適切という言葉をご存知でしょうか?

適切というのは適度に合っているものと考えていただいて大丈夫です。

よく適切なものを選べという問題などを聞きますよね?それも意味は同じで、正しいと思うものを選べということになります。

基本的に人というのは適切なものと聞くと、睡眠時間などを思い浮かべたり、温度というものを思い浮かべたりすることが多いでしょう。

適切な距離感を保つなんていうことも恋愛をしている人にはあるのではないでしょうか?
適切というのは適当とは少し違い、その時にふさわしいものという意味があります。

例えば季節が夏であれば、その時にエアコンなどをつけるとします。

適切な温度はどれくらいだと思いますが、この時は低く設定するのが普通でしょうし、ドライなどをつけて湿気をなくしてから調整するという人もいます。

この時に逆に熱くしてしまうという人は早々いないですよね?自分からその様に設定するというようなことはないと思います。

その時に適切な温度はこれだ!と熱い状態では言えませんよね?ですがそれが適切だと思う人ももしかしたらいるかもしれません。

例えば風邪を引いてしまい寒いから部屋の温度をあげたという人もいるかもしれませんし、様々な理由があり人により適切の度合いが違ってくるのではないかと思います。

それが個性にも繋がり、適切なものというのが皆によりバラバラな感覚にもなるのです。

またそれが同じような人というのもいますよね。

恋愛であればその距離感のおかげで結婚ができたという人もいるのではないでしょうか?
恋愛というのも距離感が人により違うのでお互いの適切な距離を測るというのは難しいと思います。

この様に適切というのは様々なシチュエーションでは違った適切さになることもあるのです。

ではどの様なシチュエーションの場合適切なものはどれくらいなのかを詳しく見てみたいと思います。

あなたにとっての適切というのはどれくらいの距離であったり、物だったりしますか?

「適切」の度合いをつかもう!

適切な度合いというものを掴むことが大切です。

適切の度合いとは?と思う人もいるかもしれませんが、具体的には適切というのは人それぞれであり感覚というものが違います。

温泉などに入る時にとある人は温かい温度だと感じる人もいますが、とある人だと熱すぎると感じる人もいると思います。

皆がそれぞれ同じ温度で入ってしまうとその適切な温度というものではなくなりますよね?適切というのは人によりまずは違うということ。

そして「適正」という言葉や「適当」という言葉がありますが、これらとはまた少し違った考え方になるということ忘れないようにしましょう。

違いというものが必ずあるのです。

「適切」という言葉を最近使ったりしているという人、それはいつ使いましたか?

その時の基準などは覚えていたりしますか?

感覚的には自分はそうであっても他の人がそうでないということが多いのではないでしょうか?では詳しく「適切」という言葉についてまずは見てみたいと思います。

それぞれの「適切」というのはどの様なものなのでしょうか?

「適切」の基準とは?


適切の基準というのは人によりそれぞれ感覚が違うということをまずは覚えておかなくてはいけません。

例えばどんなにその人がこれが良いとあっても自分は違うとなればそれは適切なものではないということになります。

人により感覚というものは違いますし、環境などに関しても自分にあった適切な環境というものがあると思います。

皆が同じような生活をするというのはとても苦労することであり、合わせるということはとても難しいことですよね?

基準というのは決まったものですが、それは人それぞれが決めるということなのです。

なので無理にその人に合わせるというものがなく、皆は個性があり自由に生きていけるのではないでしょうか?

適切の基準とは人により違うということをまずは頭に入れておくことが大切になります。

簡単に言うのであれば、人により適切というものは違いますが、その違いというのは個人がいかに快適でいれるかということになるのです。

仮に全員が今を快適だと思えるのであれば、それは感覚が同じということになります。

ですが少しでも違和感を感じたり考えたりすることがあればそれは適切な場所というわけにはいかなくなるのです。

人それぞれ感覚が違う

人それぞれ感覚が違うということを忘れないようにしましょう。

例えば部屋の温度に対して「暑い」と思うのであればエアコンで低く設定すると思います。

ですがこれはあなたの考えであり感覚です。

他の人は同じように暑いと思っている人もいるかもしれませんし、逆に「寒い」と思っている人もいるかもしれないですよね?

その時にその人の適切というのは今の環境より更に暑くすることになるのではないかと思います。

ですが私達の適切というのは今の環境より寒くすることですよね?

この様に人というのは皆が同じ意見や感覚ではないということをまずは覚えておくことが必要になります。

仮に皆が同じような状況の場合は良いでしょうが、人というのは感じ方が皆違います。

よく勉強をしている時にも難しいと感じる人もいれば簡単に感じるという人もいますよね?感覚というのはそれほど大きく離れているので、全く同じだという人は早々いないものです。

仮に全て感覚が同じという人がいるとすれば情報などを共有することができ、それぞれの意思が適切へとなりますが、必ずしもそうではないということを忘れないようにしましょう。

快適になるのがその人にとっての適切


適切というのは快適になることです。

言うのであれば、その人が快適になる環境、動きというものがあり、それが一番の適切へと変わっていくのです。

例えば自分はこの距離感で生活をしたいと恋人に言うとします。

その恋人も同じように思っているのであれば、それはお互いに快適な生活を送れるということになるのです。

ストレスなどもなく、日々の生活を楽しむことができるでしょう。

しかしお互いが違った意見の場合には快適に送れるとは言えませんよね?仮に相手がこちらに合わせるとなっても、こちらは快適であっても相手は快適でなくなるかもしれません。

逆に関係などが悪くなってしまう可能性もあるのです。

適切な環境などというのは、相手も自分も適切でなければ、快適とは言えなくなるのです。

その様なことがあり結婚などに発展をするとよく考えてから決めるというようなカップルが多く、結婚してみたのは良いが意見の食い違いにより別の道を歩むことになるというところも少なくないでしょう。

快適になるのがその人にとっての適切であることは間違いないですが、その場所に1人という形では良いですが、相手がいるとなると少し考えなくてはいけなくなりますね。

適正とはどう違う?

