あなたは議員がどういう役割を担い、どういう事を行っているのか正しく理解していますか?

私たちが住んでいる日本では様々な議員が活躍してくれるからこそ今の日本が成り立っています。

私たち国民の代表として様々なことを話し合い、今の日本をよりよくするために議員の方が活躍してくれています。

しかし私たち一般人からすればなかなか議員と触れ合える機会は少ないですし、議員がどういう仕事をしているのか、議員がどういう役割を担っているのかなど、なかなか理解しがたい部分があって当然です。

年齢が若い方は比較的興味を持っている方は少ないかもしれませんが、私たちが住んでいる日本の今後を左右する大切な存在でもあります。

なので、個人が積極的に議員とはどういうものなのかという事を正しく理解する事はとても大切なことです。

しかし、自分自身が主体的に興味をもって知らなければなかなか議員について学ぶ機会が少ないでしょう。

そこで今回は議員をテーマにして、議員って大変だなと思うことについてご紹介していきたいと思います。

普段は議員の事をテレビでしか見たことがない方も多いかもしれませんが、彼らがどのような活躍をし、どのような大変さを経験しているのか理解し、議員について正しく知るきっかけとして活用してください。

議員の種類


議員について知っていただくためには、まずは議員という存在がどういう種類があるのか、という事について知って頂く必要性があります。

議員と一言に言っても様々な議員の種類が存在しています。

一般的に私たちが想像しやすい議員は国会議員などの目立つ議員である可能性が高いです。

テレビでもよく取沙汰にされるような議員は国会議員が多く、そればかりに注目がいきがちになりますが、それ以外にも様々な議員の種類があります。

それを理解しておかないと、具体的にどの議員がどういう役割を担っているのかという事まで正しく把握するのは難しいです。

なのでまずが議員の種類を把握するところから初めましょう。

国会議員

まずは認知度、注目度と同様に高い国会議員についてご紹介していきます。

国会議員はその名前の通り国家の最高議決機関の一般的な呼び名である国会を構成するとして知られています。

国会中継をご覧になった事がある方もたくさんいると思います。

一人一人、名前を呼ばれた議員が前に立ち、周りの人間に対して議題になっているような事や問われている事を説明したりしている姿を見かけた事があるはずです。

あれがまさに国会で話し合いを行っている場面であり、まさに国会議員の仕事の最中といえる状況です。

つまり、国会議員とはその国会に参加して様々な話し合いを行ったりする人の事を指し示している言葉ということです。

一般的に国会議員が選ばれる仕組みは有権者が選んで、その代表者として認められた人物が参加する事が多く、ですから私たちは国会議員を決めるために選挙などを行っているのです。

そして多くの国会議員が何らかの政党に所属している状態なので、その政党に票を入れたりして票の数によって排出する人数が変わったりするなどの投票形式が採用されています。

ちなみに世界各地では様々な形式が存在していますが、日本においての国会議員の制度として、二院制を採用しています。

この二院制によって国会議員の中でも二つの種類に分けることができ、それによって役割などもまた変わってくるようになります。

衆議院議員

国会議員の種類として衆議院議員が存在しています。

人によってはなぜ国会議員の種類が二つに分かれているのか気になる方がいるかもしれませんね。

そもそも国会議員の種類が二つに分かれている理由としては幅広い視点を持つということと、異なる立場の人間を置くことによってダブルチェックするという意味合いも兼ねています。

物事を判断するときにはなるべく広い視野を持って様々な角度から物事をチェックする必要性があるという事であり、それを行うことによって間違った意見などを防ぐことが可能になるということです。

そして衆議院議員の特徴としては「今現在の世の中の世論を細く反映しやすい」という特徴を持っています。

そして後にご紹介する参議院議員との大きな違いとしてはまず議員定数が全く違います。

議員定数とは、国会における議員の設置すると認識してください。

衆議院議員が480にであるのに対し、参議院議員は242人と少なくなっています。

また、衆議院議員は任期が4年であるという点に対し、参議院議員は6年と長くなっています。

この事からもわかるように、なるべくその時需要のある人間を多くするという事と同時に、数も多いので力を持っている人間が集まりやすいという特徴も考えることが出来ます。

そうした上で、今の世論を反映した上で法案を可決するのか否決するのかという事を立場の違う衆議院議員と参議院議員が細かい話し合いなどをたくさん行っていき、よりよい日本を作る為の法案を決めていきます。

