人生のすべての時間の中で働いている時間を考えると、人生の中では労働がかなりの時間を閉めているということが分かります。

このために、働くために生きているのか、生きるために働いているのか分からないという人も出てきてしまうのです。

働くということが必ずしも楽しいことではないのは確かですが、その職場が自分に合っているかどうかによって労働への気持ちが大きく変わるのも確かでしょう。

自分に合った職場にいれば、労働はい比較的楽しいものになるかもしれません。

自分の能力を伸ばすことができるので、毎日働いているのが幸せだと感じるでしょう。

ところが、その一方で、働くことが苦痛だと感じる人もいます。

そういった人の頭に過るのは「転職」の文字なのではないでしょうか。

日本もだいぶ変わってきましたので、昔のように、一つの会社にずっと勤め続けることだけが良いことだとされるわけではなくなってきました。

最近では若者に転職を勧めるような広告も見られますよね。

それでは、40代での転職はどうでしょうか。

若者の転職ではなく、40代の転職というと若者の転職と比べてかなり状況が変わってきますよね。

年齢も地位も何もかも若者とは異なるので、そこで0から始めるというのは難しいこともあるかもしれません。

ここでは、40代の転職について詳しく見てみることにします。

転職の文字が頭をよぎり始めた方は、ぜひこの40代の転職について色々な知識をつけて見てくださいね。

40代からの転職って実際どうなの?

 40代からの転職というと、実際に現実はどうなっているのでしょうか。

現在では車内広告や雑誌で転職を勧めているものがたくさんありますが、実際に40代になってからの転職というとたくさんの不安が伴っているはずです。

実際に自分の年齢と転職を考えると、怖くて踏み出せないという人も多いでしょう。

40代の転職の成功例を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、それがすべてではないことも確かですよね。

