LINE(ライン)※以下ラインと言います。

ラインを連絡ツールとして多くの人は活用していると思います。

このラインを使って毎日連絡をしていませんか?確かにラインは今までのメールなどとは違って相手が見たかどうか既読マークで分かって便利ですよね。

しかしこのラインは使い方を間違えてしまうと相手によってはブロックなどをされてしまいライン以外の通常の会話などコミュニケーションがうまくいかなくなってしまう場合もあるのです。

ラインは便利だからと言って多用しては自分にとってのデメリットとなる使い方があります。

今回はこのラインのメリットとデメリットや気を付けなければならない事をご紹介していきます。

みんなの連絡ツールは何?

現在連絡手段として様々方法がありますよね。

これもスマートフォンの普及によるものに他なりません。

スマートフォンの普及によって今までのガラケーではできなかった多種多様のアプリの活用方法で連絡手段の方法さえ変わってきています。

例えば多くの人が使って入るラインやスカイプ、その他様々なチャットツールもありますよね。

多くの場合メールよりも相手との対話式(チャット形式)の方法が相手とのスムーズなより鳥が出来て便利との事で活用しています。

特に仕事などではレスポンスの速いチャット形式での連絡方法やスカイプなどのビデオチャットやビデオ電話など相手の顔が見られて安心してお取り引きや契約ができるとの事で活用の場が広がってきています。

電話だけの会話よりも相手の顔が見られるだけでお互いの安心感などがうまれるからですね。

ではライン派の人の意見や電話派の人の意見さらにメールなどのその他の方法を使っている人の意見やなぜ使っているのかを見ていきましょう。

1.LINE派


LINE(ライン)派の人はやはり相手が既読したのかどうかが分かる点でレスポンスが早く現代の人の会話方法に非常にマッチした方法です。

ライン派の人の意見には自分の今の状況を連絡したり相手が今何をしているのか知るための手段としてSNSの様に使用している場合も多々ありました。

他にはメールのようなトーク以外にも電話の様に会話をすることが出来る機能も備わっているので最近ではスマートフォンの電話機能は使わないでラインの通話機能を使用している人も多くいます。

また、要件を短くトークする事やスタンプと呼ばれる専用の絵文字のような機能もあり自分の今の気持ちや感情を相手に対して気軽にポンと使えるところも良いとの事です。

また、画像や動画なども簡単に相手に送ることができる為非常に手軽でSNSへのステップアップのツールとしても活用できます。

ラインだけでは物足りなくなった人…というよりラインをしている多くの人はツイッターやフェイスブック、インスタ(インスタグラム)などのSNSをはじめています。

ライン内の友達だけでは物足りなくより多くの人とつながりたい自分の意見や様々なモノに共感して欲しいなど様々な理由でSNSをはじめられています。

ラインは現代社会の連絡手段として既に常識な連絡方法として一地位を築き上げています。

今までの連絡方法のメールや電話と言った方法が一つに集約された機能といっても過言ではありませんね。

2.電話派

電話派の人の意見はラインなどのSNSはした事が無いのでやり方が分からないという人や電話機能だけで満足しているのでこれ以上は必要ないという人が多くいました。

確かに特定の人との連絡方法であれば電話機能があれば事足りますよね。

相手も知っている人ですので電話での会話で十分意思疎通が可能です。

逆にラインをしてスタンプが送られてきてもどういった意味なのか分からないで困惑してしまうかもしれませんね。

会話もタンタンと先に進んでしまい自分が会話の答えを入力し終えたら既にその会話が終わって次の会話になっていたなんてことも…ありますよね。

そういったことも聞いた事があるようで必要が現在は無く電話で十分に事足りているのでラインをする必要は無いとの事でした。

電話があれば十分ですね。

ただ、ラインでしかできない簡単な近況報告やステータスメッセージやアイコンなどでの主張など沢山のことがあるので理解して正しく活用できたら今以上に楽しくはなると思います。

強制はできませんが一つの選択肢として考えて頂けたらなと思います。

他にはガラケーだからラインはできないから電話だけっていう人もいました。

実は…ガラケーでもラインはできるのです!

