一般的なスポーツは、タイムやスピードを競うため、心身の高い緊張感の中で肉体の限界に挑みますので強いストレスと強い疲労感を抱えることになります。

一方、ジョギングは、多くのスポーツの中で唯一、スピードやタイム、技術を競わない手軽なスポーツと言えますので、年齢や体力、技術、経験を問いません。

ジョギングは人と速さや技術を競うスポーツではないため、心をリラックスさせて自身の体調や体力に合った無理のない速さでユッタリとランニングできますので、健康増進や体調維持、ダイエット、ストレス発散の効果があります。

万人のスポーツと言われるジョギングには、様々な効果がありますので、愛好者は年齢を問わず広く普及しています。

ジョギングは、数ある有酸素運動の中でも代表的スポーツで、誰でも手軽に行える平易な運動です。

健康維持やダイエットに効果があるジョギングには、脂肪燃焼効果や新陳代謝の向上を期待して取り組む人が多いです。

ジョギングをすることで、一日の中で唯一、仕事や家事、煩わしい人間関係から解放された自分だけの自由な時間を過ごすことができます。

ジョギング中の人の心理は様々です。

頭の中を空っぽにして、無心に走ることだけに集中する人や、自由な気持ちで1人だけの時を満喫する人や、将来の明るいビジョンを頭の中に描きながら走る人など、ジョギング中の『自由な時間』は、心を快い開放感で包んでくれるため、ストレス解消や気分転換、気持ちの切り替えなどメンタル面でも大きな効果があります。

また、快い汗を流すことで、健康増進、体力回復、フィットネスなど身体面の効果も期待できます。

ジョギングは心身に様々な効果をもたらしてくれますし、予期しない新たな人との出会いの場面を提供してくれることもあります。

ジョギングの『jog』には、ゆっくり走るという意味があります。

スポーツの中でも唯一、ルールが殆んどなく、道具を必要とせず、タイムを競うことなく誰もが手軽に自分の体調や生活スタイルに合わせて無理なく行えます。

今の時代『ストレスうっ積社会』の中で、愛好者は年齢を問わず増え続けています。

ジョギングのもつ幾つかの意味から分かることは、健康増進やフィットネス、体調改善など自分自身を今以上に、より良い方向に『自己改善』したいという向上意識を抱いた人が取り組む手軽なスポーツと言えます。

日々の生活を振り返りますと、家庭の主婦であれば、家族の料理作りや掃除、洗濯、育児、買い物など、心身の疲労が溜まり易い労働と言えます。

また、仕事に就いている人にとっては、仕事の内容や特徴に応じた身体の使い方や頭の使い方がパターン化されている面があり、ストレスや疲労が溜まり易いです。

人それぞれに、日常生活の中で多くの時間を費やす仕事、家事などの特徴に応じて肉体面や精神的な面で疲れをうっ積させています。

ジョギングは、日々の家事、仕事などの生活習慣から生じる心身の疲れから自分自身を解放する手段の1つと言えます。

ジョギングをすることで、日常生活の中で多くの時間を占める仕事や家事から解放されて、リラックスした気持ちと爽快な身体感で心身を包んでくれます。

ジョギングは、メンタル面と身体面で日常の生活では殆んど使わない部分を使うため、走りながら気持ちの爽快感と身体の爽快感を味わうことが出来て心身をリラックスさせる効果があります。

日々の仕事や家事によりストレスに包まれた心身をリフレッシュさせてくれます。

日々の生活で心も体もストレスや疲れに包まれていても、人生を前向きに乗り越える人の中にはジョギングをすることで、ストレスや疲労から自らを解放する手段を実践する人が少なくありません。

ですから、ジョギングをしている姿は、人生を『前向き』に歩んでいる姿として映るのです。

ジョギングの『jog』には揺さぶるという意味もあります。

ジョギングの軽い走りにより、身体の内臓が上下に揺さぶられることで、血行が促進され内臓の疲れを軽減する効果もあると言われています。

また、腕を前後に振ることで筋肉のコリが解れて、肩こりが軽減する効果も期待できます。

ジョギングを愛好している人には、人生を積極的に歩んでいて、心身の向上を目指す人が多いと言えます。

ジョギングをする姿は、自分の人生を楽しむために『前向きにゆっくり走る』姿として映って見えるのです。

ジョギングで得られる意外な効果!!


