普段友達と話をしている時や、家族と話しをしている時にコミュニケーションというものを自然と取っていると思います。

例えば楽しければ笑顔になったり、悲しかったり嫌な思いをすると暗くなったりするというような喜怒哀楽の表情などを出すというのもコミュニケーションの1つだと思うのです。

ですがこれだけではなく、普段からコミュニケーションを取る際に頷いているという人を見たりしませんか?よく友達なども頷いてくれるという人もいると思います。

頷くというのはとても良いことであり、頷いてくれるといつも話を聞いてくれると思ってしまいますよね?

この頷くという行為はコミュニケーションで重要な行動であり、相手のことを真剣に聞いているということもあるでしょうし、逆に単純に頷くだけであると聞いていない?と思われてしまうこともあるでしょう。

頷き方にも注意をすることが必要になります。

コミュニケーションを取る上でつい頷いてしまうという人もいると思いますが、それは決して悪いことではないのです。

むしろ良いことなので、是非コミュニケーションを取る際には継続して頷き、相手の話を聞くようにしましょう。

そしてその「頷く」という行為はいろいろとありますよね。

例えば何度も繰り返して頷いたりするという人もいるでしょうし、早く頷いたりする、1度だけという人もいると思います。

その頷き方というのは人の印象としても与えることができ、頷き方で本当に聞いているのか?と思われたりすることもあるのではないでしょうか。

自分は真剣に聞いているつもりでも相手からは不安がられたりすることがあるという人もいると思います。

では「頷く」というのはどの様な効果を相手に与えるのでしょうか?コミュニケーションをする際には必須にもなる「頷く」という行動ですが、その効果についてお話をしたいと思います。

よく頷いたりするという人や、全くそのようなことをしないという人も、是非目を通してみてください。

毎日、頷いていますか?

毎日頷いていますか?それは人によりけりだと思います。

例えば誰とも話す機会が無いという日々を送っているのであれば、頷くということはあまりないでしょう。

ですが1人暮らしをしている人でも頷くという行為をしている人もいると思います。

例えばテレビや動画などを見て「なるほど」と頷くという人もいるでしょうし。

友達との電話などでつい誰も見ていないのに「頷いてしまう」という人もいるのではないでしょうか?

頷くというのはとても良いことであり、相手の話を聞いているとついその行動をしてしまいますよね?何よりも反応をする際に頷くという人も多いのではないでしょうか?

「うん」と言いながら頷くというのはよくあることだと思います。

頷くというのは相手とのコミュニケーションをスムーズに取ったり、相手の気持ちをよく理解するといった際にとても重要な行動なのです。

普段から頷かないという人もいるでしょうが、ぜひ頷くということをしてみてはいかがでしょうか?しかし注意が必要な場合もあります。

例えば単調である頷きというのはふざけているようにも見えますし、適当な人だと思われてしまう可能性もあるからです。

頷き方で印象が変わるのが特徴ですが、その印象というのも頷くだけで解るので、是非マスターをしてみてはいかがでしょうか?

頷き方にもいろいろある


頷き方にもいろいろとあることはご存知でしょうか?

例えば1回だけ頷くという人もいれば何度も頷いたりする人もいると思います、1回だけだったり、何度も頷くという人は相手の話を良く聞いたりする人達が多いです。

常に自分のことではなく、相手の話を聞いて「なるほど」と理解するために1回だけ頷いたり、何度も繰り返し頷いたりするという人もいるでしょう。

またゆっくり頷くというのも相手の話を理解したり、決心する際にゆっくりになったりする場合もありますし、一人でいる時に頷いてしまうという人もいると思います。

頷き方は人それぞれですが、相槌とは違うということをまずは覚えておきましょう。

ではどの様な頷き方があるのか具体的に見てみたいと思います。

実際に頷いてみて自分はどの頷き方をしているのか確かめてみてはいかがでしょうか?

1.1回だけ頷く

1回だけ頷くというのは、相手の話をちゃんと聞いたり、全て相手が話し終わった際に1回だけ頷くという行動をするという人がいると思います。

1回だけでも頷くだけで相手も聞いてもらえたという気持ちになるのでコミュニケーションとしてはとても重要な行動なのです。

一番してはいけないことは「頷く」という動作を一切しないということです。

これは相手とのコミュニケーションにも関わることになり、1回も頷かないとなった時には本当に理解をしているのか解らなくなるからです。

頷くという行動は相手の話を聞くという行動ではとても良いコミュニケーション方法です。

いつも無愛想で何もリアクションがないとなった時は是非1回だけでも頷くようにしてみてはいかがでしょうか?