一部の機能は使えませんがラインをする事はガラケーでも可能です。

ガラケーだからと本当はラインに興味があったのに諦めていた人はラインを始めてみてはいかがですか?
もしかしたらスマートフォンが欲しくなるかもしれませんけどね。

3.その他のメール派

メール派の人の多くはラインの既読機能に抵抗があるようです。

メールは届いて開いてメールの内容を確認しても相手にはメールが開かれて呼んだのかどうかまでは分かりません。

その為一度内容を確認して返信に困る内容であったらそのままにしてごめんメール気が付かなかったいつ送ったの?なんてとぼけることもできます。

さらに忘れていて返信が遅れてしまった場合でも今見ましたなんて遅れた理由を付ける事も可能です。

ラインでは一度内容を見てしまうと相手に既読マークが付いてしまい内容を呼んでくれたと分かってしまいます。

この機能は相手との会話を円滑かつ確実に行うためにはとても便利な機能なのですが逆に返信内容に困る場合には非常に焦ってしまう機能でもあります。

内容に困っていて考えていたら既読スルーってひどいですなんて相手からの催促などがきてしまう可能性もありますよね。

既読にするのが恐怖となってしまう可能性がラインにはあるのです。

若い人たちは気軽にそこまで考えてラインを活用していないのですが、年齢が高くなるにつれて相手との内容も濃くなってしまうことも多々あり既読した内容の返信に困る場合も多いようです。

この為ラインを以前していたが現在やめてしまったなんて人もいます。

相手に届いたか確実に知ることができる便利な機能が返信の催促に思えて苦痛となってしまったのです。

これがラインの危険性なのですね。

他にもラインでは相手がどこまでの気持ちでトークしているのか短い会話が主流となっている為意図し難いところもあります。

相手からしたら重たい気持ちでトークしたのに返ってきた内容が軽すぎでブロック!
逆に相手からしたら軽い気持ちでトークしたのに返ってきた内容が重すぎて…っえ!なんかキモイ…ブロック!なんてこともあります。

メール派の人は文頭、本文、文末などと分量を気にしないで相手に自分の伝えたい内容を的確に伝えられるように一回のメールで分かるように送ります。

ラインの場合はレスポンスを早くするために内容の一部だけを切り取ってのチャット形式が一般的になっている為に意図しないトラブルが起きてしまうのです。

ラインを毎日するメリットとデメリット


ラインは便利でラインをしている人のほとんどは毎日ラインをしていますよね。

しかし、毎日ラインをすることでデメリットがあるのはご存知でしょうか?
毎日ラインをする事によるメリットとデメリットをご紹介していきます。

メリット

毎日ラインをする事によるメリットとは一体何なのでしょうか?

ラインをしていると毎日チェックをしてラインを毎日活用している人は多いと思います。

今までのメール以上にチェックしていませんか?

毎日…というより1時間毎や数分おきにチェックやラインを送ったりしていませんか?

そのメリットって…いったい何?

1.相手を想う気持ちを伝えられる

ラインを毎日することで相手に自分の存在をアピールできて自分の気持ちを相手に伝えることができます。

ラインでは通常の会話では恥ずかしくて言えない気持ちでも意外と簡単に伝えることができます。

ラインのトークで伝えることが苦手や恥ずかしいという人でもスタンプなどで気持ちを伝えることもできます。

さらにラインで気持ちを伝えるメリットとしては例えば告白をして相手から断られた場合でも冗談だよ、なんて簡単に冗談に出来て今まで通りの関係を壊すことなく続けられるメリットがあります。

通常告白したらお互い気まずくなってしまったりしますよね。

ラインなら好きな人に気持ちを素直に伝えることができますね。

2.相手の様子や体調などがわかる

ラインをすることで相手の様子や隊長を知ることができます。

何気ないトークから今日はいつもと違う時間にスタンプ来たけどどうしたの?って聞くことができますね。

そうしたら相手は今日体調悪くて休んでるんだよ。

なんて会話が弾みます!さらに相手は自分の事を気にしてくれているんだなってグっと距離が縮まりますね。

毎日ラインをしているからこそいつもと違う時間にトークがくるとアレ?何かあったのかな?なんて気が付くことができます。

いつものトークやスタンプとは違う感じのモノが来た際にもどうしたの?何か変なスタンプして来て…って気づきますよね。

毎日ラインをしているからこそ気が付くことがありますよ。

その違いに気が付くかどうかで相手との距離を縮めることが出来るのかどうかのカギです!
その違いに気が付くことができなければ相手は分かってくれていないんだ…なんて離れていってしまいます。

