「リッチ」と言う言葉は、響きもさることながら、一度は憧れた経験があるのではないでしょうか?

毎日好きなものを食べて、豪華なものに囲まれ、好きなものにお金を使う、そこにお金の心配はしなくても良い、それがリッチな人の生活ではと思い浮かべます。

と同時に、高嶺の花のような手の届かない世界であるとも感じられます。

そんな人は、ほんの一握りしかいない存在なのだと思うのです。

リッチとはまさに、未知の世界とも言えますね。

では、リッチな人にはどんな特徴があるのでしょうか?

そこで、リッチな人はどういう生活をしているのかをポイント別に解説していきます!

️リッチな人の生活21個のポイント

そもそも、リッチな人の生活とはどのようなものなのでしょうか?

お金を湯水のことく使う、使うものは全てブランド品で常に最新のものを持っているなど、様々な想像が浮かびます。

どれにしても、まさに夢のような話しですね。

欲しいものをお金のことを気にすることなく買うことができる、そんなシチュエーションを一度は経験してみたいものです。

が、これらはあくまで「リッチな人」に対するイメージの1つでしかありません。

実際にリッチな人は、「そんなことないよ。」と思うかもしれません。

私たちは、そうやってお互いに「ないものねだり」をするいきものなのかもしれませんね。

「リッチな人」には、まだまだ知らないことがありそうです。

そんな「リッチな人」の真のリッチなポイントを、1つ1つ見ていきましょう。

中には意外な項目が登場するかもしれません。

順を追って、ご覧ください。

出し惜しみしない


リッチな人は、出し惜しみをすることはありません。

自分の持っているものを存分に活用します。

つまり、リッチな人はいつも等身大で物事を成しています。

だからこそ、幅広いところで成功し、出した以上の成果を得ることができるというわけです。

それは、お金に関しても同じです。

自分が必要であると判断したもの、欲しい!と直感したものなどには積極的に「投資」します。

物だけでなく、たとえば、将来の自分への投資として「資格の勉強」、普段頑張っている自分へのご褒美「プレゼント」なども考えられます。

このように、どんなことにも全力で突き進んでいきます。

見返りを求めることばかりではありませんが、見返りがあってこそ頑張れることもありますよね?

「できる」「できない」の問題ではありません。

「やる」「やらない」の問題なのです。

せっかくのチャンスが目の前にあるのに、見送ってしまうのはもったいないことだと思いませんか?

先の「結果」を恐れてばかりでは、自分の可能性を狭めてしまいます。

「出し惜しみ」をしてしまうことで、好機を逃すことのないようにしたいですね。

欲しいものはとりあえず買う

リッチな人は、欲しいものはとりあえず買います。

普通なら、値段によっては買うのを迷ったりしますよね?

しかし、次に買おうとすると、すでに他の人に買われていたなんてこともあるでしょう。

それが限定品などと言った数に限りがあるものであれば、尚更です。

自分と同じように「欲しい!」と思う人は少なくないからです。

欲しい!と思ったその時に買っておかなければ、次はないと言うことを心得ているのでしょう。

自分の欲求に、これほどストレートに従うと言うことは、ある意味清々しいものです。

とは言え、人間は理屈だけでは収まらないものです。

特に理由がなくても、買ってしまうこともあるでしょう。

それを「衝動買い」と呼ばれてしまうこともあります。

が、それ自体が悪いと言うことではないはずです。

なぜなら、「衝動買い」は一種の「気晴らし」の効果があるからです。

なので、たまには、自分の直感に従って欲しいものを買うと言うのも良いでしょう。

移動はタクシー


リッチな人の移動手段は、何とタクシーです!

