人間は常に様々な欲求に支配されています。

あなた自身さまざまな欲求が自分の心の中に存在しているはずです。

どんな欲求があるのかと考えた時に、私たちには何かを欲しいと思う欲求がいくつも存在しています。

例えば、ブランドものの財布や時計、ネックレス、バッグなどが欲しいと思う事があるはずです。

それ以外にも、愛情が欲しい、美味しい食べ物が食べたい、睡眠を得たいという欲求も自然な欲求です。

つまり、物欲、性欲、食欲、睡眠欲などが該当するはずです。

それ以外にも、知識欲という欲求も存在しています。

知識欲とは、何かについて学びたい、何かについて知りたいと思う人間としての基本的な欲求です。

これに関しては、説明するならば誰しもが人生の中で何かに一度くらいは何かにハマった経験があるはずです。

それが知識欲に結び付いている可能性がとても高いです。

もっと知りたい、なぜこうなるんだろう?という疑問がそれを掻き立てます。

欲求はこのように、没頭してその事に集中する側面を持っていますので、新しい発見、発明などもこの欲求があるからこそ生まれているものだと思います。

しかし、欲求は時には集中を邪魔する効果もあります。

例えば、集中している時にお腹が異様に減ってしまい、集中できなくなるような事もあります。

なので、何かに対して集中したい時には欲求はそれを助けてくれる効果もある反面、邪魔をしてしまう場合もあるという事です。

相反する性質を持っていると考えると、欲求とはとても不思議なものです。

なので、集中して物事に取り組む場合には、ある意味禁欲を行う必要性があり、必要な欲求以外を遮断する事で集中しやすくなるはずです。

そこで、今回はストイックという言葉をテーマにして、ストイックという言葉の意味やストイックになるための心構えについてご紹介していきます。

ストイックの意味

何かの物事に対して集中して取り組みたいのであれば、その物事に対してストイックに取り組む必要性があります。

ストイックという言葉は比較的、日常生活でも多用している身近な言葉として定着しています。

若い年代の方でもストイックという言葉くらいは理解している方が多いはずです。

特に、部活などに勤しんでいる方であれば、この言葉を頻繁に使ったりする場合もあると思います。

では、ストイックとはどういう意味をもっている言葉なのか。

この言葉の意味が分からなければストイックになるための心構えも理解することが出来ないと思いますので、まずは言葉の意味を理解するところから始めていきましょう。

禁欲的で自分に厳しい


ストイックという言葉の持っている意味としては「禁欲的で自分に厳しい」という意味を持っています。

つまり、ストイックに何かを行うという事は「禁欲的で自分に厳しく何かを行う」という意味を持っていると解釈できます。

禁欲的とは、先ほど冒頭で触れた人間に存在している様々な欲求をシャットダウンするという意味として捉えてください。

つまり、人間の持っている欲求をシャットダウン、つまり禁欲をする事によって気が散らないようにして、自分に対して厳しく何かに取り組むことで成果をあげやすくしていると捉えることが出来ます。

世の中に存在している優秀な人間ほど物事に対してストイックに取り組んでいる人間が多いです。

なぜなら、ストイックに取り組むことによって、集中して物事に取り組めるようになりますので、ストイックに取り組んでいない周りと比べて大きな成果を上げやすくなるからです。

だからこそストイックに何事も取り組める人間は優秀であり、周りからも認められるほどの実力を得ることが出来ます。

なので、たくさんの方が自分に対してストイックに生きたいと願っているという事に繋がります。

しかし、想像以上にストイックに生きるという事は辛い事でもあるのが現実です。

なので、誰もが簡単に行えないからこそ価値が高い生き方として考えられています。

融通が利かずなあなあで済ませない

ストイックという言葉を別の意味で考えてみると「融通が利かずなあなあで済ませない」
という意味も持っていると考えられます。

つまり、自分が納得出来ていない状態で物事を済ませようとしない精神を持っていると考えることが出来ます。

考えてみればすぐにわかることだと思いますが、自分が納得できていない状態で物事を済ませようとする人間は、大きな成果を上げることができない場合が多いです。

それくらいの努力で大きな成果を上げることができるのであればたくさんの人間が大きな成果を上げているはずです。

しかし、どんな事に対しても自分が納得するまで物事を突き詰めて考える、もしくは行動できるような人間は周りと違って絶対的な努力を行える人間なので、周りよりも高い成果を出ししやすくなります。

