「効率的な仕事ぶり、キャリアウーマンです」という言葉もブームになったほど、
作業効率が良い女性や男性は仕事ができる人という印象があります。

逆に仕事の出来ない人の特徴は作業効率が悪い人です。

何故、同じような仕事をしているのに、作業効率に差が出てしまうのでしょうか?作業効率が良い人は、まず頭で作業をイメージすることができるのです。

逆に作業効率が悪い人は「とりあえず、仕事は片付けて飲みに行こう」と考えてしまいます。

早く作業を終わらせるために無駄な動きをしていることを自覚していません。

手当たり次第に仕事に手を付けて、結局は中途半端になっている。

今ある仕事を片付けるよりも、後回しに出来る仕事を考えてしまう。

イメージが上手に出来ないから、結局はどっちつかずになってしまいます。

作業効率を上げるならイメージトレーニングも大事です。

作業の効率化する時の注意点を見直してみよう!

「何で、あの人は効率が悪いのだろう?」「なんで、あの人は効率がよい仕事をしているのだろう?」同期で入社した仲間も仕事の効率が悪い人と良い人では差が生まれてしまいます。

ほとんどの人は、作業効率が悪い人と良い人の差を物覚えが良いか悪いかと言います。

またヤル気があるか、ないか?その違いという方もいます。

しかし物覚えでもなく、ヤル気でもないのです。

事前に準備ができているか?それだけです。

例えば「○○の場所に集合してください」と言われて、1人は「はい、○○の場所だね。」と頭に記憶して予定の日まで遊んで過ごします。

1人はスケジュール帳に書き写して、○○の場所を事前に調べて出発時刻や経路もチェックします。

○○の場所で行うことを予測して必要な物を用意しておく。

実際に○○の場所に行く、予定日になったときに慌てないのは、どちらでしょう?もちろん後者ですよね。

作業を効率化することは物覚えや根拠のないヤル気ではありません。

ただ、事前に準備をしているか?それが当たり前に出来る人?だけです。

作業効率で気にしておきたい注意点


作業効率を上げるために集中力も大事です。

「そろそろ仕事を始めるか」それでは、何時に仕事を始めたのか分からない。

なんとなく気分的に長く仕事して頑張ったような気持ちになってしまいます。

作業効率を上げるのも、下げるのも時間を上手に使えているかが重要になってきます。

一夜漬けで頑張ることや、自分に妙なノルマを与えて頑張ることは自分を苦しめているだけで、作業を効率力することはできません。

まずは自分の中でスケジュールを立ててみませんか?時は金なりという言葉があります。

時間を無駄にすることは財産を失うことと同じです。

作業効率で大事なことは時間です。

開始時間・終了時間をチェック

作業をはじめる前に時間を決めておくことをおすすめします。

山積みの書類を前にすると「そろそろ始めますか」とメリハリなく作業をはじめてしまいます。

エンドレスに終りが来ない状態で作業をやることは辛いことです。

作業時間を決めないでダラダラ仕事をしていると、すぐに休憩したくなります。

人間は都合良いように物事を考えてしまうところがあるからです。

作業時間を決めていないではじめると「そろそろ休憩するかな?」「そろそろやめるかな?」と長い時間作業をしたような気持ちになってしまいます。

特に長時間作業することが苦手なタイプはメリハリをつけないと作業をこなすことができないのです。

作業時間を決め、作業終りをしっかりと決めることが自分に課せられたノルマです。

しっかりと1時間と決めることにより、集中力も高めることができます。

時間が無限大という中では、「まだ時間があるから大丈夫」と思ってしまうのです。

徹夜はしない

徹夜自慢をする方をよく見かけませんか?「昨日は作業が山積みで徹夜した」「昨日は頑張って徹夜で作業したよ」これは自分頑張っているアピールにしか過ぎません。

作業イコール頑張ったでしょ?大変だったでしょ?と相手に言ってほしいだけです。

本当の仕事ができるタイプは徹夜で作業するような効率悪い仕事はしません。

何故ならスケジュールをしっかりと組むことができるからです。

徹夜しないと行けない状況になったのは、そもそもスケジュールを立てないことが原因です。

