私たちは生きていると様々な場面でリスクを背負いながら何かを選択したり、行動したりすることを求められます。

できることなら必要以上にリスクを背負いたいとは思わないはずですよね。

なぜならば、リスクを背負うという事はすなわち危険なことを背負うということだからです。

一般的に考えてリスクを背負うということは回避しなければいけないことです。

リスクを回避するということはすなわち自分の身を守るということにつながるからです。

あなたは自分が抱えるリスクを減らすために、何かしらの工夫を日常的に行っていますか?

もしも何も行っていないというのであれば、リスクについて真剣に向き合った方が良いかもしれません。

いつどこであなたがリスクを背負ってしまうかわからないからです。

特に、会社員としてビジネスの現場に立っている人間であれば、必ずこの考えは持っておかなければいけません。

ビジネスの場面でリスクを抱えて、危うい状況に立ってしまうという事は信頼を落としかねない行為にも繋がります。

仕事ができる人間ほどリスクヘッジを念頭に置いた上で自分の行動を考えています。

今一度リスクヘッジについて真剣に向き合っていただくため、そしてまだ社会に出ていない社会経験の乏しい方たちに向けて、今回はリスクヘッジをテーマにして、リスクヘッジとはどういう意味なのか、そしてリスクヘッジの具体的な使い方と、どのような場面でリスクヘッジが使われるのかをご紹介していきます。

リスクヘッジってどういうこと?

そもそもリスクヘッジという言葉はどういう意味なのか、知らない方もいるかもしれません。

社会経験が乏しい方ならば当然なのですが、社会人として活躍している方であれば知っておかなければいけない言葉になります。

もしも社会人の方でリスクヘッジという言葉の意味、そして使われる場面を知っていないのであればこの機会にマスターしておきましょう。

先ほどもお伝えしたように、リスクヘッジを知るということは自分の身を守ることにつながります。

社会に出ると理不尽なことをたくさん経験すると思います。

時には自分が悪くなくても自分自身が責任を負わなくてはいけない場面も十分想定されます。

だからこそ、少しでもリスクを減らして、安心した日常生活を送るために、リスクヘッジの概念を身に着けておきましょう。

起こるうるリスクを回避する

リスクヘッジという言葉の意味の中には「起こるうるリスクを回避する」という意味が存在しています。

これはどういう事でしょうか。

例えば、日常生活には様々な場面でリスクを背負わなければいけない状況というものが存在します。

しかし、リスクと一言に言っても様々なリスクが存在しています。

それは、必ず背負わなければいけないリスクもあれば、工夫をすることによって、背負う必要がないリスク、つまり回避できるリスクも存在するということです。

では具体的にそれはどんなリスクなのか?