2.何度も繰り返し頷く


何度も繰り返し頷くという人もいると思います。

何度も繰り返すという行為は相手の話を聞こうとする姿勢でつい何度も頷いてしまうという人もいるのではないでしょうか?

また相手のことを考える人はよくこの様な行動をすると思います。

何度も繰り返し頷くというのは相手の話の1つ1つを理解して、整理をすることもでき、相手もちゃんと聞いてくれるという気持ちにさせてくれます。

単純な繰り返し頷くという人もいますが、その場合では本当に聞いているのかと逆に不安にさせるようなことにもなるので注意をするようにしましょう。

その場合は頷く頻度が多すぎるといったことが原因になると思います。

何度も頷くというのにも限度というものがあり、1分の間に何回も頷くというようなことがあると疑われても仕方ありません。

その話の区切りや終わりなどに対して頷くということであれば大丈夫ですが、頻度が多い人は注意をするようにしましょう!

3.ゆっくり頷く

ゆっくり頷くという人もいると思います。

ゆっくり頷くというのは相手のことを一通り話し終えた上で頷くというような人が多いです。

例えば何か言われた時でも返事をすると同時に頷くと思いますが、その時にゆっくり頷くことで本当に理解したと相手を思わせることができます。

またこのゆっくり頷くというのは自分の心情を表していることもあり、不安があるけど何とかやってみようという意味でゆっくり頷くということをすると思います。

不安なことというのは直ぐに顔に出たり行動に出たりするものですが、ゆっくり頷くというのもその行動に出る1つなのです。

返事をした時にいつもと少しでもゆっくりになると直ぐに気付くと思います。

ですがゆっくり頷くというのは本音で接しているということでもあるので、相手がどの様に思ったりしているのか、言ってくれた相手も真剣にこちらのことを受け止めてくれることでしょう。

コミュニケーションというのはとてもスムーズにとりたいものですが、このゆっくり頷くというだけで察するというようなこともあるので、普段あまり頷かないという人はゆっくり頷くということを覚えてみても良いのではないでしょうか?

4.速く頷く

早く頷くという人もいると思います。

早く頷くというのは、相手の話を急がせたりさせてしまう動作でもあり、少し印象的にはよろしくない動作です。

ですが、真剣な時にもつい動作が早くなり頷いてしまうという人もいると思います。

早く頷くというのは真剣な時にこそつい早くなってしまうものなので、相手にもその熱意などを伝える必要があります。

真剣な時というのはとても集中しているときで、聞き逃しの無いようにするといった際に早く頷いてしまうというようなことがあると思います。

その時は相手にもその熱意が伝わると思いますが、時には早く頷きすぎてしまい、大丈夫なのか?と不安にさせることもあるので注意をするようにしましょう。

5.ひとりでいる時に頷く

一人でいつときにもつい頷くという人がいるのではないでしょうか?これはテレビや動画などを見て同感してしまい独り言を呟く際に頷いてしまうという人もいると思います。

ですが共感できることに対して頷くというのは立派なコミュニケーションであり、これをマスターすれば様々な人と話す際に円滑にコミュニケーションが進むようになると思うのです。

よく何もジェスチャーなどをしないという人もいると思いますが、コミュニケーションで大事なことはどんな時でも反応をするということです。

例えば頷くというのも相手にとっては「聞いてくれている」と思わせる動作であり、これがひとりでいる時にも頷くとなれば、どんな時だって相手とコミュニケーションをした時でも頷くことができるという思考を取ることができます。

ひとりでつい頷いてしまうという人はそれを無くそうとするのではなく、是非継続をして続けて欲しいです!

6.聞いている振りをする時に頷く

頷き方にもいろいろありますが、聞いている振りをしている時に頷くという人も中にはいます。

ジェスチャーをして相手に伝えるというコミュニケーションはとても相手の印象に大きく与えることになりますが、本心というものが見えませんよね?

例えばよく八方美人という言葉を聞きますが、その様な人というのはどの様な性格か本当の姿はと解らないことが多いと思います。

聞いている振りをする際にとりあえず頷いておいて直ぐに話を切り上げようと思う人もいると思いますが、この様な頷き方もあるということを忘れないようにしましょう。

7.喋りながら自分で頷く

喋りながら自分で頷くという人もいると思います。

例えば「◯◯だと思うんだよ、うん」というような感じで、自分で喋りながら頷いてしまうという人もいるのではないでしょうか?

