いつだって笑顔でいたいとは思っていても、誰しもイライラしてしまうときはあるでしょう。

イライラしているときには、自分の神経が尖るだけではなく、周囲の人間を傷つけてしまうこともあるのです。

イライラの所為で周囲の人に迷惑をかけてしまっていることに気づいたときには、自己嫌悪がひどいという人もいるのではないでしょうか。

ここでは、イライラするときに、イライラを解消するためにできることをまとめました。

イライラする気持ちをゼロにするのは難しいかもしれませんが、

少しでも自分に合った方法を探して、イライラの気持ちを減らすことができるようにできれば良いですね。

1.運動をする

ストレスが溜まってイライラしているときには、運動をするのが良いでしょう。

身体を動かすと頭もすっきりしますし、汗と共にストレスも流れ出ていくのではないでしょうか。

元々運動が得意な人なら、スポーツジムに行ったり、趣味の仲間と一緒に楽しく運動をすることでイライラが解消されるでしょう。

スポーツが苦手な人はイライラを解消するのは難しいかもしれませんが、散歩に出てウォーキングをすることでストレスが解消されることもあるのではないでしょうか。

天気の良い日であれば、少し外に出て歩いてみるだけで、イライラが解消されることもあるかもしれません。

2.自然いっぱいのところにいく

自然にはイライラを解消させるような効果があります。

大自然の中にいると自分の感じているイライラがあまりに小さなものに感じることがありますよね?

その効果を感じるために、イライラしているときには自然一杯のところに行ってみてください。

小さな公園であっても、木があり、空気が澄んでいるようならイライラ解消効果がありますよ。

緑色はイライラ解消の効果がある

自然の中にある緑色はイライラの解消効果があると言われています。

あらかじめ、嫌いな人と接することが分かっている日、イライラしやすい業務が控えている日は、緑色の服をチョイスすると良いかもしれません。

イライラ解消効果としては、根本的な解決になっているわけではありませんが、

少しでもイライラ解消効果があるものを身に着けることで、伊達が緩和されるのではないでしょうか。

近くに自然がないときは緑色のものを探してみよう

知覚に自然がなく、突然イライラに襲われたときには、緑色のものを探してみることにしましょう。

小物やハンカチなどでも身に着けていると、少しはイライラが緩和される気分になるかもしれません。

また、普段から観葉植物のようなものを置いておくと、イライラした時に良いかもしれませんね。

都会で働いている方はそう簡単に自然の中には入ることができないでしょうから、身の回りのもので自然に近い色合いのものがないか探してみてください。

3.声を出してイライラを発散

声を出すとイライラを発散することができますよ。

イライラしているときには「大声で叫びたい!」と思うこともあるでしょう。

そんなときには、我慢しないで大声で叫ぶと、気持ちがすっとするのです。

ただし、どこででも叫んでよいというわけではありません。

場所と迷惑を考えて大声を出す必要がありますね。

カラオケで思いっきり歌おう

時間があるときにはカラオケで思いきり歌うというのが良いでしょう。

大声を出すことができますし、ノリの良い曲を歌っていれば程よくストレス発散することが可能です。

特に、イライラしているときには一人カラオケがおすすめですね。

誰かと一緒にいるときには、順番に歌わなければいけませんが、一人でカラオケに行っているときにはそんな配慮はいりません。

友達といるときには歌えないような曲も大声で歌うことができるでしょう。

4.ノートに悪口をいっぱい書いて発散

人間関係でイライラしているときには、ノートに思いきり悪口を書いて発散するという手もあります。

書くことは、自分の目で見て確認することができるので、普通よりも「イライラを発散した」と言う気分になれるでしょう。

また、そのノートを破って捨てることで、イライラの気持ちも捨てることができたような気持ちになれます。

人間関係でイライラしているときには、相手のことが嫌で仕方ないのに、良い顔をして付き合っていなければいけないからです。

悪口を言っては自分の方が悪者になってしまうので、そう簡単に人に愚痴を言うこともできずにフラストレーションがたまっていくということもあるでしょう。

そんなときには、使わないノートを悪口で埋めてみると良いのではないでしょうか。

誰にも見られないように!

