人のタイプは中身が何もないということです。

年齢が若い方にありがちですが、年齢が若い方は自分に対する信念がなかったり、考えが浅い場合が多いです。

なのでビジネスの場面における心構えも無かったり、知識も身に着けていなかったり、仕事をするという基本的な事に対しての概念も乏しかったりするなど、はたから見ると中身がまったく何もないと感じてしまいやすいです。

これは社会人以前の問題になりますので、考え方や姿勢の問題は人間性が顕著に現れるため嫌われてしまいやすいです。

中身がないといつまでたっても仕事の面で成果を上げることはできません。

中身がある人間と中身がない人間では行動、言動すべてが変わってきます。

社会経験のある方でからすれば一発で見抜かれますので、必ず新人の立場の方は中身の伴った人間になるように心がけてください。

まとめ

私たちは生きるために必ず仕事を行わなければいけません。

そして仕事を行う年数は人生の中でもかなり長い年月になります。

だからこそ新人の時にどれだけ仕事に対して真剣になれるか、仕事がどれほど難しくて大変なものなのかということをよく実感しておかなければいけません。

ここで仕事に対する向き合い方を大きく学ぶことで今後の仕事の成果に大きく結びつきます。

だからこそ誰しもが経験する、短い新人としての時間を有意義なものにして多くを学んでください。

たくさんの事を吸収すればすぐに一人前の社会人になれるはずです。

そのためにも周りの人間から好かれるような人間になるために、今回ご紹介した特徴をよく把握し、自分をよりよく魅せるためにはどうすれば良いのかという事を考えてください。

上司の立場の方は、新人は最初は何もできないかもしれませんが、根気強く指導してあげるという事を忘れないでください。

自分自身にも新人の時代があったという事を思い出して、新人とより良い関係になれるように工夫してみてください。

【ビジネスマンが独り立ちするためには、こちらの記事もチェック!】