これは相手にも「こうだと思うのだけれど?」という疑問のような形で投げかけたり、再確認をする際に頷くという行為ですることが多く、相手もその様に受け取ることが多いのではないでしょうか?

特に再確認などの方では、お互いにどの様なスケジュールでいくのかなど、会社での仕事で喋りながら「はい」と相槌のようにではなく、頷いてしまうというような人もいるのではないでしょうか?

喋りながら自分で頷くというのは相手に対して言葉を投げかけている動作でもあるので、是非もっと喋りながた自分で頷いたりしてみてはいかがでしょうか?

度合いというものもありますが、基本的には頷くという行為はとても良い行為ですよ。

相槌とは効果が違う?

相槌とは効果が違うということを忘れないようにしましょう。

頷くというのは相手に対してする動作であり、その意見に対してなるほど、と思うことを頷くと言います。

相槌というのはそうだよね?と調子を合わせることを言います。

例えば「この様にいこう」とスケジュールを組んだ際に「わかりました」と返事をしたりすると思いますが、これはどちらかというと相槌になるのです。

少し難しいと思うかもしれませんが、簡単に言うと相槌というのは相手がいなければできない行為ですが、頷きに関しては1人でもできますよね?その様に考えてみると良いかもしれません。

よくどちらが正しいのかということもあると思いますが、相槌と頷きというのは似ているようで実は違うので、その意味をよく理解して使うように心がけましょう!

コミュニケーションにおける頷きの効果とは?

コミュニケーションにおける頷きというのはとても効果があるのです。

例えばコミュニケーションがスムーズになったり、話を聞いているという相手に対しての応えを示せることもあると思います。

相槌とは違いますが、頷くということをすることで、相手の機嫌を悪くさせないということもあるのです。

仮に頷くということをしなければ、相手からして見ると少し態度が悪いt思われたり、気分を悪くさせてしまうというようなことになりますよね?

折角向こうが話しをしているのにも関わらず自分は何もリアクションというものをしないとなればそれはとても相手に失礼です。

ジェスチャーという動作はとても相手のリアクションに対して反応できるものですが、頷くという行為もまたそれと同じような効果があるということを忘れないようにしましょう。

ではどの様な効果があるのか、コミュニケーションにおける頷きの効果について見てみたいと思います。

1.コミュニケーションがスムーズになる

コミュニケーションがスムーズになるというのはとても大事なことであり、頷くことによって更に円滑に進めることができるようになります。

リアクションというのはとても大事なことであり、例えば「なるほど」と思うことがあれば頷いたり「わかった」という言葉を言う際にも頷くというようなコミュニケーションがスムーズになったりするので、頷くというのはとても効果のあるものだと言えます。

また、頷くというのはコミュニケーションをする上では必須のことです。

頷かないでいると何もリアクションなどをしない返事をする人ということになり印象なども悪くなってしまいます。

頷くということをできる限りすることが大切になるでしょう。

頷かなければ相手は気分を悪くする

頷かなければ相手は気分を悪くするという可能性もあります。

例えどんなに親しい仲でも親しき仲に礼儀ありという言葉がありますよね。

頷かなければ相手は気分を悪くするでしょうし、本当に聞いているの?と疑問を持たれても仕方ありません。

コミュニケーションというのは一方的に取ったり、取られたりするのではなく、どちらもお互いに意見などを出しつつ交流をしていくことをコミュニケーションと言います。

例えばどんなに仲が良くても言葉に対しては返事をしてリアクションを取ったりしますよね。

それと同じで、頷かないというのは相手の気分を悪くするというような形になり、とても失礼だと思われることもあるでしょう。

頷かないという人がいるのであれば、少しはリアクションなどを取る際に頷いたりしてみてはいかがでしょうか?

2.話をきちんと聞いているという態度を示せる

話をきちんと聞いているという態度を示すことができるのも頷く効果の1つだと思います。

話を聞いているかどうかリアクションなどをしないと解りませんよね。

その時に頷いていることで相手も「聞いていてくれるのだな」という気持ちにさせたりすることができます。

また頷くというのは聞いているという態度だけではなく、自分もちゃんと考える際に不意に頷いたりすることもあるので、自分の考えなどをしっかりと導く際の動作にも使われることがあります。

頷くというのは自分に言い聞かせるときにもできる動作で、この様に相手に対しても態度を示すことができる動作でもあるので、是非頷くということを積極的に活用するようにしましょう。

3.相手の話す気持ちを助長する

相手の話す気持ちを助長するということも頷く効果の1つです。

相手の話す気持ちを助長するというのは、相手は話をしていいか解らない話題というのをいくつも持っていると思います。

その時にどこまで話せばいいか解らないという人もいるでしょう。

中にはここで話を止めようと考えている人もいると思います。

その時に相談をしたりする際に、相手の頷きを見てしっかり聞いてくれるのだなと思い、更にもっと言うようになる、相手の助けになるといことをしてくれるのも頷く特徴の1つです。

相手に返答をしてあげるというだけでも、相手からの悩みというのはとても楽になり解決へと導くこともできるのではないでしょうか?

