私たちが今を過ごしているのは、過去のたくさんの人たちが今を作ってくれたおかげなのです。

それを踏まえて考えてみると、私達よりも年齢が上の世代の人間、もしくはすでに亡くなってしまった人間に対して感謝の念が生まれるはずです。

今の日本という素晴らしい国が存在しているのも、私たちの先祖が様々なことをしてくれたおかげで今の日本が成り立っていると考えることができます。

それは日本だけに限らず、世界も全く同様です。

全世界に存在している国々、そして全世界に存在してる人間たちがいてくれたからこそ、様々な関わりが生まれていたからこそ、今があり、日本という国が存在しているのです。

だからこそ私たちは歴史を勉強したり、日本や海外の偉人たちの功績などを知っておかなければいけないのです。

どんな偉人たちがどんなことをやってのけたのか、どんな偉人がいたからこそ今につながる発見があるのか、という事などを関連づけて考えられるようにしておかなければいけません。

過去に存在している偉人も、現代に生きている偉人もたくさん存在していますが、今回は海外の偉人である、ゴルバチョフをテーマにして、ゴルバチョフが行った功績についてご紹介していきます。

ゴルバチョフってどんな人?

世の中に存在している偉人、過去に存在していた偉人などはたくさんの人間が存在していますが、そんな中でも今を生きている偉人であるゴルバチョフは日本においてとても人気だった人物です。

あなたはゴルバチョフがどういう人間なのか知っていますか?

若い年代の方からすれば、歴史が好きな人ではない場合はよくわからないかもしれませんね。

しかし、ゴルバチョフは日本においてもそれなりに人気があったことから、大多数の日本人が知っている存在なのです。

歴史を知らないと恥をかいてしまう事もあるかもしれませんので、ある程度どういう事を行った人物なのかという事くらいは知っておいた方が良いはずです。

もしもゴルバチョフがどういう人物なのか知らないという方は、この機会にどういう人間だったのかという事を詳しく知るきっかけにしてみてください。

ゴルバチョフのプロフィール

ゴルバチョフを知らないという方のために、ここからはゴルバチョフの簡単なプロフィールについて詳しくご紹介していきます。

ゴルバチョフは先ほどもお伝えした通り、ロシアの人間ではありますが、日本にとって大きな存在でもあります。

だからこそ、なぜゴルバチョフが日本にとって大きな存在なのか、どういう事をしてくれたのか?

という事を知る事によって、当時の歴史なども想像をすることが出来るようになり、広い視野を持って歴史を感じられるようになるはずなので、歴史背景も考えながらゴルバチョフの偉大さを確認してみましょう。

ミハエル・ゴルバチョフ

ゴルバチョフの本名は、ミハイル・セルゲーエヴィチ・ゴルバチョフという名称であり、ソビエト連邦、及びロシア連邦の政治家として知られています。

ミハイル・セルゲーエヴィチ・ゴルバチョフは1931年3月2日生まれの現在は86歳というかなり高齢の男性です。

ソビエト連邦は1922年から1991年までの間にユーラシア大陸に存在した国で、元々ソビエト社会主義共和国連邦という名称がありました。

しかしながら、途中でソ連は崩壊してしまいますので、それ以降はソビエト連邦の拳将国として独立しロシア連邦となっています。

ミハイル・セルゲーエヴィチ・ゴルバチョフに関してはこれまでの歴代指導者のうち、1922年のソ連成立後に生まれた最高指導者はミハイル・セルゲーエヴィチ・ゴルバチョフだけとされています。