一般の人もタクシーは使いますが、リッチな人は更に多い回数タクシーを使います。

タクシーは、ピンポイントに目的地まで運んでくれます。

飛行機や電車のように、天候に左右されるデメリットも少なく済みます。

人で混み合うこともないので、車中では快適に過ごすことができるでしょう。

つまり、効率良く動くには最適な乗り物と言っても良いほどです。

もちろん、費用はかかりますが、効率性や確実性を考えれば、妥当なものであるとも考えられます。

本当に良いものに囲まれている

リッチな人の身の回りは、良いものに囲まれています。

それは、高価なものもさることながら、長持ちするものであることが考えられます。

「安かろう悪かろう」とあるように、安いものは壊れやすかったり、長持ちしにくいものもあります。

長く使おうとするならば、それなりの価格のものであることが条件とも言えますね。

もちろん、使い方によって長持ちするものもあるので、一概には言えません。

「良いもの」は新品なもの、高価なものばかりではありません。

たとえ安価なものであっても、使い心地が良いものに越したことはありません。

なので、ここで言う「良いもの」とは、「質」が良く、使い勝手が良いもの、この2つの「良い」があることが必然と言えますね。

ポジティブ思考

リッチな人は、ポジティブ思考であることが多いです。

どんなことでも、ポジティブ思考で乗り切っていくのでしょう。

しかし、ポジティブ思考があれば、ネガティブ思考があるものです。

が、ネガティブ思考から生まれるものは、非生産的なものしかありません。

「悪貨は良貨を駆逐する」とまでは言いませんが、ネガティブ思考はポジティブ思考をあっという間に染め上げてしまいます。

人は無意識のうちにネガティブなことを考えてしまうものです。

ポジティブな言葉を使い、ポジティブ思考を継続させることで、良い巡り合わせを作り、結果としてリッチに近づいていけると考えられます。

10個のネガティブな言葉があっても、1個のポジティブな言葉によって、まさに「闇を切り裂く」ように視界が開けていくでしょう。

【ポジティブシンキングするためには、こちらの記事もチェック!】

表情がキリッとしている

リッチな人の表情は、キリっとしていることが多いです。

普段は朗(ほが)らかな表情であっても、いざという時は表情がキリっと引き締まります。

そうした「オン」と「オフ」の区別をはっきりさせていることで、気持ちの切り替えもできます。

同時に、臨機応変さと柔軟さのスキルアップができると言うわけですね。

それによって、どんなことにも対応できる「力」を身につけることができるでしょう。

いざと言う時に頼りがいがある人ほど、重宝されることはありません。

キリっとした表情は、凛とした佇(たたず)まいにもつながります。

身だしなみが整っている

リッチな人の身だしなみは、常に整っているものです。

自宅などでくつろいでいる時などは一概には言えませんが、身だしなみが整っていると気持ちも引き締まるものです。

背筋もスッと伸びて、動きも効率良くなるでしょう。

そんな姿勢は、傍から見ても気持ちが良いものです。

シャツやハンカチにきちんとアイロンがけがしてある、持ち物もしわ1つないことなどが挙げられます。

1つ1つは些細なことであっても、実は意外にもそんなところを見ている人は必ずいると言っても過言ではありません。

毎日身につけるものだけに、それらをきちんとする習慣を身につけましょう。

きっと、身につける本人の気持ちも晴れ晴れとした気持ちになることができるでしょう。

【身だしなみについては、こちらの記事もチェック!】

高品質で質素な服装

リッチな人の服装は、質素でも高品質のものが多いです。

質素と言うと聞こえが悪いかもしれませんが、派手であれば良いと言うものでもありません。

たとえ質素なものであっても、高品質なものであれば、長く着用することもでき、味わいも深まります。

「良いものに囲まれている」の項目にも書きましたが、「質」が優れているものは、それ以上の価値や実感をもたらしてくれます。

直接肌に身につけるものだけに、品質にはこだわりたいところですよね!

しっかりと品質を吟味(ぎんみ)したうえで、服装をコーディネートしましょう。

旅行にたくさん行く

リッチな人は、旅行にたくさん行きます。

国内外、日帰り泊まり問わず、思い立ったが吉日のように旅行に行きます。

旅行に行くまでの準備期間、旅行当日、旅行後の思い出などなど、旅行1つを取ってみても様々な楽しみがたくさんあります。

その土地それぞれの魅力を知り、その土地ならではのものに触れ、またそこに旅行に行きたいと思い、また旅行すると言ったサイクルでしょうか?