普通の動作をしていると思っていても、必ずその効果というものがあります。

相手の話す気持ちを助長するというのはとても良い効果なので、頷くということをするようにしましょう。

4.表情を付けることでより同調の気持ちをアップさせることができる

表情をつけることで同調の気持ちをアップさせることができる効果もあります。

相手の話を聞くというのは頷くだけではなく、更なるリアクションができると思います。

決して相手の話を聞く際に無表情になるというようなことはないと思います。

例えば面白い話であれば笑ったり、悲しい話であれば泣いたり、真剣になったりと表情を変えたりすることができると思うのです。

頷くと同時にその表情を変えることで相手の同調の気持ちをアップさせることができ、更に深く相手のことを考えたりすることができるようになるでしょう。

相談などに関しては相手の気持ちになってという形でも良いと思います。

頷くだけではなく表情も一緒に変えるようにするとより効果が上がるのです。

5.単調な頷きは逆効果

単調な動きは逆効果になります。

単調な動きというのは繰り返しでひたすら頷いたりしているようなことを言います。

基本的にいい加減だと思われたり、ふざけているのではないかと思われてしまうこともあるので十分に注意をするようにしましょう。

単調な動きの頷きというのは表情などを見ても解ると思います。

例えば表情が加わるだけで同調の効果がアップしますが、ずっと単調な動きであると馬鹿にしているように見られますし、ふざけているのかと思われても仕方ありません。

何度も頷く際にその頻度が多いとその様なことになってしまうこともあるので、何度も頷くという人は注意をするようにしましょう。

聞いていないなと思われる

聞いていないと思われたりすることもあります。

折角相手が相談をしていて、ちゃんと聞いているという人でも単調であると相手から「もういいや」という形で途中で話を中断されたりするというようなことはありませんか?

この様なことが無いように注意することも必要になるのです。

ふざけているように見える

何度も同じ動作というのはときにはふざけているように見えたりすることもあると思います。

よく子供が同じ真似をずっとしているというのと同じ原理です。

頷くという行動も頻度が多く何度もしているとふざけているのだろうかと思われても仕方ないです。

相手を馬鹿にしているように見える

相手を馬鹿にしているように見えるということもあると思います。

別に自分はその様なつもりは無いのに、単調な頷きをしてしまい相手を怒らせてしまうということもあるのです。

6.相手に自分を覚えてもらえる

相手に自分を覚えてもらえるというのも頷きの効果です。

例えば初対面の人とコミュニケーションを取る際に、無愛想であればそのままで終わるでしょうが、リアクションをしたり、喜怒哀楽などの表情を見せると相手に覚えてもらう可能性が高いです。

それは相手にとって話しを聞いてくれたり、表情を変えて頷いたりととても印象深い人と見られるからなのです。

自分も相手のことを覚える際に、初対面なのに話を聞いてくれたり、リアクションなどを取ってくれると覚えたりしますよね?

良い人だったと思えるような人になりたいという人であれば尚更頷くという行為は重要になるでしょう。

印象を強く与えることができる

印象というのはとても強く与えることができます。

そのリアクションは行動次第で相手に印象を与えるので、それが濃いものであればあるほど相手もよく覚えてくれるようになるでしょう。

より効果的な頷き方

より効果的な頷き方というものがあります。

例えば表情を見せるというのも1つの方法ですが、「うんうん」と声を出しながら頷いたり、相手の目を見て真剣な表情で言う場合は相手からして見ると真剣に聞いてくれるのだなと思われたりするでしょう。

