身体のどこかが気になって仕方ないということはありますか?

他人の身体のあるパーツばかりが気になっているというようなことがあれば、それはフェチだということになるのではないでしょうか。

特に女性に多いのが手の甲フェチと呼ばれるものです。

手の甲が綺麗な人に惹かれる人が多いのです。

もしくは手の甲に男らしさを感じて、そこばかりが気になってしまう人も多いのです。

それでは、この手の甲フェチと言うのはいったいどのようなものなのでしょうか。

手の甲フェチだという人が思わずしてしまうようなことには何があるのでしょうか。

手の甲フェチが気にしてしまう手の甲のポイントにはどのようなところがあるのでしょうか。

分からない人には分からない、分かる人には分かる手の甲フェチのポイントについて見てみることにしましょう。

世の中には様々なフェチがある

フェチと言う言葉聞いたことはありますか?

フェチと言うのは、元々はフェティシズムと言う言葉から来ています。

身体のある部位や、ある特定の特徴にひどく興味を持っているようなことをフェチと言います。

例えば、人の手が気になって仕方ない、人を評価するときに、思わず手を基準としてしまう、手が綺麗な人に惹かれてしまうというようなことがあれば、それは手のフェチであるということにあるでしょう。

フェティシズムは、必ずしも身体のパーツだけに成り立つものではありません。

例えば声やにおいなどについても成り立つのが面白いところですね。

さらには、事物に対して起こることもあります。

例えば、バッグや靴、カバンなどですね。

何か特定のものに対して、他の人は理解できないような愛情を抱いているというようなことがあれば、それはフェチだということになるのではないでしょうか。

あなたのフェチはなに?


フェチと言う言葉で表現されるほどに極端ではなくても、人間を見るときについ注目してしまう場所が必ずあるはずです。

あなたにとっては、それはどこに当たるでしょうか。

最初に人を見るときには思わず顔を見てしまうものですが、顔だけではないどこかに注目しているのなら、それは軽いフェチになっているのかもしれません。

どこか注目している場所はありますか?ここでは、意外と女性が注目している「手の甲」について詳しく見てみることにしましょう。

手の甲フェチについて

手の甲フェチというと、特に手の甲に対して好きだという気持ちがわかない人にとってはよく分からないことかもしれませんね。

手の指ではなく、手の甲にはあまり表情が表れないので、どうしてそこが好きなのかと言われても不思議に感じるでしょう。

男性は特に、女性の手の甲には興味がないと思っている方が多いのではないでしょうか。

ですが、実は、手の甲フェチと言うのはそれほど珍しいことではありません。

手の甲フェチだという人は、どのようなところに魅力を感じているのでしょうか。

また、どうして手の甲が好きだと感じるのでしょうか。

手の甲に興味がない人にとっては分かりにくい「手の甲」の魅力について見てみることにしましょう。

手の甲にキュンとする人が多い!


手の甲にきゅんとするという方は、女性にとても多いように思えます。

女性は男性の手の甲に対して魅力を感じてきゅんとしてしまうのです。

もちろん、女性の中でも興味がないという人はいますが、実は隠れ手の甲フェチだという人は少なくないでしょう。

また、フェチだというわけではなくても、何となく手や腕が気になってしまう、手の甲を見てしまうという人もいるはずです。

男性にとっては女性の手の魅力と言えば白魚のような指化と思いますが、女性はむしろ手の甲や、あまり動きのない部分を見ているのです。

「手の甲フェチである」と言う話をしたときには、男性にはあまり共感してもらうことができないかもしれませんが、女性には意外と分かってもらえるということがあるでしょう。

手の甲の魅力はどこにある?