つまり、結果的にはストイックであるという事になり、見方を変えると「自分に対して厳しい考え方を持っている人間」だと判断することが出来ます。

完璧主義者


ストイックという言葉を言い換えるのであれば「完璧主義者」という言葉に言い換えることができるはずです。

完璧主義者とは「万全を期すために努力し、過度に高い目標基準を設定して、自分に対して厳しい自己評価を課し、他人からの評価を気にする性格を特徴とする人間」を意味しています。

この意味から考えてみても、ストイックという言葉に当てはめて考えることができます。

なぜかというと、過度に高い目標を設定して自分に対して厳しい自己評価を下す、という意味はストイックの基本的な意味である「禁欲的で自分に厳しい」に該当していると捉えられます。

なので、完璧主義者は仕事ができて大きな成果を上げることができやすい人間である可能性が高いのです。

また、完璧主義者に関しては基本的に融通が利くことがあまりありません。

なぜなら、完璧を追い求めるあまりに、周りとの意識の差が表れ、結果的にそれが弊害になってしまいやすくもあるからです。

なので、悪い意味だと融通が効かないとも捉えられがちになってしまうからです。

こうして考えてみてもストイックの持っている意味である「融通が利かずなあなあで済ませない」という意味に該当している事は明白です。

なので、ストイック=「完璧主義者」という意味として成り立つのです。

ストイックになるための6個の心構え

ストイックに何かを考えたり、行ったりするには、自分自身が高い意識を継続して持ち続けなければ行えないはずです。

しかし、それは難しく険しい道です。

なぜなのかと考えた時に、人間は自分に対して甘い考えを持った方が生きやすくなるからです。

例えば、有名な大学に入りたいと思うのであればそれなりに継続して勉強を行わなければ入ることができないはずです。

なぜなら、継続して勉強行うことによって知識を高めて、偏差値を上げて、有名な大学に入る為の知識が身に付けられるようになるからです。

しかし、有名な大学に入るよりも一般的な大学に入る方が圧倒的に努力をしなくて済みますし、当事者からすればハードルが下がるので、一般的な大学に入った方が努力をしなくて良い分、生きやすくなります。

なので、自分に対して甘い考えを持った方が辛い努力をしなくて済むので、生きやすくなり、楽なのです。

楽な事と辛い事をするのであれば、大半の人間が楽な道を選択します。

だからこそ、ストイックに生きるのは難しく、辛い事なのでなかなかできる人がいないのです。

しかし、ストイックな道を選んだほうが自分を成長させることが出来、優秀な人間になれるのも事実です。

例えば、有名大学に入った方が後の人生は圧倒的に恵まれた人生になりやすくなりますよね。

なので、辛い道だったとしてもストイックに生きたいと願っている人間はたくさんいます。

しかし、ストイックになる為の方法がわからないので悩んでいる人が多いのも事実です。

だからこそ、ここからはストイックになるための心構えについていくつかご紹介していきます。

ストイックにこれから生きたいと願っている人は、これからご紹介する各項目の心構えを日常生活の自分に取り入れられるように工夫して生きてみてください。

そうする事によってこれまでの自分を変化させ、ストイックになれるように変化できるはずです。

1、自分一人で成し遂げると意識する

ストイックになるために大切な心構えとして自分一人で成し遂げるということを意識するようにしてください。

なぜ、自分一人で成し遂げるということを意識すればストイックになれるのかと考えた時に、自分一人で何かを成し遂げようと意識を持つことは自分に対して厳しい意識を持つということと同じ意味だからです。

なぜならば、自分一人で成し遂げるということを考えている人は他人の力を借りようとはしません。

他人の力を借りた時点でその物事に対して自分に厳しく接することは不可能になります。

自分が努力をしなくても、他人が解決してくれるからそれでよいという甘えた考えが生じる原因になりますし、自分が技術を身に着けてる必要がなくなってしまうからです。

しかし、他人の力を借りずに、自分一人で成し遂げられるように努力をするようにすれば、自分自身のスキルを飛躍的に上げる可能性が得られます。

その考え方を持ち続けて生きている人間と、常に他人から力を借りて生き続けている人間を比べた時に、問題解決能力、経験の差は歴然なはずです。

それが圧倒的な実力の差を生む事になりかねません。

なので、物事に対応する時に自分一人で成し遂げるということを意識し続けることは、ストイックになるための大切な心構えとして認められるということです。

簡単に手伝って貰おうとしない

これは人によって考え方が大きく分かれる部分になると思います。

なぜならば、人によっては身の回りの人間と力を合わせて物事を解決していけば良いと考えている人もいるからです。

確かに、周りと力を合わせて一つの物事を解決した方が効率よく解決できる可能性もあります。

それに、人によって得意分野は異なりますので、その物事を得意な人間が担当した方が効率が良くなるのは明らかです。

しかし、それに慣れてしまうことによって自分自身が努力することを忘れてしまう可能性も生まれてしまいます。

また、もしも人に頼ることができないような状況になってしまった時に何もできない人間になる可能性があります。

なので、時と場合によっては周りの人と力を合わせて解決することも大切かもしれませんが、自分一人で物事を解決するための必要最低限の力を身につけるためには、そもそもある程度ストイックな心構えについての持ち続けておいた方が良いと判断することが出来ます。

