遠距離恋愛からの遠距離結婚になったカップルは、上手く行くのでしょうか?

遠距離は、お互いの生活の様子かハッキリ分からないため、結婚生活で不安な面もたくさん出てくるのではないでしょうか?

今回はそんな遠距離結婚するための12個の方法や工夫についてお伝えしていきます。

遠距離でもきちんと結婚生活を楽しみ、またお互いを思いやれる環境に整えていくためにはどのようなことに注意をしたり心がけていくと良いのでしょうか。

遠距離結婚をうまく生かし、離れていても、お互いの生活面でもプラスになっていけるような遠距離結婚をしていけるといいですね。

遠距離結婚、あなたはできますか?

最近、ちらほらとよく耳にする「遠距離結婚」あなたにはできますか?結婚をし流れにして遠距離を保つと言う結婚スタイルです。

また、独身の時とは違い結婚することで責任も伴いますので、ヘタなこともできません。

結婚と言えば、夫婦2人が同じ屋根の下で共に生活し愛をはぐくみ家族団欒をしているイメージが強いかと思われます。

しかし、遠距離結婚の場合別々の屋根の下で夫婦が生活するためそれぞれの生活スタイルも異なることと考えられます。

このように、遠距離結婚をすることでメリットだと感じる人も中にはいるようです。

そんな、遠距離結婚をあなたはどう解釈しますか?

遠距離結婚と遠距離恋愛の違い


遠距離結婚と遠距離恋愛の違いは、やはり結婚するかしないかと言う大きな点で分かれます。

恋愛の場合には、お互いに責任は伴いませんが結婚することで、お互いに責任を伴うこととなります。

夫婦になると言う事は、カップルや恋人とは違い嫌になったら別れるや片方の勝手な都合で別れる事は簡単にはできません。

たとえ遠距離でも、結婚することにより法律上の問題や責任が伴うことになるのです。

さらに、恋愛の時とは違い金銭面や生活費などの自由がきかなくなることも考えられます。

また、最近では浮気の問題など世間でも非常に大きく叩かれるため万が一浮気をしてしまった場合にも結婚をしていたとなると、かなり大きい問題えと発展してしまいそうです。

このように、遠距離恋愛と遠距離結婚とは金銭面も含め随分違う形になる事はご理解いただけましたでしょうか?

遠距離結婚

遠距離結婚とは、夫婦2人が同じ屋根の下で暮らせるわけではなく、夫婦別々の場所で暮らすことを意味します。

また、遠距離なためすぐに会いに行ける距離ではありません。

例えば、奥さんが妊娠しており出産になる場合も遠距離結婚の場合出産する時刻に間に合わないことも考えられます。

さらに、遠距離であることから結婚している感覚が鈍ってしまうことも考えられます。

つまり、身近にパートナーがいないことで独身気分を味わう遠距離結婚の生活をしている人も多いと考えられるのです。

遠距離なため、相手からこちらの様子を伺うこともできないため、お互いに生活の真相がわからないところもあります。

また、結婚になると様々な保険に加入したり、将来の積み立て、また生活費の問題などお金の問題も絡んできます。

このように、遠距離結婚とは、遠距離恋愛とは大きく違いお金や責任が伴うことも十分に考えられるのです。

遠距離恋愛

では、遠距離恋愛の場合はどのような感じになるのでしょうか?遠距離恋愛の場合、結婚とは大きく違い責任やお金の問題も絡んで来ません。

そのため、自分で稼いだお金は自分の生活費や娯楽に使うこともできるのです。

さらに、恋愛の場合口約束が多いのでたとえその約束が守れなかったとしても恋人からの信頼を損なうだけで大きな法律上の問題などまでに発展する事は考えにくいとされています。

