最近は不景気になって、収入について伸び悩む人が増えてきました。

ですので、昨今は貧困女子と言う言葉があるように、お金がない人がそんなに珍しくなくなってきました。

検索していても、「貧困」という言葉で検索をするといろいろな少ない収入で生活されている方のブログがあります。

それほどに困っている人が多いのですね。

もちろんうまくその少ない収入から生活されている方もいます。

その一方で、お金がうまく回すことができずに常にお金がない人もいます。

もちろん、収入が少ない人ばかりではありません。

普通に収入があるにもかかわらず、意外と何かにつけお金に困っている人もいます。

そのような人はどのような人なのでしょうか?

収入が少ない方でもその収入の中からうまく生活ができるように、

収入が多い方でしたらうまく貯金をしつつお金を回してお金に困らないようにすることこそが大切ですね。

お金がない!といつも困っていませんか?

皆さんは、お金がないと困っていませんか?

給料日前になると、スパゲッティーが増えるなど、食生活がとても貧困になっている事はありませんか?

非常にお金の管理が苦手な方の中には、電気が止まってしまった人もいるのかもしれません。

電気とまではいかなくても、携帯電話の使用を止められる人はそこまで珍しくは無いようです。

やはり、お金は、何かにつけ使うものですのでないと困ってしまいますよね。

その時は反省しても、ついついと言う方も少なくありません。

ではお金に困らないにはどのようにしたらよいのかということや、お金がない人の特徴などを色々と見ていきましょう。

もしかしたら、自分を改めるきっかけになるのかもしれません。

こんなにも?お金がない人の特徴

お金がない人と言うと、子供時代からお金がなくてそれが連鎖している人をイメージしがちですが、

意外にもそのような人ばかりではありません。

昨今は、高収入にもかかわらず生活がカツカツと言う人の内容も取り上げられています。

よく、掲示板を見ていても年収1000万円近くの収入があるにもかかわらず、お金がないと言う人がいます。

それはなぜなのかと言うと、その人の話を聞くと非常に納得がいくところがあります。

もちろん、税金の高さやお子さんがいれば医療費や手当の対象外になっているからそうなっている一面もあります。

ですが、やはり生活の仕方によるところが大きいです。

例えばお子さんは一般家庭だと公立の小学校や中学校に通うお子さんが多いですが、そのような方は小学校から私立に入れていることがあります。

普通の生活と一口に言っても、一般的な家庭の方の「普通」と、月収が1000万の方の「普通」では、「普通」の基準が違うのです。

このようなところから、お金がないと言うと、収入が低く貧困と言うイメージがありますが、必ずしもお金がない人は収入が少ない人とは限らないのですね。

一般的な家庭に生まれた

先ほども触れたように子供時代からずっと貧困な人ばかりではありません。

意外と一般的な家庭に生まれた方にも貧困の方が多いです。

大体、家庭の環境も関係するところが多いですが、親御さん世代の方は、バブルを体験していたり、年功序列がまだまだあったりと、

普通に頑張って働いていれば給料は右肩上がりに上がる時代でした。

ですが、今は日本は不景気に喘いでいます。

ですので親御さん世代と同じように生活をしていては、貯蓄を増やしたり、普通に生活することはままならなくなってきました。

昨今は、大学に行くために教育費をしっかりと貯めないといけないと言われていますよね。

