「効率的な仕事ぶり、キャリアウーマンです」という言葉もブームになったほど、
作業効率が良い女性や男性は仕事ができる人という印象があります。

逆に仕事の出来ない人の特徴は作業効率が悪い人です。

何故、同じような仕事をしているのに、作業効率に差が出てしまうのでしょうか?作業効率が良い人は、まず頭で作業をイメージすることができるのです。

逆に作業効率が悪い人は「とりあえず、仕事は片付けて飲みに行こう」と考えてしまいます。

早く作業を終わらせるために無駄な動きをしていることを自覚していません。

手当たり次第に仕事に手を付けて、結局は中途半端になっている。

今ある仕事を片付けるよりも、後回しに出来る仕事を考えてしまう。

イメージが上手に出来ないから、結局はどっちつかずになってしまいます。

作業効率を上げるならイメージトレーニングも大事です。

作業の効率化する時の注意点を見直してみよう!

「何で、あの人は効率が悪いのだろう?」「なんで、あの人は効率がよい仕事をしているのだろう?」同期で入社した仲間も仕事の効率が悪い人と良い人では差が生まれてしまいます。

ほとんどの人は、作業効率が悪い人と良い人の差を物覚えが良いか悪いかと言います。

またヤル気があるか、ないか?その違いという方もいます。

しかし物覚えでもなく、ヤル気でもないのです。

事前に準備ができているか?それだけです。

例えば「○○の場所に集合してください」と言われて、1人は「はい、○○の場所だね。」と頭に記憶して予定の日まで遊んで過ごします。

1人はスケジュール帳に書き写して、○○の場所を事前に調べて出発時刻や経路もチェックします。

○○の場所で行うことを予測して必要な物を用意しておく。

実際に○○の場所に行く、予定日になったときに慌てないのは、どちらでしょう?もちろん後者ですよね。

作業を効率化することは物覚えや根拠のないヤル気ではありません。

ただ、事前に準備をしているか?それが当たり前に出来る人?だけです。

作業効率で気にしておきたい注意点


作業効率を上げるために集中力も大事です。

「そろそろ仕事を始めるか」それでは、何時に仕事を始めたのか分からない。

なんとなく気分的に長く仕事して頑張ったような気持ちになってしまいます。

作業効率を上げるのも、下げるのも時間を上手に使えているかが重要になってきます。

一夜漬けで頑張ることや、自分に妙なノルマを与えて頑張ることは自分を苦しめているだけで、作業を効率力することはできません。

まずは自分の中でスケジュールを立ててみませんか?時は金なりという言葉があります。

時間を無駄にすることは財産を失うことと同じです。

作業効率で大事なことは時間です。

開始時間・終了時間をチェック

作業をはじめる前に時間を決めておくことをおすすめします。

山積みの書類を前にすると「そろそろ始めますか」とメリハリなく作業をはじめてしまいます。

エンドレスに終りが来ない状態で作業をやることは辛いことです。

作業時間を決めないでダラダラ仕事をしていると、すぐに休憩したくなります。

人間は都合良いように物事を考えてしまうところがあるからです。

作業時間を決めていないではじめると「そろそろ休憩するかな?」「そろそろやめるかな?」と長い時間作業をしたような気持ちになってしまいます。

特に長時間作業することが苦手なタイプはメリハリをつけないと作業をこなすことができないのです。

作業時間を決め、作業終りをしっかりと決めることが自分に課せられたノルマです。

しっかりと1時間と決めることにより、集中力も高めることができます。

時間が無限大という中では、「まだ時間があるから大丈夫」と思ってしまうのです。

徹夜はしない

徹夜自慢をする方をよく見かけませんか?「昨日は作業が山積みで徹夜した」「昨日は頑張って徹夜で作業したよ」これは自分頑張っているアピールにしか過ぎません。

作業イコール頑張ったでしょ?大変だったでしょ?と相手に言ってほしいだけです。

本当の仕事ができるタイプは徹夜で作業するような効率悪い仕事はしません。

何故ならスケジュールをしっかりと組むことができるからです。

徹夜しないと行けない状況になったのは、そもそもスケジュールを立てないことが原因です。