毎日ラインをしているのならその違いに気が付けるようにしましょう。

3.後で読み返していろいろ確認できる

ラインはその履歴を後から確認することができます。

例えば相手の趣味や好きなものなど何気ない会話から知ることができます。

以前の何気ない会話から相手の趣味や好きなモノをサプライズでプレゼントすることもできますね。

さらにデートなどを誘う時にも相手が好きな場所や好きな食べ物をさりげなく入れて誘う事で相手の興味が湧いて誘いに乗ってくれる確率がグっと上がります。

ただ何気なく誘うのと相手のことを思って誘うのとでは雲泥の差がうまれてしまいます。

せっかく毎日ラインをしているのなら毎日しているラインから多くの情報を得て下さい。

その情報を元にラインをしたら他の友達やライバルとは一つ頭を抜けてアレ?この子なんかすごく気が合うかも?なんて距離がグっと縮まります。

ラインは情報の宝庫です。

この情報を活用しないのはもったいないですよ。

相手からラインが来ないな?なんて思っている時や時間がある時には気になるあの子とのラインをさかのぼって確認してみましょう!
自分でも気が付かなかった相手のウィークポイントが見つかるかもしれませんよ。

たまには過去の会話も読み返して確認することも大切です。

デメリット

毎日ラインをする事によるメリットは分かったと思いますが、逆にデメリットも当然あります。

デメリットも理解してラインをすることで落ち着いてラインを有効活用することができます。

1.返事が遅いと焦る

ラインをしているとトークやスタンプをしても相手の既読が付かない場合何で既読が付かないの?って気持ちになりますよね。

しかしラインをしている人が全てトークした際に通知設定をしているわけではありません。

お仕事や学校の授業などで通知設定をしていない人も意外と多くいます。

そんな人はラインを開くことではじめて相手からラインがきていることが分かります。

また、Wifiのみでラインをしている人はWifiがつながった時にはじめてラインが来たことが分かります。

ラインをしたからといって相手にすぐ通知されるとは限らないのです。

それをラインしたのに既読付けないで無視って何なの!などとイライラしてはいけませんね。

なんか私ダメなことしたのかな?嫌われたのかな?なんて思う人もいるかもしれませんが、相手のライン事情によっては既読や返信はすぐにはできない状況なのかもしれません。

ラインをしたからといってすぐに既読や返信が無い事に焦ってしまう事は実は無いのです。

気長に待って下さい。

緊急の際にはラインではなく通常の電話など他の連絡方法を試しましょう!