例えばわかりやすい例としてこのようなシーンを想像してください。

あなたは白シャツを着てカレーうどんを食べていました。

この状況で起こりうるリスクはカレーの汁が白シャツに飛んでしまう事です。

それを事前に想定しておけば、白シャツの上にナプキンを着用してカレーうどんを食べることができます。

そうすることによって、カレーの汁が飛んだ時にナプキンが防いでくれる可能性が上がります。

これは自分の白いシャツが汚れるのを防ぐ、リスクヘッジです。

つまり「起こるうるリスクを回避している」ということです。

これは当然「工夫することによって回避できるリスク」です。

しかし、例えば株やFXなどの投資に関してはどうしてもどうなるかわからないシーンもあります。

ある程度先を読んでも流れがどうなるかわからないのは当たり前です、なぜならばそれが投資だからです。

なので、投資をするならば、必ず損をするリスクを背負った上で行わなければいけません。

これが「背負わなければいけないリスク」です。

このようにリスクの種類によっては起こりうるリスクを回避することができるようなものもあるということです。

そして、リスクを回避するために行う行動を「リスクヘッジ」と呼んでいるのです。

リスクを軽減するよう工夫する

リスクヘッジという言葉にはその他の意味も存在しており、「リスクを軽減するよう工夫する」という意味も存在しています。

先ほどリスクには種類が存在しており、「背負わなければいけないリスク」、「工夫することによって回避できるリスク」があるとお伝えしました。

しかし、時には「背負わなければいけないリスク」に関しても軽減できるように工夫することが出来るのです。

例えば先ほどご紹介した株やFXなどの投資について関連して考えてみましょう。

株やFXは結局上がるか下がるかです。

元々の購入した価値よりも価値が上がった状態で販売すればその差額が儲けになるという事です。

しかし、価値が上がるか下がるかという事を何も考えずに行っていてはリスクは高いままです。

ではそのリスクを軽減するためにはどうすれば良いか?
例えば株であれば、今自分が保有している会社の動向を探る事でリスクを軽減することが出来ます。

様々な情報を集めて、それが良い情報なら上がる確立が高まります、なので株は保有したままにしておく必要があります。

そして良くない情報があるならば、今売っておいた方が暴落した時の事を考えるとリスクを減らす事が出来ます。

このように様々な情報を集めて、自分が損をしないように見定めることはまさに「リスクヘッジ」です。

そして、この行動はまさに「リスクを軽減するよう工夫する」というリスクヘッジの意味として表現することが出来ます。

リスクヘッジをまとめると


リスクヘッジという言葉を考えていただく上で、分解して考えてみるとリスクとヘッジという言葉に分けて考えることが出来ます。

リスクとは皆さんがご存知だと思いますが「ある行動に伴って、危険に遭う可能性や損をする可能性を意味する概念」という意味が存在します。

そしてヘッジとは「回避する」という意味の言葉です。

つまり、これらを組み合わせると「ある行動に伴って、危険に遭う可能性や損をする可能性を意味する概念を回避する」という言葉になります。

なので、リスクヘッジは「起こるうるリスクを回避する」「リスクを軽減するよう工夫する」という意味を持っている言葉として使用されていると考えられます。

こうして考えてみると、難しい言葉ではないように考えられると思います。

リスクヘッジという言葉を正しく理解し、リスクヘッジの重要性をより理解して自分のスキルとして身に付けましょう。

リスクマネジメントとも呼ばれる

リスクヘッジという言葉はそのまま使われることもありますが、別の言葉に置き換えて表現されたりする場合もあります。

一般的にはリスクヘッジという言葉が一番使われやすいのですが、会社によって使われる言葉などは変化する可能性があります。

なのでリスクヘッジという言葉だけしか知らないと、正しく意味が理解できない可能性もありますので、リスクヘッジという言葉以外の呼び名も学んでおきましょう。

リスクヘッジという言葉以外にも「リスクマネジメント」という言葉で表現されたりする可能性が考えられます。

「リスクマネジメント」とは「リスクを組織的に管理し、損失などの回避または低減を図るプロセス」を意味している言葉です。

なので「リスクヘッジ」と意味を比較してみるとかなり似ている言葉、つまり類語であると判断することが出来ますね。

しかし注意をしておかなければいけないのは「リスクヘッジ」と「リスクマネジメント」は若干の違いが存在するという事です。

それは、「リスクヘッジ」という言葉に関してはリスクを最小限に抑えるための方法論でしかないということです。

それに対して「リスクマネジメント」は、全体を管理している言葉です。

なので、より分かりやすく説明するとすれば、「リスクマネジメント」の中の一つに「リスクヘッジ」という言葉が存在すると位置づけて考えていただければ、より関係性が分かりやすいと思います。

しかし、人によってはこの違いを理解することなく同じ意味として使っている場合も考えられますので、必ずしも違う意味で使われているという概念を持たなくても良い可能性も高いです。

根本的には若干の違いがある、というくらいの簡単な認識を持っておいてください。

たんにヘッジと呼ばれることも

リスクヘッジという言葉は「リスクマネジメント」と呼ばれる事もありますが、それ以外にも略称されて「ヘッジ」と呼ばれるような事も多々あります。

なので、一種類だけではなく、様々な言葉の種類で同じ意味として使われやすい言葉であるという事を知っておいてください。

人によって呼び方などは癖があるので、最初は戸惑うかもしれませんが、正しく言葉の意味を知っておけばそこまで難しい判別方法にはならないはずです。

反対語はリスクテイク

リスクヘッジという言葉の意味を考えてみると、リスクヘッジという言葉には反対語があるということに気が付くはずです。

「リスクヘッジ」が「起こるうるリスクを回避する」という意味に対して、反対の言葉を考えると「危険を冒す」という行為になるはずです。

では「危険を冒す」という行為に該当する言葉を考えると「リスクテイク」という言葉が該当することに気が付くはずです。

「リスクテイク」は「危険を承知で物事を行うこと」を意味しています。

例えば「リスクテイク」を実際の例文で考えてみると「積極的なリスクテイクは自分を破滅させることにつながる」という例文で表現できたりします。

一般的にリスクを背負うということは危険なことなので、回避しなければいけないという考え方が存在していますが、時にはリスクテイクすることが大切な場面もあります。

人の考え方次第かもしれませんが、リスクを背負うことによって、はじめて人間が成長すると考えている方もいます。

リスクを負わなければ成功はありえない、リスクを背負うことで自分の殻を破って成長することができるようになる、と考えられています。

実際に世界的に有名な実業家であるビル・ゲイツさんもこの言葉を発しています。

あくまで人それぞれの考え方になりますので、強要される必要性は全くありませんが、考え方によってはリスクヘッジの反対の言葉である、リスクテイクも重要視しておかなければいけない要因になり得る、という事を頭に入れておいてください。