これが主に衆議院議員の特徴と行っている事です。

参議院議員

国会議員の種類として参議院議員が存在しています。

参議院議員関しては先ほどご紹介した衆議院議員の対立する存在として考えることができます。

先ほども述べたように違う目線で物事を判断する、そして幅広い視点からチェックするという意味で参議院議員は存在していますので、相手の意見に対して違う意見をぶつけた上で、より質の高い話し合いを行えるような環境を作る為には必要不可欠な存在です。

衆議院議員が世論を反映させやすい特徴を持っているのに対し、参議院議員は人気も長いので「ひとつの事に対してより長く、より見定める」というような特徴を持っています。

このコンセプトの違いにより間違った法案が可決されないようにしていると言っても過言ではありません
つまり言ってみれば、暴走するのを防ぐ役割をもっていると考える事も出来ます。

途中で解散する事も参議院議員はありませんので、じっくりと腰を据えて物事について判断することが出来る立場の参議院議員ならではの役割なのです。

しかし、議席数から見ても参議院議員の方が議席が少ないので力を持っているのはやはり衆議院議員の方に軍配が上がる場合が多いです。

しかし、本当に大切な法案だと思えば参議院議員でも衆議院議員の提唱する内容に賛成する方が多くなる場合もあります。

なのでより良い意見を生み出し、それを実現するためには違った角度から物事を見ることが出来る参議院議員がいてこそ生み出されるものなのです。

県会議員

次にご紹介する議員は県会議員です。

先ほどご紹介した国会議員に比べれば存在感や注目度は劣ってしまうかもしれません。

私たちが住んでいる日本をより細かく考えたそれぞれの県の政治を行っている代表、という意味ではとても私たちに関係性が高い立場であると言えます。

県会議員の仕事は議会で県の政治にとって重要なことなどを議決していく事です。

つまり、国会議員は国の政治を行っていると考えると、県会議員は県の政治を行っていると考えることができます。

細く役割分担をすることによってそれぞれ適切な政治を効率よく行うというシステムになっていると考えられます。

では具体的に県の政治を行うとはどういうことなのかと考えた時に、例えばそれぞれの県の法律、つまり条例などを決めたり、間違っているならば改正したり、県の政治を行う上での予算を決定したりしています。

つまり国会議員と比べると国全体に関わることを決めるのかそれとも県全体にかかわる事を決めるのかの違いという事です。

なので行っている内容に関してはかなり共通している点があります。

しかし、ただ話し合いをしておけば良いというだけではありません。

例えば事務処理を行ったり、支援者に挨拶回りを行ったりしなければいけないので街中を歩き回ったり、民意を反映させるために県民からの要望などを細かく聞いたり、専門性の高い分野の質問に答えるために専門知識豊富な職員と交流をしたり、経済について学ばなければいけないのであれば勉強を行わなければいけません。

このようにただ話し合いだけを行えばよいという考えだけではやっていけません。

しかし、それは国会議員でも同じことが言えますので、いずれにしても大変な仕事なのです。

市会議員

次にご紹介する議員は市会議員です。

これまでご紹介してきた国会議員そして県会議員について理解いただければ市会議員はどのようなものなのかある程度推測ができるはずです。

日本という一つの国を大きいところから小さいところに考えた時に、国、県、とくれば次は市になります。

私たちが住んでいる県の中には様々なたくさんの市が存在しています。

その市が集まって出来ているのが県であり、県が集まってできるているのが日本という国だからです。

そして市会議員の役割は市民の声を市の政治に反映させることが主な役割です。

他の議員と同じように議会を開いてたくさんの市民の声を反映させたことを協議していく事が主であり、それ以外にも議会を開催した結果、具体的にどのような結論が出てどのように改善したのかということなどを世の中に発信していくことも一つの仕事です。