緊急の連絡でなければある程度相手の既読や返信には猶予を持って対応できるようにしましょう。

人によってラインの活用方法も違いますし、ラインの重要度も違います。

ラインが無ければとても困ってしまう人もいればそこまで困らない人もいます。

あくまでもアプリの一つです人によって活用方法が違って当然と受け止めて相手に催促することだけはしないで下さい。

なかには既読が無いのに同じラインで既読無視ですか!などと怒っている人がいますが…既読が付いていないのにラインで怒っても意味ありませんね。

これでは忙しくて見られなかっただけやラインの活用方法や通知方法で無視していたわけでない人でも嫌われてしまいますよね。

何にもしていないのに勝手に怒っているのですから。

ラインの既読が付かない場合は同じラインで知らせるのではなくて他の連絡手段や他のラインで繋がっている人から連絡してもらうなど他の方法を取って下さい。

他のラインがつながっている人からのラインにはすぐに既読が付いて返信がある場合はもう一度同じタイミングでラインをしてみて下さい。

それでも自分のラインには既読が付かなかったり返信が無かった場合には何かあったのでしょう…
過去のラインを確認して原因を探して下さい。

さらにライン以外での会話ややり取りで嫌われる原因はないかと思い返して下さい。

それでも見つからない場合はその相手を諦めることも必要かもしれませんね。

諦めたくない場合は共通の友達などに相談して対処しましょう。

同じように使っているラインですが人によって活用方法などが違うことも理解しましょう。

2.文字だけでは本当の気持ちがわからない

ライン派非常に便利で気軽に使用していますがその特性上、相手の本当の気持ちは分からない場合も多くあります。

何気ない一言が冗談の場合もあれば本気の場合もあります。

その何気ない一言で傷つくこともあります。

相手と会って会話をしたら相手の顔や言葉のニュアンスなどから色々と読み取ることができますが文字だけでは中々感情を全て読み取ることは難しいです。

相手に感情全てが伝わらない事はデメリットではありますが、この特性を利用して好きということを気軽に伝えることもできます。

もし相手が「っえ!」って拒否反応をしたら冗談だよなんてかわすことができますね。

相手が受けとめてくれたら本当の気持ちを再度伝えたら良いですね。

気持ちが伝わりにくいラインを逆手にとって上手に活用できたらラインマスターになることができますね。

他にも高度なラインテクニックは沢山ありますよ。

好きと言わせる方法や普段の会話ではます言うことの無いセリフでも歌の歌詞からとって少しづつ切り取って相手に伝えたら意外とスムーズに進むかもしれませんね。

途中でおいどうした?なんて拒絶されたら「って歌詞の歌知ってる?」なんて逃れることができます。

案外男の人は歌の歌詞や本やドラマ、アニメなどのセリフを言われたいと思っています。

言われて嫌な気持ちはしないですよ。

そのままゴールインする人も案外多くいますよ。

自分が好きな歌手やドラマ、映画などのセリフを使って相手を惑わせてみませんか?
意中のあの人を振り向かせてうまくいくかもしれませんよ。

3.段々義務感になって重くなる

毎日ラインをしていると毎日ラインをすることが義務になってしまう人もいます。

何にもラインをすることがない場合でもラインしなければとどうでもいいスタンプや「おはよう」や「おかえり」など会話にならないトークになってきてしまいます。

そうならないように毎日ラインをしなければならないと義務にならないことが重要です!
1日や2日ラインしなくても大丈夫です。

案外その方が相手は心配してくれますよ。

そこで新しい会話が盛り上がりますよね。

本当にラインする事が無かったなんてラインしても良いですね。

そこからランする事がないから何処か一緒に行かない?なんて誘うこともできますね。

毎日ラインすることが義務になってしまうと苦痛以外の何ものでもなくなります。

ラインはあくまでも連絡ツールや相手を知りたい自分を知ってほしいと思って活用するツールの一つです。

有効活用して相手とのより良い関係を築きましょう。

適切な連絡頻度を決める時に重視すべきこと

ラインは非常に便利で最近では多くの人が活用している連絡手段です。

その便利さや手軽さから毎日頻繁にラインを活用してしまう場合も多くあります。

人によって毎日ラインをくれることは嬉しく思う人もいますがその逆に毎日ラインをしてくる人を面倒な人だなと思う人もいます。

人に合わせてラインで連絡を取る頻度を決めることが相手との良い関係を築く近道です。

間違えてしまうと嫌われてしまう可能性もありますので注意して下さい。

1.相手の性格

毎日ラインをして良い人の性格とはどんな性格なのか分かりますか?

相手の性格を見極めることでラインの連絡頻度はどのぐらいが最適化なのか分かりますが、相手の性格を把握する事はなかかな難しいですよね。

一つの目安として軽くラインを相手にしてみて下さい。

相手とラインの連絡を交換した際にお互いに敬語でのやり取りならラインでも敬語で「今日は楽しかったです」などと軽いジャブをうって下さい。

連絡を交換した際にフランクな関係を築けた場合には口語口調で「めっちゃ楽しかった~」などと軽くジャブをして下さい。

この時に相手がスグに既読が付いて返信があれば毎日ラインをしても良い性格ですね。

なかなか既読が付かない場合や既読が付いても返信が遅い場合には毎日ラインをするのではなく何か連絡をする際や自分が相手にアピールをしたい時にだけラインをするようにして下さい。

ラインでの言葉使いも相手に合わせて変える事ができたらラインマスターに一歩近づけますね。

同じ相手でも急に言葉使いを変えることでアレ?っと相手に思わせる事もできますね。

最初のラインのやり取りから相手が毎日ラインしても良い性格か毎日ではなく必要な時だけのライン連絡した方が良いのか見極めることが大切ですね。

ラインでのやり取りもノリで返してくれる人や丁寧に長めの文で返す人とではやり取りを変える必要がありますね。

気軽にスタンプで会話できる人とスタンプや一言だけのやり取りを嫌がる人もいますので自分だけの感覚でラインをしてはいつの間にか嫌われてしまうなんてこともありますので注意しましょう!