また、遠距離恋愛のため付き合っていてもふりーである感覚が抜けない人も多いようです。

このように、遠距離恋愛の場合、遠距離で恋愛をしますので責任やお金の問題といった面は問われないのです。

ただ純粋に恋愛を楽しみ、距離が遠いと言う問題以外はお付き合いしていることと何ら変わりはありません。

遠距離結婚のメリット・デメリット


それではここからは、遠距離結婚のメリットやデメリットについてお伝えしていきます。

遠距離結婚をするにあたり、どのような良いところがあるのか、またどのような悪いところがあるのかを一緒に考えていきましょう。

遠距離結婚の良いところ悪いところをきちんと見極め、遠距離結婚を行うようにするといいかもしれません。

結婚をしていても、遠距離恋愛と変わらないと思う人も多いかもしれません。

また、遠距離結婚をしたことで夫婦が仲良く入れる秘訣を理解できた夫婦も多いようです。

さらに、遠距離結婚をすることでマイナスになった面もいくつかあるようなのでこちらでご紹介していきます。

あなたが、遠距離結婚を考える理由はどのようなことから来ていますか?

その辺も踏まえ、遠距離結婚に関するメリット、デメリットをしっかり考えていきましょう。

メリット

では、遠距離結婚でのメリットをご紹介していきます。

遠距離結婚でどのような良いことが考えられるのでしょうか?

また、遠距離結婚になったことで夫婦の関係性はどのようになるのかもきちんと考えていきましょう。

遠距離結婚ではもちろんいいことばかりではありませんが、こちらでは遠距離結婚をしてよかったと思える意見をいくつか書き連ねていきたいと思います。

また、遠距離結婚することでどのような良いことがあるのか、またメリットやどのような効果が期待できるのかも同時にお伝えできればと思います。

このように、遠距離結婚でのいいことをよく加味した上で、素敵な遠距離結婚を考えていきましょう。

ストレスが少ない

一緒にいることがストレスになる結婚は、誰でもしたくありませんよね?程良い距離があるからこそいつまでも仲良くいられるカップルも多いはずです。

また、お互いに好きだけど距離が近くなりすぎることで喧嘩が多くなったり、お互いストレスに感じてしまったりするのであれば、いっそのこと遠距離の方がお互い気楽に生活していけると感じているようです。

結婚してからも一緒にいたいけど、ストレスになってしまうことが気がかりだと言うカップルも多いため、遠距離結婚と言う形が出来上がってしまったのかもしれません。

このように、お互いのことが好きだけど一緒にいる時間が長くなることでストレスが多くなってしまう場合、遠距離結婚することによりストレスが少なくなることが考えられるのです。

自分の時間がある

遠距離結婚することで、子供がいない場合自分の時間が十分にあるため、一緒に暮らすような結婚スタイルではなかなか自分の時間が取れないと言う方は、遠距離結婚がメリットなのかもしれません。

また、自分の時間があることで仕事に没頭したり、自分の趣味ややりたいことに専念できるため、遠距離結婚していることで気楽な結婚生活を送れているのかもしれません。

また、一緒にひとつ屋根の下で暮らすことを考えると、家事や洗濯、ご飯の用意まできちんとこなさなければならないので、そこが苦になってしまうような結婚生活であれば、いっそのこと遠距離結婚の方がうまくいくのではないかと考えるカップルは、遠距離結婚を選ぶ傾向にあるようです。

たまに会う時がとても嬉しい

大好きな人に、たまに会うことでとても新鮮な気持ちで過ごすことができそうです。

また、たまに会うときにドキドキ感やワクワク感も感じられるため、より相手のことをいつまでも好きでいられる気持ちも嬉しいようです。

遠距離結婚の場合、遠距離恋愛とよく似ている部分は、「たまに会う時がとてもうれしい。

」と言う部分はよく似ているのかもしれません。

このように、いつまでもラブラブで仲の良い夫婦でいるためには遠距離結婚の距離位がちょうど良いと言う夫婦も多いようですね。

たまに会えるからこそ、相手を大切に思ったり相手のことを大切にできると言う人も増えてきているため、毎日ベタベタ一緒にいるより相手のありがたみを感じたい人などが遠距離結婚を選択しているようです。