旅行先では、様々な人に出会い、その人たちの優しさや力強さ、繊細さに触れることで、人の和みの輪が生まれると言う好循環もあります。

それらは、まさに旅行の醍醐味とも言えるのではないでしょうか?

旅行に行きたい!と思った時はもちろんのこと、旅行に行ける時に1つでも多く旅行に行って、たくさんの良い思い出を作りましょう。

人付き合いを大切にする

リッチな人は、人付き合いを大切にします。

人は誰かと関わりを持って生きていくものです。

気が合う人、気が合わない人、可もなく不可もない人、挙げるとキリがありません。

どんな人にも苦手な人の1人2人はいるのではないでしょうか?

しかし、そこで線引きしたり、気まずいままの関係であってはいけません。

そんなに苦手なら、一切の付き合いをしなければ良いのでは?と思ってしまう人もいるのではないでしょうか?

それがまかり通ることもあるにはあるでしょう。

が、学生や社会人、近所付き合いなどなど、それが通用しないことは必ずあるのも事実です。

どんな相手であっても、平等に付き合うことは大切なことです。

自分が相手に対してしたことは、それが良かれ悪かれ、必ず自分に振り返ってきます。

人によって付き合い方や接し方をコロコロ変えるなどの態度を取っていると、今度は自分がそうされる立場になってしまいます。

嫌いなら嫌いでも良いのです。

無理をして付き合うのは、むしろストレスにもなりかねないからです。

しかし、それは心の中だけに収めて、どの相手にも同じように接するように心がけましょう。

それが、「大人の対応」であり、人の最低限の礼儀でもあると考えられます。

チャンスを逃さない

リッチな人は、チャンスを逃すことはしません。

たとえ僅(わず)かな可能性であっても、果敢(かかん)に挑戦します。

同じチャンスはなかなか巡ってくるものではありません。

ここだ!と言う時に挑まなければ、変化をもたらす結果を得られることはできません。

限りなくゼロに近い結果しか望めない場合であっても、挑戦することに意義があるはずです。

結果が全て!ではありません。

もちろん、一概には言えませんが、それだけではむなしいものです。

結果に至るまでの工程にも意味があります。

積み重ねてきたものに、無駄なことは1つもありません。

自信を持ちましょう!

その工程をきちんと積み立てる習慣を身につけることで、次回からの挑戦をより良い結果に結び付けることができるでしょう。

上を見て目標を立てる

リッチな人は、上を見て目標を立てます。

「上には上がある」とあるように、どこまでも上に向かっていくことができます。

目標は階段と同じです。

1つ1つ上り詰めていくことで、自分自身も1つ1つ成長していくことができます。

その過程で、迷ったり、悩んだり、大きな壁に当たってもがくこともあるでしょう。

時には「逃げ出してしまいたい。」なんて思うこともあるかもしれません。

が、後ろ向きに階段を降りていくことはありませんよね?

立ち止まることがあっても良いのです。

自分が踏み出せるタイミングで、階段を1段ずつ上って行ったら良いのです。

その先にきっと良い景色が開くことができるはずです。

全く同じ景色はありません。

自分だけの景色を眺めましょう。

勉強を欠かさない

リッチな人は、勉強を欠かすことはありません。

人は常に何かを学びながら、成長していきます。

流行の最先端、自分の好きなもののことに限らず、あらゆることを広い視野で見ます。

たとえ既に知っていることであっても、学べることはたくさんあります。

尽きることのない探究心と言っても良いのではないでしょうか?

それがたとえ無意識のうちの行動であったとしても、意味を成します。

「それくらいのことは知ってる!」と言った先入観は捨てて、改めて学び直す気持ちで向き合ってみるのも良いでしょう。

違う視点から得られた知識は、柔軟な発想を生みだします。

気持ちも新たに、様々な知識を増やしていきましょう!

