皆さん、毎日生き生きと過ごしていますか?

「イエス」と答えられたかたは、仕事もプライベートも充実した日々をお過ごしなのでしょう。

実にうらやましいですね。

しかし、中には「ノー」と答えられたかたも少なからずいるはず。

どうすれば、プライベートを充実したものに出来るのでしょうか?

そこで今回は、”ライフスタイルを華やかなものにするために、プライベートでやりたい26個のこと”をご紹介してまいります。

️毎日同じライフスタイルだとつまらない

「起きて・ご飯を食べて・仕事(あるいは家事・育児)して・寝る」「毎日毎日、同じことの繰り返し」
「あーあ~、つまらないなぁ…」「もっと刺激が欲しい!」
そんな独り言が口から漏れ出るようになったら、それって危険信号かも…!

ほんのちょっと立ち止まって、自分の今のライフスタイルを見直してみませんか?

ライフスタイルをオシャレにしてみない?


芸能人みたいに、ド派手でゴージャス~!…とまでは行きませんが、オシャレでステキなライフスタイルを作り上げることは可能です。

あなたにやる気さえあれば、明日からでも作り上げられるのです。

️ライフスタイルを華やかにするためにやりたい26個のこと

さて、それでは早速、元気なくしおれたライフスタイルをパッと華やかに、生き生きとオシャレにするために、あなたが今すぐに実行できることを、どどーんと26個ご紹介しましょう。

ウォールステッカーを貼る

お部屋の中が、なんとなく殺風景で寂しい。

そんな代わり映えのない風景に、飽き飽きしているのなら、壁にウォールステッカーを張り付けてみてはいかが?

生活雑貨店ではキュートでポップな物からシックな物まで、幅広いウォールステッカーが販売されています。

そう言えば、ついこの間100均で可愛いウォールステッカーを見かけましたよ。

いきなり高いステッカーを買うことに抵抗を感じている人は、100均のプチプラウォールステッカーから始めてみると良いでしょう。

お部屋の雰囲気が変われば、あなたのモチベーションがアップしちゃうかも!?

お菓子をビンに詰める

お菓子をビンに詰めてお部屋に飾る。

たったコレだけでも、お部屋の雰囲気はパッと可愛く変化しますよ。

しかし、佃煮やメンマなどの小ビンでは、キュートとは言いづらい見た目ですし、中に詰められるお菓子の量も限られてしまいます。

出来れば、見た目がオシャレで可愛い、ちょっと大きめなビンを用意して下さい。

中に詰めるお菓子は可愛い物を!

筆者宅にも、お菓子の詰まったビンがキッチンカウンターに3つ並んでいますが、その中身はと言うと、1つはカラフルな個包装ラムネ。

もう1つは棒付きキャンディー。

そして最後の1つはミックスナッツです。

ただお菓子をビンに移し替えただけなのに、とても可愛らしくオシャレに見えるので、友人が遊びに来ると必ず「可愛い~!」「私もやろう~」と褒められます。

なんだか自分がオシャレになったような気がして、鼻高々!

英文字&動物型のビスケット・プレッツェル・コーティングされている粒チョコレート・カラフルなボールガム・グミなどなど、お部屋の雰囲気に合わせて、ビンに詰めるお菓子も選んでみると良いでしょう。

花を飾る


昨今、生花を自宅に飾る人は少なくなっているそうです。

それもそのはず。

だって、毎日お水を替えたり、弱った部分を取り除いたり、場合によっては切り花用の栄養剤を入れたり、と細々としたお手入れが必要なのですから。

筆者宅でも、つい最近成り行きで生花を頂いたのですが、そのお手入れの面倒さにちょっと手を焼いたほど。

でも、だからこそ”その七面倒なお手入れを、さぼらずに行える自分”に新鮮さを覚えたり、愛情が湧くこともあるのです。

美しく輝く花達を毎日丁寧にお世話していけば、いつしか自分自身も生き生きと輝くでしょう。

柄付きのトイレットペーパーにする

倹約家の筆者は、もっぱらお安いトイレットペーパーに目が行きがちで、柄付きのちょびっとお値段高めなペーパーに浮気したことは今まで一度もありませんでした。

しかし、おトイレの壁もペーパーもぜーんぶ真っ白けなんて、やっぱりちょっと殺風景で、「さぁ用を足そう」とトイレのドアを開けた瞬間に「おトイレの中、真っ白だな…」と、なんだか淋しい印象を受けますよね。

たまには思い切って柄付きのペーパーを購入して、おトイレに新しいカラーを取り入れてみるのも良いでしょう。

可愛い柄付きペーパーで、あなたに大きな運が付くかも!?(笑)

キッチン用品を可愛く揃える

お料理をする際に、「キッチンツールを後から後から買い足して見た目が揃ってなくてバラバラ~!」なんてこと、よくありますよね。

統一感がなくて、なんとな~く可愛くない…。

まるで実家のキッチンを見ているような…(笑)

これじゃあモチベーションどころか女子力も低下しかねません。

いつも使うキッチンだからこそ、可愛くしなくては!