ですが、昔はそれほどに国公立においても学費は高くありませんでした。

そして、大学の進学率もそこまで高くなく、特に女性に関して言うと寿退社が一般的だったということから、

短大を出てから一般企業に就職をしてそのまま専業主婦と言う方も多かったのです。

ですので親御さんをお手本にしていては普通にお金を貯めて普通の生活をする事は難しくなってきたのです。

節約ができない人

節約ができない人も、お金がなく困ることが多くなってきます。

確かに、経済観念が緩く、お金をガンガンと使ってしまうと言うことであれば節約が難しいところがあります。

衝動買いが多い人は注意が必要です。

ですが、そればかりではありません。

節約の仕方が下手な人もまたお金がたまりません。

例えば、食費を切り詰めると言う節約方法を行ったばかりに健康を害し、医療費がかかってしまったというような例です。

ただ食費を節約できればいいというものではありません。

極端な例ですが、100円のカップラーメンを1日3食を食べ、一か月31日間の食費が約9,000円位で済んだとしましょう。

ですが、健康を害することで働くことができないか仕事をセーブするしかなくなって収入が減り、しかも医療費がプラスでかかるということにはなれば本末転倒です。

見栄を張る人も

お金がない人といっても、収入が少ないとばかりではなく、収入が多い人であってもお金に困っている人が多いと言う話をしましたね。

それは見栄を張る人がこのようなタイプです。

例えばですが、確かに日本は他の国と比べると比較的格差が少ない社会ではありますが、住んでいる所によってやはり住んでいるタイプの人は違います。

例えばですが田園調布等でしたらお金持ちの人が多いですよね。

お金持ちの人が多くもしかしたらお子様も小学生から私立というような人もいるのかもしれません。

ですが、その人たちより収入がそこまで高くないにもかかわらず同じような生活をしようとすると、どうしても経済的にしんどくなってしまいます。

周りと比べて、引けを取るような生活したくないと思うがあまりに、いろいろなところで見栄を張ることでだんだんとお金がなくなってきます。

もちろんそれは子供がいる人ばかりではありません。

独身の方であっても周りの方が持っているからとブランド物を買おうとしたりすることで生活が苦しくなる事はよくあることです。

家庭環境が悪い人

また、家庭環境が悪い人もお金に困る人が多くなります。

家庭環境が悪いと、外で時間を潰すようなことが増えてきます。

例えばですが、仕事が終わって家にすぐに帰りたくがないがためにカフェに寄ったりすることありませんか?

カフェとまではいかなくても、スーパーなどに立ち寄って、ついつい何かを特にしようもないのに購入してしまうこともあるのかもしれません。

また、その心の隙間を埋めるためにショッピングでストレス発散をしたり、ゲームを課金するほどにのめりこんだりしていませんか?

そのように、なかなか家によりつきたくないとか心の隙間を埋めるための何かをしているがためにお金を使ってしまうことで、

それが積み重なってお金がなく困るような状態になることもあります。

使用している財布が適当

お金がない状態と財布はそこまで関係がない状態とは思いますが、意外にもそれは関係します。

買い物は、基本的に仕事帰りに購入するので著者が担当していますので、ついついやってしまいますが、

レシートを入れたら入れたきりで整理をせずにぐちゃぐちゃと言う事はありませんか?