これはとても名誉な事であると考えることが出来ます。

これらの事から、ミハイル・セルゲーエヴィチ・ゴルバチョフはロシアだけではなく、世界的に有名な存在という事で知られているのです。

ソビエト連邦の政治家

ゴルバチョフはもともとソビエト連邦の政治家として活動を行っていました。

1985年3月にソビエト連邦共産党書記長として就任する事になります。

これはソビエト連邦共産党中央委員会の職務上の役職になっており、どういう役職になるのかと言うと、ソビエト連邦共産党の事務官という立場になります。

簡単に言えば、ソビエト連邦の最高指導者という位置付けになると考えることが出来ます。

つまり、日本で言えば内閣総理大臣、首相に当たる立場であると考えることが出来、相当な立場であるという事がお分かりいただけるはずです。

アメリカならば大統領、もっと言えば今のロシアのプーチンのような存在であると考えることが出来ます。

そして、ソビエト連邦共産党書記長という言葉から、肩書きに関しては「書記長」と呼ばれており、これ以降たくさんの国がこの肩書を利用するようになっています。

今話題になっている北朝鮮に関しても以前総書記、第一書記などいう言葉を使ったりしている場面を聞いた事がある方も多いと思います。

これはロシアの影響からだと考えられます。

国家の領土などもかなり広いですし、国家としてかなりの力を持っているロシアだからこそ、他国に関しても大きな影響力があり、そんな国家のトップとなっているゴルバチョフはやはり相当な実力者であると判断することが出来ます。

頭がトレードマーク

ゴルバチョフに関しては、外見的な特徴として頭がトレードマークだとたくさんの人間から考えられていました。

なぜなら、ゴルバチョフの頭は綺麗なハゲ頭になっており、寂しくなってしまった頭髪が両サイドだけ残っている状態であり、なおかつ頭には痣があった事から、それが大きな印象を与えていたからです。

痣に関してはなんとなく形が世界の中の大陸のような形をしていたりするので、世界地図のようだと言われていたりする場合もあります。

この痣に関しては、なぜなのかという真偽があまり明らかになっていないのですが、一般説には加齢による、老班ではないのかと言われています。

日本からも人気だった


ゴルバチョフに関しては日本においてかなり人気を誇っており、特別の相性などもつけられたりして呼ばれていました。

では、なぜゴルバチョフはこれほどまでに日本で人気を誇っていたのかと考えた時に、実は日本以外でも海外からある程度の人気を博していたと言われています。

その理由としては、ゴルバチョフがどちらかといえば国際社会との付き合い方においては、自分たちの意見を貫くというよりは対話主義を心がけていました。

なので、例えば領土問題にしても、本来であれば自分たちの国の領土だと主張したいのであれば相手の国試聴を認めたりすることはデメリットになりますし、相手国に対する姿勢が弱かったりすると自分たちの国民から批判が招かれますので、自分の政権を維持することが困難になるので本来であればやろうとはしません。

これは領土問題に限らず、自分の国にメリットがある事に関しては大体の国がこのような姿勢を取っています。

しかしながら、ゴルバチョフに関してはきちんと対話を重ねていくことによって相手国と問題を解決していこうとする姿勢を持っているのです。

日本はどちらかといえば海外と比べて平和な思想を持っている人間が多いので、このような対話路線を行うゴルバチョフに対して良いイメージを持つ人間の方が圧倒的に多いのです。

これはもちろん海外にとっても対話をしてくれるという点においては同じ感覚であるはずです。

なので、結果的には海外の人間にとってはゴルバチョフが良いイメージを持っており、ゴルバチョフとなら様々な話し合いをしたいと考えて受け入れているのです。

ゴルビーという愛称

ゴルバチョフはゴルビーという愛称で親しまれていた事も有名です。

このような可愛らしい相性が付けられているという時点で日本でゴルバチョフがある程度認められていたという証拠であり、ゴルバチョフの人柄などもある程度日本人が理解していたという事実に繋がると思います。

実際にしゃべっているところを見たことがない人からしても、ハゲ頭にくりくりした目に痣のトレードマークなどを見ていると可愛らしい印象を持つ可能性も高いのがお分かりいただけるはずです。

