いつだって笑顔でいたいとは思っていても、誰しもイライラしてしまうときはあるでしょう。

イライラしているときには、自分の神経が尖るだけではなく、周囲の人間を傷つけてしまうこともあるのです。

イライラの所為で周囲の人に迷惑をかけてしまっていることに気づいたときには、自己嫌悪がひどいという人もいるのではないでしょうか。

ここでは、イライラするときに、イライラを解消するためにできることをまとめました。

イライラする気持ちをゼロにするのは難しいかもしれませんが、

少しでも自分に合った方法を探して、イライラの気持ちを減らすことができるようにできれば良いですね。

1.運動をする

ストレスが溜まってイライラしているときには、運動をするのが良いでしょう。

身体を動かすと頭もすっきりしますし、汗と共にストレスも流れ出ていくのではないでしょうか。

元々運動が得意な人なら、スポーツジムに行ったり、趣味の仲間と一緒に楽しく運動をすることでイライラが解消されるでしょう。

スポーツが苦手な人はイライラを解消するのは難しいかもしれませんが、散歩に出てウォーキングをすることでストレスが解消されることもあるのではないでしょうか。

天気の良い日であれば、少し外に出て歩いてみるだけで、イライラが解消されることもあるかもしれません。

2.自然いっぱいのところにいく

自然にはイライラを解消させるような効果があります。

大自然の中にいると自分の感じているイライラがあまりに小さなものに感じることがありますよね?

その効果を感じるために、イライラしているときには自然一杯のところに行ってみてください。

小さな公園であっても、木があり、空気が澄んでいるようならイライラ解消効果がありますよ。

緑色はイライラ解消の効果がある

自然の中にある緑色はイライラの解消効果があると言われています。

あらかじめ、嫌いな人と接することが分かっている日、イライラしやすい業務が控えている日は、緑色の服をチョイスすると良いかもしれません。

イライラ解消効果としては、根本的な解決になっているわけではありませんが、

少しでもイライラ解消効果があるものを身に着けることで、伊達が緩和されるのではないでしょうか。

近くに自然がないときは緑色のものを探してみよう

知覚に自然がなく、突然イライラに襲われたときには、緑色のものを探してみることにしましょう。

小物やハンカチなどでも身に着けていると、少しはイライラが緩和される気分になるかもしれません。

また、普段から観葉植物のようなものを置いておくと、イライラした時に良いかもしれませんね。

都会で働いている方はそう簡単に自然の中には入ることができないでしょうから、身の回りのもので自然に近い色合いのものがないか探してみてください。

3.声を出してイライラを発散

声を出すとイライラを発散することができますよ。

イライラしているときには「大声で叫びたい!」と思うこともあるでしょう。

そんなときには、我慢しないで大声で叫ぶと、気持ちがすっとするのです。

ただし、どこででも叫んでよいというわけではありません。

場所と迷惑を考えて大声を出す必要がありますね。

カラオケで思いっきり歌おう

時間があるときにはカラオケで思いきり歌うというのが良いでしょう。

大声を出すことができますし、ノリの良い曲を歌っていれば程よくストレス発散することが可能です。

特に、イライラしているときには一人カラオケがおすすめですね。

誰かと一緒にいるときには、順番に歌わなければいけませんが、一人でカラオケに行っているときにはそんな配慮はいりません。

友達といるときには歌えないような曲も大声で歌うことができるでしょう。

4.ノートに悪口をいっぱい書いて発散

人間関係でイライラしているときには、ノートに思いきり悪口を書いて発散するという手もあります。

書くことは、自分の目で見て確認することができるので、普通よりも「イライラを発散した」と言う気分になれるでしょう。

また、そのノートを破って捨てることで、イライラの気持ちも捨てることができたような気持ちになれます。

人間関係でイライラしているときには、相手のことが嫌で仕方ないのに、良い顔をして付き合っていなければいけないからです。

悪口を言っては自分の方が悪者になってしまうので、そう簡単に人に愚痴を言うこともできずにフラストレーションがたまっていくということもあるでしょう。

そんなときには、使わないノートを悪口で埋めてみると良いのではないでしょうか。

誰にも見られないように!