ジョギングで得られる効果には一般的には、心身のリラックス、ストレス発散、健康維持、体調改善、体力増進、運動不足解消、ダイエットなどが挙げられています。

また、走るスポーツの中でジョギングは唯一、タイムや技術、走るスピードを競わないため、心身共にリラックスして自分のペースで走ることができるので、気分転換、ストレス解消の効果があります。

ジョギングによる有酸素運動は、呼吸により身体に取り入れた酸素が脂肪や糖質をエネルギーに変えることからダイエット効果も期待できます。

ジョギングを始めるキッカケは人により様々ですので、効果の表れ方も色々あります。

ジョギングの同好仲間ができることもありますし、ジョギング中にすれ違った人と親しくなるなど、予期しない出会いを体験することもあります。

ジョギングによる肉体面の効果としては、快い汗をかく発汗作用が促進されて、身体の中の老廃物が排出され易くなります。

夫婦やパートナーと一緒にジョギングすることで、お互いの関係が爽やかになることもあります。

ダイエットだけじゃない!ジョギングがもたらす効果

わたくしたちの日々を振り返ると、仕事や家事、勉強など時間に追われながら、時には、周りの人と競う場面を乗り越えながら生活するため、ストレスを抱えることが少なくありません。

こうした、心が休まらない日々の時間の流れの中で唯一、時間や競争から解放させてくれるものにジョギングがあります。

数あるスポーツの中で、唯一『競わない』スポーツであるジョギングは、リラックスした気分で、自分の体力に合わせて無理のない速さでランニングできます。

ジョギング中のユッタリ感は、ストレスを解消してくれます。

また、快い運動量は血行を促進してくれます。

血行の促進は新陳代謝を向上させるため、全身の細胞の新旧交代を促しますので、身体の若返りも期待できます。

快いランニングによる発汗は毛穴の老廃物を体外へ汗とともに排出させますので、美肌効果や健康維持を促します。

ジョギング中の呼吸がもたらす有酸素運動は、身体に取り込まれた酸素による脂肪の燃焼を活発化し基礎代謝を向上させますので、脳細胞の働きが高まりアイディアが湧きやすくなります。