ロシアでは評価が分かれる


日本やそれ以外の海外の国でゴルバチョフはかなり良い印象を持たれているということをご紹介しましたが、そもそもゴルバチョフが所属しているロシアの人間に関しては、ゴルバチョフに対してあまり良いイメージを持っていないような人間も少なからず存在していました。

どうしてこれほどまでにたくさんの人間から認められているゴルバチョフが、自国であるロシアの人間から評価が分かれているのかと考えた時に、いくつか判断が分かれる要素が存在しているからです。

まず考えられるのは、ロシアという地域が生んでいる人間の価値観です。

これはどういうことかと言いますと、ロシアに関しては元々指導者として国を引っ張っていく人間は強い人間であるべきであると考えられています。

確かに国を引っ張っていく人間は強い人間であってほしいと考えるのはどの国も同じかと思いますが、あくまで一説に過ぎないのですが、ロシアは他の国と比べて北端に位置していますので、かなり寒さが厳しい国としても知られてます。

なので、自然環境がとても劣悪な条件になったりすることもあるので、ただ生きるだけでも相当な苦労が必要になる場合があります。

それを踏まえて考えてみた時に、どんなに人間性があって優しくて話が通じるような指導者であったとしても、国民を路頭に迷わせてしまうような人間は悪でしかないという考え方を持っています。

なので、結果を出せる人間であれば、たとえ独裁者であったとしても、国民を路頭に迷わせないのであればその方が評価できるという考え方を持っている人間がかなり多いのです。

なので、ロシアにはこれまでスターリンであったりプーチンなどかなり実力を持った強い指導者が長く政権を握っている状態が続いていると考えることが出来ます。

それを踏まえて考えてみると、ゴルバチョフの海外に対する姿勢というものは、これまでの指導者と比べて若干弱く感じてしまったのも原因になっているのかもしれません。

ソ連を崩壊させたこと

なぜゴルバチョフがロシアで評価が分かれているのかと考えた時に、さらに大きい理由が一つ存在しています。

それは、ゴルバチョフがソ連を崩壊させてしまったという事実が存在するからです。

なぜゴルバチョフがソ連を崩壊させてしまったのかと考えた時に、まずゴルバチョフがトップになってから、ゴルバチョフはアメリカとの間で続いていた冷戦の終結を宣言しました。

第二次世界大戦以降はアメリカとソ連冷戦の時代に入っていたからです。

ちなみに、武力で争うのが熱戦と称されてるのに対し、冷戦とは、アメリカの資本主義と自由主義、そしてソ連の共産主義と社会主義が対立している様を表している言葉です。

これは二国間の争いというわけではなく、それそれの主義を持っている国同士が世界的に争っているような様も表しています。

結局この冷戦が様々な影響を与えることになってしまい、最終的に冷戦を緊張緩和させなければいけないということになり、冷戦終結させるための宣言を行ったということに繋がるのです。

しかしながら、その時すでにそれに関してはかなりアメリカと比べて分が悪い状況になってしまっています。

そのような状況を改革しなければいけないということでゴルバチョフが立ち上がり、ゴルバチョフがペレストロイカと呼ばれる全面的な改革を提唱し始めます。

しかしながら、ゴルバチョフが行った全般的な改革であるペレストロイカは結局失敗をしてしまって、最終的にゴルバチョフに反対する共和党内の人間がクーデター起こしてしまい、政党を維持することができなくなってしまい共産党の解散宣言するようになってしまいます。

そして、ソ連は共産党によって統一された国々で出来ていたので、これが解散する事によって事実上のソ連が崩壊という形になってしまうのです。

それによって、解体されてしまった国々の関係虹が現在もうまくいっていないことが問題視されており、ロシアに新しい問題を作ってしまった人間であると考えられて評価が二分されているのです。

日本の大学で名誉博士に!