デメリット

それでは、ここからは遠距離結婚についてのデメリットに着目していきたいと思います。

遠距離結婚ではどのようなデメリットがあるのでしょうか?また、遠距離結婚で失敗した!と思うことをご紹介していきます。

確かに、遠距離結婚では良いところもたくさんありますが、もちろんデメリットである部分もよく知っておかなければなりません。

デメリットをきちんと理解しておくことで、遠距離結婚がさらにうまくやっていけるのかもしれません。

また、遠距離結婚でのデメリットを理解していなかったために、今のパートナーと別れてしまうことになってしまえば、それこそお互いに悲しい思いをしてしまうことになりかねません。

きちんと、遠距離結婚のデメリットについても頭に入れておくことで、より素敵な遠距離結婚での生活を送ることができるのではないでしょうか?

浮気の心配

遠距離結婚の場合、相手の様子を伺い知ることができにくい場合があります。

そのため、浮気の心配はいつもついてまわります。

そのため、会えないことにイライラしたり連絡が遅れた事でも心配になってしまうことが考えられます。

全く浮気の心配がない人であれば問題は無いのですが、やはり自分の知らないところで、自分の監視のいかない範囲の場所で、信じることができても、100%浮気をしていないと言う保証はありません。

このように、自分の見えないところで浮気の心配がある事は大きなメリットなのかもしれません。

生活費が倍

また、浮気の心配に続き生活費が倍になることで経済的苦労が考えられます。

離れ離れに住んでいることで、双方の家賃やローン等支払いながらの生活になりますのでかなり経済的には苦しい状況になることも考えられます。

お互いに裕福で、お金に心配のない家柄であれば問題は無いのですが、ほとんどの場合そのようにはいかないようです。

生活費が倍になることで、より働きに出かけなければならなくなってしまったり、生活費を稼ぐために掛け持ちをしたりすることも考えられます。

そこまでして、結婚する意味があるのか?と考えてしまう人も多いようですが、結婚した当の本人たちが納得しているのであれば、そのような生活も仕方がないのかもしれません。

子どもがいる場合の負担

例えば、子供がいる場合子供が負担に感じることも考えられます。

一緒に住むことで、子供のことが負担になってしまうのであれば、遠距離結婚の形をとるとことで、それが回避できることも考えられます。

また、子供が居る場合子供の環境をなるべく変えないためにも旦那さんの転勤があるときにそれについていくことで、子供も一緒に連れて行ってしまうことにより、子供の環境もがらりと変えてしまうことにつながります。

確かに、家族が一緒にいることがとても大事ですが子供の環境が大きく変わってしまう事は子供にとってはあまり良くない環境だと考える夫婦の場合にも遠距離結婚にならざるを得ない家庭もあるようです。

そもそもどうして遠距離結婚?

ではどうしてそもそも遠距離結婚になったのかを考えていきましょう。

遠距離結婚をしたくてしてる人はどうやら少ないようですね。

また、遠距離結婚を決めた背景にはどのような事情が考えられるのでしょうか?遠距離恋愛からの遠距離結婚はよくわかります。

しかし、結婚してから遠距離結婚になる場合やはりお互いが一緒にいるより離れて暮らすほうがうまくいくと言う判断が出たことも考えられます。

さらに、遠距離結婚になった原因を探っていくことで、夫婦仲や夫婦のこれからが少しわかってしまうことがあります。

遠距離結婚になったことでうまくいくことや、当然うまくいかないことも出てくることでしょう。

その時に、乗り越えられる力が2人にあるのであれば、きっと遠距離結婚はうまくいくのではないでしょうか。

キャリアのため

お互いの仕事のキャリアの為、互いに仕事が止められないと言う場合に遠距離結婚になることが考えられます。

さらに、今の時代女性もバリバリと働く時代になってきています。

そのため、結婚でキャリアを諦めてしまうのであれば、結婚もキャリアも諦めたくないと言う方が遠距離結婚になっても結婚したいと言う気持ちが強いのかもしれません。

また、キャリアのために今の仕事が止められない場合、転勤などの理由から遠距離結婚にならざるを得ないことも考えられます。

このように、お互いに社会でもかなりいいポジションにいる場合、お互いのキャリアのために遠距離結婚を我慢していることも十分に考えられるのです。

子供のため

また、転勤の多い職種の方であれば子供のために単身赴任しているご家庭も多いのではないでしょうか?