より効果的に頷くというのはリアクションを更に加えると考えてください。

「うん、うん」と声を出しながら

声を出しながら頷くというのはとても重要なことであり、相手の印象に大きく与えるものでもあります。

「うん、うん」と頷くだけでも相手とのコミュニケーションを取るにはとても重要なことであり、より相手と深く関わることもできるようになるでしょう。

いい加減な返事ではなく、ちゃんと声を出しながら頷くというのがポイントになります。

相手の目を見て真剣な表情で

相手の目を見て真剣な表情で頷くというのも効果的な頷き方です。

例えば相手が相談したいと聞いてきた時には真剣に聞いてあげたいですよね。

その時に目を見て真剣な表情を作るというのはそれほど相手に真剣に聞いてくれるという印象を与えてくれます。

楽しい話の時は笑顔で

時には楽しい話をしている時もあるでしょう。

その時に笑ったりしますよね。

その笑顔を積極的に出すということが重要になります。

リアクションというのは相手によく伝わるものであり、喜怒哀楽の1つでもある笑顔というのは相手も笑顔にすることができるものです。

よく楽しい話などをしている時に笑って話すと思いますが、その話というのも大事になるので覚えておくようにしましょう。

よく頷く人の特徴

よく頷くという人には様々な特徴があります。

例えば人の目を気にしてしまったり、真面目で熱心なタイプという良い特徴もあります。

また目立ちたかったりするような自己中心的な考えを持ったりする人もよく頷いたりすることがあると思います。

様々な特徴があるのでその特徴について見てみましょう。

1.人の目を気にするタイプ

人の目を気にするタイプというのはよく頷く特徴の1つです。

気になることがあるとそれに対して直ぐに聞きたくなったり、調べたりするという気持ちが強くなりますよね。

その時に納得することがあれば「なるほど」と思い、頷いたりすることがあると思います。

またその人の話を聞いていて興味があるものであればよく頷いたりするのではないでしょうか?例えば共通の趣味などが良い例です。

人の目を気にしたりする人はいろいろな人の目を気にしてしまうので、普段は気にしないようにしていても不意に頷きが多くなったりするというようなこともあるのではないでしょうか?

2.真面目で熱心

真面目で熱心な人も頷くことが多いです。

これはその事に関して興味や関心があるという表れでもあり、熱心であるということは、その事についてもっと知りたいという意味でもあります。

頷いて聞いているというのであれば、それについてもっと知りたいという意思表示でもあるので、真面目で熱心な人はよく頷いてしまうのもあるでしょう。

3.相手を気遣う

相手を気を遣うという人もよく頷いたりします。

相手にどの様なことがあったのか、どうしたのかと心配をしたりする人は常に受け身の状態になってしまいがちです。

その際によく頷いて相手の話を聞いたりするというようなことが多いのではないでしょうか?

4.相手の意見にすぐ賛同する

相手の意見をすぐに賛同するという人もいると思います。

例えば相手が言っていることが正しいとすぐ賛同して頷くという人もいるのではないでしょうか。

基本的にその様な人の特徴としては、ミーハーな人達にも多いと思います。

時代の流れに乗るということで、その人の意見や様々な意見に賛同しやすくなり、頷くということが多くなるのです。

5.受け身のタイプ

受け身のタイプの人もよく頷くと思います。

これは受け身のタイプであればあるほど、相手の意見を聞いたりするということが多いということになります。

自分の意見は出さずに相手を尊重したり、自分の本心をあまり言えないという人に多い傾向があると思います。

【受け身になりがちな人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

6.目立ちたいタイプ

目立ちたいタイプもよく頷く人の特徴です。

目立ちたいタイプというのは受け身のタイプとは違い積極的ですよね。

積極的というのは物事に対してどのことに関しても積極的であり、例えば「リーダーになって活躍をする!」という様な人なども実は頷くことが多いのです。

それはそうなりたいという理由があり、それに対して様々な経験をするからです。

経験というのは自分が経験したことないことを体験することで、目立ちたいタイプも頷いてしまうことが多く、同感するということも多いのではないでしょうか?

7.優等生タイプ

優等生タイプの人もよく頷く人の特徴です。

考えがよく、説明などを聞いて「なるほど」と思ったりすると直ぐに頷いたりするのではないでしょうか?

よく水族館などの生物の説明などを見たり、美術館でじっくり見たりする人がいると思いますが、その様な人達も頷く回数が多いと言えるでしょう。

頷くことで好印象!意識してみて

頷くことで好印象を持つことができます!

またコミュニケーションをする上では様々な効果を発揮することができるので、頷くことを意識してみてはいかがでしょうか?

相手の人から信用されたり、印象を与えたりと頷くということをするだけでとてもイメージというものが変わるようになるのです。

あまり頷いていないという人は是非毎日1度は頷いてみてはいかがでしょうか?