なんとかなるだろう・・・とノラリクラリ作業をしているから結果的に徹夜をするのです。

徹夜をすることは追い詰められていることです。

また、常に深夜仕事をしている方と違って急に徹夜で作業をしても効率よく脳は働いてくれません。

深夜3時を過ぎる頃に脳は眠気で回転が悪くなります。

その為、休憩をしたりすることで作業効率は下がってしまうのです。

徹夜自慢は自分の作業効率が悪いと伝えているようなものです。

徹夜しないでいい、作業効率を考えましょう。

趣味の時間も確保する


何故、毎日仕事を頑張ることができるのか?それは休日があるからです。

休日がなくエンドレスに働いていれば、ヤル気もなくなり頑張ることができません。

どこかでゴールがあるから人間はゴール向けて頑張ることができるものです。

作業も同じこと、終りがない状態で頑張れと言われても頑張ることができない。

どうせ終りが来ないなら、適当に休憩を入れて作業すればいいと思ってしまいます。

作業効率をアップさせるなら、趣味の時間を確保することも大事です。

「ココまで作業をこなせたら、趣味の読書ができる」
アメとムチではありませんが、自分に嬉しいご褒美をあげることも大事なのです。

趣味の時間があるから、その時間まで頑張ろうと思えるのです。

趣味の時間も確保することはメリハリを与えることにもなります。

移動時間も効率的に活用する

作業は家や職場でしか出来ないと思っていませんか?家や職場に帰宅する移動時間も効率的に活用することができます。

ただ何も考えないでスマホを見ることや、音楽を聴くよりも作業するまでの下調べをすることが出来るのです。

移動時間を活用することで、いざ作業をはじめようとした時も無駄な時間がなく始めることができます。

移動時間は案外長いものです。

30分や40分の移動で充分に下調べをすることができるはず。

「時は金なり」移動時間を無駄に使うことは、お金を捨てているようなものです。

お風呂・トイレ・食事の時間も活用する

作業効率が悪い人は時間の使い方がわからない人です。

メリハリよくスケジュールを立てられないことでお風呂や食事の時間も曖昧になりがち。

「お腹がすいたから食事にしよう」「そろそろ、お風呂に入ろう」「トイレでも行くかな」と、何となくの理由で、お風呂やトイレや食事の時間を決めています。

「何時間作業したら食事にする」「何時間作業したら、お風呂に入る」このように決めることも大事です。

また食事の時間によくありがちなテレビを見ながら、ながら食いは良くありません。

ただ意味なく時間だけが過ぎてしまうからです。

食事の時間、お風呂の時間、トイレの時間さえも1分1秒という時間は進んでいます。

「食事の時間くらい、ゆっくりさせてよ」という考えは自分自身を怠けさせてしまう言い訳です。

ダラダラと生活してしまう人ほど、作業効率は上がらない。

やめる癖をつける

作業効率をアップすることは、作業の時間だけ黙々と熱中していれば良いというものではありません。

作業効率を上げることはメリハリを持つことです。

メリハリを作るには「やめる癖をつける」ことも大事なことです。

いつまでもキリがなく作業をしていると、後々に一気に疲れてきてしまう。

そのときに「休憩をしよう」と思うと、テレビを見たり、ネットをしたりします。

とくにテレビやネットは時間を忘れてしまうものです。

自分にとって楽しいと思える娯楽は自分の意志では、やめることができないものです。

ズルズルとテレビやネットにハマって満足してしまうことありませんか?気づいたら、作業をすることをスッカリと忘れて疲れて寝てしまうことになります。

作業効率を上げるために自分にとっての娯楽はやめる癖をつけるようにしましょう。

テレビ

テレビを付けたまま作業をしている人も多いですよね?BGM代わりにテレビの内容は特に見ていないけれど無音だと何だか気になってテレビを付けてしまう。

しかしテレビを付けたまま作業することは確実に作業効率が下がることです。

好きな音楽をかけていても感情移入して作業がストップしてしまう可能性があります。

それこそ、テレビを付けていることで自分の興味があるCMや内容が聴こえてきたら、気になって仕方なくなる。