ゴルバチョフは日本においてはかなり人気の人物としても知られていますので、日本においてもたくさんの活躍を行っています。

ソ連の代表として活動していた後にも、日本にわたって大学などでもたくさんの活躍を行ってくれています。

具体的には、日本の大学で名誉博士に任命されていたりするということでも知られています。

海外で代表を務めた事がある人間が日本の大学で名誉教授になってくれるという事はとても素晴らしい事であり、その大学にとってはとても大きな自慢にもなります。

実際にゴルバチョフは名前だけではなく、日本での大学これまでに有意義な活動を行っていますので、それぞれの大学においてどのような活動を行っているのか具体的にご紹介していきたいと思います。

日本大学

日本大学は東京都千代田区九段南に本部を置いている私立大学です。

1920年に設置されたことでも知られており、日本最大の規模を誇っている有力大学としても知られています。

世界的な視野を持って教育の発展家人類社会への貢献を教育目標としながら、社会で活躍できる人材を教育する場として知られている大学なのですが、ゴルバチョフは日本大学において日本大学名誉博士とされています。

ゴルバチョフは日本大学においてどのような活動を行っているのかと考えた時に、日本大学の開設記念事業の一環として、ペレストロイカ20周年を記念して記念講演会を開催したりしていることでも知られています。

実際に平成17年に記念講演会を行っており、参加費無料などで公演を行うなど、非常に有意義な時間をたくさんの学生の方に与えてくださっています。

一国のトップに立って人間が無料で公演を行ってくれるというのは考えられないくらい魅力的ですよね。

このように、積極的に日本大学において活動を行っており、十分名誉博士としての魅力を発揮してくれていると考えることが出来ます。

創価大学

ゴルバチョフは創価大学においても創価大学名誉博士の称号を有しています。

創価大学は東京都八王子市丹木町に本部を置いている私立大学です。

1971年に宗教法人創価学会の第三代会長であった池田大作によって創立されたと知られています。

創価学会は日本の宗教法人として知られており、法華経系の在家仏教の団体です。

日本国内においてはなんと827万世帯も擁していると知られており、国内でも最大の宗教法人でもあります。

芸能界においては久本雅美さんであったり、山本リンダさん、柴田理恵さん
さらには海外の俳優でもある、オーランド・ブルームさんのなども創価学会の会員として知られています。

そして、ゴルバチョフに関しては1990年7月27日にモスクワで創価学会の池田大作と対談を行っています。

そこからゴルバチョフと池田大作の関係は始まったとされており、ゴルバチョフ曰く「会長のような人物という友情を結ぶことができた運命に私は感謝したい」と述べています。

その後も1991年の春にはソ連の大統領という立場で来日した際には、ハードスケジュールの中で池田大作と会い、変わらぬ友情の時間を過ごしたと言われています。

それとも二人の関係は続いており、創価大学においての創価大学名誉博士の称号が送られるようになったという風に解釈することが出来ます。

つまり、創価大学を創設した池田大作との友情が名誉博士を送る事に関連していたと捉えることが出来ます。

明治大学

ゴルバチョフは明治大学においても明治大学名誉博士の称号を与えられています。

明治大学は東京都千代田区神田駿河台に本部を置いている日本の私立大学であり、1881年に創立され、現在に至るまでたくさんの学生を輩出している大学でもあります。

明治大学は2009年12月10日にゴルバチョフ元ソビエト連邦大統領に対しての明治大学名誉博士の学位の贈呈を行っており、冷戦が終結して20年という節目の時期ということもあり、特別にゴルバチョフを招いた上で特別フォーラムとして冷戦終結20年これからの世界と題して、講演を行っています。

明治大学のホームページに行けば、実際にその時の映像などを動画で確認することが可能になっていますので、興味がある方は明治大学のホームページに行って動画をダウンロードして見てみてください。

ゴルバチョフのゲームがある?