ジョギングは心をリラックスさせて快い運動ができるため、精神面と身体面に様々な効果をもたらす『簡易』なスポーツと言えます。

ジョギングは日常生活の中心になっている仕事や家事とは、場所や時間帯が異なるため、予期しない『人との出会い』をもたらしてくれることがあります。

また、日常の仕事や家事での身体や頭の使い方とは異なるために、思いがけない心理面の刺激や心境の変化が生じることもあります。

ジョギングは、予期しない様々な効果を私たちに『プレゼント』してくれます。

ストレス発散


ジョギング中は、仕事や家事、勉強からも解放された、唯一の『自由時間』、『自由空間』と言えます。

日常生活の仕事や勉強などでは、周りの人と比べる競争がつきものです。

人と競うことでストレスが溜まりますが、ジョギングは走るスピードを競うことなく自分のペースでユッタリした気分で走ることができます。

頭の中を空っぽにして、走ることだけに専念することもできます。

また、快い風に包まれながら、頭の中でアイディアを思い描くこともできます。

日常の人間関係から心が開放される唯一のひと時でもあります。

職場などでの複雑な人間関係により、うっ積したストレスをジョギングが『お膳立て』してくれた自由な時間と空間に心を任せることで解消することができます。

ジョギング中は唯一、ひとりの時間を過ごすことができるため、快い汗とともにストレスが発散していきます。

ジョギングにより、身体の硬さが解れ、ストレスに包まれた心も解れますので、心も身体も解放感に満たされます。

また、ジョギング中にすれ違う人との出会いにより、『凝り固まった』日常の人間関係に快い刺激を与えてくれて、一新してくれることもあります。

仕事や家事に追われる日常生活から、いっときの解放感に浸ることができるため、ストレスが発散されていきます。

免疫力強化

免疫力を高める方法には幾つかありますが、運動や入浴で体温を上げることが有効と言われています。

ジョギングは全身の軽い運動でありながら有酸素運動ですので、体温の上昇をもたらし、血行が促進されますので、体内の免疫力が強化されます。

ジョギングによる有酸素運動は、呼吸により充分な酸素を身体の細胞に送り込むことで脂肪の燃焼が活発化して多くのエネルギーに変わり体温が上がります。

体温が上がることで、新陳代謝が促進されて免疫系が刺激を受けますので免疫力が高まります。

寝付きが良くなる

ジョギングをした後には、適度な疲労感がありますので、眠気を誘う妙薬にもなります。

いつもの寝る時間にベッドに入っても寝付くことができずに悶々とした時間が経つに従い、心が落ち着かず興奮状態に陥ってしまい、『眠れないのは自分だけ』という不安感が募り、辛い夜を過ごすことに不安を感ずる人も少なくないでしょう。

夜『ベッドに入りたくない』症候群に陥っているとき、ジョギングは『お助けマン』になってくれます。

ジョギングすることで、心の固さが解れて身体の筋肉のコリも解れ、適度な快い疲労感が心身を包み込んでくれます。

快いユッタリ感と疲労感に包まれることで、布団に入ったときに安堵感が眠りを誘ってくれますので寝付きが良くなります。

寝付きが良くない状態のときは、フトンに入っても頭が冴えてくると同時に『寝よう!』という焦りの心境になり心が落ち着かなくなります。

眠れないまま時間が経つに伴い、『眠れないのはなぜ!』と心が騒ぐ心理状態になり、更に眠れない状態に陥ってしまいます。

こうした『眠れない症候群』に陥っている人にとって、ジョギングをチョッとだけ無理して身体を疲れさせると、眠れない『泥沼』心境から這い上がることができます。

寝付きが良くなる秘訣の1つは、ジョギングにより身体を快い疲労感で包み込むことです。

美肌効果

ジョギングは軽く走る全身運動です。

全身運動により、取り入れる酸素が増えてきます。

全身運動は血行を促進してくれますので、血行促進により肌に溜まった老廃物が発汗や排尿とともに体外へ排出されますので肌がクリーンになり一新されます。

また、軽い走りのジョギングの有酸素運動により、細胞の新陳代謝が促進されて古い細胞が新しい細胞に代謝されて、肌も新しい細胞に生まれ変わりますので美肌効果を実感できます。

アイディアが浮かぶ

ジョギングをしているときの頭の中は、日常の仕事や人間関係から解放された『自遊空間』です。

自分で自由に使えるひと時ですので、快い汗をかきながら気持ちも身体もリラックスできます。

快い無理のないジョギングがもたらす有酸素運動は、身体に吸収された酸素が脳を刺激し活発化させると言われています。

有酸素運動で刺激された脳は、日常の『凝り固まった』発想パターンから解放されて自由な発想が生まれる『柔らかい』状態になることから、様々なアイディアが湧き易い状況になっていきます。