最近はレシートだけではなく、ポイント券もレシートのような形で出てくるようなことがありますよね。

その時にレシートだけと言う状態だったら、そのポイント券をすっと取り出せないのです。

気が向いたときに財布の整理をしたときに、使用期限の過ぎたポイント券を見て、「あぁ、また損をしてしまった」と言う事はよくあります。

また、ポイントカードなどもいろいろなカードを使いすぎることによってお財布がパンパンになり、ポイントがたまりきらないようなこともよくあります。

ですので、そのようなポイントカード厳選するってことも大切です。

月収にこだわりを持つ人

月初にこだわりを持つと言うと、その月収の中からうまく生活していこうと自覚を持って生活している人と言うように思いますが、

意外にもお金が困っている人の特徴であるというから驚きです。

月収のこだわりの持ち方にお金がたまらないところがあるのです。

月収のこだわりにおいて、多く稼ぐことに趣をおくと、意外にもお金がたまらないところがあります。

それは何故かと言うと投資に例えると非常にわかりやすいです。

例えば、ハイリスクハイリターンだけど1回の投資で1億円稼げるのと、ローリスクローリターンでも

月々、20万円位コンスタンスに稼げる投資でどちらが魅力的かと言うと、

このようなこだわりの持ち方をする人は1回の投資で1億円稼げるほうに魅力を見出すところがあります。

この投資の例えは極端ですが、例えば就労においても、外資系の企業は年俸が高く魅力的に映りますよね。

ですが、外資系は日本ほど雇用関係が守られていないところがあり、結果が出せなければ容赦なく解雇されます。

ですので長く働けないから年俸が高いところがあるのです。

そのようなことを考えると、たとえ月収はそこまで高くなくても安定的にコンスタンスに稼げる方に魅力を見出す人こそが、お金に困らなくなることが多いです。

時間に投資ができない人

「時間の投資」と言うとなかなかピンとこない方も多いかもしれませんが、今、著者の関わっているライティングにおいても同じようなことが言えるのかもしれません。

やはり、ついついすぐに多く稼げる方を選んでしまいがちです。

ですが、やはり本当に大きく稼ぐには時間の投資と言うものも大切なのです。

例えばですが、たとえライティングの単価がそこまで高くなかったとしても、そこで経験を積み、知識を蓄えていくことでだんだんと信頼を勝ち得るところがあります。

そして、それをステップアップの足がかりに、だんだんと単価の高い仕事を取れるようになると言う人も多くいるようです。

ついつい簡単に稼げる方法を選んでしまったりすることもあるのかもしれないけど、

やはり、確実に身につけようと思うと、そのような時間に投資をして修行をする期間も大切なのかもしれません。

雇われるだけの人

確かに、自営業などよりかは雇われの身であることで安定的なところがあるのかもしれません。

でも、それだけではやはりお金持ちにはなりません。

著者は投資をかじっていますが、働いている収入は足し算方式で貯蓄をしていきますか、

投資は、それを元手にまた投資をすることでどんどんと利益が増えていき、掛け算のように利益が上がってきます。

少し検索すると出てきますが、複利投資について聞いたことありませんか?

出た利益の額をそれを使ってしまうのではなく、また投資に回していくことでどんどんと利益を取れる金額が大きくなっていくと言うのです。

うまくいけば、それで1億円位の資産を稼ぎ出すと言う人までいるようですよ。

ですので、雇われるばかりではなく、時には自分の資産や知恵を使ってお金を増やしていく.

投資のような方向性でお金を増やしていくことも考えられる人こそが、お金に困らず資産を増やしていくことができる人です。

収入口が一つだけの人

確かに、仕事に邁進し続けるのも良いのかもしれません。

ですが仕事と言うのは多くの仕事は働くことができなくなってしまえばもうそこから収入が途絶えてしまいます。

昨今貧困が非常に話題になっています。

その多くはそのたった一つの収入口の途絶えてしまった人に多いです。

それは病気であったり、親御さんの介護であったり、女性であれば出産や子育てであったりします。

ですので、「絶対に仕事辞めてはならない!」とは言われてはいますがどうしても辞めざるをえない時ってありますよね。

そんな時に、収入口が2つ以上ある人だともう一つの収入が助けになることがあります。

もちろん、作業することで収入を得ることができればそれが1番安心なのかもしれないけれど、

不労収益的にたくさんお作業は必要なく、ただお金が入るだけの収入口があれば、より安定します。

それは投資だったりネットビジネスだったりと様々です。

皆さんに合う方法探してみましょう。

時間を無駄に使う人

時間とお金は非常にリンクする関係です。

例えば著者の妻を専業主婦ですが、時間を多く使うために、仕事をせずにいてもらっています。

この多くの時間を、妻は家事や子育てに当てています。

ですので、お金に困っているということであれば、なるべく時間を使うようにしましょう。

確かに時には休憩も必要なのかもしれません。

ですが、このせっかくの時間を、お金を生み出すために使えば、将来お金に困らずに済むかもしれません。