リスクヘッジが使われるところ

リスクヘッジという言葉が用いられるシーンはたくさんあります。

そもそもリスクヘッジという言葉の意味を考えた時に、それに該当する状況というものは日常生活の至る所に存在しているからです。

例えば冒頭でもご紹介した通り、カレーうどんを食べたり、ナポリタンを食べたりするような機会はたくさんありますよね。

なので、言葉の意味を知っている人間であれば様々な場面で積極的に使うことができる便利な言葉なのです。

しかしリスクヘッジという言葉に関しては、元々ビジネス用語として用いられています。

なので、突き詰めて考えてみると、本来用いられる場面というのはごくごく限られた場面になることが想像できます。

具体的にはリスクヘッジという言葉はその性質上金融業界でよく使われていた言葉です。

元々は金融業界のみで使われていた言葉ですが、今ではビジネス用語をよく用いるような会社もたくさん増えています。

それに伴って金融業界以外の垣根を越えて様々なビジネスの場面でも用いられることが多くなっています。

それを踏まえた上で、具体的にどのような場面でリスクヘッジという言葉が使われるのか項目別にご紹介していきます。

金融取引


リスクヘッジという言葉はもともと金融業界が使っていた言葉とご説明しました。

なので、リスクヘッジという言葉は金融取引の場面で用いられている言葉である、と判断することが出来ます。

金融取引の場面というと一般的には資金の貸借取引のことを意味しています。

貸借取引を考えてみれば、お金の貸し借りを行うことによって利益を生み出している銀行を簡単に想像することができると思います。

銀行はお金の貸し借りを行うことによって、金利を得ています。

その金利を得ることによって利益を上げることができるようになるのですが、むやみやたらにたくさんの企業や人にお金を貸せばよいというものでもありませんよね。

例えば信用がない人間に対してお金を貸したところで、踏み倒されてしまえば大きな損害が出てしまうことになりますよね。

なのでお金を貸す際に相手が信用できる人間かどうか、様々な情報から判断することもリスクヘッジなのです。

なので「この人間が本当に信頼できる人間か確認することは、我々銀行にとってのリスクヘッジである」と使うことが出来るようになります。

このように金融業界では日々、リスクヘッジという言葉を使って様々な言葉のやり取りをしていると考えることが出来ます。

証券会社に関しても全く同じで、証券会社は証券会社自体が株式を売ったり買ったりするような仕事、つまりディーラー業務を行っています。

なので、ディーラー業務を行う中で一番怖いのは大きな損失を生み出すことになりますので、ディーラー業務についている人間もリスクヘッジという言葉を使ってたくさんやり取りをする姿を想像することが出来ます。

このように、金融取引の現場ではたくさんの人間がリスクヘッジを使っているので、金融取引の場面はリスクヘッジが使われるところであると判断することが出来ます。

分散取引

金融業界においてリスクヘッジという言葉を使う場面の中には分散取引をする場面も該当しています。

では分散取引の場面はどのような状況になるのかと考えた時に、例えば株での一例をご紹介していきます。

あなたが株を行っていたとして、もしもたった一つだけの銘柄を購入して保有していた場合、見方によっては危険であると判断することが出来ます。

なぜ一つだけの銘柄を保有するのが危険なのかと考えた時に、もしもその銘柄だけをずっと保有し続けた場合、その会社が倒産してしまったり、株の価値が大暴落してしまった時に必ず大損をしてしまうのです。

しかしこの会社の銘柄たった一つだけではなく、複数の今後伸びそうな見込みのある銘柄を保有しておけばどうでしょうか。

もしも一つの会社が倒産してしまったり、株の価値が大暴落してしまったとしても、他の会社に分散して株を所有しておけば必要以上のリスクを背負うことがなくなりますよね。

つまり分散取引を行うことによって必要以上にリスクを背負う必要がなくなる、リスクを背負わない工夫をすることができるということなのです。

なので分散取引を行ったりするときにリスクヘッジという言葉を使って合わせて表現したりすることが多くなります。

例えば「分散取引してリスクヘッジしておいた方が良さそうだ」というような例文で表現できたりします。

なので金融業界の分散取引を行う場面ではリスクヘッジという言葉が使われる場面であると判断することができます。

ビジネスシーン

リスクヘッジという言葉が使われるところはビジネスシーンにおいても増えてきています。

そもそもリスクヘッジという言葉は金融業界において使われていた専門用語だったのですが、今ではグローバルな時代になっていることによって、様々なビジネスシーンでリスクヘッジという言葉が多用されるようになっています。

