自分に自信を持つという事は人生においてとても大切な事であり、とても素晴らしい事です。

なぜならば自分に自信を持つということは人生をとても楽しい物にしてくれる可能性にあふれているからです。

なぜ、自分に自信を持つと人生が楽しくなるのかと考えた時に、自信を持つという事は自分のことを好きになるという事であり、様々なことにチャレンジしたり、たくさんの楽しいことを経験することができるからです。

もしも、自分のことが嫌いだとすれば、自分に自信が持てるはずもなく、積極的に何事にもチャレンジ出来なくなってしまうでしょう。

なので、自分に自信を持つということは人生を楽しいものに変えてくれるとても素晴らしいことであると考えることができるのです。

しかし、自分に自信を持つということはとても難しいことなのです。

自分に自信が持てなくて世の中には悩んでいる人が大勢存在しています。

自分に自信を持てない人は、まず自分自身が好きではないという人が多いです。

それは、自分の外見であったり内面などに何かしらの悩みを抱えている方が多いからです。

いわゆる劣等感という言葉で表現することが出来るかもしれません。

しかし、劣等感は誰しもが感じている事であり、それを抱える事は人間であれば仕方のない事です。

なので、劣等感を持たないようにするよりも、劣等感とどう向き合っていくのか、そして劣等感をどうやって乗り越えていくのかという事が一番大切な事です。

そこで、今回は劣等感をテーマにして、劣等感を乗り越える為の方法をご紹介していきます。

劣等感の意味

あなたは自分の心の中に何かしらの劣等感を抱えていませんか?

先ほどもお伝えしたように、世の中に存在している全ての人間には劣等感が存在しているはずです。

劣等感を感じていないという人間がもしいたとしても、それは今だけの話かもしれません。

なぜなら、これから長い人生を生きていく上で様々な劣等感を感じる機会があるかもしれないからです。

劣等感を抱えていると、どうしても劣等感を感じる度に自分の心が苦しくなってしまいます。

その劣等感の悩みが大きければ大きいほど、それに比例して大きなストレスを感じるようになり、精神的にも負担がかかるようになります。

だからこそ、私たちは早い段階で劣等感を乗り越えるための方法を身につけておかなければいけません。

もしも今の時点で劣等感を乗り越えるための方法を身につけているのであれば、問題はないかもしれませんが、身に着けていないのでは、劣等感に直面した時に大きな負担がかかるかもしれませんので、注意が必要です。