手の甲の魅力と言うのは、男性らしさにあると思えます。

男性に守ってもらいたい、男性らしい魅力にドキドキするという女性にとっては、手の甲がとても魅力的なのです。

それほど氷上の顕れる部分ではないと思っている方もいるかもしれませんが、それは違います。

例えば、宝塚歌劇団の男役などは、手の表情に気を遣っていると言います。

これは、男性の露出している部分は手の甲が多く、かつ、ごつごつしていればそれだけ男らしさを出すことができるからです。

つまり、手の甲と言うのは、女性らしさ、男性らしさを分けるような部分であるということもできるかもしれません。

自分にはない、マニッシュな魅力を感じることができる部分と言うのが手の甲なので、思わず手の甲を見てしまうという女性がいるのですね。

また、手の甲ではありませんが、腕の筋に注目しているという人も、同じ理論であるはずです。

女性はあまり血管が浮き出るということがありませんし、ごつごつもしていませんから、そういったところに男性らしさを感じてドキドキしてしまうというのがフェチの原因なのです。

手の甲フェチが好きな8個のポイント

手の甲フェチが手の甲を好きだと感じるポイントとしてはどのようなところがあるのでしょうか。

手の甲と言っても、様々な特徴がありますが、その中でも手の甲フェチの心をつかむのはいったいどのようなところなのでしょうか。

普通の人はあまり見ていないような魅力あふれる手の甲のポイントについて詳しくご紹介します。

浮き出ている血管

手の甲フェチの人にとってたまらないのは、手の甲に浮き出ている血管だと言えるのではないでしょうか。

手の筋に浮き出ている血管は、女性よりも男性の方がはっきりしているようですね。

筋張っている印象を与えるような手の場合には、大抵はこの血管が浮き出ており、それが男らしさを表現しているのです。

特にすごい人では、腕から手にかけての血管が綺麗に浮き出ているのが見えるでしょう。

手が大きい女性もいますが、血管が浮き出ているような手になるのは、男性の方が多いですね。

自分にはない、その生々しい手の見え方が何とも言えずにたまらないという女性は多そうです。

こうした血管は「はっきり見えているのが良い」「さりげなく浮き出ているのが素敵」など、どれくらいの浮き出方が良いのかということについては人によって好みが違います。

同じ手の甲フェチであったとしても、どの手が好きかが異なり、その決め手のポイントの大きな一つとなるのが手の甲の血管なのです。

見えている骨筋

血管と並んでファンが多いのが、男性の手の甲の骨筋でしょう。

骨がごつごつしていると、まるで職人のような大きくて怒らしさの象徴のような手になります。

逆に、手の骨筋があまり目立たない人だと、女性のような綺麗な滑らかな手になるのではないでしょうか。

この骨の浮き方も人によって全く異なりますし、どの程度の骨の浮き方が好きなのかということについても人によってかなり異なるでしょう。

男性は女性よりも骨が太いので、そうしたところをパッと見て感じることができるのも手の甲の骨筋の魅力です。

大きくて硬そうな骨ばった手は多くの女性の憧れとなっていますね。

適度なゴツゴツさ

適度にごつごつした手も女性の取っては憧れの手の一つだと言えるでしょう。

適度にごつごつしているというのは、上述のような手の血管納期出ている具合と、それから骨筋のバランスによります。

血管や骨筋も人によって全く異なるものですが、そのバランスとなると一人ひとり異なりますよね。

適度にごつごつしているというのは、女性にとっては一番受けが良いのです。

男性らしい手を求めているけれど、そこに綺麗さもあってほしいという我儘な気持ちがあるからこそ、バランスの良い手を求めているのです。

手の甲に浮き出ている血管や骨筋のバランスが良い人に出会うことができれば、それは理想の手だということになるでしょう。

もちろん、どれくらいのバランスが好きかということに関しては、これもまた人によって異なりますので、自分好みの手の人を見つけるのは本当に大変ですよね。

清潔感

女性が求めている手は男らしい手ではありますが、その中でも清潔感があるというのは絶対的に必要なのではないでしょうか。

綺麗に手入れされている手の方が、女性にとっては受け入れやすいのです。

手の筋が浮き出ているような男らしい手であったとしても、肌がガサガサなようではあまり触りたいと思えませんよね。