時にはたくさんの市民を集めて市民の人から直接意見を聞いたりするような場も設けたりすることも一つの方法であり、一つの役割です。

なので一年中ずっと会議をしていれば良いというわけではなく、様々な人間と関わって様々な人間の考えている気持ちや問題点をたくさん見つけてそれを反映させなければいけない重大な仕事であると考えられます。

議員って大変だなと思う8個のこと

日本中に存在している議員の種類について把握頂いた所で、議員がどのような事を行っているのか、そしてどのような役割を持っているのか、ある程度想像がつくようになったと思います。

議員が存在しているからこそ、私たちは安心して日本で生活をすることが出来、暮らしやすい日常を得ていると考えるとその存在はとても大切な存在である事がお分かりいただけるようになったはずです。

しかし、議員と関わるにしてもなかなか頻繁には関われないですし、話し合いの場などにおいても私たちが目にする事は少ないです。

なので議員の方が感じている大変さ、辛さなどを理解する材料が少なすぎるのも事実です。

しかし、その辛さや大変さを理解する事によって、偏見の目で見る事なく議員を判断することが出来たり、人によっては議員を目指したいと思えるきっかけになりえるかもしれません。

なので議員って大変だなぁと思う事についてここからはまとめてご紹介していきます。

私たちの目に映らない場面でどのような大変さがあるのか。

議員の仕事や特徴などを考えながら確認してみてください。

1.派閥のしがらみがある

議員が大変だと思う理由の一つとして派閥のしがらみが存在しているということです。

先ほど述べたように、議員は何らかの政党に所属した上で出馬をする事が多いです。

例えば私たち日本においてもいくつもの政党が存在しています。

政党とは共通の政治的目的を持つ者によって組織される団体のことであり、自由民主党、立憲民主党、公明党、希望の党、民進党、日本維新の会などがかなり有名な政党です。

これ以外にもたくさん政党がありますが、これらの政党に所属した上で選挙に出馬したりすることで選挙に当選しやすくもなったりします。

しかし、メリットがあるものには大抵デメリットが存在しており、こうした政党に所属する事によって派閥のしがらみなどが生まれやすくなります。

自由に動きたいのにしがらみがあって動けない、自分の意思を尊重したいのにそれが出来ない、政治目的が同じだったと思っていたのに結局トップの人間のワンマンだったなど、様々な事が考えられます。

このように様々なしがらみの中で活動していかないといけないという事を考えると議員として活躍するには毎日大きなストレスと戦わないといけないという事が分かると思います。

2.プライバシーがなくなる


議員が大変だと思う理由の一つとしてプライバシーがなくなるということです。

これはどういう事かと言いますと、議員になるということは当然テレビなどの公共の電波で自分の顔であったり自分の行いなどが筒抜けになってしまいます。

たとえば時々テレビのニュースなどで政治家のスキャンダルが放送されたりするようなことがあると思います。

そのような時には自分のプライバシーのは関係なく自分の顔が放送されてしまったり、怪しいことをしていれば記者から質問されたり、突撃されたりしてスキャンダルがないかどうか追跡される事もしばしばあります。

議員になるという事はそれだけで大きな精神的なストレスを受け続けるものであり、実際に大阪市長としての職務を全うしていた橋本元市長などもかなりつらかった、もう出来ないと話しています。

それだけ精神的なプレッシャーもそうですし、どこで見られているかわからないというプライバシーの無さに関してはつらいものになるという事を理解しておかなければ議員を務めることが出来ません。