拠点となる家にマイホームを建て、さらに週末婚と言うような形で週末になると旦那さんが自分のマイホームに帰ってくると言うご家庭も多いのではないでしょうか?

やはり、子供連れての引っ越しなどの場合、せっかくできた友達とも離れ離れになってしまうことが考えられます。

また、この頃転勤するのであれば、また子供も一緒に転勤先ことになります。

そのことにより、子供の精神が不安定になってしまったりなかなか他人と馴染めない子になることも考えられるため、妻と子どもを残して、単身赴任が遠距離結婚では一番多いスタイルなのです。

親の介護のため

親の介護のため、互いに離れて生活をしなければならなくなった場合など遠距離結婚になってしまう事が考えられます。

旦那の親や自分の親にしても、介護が必要になってしまうことで、実家や義実家かれ離れた所で生活していれば、無論遠距離結婚になってしまう事は致し方ないのかもしれません。

このような背景からも、遠距離結婚になりたくてなったわけではない既婚者もいるのです。

子どももいない、親の介護も必要ない場合、独身のような生活ができているのとは訳が違うのです。

介護であれば、心身ともに疲れてしまう事が考えられます。

親の介護とは言え自分たちの結婚生活が遠距離になってしまうのは、少々辛いことも考えられるのです。

遠距離結婚をうまく成立させるためには?

では、どのようにすれば遠距離結婚を上手く成立させる事が出来るのでしょうか?

遠距離結婚のメリットやデメリットからも考えて、あなたが遠距離結婚を希望している場合、パートナーとはどのように過ごしていく事がベストなのでしょう?

遠距離結婚を上手く成立させるためには、お互いの信頼関係が最も大切になってきます。

まずは、しっかりとお互いの信頼関係を取り持つような心がけや接し方をしていきましょう。

距離があるために、ちょっとのことでは会うことが出来ません。

思いやりの言葉や態度

思いやりは何より大切です。

思いやりがなければ、遠距離結婚も続きません。

遠距離結婚でなくても思いやりがなければ、夫婦の絆ができず溝ができる係になるでしょう。

相手を思いやることこそ愛情につながり、また思いやるだけではなく思いやりの言葉や態度をきちんと取ることでその気持ちを相手に伝えることができるのです。

このように、思いやりの言葉や態度がないことで別れる夫婦はたくさんいると言うことを忘れないでくださいね。

思いやりが相手とコミニケーションをとる上で非常に欠かせないものになるのです。

きちんと思いやりの言葉や態度を相手に分かるように伝えることにより、相手もあなたからの愛情きちんと受け取りあなたのことを思いやる気持ちになるのではないでしょうか。

コミュニケーションを常に取る

近くにいても、離れていてもコミニケーションは大切です。

コミニケーションを常に取る姿勢を忘れないことで相手を思いやることにもつながります。

また、コミニケーションを常に取ることでお互いの状況を把握し、理解しているからこそ離れていても結婚生活が続けていけるのかもしれません。

きちんとコミニケーションをとっておくだけで、相手の心の繋がりを感じることができ、またお互いの信頼関係にも繋がるので、コミュニケーションは大切です。

ほんのちょっとしたことや、些細な事でもきちんと取っておくことで相手からの信頼を得られることでしょう。

また、コミニケーションを常に取ることで「自分だけ知らなかった。」なんてことがなくなるようになるでしょう。

たまには長く一緒にいる時間を作る

いつも週末だけ、一緒に過ごす週末婚だけでなく、たまには長く一緒にいる時間を作ることで、夫婦2人の絆を深くすることができます。

もし、時間とお金に余裕があるなら2人で旅行何かを楽しんでもいいですね。

このように、夫婦2人が長く一緒にいる時間を作ることで、日頃話せなかったことや相手を思う気持ちなど、言葉にして伝えたくなることも考えられます。

このような気持ちになることで、相手への絆や信頼が深まるだけでなく、愛情や好きな気持ちも蘇っってくる事でしょう。

また、たまに長く一緒に過ごせる時間を作る時に、素敵なデートプランを考えてみてはいかがでしょう?