ジョギングしながらの自由な発想により、思いがけないアイディアが湧いてきます。

仕事や人間関係から解放された『ジョギング空間』は、自分だけの『自由な空間』になり、アイディアが湧いてくる『泉』のようなひと時を提供してくれます。

悩み解消

人は悩み事を抱えると心の余裕もなくなり、思考力が委縮して発想の転換もできずに、頭の中で考え事が堂々巡りし、解決の糸口を掴めないまま悶々とすることがあります。

悩み事を解消する方法として、日常の仕事に追われる生活パターンから一時離れることで発想を変えることができます。

日常の仕事から一時離れる手段としてジョギングが挙げられます。

ジョギングをしているときの心理状態は、心が仕事から解放されて自由な安堵感に包まれていますので、思いがけない発想が出来るようになります。

心が自由になることで、今まで気づかなかった斬新な発想が出来るようになり、悩みの解消の糸口を見つけることができます。

日常生活の中で抱えている悩みは、仕事に追われている中では発想の転換もできないため、解決の糸口が観えない状況に陥ります。

仕事や家事に追われる日常を送る中でジョギング中は、仕事や家事からも解放された唯一、自由に使える時間になります。

ジョギングにより日常生活の凝り固まった頭の『発想回路』を切り替えることができて、新たな発見や気づきが悩みを解消してくれます。

疲労がたまりにくい

人が感じる疲労には、肉体的な疲れからくる疲労感と、精神的なストレスからくる疲労感があります。

肉体面の疲労のときは、休息して身体を休めることで解消できます。

また、運動不足により身体全体の筋肉が凝り固まり血行が優れないときは、軽い運動をすることで解消されます。

しかし、精神的なストレスによる疲労感は身体を休めても解消されないことが多いです。

疲労を解消するために大切なことは疲れを『溜めない』ことです。

そのためには、日々の生活の中でジョギングをとり入れて、快い汗をかいて身体の凝りを解消し、心をリラックスさせることで、疲労が溜まりにくい心身にすることができます。

モチベーションの向上

人は仕事や人間関係のストレスがうっ積してくると気力や快活さが減退してモチベーションも下がるものです。

モチベーションが下がると身体の活力も減退し、気持ちも萎縮して覇気や積極性が観られなくなります。

モチベーションが下がった状態が続くと心身の疲労感が溜まった状態になり、日々の時間の流れとともに疲れの『深みにハマり』抜け出すことが難しくなります。

疲れの深みに陥った時は、日常の仕事や人間関係から心身を解放できる時間と空間を意識的に創ることが大切です。

自分自身の心身を解放させる手段の1つがジョギングです。

ジョギングは、仕事や人間関係に付きものである、『競争』から解放してくれます。

ユッタリとした気持ちで、自分にとって無理のないペースでランニングすることで、快い汗とともにうっ積しているストレスも『心の外』に排出されます。

うっ積していたストレスの重みに押しつぶされて表に出て来なかったモチベーションが、ストレスの『重み』から解放されて復活することができます。

あなたの心を押しつぶしていたストレスの『重み』がジョギングにより解消されることで、モチベーションが甦ってきます。

精神的なストレスがスムーズに解消できるとモチベーションが復活して向上しますので、気力も甦り、思考回路もプラス思考で物事を判断できるようになります。

意外な出会い

ジョギングする際のランニングコースは、走る人の生活圏により様々です。

日常の生活圏と異なるエリアでのジョギングは、コースを走る見知らぬ人とのスレ違いがあります。

ジョギング中の心の状態はリラックスしながらのユッタリ感に包まれながらマイペースでランニングしていますので、心も解放感に包まれて、スレ違う人に挨拶の言葉をかけ易い心境になります。

見知らぬ人とのスレ違いの中で、同じ人と何度かスレ違ううちに挨拶や言葉を交わすようになることがあり、次第に近しく感ずるようになります。

こうして、ジョギングをキッカケにして知り合い関係になることがあります。

お互いに異性同士であれば、さらに知り合い関係から友人、恋人同士に進展することもあります。

日常生活の職場との往復だけの生活圏からジョギングによる新たな行動圏を持つことにより、予期しない意外な出会いが待っています。

スポーツウェアなどのショッピングが楽しくなる

ジョギングをより一層楽しくするものとして、ジョギング時に自分好みのスポーツウェアで身を包むことです。

数あるスポーツウェアの中から自分好みに合ったファッションで身を包むことで、ジョギング時のリラックス感が更に増して楽しさが倍増します。

日常の買い物も変わり映えしない中で、ジョギングを楽しむスポーツウェアやシューズが買い物に加わることで、パターン化された買い物から脱して、ショッピングの楽しさを実感できるようになります。

また、日常生活の仕事に追われて心の余裕を持てない日々を過ごしている中で、ジョギング中に『自分らしさ』を発揮する手段として自分好みのスポーツウェアで身を包み、快いランニングをすることで、ストレスを発散できる効果も倍増します。