3.本音で話しができなくなる

本音で話をすることができないのも議員が大変だと思う理由の一つです。

テレビを見ていてわかっている方も多いと思いますが、議員が何かについて説明をしたり何かについての意見を語ったりする時、かなり慎重に言葉を選んでいます。

私たちがテレビを通して議員の姿を見たりしているのは、テレビに映った議員の一部分のやり取りでしかありません。

しかし、実際に議員に対して接した事がない方や関心がない方は、それがその議員のすべてになります。

だからこそちょっとでも間違った表現をしてしまったり、本当に思っている事を伝える事によって問題点を細かく指摘されたり、悪印象に繋がる可能性が十分あり得るのです。

なので本当は違う意見を持っていたとしても、なるべく間違って伝わらない伝え方や、聞こえの良い事を無難に言わないといけなくなってしまう事があります。

だからこそ何かの意見を喋る時でさえも気を付けなければいけないという大変さを常に求められる仕事でもあるので、大変な理由に繋がります。

4.ハードな選挙運動

議員が大変だと思う理由の一つとしてハードな選挙運動が該当します。

選挙運動は私たちが想像しているよりもかなりハードなものです。

議員の方が言っているように、選挙活動は戦いでもあるのです。

この戦いに勝利するか勝利しないかで大きく明暗を分けることにつながります。

だからこそどんな手を使ってでも当選したいと思った議員がお金を包んで票を獲得したりすることが後を絶ちません。

そうでなかったとしても、当選するためにたくさんの人間と触れ合って、たくさんの人間に自分の思想を伝えるために活動を続けなければいけません。

議員の中には分刻みのタイトなスケジュールの中で選挙運動を行ったりしている方も大勢います。

それほどの辛い環境の中、バッシングなどを受けたり、辛い人間関係の毎日を過ごしている議員はまさに精神力が強くなければ行うことができない仕事と判断せざるを得ません。

5.落選したら収入が無くなり不安定な生活になる

落選したら収入が無くなり不安定な生活になるということも議員が大変だと思う理由の一つです。

もしかすると若い年代の方は知らない方が多いかもしれませんが、もしも選挙に落選してしまった場合は無職と同じということになります。

そもそも選挙に出馬するということは、自分が起業をするという事と同じ事になるのです。

そして出馬するということはそれなりに様々な準備を行わなければいけないので、相当な準備資金が必要になります。

これは一般的に1000万~2000万程度かかると言われています。

それだけのお金がかかっておきながら落選したら無収入になり、不安定な生活になることが予想されます。

人によっては所属している政党が面倒を見てくれたり、自分の支援者の企業に所属したり、相談役として身を置く事もできるかもしれません。

しかしこれが出来ないと生活はかなり苦しくなりがちなので、これも議員の辛い部分の一つに該当します。

6.ちょっとしたミスで揚げ足を取られる

議員が大変だと思う理由の一つとしてちょっとしたミスで揚げ足を取られるという事が挙げられます。

先ほどご紹介した本音で話をすることができないということにつながるのですが、何かについて説明をしたりする時、私たちも間違った表現方法を行ってしまったり、うっかりしたミスなどは人間なのでつきものです。