作業を終えてチョット休憩にテレビを付けることもやめましょう。

コーヒーを入れてテレビを付ける、これは休憩でなく作業が終了したときにすることです。

いつの間にか、テレビを付けてしまう癖が、あなたの中で出来上がってしまっています。

テレビをつけない癖をつけていきましょう。

無駄なネットサーフィン

パソコンで作業をしていると、頭を切り替えたくなるものです。

パソコンは常にネットに接続している状態ですから、すぐにネットで検索したりと無駄なネットサーフィンをしがいがちです。

ネットは検察を簡単に出来て便利な一面もありますが、時間を無駄にしてしまうもの。

ちょっとネットで調べものをしようとしたら、ネットニュースに夢中になってしまった。

休憩するはずが2時間もネットサーフィンをしてしまったこと誰でも1度はありますよね。

ネットは自分の意志とは関係なく、無駄な時間を奪ってしまうものです。

作業効率を上げたいなら、ネットは絶対に見ないことは必要です。

ネットを見ない癖をつけないかぎり、無駄なネットサーフィンは止まらないのです。

浪費

浪費癖がある人は集中力が基本的に足りない人です。

アレもコレもほしいと思う物欲が結局は全て中途半端にさせてしまっています。

本当に欲しくて購入しているのではなく、単なる浪費癖です。

その証拠にすぐに別の物を欲しくなるのです。

せっかく購入した物も2~3回だけ使用して、また次の物を購入してしまう。

ヘタをすれば1度も使わないまま、新しい物を購入しているかも知れません。

新しい物を購入することで満足をしているのです。

浪費癖がある人は、新しい物が好きというよりも自分の感情をコントロールすることができない人でもあるのです。

欲望のままに行動してしまうことは、作業途中であっても別の事を思い出せば関係なし。

自分の感情をコントロールする為にも我慢をすることを覚えましょう。

その一歩として浪費癖をやめることです。

物欲に走ることは、ストレス発散でもあるのです。

浪費をすることでストレス発散しているのであれば、お金も時間も無意味なことです。

インプットはスキマ時間を利用する

インプットはスキマ時間を利用することも作業効率をアップさせるヒトツの方法です。

インプットは作業をするうえで身についた必要な知識や経験を言います。

作業の手を止めない為に、どのようにインプットを取り入れていくかが必要になります。

もともとインプットは入力という意味です。

作業で身についた知識や経験を自分自身に取り入れることが必要です。

作業をして何も身につかないことは世の中にありえないのです。

作業時間に一生懸命にインプットしようと思っても、頭の中に入っていきません。

作業を終えた後のチョットしたスキマ時間に、改めて作業で得た知識をインプットする。

そして知識は経験となり積み重なって行くのです。

作業を終えて「はい!終了」で、別のことを始めたらインプットする間もなく知識は失われていきます。

スキマ時間に自分自身を見直すことが自分を育てて行くことになるのです。

スキマ時間にインプットすることで次の作業が素早く受け入れることができます。

これは効率アップに繋がって行くのです。

【ビジネスで使えるインプット術は、こちらの記事もチェック!】

動画や音楽は再生速度を上げる

作業をするうえで参考資料として動画や音楽を利用することもあります。

ただ、通常再生で長々と時間をかけていることは、あまりにも脳がないことです。

参考資料として見ている動画や音楽が自分の趣味と違うとすればモチベーションも下がり、ただ眠気しか感じない。

ぼんやりと見ていることで時間をかけて動画や音楽を再生しても意味がないことになります。

特に動画は参考になる部分は基本的に一部です。

参考になるポイントに辿り付くまで、無駄な時間に付き合わないといけない。

例えば動画再生の速度を上げると集中力も高まります。

短い時間の中で重要なポイントを見つける為に必死になるからです。

それはメリハリ感を与えることと同じです。

音楽も同じ、速度を上げることでテンションが高くなります。

それは背中を押されているような感覚です。

煽りではないですが、急がないと・・・そんな気持ちにさせてくれるのです。