40代の転職の現実について少し見てみることにしましょう。

40代転職は少し難しい


 40代の転職はいったいどのようなものなのかというと、実際のところは少し難しいというのが答えのようですね。

何歳からでも転職ができそうな広告を見ることがあるかもしれませんが、実際に転職の現実を見たときに、40代というのは、喜ばれるような年代ではありません。

40代で転職をするというと、多くの方が不安を抱えるかもしれませんが、その不安は杞憂ではないということですね。

実際に転職市場に出てしまった場合には、苦戦する可能性がとても高いはずです。

もちろん、絶対に無理だというわけではありません。

ただ、簡単に決まるわけではないということは頭に置いておいた方が良いでしょう。

40代の転職ですぐに決まるのは、すでにヘッドハンティングを受けていた、コネがあるなどの場合によるのではないでしょうか。

全くの0のところから転職をするとなると、難しいところもあるかもしれませんね。

20代・30代と比較すると厳しくなる

 40代の転職が厳しいというのは、20代や30代の転職と比べてです。

20代や30代の転職も、人によってはすんなり決まらないということがあるかもしれませんよね。

40代の転職も同じで、すんなり決まるかどうかは人に寄ります。

ただし、すぐに決まらない可能性が20代や30代の転職の可能性よりもずっと高いというところが問題なのではないでしょうか。

現代では転職を勧めるような広告などがたくさん出ていますが、これらは20代や30代の転職を主眼にしているでしょう。

40代の転職というと、それほど簡単に見つかるわけではないですし、周囲も気軽に転職を勧められるような年齢ではないということは覚えておきましょう。

40代転職、諦めるのはまだ早い


 40代の転職がかなり厳しいのは、誰もが想像する通りです。

40代で新しい職を探すのはかなり難しいですし、それが0からのスタートとなると、かなり思い切らなくてはいけないことが分かりますよね。

最悪は、そこから正社員として登用されることがないままに人生が終わってしまうことですが、40代の転職はそこまで絶望的なのでしょうか。

確かに難しいことは確かですが、40代の転職は難しいだけであり、絶望的なわけではありません。

絶望的に難しいのなら、転職はやめた方が良いかもしれませんが、絶望的ではないのなら、少しは希望がありますよね。

ただし、40代の転職の場合には、自分の「スペック」というものを考えなければいけません。

そして、自分の能力の中で、確実に「アピールポイント」となるところを探さなければいけないのです。

さらに言えば、その「アピールポイント」の選択を間違えてはいけません。

40代転職を握るカギは即戦力

 40代の転職を握るカギとなっているのは、ずばり「即戦力」です。

40代の転職者が他の人に比べて持っているのは即戦力なのです。

これは、20代や30代の人に比べてずっと大きなアピールポイントであり、40代の人だからこそ持っているものでもあります。

つまり、40代の転職者がしっかりと確実に転職するためには、何よりも即戦力をしっかりとアピールする必要があるということになりますね。

また、相手の企業からも「即戦力になる」ということが認められなければいけません。

若さややる気をアピールしても認められるような年齢ではありませんから、ここで自分の「売り方」を間違えると、かなり転職は厳しいことになるのではないでしょうか。

即戦力となれるかが40代転職成功の分かれ道

 その企業の即戦力となることができるかどうかというのは、40代で転職に成功するための分かれ道です。

つまり、「即戦力になってくれる」と認められた人は転職に成功することができますが、「即戦力にはなってくれない」と思われた場合には、転職の結果が残念なことになってしまうのです。

何も知らない、何もできない分野に参入していくには少し遅すぎるということになりますね。

何も知らないままに0から始めることは40代には求められていません。

その場で豊富な経験を使ってすぐに働いてくれることが何よりも大切なのです。

少しのジャンル違いくらいならすぐに力になることができるかもしれませんが、全くの畑違いの分野に転職するというのはやめた方が良いでしょう。

同じジャンルの会社、職種の方が転職は成功しやすいかもしれませんね。

それを踏まえたうえでの注意点とは

 自分が即戦力になることができるかということを考えたうえで、40代の転職を成功させるためには、いくつかの注意点があります。

即戦力になることができるような経験と知識を持っていたとしても、注意すべきところを守っていないような人は、転職を成功させることはできません。

きちんと色々な基本的なことは守ってこそ、転職が成功するのです。

その中には当たり前のように思えることも含まれているかもしれませんが、実はしっかりと考えてみると、あまり守ることができていないものもあるでしょう。

40代の転職は体力的にも時間的にもそれほど余裕があるわけではありません。

自分の能力などをしっかり考えたうえで、間違えることがないように、きちんと40代の転職を成功させる上で必要なことは覚えておきましょう。

40代転職を成功させるための8個の注意点

 40代の転職を成功させるためには、どのようなことに注意しなければいけないのでしょうか。

40代の転職はそう簡単に決まるものではないからこそ、しっかりと色々なことに注意して、少しのミスもないようにしなければいけません。

失敗して、今の会社よりも条件が悪いところに行ってしまうのでは意味がないですよね。

きちんと自分の価値を高くアピールすることができるように、以下のことにきちんと注意して事前に考えておくようにしましょう。

転職の目的を明確にする

 40代で転職をする場合には、転職の目的を明確にしておくことが必要です。

これは面接のためにも必要ですし、また、自分の心を支えるためにも必要なことでしょう。

普通は、20年近く積み上げてきたものを、もう一度0からやり直そうとはしません。

40代で転職する人は、それをしようとしている人のことです。

転職の目的は相当に強いものでなければ、相手の企業は理解してくれないでしょう。

途中で逃げ出すような人だと思われないためにも、きちんと転職の目的を口にできるようにしましょう。

また、転職活動が上手くいかなくて心が折れそうになっているときには、転職の目的を明確にしておくことで、辛くなった時に自分の心をもう一度奮い立たせることができるはずです。

なぜ転職したいのか?