しかし議員にとってはこれが命取りになることがあります。

実際に、東京都知事である小池百合子さんが「排除する」という言葉で説明をしたために大きなマイナス効果を生み出しています。

これは一説によると質問した記者が「排除する」という言葉を連呼して、あえてそのような表現に近づけようとした意図もあると指摘されています。

それでも議員の事を細かく知らない人間からすれば、これが議員のすべての印象になります。

なのでちょっとしたミス、そして誤表現などが命取りになるので、何かを行う際に慎重にならざるを得ません。

普通の人間なら何も問題ない事を細かく指摘されるので、相当なストレスがかかる事を覚悟しておかなければいけないのです。

7.駆け引きなど人間関係が難しい

駆け引きなど人間関係が難しい事は議員が大変な理由の一つに該当しています。

議員として活動するためにはいかに自分の主張を認めさせることが出来るか、納得できるように説明することが出来るかという事が求められます。

そのためには様々な駆け引きなどを行わなければいけない場面もあります。

しかし、駆け引きなどを行う事で人間関係を時には犠牲にしなければいけない場面もあります。

本来であれば人間関係を重要視してなるべくもめ事が起こらないようにする事も多いですが、議員の世界では人間関係よりも時には駆け引きが勝る場面もあります。

そのために複雑な人間関係の中で生活していかなければいけませんので、ちょっとした人間関係ですぐにストレスを感じるような方には到底行える仕事ではありません。

辛い人間関係を乗り越えることができた人間のみが議員になり、活躍することができます。

8.家族も周囲からの視線が厳しくなる

議員が大変だと思う理由の一つとして家族も周囲からの視線が厳しくなるということが挙げられます。

もしも議員に家族がいると、時には辛い思いをしなければいけないこともあります。

例えば議員がミスを行ったり、スキャンダルを起こす事によって、その議員の家族までもが周囲からの冷たい視線を受けることになりかねません。

例えば、芸能界で活躍しているDAIGOさんの祖父は竹下登元首相であり、消費税を導入した人物でもあります。

それが原因で学校などからは、一般人の負担が多くなる事から暴言を吐かれた経験もあると語っていました。

このように実際に家族にまで視線が厳しくなるような事もありますので、議員だからこその辛さというものも存在するのです。

どんな人が議員になる?

あなたの身近に議員になって将来活躍したいという方はいますか?

議員になるには相当の努力も必要ですし、内面の強さを身に着けておかなければ難しいでしょう。

しかし、議員になる人には特徴を持っていたり、資質があると判断出来る場合があります。

そこでここからは議員になる人の特徴、そしてどういう考え方を持っていれば議員になれるのかという事をご紹介します。

1.志が高く地域や国を良くしようと思っている人

議員になる人の多くは志が高く地域や国を良くしようと思っている人が多いです。

なぜ世の中にたくさん存在している職業の中で議員を選ぶのかと考える時に、議員になるということは今の日本を変えたいと考えている人が多いはずです。

例えば今の日本の法律の制度に問題があると感じたのであれば、それを変えるために議員になると考える人もいるはずです。

それが今の制度を新しい制度に変えれば、もっと幸せに過ごせる人が増えて日本が豊になるはずだ!と思えばそれを実現しようと議員になる人もいるはずです。

このように、最終的に自分が住んでいる地域や国を良くしようと思っている人間が議員になるという選択肢を選んでいる場合が多いです。

冒頭でもご紹介した通り、議員の仕事は日本をより良くするために話し合い、それを実現していく仕事です。

ですので、根本的に日本を良くしたいと思っている自分なりの信念がなければ到底務まらない仕事です。

なので気持ちの根底には日本を思う気持ちがないと出来ない仕事なのです。

2.親が議員だった2世3世

親が議員だった2世3世の人間も議員になりやすいです。

実際に親が議員だった人間で議員になっている2世3世はたくさんいます。

小泉進次郎さんなどはその代表だといっても過言ではありません。

ではなぜ親が議員であれば子供も議員になりやすいのかと考えた時に、まず親の背中を見て育つため、親が行っている仕事を特別に意識したりすることも考えられる要因にはなります。

それ以外にも親が議員である場合、議員として活躍すればするほど議員としての知名度やそれを取り巻く周囲の環境なども存在するので、議員になる時にうまく作用しやすくなります。

無名の人間がいきなり議員になるために頑張るのと、親が超有名議員でその息子が議員になるために活動するのとでは、知名度もその周囲の環境も親の政党の公認があるかないか等も含めて総合的な印象は全く違いますよね。