玄関が綺麗

リッチな人は、玄関が綺麗です。

玄関は家の入口だけに、家の第一印象が左右されると言っても過言ではありません。

靴が出しっぱなしになっていないか、乱雑に置かれていないか、靴以外の物が山積みになっていないか、などは大丈夫ですか?

リッチな人の玄関には、こうした「余分なもの」が置いてあることは、一切ありません。

また、玄関は運気の入口でもあります。

そんな重要な場所だからこそ、きちんと整頓されていると、運気も開けていき、リッチの波に乗ることができるのではないでしょうか?

使わない靴は下駄箱に収納し、空の靴箱は他の場所にきちんと片付けましょう。

家に大きなオブジェがある

リッチな人は、家に大きなオブジェがあります。

まるで、大企業の社長室や高級ホテルのスイートルームのようなイメージでしょうか?

オブジェが大きければ大きいほど、その存在感だけでなく、リッチ感も感じられますね。

1つのオブジェを中央に置くも、左右対称に置くも、五芒星のようにかたどって置くも、良いでしょう。

1つ1つのオブジェの手入れも欠かすことのないように大切にしましょう。

家に絵画が飾ってある

リッチな人は、家に絵画が飾ってあります。

先述の大きなオブジェと同様に、その家のシンボル的な存在と言えますね。

風景画にしても、人物画にしても、動物画にしても、神話的な絵画にしても、その絵画が部屋の雰囲気を左右すると言っても良いでしょう。

絵画に惹かれる理由は様々であって、それが高価なものであってもなくても、何かしら惹かれる要素があったからこそ、飾るわけです。

リッチな人は、そうした感性を大事にする人ではないでしょうか?

感性が強い人は、貪欲に「美」を求めます。

美しいものに囲まれる中で、更に感性を磨くことができるでしょう。

時間を有効活用する

リッチな人は、時間を有効活用します。

ちょっとした時間でさえも、上手に使いこなします。

「時は金なり」とあるように、時間は貴重なものです。

長いようで短い時間をいかに活用するかによって、その積立が結果に問われると言えますね。

有効活用の方法は、人それぞれです。

自分に合った方法で、時間を無駄にしないようにしましょう。

家電を活用する

リッチな人は、家電を活用します。

最近の家電は、様々な機能を兼ね備えています。

その分価格もそれ相応のものではありますが、価格以上の価値があります。

効率良く家電を使いこなすことで、その間に別のことができたり、家電を応用する方法を身につけられるでしょう。

それによって、より快適な生活を送ることができれば、それだけでもリッチに近づけるのではないでしょうか?

自分にあった家電を見つけて、使いこなしていきましょう。

ブランド物を持っている

リッチな人は、ブランド物を持っています。

定番に思われるかもしれませんが、真っ先に想像できるイメージではないでしょうか?

ブランド物はステータスの1つでもあります。

様々なブランド物を身につけたり、使いこなすことで、審美眼が養われると言えますね。

そのブランドが長年かけて築いてきた信頼や権威、ブランドのデザインが使う人のステータスや魅力を引き上げてくれる効果があります。

1つずつブランド物が増えていって、コーディネートが揃うことで、満足感も感じることができます。

それがリッチな人でいられる1つの理由ではないでしょうか?

こだわりを大切にする

リッチな人は、こだわりを大切にします。

リッチな生活を送っていく中で、「この味が良い!」「あのブランドが一番!」などのこだわりが芽生えるのでしょう。

そのこだわりは、「常に主体性を持つ」ことになります。

こだわりがある人は、そのこだわりがいかに大切なのかをよくわかっています。

こだわりをなくしてしまうと「なぁなぁ」になってしまいますし、こだわりが強すぎると「頑固で融通が利かない」と言うことになります。

その中間くらいを維持できると、ちょうど良い「こだわり」になるのではないでしょうか?