 なぜ転職したいのか、というのが目的の中でも一番大切なことになります。

前の企業では満足できなかった理由や、自分がどうして転職をしなければいけないのか、そこは誰もが気になるところです。

相手の企業も絶対に気になっているでしょう。

周囲の人間も気になるはずです。

誰もを納得させることができるような理由は、転職の際には強みになるはずです。

まして、40代という後戻りをできない人が転職をするのですから、相当に強い理由があるのだということを周りは予測しています。

そこで「何となく」という、若い人と同じような理由で転職しているのだとすれば、それはただの無謀な人ということになりますよね。

希望条件を明確にする

 40代で転職をする場合にはきちんと希望条件を明確にしておく必要があるでしょう。

20代や30代の転職の場合とは異なり、40代の転職の場合にはただの平社員として0から始めるというわけにはいかないかもしれません。

ポストが必要になる可能性もありますし、新卒の社員と同じような条件では自分の生活も苦しくなってしまいますよね。

そのためにも、譲れない希望条件は明確にしておくべきですね。

何となくというふわっとした条件で転職をしていては、結局、前の会社にいた方が良かったという状況になりかねません。

また、希望条件を聞かれたときに応えられないようでは、相手の企業も困ってしまうでしょう。

きちんと明確な譲れないラインをしっかりと決めえ置くようにしてください。

そうすることで、あまりにひどい条件での転職ということはなくなるでしょう。

目標を設定する

 40代の転職の場合には体力の問題もありますし、経済的な問題もあります。

きちんと目標を定めて、その目標を達成するために転職活動をするということにすれば良いのではないでしょうか。

適当に活動しているだけでは転職など成功するはずがありません。

きちんと自分の中での目標は明確にしておくべきです。

それは週ごとの細かな目標でも良いですし、もちろん、大きな目標も必要となるはずです。

1週間で◯社応募する!

 最も具体的な目標としては、1週間に応募する会社の数を決めるということではないでしょうか。

しっかりと具体的に決めておくので、目標が達成されたかどうかということが分かるのではないでしょうか。

何となく「できるだけ」というような目標を適当に立てていると、だんだんとやる気がなくなってしまい、最初の勢いがなくなってしまう可能性が高いのです。

具体的に決めて、必ずそれを達成できるように活動するようにしてください。

数多くのアプローチが必要

 転職活動の際には、のんびりと行っているのではなく、数多くのアプローチが必要です。

最初からヘッドハンティングというのなら話は別ですが、0から始めるような人の場合には、多くにこだわってはいられません。

良いと思ったところには応募すると言ったような数多くのアプローチが必要です。

特に、仕事を既にやめてしまっている人の場合には、あまり仕事が決まらないままの生活をしているわけにもいかないでしょうから、しっかりと色々な企業にアプローチしてみてください。

転職エージェントを活用する

 転職をする際には、転職エージェントを利用するのはとても良いですね。

転職の経験をしたことがある人はほとんどいません。

何も分からないままに転職をしていたとしても、ポイントを抑えることができないため、失敗する可能性がとても高いのです。

ですが、転職エージェントはプロですよね。

素人が分からないようなことも分かっていますから、これを頼らない手はないでしょう。

勢いだけですべてを決められるような年齢ではないのですから、頼れるものは全て頼ることにしましょう。

的確なアドバイスがもらえる

転職エージェントを利用すると的確なアドバイスをもらうことができます。

何となく40代という年齢でいくのは気が引けるという方もいるかもしれませんが、転職エージェントはきちんと40代にも対応しているはずです。

色々なことを知っているプロに頼ることも時には必要です。

自分の力だけで転職しようとして失敗するよりは、きちんとプロの意見を取り入れた方が早く決まるのではないでしょうか。

40代では難しいこともあるからこそ、自分だけで解決しないようにしてください。

過去の経歴へのプライドを捨てる

40代の転職者にありがちなことですが、40代にもなってしまうと、自分の過去の経歴に対してある程度の誇りを持っているでしょう。

自分が生きてきた証のように考えている人もいるかもしれません。

過去の経歴は自分の20年近くを証明してくれるものですからね。

自分の仕事に誇りを持っていることは悪いことではないでしょう。

ですが、誇りを持っていれば誇りを持っているほど、その経歴をひけらかす傾向にあります。

誇りを持っているからこそ、過去のことに縛られて新しいことを始める意識を見せることができないのです。

転職するということは、また0からすべてを始めるということになります。

過去の経歴にこだわっているのなら、元の会社にいた方が良いのに、新しく始める場所で過去の経歴をひけらかしていても仕方ないでしょう。

確かに40代の場合にはある程度の経歴はもちろん必要ですが、未来を見ることも大切だということを忘れないようにしてくださいね。

企業研究を怠らない

40代で転職をする場合には、採用してくれる企業にはある程度の縛りがあるでしょう。

40代の転職者を必要としている会社であるのかというのは、事前に調べておかなければいけません。

どうしてそこの企業に後戻りのできない年齢で挑戦しようと思っているのかなど、きちんと説明できるようにしておかなければ、取り敢えず転職しようとしている適当な人にしか思われないはずです。