通常の速度で見ていることは集中力を下げてしまうこともあります。

昼食後、眠くなるようならご飯を抜く

食事をすると眠くなる人は多いと思います。

会社にいても午前中は仕事に集中できますが、ランチ後はウトウトと眠くなる。

それは満腹中枢が刺激されます。

食べた物を消化する為に消化器に血液が集中してしまいます。

その為、脳に送るべき血液が足りなくなり、一時的に脳が酸素不足のような状態になります。

ボーッとしてしまったり、眠くなるのは満腹になるまで食事をしてしまったからです。

特に天気の良い昼時はポカポカと太陽の光も注ぎ、リラックスムードになりやすい。

食後に眠気が毎回のように襲うようなら、昼ごはんを抜くこともヒトツの方法です。

ただ、空腹感が強すぎてイライラしてしまったりすれば意味がないので、昼食のメニューを変えることも大事です。

通常、満腹になりやすい丼物やラーメンなどは避けて、軽いパンやオニギリで済ませる。

それだけでも昼食後、眠くなる確率を下げることができます。

昼食後、眠くなるときの対処方法としては、ガムを噛むことや水を飲むこともおすすめです。

朝型人間になる

徹夜勉強や残業と言えば夜をメインに作業することですが、実は作業効率のアップを考えると朝型人間になることがおすすめです。

1日が終わろうとしている夜に作業をしても、肉体的にも精神的にも疲労はピーク状態です。

「自分は夜型人間なんだ」という方もいますが、実は昼夜逆転生活をしていることで体内バランスが崩れているだけなのです。

本来、人間は夜に寝て太陽と同時に目が覚めて活動をします。

しかし夜更かしが続くことで体内時計は狂って行き、夜に目が冴えて朝は眠い状態。

朝はテンションが低く、チカラが出ない、頭が冴えないということになります。

体内時計をリッセットすれば、朝型人間になれることができます。

特に早朝は静けさの中で集中力も高まり、日中よりも効率良い作業をこなすことができます。

最近の傾向では残業して行う会議や勉強会なども出勤前の朝型にしています。

今の時代、夜遅くまで起きて作業をする時代ではないのかもしれません。

効率を意識しすぎて作業を疎かにしない

作業効率を上げるためにスピードアップをすることを意識しすぎていませんか?ただ単純にスピードアップすれば良いということではありません。

スピードアップをした為に雑になり、やり直しになることは倍の時間を要することです。

これでは作業効率をより遅くしていることで全く意味がない。

人間は慌てたり、プレッシャーを感じると普段出来ることが出来なくなるものです。

であれば、作業効率を意識せずに通常通り行えば良いのです。

ダラダラと無意味に時間をかけても丁寧な作業になるワケではありません。

作業効率をアップする為に大事なことは、作業に意識をもって行く、集中力の高さです。

スピードアップする為の意識ではありません。

効率を意識しすぎて作業を疎かにしないことが大事なことです。

効率化するところとそうでないところのメリハリ

効率化するところとそうでないところのメリハリを持ちましょう。

作業中の集中力を永遠に持ち続けていれば、脳は疲れてしまいます。

作業に集中したら脳を休ませる時間も必要なことです。

「○時になったら休憩タイムにしよう」自分の中でスケジュールを組むようにするなど、メリハリ感を持たないと作業効率は上げることができないのです。

効率的に作業ができない方の多くは、ダラダラとメリハリのない作業をしています。

作業をはじめる前や、作業開始10分は気合を入れて頑張るけれど、次第に集中力が下がり作業する手が止まってしまいます。

いかにモチベーションを保つかが必要になるのです。

やるときはやる、休むときは休むとメリハリ感を自分に与えましょう。

すべてを効率化しないこと

すべてを効率化しないことも大事です。

作業を効率化することを求め過ぎると効率化することに酔ってしまいます。

作業だけを効率化すれば良いところを、食事の時間や休憩タイムまで全て効率化を求めてしまうことがあります。

「食事をする時間がもったいない、簡単に食べることができるもの」間違えた効率化が、結局はメリハリ感をなくしているのです。

まずは作業時間を効率化できるようにしましょう。