特に、まだ劣等感を人生で感じた事がないという方は危険です。

感じた事がないからこそ、実際に直面した時に対処方法がわからない場合があるからです。

そして、そもそも劣等感を感じたことがない方からしてみれば、劣等感がどんなものかわからない可能性もあるので、すぐに気づく事が出来ない可能性もあります。

そこで、まだ劣等感を感じたことがない方のために、劣等感とはどういうものなのか、簡単に意味をご紹介していきます。

まだ劣等感を感じた事がない方はどういう感情になるのか、よく自分自身で想像しながら確認してみてください。

他人より劣っていると言う感情


劣等感という言葉は「自分が他人に劣っていると感じること」という意味です。

つまり、自分の身の回りにいる人間を比べた時に、ある物事によって自分が劣っていると感じた時に生まれる感情のことを意味しています。

どうしても私たち人間は、身の回りにいる人と何かを比べて考えてしまいがちです。

本来であれば、私たちが人と違うということは当たり前の事なのです。

なぜならば、私たちはそもそも生まれてきた時点で親が違うわけですから、親の持っている遺伝子などによって自分の見た目などは大きく変わります。

そして、自分が育ってきた環境、身の回りにいる人間なども全く違うわけですから、考え方の違いは価値観も違うようになって当たり前なのです。

そして、幼少期にどのような過ごし方をしてきたかということで、自分が持っている知識であったり、スキル、身体能力などは変化します。

これを踏まえて考えてみれば、私たちが人と違うということは当たり前のことだということに気づくはずです。

なので、人と比べたところで何も意味はないということになるのですが、どうしても集団で生活をしていたりするとその違いを見せつけられてしまう場面というものがあります。

例えば、子供がみんなで一斉にマラソン大会などをしたりすることがあると思います。

その時に、自分よりも身体能力が優れている人間に対して劣等感を感じたりするような事があるはずです。

これはマラソン大会だけではなく、運動会であったり、テストの点数、トークスキル、人気、などなど細かい項目を考えてみればたくさん存在しています。

どうしてもこれらは比べて考えてしまいがちなので、劣等感は生まれやすく、人と違うからこそ、誰もが感じてしまいがちな感情という事になってしまうのです。

自分は無価値な存在だと思う傾向

劣等感は誰もが持っている感情だからこそ、劣等感に逃げずに向き合い、それを乗り越えることが大切になります。

劣等感を乗り越えるからこそ、自分に自信が持てるようになり劣等感を感じなくなるようになります。

つまり、必要以上に人と比べたところで、結局意味はないのです。

根本的な問題を解決するためには自分が自信を持てるようになるために、どのように努力するのかということが大切な事です。

自分が精一杯努力をすることによって、その結果、やはり周りよりも劣っていたとしても何もしていないときより自分に自信が持てるようになるはずです。

だからこそ、劣等感は乗り越えるべき存在になるのです。

しかし、劣等感を乗り越えられない人間も中には存在しています。

劣等感を乗り越えることができなかった人間はどのような思考になるのかと考えた時に、劣等感がどんどん大きくなってしまうことによって自分が価値がない存在であると思ってしまう傾向にあります。

しかし、人間の価値は一つの物事で判断できるほどちっぽけなものではありません。

ただ、劣等感を大きく感じて、自分に自信を持てない人間は心が弱くなってしまいがちです。

そのような時には冷静な判断ができなくなってしまい、何事においても自信がなくなってしまいます。

しかし、それは間違っているという事を理解してください。

人はそれぞれ違いますし、同じ人間などいるはずがないのです。

なので、根本的に人と比べるということ自体が間違ってることに気づいてください。

その上で、自分に自信を持つことができるように別の部分に自分の価値を見出すようにしてください。

自分に自信を持てるように努力したり、自分に価値が出るように努力をしていない段階で自分が価値のない人間だと判断しないようにしてください。

本気で努力をすれば、努力を通じて前向きな考え方ができるようになるはずなので、やる前から諦めるような考え方はしないようにしてくださいね。

劣等感を乗り越える6個の方法


劣等感は時間が解決してくれるような問題ではありません。

自分の身体的な事で劣等感を感じているのであれば、自分の体が成長することによって解決することがあるかもしれませんが、自分の精神的な事に関しては年月が経って改善されるようなものではない場合が多いです。

なので、いつかきっと解決するだろうというような考え方を持っているのではダメなのです。

きちんと、自分がなぜ劣等感を感じているのかということに対して向き合った状態で、その劣等感を感じなくさせるために行動を行わなければいけません。

しかし、人によっては劣等感を乗り越える方法がわからないという方もいるでしょう。

特に、これまで劣等感を乗り越えた経験がない方、まだ劣等感を感じたことがない方ならば無理もありません。

しかし、人は必ずいつか劣等感を感じる場面がやってきます。

なので、これから劣等感を乗り越えるための方法についていくつかご紹介していきます。

早い段階で身につけておけば必ず後々に役に立つ方法なので、これを機会に劣等感を乗り越えるための方法を身につけてください。

1、周りに自慢出来る特技を身に付ける

劣等感を乗り越えるためには周りに自慢をすることができる何かしらの特技を身に付けることがおすすめです。

なぜ劣等感を乗り越えるためには特技を身につけなければいけないのかと考えた時に、そもそも自分が自慢することができる何かを持っていれば劣等感を強く感じることはないのです。

なぜならば、この部分では自分は負けているかもしれないけど、これに関しては自分は誰にも負けない自信があると考えられるようになるからです。

劣等感を感じて精神的に病んでしまっている方の大半の方が、これといって自慢できる特技を身につけていない場合が多いです。

これはなぜなのかと考えた時に、様々な面で周りに劣っているのに、さらに自慢できる特技がひとつも無いことによって、自分の価値がちっぽけなものであると考えてしまいやすくなってしまうからです。

すなわち、自分は周りと比べて価値がない人間なんだと思うようになってしまいます。

このような考え方をしてしまっては何に関してもマイナス思考になってしまい、自分に自信が持てなくなります。

その結果、何事にも積極的にチャレンジすることができなくなり、寂しい人生を送ってしまいやすくなります。

だからこそ、その環境を乗り越えるために、自分が周りに自慢できる特技をたった一つでもいいので身に付けるようにしてください。

そうする事で自分の存在意義を見付けられるようになり、他人との比較にいちいち気を取られなくなるようになるはずです。

並々ならぬ努力が必要不可欠

しかし、周りに自慢することができる特技を身につける事は簡単なことではありません。

なぜならば、周りが持っていないような特技を見つけなければいけないところから始まり、そこからさらにその特技を習得するために並々ならぬ努力が必要不可欠になるからです。