きっと、相手を喜ばせるだけでなくお互いの愛情が深まる事が出来るでしょう。

隠し事はなくす

遠距離結婚の場合、隠し事はしない方がいいですね。

隠し事をしてしまう事で、相手からの信頼を欠いてしまう事があります。

浮気やギャンブル、お酒など…。

夫婦の間で隠し事をしてしまう事で、隠し事を隠しているつもりでも薄々相手にバレてしまう事もあります。

隠し事をしてしまう事により、相手への信頼を損なわないか不安になる気持ちも生まれるかもしれません。

このように、隠し事をしてしまうことで相手への罪悪感や隠し事がバレてしまわないかが不安により自分自身を苦しめる結果にもなりそうです。

また、隠し事をしてしまうことでお金周りが悪くなり、結局結婚相手に隠し事がバレてしまうことも考えられます。

何事も誠実に、遠距離結婚を過ごし相手に隠し事をすることがないよう努めていくことが大切なのかもしれません。

・・・年までと期限を決める

ダラダラと遠距離結婚を続けていても仕方がありません。

タイムリミットをきちんと決めておくことでお互いやりたいことを達成できることも考えられます。

このように、いつまでと期限を決めておくことで遠距離結婚をダラダラと延期する事はお互いに良くありません。

きちんと期限を決め遠距離結婚をする期間を設けることで、よりお互いの生活にメリハリをつけて目標に向かって突き進むことができるのではないでしょうか。

ダラダラと期限を設けずに遠距離結婚していたところで、いつでもできると言う甘えから、きちんと計画を立てることをしなかったり、タイムリミットがないことでダラダラした生活を送ることも考えられます。

きちんと期限を決めておく事はお互いのためになるだけではなく期限があることで目標をきちんと遂行できる計画も立てられるのかもしれません。

感謝の気持ちを忘れない

遠距離結婚でもお互いに結婚し幸せな状況なるなら、その状況も含め相手に感謝をし互いに感謝の気持ちを忘れないように過ごしていきましょう。

感謝の気持ちを忘れてしまうことで、相手を思いやる気持ちを忘れてしまったり、また自分の置かれた環境ありがたいと思う気持ちもなくなるのかもしれません。

相手に対していつも「ありがとう」と言う気持ちを忘れないことにより、遠距離結婚でもお互いのことを信頼し続けていけるのかもしれません。

最近、遠距離結婚で相手とうまくいっていないな…。

と感じる場合感謝の気持ちをきちんと口にし言葉で伝えてみることで、案外うまくいくことも多いのかもしれません。

離婚のことを考えない

遠距離恋愛も、遠距離結婚も相手の気持ちが途絶えたりわからなくなることで離婚を考えてしまったり別れを考えてしまうことも多いのではないでしょうか?

しかし、離婚のことを考えてもただ気持ちが加工するだけで何も変わらないのです。

離婚のことを考えるのであれば相手とどのようにすればうまくいくのかを考えながら生活していきましょう。

離婚を考える理由とはなんでしょう?相手と会えない期間が辛いなら、お互い歩み寄り一緒に生活できることを考えていくのが最優先なのではないでしょうか?