当然目立つ存在になりやすいので当選もしやすくなります。

だからこそ議員の2世3世は議員になりやすく、議員が多いという事になります。

3.人望が厚くたくさんの人に慕われている人

人望が厚くたくさんの人に慕われている人も議員になる資質を秘めており、議員として活躍している人の特徴でも該当します。

そもそも議員になって活躍するためには、大前提としてたくさんの人間からの人望が厚くなければいけません。

もしも人望がなければ選挙で当選することができないからです。

だからこそ人望が厚くたくさんの人に慕われている人間がたくさんの票を集めて当選するようになります。

また人望が厚い人では様々な人間関係に精通していることも多く、それが選挙活動においても良く働く場合などもあります。

だからこそ人望が厚い人間が議員になりやすく、たくさんの人間から支持を得やすいのです。

4.権力を持ちたい人

権力を持ちたい人も議員になりやすいです。

例えば他の人の手ではなく、自分の手でこの日本を変えたいと思うような権力が欲しいと強く考えている人間こそが議員になりやすかったりします。

所謂一つの野心になるのかもしれませんが、どんな形であれ自分の思いが強ければ強いほどそれが実現しやすくなります。

なぜならばその物事に対して、思いが強ければ強いほど全力を注ぐようになるからです。

なので権力を持ちたい人間は議員になりやすいのです。

しかしただ権力を持ちたいと言うだけではなく、その気持ちの根底部分には日本を変えたいと思う強い気持ちがなければなしえない仕事にはなるはずです。

議員になるためには?

将来的に気になりたいと思ってる子供の方や、議員になって日本を変えたいと思って議員になるために活動したい社会人の方も大勢いるはずです。

しかし大半の方が気になるためにはどうすれば良いのかということを知らない場合が多いです。

全員が全員必ず議員になれるというわけではありませんが、大切なのはそれに向けて行動するということです。

しかし行動するためには議員になるための方法について正しく把握をしておかなければいけません。

そこで議員になるためにはどうすれば良いのかということを簡単にご紹介していきます。

1.官僚や公務員から転身する

官僚や公務員から転身する事で議員になることが出来ます。

日常的な業務を行っていく中で様々な人間関係を形成して、自分なりの専門分野という強みを形成することができれば、より需要の高い政治家になることが出来ます。

政策立案の面でも専門的な知識が役に立つ事もあり、実力も認められやすくなるので当選しやすくなるのも魅力的な点です。

しかし、それなりに高学歴であると同時に実力も兼ね備えていないとまず難しいというのは理解しておきましょう。

2.タレント候補になる

タレント候補になるのも議員になる方法です。

芸能人の方が政治家へ転身するという話はよくあることですよね。

今でも格闘家として活躍したアントニオ猪木さんなどが活躍しています。

知名度も高いですし、どんな人間性なのかということもテレビを通して既に分かっているので認知度も高いですし、支持が得られやすいので当選しやすくなります。

3.公募に応募する

公募に応募するという方法も議員になる方法として存在しています。

選挙区候補者として政党が審査するものが公募になりますが、これに合格すれば政党のお墨付きがもらえるようになります。

つまり、公認候補になることが出来、選挙の際には様々な面で優遇されたり、支援を受けたりすることが出来ます。

なので個人で出馬するよりも、有利な状況から立候補することが出来ます。

4.政治家の秘書になる

政治家の秘書になることも議員になるために必要な場合があります。

議員になるために議員の仕事を学びたいと思うのであれば秘書になるのが一番わかりやすいです。

実際に議員の隣で仕事を管理したり、議員の近くにいることによって初めて知ることができるような現実もあるからです。

より現場を知ることによってどのようなスキルが必要なのかということを理解したり、たくさんの政界関係者と関わる中でコネクションを作る事でいざ議員になるために活動する際の助けをしてくれる可能性もあるからです。

なので政治家の秘書になる事が議員になる為の一つの方法となります。

5.党員になる

何らかの政党の党員になることも一つの手段です。

政党の党員になれば政党からの推薦であったり、公認がもらえます。

それによって個人で出馬するよりも得票数が増えるようになるので選挙に当選しやすくなります。

無名の商品よりも、有名企業が認めた商品だと紹介されれば認められやすくなりますよね。

それと全く同じです。ちなみにそれ以外でも選挙資金などを支援してくれる場合もあるので、なおメリットは大きいです。

6.自力で立候補する

個人として出馬するのも議員になるための方法です。

しかし、個人で出馬となると支援を得られなかったり、得票数も厳しいものになりやすくなるので、当選できる確率は他の方法よりも下回るかもしれません。

しかしそれでも個人の認知度が高く、たくさんの人脈を形成しておけば問題がない場合も十分あり得ます。