その手が自分に触れたときに、不快感がない方が女性にとっては人気が高いのです。

男性が手に清潔感を出すのは難しいかもしれませんが、ハンドクリームなどを使って肌をきれいにしていると、自然と生活圏のあるような手に見えるでしょう。

肌の手入れはつめの手入れをしっかりしていることが、綺麗な手を作り出すことになるのです。

清潔感のない手では、せっかくの恵まれた大きさと骨格であっても残念で、女性にとって魅力的なものであるとは言えませんね。

白くて綺麗な肌

白くてきれいな肌と言うのは、どちらかと言うと女性の手が好きな男性に当てはまるのではないでしょうか。

女性が男性の肌に求めているのは白さではないからです。

女性の手に引かれるという男性も一定数いるでしょう。

そういったタイプのフェチの場合には、やはり女性の白魚のような手に惹かれるものです。

女性の手の綺麗さをそこに求めているということですね。

白い綺麗な肌は、顔で保つことができていても、手で保つことはできていない人もいるかもしれません。

手の白さを保つことができるのは、きちんとケアをしている人だけです。

手は日焼けしやすい場所ですから、その白さを保つのは大変なのです。

滑らかな綺麗な肌に細い指というのは、男性にとっては女性の美しさの象徴なのではないでしょうか。

平べったさ

平べったい手に憧れる人もいるようですね。

あまり骨ばっている手が好きではないという人は、手の甲が平べったい方が好みだということもあるようです。

男性の大きくて平べったいところが何となく素敵だというセンスの人もいるのです。

全員が全員、骨ばってごつごついているところが好きだというわけではないということが分かりますね。

平べったい手の人も、筋を浮きだたせるような努力をしなくても構いません。

のっぺりしているところが素敵だという人もいるのです。

確かに、そちらの方が触れたときに心地が良いということもありますよね。

指とのバランス

手の甲が好きな人は、手の甲そのものだけが好きなだけではなく、指とのバランスが好きだということもあります。

指とのバランスは手の甲の魅力を決めるときにはとても大切なポイントになります。

指だけが長くてもバランスが悪いですし、甲だけが大きくても、何となく決まらないというように考えている人がいるのではないでしょうか。

どの程度の大木さの手であり、指とのバランスが良い手と言うのは女性人気がとても高いものです。

指が長い人を見ていると、そのバランスが良い人は好かれますし、その手を見ていたいと思ってもらえるでしょう。

最も、バランスに関しても好みがありますので、必ずしも自分にとってベストのバランスが、他の人にとっても最高であるとは限りません。

ものを持った時の美しさ

ものを持ったときの美しさと言うのも大切ですね。

手はそこにあるだけではなく、色々な動きをすることで表情を持つようになります。

綺麗な滑らかな手だと思っていても、力を入れたときに筋が浮き出て好みの手になるなど、色々な表情を見るのが良いのです。

手の甲が綺麗な芸能人

手の甲フェチを自覚している人にとっては、芸能人を見るときにも、やはり手の甲を見てしまうでしょう。

手の甲が綺麗な芸能人を見ていると、対応援したくなるという女性も少なくありません。

こうしたフェチの女性にとっては、芸能人は顔が綺麗なことはもちろんですが、手が綺麗だということが何よりも大切なのです。

それでは、手の甲が綺麗な男性にはどのような人がいるのでしょうか。

手の甲フェチにはたまらない、素敵な手の甲を持っている男性の芸能人を集めてみました。

是非チェックしてみてくださいね。

松山ケンイチ

松山ケンイチさんは俳優として知られている人ですが、彼は手の甲フェチにはたまらない手を持っているようですね。

確かに画像で確認してみると、長い指を見っているような気がしますし、そもそも手が大きいというような特徴があるように思えます。

ごつごつと血管が浮き出ているというわけではないようですが、女性の顔をすっぽりと包み込めるような手の在り方を見ていると、ドラマや映画を見ながら、思わずドキドキしてしまう人も多いでしょう。

手の甲フェチではない方も、今後、松山ケンイチさんの手に注目して見てみると、そこにドキドキしてしまうということもあるのではないでしょうか。