ノートに悪口を書くと悪口がすっきりすることもあるでしょう。

ですが、そのノートを誰かに見られることがないように、そこだけは注意しなければいけません。

絶対に持ち歩かないようにしましょう。

また、寮生活などをしている場合には、鍵のかかる場所に保管する、書き終わった後にはシュレッダーにかけるなどの配慮が必要です。

人間関係に悩んでイライラしていたのに、そのノートが見つかってしまっては、さらに悩みが増えることになるでしょう。

人に見られるだけで人間性を疑われるようなものは処分してしまった方が良いのです。

誰にも見られることがないように、また、家族にもできる限りバレないように注意して保管するようにしてください。

5.思いっきり笑う

イライラと対照的なところにあるのが「笑い」です。

笑っているときには病気になりにくいなどと言われることもありますが、笑いにはそれだけの効果があるということなのです。

イライラしているときでも、思いきり笑うと気が晴れるでしょう。

苛立ちを持続するにはエネルギーが要りますが、大笑いをすると、そのエネルギーが切れて、

イライラしていた自分が馬鹿らしくなってしまったということもあるのではないでしょうか。

イライラしているときにこそ、笑ってストレス発散は、良いイライラの解消方法だと言えるでしょう。

好きなテレビやインターネットで笑おう

笑っていることでイライラを解消できるとは言っても、いら立っているときにはそう簡単に笑うことができるものではありません。

いら立っているのに、それとは対極にある笑いを浮かべることができる人などいるはずがありませんよね。

そんなときには、外部からの笑いを取り入れましょう。

自分の内面から楽しいものを生み出すことができない時には、何か面白いものを見ると良いのです。

例えば、好きなバラエティ番組を見る、インターネットで面白い話を読むなど簡単にできることでかまいません。

「面白い話」「面白い動画」で検索すると、色々な話を読むことができますよ。

6.睡眠をとる


イライラしているときには、何も手に着かないということもあると思います。

そんなときには、いっそ睡眠をとってみると良いかもしれませんね。

何も手に着かなくて何をやっても無駄な時なら、寝てしまっても同じでしょう。

特に、夜にイライラしてどうしようもないというようなことがあれば、早めに寝てしまった方が効率が良いかもしれません。

精神的に安定する

睡眠をとることで良いのは、しっかり寝た後には精神的に安定するからです。

精神が昂りにくい状態になるので、イライラしているときには良いのではないでしょうか。

しっかり寝た後に作業を再開することで、気持ちが楽な状態になるでしょう。

また、睡眠をとることで頭の中がすっきりします。

それは、寝ている間にも脳の中は働いており、寝る前にしていたことを整理しているからだと言われています。

何かに悩んでイライラしてしまっているときには、睡眠を挟むことで、論理的に物事を考えられるようになっているかもしれません。

目が覚めたときには、すっきりと「何でこんなに悩んでいたのだろう」と答えがすぐに出ることもあるでしょう。

また、寝不足だと余計にイライラしてしまう

寝不足の状態では余計にイライラするということもあるでしょう。

寝不足の状態が続いているのなら、そのときにはイライラが割り増し状態になってしまっている可能詩絵もあります。

普段よりイライラを感じやすい状態なので、それではなかなか苛立ちを解消することはできません。

寝不足の状態で物事を進めるのではなく、イライラしてどうしようもない時には、思い切って睡眠をしっかりとった方が良いでしょう。

7.深呼吸をしよう


イライラしているときには、深呼吸することも良いですね。

深く息を吸い込んで、吐き出すことを心がけてみましょう。

深呼吸は正しい方法ですることで、より効果を感じることができます。

まずは、緊張しすぎている身体の余分な力を抜くようにしてください。

深呼吸するときに、改まり過ぎて身体に力が入ってしまっている状態ではいけません。

できる限り、脱力して、程よく身体の力が抜けた状態を作ってみましょう。

その上で、深く息を吸い込んで、少し息を止めて吐き出すようにします。

息を止める時間は、大体20秒間ほどです。

意外ときついと思った人も多いのではないでしょうか。

本当に、ゆっくり十分なだけ息を吸い込むことができなければ、深呼吸はできません。

正しい方法での深呼吸を身に着けることで、イライラを緩和することもできるでしょう。

イライラしているときは呼吸が浅くなっている

イライラしているときには、神経が昂った状態なので、呼吸が浅くなっています。

それだけではなく、少しいつもより速めになっているかもしれません。

自分では気づかないかもしれませんが、深呼吸をするために息を吸い込むと、自分が浅く息を吸い込んでしまっていることに気づくのではないでしょうか。

深呼吸するだけの余裕がない場合には、自分の呼吸を自覚することも大切です。

自分の呼吸の早さを自覚して、速くなっているようなら、少しゆっくり目に深く呼吸をしてみてください。

浅く息を吸い込んでしまうと、息苦しいので次の呼吸が早くなってしまいます。

ドキドキしている心臓にゆっくりと酸素を届けるような気持ちで、深い呼吸を心がけるようにして下さい。

もちろん、深呼吸すると一番効果的ですが、呼吸を整えるだけで、随分と気持ちに余裕が現れるのではないでしょうか。

8.今していることと違うことをする

もし、イライラしているときに違うことをできるような状況なら、今していることと違うことをするということも良いでしょう。

どうしてもその場から逃れられない状況の時にはできませんが、今していることと違うことができる場合には、気を逸らすためにも違うことをしてみるのも良いかもしれません。

自分が現在置かれている環境がイライラの原因になっていることもあるので、行動を変えるだけでイライラの原因から離れることができるので、神経の尖りも収まるでしょう。

一時的に違うことをするだけでも、気分が晴れます。

ただ休憩を入れただけでは意味がないかもしれないので、今していることを忘れられるような違うタスクをこなしていると、イライラから逃れることができるのではないでしょうか。

イライラの持続時間は20分!

イライラの持続時間は基本的に20分間と言われています。

それ以上は、怒りを保つことも難しいでしょう。

起こり続けているのは辛いですからね。

そのため、イライラし始めてから20分間を乗り越えると、気分が楽になって吹っ切れるようになります。

つまり、その20分間のイライラを少しでも緩和すれば良いのですから、

イライラに気づいてから20分間だけ違うことを行ってみると良いということになるのではないでしょうか。

20分間だけなら、気晴らしに違うこともできますよね。

イライラが収まるまで部屋やデスクの掃除をする

イライラしていて、違うことをしたいときでも、そう簡単に違うことをできないような状況もあります。

あまり違うことに没頭してしまっては困るということもありますよね。

そういった場合には、イライラが収まるまで部屋やデスクの掃除をすると良いでしょう。

自分の周囲がすっきりすると、それだけでも随分と気分が変わります。

また、イライラの20分間を乗り越えることもできるので、掃除が終わるころには気持ちが晴れているでしょう。

部屋の掃除やデスクの掃除は必要に応じてしなければいけない仕事の一つなので、サボっているような感覚にもなりません。

イライラの解消にもなりますし、部屋の綺麗になって一石二鳥の方法だと言えるでしょう。