2.相手の異性の好み

相手の異性の好みを把握する事は相手との距離を縮めるのには必要な事ですね。

相手の好みを把握するには相手に直接聞く方法や共通の友達などに聞く方法など沢山の方法があります。

相手の好みの異性を欄では得案じることは簡単にできます。

例えば会話の口調やかまって欲しい人にはちょっとした変化があった際には真っ先にどうしたの?て心配して上げる事で相手はいつの間にかあなたが必要な人になってしまいます。

気が付かない内に相手の懐に入ることができるんですね。

人によっては叱って欲しい人もいます。

だた、叱ってほしい人だからとただ怒るだけでは嫌われてしまいますね…
叱ってほしい=怒ってほしいと勘違いしている人が多いですがン手いて非なるモノです。

怒ってほしいわけでは無いんですね。

怒られるのは誰でも苦手です…怒られたくはないですよね。

では叱ってほしいというのはどういうことだと思いますか?

多くの人は何かを決める時や迷っている時などに叱ってほしいと思うのです。

例えば本当はやらなければいけない事があるのにやらなくて他の誘惑に負けてしまいやらなくてはいけないことをしないで遊んでしまうなど…そんな時に「やらなければいけないことがあるんじゃないの?」それをやってから遊ぼうよ!などと叱って上げる事が必要ですね。

ここで間違って怒る人は遊ぶなという事だけに怒るのです。

やらなければいけないことをしようよって叱る事が必要ですね。

あとは何にも無いのに怒ってほしいんでしょって些細な事で怒ってしまう人もいますね。

叱られたい人は間違っているかもと自分でも思っている時に叱ってくれて後押しをして欲しい人なのです。

あなたの叱責で正しい方に修正をして欲しいのです。

自分でも間違っていると割っているのですが甘えから間違った方や簡単な方へ行ってしまうのを修正して後押しをしてほしいのです。

少しのニュアンスの違いで相手に必要な人と思われるのかあの子怒ってばかりで嫌と嫌われるのかの分かれ目ですね。

相手の好みに合わせて自分を演じるのは良いのですが間違った演じ方をしてしまうと嫌われてしまいます。

それに気づかないでいると何で私はあなたの好みに合わせているのに嫌うの?ってひどい場合はストーカーになってしまう場合もあります。

過度な演技は必要ありません。

あくまで参考程度に相手の好みになれるように少しづつ取り入れて相手との距離を縮めていきましょう。

3.相手の仕事内容

相手の仕事内容によっては毎日ラインをすることがかえって迷惑となる場合があります。

仕事とプライベートと同じスマートフォンを利用している人とのライン派特に注意が必要です。

あなたとのラインのやり取りのせいで大事な商談が邪魔されてしまうなんてこともありますよ。

相手の仕事内容を理解してラインをする頻度やタイミングを見極める事も必要です。

毎日ラインをしたい場合には仕事が終わったよって相手から連絡があってからラインをするや朝起きて仕事の前にすぐにラインをするなどラインをするタイミングにも気を使いたいですね。