なんとかなるだろう・・・とノラリクラリ作業をしているから結果的に徹夜をするのです。

徹夜をすることは追い詰められていることです。

また、常に深夜仕事をしている方と違って急に徹夜で作業をしても効率よく脳は働いてくれません。

深夜3時を過ぎる頃に脳は眠気で回転が悪くなります。

その為、休憩をしたりすることで作業効率は下がってしまうのです。

徹夜自慢は自分の作業効率が悪いと伝えているようなものです。

徹夜しないでいい、作業効率を考えましょう。

趣味の時間も確保する


何故、毎日仕事を頑張ることができるのか?それは休日があるからです。

休日がなくエンドレスに働いていれば、ヤル気もなくなり頑張ることができません。

どこかでゴールがあるから人間はゴール向けて頑張ることができるものです。

作業も同じこと、終りがない状態で頑張れと言われても頑張ることができない。

どうせ終りが来ないなら、適当に休憩を入れて作業すればいいと思ってしまいます。

作業効率をアップさせるなら、趣味の時間を確保することも大事です。

「ココまで作業をこなせたら、趣味の読書ができる」
アメとムチではありませんが、自分に嬉しいご褒美をあげることも大事なのです。

趣味の時間があるから、その時間まで頑張ろうと思えるのです。

趣味の時間も確保することはメリハリを与えることにもなります。

移動時間も効率的に活用する

作業は家や職場でしか出来ないと思っていませんか?家や職場に帰宅する移動時間も効率的に活用することができます。

ただ何も考えないでスマホを見ることや、音楽を聴くよりも作業するまでの下調べをすることが出来るのです。

移動時間を活用することで、いざ作業をはじめようとした時も無駄な時間がなく始めることができます。

移動時間は案外長いものです。

30分や40分の移動で充分に下調べをすることができるはず。

「時は金なり」移動時間を無駄に使うことは、お金を捨てているようなものです。

お風呂・トイレ・食事の時間も活用する

作業効率が悪い人は時間の使い方がわからない人です。

メリハリよくスケジュールを立てられないことでお風呂や食事の時間も曖昧になりがち。

「お腹がすいたから食事にしよう」「そろそろ、お風呂に入ろう」「トイレでも行くかな」と、何となくの理由で、お風呂やトイレや食事の時間を決めています。

「何時間作業したら食事にする」「何時間作業したら、お風呂に入る」このように決めることも大事です。

また食事の時間によくありがちなテレビを見ながら、ながら食いは良くありません。

ただ意味なく時間だけが過ぎてしまうからです。

食事の時間、お風呂の時間、トイレの時間さえも1分1秒という時間は進んでいます。

「食事の時間くらい、ゆっくりさせてよ」という考えは自分自身を怠けさせてしまう言い訳です。

ダラダラと生活してしまう人ほど、作業効率は上がらない。

やめる癖をつける

作業効率をアップすることは、作業の時間だけ黙々と熱中していれば良いというものではありません。

作業効率を上げることはメリハリを持つことです。

メリハリを作るには「やめる癖をつける」ことも大事なことです。

いつまでもキリがなく作業をしていると、後々に一気に疲れてきてしまう。

そのときに「休憩をしよう」と思うと、テレビを見たり、ネットをしたりします。

とくにテレビやネットは時間を忘れてしまうものです。

自分にとって楽しいと思える娯楽は自分の意志では、やめることができないものです。

ズルズルとテレビやネットにハマって満足してしまうことありませんか?気づいたら、作業をすることをスッカリと忘れて疲れて寝てしまうことになります。

作業効率を上げるために自分にとっての娯楽はやめる癖をつけるようにしましょう。

テレビ

テレビを付けたまま作業をしている人も多いですよね?BGM代わりにテレビの内容は特に見ていないけれど無音だと何だか気になってテレビを付けてしまう。

しかしテレビを付けたまま作業することは確実に作業効率が下がることです。

好きな音楽をかけていても感情移入して作業がストップしてしまう可能性があります。

それこそ、テレビを付けていることで自分の興味があるCMや内容が聴こえてきたら、気になって仕方なくなる。