プチプラキッチンツールを買うならココ!

天下の100均(セリア・ダイソー)はもちろんのこと、3COINS(スリーコインズ)、無印良品、ニトリなどでも可愛いキッチンツールが一通り販売されています。

統一感のある可愛いキッチンツールで、クッキングライフにも華やかさをプラスしてみてはいかがでしょうか。

オシャレなお皿に盛り付ける

キッチンツールときたら、お皿などの食器にもちょっとこだわりたいですよね。

こちらも、先述した生活雑貨用品店などで、カラフルでオシャレな物を中心に販売されています。

オシャレで可愛くて、気分の盛り上がる食卓になること間違いなしです!
自分だけでなく、彼や旦那さん、お子さんにも、きっと喜んでもらえるはず。

アロマを焚く

アロマを焚くのに必要な道具を揃えるために、少々の初期投資はかかりますが、手に入れた後にはステキな毎日が待っていることでしょう。

アロマを焚くディフューザーにも、ポット型やランプ型、超音波型などの違いがありますので、個人の好みでじっくり選んでみて下さいね。

ビンにオイルを入れ、さらにスティックを立てて入れ、そのスティックがオイルを吸い上げて空間に香りを放出するタイプのディフューザーも、お手軽に香りを楽しめるとして人気があります。

アロマの効果は無限大!

好きなアロマの香りを胸いっぱいに吸い込むと、気分が華やいでウキウキしてきたり、心穏やかな時間を過ごすことができたり、様々な効果をもたらします。

ちょっとリッチに気分を盛り上げたい時にも、アロマは欠かせないアイテムですよ。

お試し下さい。

コーヒーメーカーを買う

コーヒーメーカーで入れるコーヒーは、インスタントのコーヒーとはまた違ったリッチでラグジュアリーな味わいを楽しめます。

美味しいコーヒーをただ飲んで楽しむだけでなく、必要な道具やコーヒー豆にこだわるのも、非常に楽しく乙(おつ)なもの。

カップ&ソーサーだって、可愛い物を買いたくなっちゃう!

コーヒー専門店巡りも楽しい!

より美味しい豆を求め、仕事帰りにコーヒー専門店でお買い物♪…なんて、想像しただけでもオシャレですよね。

購入した豆を、ビンに詰めて(先述した、【お菓子をビンに詰める】参照)キッチンに飾っておくのもステキ!豆の産地ごとに分けてビン詰めし、可愛いネームラベルを貼っておけば、まるでコーヒーショップのよう。

ホームベーカリーを買う

自宅で美味しい手作りパンを簡単に焼けるホームベーカリーは、暮らしを豊かにしてくれます。

ホームベーカリーを使っているという友人に話を聞いてみた所、「スーパーの添加物だらけのパンを食べたくなくて、ホームベーカリーを購入して使いだした。

不器用な自分でも簡単にパンを焼けるので感動する。

粉などの材料にもこだわれば、店にも負けないパンが焼ける」のだそう。

焼きたてのパンの香ばしい良~い香りで目覚める朝。

それを胸いっぱいに吸いこんだあなたの心には、きっと幸せが満ちていくはず。

コーヒーメーカーで入れた美味しいコーヒーに、完全無添加の焼きたてパンという最強コンボで、今日と言う日の活力が見る見る漲って(みなぎって)くるでしょう。

間接照明をつける

お部屋の中をパっと明るく照らすものは直接照明と呼び、穏やかな灯りを壁に反射させ、お部屋の雰囲気をムーディーに演出してくれるものは間接照明と呼ばれています。

間接照明でフワッとムーディーに!