なので、そのシーンによって考え方を使い分けるのが一番良い方法かもしれませんが、基本的には簡単に手伝ってもらおうとしないように考えてください。

2、人のふり見て我がふり直す

人のふり見て我がふり直すという言葉が存在しています。

人のふり見て我がふり直すとは「他人の行動を見て、良いところは見習い、悪いところは改めなければいけない」という意味の言葉です。

これを意識することによってストイックになりやすくなり、またストイックに生きるための心構えとして心の中に置いておくことが出来ます。

なぜ人のふり見て我がふり直すとストイックになれるのか?と考えた時に、ストイックは「禁欲的で自分に厳しい」という意味の言葉です。

なので、他人の良い部分を自分に取り込み、悪い部分を律するようにすることによって自分に常に厳しく生きることが出来るのです。

日常生活を送っているとたくさんの人間と関わるようになると思います。

そして、たくさんの人間と関わることによってその人間の良い部分も見えてくれば悪い部分も見えてくるはずです。

それを注意深く観察し、良い部分を取り込み、悪い部分を自分から除外する事によって完璧な存在に近づけられるようになります。

しかし、これを行うにはそれなりに自分に厳しく生きなければできないことです。

なので、人のふり見て我がふり直すという事を心構えとして心の中にもっておけば、ストイックになれるはずなのです。

自身を律する意識を高める

人のふり見て我がふり直すためには、自身を律する意識を高める必要性があります。

なぜならば、これを実行するためには当然、自分の中の悪い考え方や習慣を除外するために高い意識を持ってそれを律するようにしなければいけないからです。

自分の悪い行動を変えるには、行動を変える必要性があります。

そして行動を変えるには考え方を変える必要性があります。

そして考え方を変えるためには、常に考えを変えるために意識しなければいけないのです。

なので、普段意識していないような事を新しく意識し続けるという事は自分を律する意識自体を高めなければいけないのです。

これは簡単に行えるようなものではなく、継続して考え続け、忘れたら何度も思い出して注意しなければいけないことです。

なので根気が必要ですが、それを継続して当たり前にした時、初めて自分自身がストイックに生きられる瞬間になるのです。

なので、簡単に誰でもできるような事ではありませんが、それを成し遂げた時、必ず成長できるはずです。

これを繰り返し様々な事に取り組む事によって、最終的に魅力あふれる人間へと変化することが出来るようになります。

3、切り替えスイッチを作る

自分の中での切り替えのスイッチを作ることによってストイックに生きることがしやすくなるはずです。

なぜ自分の中で切り替えのスイッチを作ることでストイックになれるのかと考えた時に、
自分の切り替えのスイッチをいくつか作っておくことによって、自分の思考を変化させやすくすることができるようになります。

切り替えのスイッチと言うと少し捉え方が難しいかもしれませんが、自分の中のルールを作っておくと考えるとわかりやすいかもしれません。

例えば、休みの日に関しては朝起きて朝食を食べて、食後のコーヒーを飲んだ後は絶対に自分の気持ちを切り替えるという風に、何かしらの日常的な行動をスタート地点にして、そこから後はストイックに取り組むという意識を持ち続け、実践する事によって切り替えスイッチを生み出しやすくなります。

たった数回程度ではこの切り替えのスイッチを作ることが難しいかもしれませんが、これを1週間程度継続してみれば既にある程度自分の中での切り替えスイッチが芽生えてくるはずです。

人間は習慣化することによってそれを行うのが当たり前だと感じる生き物です。

なので、習慣化するまでは少し辛い生活になるかもしれませんが、習慣化させてしまえばそれ以降はとても楽に切り替えのスイッチを利用し続けることができます。

なので、自分の生活習慣の中で切り替えのスイッチとなり得る部分をいくつか見つけ出しておき、そこをスタート地点にして日常生活で切り替えのスイッチをいくつかばらまいておくとストイックな考え方が身につくようになるはずです。

なので切り替えスイッチを作るということはストイックになるための心構えになり得るということです。

誘惑や面倒くささに惑わされなくなる

切り替えスイッチを作り、それをスタート地点にしてそれ以降はストイックな考え方を持つように癖付けることができれば、余計なものに誘惑されたり面倒臭さに惑わされたりするような事はなくなります。

