日々の仕事の忙しさに追われ、家事や育児に追われ、様々な人間関係の煩わしさに疲弊している人にとって、疲れをとる方法が最大の関心事です。

日本が閉塞感に包まれている要因の1つに、年代を問わず女性、男性を問わず疲れが蔓延している現状が影響している面があります。

心身の疲れのうっ積が慢性化してくると、ウツ状態に陥ることもあります。

疲れのうっ積は心身の正常な感覚を麻痺させて、『疲れている』こと自体を感じさせなくします。

疲れの状態を安易に見過ごすと、ウツや取り返しのつかない状態に自らを追い込むことになります。

疲れが取れずに慢性化すると、日々の生活の中で喜怒哀楽を感じることができずに無感動、無気力に包まれてしまい、自身の人生を楽しむことを忘れてしまいます。

疲れが慢性化してくると、疲れから『逃げたくなる』ものです。

疲れから『逃げたい』心理状態を抱えた日々を送っているとウツ状態や命に関わる取り返しのつかない状態に陥ることがあります。

この世に生まれてきた大切さを謳歌し、快い人生の日々を味わうためには、『疲れ』を感じたときに安易に見過ごさずに早めに手を打つことです。

疲れを解消する秘訣は、『疲れから逃げない』ことです。

『疲れ』に真正面から立ち向かい、
自分にとって最適な解消策を試みることが大切です。

疲れから逃げるために、お酒に酔いつぶれたりすることもありますが、結局は疲れが解消せず仕舞いになるものです。

疲れをとるための方法は様々あり、書店やインターネットのウェブサイトなど巷に溢れています。

しかし、様々な方法を実際に試してみても疲れが解消されないことがあります。

日々の生活で、解消方法を試しても疲れから解放されないあなたにとって、次に紹介する『目からウロコ』の方法を試してみてください。

疲れた体を回復しませんか?


『疲れ』は『病のもと』と言われるように、疲れを安易に見過ごすことで、病気の症状として心身に表われることがあります。

特に精神的な疲れがうっ積すると、神経が正常に反応しなくなるため、『疲れ』を感じることができずにウツ症状に陥ることもあります。

『疲れ』は身体が発する『警告メッセージ』ですので、忙しさを理由に対処せずに見過ごすと『慢性的』な病へと進むこともあります。

身体が発する『警告メッセージ』に気づいたなら、見過ごさずに手を打つことが大切です。

疲れた身体を『振り返る』と、実は『心の疲れ』が原因になっていることが少なくありません。

単なる肉体面の疲れなら、一晩寝ることで解消することができます。

しかし、精神的な疲れが起因になって『体が疲れている』と感じているときは、心の疲れを回復させることが先決です。

人の身体は、『心と肉体が合体』して機能していますので、疲れた身体を回復させるためには、精神面の疲れも解消することで、心身の疲れを回復させることができます。

身体を『いたわり』、疲れを回復させることで日々が快い生活になり、周りの人へ与える印象も変わり、人間関係の改善にも繋がっていきます。

疲れを回復させることは、あなた自身だけではなく、身近な周りの人へも快い影響を与えます。

日々の生活を快く過ごすためには、自分自身に最適な疲労回復方法を見つけて実践することで、健康維持や体力維持、メンタル面を安定させることができます。

疲れを取る方法教えます!おすすめ14選

疲れを溜めたまま日々を過ごしていると。

疲労感から日常の物事に消極的になり、身近な周りの人との人間関係に煩わしさを覚え、人との関わりから逃げる傾向が増えることがあります。

『独り』の時間が増えることで、自分を追い込むウツ症状に陥ることもありますので、身体からのメッセージである疲れの症状を安易に見過ごすことのないように、『身体からの声』である疲れの症状に耳を傾けることは健康維持のために大切なことです。