適正とはどう違うのだろうと考えたことはありますか?適正というのは正しいということであり、適切とは少し違います。

正しいことというのは例えば適正な価格と書かれていればその価格で正しいということになります。

適正価格とよく言いますよね?

その値段で売って売れているということで、利益なども収入が良い状態のことを適正価格というようなこともあると思います。

適切というのは自分にあったもの、感じたことを指すことに対し、適正というのは完璧に正しいものを指すということになります。

あと適正と適性という言葉もありますがこの言葉も少し違いがるので間違えないようにしましょう。

適当とはどう違う?

適当というのはよく聞く言葉ですよね。

適当にするというような言葉でもこの漢字を使うかと思います。

適当というのはその目的に対して行う最適な行動ということです。

簡単に言うと今日は雨だから傘を持っていこうというのは適切などではなく適当な行動と言えます。

適当というのはその目的に対して合うような行動をすることを言うので適切とはまた違った意味になるのです。

様々なシチュエーションでの「適切」を考えてみよう

様々なシチュエーションでの「適切」について考えてみたことはありますか?

誰しもそのようなシチュエーションを考えているのです。

例えば睡眠時間はどれくらいなのか、適切な温度はどれくらいなのか、対応や運動はどれくらいなのかなど「適切」という言葉は日常茶飯事に聞いたり、使ったりする言葉なのです。

特に相手との「距離感」を測る際には適切な距離を保ちたいと誰もが思いますよね。

どんな事があっても距離というのは人により違いますし、相手に接する際にもどの様にすれば良いのか解らないという状態になることが多いです。

「適切」という言葉は、自分が快適であるということをお話ししましたが、その場合相手はどうなると考えることになるでしょう。

そこから最適な答えを出すという人もいると思います。

いろいろな適切があると思いますが、皆さんの適切はどのような距離だったり、時間だったりしますか?様々なシチュエーションを見つつその適切について見てみたいと思います。

1.適切な睡眠時間

適切な睡眠時間というものは人により様々だと思います。

例えば9時間寝るという人もいれば12時間は確保したいという人もいるでしょう。

人によりその体質で疲れなどが出たりストレスが溜まったりしますが、その原因として挙げられるのは睡眠不足です。

人により適切な睡眠時間というものがあるので、その睡眠時間をいかに取ることができるかが重要になると思います。

例えば適切な睡眠時間が9時間と思っていても本当は6時間だった、もっと寝なければいけなかったというようなことになる場合もあります。

それは個人の体質の差でもあるので、一番気付きやすい時というのは、その日何時間寝たかを計算してその1日の様子を見るということをすれば良いと思います。

仮に疲れているのであればもっと寝ないといけないとなり、逆に元気であればそれが適切な時間ということになるでしょう。

睡眠というのも人それぞれですが適切な睡眠時間というのは人によりバラバラなのです。

体質によって様々だが一般的には?

体質によっては様々あですが一般的には6時間から9時間とされています。

ですがここで注意することは二度寝をした合計の時間を数えないことです。

寝るとなった時に途中で起きてしまったり、二度寝をしてしまったりするというような人が多いと思いますが、1度寝て何時間寝ているのかが重要になることを忘れないようにしましょう。

一般的な睡眠時間は6時間から9時間ですが、9時間もずっと寝れるというようなことはできますか?直ぐにおきてしまうというような人もいるでしょう。

そんな時は足を暖めたりして寝ると効果が良いと聞きます。

安眠をするということであれば、その様な工夫も大事になり、それぞれの適切な睡眠時間に関わってくるのではないでしょうか?

2.適切な室温

適切な室温というのもありますよね。

例えば今の部屋が寒いとなった場合は温かくするためにストーブなどを置いたりすると思います。

でもそれはあなたがその様に思っているのであって、他の人達はちょうど良いと感じることもあるかもしれません。

そんなシチュエーションはありませんか?

その時の原因というのは着てる服の数にもよりますし、ヒートテックを数枚着ているという人がいるのであれば逆に暑くなったりするというようなこともあるでしょう。

適切な室温というのはその人にあった温度にすることが大切ですが、1人1人の要望を聞くことができないのが難点ですよね。

例えば授業中や会社での室温というのは一般的に皆の意見が多い方を取ることが多いと思います。

適切な室温というのも、例えば皆が暑いとなれば窓を開ける、寒いとなれば暖房をつけるというように決まっているところもあるでしょう。

また一切そのようなものをつけないという所もあると思います。

その様なところの場合は完全に自分でどうにかしないといけないですよね。

体温調整というものが必須になるでしょう。

適切な室温というのも皆が同じになるというのが難しいので、適切な室温にしたとしても全員が満足するというようなことが少ないかもしれません。

人が最も快適に感じる室温

人が最も快適に感じる室温というものがありますよね。

寒くもなく暑くもなく過ごしやすい温度というものが必ずあるのです。

これはどちらでも無いということは、快適にそれほど過ごしているということであり、無理に調整をする必要がなくなるということになります。

よく一人暮らしをしている人はこの様な環境になるシチュエーションがあるのではないでしょうか?

人が最も快適に感じる室温を一番に感じることができるのは、自分の部屋を持っている人であったり、一人暮らしをしている人に多いです。