作業を効率化できるようになれば、自然と無駄のない生活をできるようになります。

1つの効率化も出来ないのに、アレもコレも効率化することは全てにおいて、中途半端で終わることになります。

効率化を上げることが自然にできるようになりましょう。

作業効率する時の心構え

何故、作業効率を上げようと思うのでしょうか?それは自分自身が楽をしたいからが根本になるのです。

作業効率を上げるために難しく考える必要はありません。

難しく考えると作業効率を上げることはできずに、逆に空回りしてしまいます。

作業効率を上げるために大事なことは誰のためではなく自分のためです。

シンプルに考えれば良いのです。

あまり肩にチカラを入れすぎて、スケジュールをびっしりと書いてしまうと、スケジュール通り行かないことにイライラとしてしまいます。

それはスケジュール通りに動くことが目的となり、作業効率を上げることにはならない。

最初から完璧に効率的にすることはできません。

効率的に行くように力を抜いてはじめていきましょう。

自分の中で作業を効率的にこなすことを考えている時点でステップアップしているのです。

作業効率する時の心構えを持つことが最初のステップです。

「楽」にこだわる

効率化を求める理由は楽になりたいからです。

無駄な時間がなくなり、効率的に作業をこなせれば自分自身が精神的にも肉体的にも楽なことです。

無駄なストレスがかかることはありません。

また、作業効率化するためにキツキツのスケジュールを立てて、自分自身を追い込むことも結局は自分自身を追い込んでいることになります。

ノルマを自分に課して作業をすることは、ストレスになります。

いかに楽に作業するか?自分自身を追い込まないことが作業を持続して集中力を高めることができるのです。

イヤイヤと勉強や仕事をしていて作業効率は上がるでしょうか?楽しいことしていると時間が過ぎることは早いと感じるものです。

苦しいことでは効率化を高めることはできません。

楽を目的として効率化を高めて行くようにしましょう。

常にシンプルな思考にする

効率化しようと考えれば考えるほど、何をするべきか迷ってしまいます。

迷っているときは迷走をしているときです。

どっちつかずの結果が出てしまい、思うように結果を伸ばすことができません。

難しく考えずに、まずはシンプルに考えてチャレンジして行くことが大事です。

まずは初めてみる、そして効率が悪いなら次の方法を考えるようにしましょう。

失敗が成功に繋がることもあります。

難しく頭で考えすぎて、作業する手が止まることでは意味がないのです。

作業をはじめる前に「いや、それでは効率化が悪い」と考えてしまうと、チャレンジ精神もなくなります。

結局、何もはじめることができない、頭デッカチになってしまいます。

常にシンプルな思考こそが、新しい発想を生みます。

シンプル思考は頭の中に余裕があるので、様々な方法を考えることができるのです。

例えば、人間はストレスを感じやすい生き物です。

何故、ストレスを感じるのか?それは真剣に物事を考えすぎてしまうからです。

真面目な性格ほど自分自身を追い詰めて鬱病にもかかりやすくなってしまうもの。

シンプル思考を目指しましょう。

記憶に頼らない

「あのときは、どうだった?」記憶に頼りすぎると思考回路が停止することがありませんか?頭で考えていると手は止まってしまいます。

記憶を思い出すことは非常に能を使うことになります。

思い出せないと余計に思い出したくなり、作業どころではありません。

記憶に頼りすぎるよりもインスピレーションを大事にしましょう。

記憶に頼りすぎることは癖になります。

ことあるごとに、「あの時は」「これは」と記憶を呼び出そうとしてしまいます。

記憶に頼りすぎることはシンプルな考えとは間逆の行動です。

頭を柔軟にすることが効率化を高める第一歩です。

とにかく聞く

分からないことを自分の中で解決しようとする方もいますが、それは無意味なプライドの高さかもしれません。

分からないことを聞かないで自分で解決して、その結果、答えが間違っているとすれば二度手間ですし、自信もなくなっていきます。