作業を終えてチョット休憩にテレビを付けることもやめましょう。

コーヒーを入れてテレビを付ける、これは休憩でなく作業が終了したときにすることです。

いつの間にか、テレビを付けてしまう癖が、あなたの中で出来上がってしまっています。

テレビをつけない癖をつけていきましょう。

無駄なネットサーフィン

パソコンで作業をしていると、頭を切り替えたくなるものです。

パソコンは常にネットに接続している状態ですから、すぐにネットで検索したりと無駄なネットサーフィンをしがいがちです。

ネットは検察を簡単に出来て便利な一面もありますが、時間を無駄にしてしまうもの。

ちょっとネットで調べものをしようとしたら、ネットニュースに夢中になってしまった。

休憩するはずが2時間もネットサーフィンをしてしまったこと誰でも1度はありますよね。

ネットは自分の意志とは関係なく、無駄な時間を奪ってしまうものです。

作業効率を上げたいなら、ネットは絶対に見ないことは必要です。

ネットを見ない癖をつけないかぎり、無駄なネットサーフィンは止まらないのです。

浪費

浪費癖がある人は集中力が基本的に足りない人です。

アレもコレもほしいと思う物欲が結局は全て中途半端にさせてしまっています。

本当に欲しくて購入しているのではなく、単なる浪費癖です。

その証拠にすぐに別の物を欲しくなるのです。

せっかく購入した物も2~3回だけ使用して、また次の物を購入してしまう。

ヘタをすれば1度も使わないまま、新しい物を購入しているかも知れません。

新しい物を購入することで満足をしているのです。

浪費癖がある人は、新しい物が好きというよりも自分の感情をコントロールすることができない人でもあるのです。

欲望のままに行動してしまうことは、作業途中であっても別の事を思い出せば関係なし。

自分の感情をコントロールする為にも我慢をすることを覚えましょう。

その一歩として浪費癖をやめることです。

物欲に走ることは、ストレス発散でもあるのです。

浪費をすることでストレス発散しているのであれば、お金も時間も無意味なことです。

インプットはスキマ時間を利用する

インプットはスキマ時間を利用することも作業効率をアップさせるヒトツの方法です。

インプットは作業をするうえで身についた必要な知識や経験を言います。

作業の手を止めない為に、どのようにインプットを取り入れていくかが必要になります。

もともとインプットは入力という意味です。

作業で身についた知識や経験を自分自身に取り入れることが必要です。

作業をして何も身につかないことは世の中にありえないのです。

作業時間に一生懸命にインプットしようと思っても、頭の中に入っていきません。

作業を終えた後のチョットしたスキマ時間に、改めて作業で得た知識をインプットする。

そして知識は経験となり積み重なって行くのです。

作業を終えて「はい!終了」で、別のことを始めたらインプットする間もなく知識は失われていきます。

スキマ時間に自分自身を見直すことが自分を育てて行くことになるのです。

スキマ時間にインプットすることで次の作業が素早く受け入れることができます。

これは効率アップに繋がって行くのです。

動画や音楽は再生速度を上げる

作業をするうえで参考資料として動画や音楽を利用することもあります。

ただ、通常再生で長々と時間をかけていることは、あまりにも脳がないことです。

参考資料として見ている動画や音楽が自分の趣味と違うとすればモチベーションも下がり、ただ眠気しか感じない。

ぼんやりと見ていることで時間をかけて動画や音楽を再生しても意味がないことになります。

特に動画は参考になる部分は基本的に一部です。

参考になるポイントに辿り付くまで、無駄な時間に付き合わないといけない。

例えば動画再生の速度を上げると集中力も高まります。

短い時間の中で重要なポイントを見つける為に必死になるからです。

それはメリハリ感を与えることと同じです。

音楽も同じ、速度を上げることでテンションが高くなります。

それは背中を押されているような感覚です。

煽りではないですが、急がないと・・・そんな気持ちにさせてくれるのです。

通常の速度で見ていることは集中力を下げてしまうこともあります。