誰でも簡単に行えるようなものであれば珍しい特技にはなりません。

しっかりと努力をした状態で、ある程度の時間を消費しなければ身につけられないようなものを身につけてこそ初めて評価をしてもらえるようになるはずです。

なので、結果的に周りに自慢することができる特技を身に付けることは簡単なことではないということなのです。

しかし、早い段階でこのことに目を向けていれば、幼少期から努力をすることができるようになり、幼少期から努力することによってよりその物事が上手に行える確立が高まりますので、早い段階で自分なりに身につけたい特技を見つけておけば後々必ず役に立つようになります。

なので、劣等感を感じた時になるべく早い段階で行動することが自分を救う行動へと繋がるようになります。

しかし、劣等感に関しては個人の考え方次第の感情です。

なので、他人がどうこうという問題ではなく、自分自身の問題です。

これを解決するのに早いも遅いもありません。

自分に自信を持つという事の為だけでも、チャレンジする意義は大いにあります。

劣等感を感じ、何かを変えたいと思うのであれば、感じた瞬間から行動するように考え方を変えてみてください。

そうする事で劣等感に悩まされる人生を変える事が出来るようになるはずです。

2、他人と比較する事を止める

劣等感を乗り越える為には他人と比較するという考え方自体を止める必要性があります。

なぜ他人と比較するという考え方をやめると劣等感を乗り越えることができるのかと考えた時に、先ほど触れたように劣等感はそもそも個人的な感情での問題でしかありません。

なぜならば、劣等感は自分がそう思い込んでしまうからそう感じるだけであって、周りからしてみればそのように考えていない可能性も十分考えられるからです。

なので、根本的な問題を考えてみると自分がそう感じてしまっていることが劣等感を感じる原因になります。

では、どうして劣等感を感じるのかと考えた時に、それは自分が人と比較した考え方を持っているからということになります。

なので結論としては他人と比較するという考え方自体をやめることで、劣等感を感じることがなくなり、劣等感を乗り越えることができるようになるということです。

しかし、自分の考え方を簡単に変えることはなかなかできないことです。

考えないようにしようと思えば思うほど頭の中をそれがよぎってしまうようになります。

では、どうすれば他人と比較することを止めることができるのかと考えた時に、それは自分が劣っている部分だけに目を向けないようにすることがポイントです。

そもそも人間は人と違うのですから、劣っている部分があって当たり前です。

それはまず理解した上で、逆に自分はどの部分で周りよりも優れているのかということを考えるようにしてみてください。

周りと比べて自分はこういうことが優れているというものが存在していれば、それだけで他人と比較することがバカらしく感じるようになるはずです。

もしも、他人と比較して優れているものがないのであれば、それを生み出すように努力すれば良いだけの話なのです。

自分が努力してきた部分に目を向ける

他人と比較することをやめるポイントとしては自分が努力してきた部分にきちんと目を向けてあげるようにしてください。

劣等感を感じてしまっている人間は、自分の劣等感を感じている部分にしか焦点を当てていないことが多いです。

それと反対に、自分の優れている部分、自分が努力をしてきたことにきちんと目を向けてそれを評価してあげてください。

そうすることによって自分が自分を認めてあげられるようになるはずです。

これまで努力をしたことがないというのであれば、今自分が興味を持っている中で努力したものを選んで始めれば良いだけの話です。

結局、自分を認められないからこそ周りに比べて劣等感を感じてしまうやすくなるのです。

なので、自分が自分を認めてあげられるように努力をしたり、特技を持ったり、何かしらの自分の自信に繋がるような行動をとることによって考え方を変えられるようになるということです。

努力の大切さを知り、自分を変えられるように行動できる人間だけが劣等感を乗り越えられるようになるはずです。

3、「他人も大したことない」と考える

劣等感を乗り越えるための方法として、人と比べる時に自分が劣っている部分を見つけるのではなく、逆に他人が自分よりも劣っている部分を見つけるような考え方を取り入れるのも良い考え方です。

つまり「他人も大したことない」と考えるように考え方をシフトするということです。

結局、必要以上に劣等感を感じないようにするためには、劣等感という存在自体を消す必要性があります。

それは、先ほどご紹介したように自分が努力をすることによって、努力した自分を正当に評価し、その結果自分に自信を持つことによって消す場合もあれば、他人と比べて圧倒的に優れているものを作り出すことによって自分に自信を持って、劣等感を消す場合もあります。

そして、逆の考え方をすることによって劣等感を消せる場合もあります。

具体的には、今まで劣等感を感じていたのは自分が周りと比べてできないことにばかり着目していたことが原因なので、逆に周りの人間が自分よりも劣っている部分をよく観察して見つけ出すことによって、自分も他人もそんなに変わらない存在なんだという風に考え方を変えて劣等感を消去させるということです。