このように、離婚のことを考えてしまうことでうまくいかなくなることも多くなるのです。

離婚のことを考えても、気持ちは上昇しません。

離婚のことを考えるなら、離婚にならないようにお互いの心や気持ちを手繰り寄せる努力をしていきましょう。

会った時は性欲も満たす

会ったときは、きちんと性欲を満たすようにしましょう。

体のつながりがあるからこそ、心も許せるところがあるのです。

また、きちんとお互いに性欲を満たせないことで浮気に走ったり、他の異性が良く見えたりしてしまうことがあります。

きちんと会った時はお互いの心と体を確かめ合うように、体を重ねる事はとても大切なのかもしれません。

子供の話をする

普段子供に会えない分、子供がどのような状況なのかをきちんと話し合いましょう。

また、子供の将来についてやどのように進路を進めていくのかもお互いに考えてことが大切です。

さらに、子供がいない夫婦はどのタイミングで子供を授かるのかなども話し合いが必要です。

きちんと子供の将来を見据えた人生計画していくことで、より2人の関係も深まるのです。

子供として、2人の絆が深まる場合も考えられますので、ぜひお子様が見えるご家庭も、これからお子様を予定のご家庭も、積極的に子供の話を進めてくようにしていきましょう。

喧嘩は避ける

どれだけ相手に腹が立っていても、だけ相手が自分勝手だと思っていても喧嘩は避けるようにしておきましょう。

喧嘩をしてしまうことによりお互い感情的になり、言いたくない言葉や思いもしない言葉を言ってしまうことが考えられます。

お互い遠距離ですれ違いや、コミニケーション不足なども十分に考えられますが、喧嘩をしてしまうことでお互いにその溝がより深まってしまうことも考えられるのです。

喧嘩を避ける事は、我慢することにもなりストレスが溜まることにもつながるかもしれません。

しかし、相手の将来をきちんと見据えていつまでも一緒に生きて行きたいと思うのであれば、喧嘩は避ける方が賢いですね。

遠距離のことでストレスを溜めない

遠距離のことで、会えないストレスや、コミニケーション不足の為ストレスが溜まってしまう場合、他のストレス発散方法を考えていきましょう。

遠距離結婚の場合、遠距離恋愛と同じように相手のことが見えません。

また、お互いの生活スタイルが見えにくい中、ありもしないことを考えてしまったり、相手の浮気を疑ってしまうようであれば相手に執着しすぎていたり、考えすぎたりしていることが原因なのかもしれません。

悪いことをいつまでも体だと考えていても悪い考えの堂々巡りになってしまいます。

そのため何の解決にもなりませんので1人でも楽しめるストレス発散方法をきちんと考えていきましょう。

たまには旅行して羽を伸ばす

たまには2人で旅行し、羽を伸ばすことでストレスを発散することもできそうです。

また、旅行することで2人で楽しめる施設を訪れたり、素敵な景色を2人で見ることでより2人の愛情や絆も深まっていくことでしょう。

このように、たまには旅行して羽を伸ばすことで、お互いに遠距離のストレスをためないよう心がけてことも大切です。

また、旅行することで2人の思い出も増えより愛も深まり、また遠距離結婚の生活に戻っても、お互いにそれぞれの生活でがんばっていけるようになるのかもしれません。

また、旅行先など行きたいところをあらかじめお互いに決めておくことも大切です。

旅行の話を企画し、気持ちを盛り上げておくことも楽しい作業になるかもしれません。

遠距離結婚は簡単ではない!乗り越えよう!(まとめ)

いかがでしたか?遠距離結婚を経験した人ならよくわかるはずですが、遠距離結婚はそう簡単にできるものでもありません。

しかし、その夫婦の状況や環境により、遠距離結婚をせざるをえない場合も考えられます。

しかし、遠距離になってしまったことで気持ちも離れてしまうのではなく、遠距離になってもお互いの気持ちが離れないように心がけていくことが何より大切なのです。

離れている分、普通の夫婦よりコミニケーションや思いやりはとても大切なアクションになるのです。

ひとつ屋根の下で暮らす夫婦より神経を使うこともありますが、お互いの信頼関係を何より大切にしなければならないのです。

しかし、そんな遠距離をも乗り越えられる夫婦であれば、どんな障害でも乗り越えられる夫婦になっていけるのではないでしょうか。

どんな障害をも乗り越えられる夫婦であれば、それだけ夫婦の絆が硬く深い愛で結ばれている夫婦になるのではないでしょうか。