ご飯が美味しく感じる

ジョギングが日常生活の中に定着してくると、快いランニングで汗を流すことができ、同時に身体の筋肉も無理なく動かしエネルギーを消費することになります。

ジョギングによる軽いランニングであっても、全身の筋肉運動をすることになりますので、エネルギーをたくさん消費することから、快い空腹感を感じることができるようになります。

快い運動のジョギング後の空腹感は消化器官も活発になっていますので、ご飯を美味しく感じることができます。

継続することで人に尊敬される

ジョギングは軽易な誰もができるスポーツですので、『いつでもできる』という安易さから、仕事の疲れや気が進まないとの理由で、ジョギングを行わないことがあります。

ジョギングを行っていても、仕事の疲れなどから気が進まないこともあります。

また、雨降りなどの天候により寒さを感じるときは、ジョギングを休みたくなります。

ジョギングのような軽い運動は継続することで心身への効果が表れてきますので、続けることでジョギングの素晴らしさを実感できるようになります。

ジョギングに限らず同じことを日々継続することは簡単なことではありません。

継続することの難しさは誰もが知っていますので、ジョギングを日々継続する姿を周りの人が見ることで、尊敬に値する姿として印象づけることになります。

自分に自信がつく

ジョギングを続けていると、自然と体力が増進されて仕事が忙しい日々が続いても疲れを感じなくなり、体力に自信がつくようになります。

また、人間関係の煩わしさが続いてもストレスがうっ積せずに解消していくことを実感するようになります。

こうした、心身の改善を実感することで、自分に自信がついてきます。

自信がついてくると目の前の物事に積極的に取り組めるようになりますし、積極性を取り戻すと物事の考え方をプラス思考で判断できるようになります。

無理のないリラックスしたジョギングを日常生活の中に取り入れることで、身体の活力が増進し、ストレスが溜まらない精神力が甦ってきます。

ジョギングによる健康増進は心身の活力を呼び覚まし、自分の自信が増進されていくことを実感させてくれます。

体力がつく

ジョギングは走るスピードやタイムを気にすることなくリラックスしながらマイペースでランニングできるため、メンタル面の安らぎと健康の増進に大きな効果があります。

ジョギングは年齢を問わず、自身の体力に合わせて無理なく取り組める軽易なスポーツですが、継続することで様々な効果が表れてきます。

多くの効果の中でも体力面の効果で実感できることが少なくありません。

ジョギングは全身運動ですので、軽易なランニングではあっても継続することで筋肉への血行促進や運動中の呼吸による有酸素運動による心肺機能の向上が相乗効果となり体力が増進されてくることを実感できます。

長生きできる

長寿の秘訣として登場するのは、植物性を中心にした食事や適度な運動、ストレスを溜めない生活習慣などが挙げられます。

ジョギングは、日常の仕事や家事などから解放された『自由空間』の中で、リラックスしながら自分の体力に合わせて無理のないランニングを行いますので、適度な運動をすることになります。