自分を採用いてくれる企業がどこであるのか知るためにも、そして自分の転職の際の面接を成功させるためにも、必ず企業研究はしておく必要があります。

企業の研究をすることなしに飛び込みで面接をしてしまっては、無謀な人間であるというな印象を持たれてしまいます。

それでは採用してくれる企業はありませんよ。

家族に相談する

転職をするときには、必ず家族に相談する必要があります。

もちろん、自分一人しかいないような場合には、自分で自分の責任を負うことができるでしょう。

何かあってたとえそこで失敗したとしても、その失敗で苦しむのは自分一人だけなので問題ありませんね。

誰かを巻き込むことがないのなら、特に心配する必要はありません。

最も自分の親に報告しておく必要はあるかもしれませんが、自分の人生を自分で決められる年齢ですから、自分の決断に迷いがないのならそれで良いでしょう。

ですが、自分が一家の大黒柱になっているような場合では話が別です。

自分に配偶者がいて子どもがいるのなら、それは絶対に家族に必要があるのではないでしょうか。

家族に相談せずに転職をしたような場合には、離婚されても文句は言えません。

自分一人で大変な思いをするのなら良いですが、それに家族を巻き込むのは絶対に許されないでしょう。

40代ともなると自分1人の問題ではない

20代や30代の場合には勢いだけで転職してしまうことが可能です。

ですが、若い人でもなければ勢いで転職して、責任を自分一人で負うことはできないのです。

自分が家庭を築いている場合には、その家族のことを考えなければいけません。

絶対に成功することを確信している転職であったとしても、それは絶対に家族に相談する必要があります。

40代にもなってしまうと、自分一人だけの問題で片づけることはできないのです。

まるで独身のように自分のことを自分一人で決めて、それで満足するのは間違っています。

子どもがいるような場合に、自分の配偶者が仕事をしていない場合では転職に反対される可能性は高いです。

その家族からの賛成がなければ、転職活動を行ってはいけません。

本当に転職すべきか見つめ直す

色々なことを考えたうえで、最後に考えなければいけないのは、本当に転職するべきなのかどうかというところですね。

40代というのは失敗が効かない年齢です。

若いころなら、多少の失敗は人生を作る上では必要なことになるでしょう。

人生の深みを作るためには良いことだと捉えることができます。

ところが、40代にもなってしまうと、人生の深みのために失敗するのは許されません。

失敗すると、それは人生の失敗に直結してしまう年齢です。

残酷なように思えますが、現実を見つめていなければ転職は成功することがないでしょう。

きちんと転職を成功させるためにも、本当に転職するべきなのかということは何度も考え直しましょう。

本当に、転職することは自分にとってメリットがあるのでしょうか。

それは、転職することのデメリットをカバーするほどの魅力なのでしょうか。

転職は必ずしも成功するとは限らない賭けのようなものです。

勝てる保証がないのなら、転職はしない方が楽でしょう。

一時の感情に流されて転職を決めてしまっては、後悔する可能性が高くなります。

時間がたっても転職の決意が揺らがないなら、転職するべきなのでしょう。

ですが、迷っているのなら、本当にそれで良いのかということは、自分に何度も聞いておかなければいけません。

40代転職者が欲しい会社

40代での転職を成功させるためには、しっかりと目標とする企業を絞る必要があります。

企業によっては40代の転職者を必要としていますが、企業によっては若い人しか必要としていないということもあるでしょう。

転職活動は体力も精神力も使います。

身だしなみを整えるためには、ある程度のお金もかかるかもしれません。

自分を求めていないことが明らかなところに転職活動をしていても、それは完全に無駄なことです。

40代で転職をするためには、きちんと的を絞っていなければいけません。

40代転職者のための格好の的がいくつかありますから、ここではその的となる企業についてご紹介します。

自分の狙っているとことが、本当に40代の転職者の「的」となるようなところであるのかどうかは、きちんと見ておかなければいけませんね。

管理部門を強化したい会社

管理部門を強化したい会社というのは、40代の転職者には優しいところかもしれません。

40代というと、管理職に足を踏み入れかかっている人、すでに管理職なっている人が多くいるのではないでしょうか。

ただ、まだ部長などのクラスという人は、相当にできる人以外ではいないというのが確かでしょう。

そういったクラスの転職なると、会社でもある程度のポストが必要なことになります。

つまり、転職時点でのポストの空き、もしくはポストがこれからあくことが分かっているような状況以外では、40代転職者を受け入れることが難しいという状況になります。

ここで、管理部門を強化したいと思っている会社なら、その管理職のところにたくさんの空きがあるので、ぴったりだということが分かりますね。