『疲れ』は、日々の生活の中で繰り返される仕事や家事、育児などで心やと身体への負担が限界に近づいていることを表す『警告メッセージ』と言えます。

人の身体は精神面と肉体面の健康を維持するために機能していますが、心身を酷使することで健康が損なわれることを防ぐために『疲れ』というメッセージを発します。

疲れのメッセージを見過ごすことは、病気を引き起こす原因になります。

また、『疲れ』メッセージは、未病を知らせていますので、安易に見過ごさずに手を打つことが健康維持の秘訣と言えます。

疲れの原因は、生活スタイルにより様々ですので、疲れをとる方法も自分に最も適した方法を見つけ出すことが、健康を維持するために大切なことです。

自分に合った最適な方法で疲れを取ることで、快い日々を過ごすことができるようになります。

疲れを回復させて爽快な日々を過ごすことは、自分自身を健康にしてくれて、周りの人との人間関係もスムーズにしてくれます。

疲れを取る秘訣は、疲れの原因が何かを知ることです。

単なる肉体的な疲れなのか、または仕事の忙しさからくるストレスによる精神的な疲れなのか、複雑な難しい人間関係による心労なのかを見極めることです。

疲れの原因を知ることで、最適な回復方法を選択できます。

人が日々の生活を過ごす中で疲れを感じたときは、溜めずに、我慢せずに早めに対処することでスムーズな疲労回復を実感することができます。

疲れを取るためには、食事や睡眠、サプリメント、運動など様々な方法がありますので、自身の疲れの原因に合った回復方法を選択することが心身の健康維持のための秘訣です。

疲れを感じたなら、無理をせずに早めの対処を心掛けて『心身をいたわる』ことが大切です。

疲れを溜めたまま覇気のない日々を送ることは、周りの人にもマイナスの雰囲気を撒き散らすことになります。

周りの人に不快感を与えないためにも早めの対処により、自身を疲れから解放させることが大切です。

心身の疲れを回復させることで、快い雰囲気を醸し出すことができるようになり、周りの人との人間関係も改善していきます。

食事で疲れを取る


心と身体は、疲れがうっ積してくると『助けてメッセージ』を発します。

心や身体が発したメッセージは、頭痛や肩こり、倦怠感、眠気、ダルさ、無気力などの『症状』として表われます。

肉体面を酷使すると、大量のエネルギーを筋肉に供給するため、疲れの症状となって表れてきます。

筋肉の疲れは、食事により栄養分を摂ることで回復させることができます。

食事により身体に摂り入れた栄養分は、消化吸収されてエネルギーとなり、身体全体の筋肉に行き渡り疲労が解消されて元気を取り戻すことができます。

身体が求めている栄養分を食事で摂り入れるためには、栄養分がもつ様々な効果を知っておくことが大切です。

色々な栄養分の働きを知ることで、疲れの原因に最も効果のある栄養分の摂り方を選ぶことが出来ます。

栄養分を摂ることは、疲れた身体にとっては『ごちそう』になります。

『ごちそう』をもらった身体は喜んで、あなたに元気を『プレゼント』してくれます。

多様な栄養分が、あなたの疲れた身体にどのような『ごちそう』を贈ってくれるのか、ご紹介します。

タンパク質

タンパク質は、人の身体には欠かせない三大栄養素である炭水化物、脂質と並ぶ大切な栄養素です。

タンパク質は身体の細胞が正常に働くためには欠かせないアミノ酸で構成されていて、体内の臓器や筋肉を働かせるホルモンの素になり、エネルギー源になっています。

アミノ酸は、筋肉や髪の毛、肌の細胞を構成していますので、肉体面の疲労回復に効果を発揮します。

タンパク質の素になっているアミノ酸には多くの種類があり、それぞれの組み合わせにより、様々な働きを人体にもたらします。

アミノ酸の中の必須アミノ酸は体内では合成できないため、食物から摂取しなければなりませんので食事でタンパク質を摂ることが大切です。

タンパク質には、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質があります。

動物性たんぱく質は、肉類や乳製品、魚介類などから摂ることができます。

また、植物性たんぱく質は、米や野菜、果物などから摂ることができます。

肉類や乳製品、魚介類などの多くには必須アミノ酸が含まれていますが、野菜、果物の中には必須アミノ酸が含まれていないものがありますので、動物性たんぱく質を摂る方が効果的と言えます。