また、ジョギングを通して、ストレスの解消と体力増進を実現できます。

長生きできる秘訣をジョギングは提供してくれているのです。

ビタミンDを補給できる

人の身体にとって、ビタミンDは太陽の日光に当たることで吸収されると言われています。

ジョギングすることで、自ずと野外で過ごす時間が増えますので、体内に取り入れるビタミンDが増えることになります。

ジョギングする時間帯が日中であればジョギング中は常に太陽からビタミンDを補給していることになります。

ビタミンDを日光から吸収することで、糖尿病の改善にも効果があると言われています。

骨を強化できる

ビタミンDを日光から吸収することで、骨の強化にも効果があると言われています。

骨密度を上げるために、ジョギングをすることで筋肉と骨に軽微な負荷を与えて鍛えることができます。

骨は加齢の影響が出易いため、骨の強化は健康維持のために大切です。

骨密度を上げるトレーニングには色々ありますが、ジョギングは道具も必要ありませんので、すぐにでも始められる軽易なスポーツです。

日頃の運動の積み重ねが骨密度の低下を防いでくれますので、日々のジョギングにより、骨に軽微な負荷をかけることで骨密度の向上につながります。

また、ジョギング中のランニングにより体重の負荷が下半身にかかるため、足腰の骨の強化にも効果があります。

瞑想もできる

ジョギングの効果には、健康維持やダイエット、ストレス解消などが挙げられます。

ジョギング中は、自身の体力に合わせて無理なくランニングができて、『自由な独り時間』を持てるため、リラックスした心理状態になります。

ランニング中に味わうリラックスな状態は『ランナーズ・ハイ』と言われています。

ジョギング中のリズミカルで規則的な腕の振りは、脳に快い刺激を与えますので、『ランナーズ・ハイ』の状態に入り易くなるのです。

『ランナーズ・ハイ』と言われるリラックス効果に包まれた心境は、瞑想状態と同様の境地に至ると言われていますので、ジョギング中に瞑想もできることになります。

気分がハイになる

ジョギング中に爽快感に包まれるとリラックス状態が深まり、『ランナーズ・ハイ』の心理状態になると言われています。

『ランナーズ・ハイ』の状態になると脳内麻薬とも言わるβ-エンドルフィンの分泌が活発になり気分を高揚させます。

また、ジョギング中の有酸素運動は新陳代謝を促進して、脳細胞の働きも活性化し脳内の各神経が快い刺激を受けて高揚感を生じさせます。

ジョギング中に味わう解放的な心理状態とβ-エンドルフィンの分泌、有酸素運動との相乗効果により、気分がハイになることができます。

生活習慣病の予防

生活習慣病の原因には、運動不足や偏食、飲みすぎ、過食、睡眠不足、ストレスのうっ積など幾つか挙げられます。

特に、加齢と共に生活習慣病に罹る割合が増してくる傾向がみられます。

生活習慣病を予防するためには様々な方法があります。

この中でも全身を使う運動は大きな効果があります。

特に、技術も道具も必要としないジョギングは年齢を問わず万人向けとして愛好者が多いスポーツです。

しかも、ジョギングは、スピードやタイムを競うことなく、自分の体調や体力に合わせて無理なくマイペースで取り組めるランニングです。

ジョギング中は、日常の仕事や家事の忙しさ、人間関係の煩わしさからも解放されたリラックスした『自由時間』をもつことができます。

心も身体もリラックスした中でのランニングにより発汗が促され、快い汗とともに身体の老廃物が体外に排出されます。

ジョギングは、生活習慣病の原因の1つにもなっている体内の老廃物の排出を促進させます。

また、ランニング中の快い爽快感は身体をリラックスさせてストレスを解消してくれます。

ジョギングすることで、薬に頼らずに生活習慣病を予防し、改善することもできます。

ジョギングは生活習慣病を予防する特効薬の1つと言えます。

肩こり改善

肩こりは、年代が進むに従い解消されずに慢性化することがありますので、安易に見過ごさないことが大切です。

ジョギングにより、ランニング中に腕をリズミカルに振ることで、肩の筋肉のコリが解れてきます。

肩の筋肉のコリが解れることで、血行が促進されて全身の新陳代謝が活発になりますので、筋肉中の老廃物が血液により運ばれて体外に出やすくなります。

ジョギングは軽易なランニングですので、自身の体力に合わせて無理なく運動ができます。

ジョギングを継続することで、身体全体の新陳代謝の活発化が定着してきますので、肩こりの改善に有効です。

冷え性改善

自分の体力に合わせた無理のない軽易な全身運動であるジョギングを行うことで血行が促進されます。

また、ジョギングによる有酸素運動が新陳代謝を向上させます。

体内の血行促進と新陳代謝の向上によりエネルギーの発生と循環が活発化しますので、冷え性が改善されてきます。

特に有酸素運動は、体脂肪を燃焼させますので体温が上がり、身体の冷えを改善させるために大きな効果があると言われています。

ジョギングの『jog』には、ゆっくり走るという意味があるように、体力に合わせた無理のない走りでリズミカルな両腕の振りと足の運びにより、全身の筋肉に快い刺激を与えますので、筋肉の活性化も促されて冷え性を改善してくれます。