その気遣いで相手はあなたとのラインが快適に思ってくれます。

また、毎朝ラインをしているとラインが来ない日に心配になって一日中あなたのことを考えてくれて頭の中はあなたのことで一杯になってしまう状況を作ることもできますよ。

ラインを上手に活用して相手を虜にすることができます。

4.相手の生活リズム

人によって生活リズムは違ってきます。

当然なのですが自分汚生活リズムに合わせてラインを活用する人が多いです。

人によっては昼間に睡眠して夜に働いている人もいます。

そういう人にとっては昼間のラインは迷惑でしかありません。

大切な睡眠時間を邪魔されてゆっくり休むことができません。

相手がどんな仕事をしていて生活リズムもどうなのか把握する事は相手との距離を縮める事には必要不可欠ですね。

相手の生活リズムに合わせてタイムングよくライン出来たらお互いに気持ち良く良い関係を築くことができます。

自分勝手にラインをして既読が付かない事や返信しないことにイライラしては良い関係は築くことは出来る訳ありません。

自分勝手なラインではなく相手のことも思いやって理解したラインであれば相手も必ず分かってくれて良い関係を築けます。

5.連絡頻度=愛情ではないということを理解する

相手を思っているから毎日ラインをするというのはあながち間違いではないのですが、毎日ラインがないから相手からの愛情が少ないというのは間違っています。

毎日ラインが無くてもとっても多くの愛情を抱いている人も多くいます。

愛情表現=毎日ラインなどと考えてはいけません。

毎日連絡が無いから私のこと好きじゃないの?等と聞いてはいけませんね。

相手にしてはいけない質問の代表仕事と私どっちが大切なの?と同じ内容と思って下さい。

死後ともあなたも両方大切なのは分かっているはずです。

仕事をしなければ生活していけません。

あなたのことを大切に思うからこそ仕事も頑張れるのです。

そんな時にどっちが大切などと聞かれてはきょうざめです。

毎日ラインをしないと愛情が無い?というのも同じです。

だったら毎日ラインをしている人や一緒にいてもラインを頻繁にしている人の方が今一緒にいる好きな相手よりも愛情が沢山あるの?って事になってしまいます。

だったら今一緒にいる私よりその愛情が沢山ある人と一緒にいたら?ってなってしまいますよ。

好きだからこそ連絡を取って相手のことを知りたいと思うのは自然な事です。

しかしそれを相手にも強要して求めてはいけません。

あなたが相手の事を知りたい知ってほしいから毎日ラインをしているのです。

だったらあなたがしていたら自然と相手も答えてくれます。

自分がしたい事だから相手もしたいというのはエゴです。

人それぞれなのであなたが思っている事と違って当然です。

違うからこそ新しい発見や楽しさがあるのではありませんか?
愛情表現はラインだけではないはずです。

沢山の愛情表現はあります。

視野を狭くしないで大きな視野で見て下さい。

今前見えなかったことが見えて相手との距離がグッと近づくかもしれませんよ。

連絡が無い時に気を付けたいこと

相手から連絡が無いと心配になってしまいますよね。

今まで連絡があった人は特に…
しかし、相手にも都合があります。

いつも手元にラインを確認する状況にあるとは限らないのです。

連絡が無いからと言って催促や怒ってしまう事やイライラしてしまうことはありません。

連絡が無いのには必ず理由があります。

1.すぐ焦らない

相手から連絡が無いと何かしたのかなと焦ってしまう人もいますよね。

もしかしたら何かしてしまったのかもしれませんが、多くの場合はただ、連絡をすぐに返すことができない状況にあるだけです。

そんな時に焦ってラインで更に催促をしてしまう人…要注意です!

ラインで既読が付いていないのにラインで催促…何をしているのか分かっていますか?

相手が見ていないのに見ていないところで同じように催促しても見ていない状況は変わりませんね。

そこでさらに追い打ちで未読スルーですか…や怒り口調のラインなどで怒ってしまうと仕事や充電切れで連絡できなかった人からしたらどうですか?