ノートに悪口を書くと悪口がすっきりすることもあるでしょう。

ですが、そのノートを誰かに見られることがないように、そこだけは注意しなければいけません。

絶対に持ち歩かないようにしましょう。

また、寮生活などをしている場合には、鍵のかかる場所に保管する、書き終わった後にはシュレッダーにかけるなどの配慮が必要です。

人間関係に悩んでイライラしていたのに、そのノートが見つかってしまっては、さらに悩みが増えることになるでしょう。

人に見られるだけで人間性を疑われるようなものは処分してしまった方が良いのです。

誰にも見られることがないように、また、家族にもできる限りバレないように注意して保管するようにしてください。

5.思いっきり笑う

イライラと対照的なところにあるのが「笑い」です。

笑っているときには病気になりにくいなどと言われることもありますが、笑いにはそれだけの効果があるということなのです。

イライラしているときでも、思いきり笑うと気が晴れるでしょう。

苛立ちを持続するにはエネルギーが要りますが、大笑いをすると、そのエネルギーが切れて、

イライラしていた自分が馬鹿らしくなってしまったということもあるのではないでしょうか。

イライラしているときにこそ、笑ってストレス発散は、良いイライラの解消方法だと言えるでしょう。

好きなテレビやインターネットで笑おう

笑っていることでイライラを解消できるとは言っても、いら立っているときにはそう簡単に笑うことができるものではありません。

いら立っているのに、それとは対極にある笑いを浮かべることができる人などいるはずがありませんよね。

そんなときには、外部からの笑いを取り入れましょう。

自分の内面から楽しいものを生み出すことができない時には、何か面白いものを見ると良いのです。

例えば、好きなバラエティ番組を見る、インターネットで面白い話を読むなど簡単にできることでかまいません。

「面白い話」「面白い動画」で検索すると、色々な話を読むことができますよ。

6.睡眠をとる


イライラしているときには、何も手に着かないということもあると思います。

そんなときには、いっそ睡眠をとってみると良いかもしれませんね。

何も手に着かなくて何をやっても無駄な時なら、寝てしまっても同じでしょう。

特に、夜にイライラしてどうしようもないというようなことがあれば、早めに寝てしまった方が効率が良いかもしれません。

精神的に安定する

睡眠をとることで良いのは、しっかり寝た後には精神的に安定するからです。

精神が昂りにくい状態になるので、イライラしているときには良いのではないでしょうか。

しっかり寝た後に作業を再開することで、気持ちが楽な状態になるでしょう。

また、睡眠をとることで頭の中がすっきりします。

それは、寝ている間にも脳の中は働いており、寝る前にしていたことを整理しているからだと言われています。

何かに悩んでイライラしてしまっているときには、睡眠を挟むことで、論理的に物事を考えられるようになっているかもしれません。

目が覚めたときには、すっきりと「何でこんなに悩んでいたのだろう」と答えがすぐに出ることもあるでしょう。

また、寝不足だと余計にイライラしてしまう

寝不足の状態では余計にイライラするということもあるでしょう。

寝不足の状態が続いているのなら、そのときにはイライラが割り増し状態になってしまっている可能詩絵もあります。

普段よりイライラを感じやすい状態なので、それではなかなか苛立ちを解消することはできません。

寝不足の状態で物事を進めるのではなく、イライラしてどうしようもない時には、思い切って睡眠をしっかりとった方が良いでしょう。

7.深呼吸をしよう


イライラしているときには、深呼吸することも良いですね。

深く息を吸い込んで、吐き出すことを心がけてみましょう。

深呼吸は正しい方法ですることで、より効果を感じることができます。

まずは、緊張しすぎている身体の余分な力を抜くようにしてください。

深呼吸するときに、改まり過ぎて身体に力が入ってしまっている状態ではいけません。

できる限り、脱力して、程よく身体の力が抜けた状態を作ってみましょう。

その上で、深く息を吸い込んで、少し息を止めて吐き出すようにします。

息を止める時間は、大体20秒間ほどです。

意外ときついと思った人も多いのではないでしょうか。

本当に、ゆっくり十分なだけ息を吸い込むことができなければ、深呼吸はできません。

正しい方法での深呼吸を身に着けることで、イライラを緩和することもできるでしょう。

イライラしているときは呼吸が浅くなっている

イライラしているときには、神経が昂った状態なので、呼吸が浅くなっています。

それだけではなく、少しいつもより速めになっているかもしれません。

自分では気づかないかもしれませんが、深呼吸をするために息を吸い込むと、自分が浅く息を吸い込んでしまっていることに気づくのではないでしょうか。

深呼吸するだけの余裕がない場合には、自分の呼吸を自覚することも大切です。

自分の呼吸の早さを自覚して、速くなっているようなら、少しゆっくり目に深く呼吸をしてみてください。

浅く息を吸い込んでしまうと、息苦しいので次の呼吸が早くなってしまいます。

ドキドキしている心臓にゆっくりと酸素を届けるような気持ちで、深い呼吸を心がけるようにして下さい。

もちろん、深呼吸すると一番効果的ですが、呼吸を整えるだけで、随分と気持ちに余裕が現れるのではないでしょうか。

8.今していることと違うことをする

もし、イライラしているときに違うことをできるような状況なら、今していることと違うことをするということも良いでしょう。

どうしてもその場から逃れられない状況の時にはできませんが、今していることと違うことができる場合には、気を逸らすためにも違うことをしてみるのも良いかもしれません。

自分が現在置かれている環境がイライラの原因になっていることもあるので、行動を変えるだけでイライラの原因から離れることができるので、神経の尖りも収まるでしょう。

一時的に違うことをするだけでも、気分が晴れます。

ただ休憩を入れただけでは意味がないかもしれないので、今していることを忘れられるような違うタスクをこなしていると、イライラから逃れることができるのではないでしょうか。

イライラの持続時間は20分!