うまくこの考え方を取り入れられるようにできれば、必要以上にに思い悩む必要もありませんし、場合によってはすぐに劣等感を解決させる事も出来るかもしれません。

なので、「他人も大したことない」と考えるという事は劣等感を乗り越えるための方法として確立されるのです。

自分にも出来る事があると言うことを見逃さない

逆の考え方をすることによって劣等感を消去することができるということなのですが、この考え方を行うポイントとしては、自分にもできることをきちんと認めてあげることが大切ということです。

ただ他人と比べて他人が劣っている点を見つけて得意気になってるようでは、再び劣等感を感じた時に相手の粗探しをして自分を守るという、間違った防衛方法が身についてしまいやすいです。

なので、相手の劣っている点を確認した上で、大切なのはその延長線上に自分自身が周りよりも優れている点を見付けてあげるという事もセットに考えるようにしてください。

ただ相手が劣っている点を見つけて、劣等感から逃げているようでは結局何も成長することがありません。

きちんと、自分が優れている点を発見するところまでを考えるようにしなければ自分がの劣等感を本当の意味で消すことができません。

なので、ただ相手のあら探しをして満足するような考え方は必ず持たないようにしてください。

この基本的な考え方を間違ってしまうと、周りから嫌われてしまうような人間性になってしまう可能性があるので注意してください。

4、自分の事を好きになる

劣等感を乗り越えるためには自分のことを好きになることが大切です。

なぜ自分のことを好きになれば劣等感を乗り越えることができるのかと考えた時に、自分のことを好きであるならば、必ず自分に自信が持てるようになります。

自分に自信が持てるようになれば、自分の存在を認めることができるようになります。

自分の存在を認めることができるようになれば、周りから劣等感を感じるようなことが少なくなるはずです。

なぜならば、劣等感を感じているのに、自分が好きで、自分に自信を持っている人間はいないですよね。

なので、自分のことを好きになれば劣等感を乗り越えることができるということに繋がるはずです。

しかし、自分のことを好きになるという事は簡単なようでとても難しいことを理解しておかなければいけません。

自分の一番の理解者になる

自分のことを好きになるためには自分の一番の理解者に自分がならなければいけません。

ではどのようにすれば自分の一番の理解者になることができるのかと考えた時に、まずは自分のことをよく知る必要性があります。

それは、自分が周りと比べて出来ていない、劣等感を感じている原因を知ることも一つですし、周りと比べて優れている点を見つけることもそうですし、それ以外の自分の特徴などありとあらゆることを理解することが必要です。

つまり、今のありのままの自分を全て受け止めてあげることが大切です。

そしてありのままの自分を全て受け止めてあげた時に、冷静に自分を見つめなおし、弱い部分を改善するために努力したり、優れている点を見つけ出してあげたり、今度は徐々に自分を認めてあげる作業にシフトしてあげることが大切なのです。

その作業を行っていく中で、自分を好きになれる点がないのであれば、自分を好きになるために努力を行ったり、認めてあげられるように行動する事で好きになれる点を作り出していく作業へと移行すれば良いのです。

こうして自分を好きになれるように少しずつ歩みを進めていくことによって、最終的に自分のことを好きになれるようになり、自分自身が自分の一番の理解者になれるということです。

5、「わたしは出来る」と言い聞かす

劣等感を感じる原因は、自分に対して自信がない事も大きな理由のひとつです。

なので「わたしは出来る」と言い聞かせてあげる事も劣等感を乗り越えるためには必要な事です。

なぜ「わたしは出来る」と言い聞かす事が劣等感を乗り越えるための方法になるのかと考えた時に、理由としては、何度も何度も自分はできると言い聞かせることによって本当に自分にできると思わせることが大切だからです。