直接的な明るさは無いものの、その柔らかな灯りは、人の気持ちを和らげたり、気分を盛り上げたり出来ます。

日中よりも暗く、気温の下がる夜は、間接照明の灯りを眺めるだけで「家は温かいな」「家に帰ってきたな」と、ホッと一息つけるとして人気が高まっているようです。

お部屋の中にちょっとしたスペースを見つけたら、そこに間接照明を置いてみて下さい。

お部屋の雰囲気が、フワッと変わるかも知れません。

季節アイテムを飾る

夏のある日、たまたま訪れた知人の自宅に、造花の朝顔と、木で出来た小さなスイカのオブジェが飾ってありました。

それだけでなく、ハロウィーンにはジャック・オ・ランタンやコウモリのオブジェを。

クリスマスには雪だるまとサンタのオブジェを部屋に飾っているそうです。

季節アイテムはステキな演出

こうした季節のアイテムは趣(おもむき)があり、眺めていると「あー、今年もこの季節が巡ってきたんだなぁ…」と、しみじみ感じることが出来ます。

部屋の中に季節アイテムを飾る、という細やかな演出や配慮は、見た人の心をほっと温かくしてくれるでしょう。

そういった演出や配慮を自然に出来ると、”ステキな人”という印象に…♡
ぜひ、ご自宅の一角に季節アイテムを飾ってみて下さいね。

マイボトルを持ち歩く

マイボトルが深く浸透している現在。

飲料代を節約出来るというメリットがあることももちろんですが、自分で入れた自分好みのお茶を、ホッと一口、ゆっくりと味わうというメリットは、何物にも代えがたい至福の瞬間。

そんな至福の瞬間を味わうためなら、当然マイボトルの中身にもこだわりたいですよね。

(先にも登場しましたが)コーヒーメーカーで丁寧に入れた最高の一杯をマイボトルに詰めて持ち歩くなんて、とってもステキじゃありませんか?

彩りあるお弁当を作る

マイボトルで手作りのお茶を楽しむのなら、食事も手作りにこだわってみてはいかがでしょうか。

毎日のお弁当づくり。

彩りもバランスも考えずに、好きなおかずだけ詰め込もうとすると、「なんだか茶色ばっかりだし野菜が入ってない!」なんてことになりかねません。

緑色が欲しい時にはサラダ菜・ゆでブロッコリー・ゆで絹さや・ゆで枝豆。

赤色が欲しい時にはトマト・梅干し・紅ショウガ・パプリカのマリネ・ニンジンのラペ。

黄色が欲しい時にはスクランブルエッグ・ゆで卵のマヨネーズ和え・コーンサラダ・かぼちゃサラダ。

などなど、これらの常備菜をタッパーや冷凍庫に保存しておけば、慌ただしい朝でも、彩りの美しいお弁当が出来ますよね(※常備菜の保存方法は、それぞれの野菜の性質・状態により異なりますのでご注意を)。

食材の質にもこだわるとさらにgood!

野菜や肉の質にこだわり、調味料や油にもこだわれば、いつものお弁当が、デパ地下の幕の内弁当にもなるでしょう。

栄養バランスにもこだわれば、文句なしのパーフェクト弁当です。

かわいいバッグで外出する

自宅に保管スペースがないという理由で、所持しているバッグの数が2~3つ程度だという女性がいるそうですが、2~3つとなると、”色で遊ぶ”ことを諦めて、無難でどんな衣類にも合わせやすい茶や黒といった物を手にしがちです。

クローゼットの中を整理整頓し、あと1つバッグをしまえるスペースを確保して、ぜひ可愛いバッグを仲間に入れてみて下さい。

使い勝手は二の次

機能や大きさ、使い勝手よりも、見た目の可愛さ重視で選ぶのがポイントです。

そういう”可愛さ”だけのバッグも、気分よく外出するためのエッセンスとして、時には必要なのです。

コーデにパステルカラーを取り入れる

あなたのクローゼットの中には、パステルカラーの衣服はありますか?
なんとな~く、無難な茶や黒、グレー・白などの、ちょっと地味めな色合いの衣服に偏っていませんか?
かくいう筆者のクローゼットも、ほとんどグレーか白ばかりで、友人知人兄妹に、「明るい色の服をもっと着た方が良い」とよく助言を受けます。

そんな時は、”余計なお世話だ”と軽く反発していますが、本当は明るいパステルカラーに興味があったりするんです。

ただ、心の中に、”パステルカラーの衣服なんて自分には絶対に似合わない”、という思いがあるので、一歩踏み出せないだけなのですが、なぜかかたくなに「私はモノトーンカラーが好きなの!」と周囲に公言しています(笑)