イライラの持続時間は基本的に20分間と言われています。

それ以上は、怒りを保つことも難しいでしょう。

起こり続けているのは辛いですからね。

そのため、イライラし始めてから20分間を乗り越えると、気分が楽になって吹っ切れるようになります。

つまり、その20分間のイライラを少しでも緩和すれば良いのですから、

イライラに気づいてから20分間だけ違うことを行ってみると良いということになるのではないでしょうか。

20分間だけなら、気晴らしに違うこともできますよね。

イライラが収まるまで部屋やデスクの掃除をする

イライラしていて、違うことをしたいときでも、そう簡単に違うことをできないような状況もあります。

あまり違うことに没頭してしまっては困るということもありますよね。

そういった場合には、イライラが収まるまで部屋やデスクの掃除をすると良いでしょう。

自分の周囲がすっきりすると、それだけでも随分と気分が変わります。

また、イライラの20分間を乗り越えることもできるので、掃除が終わるころには気持ちが晴れているでしょう。

部屋の掃除やデスクの掃除は必要に応じてしなければいけない仕事の一つなので、サボっているような感覚にもなりません。

イライラの解消にもなりますし、部屋の綺麗になって一石二鳥の方法だと言えるでしょう。

9.自律神経のバランスを整える

イライラしているときには、自律神経のバランスを整えることを考えましょう。

イライラは、精神的な作用ですが、これには神経が深く関係しています。

イライラしているときに「神経が切れそう」というような表現をすることもありますが、これは、あながち間違っていないということですね。

自律神経のバランスを整えることで、神経が尖ってイライラしてしまうということも減ります。

イライラすることが多いという方は、神経的な働きが作用しているかもしれませんので、

あまりにひどい時には病院に行って薬を飲むことで、気持ちが収まるかもしれません。

ですが、軽いイライラの場合、突発的にイライラすることがある場合には、

自律神経の働きについて知ることで、少しイライラの緩和に役立てることができるかもしれませんね。

興奮状態をおさえる

自律神経の中でも、交感神経は、気持ちの高ぶりに関係しています。

緊張状態にあるときには自律神経が働いて、毛穴が開き汗が出やすくなります。

体温も上昇するでしょう。

ひどく何かに怒ったときや、緊張して手が震えると言ったときにも自律神経が働いています。

イライラしているときにも自律神経は働いているので、これは、緊張状態にあるときと同じだと言えるでしょう。

イライラしているだけでは、緊張状態と同じとは思えないかもしれませんが、どちらも自律神経が働いて興奮している状態にあるというのは同じです。

興奮状態にあり、神経が昂ってしまっているので、なかなかイライラを抑えることができないのです。

イライラを解消したい時には、まずは、自分が興奮状態にあるということを知って冷静になることが大切でしょう。

よく、イライラしている人が「私は冷静だ」といった意味のことを言うかもしれませんが、これは完全に間違っているということになりますね。

暖かい物を飲もう

自律神経の昂りを抑えて、興奮状態を抑制するためには、身体をリラックスさせることが大切です。

身体がリラックスしているときには副交感神経が働いています。

副交感神経は身体を休めるときに出るものです。

ですが、そう簡単に交感神経と副交感神経のスイッチを切り替えることはできません。

ですから、少しでもリラックスできるようなことをすれば良いのです。

例えば、温かい飲み物などはリラックスと結びつきますね。

暖かい飲み物を飲んで、少しでも興奮状態から冷静に慣れるようにすれば、

イライラを完全に解消することは難しくても、緩和することくらいはできるのではないでしょうか。

10.手のひらのマッサージ


イライラしているときには、思いきり、そのイライラを掌のマッサージに当ててみてはどうでしょうか。