最近の若い方であれば知らないかもしれませんが、ゴルバチョフに関連したゲームが発売されていたことでも知られています。

一国のトップをゲームにするということは今考えてみるとなかなかできないようなことだと思いますが、1991年4月12日に、任天堂ファミリーコンピューターの対応しているコンピュータゲームで販売されています。

いわゆるパズルゲームとされており、比較的どんな形でも楽しめるようなゲームスタイルとなっています。

そもそもなぜゴルバチョフのゲームを販売することになったのかと考えた時に、一般的に考えればあ失礼なことになるかもしれませんが、当時の考えとしては、ソビエト連邦の大統領でもあるゴルバチョフと日本は良い関係をむすんで行かなければいけない立ち位置にありました。

だからこそ、そうほうが良い関係を築いていくためのパイプラインを繋がなければいけないと考えていました。

だからこそ、大統領のゲームを作ることによって、それをきっかけにして日本とソ連という国がより助け合えるような関係性になってほしいということがコンセプトになっています。

ゴルビーのパイプライン大作戦

ちなみにゴルバチョフのゲームに関してはタイトルは「ゴルビーのパイプライン大作戦」という名前になっています。

ゴルビーのパイプライン大作戦という名前の通り、そのままパイプをつなぎたいという願いが込められているのがバレバレになっているのですが、その名前もパイプをつないでいくという意味でパズルゲームになっており、落ちてくるブロックを上手に組み合わせて行くことによって、それぞれのブロックがバイクの形になっていくのでどんどんつなげて行き最終的には日本とロシアをつなげていくという目的で行っていくようになっています。

こうして考えてみると、二つの国が良い関係を結べるように様々な部分を考えてゲームが作られていると捉えることができますので、魅力的なゲームであると考えることもできます。

さらにこのゲームの面白いところは、ゲームの中で様々な音楽が使われており、その音楽がロシアの音楽家の音楽を採用しているということです。

モデスト・ムソルグスキー、ピョートル・チャイコフスキー、ニコライ・リムスキー=コルサルフ、ミハイル・イッポリトフ=イワノフなどの有名なロシアの音楽家を採用している事もポイントが高く、よくできたゲームであると感心させられる所以だと思います。

SMAP×SMAPにゲスト出演も

ちなみにゴルバチョフに関しては、今では解散してしまいましたが、国民的アイドルグループでもあるSMAPの番組でもあるSMAP×SMAPにゲスト出演したという事でも話題になっています。

一国の元大統領がSMAP×SMAPに出演するという事はとても凄い事であり、当時かなりの話題となっていました。

実際にSMAP×SMAPにゲスト出演した時には天ぷらとおつまみをオーダーして、満足に食べてくださったとの事です。

他国のバラエティ番組にも積極的に出演してくれるというのはまさにゴルバチョフの人柄があってのことだと思います。

こういった良い人柄なども見え隠れしているからこそ、たくさんの人間から認められて、一国のトップになしあがる事も出来、なおかつ日本人からも好かれている一つの理由になっていると捉えることができます。

ゴルバチョフが受けた栄誉

ゴルバチョフが偉大な人間であるということはこれまで触れてきた役職などからも明らかではありますが、それ以外にも数々の栄誉をたたえる賞などを受賞しています。

ゴルバチョフがどういう賞を受賞しているのかということは彼の功績を理解する上でも、とても大切なことになります。

そこで、ここからは具体的にゴルバチョフがどのような栄誉を受賞しているのか詳しくご紹介していきます。

この栄誉から、彼がいかに素晴らしいのかという事を改めて理解するきっかけにしてみてください。

労働赤旗勲章受章

ゴルバチョフは労働赤旗勲章受章を受賞しているという事でも知られています。

労働赤旗勲章受章とは、ソビエト連邦が制定している勲章のことを意味しており、どのような人間がこの賞を受賞することができるのかと考えた時に、一般的には卓越した労働や技術の功績を達成したとされている民間人に対して重用されていることでも知られています。