金融関係の企業だけではなく、一般的な企業においても使われるようになっており、IT系の会社や広告代理店などでも広く使用されています。

ビジネス用語を全く使わない会社もあれば、ビジネス用語を積極的に取り入れている会社も多く存在していますので、結局は会社に存在している人間の考え方であったり、会社の風土によるところもあるかもしれません。

しかし、一人前の社会人として仕事をするのであればビジネス用語に関しては基礎的な言葉などは理解しておかなければ、恥ずかしい思いをしてしまいます。

今の時代、ビジネス用語が一般的に身につけておかなければならない知識になっているからこそ、積極的に分からない言葉は身につけておきましょう。

リスクヘッジの使い方

リスクヘッジという言葉の一般的な意味とリスクヘッジが使われるシーンについてご理解いただいたところで、ここからは実際に日常会話でリスクヘッジという言葉を用いて会話をする時の例文についてご紹介していきます。

間違った使い方をしていると、恥をかいてしまうことにもなりますので、いくつか正しいリスクヘッジの例文を意味も併せてご紹介していきます。

リスクヘッジを考えて投資する

まずはじめにご紹介するリスクヘッジの使い方は「リスクヘッジを考えて投資する」という例文からご紹介します。

リスクヘッジという言葉が一般的に使われているシーンとしては金融業界において使用される頻度が高いとお伝えいたしました。

なので、投資に関しても金融業界においてはよく使用される言葉なので、それと絡めた例文となっています。

「リスクヘッジを考えて投資する」とは、言い換えれば「リスクを軽減するよう工夫して投資をする」と考えることが出来ます。

少しでもリスクを減らして、安全な状態で投資を賢く行おうという時に使われる例文です。

リスクヘッジを検証する

次にご紹介するリスクヘッジの使い方は「リスクヘッジを検証する」という例文です。

この例文の意味も考える上では難しくはありません。

「リスクヘッジを検証する」とは「起こるうるリスクを回避できるかを検証する」もしくは、「うまくリスクヘッジの機能が作用するか検証する」というような意味として表現される場面が多いです。

なので、何かを行っている時にひとつの確認項目として、リスクヘッジにまで気を配っているかどうか確認するときに発せられる例文です。

リスクヘッジの重要性を説明する

「リスクヘッジの重要性を説明する」という例文もよく使われがちな日常会話として知られています。

リスクヘッジに関しては理解していれば、しているほど取り入れようと努力をするようになります。

しかし、そもそもリスクヘッジについて知らない方や、あまり物事に対して危機感を持たずに取り組んでいる人間はリスクヘッジを意識すること自体が少ないはずです。

なので、リスクヘッジについての意識が低い人間や知らない人間に対して使われる場合が多いです。

「リスクヘッジの重要性を説明する」とは言い換えれば「起こるうるリスクを回避する重要性を説明する」と解釈することが出来ます。

決して難しい使い方ではないので、ビジネスのシーンで周りにリスクヘッジに対する意識が低い人間に使ってみましょう。

リスクヘッジをはかっていく

次にご紹介するリスクヘッジの使い方は「リスクヘッジをはかっていく」という例文です。

「リスクヘッジをはかっていく」ということは「起こるうるリスクを回避するために工夫していこう」という意味として解釈できます。

リスクヘッジの重要性を理解したところで実際に行動を伴わなければ、意味がありません。

だからこそ、リスクヘッジを積極的にはかっていくところまでをセットで行わなければいけません。

なので、リスクヘッジをどんどん積極的に行っていく必要がある場面で使われる例文として用いることができる。

仕事で見られるリスクヘッジの例

リスクヘッジという言葉は金融業界のみならずに今では一般企業にまで広く浸透している言葉であるとご紹介しました。

実際に今あなたが所属している会社でもリスクヘッジという言葉を使って物事を表現したりすることがあると思います。

だからこそ金融業界以外の業界に所属している会社の方、そして社会経験がない方もリスクヘッジという言葉がビジネスシーンのどのような場面で見られるのかを把握する必要性があります。

これを把握しておけば、社会を円滑に、より安全に生き抜く事ができます。

余計なリスクや無駄なリスクは背負ったところで負担になるだけです。

それを踏まえた上で、仕事で見られるリスクヘッジの例をよく考えて行動してください。

転職を考える

仕事で見られるリスクヘッジの例として転職を考えることも一つのリスクヘッジです。

なぜ転職を考えることがリスクヘッジにつながるのかと考えた時に、自分が今行っている仕事を将来もずっと続けるという事は安定的な考え方になるかもしれませんが、もしも会社が傾いたり、倒産してしまえばそれは大きなリスクへと変貌してしまいます。

今あなたが勤めている会社が傾かない、倒産しないという安全は必ずしも保証されていないからです。

公務員でない限りはこのリスクを常に抱えたまま生活をしていかなければいけません。

しかしそれは社会人として仕事をする人間としてはあまりにも無防備な考え方ですよね。

常に今自分が所属している会社は安心できる場所なのか、もしもこの会社が倒産してしまった時に生き残っていく為の方法はあるのか?