忙しかっただけで未読スルーしてないのに勝手に怒って何この人…緒と距離置いた方が良いかも…なんて思われてしまいます。

最悪嫌われてしまいますね。

自分が同じ状況ならどうなのかな?と考えて下さい。

相手から連絡がない場合は催促をしたり怒るのではなく心配したラインを送ることが最適解です。

「いつもはすぐ返信来るのにどうしたの?」「体調悪いの?」「心配だよぅ(;´Д`)」などと心配ラインをおくって下さい。

心配ラインを送ったら暫く様子を見ましょう。

1.仕事で忙しいのかも知れない

ラインを返せないのには必ず理由があります。

仕事が忙しくてプライベートなラインは返せないだけなのかもしれません。

いつもなら仕事が終わっている時間でも仕事のトラブルなどで仕事中なのかもしれません。

そんな時に「仕事とっくに終わっているのに返信しないのはなぜですか?(#゚Д゚)」って怒ってはダメですね。

相手は忙しくお仕事しているのに仕事は終わっているって勝手に決めつけて起こっている…
そんな人と親密になろうとは思いませんね。

自分勝手な人とは今後の展開はあるはずありません。

相手の状況は分からないです。

勝手に決めつけてあなたのものさしで判断してはいけません。

相手には相手の都合があります。

相手を思いやる気持ちがあれば怒ることなく心配するはずです。

返信が無くて怒る人はもしかしたら相手に対してそこまで愛情は無いのかもしれませんよ。

他のことに執着しているだけなのかもしれません。

この機会に他の相手を見つける事も必要なのかもしれませんよ。

2.体調が悪くて寝ているかも知れない

連絡ができないぐらい体調が悪いのかもしれません。

心配な場合は新アピラインをおくってさらに共通の友人や同じ職場の人に「今日お仕事来てる?」「連絡ないから倒れてないか心配で(;´Д`)」などと送りましょう。

仕事で忙しいだけなら共通のその友達からこんなラインがきてたから返信してあげなよ!などと橋渡しをしてくれるかもしれません。

本当に体調が悪い場合には何かしてあげられるかもしれません。

相手を思いやる気持ちが大切ですね。

3.何か自分が怒らせるようなことをしなかったか考える

連絡が無い、既読が付かない場合もしかしたら相手がブロックしている場合もありますね。

何か思い当たることはありませんか?

意外と最近の人はブロックを簡単にします。

チョット気に入らないとブロック!なんてことも…

共通の友達などに連絡をしてみたり自分の行動や言動を思い返して怒らせるようなことは無かったか考える事も必要かもしれませんよ。

2.気になって何度も連絡をしない

既読がない場合に既読が無い事に対してのラインをしてはいけません。

既読が無いのに催促など何度も連絡をしても既読がつくことは無いですね。

迷惑でしかありません。

自分がされたらどうなのか冷静になって考えて下さい。

3.怒ってはいけない

連絡が無いことを怒ってしまって怒りラインをしてはいけません。

相手には相手の都合があります。

ラインができない状況や環境なのかもしれません。

ただ単に充電が無いだけなのかもしれません。

そんな時に怒りラインが沢山だとどうでしょうか…充電できてラインを開いたら怒ったラインばかりでは嫌になりますね。

嫌われて当然ですよ。

相手を思いやる気持ちを持ちましょう!

4.内容が重くなっていないか反省する

返信が遅い、無い場合ラインの内容をもう一度見返して下さい。

内容が重たく気軽に返せる内容で無いかもしれませんよ。

そんな場合は要件だけをたん手kにまとめた気軽な内容をもう一度送る事で返信がくるかもしれません。

他にも方法があります。

相手が返信できないのには必ず理由があります。

それは何も相手の状況だけでなくあなたのラインの内容そのものかもしれません。

返信が遅い場合には送ったラインをもう一度確認しましょう。

5.相手に依存しない

ラインをして返信がくることを当たり前と思わないことです。

既読が付いたら見てくれたと良しとする気持ちでラインをしましょう。

相手が返信してくれないとダメと思ってランしていては返信が来ない事がイライラなどのストレスの原因となってしまいます。

既読となってみてくれたら良しとしましょう。

6.ラインだけでなく電話も使う

ラインだけではなく相手の声を聴いての会話もするようにしましょう。

ラインのトークだけではお互い勘違いしたままの場合もあります。

電話も新鮮で相手との距離を縮めるためにはとても有効な方法です。

7.変わり映えしない内容ばかり送らないようにする

ラインの内容が毎日同じ内容になっていませんか?

毎日ラインをする事だけに執着してしまうと同じ内容ばかりでタダに義務になってしまいます。

それでは面倒なだけになってしまいますね。

来たから返信する、スタンプするだけの関係となってしまいます。

おはようや只今以外の内容は変化をつけて何もなければしないこともありですよ。

ラインはとっても便利で有効な連絡手段や恋愛ツールです。

上手に活用してラインマスターになりましょう!