脳の活性化

ジョギング中に地面を蹴るとき、全身の神経が集中している足裏のツボを刺激します。

足裏のツボへの刺激は信号となって脳へ送られますので、脳を刺激して活性化させることになります。

また、ジョギング中の有酸素運動は、身体全体の新陳代謝を向上させますので、脳細胞にたくさんの酸素が送り込まれて、脳の機能が活発化します。

ジョギングでとり入れてほしいこと

ジョギングを始める人の動機は、健康増進やダイエット、ストレス解消など様々です。

ジョギングの効果をより一層高めるために、幾つかのオプションをとり入れることで、楽しみ方が増えますし、効果の多様性も実感できるようになります。

日々の生活の仕事や家事などでは使う筋肉が決まってくることがあります。

日頃、使うことの少ない筋肉はジョギングの前に軽くストレッチをすることで、筋肉に急な負担をかけないようにすることが出来ますので、筋肉痛の防止になります。

ストレッチをすることで筋肉が解れて、筋肉の可動範囲を広げることができますので、関節が動きやすくなり、腕の振り幅を広げることができます。

また、ストレッチにより、腰回りの筋肉をやわらげることで歩幅を広げることができます。

また、ジョギングをキッカケにして予期しない出会いが起きることがあります。

ジョギングの楽しみを増やすために、ジョギングコースを幾つか決めておき、その日の気候や時間帯により、コースを使い分けることで、人との出会いの楽しみが増えてきます。

ジョギングにより、ダイエットを目指すときは、ダイエット食事とジョギングを組み合わせることで、より一層のダイエット効果が期待できます。

ジョギングで脚力や体力増進を目指すなら、足に重りバンドを付けることで効果を上げることができます。

ジョギングの楽しみを増やすために、ランニングウェアやランニングシューズに自分好みのものを身に付けることで、気分が盛り上がり、新しい友達ができることもあります。

ジョギングコースによっては、季節により木の葉の色が変わり、草花の咲く景色が色とりどりに変化することもありますので、周りの植物の季節感を味わうことでジョギングの楽しさを倍増させることもできます。

サプリメント

サプリメントと呼ばれている栄養補助食品、健康食品は、栄養摂取を補助し健康維持や健康回復に効果があります。

ジョギングを始める人のキッカケは、健康維持やダイエット、健康増進、ストレス解消など様々です。

中でも体調が気になる人が健康の増進や体力向上を目指して日々の生活の中にジョギングを取り入れている人も少なくありません。

ジョギングは軽易なランニングですが継続することで、血行促進や新陳代謝の活性化、体力増進の効果があります。

特に、健康維持や健康改善を目指す人にとっては、サプリメントの摂取も併せて行うことで、より多くの効果が期待できます。

健康補助食品とも呼ばれているサプリメントには様々な種類がありますので、自身の体調に合ったものを選ぶことが大切です。

効果の高いサプリメントを選ぶためのポイントは、厚生労働省が表示を許可した食品やJHFマークのついた日本健康・栄養食品協会が承認した食品を選ぶことが1つの方法です。

ジョギングにより新陳代謝が活性化した身体にサプリメントを摂取することでサプリメントに含まれている栄養素が効果的に体に吸収されますので相乗効果が期待できます。

但し、日常生活の中で薬を服用しているなら、サプリメントの摂取に向けて、事前に薬剤師や医師に飲み合わせの相談をすることが大切です。

プロテイン

プロテインとは、たんぱく質のことですが、一般的にはプロテインを主な成分とする健康補助食品を指すことが多いです。

トレーニングなどの運動で筋肉が疲れているとき、たんぱく質を摂取することで、筋肉が修復されると言われています。

ジョギングの後に足などに筋肉のコリや痛みなどを感じることが多々あるなら、無理のないジョギングを心がけることが大切ですし、プロテインを摂取することで筋肉の疲れが修復されてきます。