どうしても人間は楽をしたいと考える生き物なので、何かに誘惑されたり面倒臭さに負けたりしてしまうことが多くなってしまいます。

しかし、切り替えスイッチを作っておくことによって、必要以上に何かに誘惑されたり、めんどくささに負けたりするようなことが圧倒的に少なくなりますので、切り替えの習慣を作っておけばストイックになりやすくなることができ、物事に集中しやすい環境を作ることが出来るはずです。

常に何かに誘惑されたりして集中力が続かないという方は自分なりに切り替えスイッチを作ってみて、それからオンオフの切り替えの習慣作り、そして集中力を身に着けてみると格段にこれまでとは違った自分を得られるはずですよ。

4、自分をコントロールする

ストイックになりたいのであれば、自分をコントロールする習慣を身につけることによってストイックな人生を得ることができるようになるはずです。

なぜ自分をコントロールする習慣を身につければストイックな人生になることができるのかと考えた時に、ストイックになれないということは自分をうまくコントロールできていないということにつながるからです。

それはなぜなのかと考えた時に、ストイックに生きることができない大抵の理由として、身の回りにあるものの誘惑を受けてしまったり、楽をしたいという自分の考えに負けてしまったりするということが考えられます。

つまり、何事に関しても最終的に決断しているのは自分自身なのです。

その自分自身の考え方が甘いことによってストイックになれないということを引き起こしているのであって、ストイックになれないのは他人のせいではないのです。

それを考えてみれば結局自分をコントロールすることができるとストイックになれるということになります。

なので、ストイックになるためには自分をコントロールすることを身につけなければいけないのであり、自分をコントロールすることができるようになれば、ストイックになる心構えを身に付けられるということです。

誘惑に負けない強さを持つ

自分をコントロールするようにするためにはどうすれば良いのかと考えた時に、結局は誘惑に負けない強さを持つということが求められるのです。

今自分が行っていることよりも魅力的なことがあったとしても、それを断ち切るための強さであったり、自分が辛い状況に置かれていることに対して逃げたいという感情を持ってもそれを断ち切るための強さが必要だということです。

逃げ癖という言葉があるように、一旦楽をしてしまうとどうしてもそれに味をしめてしまって、再び辛い状況になったときにまた逃げようとしてしまう心理が働いてしまいやすくなります。

なので、辛い状況の時こそ必ず逃げないようにしなければいけません。

なぜならば、そこで逃げてしまうと次にまた同じような辛い状況があった時に同じく逃げてしまうからです。

しかし、あえて自分にとって辛い状況を乗り越えてみれば、今まで感じたことのない達成感を味わうことができ、それを検索していけば辛いことが楽しくなり、逃げるという概念がなくなってきます。

そうすることによって自然と誘惑に負けない精神的な強さを併せ持つことができるようになります。

なので、自分をコントロールするようにするためには誘惑に負けない強さを併せ持つ必要があり、それを身につけるためには困難なことに積極的に立ち向かっていく行動が必要になるということです。