金銭管理はしっかりする

リッチな人は、金銭管理はしっかりしています。

リッチだからと言って、湯水のようにお金を使う人ばかりではないと言うことですね。

これから使う金額、使った金額、積み立てる金額、全ての金額に対して金銭管理をしっかりすることは重要です。

金銭管理がきちんとできなければ、これらのどこか、あるいは全てに綻(ほころ)びを生じさせ、破綻させてしまうことになりかねません。

リッチな人は、そうした管理ができているからこそ、リッチでいられるわけです。

それはお金の価値がいかに重要であるかを理解しているからだと言えますね。

️リッチな人の生活ってどんな感じ?

ここまで、リッチな人の生活のポイントを21個見てきましたね。

これだけのポイントを網羅すると、リッチな人と言えるのも納得ですね。

網羅は無理でも、1つは実現してみたい!と思ってしまいます。

ここで、改めて「リッチな人」についての項目をそれぞれ見ていきましょう。

リッチとは

リッチとは、以下のような項目が挙げられます。

この項目だけでも、リッチな人を雄弁に語ってくれますね。

今更ながら、リッチな人の次元に驚くばかりです。

それでは、見ていきましょう!

お金持ち

リッチと言えば、お金持ちであることが前提と言えますね。

お金があるからこそ、リッチな生活を謳歌することができるのです。

欲しい!と思ったその時にお金を費やすため、価格とにらめっこをする必要がないからです。

そこが一般の人との差の1つとも言えるのではないでしょうか?

「金は天下の回り物」と言う言葉を聞いたことはありますか?