何か物に当たってしまうという方は、特にこの方法を取るのが良いかもしれません。

イライラしているときに何かに当たりたい方は、エネルギーを力として発散することでイライラが解消できる人です。

ですが、物に当たってしまうと、周囲のものを破壊するだけではなく、周囲の人間との人間関係にひびを入れてしまうことになる可能性もあります。

ですから、フラストレーションやイライラを何か物理的な力に変えて発散したい方は、自分の掌のマッサージに力を駆ければ良いのです。

自分の手のひらなら被害もありませんし、マッサージをするだけなので、逆に頭がすっきりするかもしれません。

イライラに効くツボを押す

どうせマッサージをするのなら、手のひらにあるイライラのツボを刺激すると良いかもしれません。

力に変えて発散することでイライラを解消するだけではなく、ツボ押しによって解消することもできるので一石二鳥でしょう。

手のひらにあるイライラのツボは、手のひらの中心や、中指の指先に近い関節周辺、手の外側の付け根あたりです。

他にも、手のツボには様々なものがありますので、イライラした時に備えて手のひらのツボについて勉強しておくと良いかもしれません。

イライラを力に変えた時のエネルギーはとても大きなものですから、その力でツボを刺激すると、何か効果を得られるかもしれませんね。

11.人と話す

人と話すというのも、イライラしているときには有効な方法です。

イライラは、頭の中で色々なことを考えているときに起こります。

どうしようもないことを、どうにかしようとしているときなどにイライラする場合には、どうしたら良いのかをひたすら頭の中で考えているので、イライラするのです。

こういった場合には、頭の中がショートしそうになっている状態だと考えると良いでしょう。

考えることに集中しているので、頭がパンクしそうになるのです。

それがイライラの原因になるのです。

ところが、人と話しているときには、自分の頭の中で考えていることばかりに注意を払っているわけにはいきません。

人と話していることで、頭の中で考えていることから注意を逸らすことができるのです。

自分の思考ばかりに没頭していてはイライラから逃れることができませんが、人と話しているときには自分の思考から逃れることができます。

どうしてもダメだと言うときには、人と話すことでイライラを解消できるようにしましょう。

スキンシップを取る

人と話すときには、スキンシップを取るように他愛ない話で盛り上がることができると良いですね。

あまり難しい話ばかりをしていると、イライラが消えることはないでしょう。

イライラを抑えるためにも、軽いスキンシップのような楽しい会話をするようにしてください。

友達同士でのバカ話でも良いですし、同僚との気軽な会話でも構いません。

深刻なことを話し合うと、余計に神経が高ぶってしまいますし、頭の中が休まることがありません。

少しでもリラックスしてイライラを解消するためには、軽い会話で楽しむことが一番ですよ。

その人に当たらないように気を付けましょう

人と話すことでイライラを解消するのは、楽しい方法ではあります。

ただし、イライラしているときに人に当たってしまう傾向がある方は、人に当たらないように気を付けましょう。

イライラしているときには、他人の些細な言動が気にかかってしまうものです。

人と話すことで、余計にイライラが止まらないというようなこともあるかもしれません。

ですが、それでは、イライラを解消することはできないでしょう。

イライラしているときに人に当たってしまう傾向がある、余計にイライラしてしまうという方は、人と話す方法は試さない方が良いかもしれませんね。

その人との人間関係が壊れることもありますから、要注意です。

どうしても人と話してイライラを紛らわせたいという方は、自分のことを分かってくれて、イライラしてしまっているときでも受け入れてくれる親友のような相手と話すと良いでしょう。