但し、プロテインをとり過ぎると、体脂肪を付ける原因になるとも言われていますので、プロテインを摂取する前に医師や薬剤師に相談することが大切です。

スポーツ用品を揃える

ジョギングをすると全身に汗をかきます。

また、自分の体力や体調に合わせず、無理な走りをすると筋肉疲労を起こすこともあります。

身体への負担をできるだけ軽減するために、スポーツ用品、ランニンググッズを揃える方法があります。

ランニンググッズを揃えることで、安心と安全が確保できますので、ジョギングの楽しさが倍増します。

ランニンググッズの中で最も大切なランニングシューズは、足を守るクッション性と最適なサイズを重視して選ぶことが大切です。

クッション性は、下半身の筋力が少ない人のランニング中の足への負担を軽減してくれます。

また、最適なサイズは、靴ズレを防いでくれますし、腰への負担を軽減してくれます。

シューズの中敷きも長距離のジョギングをする際の下半身への負担を和らげてくれます。

ランニングウェアは、動き易さと吸汗速乾性のあるものを選ぶことがポイントです。

動きやすいランニングウェアは、腕の振りなどの筋肉を動き易くしてくれて、疲労感を和らげてくれます。

吸汗速乾性ウェアは、発汗に伴う毛穴の老廃物の発散をスムーズにしてくれますし、発汗による不快感を解消してくれますので、ジョギング中の爽やかさを満喫することができます。

キャップは、気温の高い時期の眩しさやジョギング中の熱中症予防に役立ちます。

自身の体形やジョギングの経験年数に応じたランニンググッズを揃えることで、ジョギングの楽しさや効果が倍増します。

筋トレも一緒に

ジョギングをするキッカケがダイエットや体力増進であるなら、筋トレも一緒に行うことで、より大きな効果が出せます。

ジョギングと筋トレも一緒に行う際には、順番が大切と言われています。

ジョギングの前に筋トレを行い、筋肉に刺激を与えて活性化した後にジョギングすることで、有酸素運動による体脂肪の燃焼が、より一層活発になるためダイエットの効果が高まると言われています。

また、筋トレは筋肉にストレスを与えますが、筋トレによりストレスがかかった筋肉がジョギングによりほぐれて、筋肉へ酸素が行き渡り体力向上につながります。

ジョギングと筋トレも一緒に行うことで、体調に見合った相乗効果が表れてきますので、体力増進の期待感や楽しみが膨らみます。

ジョギングの効果はすごい!健康になろう!(まとめ)

ジョギングの効果には、ダイエットや健康増進、体力向上、ストレス解消などが挙げられますので、ジョギングを始める人の動機は様々です。

日常生活の中では、仕事や家事などの忙しさに追われる疲労感や様々な人間関係がもたらすストレスに包まれることがあります。

疲労感やストレスを乗り越える前向きな人生観をもつ人の中にはジョギングを選択するケースがあります。

ジョギングを行うことで、日常生活でうっ積した疲れとストレスを乗り越えて明日への活力にすることができますし、『いっときの解放感』を与えてくれます。

また、自身の体形が気になる人にとって『体形を変えたい』切望感に応えてくれるのがジョギングです。

ダイエットのための様々な商品が巷に溢れていますが、『身体を動かす』ジョギングで、リバウンドや副作用のないダイエットを体感できます。

また、健康維持や健康増進を目指す人の中にはサプリメントを愛用している人が多いですが、ジョギングと併せることでサプリメントの成分の吸収を高めます。

自身の体力や体調、年齢に合わせた無理のないジョギングを継続することで、心身が若返り、人生の充実感や気力、楽しさを向上させることができます。

ジョギングの『jog』には『ゆっくり走る』という意味があります。

ジョギングを愛好する姿は、自分の人生を楽しむために『無理なくユックリ走る』姿として映って観えるのです。

人生や日々の生活も、ゆっくり走ることで、ストレスや疲労感から解放され、心身ともに健康を取り戻し増進することができます。

ジョギングは、まさに『人生を健康にする妙薬』と言えます。