元々は1920年の12月28日に創設されており、始めて授与されたのが1921年6月28日とされています。

これまでに授与された数は合計で約122万人となっており、ゴルバチョフはその中の一人として知られています。

レーニン勲章

それ以外にもゴルバチョフはレーニン勲章を受賞している事でも知られており、レーニン勲章はその名前の通りウラジーミル・レーニンにちなんでつけられたと言われています。

レーニン勲章が授与される場合に関してはある程度の判定基準が存在しており、具体的にはまず、今回の優れた奉仕を行った人間であるということ。

軍隊での模範的な功績を挙げた人物も含まれており、人民間での友好と連帯の推進によって平和を強固にしたものという判定基準も存在しています。

そしてやはりソビエト国家と社会への賞賛に値する功労者が認められるという複数の観点から判断されています。

レーニン勲章に関しては指導者の名前を冠している勲章でもありますので、ソビエト連邦においては授与される最高の勲章として認められている賞です。

その勲章をゴルバチョフは授与していると考えると、やはり偉大な人物であるという事がお分かりいただけるはずです。

ちなみに余談としてですが、レーニン勲章を一番多くもらっている人物は何と12回も受章をしていると知られており、ニコライ・パトーリチェフがその記録を保持しているとされています。

十月勲章

ゴルバチョフは十月勲章と呼ばれる勲章も受章されており、十月勲章は正式には十月革命勲章という名前であり、十月革命の50周年を記念して1967年から制定された勲章として知られています。

十月革命勲章はどのような特徴を持っているのかと考えた時に、一般的には共産主義の状態を前進させる場合か、ソビエト連邦の軍隊や市民の防衛に貢献した個人や団体に対して授与されていることでも知られています。

ちなみにソビエト連邦においては非常に価値のある勲章として知られており、先ほど触れたレーニン勲章がソビエト連邦において一番名誉のある勲章だとすれば、十月革命勲章はそれにつぐ価値のある勲章として知られています。

そのどちらも受賞しているゴルバチョフはやはり魅力的な人物であるという事の証明にもなります。

ノーベル平和賞

ノーベル平和賞はアルフレッドノーベルがスウェーデンとノルウェーの二つの国の和解と平和を祈念した事で送られ始めてた章であり、世界的にも名誉ある賞として知られています。

そのノーベル平和賞ゴルバチョフが受賞していることでも知られています。

元々1901年から始まり現在に至るまでノーベル平和賞が贈られ続けているのですが、基本的には国家間の友好関係を築いた人間だったり、軍備の削減や廃止、平和会議の開催、推進のために最大の貢献をした人物や団体に対して授与されるべき賞だと言われています。

つまりは平和を作ろうと功績を立てた人物に称されている名誉ある賞ということです。

ノーベル平和賞に関しては、毎年3名までの授与を決めており、ノルウェーにあるノーベル委員会が選定を行っています。

まさにたくさんの国々と対話路線を測って友好的な関係を築こうとしてゴルバチョフにふさわしい賞だという事がお分かりいただけるはずです。

ハーヴェイ賞

ハーヴェイ賞はイスラエル工科大学が主催している賞として知られています。

ハーヴェイ賞が授与される判定基準は科学技術を進展させたかどうか、そして人類の健康福祉の増進、又は中東和平に対して貢献したかどうかなどが判定基準となっています。

ゴルバチョフはハーヴェイ賞を1992年に受賞しています。

和平に貢献し、世界に大きな影響力を与えられるゴルバチョフの偉大な功績が認められていると考えることが出来ます。

ゴルバチョフはヒーローか?それとも…

ゴルバチョフはこれまで触れた内容を考えてみれば、まさに偉大なヒーローであると感じるかもしれませんが、それは個人の見方に過ぎません。

ロシアの人間からしてみれば、厄介な事をしてくれたと感じる人もいるかもしれないのです。

そう考えてみるとこの世の中には絶対的な正義はないのかもしれません。

だからこそ、自分が何を信じてどうしたいのかという事を考えて行動しなければいけません。

自分自身の意思をもって、これからの人生を生きてゆけば、ゴルバチョフのように人から認められる生き方が出来るのかもしれませんね。