お金も一種の「いきもの」です。

あらゆるところを転々とし、使われるからこそ、その価値を発揮できるのです。

一般であれば、次から次へと大金を使うことは恐れ多いことです。

が、価格の問題ではありません。

たとえ少額であったとしても、お金を循環させることで、財布が潤います。

リッチな人は、そうした循環が良好であると言えますね。

富裕層

リッチな人は、ずばり!富裕層です。

お金持ちの項目と重なるところが多々あります。

代々実家が資産家であったり、結婚した相手が富裕層で自分も富裕層になった、などが挙げられます。

あるいは、自分で起業して一代で会社を大きくした人もまた富裕層と言えますね。

とは言え、富裕層であり続けることにも、努力がいることだと考えられます。

前の項目に、「お金は使ってこそ潤う」と書きましたが、使った分、あるいはそれ以上の支出が発生することは事実です。

打ち出の小槌のように、お金が振って湧いてくるわけではないはずです。

やりくりや努力を続けてこそ、富裕層でいられるのでしょう。

まさに、「継続は力なり」ですね。

裕福で贅沢

リッチな人は、まさに裕福で贅沢であると言えます。

裕福な環境で贅沢を満喫しているのでしょう。

しかし、それは心も満たされていることが前提です。

裕福で贅沢と聞くと、それだけで幸せなイメージしか出てきませんが、それが必ずしも幸せとは限りません。

どんなにお金や物が満たされていても、心が満たされなければ意味がありません。

自分にとっての「真の裕福で贅沢」を満たしている人こそ、本当のリッチな人であると言えますね。

裕福で贅沢と一言で言っても、それだけでは表しきれない意味合いがこもっているわけですね。

豊かで味わい深い

リッチな人の生活は、豊かで味わい深いものです。

それはただ単に金銭や物に満たされているからだけではありません。

それぞれ1つ1つを大切にしているからです。

どんなに金銭や物が十分過ぎるほど充実していたとしても、それだけで終わっては味気のないものでしかありません。

豊かな中に、それぞれの持ち味があり、年月を重ねることで深みを増していくのでしょう。

それは決して色褪せることはなく、続いていくはずです。

リッチな人をまとめると

ここまで、リッチな人のポイントや生活、リッチな人の定義なるものを見てきましたね。

結局のところ、リッチな人をまとめると、「お金持ちな努力家」あるいは「こだわりや時間を無駄にしない富裕層」と命名します。

リッチな人たちは、ただのお金持ちや富裕層と言う定義だけに留まらず、実はこだわりや時間を無駄にしないと言った「努力家」や「ロマンチスト」な面も持っています。

元よりの性格もさることながら、これらは日々の積み重ねによって形成されていくものです。

お金持ちだから、富裕層だから、とこれらに胡坐(あぐら)をかいているわけではないはずです。

なぜなら、リッチな人であり続けるためには、勉強を欠かさない、金銭管理をしっかりする、なども必要だからです。

ここで挙げたもの以外にも、実践していることや無意識に習慣化しているものもあるでしょう。

それらが集大成となることで、「リッチ」と呼ばれる所以(ゆえん)と言えるのではないでしょうか?

リッチな人とは、奥が深く、絶大な存在であることが伺えますね。

️リッチな人の生活を真似してみよう

これだけのポイントがあるのなら、自分にも真似できるものがあるのでは?と思いませんか?

1つでも実践できたなら、気分はまさに「リッチな人」そのものです!

たとえば、「勉強を欠かさない」、「時間を有効活用する」、「金銭管理をしっかりする」から始めてみてはいかがでしょうか?

「勉強を欠かさない」のは、変化し続けることに対応できるためには必要なことです。

何事も変化しないものはありません。

どんなことにも興味を持って、知ろうとする姿勢は大切です。

知っていると自負しているものでも、実は知らないことも含まれているかもしれません。

何かを学べることは、とても幸せなことです。

「時間を有効活用する」のは、限られた時間を無駄にしないために必要なことです。

たとえば、5分のみ時間があったとします。

それを「5分しかない」と思うのと、「5分もある」と思うのでは、全く違ってきます。

何をするかにもよりますが、5分もあればできることは多々あるはずです。

限られた時間の中で、いかに効率的に考えて行動するかによって、物事の効率性は格段に上がるでしょう。

「金銭管理をしっかりする」のは、毎日の生活に欠かせないものです。

お小遣いにしても、月々のお給料にしても、同様です。

光熱費・水道費・家賃・通信費・食費などなど、何であってもお金はかかるものです。

それらの管理をきちんとする習慣を身につけることによって、無駄遣いが徐々に減っていき、やりくり上手になることができるでしょう。

以上のことが完璧にできるようになって、金銭的な余裕ができてきた時、他のポイントを実践してみてはいかがでしょうか?

リッチな人とは、特別な人だけの特権ではありません。

ほんの少しの工夫と努力、それらを継続させることができた時、リッチな人に近づけるのではないでしょうか?

リッチな人は、まるで宝くじに当たるような、いやそれよりも確率の低い、まさに「奇跡」のようなものであると言えますね。

が、人生はいつ何が起きるのかわからないものです。

「事実は小説より奇なり」とあるように、実際の現実の方が、創作よりも「どんでん返し」にあふれたものです。

ある日宝くじに当たって突然大金持ちになるかもしれませんし、自分が取り組んでいたことが実を結んで億万長者になるかもしれません。

そうなったときのために、いや、そうなるために、これらのポイントや生活が参考になるかもしれません。

「いきなりお金持ちになるなんて、ありえない!」と一蹴(いっしゅう)してしまえば、正直身も蓋もありません。

そんなネガティブ思考は捨てて、むしろ、自分に都合が良いように考える、ある意味でポジティブ思考を目指しませんか?

そこから、リッチな人になれる道のりのスタートラインに立てるはずです。

大切なことなので、もう一度言います。

人はあきらめてしまえば、そこで終わってしまいます。

それではもったいないです。

たった一度しかない人生を、少しでも長く楽しんで、そこにリッチが加われば、夢のようですよね。

物質的にも、心身の満たされ具合によっても、いくらでもリッチになることができるはずです。

これらのことが少しでもお役に立つことができれば、幸いです。