誰かに聞くことは恥ずかしいと思う方もいますが、聞かないで間違えることの方か恥ずかしいことです。

「聞くは一時の恥じ、聞かぬは一生の恥じ」という言葉があります。

聞かないで長々と時間をかけて調べていることは時間のロスにもなります。

とにかく聞く癖をつけることが大事です。

悩んだら聞くことで無駄な時間はなくなります。

同じことを何度も聞くことは恥ずかしいことかもしれませんが、聞いたことを覚えて行けば良いのです。

「聞くことによりバカにされる」考えすぎることで自分の効率化の扉を閉ざしてしまう。

余計なことは考えずに、とにかく分からないことは聞きましょう。

時間を時給計算すること

作業時間を時給計算すると納得することができるでしょうか?ダラダラと時間だけが過ぎて行くよりも、手際よく作業をこなして自由時間を手にした方が良いはずです。

よく家事は24時間、無給労働と言います。

ココまで作業をしたら終わりということが明確ではなく、エンドレス状態だからです。

もし、24時間の家事を一般の時給として計算すれば1時間1000円だとしても24000円。

朝早くからお弁当を作り、深夜遅くまでアイロン掛けをして、やっと眠ることができる、眠る時間は仕事で言えば仮眠時間に当るようなものです。

家事が時給計算になれば、週1回も自由な休みがない家事はブラック企業です。

作業効率が悪いと自由な時間を手に入れられないことと同じです。

もし実際に時給が発生するなら、テキパキと作業を進めることができるでしょう。

作業をこなした先に楽しいことが待っているとすれば、本気になることができるはずです。

真似することから始めてみよう

テキパキとしている方を見かけたら、まずは真似することから始めてみましょう。

どうして、あの人は作業効率が良いのだろう?どうして自分は作業効率が悪いのだろう?その理由は必ず2人の作業時間の中で差があるのです。

悪いことをマネすると自分自身も悪い方向へ進んでしまいます。

しかし良いことをマネすると自分自身も良い方向へ進むのです。

良い習慣をつけることが効率を良くする1番の近道かもしれません。

例えば、掃除が苦手な方は常に部屋が汚れてしまっていますが、部屋が常にキレイな方は効率良く動いているのです。

調理器具を洗いながら常に料理をしていることや、ハミガキをしながら洗面台を掃除することや、お風呂に入りながら、お風呂道具も一緒に洗うことなどです。

何か1つだけをするのではなく、1つの作業で2つの作業をこなすことができる。

それが当たり前になればマネではなく、自分自身の習慣になるのです。

効率の良い人を見かけて真似することから始めてみましょう。

作業を自分の「型」にはめてしまう

作業効率化するために、作業を自分の「型」にはめてしまうこともヒトツの手です。

作業を自分の「型」にはめることは習慣つけることと同じ。

自分の中のルーティンにすることで、当たり前に作業をすることができるのです。

逆に作業を自分の「型」にはめていないと毎日、違う動きをしてしまいます。

それは気分で動いていることとなり、良い結果には結び付きません。

作業を自分の「型」に定着するまでは、多少の窮屈さを感じることもあるでしょう。

しかし、作業を自分の「型」にはまることで当たり前になるのです。

アルバイトも最初の1週間は何をすれば良いのか?分らなくて辛いものです。

ですが、1週間を過ぎた頃から自分が何をすれば良いのか分かりはじめます。

作業を自分の「型」にはめることは難しいことではないのです。

普段やるべきこと、効率が良いと感じることを続けることが最終的に作業を自分の「型」にはめることになるのです。

作業効率のために実践すること

作業効率のために実践することを決めておきましょう。

作業効率を高めよう!気持ちだけ高めても空回りしてしまいます。

まずはスケジュール帳を活用することや、パソコンの機能を利用することが大事。

自分の中で効率良く作業することができると習慣になるのです。

無理して作業を進めなくても、逆に普段していることを普通にこなすことでストレスを感じることなく出来るようになります。

料理だって必ず下準備の時間があります。