5、辛抱する事を覚える

ストイックになるために大切な心構えの中には辛抱することを覚えることも存在しています。

なぜ辛抱することを覚えるとストイックになれるようになるのかと考えた時に、そもそもストイックになるためには我慢が必要です。

なぜ我慢が必要なのかと考えた時に、ストイックという言葉には「禁欲的で自分に厳しい」という意味があります。

禁欲をするという事は即ち、「我慢をする」という事につながるからです。

なので、ストイックに生きるためには我慢をすることが絶対的に必要な要素となりえます。

なので、辛抱することを覚えることによってストイックに生きられるようになるはずです。

何事も我慢できないような人間がストイックに生きられる理由がありますよね。

たくさんの身近な誘惑に負けてしまい、我慢をすることを知らない人間がストイックになれる精神的な強さを身に着けられるわけがないからです。

我慢をするという事はストレスがかかる事ですし、辛い事かもしれません。

しかし、人間は慣れる生き物です。

当たり前になるまで我慢をし、継続する事によって当たり前になればさほど辛くはなくなります。

大抵我慢できない人は継続できずに、我慢が当たり前になるまでの過程の中で欲求が爆発してしまって辛抱できない場合がほとんどです。

一番辛い時を乗り越えると意外と辛くなくなりますので、継続して辛抱するという事をまずは実践してください。

何かを犠牲にして目標は達成される

我慢をすることは人によってはとてつもなく苦痛に感じることかもしれません。

なぜならば、今まで当たり前にしてきたことをしてはいけないとなってしまうと大きなストレスを感じてしまうからです。

しかし、ストイックに生きたいと思うのであればそれは必然な事です。

自分の好きなように何でもしていれば、それはストイックとは正反対の生き方です。

ストイックに生きるためには何かを犠牲にしなければいけませんし、何かを犠牲にするからこそ目標が達成されるようになります。

その犠牲が大きければ大きいほど、大きな目標を達成しやすくなります。

例えば、ダイエットに関しても同様です。

私たち日本人にとってご飯は主食であり、とても大切な食事です。

しかし、ご飯は炭水化物なので食べすぎると体重も増えます。

なのでご飯を抜いてダイエットを行うとより大きな効果を得ることができます。

しかし、それにはとてつもなく大きなストレスがかかり、体重の多い人からしてみれば相当な犠牲になり得るはずです。

しかし、その辛さの先には普通のダイエットよりも大きな効果という目標が待っています。

その犠牲を受け入れた人間のみが到達できる目標であり、成果であるといえます。

なので、犠牲が大きければ大きいほど目標も大きくなり、期待できる効果も高くなるのです。

そもそも、犠牲なしで成果を得ようという考え方自体が甘すぎるのです。

そんな考え方を持っている時点でストイックに生きようとしている事が間違いなので、真剣にストイックに生きる事を決めたのであれば、多少の犠牲は覚悟しておかなければいけないことを理解してください。

6、継続力を培う

ストイックになるための大切な心構えを一つとして継続力が求められます。

ストイックになるために一番大切な心構えと言っても過言ではありません。

なぜストイックになるために継続力を培うことが大切なのかと考えた時に、ストイックになるためには継続力が必要不可欠です。

なぜならば、継続して自分に厳しい環境を作り続けることによって大きな目標を手に入れられることができるからです。

たった1日2日程度我慢をしたところで、手に入れられる成果はたかが知れています。

継続してストイックになり続ける事が出来るからこそ、大きな目標や成果を出すことが出来ます。

世の中に存在している成功している人間、そしてストイックな人間を思い描いてみてください。

おそらくたった数日程度ストイックな生活をしているような人間はいないはずです。

成功している人間やストイックな人間ほど、継続してストイックな生活を送り続けている人が多いはずです。

そんな人間がたくさん存在している中で、たった数日程度ストイックに生きたところで驚くべき効果を得られるはずがありません。

なぜなら、自分よりももっと行っている人間はたくさんいるからです。

基本的な継続力が身についていないと、ストイックに生きることなのは絶対にできるはずがありません。

数日ストイックに生きて、数日でやめたらそれはただの三日坊主です。

なので、継続力を培うということはストイックになるために絶対に必要なことであり、大きな結果を出すためには絶対的に必要なことになるということを覚えておいてください。

結果は二の次

ストイックに生きるためには継続力を培わなければいけないという事をご紹介しましたが、この場合は結果などは二の次に考えるようにしてください。

あくまで継続力が大事なのであって、結果ももちろん大事ですがそれは二の次でも構いません。

なぜならば、結果は継続することによってある程度ついてくる可能性があるからです。

しかし、継続力は継続しなければ必ず養うことができません。

なので、継続力をまずは第一として、結果は後からついてくるものという風に最初は考えてください。

継続力が身につき、それを行うのが当たり前になった時に初めて結果を意識するようにしてみてください。

初めから継続力と結果を追い求めるようにしてしまうと、追い求めるものがたくさんありすぎて目的がブレてしまいがちになりますし、大きなストレスに繋がってしまう可能性が生まれます。

そうなってしまうと継続するのが困難になってしまい、本末転倒になってしまいます。

なので、ストイックになるための大切な心構えとしての継続力はあくまで継続すること、習慣化することに最大の重点を置いて考えるようにしてください。

そうする事で、チャレンジした物事が継続する確率が飛躍的に上がるはずです。

確固たる目標を持つ事が必要不可欠

結局ストイックに生きるためには確固たる目標を持つことが必要不可欠になります。

ストイックに生きるも、生きないも自分の考え方次第なのです。

だからこそ、自分の考え方を変えるための習慣を身につける必要性があるということです。

考え方が変われば行動が変わりますし、行動が変われば習慣が変わります。

習慣が変われば結果が変わります。

これからの人生、ストイックに結果を追い求めたいと思うのであれば、今回ご紹介した心構えを日常生活の中に取り入れて頂き、まずは考え方を変えるように努力してみてください。

継続して行えば必ずあなた自身が変化できるようになるはずです。

そして自分に自信を持てるようになりはずですので、断固たる信念をもって取り組んでみてください。