ということを考えておかなければ、結果的にこのリスクを放置してしまう事になりかねません。

だからこそ転職を考えるという事はひとつのリスクヘッジとして成り立つのです。

なので、仕事で見られるリスクヘッジの一つに転職を考えるという事は当てはまるのです。

資格を取っておく

資格を取得しておくことも一つの大きなリスクヘッジとして考えることができます。

なぜ資格を取得することがリスクヘッジにつながるのかと考えた時に、資格は自分のスキルを示す上で大きな力を持っています。

資格がなくても英語を話せるという人間と、TOEICが900点以上という人間を比べると後者の方が信頼に値する人物であると判断することが出来ますよね。

このように、自分の価値を作り出すもの、そしてそれを証明する証拠として存在させることができますので、資格を取得するという事は他人に認めてもらいやすく、自分自身を価値ある人間へと変化させることが出来ます。

自分自身を価値ある人間へと変化させることが出来れば、転職などにおいても有利に働きます。

なので、資格を取得するという事は先ほど述べた、転職の場面で大きな力を発揮するという事に繋がり、結果的に資格を取得するという事はリスクヘッジに繋がるという事になります。

ひとつの事を極めるのももちろん素晴らしい事ですが、金融の世界でも分散投資という言葉があるように、自分のスキルも分散させて確保しておくと、会社が倒産した時に自分を助けてくれる要素になり得ると思いますよ。

貯金をしておく

リスクヘッジの一つとして貯金をしておくことも大切な行いであると考えられています。

なぜ貯金をしておくことがリスクヘッジにつながるのかと考えた時に、貯金をしておくことによって自分の会社が倒産してしまったり、自分の会社が傾いて収入が減ってしまった時に自分を守ることができる一つの方法になるからです。

貯金があれば収入が減ってしまったり、無くなってしまったとしても生きて行くことはできます。

貯金がたくさんあればあるほど無収入でも生活をすることができるので、それまでの間に転職活動を行うことができるようになります。

しかし貯金がなければ生活をすること自体ができなくなりますので、食べるものもなければ家賃を払うこともできないのです。

そんな状況で転職活動をするというのも安心して行えないですし、妥協して臨んでいない企業に就職しなければいけない状況を生み出してしまう可能性もあります。

なので、貯金をして自分の生活を少しでも安定的なものにするという事は十分リスクヘッジになり得る行為であると判断することが出来ます。

失敗を想定する

失敗を想定しておくこともリスクヘッジにつながります。

これはリスクヘッジという言葉の意味を正しく理解しておけば、すぐに想像することができると思います。

失敗を想定して、あらかじめ予想される失敗の原因を潰すことは結果的にその失敗をなくすことができ、失敗をするリスクを減らすという事に繋がりますので、リスクヘッジとして認められます。

例えば仕事において二つの状況を想定してみましょう。

ある案件の納期があと一週間あるので、作業量を一週間で割り、毎日コツコツ行う場合と、納期があと一週間なので作業量を5日分で割り、残り二日間はアクシデントに備えて保険として残しておく考え方をしている場合を比べると、明らかに5日で割った後者の方がリスクヘッジを考えた行動を取っていると判断することが出来ます。

このように仕事のいたる場面でリスクヘッジを念頭において行動すればあなたの失敗を大きく防いでくれるようになるはずです。

リスクヘッジで対策をしっかりと練ろう

リスクヘッジは、今ではビジネスシーンだけではなく日常生活においても求められる大切な考え方の一つです。

昔と比べて複雑になっている今の社会を生きていくためには、たくさんのリスクをなるべく避けながら生きていくことが求められます。

背負うことで自分を成長させるリスクもありますが、その反対に背負っても何の成長もすることができない、避けるべきリスクも存在しています。

それらをうまく選別し、リスクの取捨選択をする事もひとつの大切なスキルになり得るかもしれません。

リスクヘッジに対する意識をこれまで以上に高く持ち、対策をしっかりと練って安全な行動を心がけるように工夫してみてください。