この下準備をしないまま、飲食店が開店したとすればどうなるでしょうか?御客さんからヤキトリ1本のオーダーが入っても、すぐに作業をすることはできないのです。

肉を解凍して切り、串に刺して焼く作業を慌ててしても約60分という時間がかかる。

慌てることで見た目も悪く、味も良くない質の悪い物を提供してしまいます。

作業効率のために実践することを身につけておくと、実際に作業するときも慌てることがなくなります。

スケジュール帳を活用する

作業をするうえでスケジュール帳を活用することをおすすめします。

そもそもスケジュール帳は自分の予定を管理するものです。

最近はスマホでスケジュール管理をする方も多くいますが、効率化を目的とするならスケジュール帳が良いでしょう。

実際に自分で文字を書くことで、より記憶の中に残ります。

何度も見返すことがすぐに出来ますし、1ヶ月の自分の予定を把握することができるのです。

それはスマホも同じかもしれませんが、文字にすることでより記憶に残るのです。

1年間の予定も見ることがすぐにできるスケジュール帳は作業効率するうえで欠かせないツールです。

逆にスケジュール帳を全く必要としてない方は、自分だけの記憶が頼りです。

記憶は新しい記憶が生まれる度に思い出となり、やがて消えて行くものです。

3ヶ月前の今日、何をしていた?と言われても答えは曖昧な状態。

スケジュール帳は処分してない限り、半永久に残るものです。

PCを使うならショートカットキーを覚える

PCを使いながら作業を行う方も多くいます。

企業であれば、PCは欠かせないツールです。

PCはアナログのノートと違ってPCが1台あれば調べることもコピーすることもできます。

PCの機能を知りつくした方が、やはり作業効率を良くすることができます。

例えばノートに文章を作るとすれば、調べたいことが出てきます。

もう3枚同じ文章をほしい、文章を分りやすく色や画像をプラスしたい。

これを全てアナログなノートでしようと思ったら、何時間もかかってしまいますよね?それは効率化を悪くしていることです。

PCで作業をするなら、ショートカットキーを覚えることも大事なことです。

ショートカットキーはキーボードを使って完結に短時間で操作することができるものです。

PC作業を行う方は、ほとんど利用していることでしょう。

わざわざマウスを持ち替える必要もなく、効率良く作業を行うことができるのです。

効率化の癖をつける

効率化の癖をつけると自分自身が一番楽でストレスが溜まりません。

普段やっていることを当たり前にすることで不安や迷いがないのです。

何をすれば良いか?毎日、迷っていると作業の手が止まってしまうのです。

効率化の癖をつけると迷いなく作業をすすめることができます。

癖になるまでは多少なりの違和感をおぼえるかもしれませんが、毎日不安な気持ちで作業をこなすよりは、よっぽど効率が良いことです。

人間には、あらゆる癖があります。

その癖は他人に指摘されないと自分の中では当たり前のことで気づかない。

あらゆる癖がありますが、効率化できる癖なら覚える価値はあります。

悪い癖は改善して、効率化できる癖を身につけましょう。

すべての作業に必要なのは仕組み化!(まとめ)

作業を効率化する為に必要な順序があるのです。

それは仕込みと同じです。

オープンが作業とすれば、作業するまでの仕組みがあります。

土台が完璧にできていないと作業は効率化できません。

段取りが悪い方は、そもそも土台がしっかりしていない。

スケジュール帳がないから、何時に待ち合わせか?何処の場所か?何をするのかも曖昧なまま覚えてしまいます。

誰かに指摘されて、はじめて気づくことがあります。

結果的に記憶を頼りにしているので、何かヒトツ大切な情報が漏れてしまっている。

それが実は大事なことだったりするのです。

慌ててしまうことで、冷静な作業ができなくなりスピードも落ちてしまう。

失敗したことによりモチベーションも下がってしまいます。

全てがマイナスに動き始めてしまうのです。

逆に段取りが良い方は、事前に準備を抜かりなくしているのです。

作業で慌てなくて良いように、すべてを揃えているから不安などありません。

効率化することは難しいことではありません。

当たり前のことを当たり前にするだけです。