結局、劣等感を感じてしまう理由のひとつは自分に自信がない事で自分を好きになれていないことが原因です。

自分はできないからこそ、自分に自信を持てないのであって、自信を持てないから自分を好きになれていないのです。

なので、まずは考え方から変えていかなければいけないので、「出来ない」と思ってる自分から「出来る」と思う自分に考え方を変えてください。

そうする事で、少しずつ小さな成功体験を身につけていくことにより、たくさんの成功体験が得られるようになって初めて自分に自信を持つことができるようになります。

自分に自信を持つことができるようになれば自分のことを好きになれるようになるので、最終的に劣等感を克服することができるようになるのです。

なので「わたしは出来る」と言い聞かす事は劣等感を乗り超える方法になるということです。

自分を褒める事を習慣にする

自分が成功すると信じることも大切なのですが、それと同時に自分のことを認めてあげる習慣を身に付けることが大切です。

なぜならば、自分が成功すると信じる事で、自身を持てるようになれますし、自分を認めてあげる習慣を身に着ければ自分の事が好きになれるようになるからです。

なので、自分を認めてあげられるように自分を褒めることも習慣のひとつにしてみてください。

自信がない人ほど自分の行為に対して自分を褒めるという作業をしません。

他人がした時には褒めるのに、自分がした時には褒めないのは自分を認めてあげていない証拠です。

過剰に自分を褒める必要はないですが、一般的な感覚で自分を認めてあげる事が大切です。

頑張った自分を褒めて、引き続き努力をし続ける事でモチベーションも上がりますし、自分を認めてあげられる確率も上がります。

結果的に劣等感を乗り越える方法へと繋がるようになりますので、自分を褒めることも大切な習慣として受け入れるようにしてみてください。

6、自信が持てる環境を作る

劣等感を乗り越えるためには自分に自信が持てるような環境を作ることが大切です。

なぜ自分に自信が持てるような環境を作ることが劣等感を乗り越えることにつながるのかと考えた時に、そもそも劣等感が生み出されてしまう原因としては自分に自信が持てないことが大きな原因の一つです。

なので、自分に自信が持てるようになれば劣等感を克服することができ、劣等感を乗り越えられるようになるからこそ、自分に自信が持てる環境を作ることが大切ということになるのです。

では自分に自信が持てるような環境を作るためにはどのようなことに気を付けなければいけないのかと考えた時に、大切なのは自己肯定感育てなければいけないということです。

自己肯定感とは一体何なのかと考えた時に、自己肯定感とは、「自分はかけがえのない唯一無二の存在だ」「自分は意味のある存在だ」と感じられるような心の状態を意味しています。

つまり、自分を認めてあげることができる心の状態や、それに基づいた感情などを意味している言葉です。

これを育ててあげなければ自分に自信が持てるような環境を作ることはできないのです。

なので、自分に自信が持てる環境=自己肯定感を育てることができる環境という風に考えるようにしてください。

自己肯定感を育てる

自分に自信が持てないような環境に身を置いてしまうと自己肯定感が育たなくなってしまいます。

自己肯定感は幼少期の生活であったり、教育環境などによって大きく左右されてしまうものになりますので、場合によっては自分が今存在している環境を変えることが困難な状況もあるかもしれません。

最も、その頃はここまで難しいことを考えて行動できるような年齢ではない可能性もありますので、大切なのは劣等感を感じ、行動したいと思って思い悩んでいる時にいかに行動することが出来るかが大切です。

では、自己肯定感を育てることができる、自信が持てる環境を作るためにはどうしたらよいのかと考えた時に、自分にとって達成しやすい目標いくつか立てたりして、それを数多くこなしていくことによって小さな成功体験を作っていったり、こなすことによって得られる達成感を味わうことも一つの環境づくりとなります。

それ以外にも、自分が失敗をしてしまった場合に、必要以上に思い悩んだりはせずに、失敗は一時的なものであり、これが永遠に続くようなものではないと割り切って考えるようにしたり、ネガティブな言葉を用いないようにするなど、ポジティブシンキングを身につけることも一つの環境づくりです。

また、自分のことを否定するような原因になっている人物であったり、環境などからは極力離れるようにして、違う環境で生きることを選択するような行動をすることも一つの方法です。

どれも自分が注意して考えてみれば、すぐに行えるようなことばかりです。

このようにして少しずつ自分に自信が持てるような生活環境を作っていくことによって、最終的に自分に自信が持てる様な心境へと変化させることができるようになります。

そうすることで自己肯定感を育てることができるようになり、劣等感を乗り越えられるようになるはずです。

自分の事を認め、一番のファンになってあげましょう

自分のことを認めて、自分の出来ていないことや自分の弱い部分を受け入れることはとても勇気が要る事です。

しかし、それをしなければいつまでたっても弱い自分のままであり、現実から逃げ続けなければいけなくなってしまいます。

なので、早い段階で自分の事をまずは認めてあげて、最終的に自分が一番のファンになってあげるように心がけることが大切です。

そうすることによって自分のことを好きになり、自分に大きく自信を持てるようになるはずです。

自分に自信を持つことができれば素敵な人生を生きることができるようになるはずなので、自分の人生を楽しく過ごすためにもまずは自分の考え方から変えるようにしてみてください。

劣等感を乗り越えてこそ、本当の自分の人生を生きられるようになるはずです。