イライラしているときに、誰でも良いからと仲のよくない人と話していると、余計にイライラが募ってしまうので注意してくださいね。

12.食べて気を紛らわす

イライラしているときには、まずは何かを食べて気を紛らわすということも良いでしょう。

特に、食べることが好きな方は、何か口に入れて頭の中で考えていることから気を紛らわせるようにして見てください。

そうすることで、しばらく時間がたつとイライラが落ち着くでしょう。

また、大好きなものを食べて気持ちが落ち着くという側面もあるので、

イライラしているときには、自分へのご褒美のつもりで美味しいものを購入するようにしてください。

逆に、イライラしているときに自分の嫌いなもの、美味しくないものを食べてしまうと、イライラは加速します。

「何てついていない日なんだ」というがっかり感が、イライラをネガティブで絶望的な感情に変えてしまうかもしれません。

これは精神状況としては最悪でしょう。

イライラしているときには、気になっていた新しい食べ物を試すのではなく、美味しいと分かっている自分のお気に入りの食べ物を食べるべきです。

美味しい食べ物で心の癒しを得ることは、イライラを解消するにはとっておきの方法ですね。

満足感が得られて落ち着く

美味しいものを食べて心が落ち着くのは、気持ちの中で満足感が得られるからでしょう。

イライラは神経的なものとかかわりがあります。

気が立っているときには交感神経が働いている状態にあります。

実は、交感神経は空腹の状態の時にも働きやすいのです。

交感神経が働いているときには、興奮しやすい状態にあると考えても良いでしょう。

逆に、リラックスしているときには副交感神経が働きます。

満腹状態の時にも副交感神経が働いており、満腹になると、神経的にも満足感を得られてリラックスしている状態になるのです。

そのため、美味しいものを食べるということは、自分から「嬉しいこと」を作ることでイライラを相殺するという効果だけではなく、

満腹になることで副交感神経を働かせて身体をリラックスさせるという効果にもつながるのです。

空腹のときはイライラするという人もいるでしょうから、神経をリラックスさせるためにも、

何か美味しいものを食べてお腹を満たすことはイライラの解消のためには絶対に必要そうですね。

13.客観的になる

イライラしているときには、自分を見失ってしまっている状態にあるとも言えます。

自分の状態を客観的に見つめ直してみると、意外と、そんな自分が滑稽に思えるかもしれません。

周囲のものに当たっている姿が醜く感じるかもしれません。

イライラして周囲に迷惑をかけてしまっていると思うときには、まずは客観的に自分の姿を考えてみるようにすれば、

少なくとも、周囲に迷惑をかけるような行為を抑えることができるでしょう。

ただし、この方法では、周囲への迷惑は抑えられても、根本的なイライラを解決することは難しいかもしれません。

イライラして醜い行動をとってしまう自分にいら立つというようなことも起こりますから、イライラが最高潮に達しているときには行わない方が良いかもしれません。

ただ、イライラしている原因や、思考を客観的に見つめ直してみるのは良いかもしれません。

イライラしている原因と、それに対する対処法を理論立てて考えることができれば、意外と焦燥感のようなものは減っていきます。

何かに対する焦りやストレスが原因でイライラしてしまっている場合には、まずは、イライラの原因について冷静に論理的に考えてみてください。

また、イライラしてしまう自分がどのような思考回路をしているのかを客観的に考えてみるのも良いでしょう。

意外と、下らない、もしくはありえないようなことを考えて、イライラしているのだということに気づくかもしれません。

客観的に自分のイライラを分析してみるのは、そうした意味でとても良いことだと言えるでしょう。

紙に書いて思考を客観的に見つめる

イライラしているときには、客観的に見つめ直すのは難しいかもしれません。

頭の中が沸騰している状態なので、普段はできるような理性的な思考ができないようになってしまっているのです。

そんなときには、頭の中で考えずに紙を使って書き出してみましょう。

髪に開いて自分の思考を整理してみると、複雑で面倒くさいことを沸騰した頭の中で考える必要はありません。

ただ、ブレインストーミングのように突発的に思ったことや、単語を書き出してみるだけで良いのです。

それだけで、頭の中で本当には何を考えているのかが分かるでしょう。

イライラしているときに客観的になるのが無理だという方は、ぜひ、紙とペンを用意してみてください。

紙に書き出された「自分の感情」を読み解いて見れば、自然と頭の中は冷静になっているでしょう。

また、そうして書き出したものを見ることで、自分の頭の中を分析することもできます。

イライラしているときにはおすすめの方法です。

さいごに

いかがでしたか?

イライラしているときには、そう簡単に気持ちを抑えることなどできませんよね。

ストレスやホルモンバランスなど、原因は様々にありますが、自分でコントロールできないからこそイライラするのでしょう。

イライラする自分にいら立ってしまい、負のスパイラルに陥ってしまう人も珍しくありません。

イライラしているときには、自分にいら立つのではなく、抑えるための方法を試してみることにしましょう。

自分に合った解消方法が見つかれば、苛立ちに無駄にする時間がなくなります。

イライラしているときには精神的にも辛いことが多いですが、少しでも抑えることができるように、自分で方法を探してみてください。

ですが、もちろん、イライラの原因を取り除くことができるように努力することも大切です。

緩和する方法を試しつつ、根本的な原因をなくすことができないか考えてみるのも良いかもしれません。

ずっとイライラしている状態が続いていると、精神的に疲れてしまうので、できればそういう感情を感じずに過ごすことができると良いですよね。