むしろそういった企業の場合には40代から上の、管理職として使えるような転職者を探しているはずです。

こうした企業を見つけることができれば、割とすんなり転職活動が成功するかもしれませんね。

人手不足の会社

人手不足の会社も40代の転職者を受け入れやすい状態にあるのではないでしょうか。

人手不足に陥っているので、そもそも誰でも良いというのが大きいでしょう。

その上で、さらに、即戦力となるような人が来てくれれば万々歳という状態ですね。

こういった企業にとっては、即戦力となるような40代の転職者は喜ばしいものです。

特に何かを教えるようなこともなく、企業に適応してくれさえすればすぐに使うことができるのですから、無駄がなくて良いですよね。

人手不足に陥っているような状態では、そもそも、新しい人に教育係を回すような余裕もないはずです。

色々なところで余裕がないのなら、少しの労力で他の人波に使える人が望まれるでしょう。

40代で転職を成功させたいという気持ちがあるのなら、人手不足になっているような企業を探すと良いかもしれません。

立ち上げたばかりの会社

立ち上げたばかりの会社も40代の転職者にとっては良いところなのではないでしょうか。

立ち上げたばかりの会社は、色々なノウハウが未完成の状態です。

古くからある企業の場合には、その企業のやり方というものができているかもしれませんが、新しい会社の場合には、そこの部分はまだ固まっていないでしょう。

そんなときに、何も分からない人を入れてしまうと、かじ取りができなくなってしまいますよね。

こういった状況では舵を取れる人間がいた方が良いのです。

40代の転職者の場合には豊富な経験があります。

これは若い人と比べて大きなアドバンテージとなるでしょう。

もちろん立ち上げたばかりの会社の場合には、若い人の募集もたくさんあります。

ところが、その陰で、実は40代くらいのベテランが欲しいと思っているところも多いのです。

立ち上がったばかりの会社に的を絞ってみると、意外と簡単に決まってしまうということもあるかもしれませんね。

拡大を狙う中小企業

拡大を狙っている中小企業の場合には、40代の転職者が入りやすい雰囲気があるのではないでしょうか。

拡大ということは、新たに人員を多く必要としています。

若い人もたくさん必要ですが、拡大している分だけ上の人間も必要になるのです。

その中で、きちんと経験のある即戦力となるような40代の転職者はとても役に立つでしょう。

さらに、新しく拡大する分野での仕事経験がある人なら、喜んで採用してくれるのではないでしょうか。

新規事業を立ち上げる会社

新しい分野に拡大しようとしている会社と同様に、新規事業を立ち上げる会社にとっても40代の転職者というのはとてもありがたい存在でしょう。

新しい事業を始めるにあたっては、誰か経験者がいなければ成り立たないというのが事実です。

それまでとは異なる業種になるわけですから、社内で優秀な人を使ったとしても、どうしても埋められない経験や知識の差が浮き彫りになってしまうはずです。

そんなときに、その分野でのある程度の経験を積んでおり、他の人を指導することができるような40代の転職者がいれば、とても役に立つはずです。

新しい事業だからこそ40代の経験を持った即戦力となる人が役に立つのです。

40代の転職者としても、新しい事業を一から始めるのですから、人間関係の中にも入っていきやすいですよね。

同じ業種の中で新規事業で参入してこようとしているような会社があるのなら、そこに転職の応募をしてみても良いかもしれません。

40代の転職は自分の価値を理解することが大切

いかがでしたか?

40代の転職は、きちんと自分の勝ちを理解しておくことが大切です。

この価値というのは、「40代だから低めに見積もっておくべき」というわけではありませんし、もちろん、「経験があるからこそ高めに見積もっておくべき」という意味でもありません。

40代で転職するような場合には、正確に自分のアピールポイントを理解しておくことが必要なのです。

自分の価値は冷静に見てどこにあるのか、同じ業種なら重宝されるほどの即戦力を持っているのか、というところの冷静な見極めが転職の成功のカギとなります。

冷静に見積もったうえで自分の能力がそこまで及んでいないようなら、転職はやめた方が良いでしょう。

40代で人生の転機を迎えるというのは、とても大変なことです。

若いうちなら失敗してもリカバリーが効きますが、そうでなければ失敗すると大変なことになります。

40代で失敗した時のことを考えるととても怖いという方が多いでしょう。

自分の価値や、転職しなければいけない理由はもう一度かんがえてみてください。

その上で、転職をする際には、しっかりと自分の価値を高く見積もってくれるようなところを探すのが吉です。

自分の価値を今の会社よりも低く見積もるようなことがあれば、転職する意味がありません。

転職するからには、きちんとそれなりの成果を出すことができるように、色々なことを考えて決断してくださいね。