疲労回復にはタンパク質を摂ることが有効ですが、タンパク質が不足したときの影響を知っておくことも必要です。

体内のタンパク質が不足すると、アミノ酸が減ることになりますので、筋肉の減少や髪の毛、肌のトラブルを招きます。

タンパク質には、保温効果もあると言われていますので、疲労を解消する効果が期待できます。

ビタミンB

ビタミンは、三大栄養素である炭水化物、脂質、たんぱく質の効果を発揮させる働きがある重要な栄養素です。

ビタミンは、水に溶け易い水溶性ビタミンと油に溶け易い脂溶性ビタミンがあり、ビタミンB群は水溶性ビタミンです。

ビタミンB群の中のビタミンB1には、ご飯やパンなどの糖質をエネルギーに変える働きがありあす。

摂取した糖質がエネルギーに変わり、脳細胞や神経細胞に行き渡ることで脳や神経機能を正常に保つことができ、精神が安定し集中力の維持にも効果があります。

心の疲れによるストレスを解消するために、ビタミンB1の摂取は有効です。

また、ビタミンB1は、乳酸などの疲労物質が溜まることを防ぎますので、疲れを和らげる働きがあります。

ビタミンB1は、豚肉やウナギ、ナッツ類から摂取することができます。

ビタミンB1の摂取が不足するとエネルギー不足を招き、精神が不安定になり胃腸や肝臓、腎臓の機能低下を招きます。

ビタミンB12は、身体の倦怠感や過敏になった神経を落ち着かせる働きがあります。

ビタミンB12は、牛や鶏のレバー、サンマ、ニシン、アサリから摂ることができますので、ストレスのうっ積からくる無力感や疲労感の解消に効果があります。

ブドウ糖

ブドウ糖は人体にとって重要な栄養素のひとつで、パンやコメ、果物、イモ類などに含まれている糖質です。

ブドウ糖は、身体の活動や脳の働きに必要なエネルギー源になる重要な栄養素です。

ブドウ糖が体内に摂取されると、小腸で吸収されて血液に入り、エネルギーとして全身に巡ることから、疲労回復に大きな効果があります。

また、脳の働きを支えるエネルギー源にもなり、心理的疲労を回復させる働きもあります。

ブドウ糖は、体内で消費されるときに熱を発生するため体温が上がり血行が促進されることから、筋肉や脳の疲れの回復を促します。

激しい運動の後や頭の使いすぎの時に甘いものを摂りたくなるのは、身体や脳がエネルギーを欲しているサインと言えます。

身体が疲労感に包まれている時や心労、精神的な疲れで頭がボーットして働かないときは、ブドウ糖を摂ることで回復できます。

有酸素運動を取り入れる

疲労には、肉体面の疲労や精神面の疲労、脳の疲労があり、これらがエネルギー不足の状態に陥っているときに表われる症状と言われています。

疲れを解消するための3大回復法として、睡眠や栄養摂取、そして運動が挙げられます。

運動を行うことで生ずる有酸素運動は、肉体的疲労回復や精神的疲労回復、脳の疲労回復に有効です。

有酸素運動により、多くの酸素を体内に取り込むことで体脂肪の燃焼や血行が促進されて、基礎代謝の向上や脳への血流の増加が起きます。

基礎代謝は筋肉の疲労感を和らげてくれますし、脳への血流の増加は脳疲労を和らげてくれます。

また、有酸素運動は神経伝達物質であるセロトニンを増加させることから、精神的疲労回復に効果があり、溜まっていたストレスを解消してくれます。

運動により働きだす有酸素運動は、肉体面の疲労や精神面の疲労を回復させる効果があります。

簡単なストレッチ

簡単なストレッチは体力に合わせて無理なく行うことで、肩こりや腰痛など肉体面の疲労回復に有効です。

ストレッチは、筋肉に優しく直接働きかける運動ですので、固くなった筋肉を伸ばし、筋肉の緊張状態をほぐすことで血流を回復させることができます。

ストレッチにより血行が促進されて体内の老廃物が排出され易くなることで、筋肉の疲労回復を促されます。

長時間のデスクワークにより腰の筋肉の緊張状態が続くことで血管を圧迫し血液循環が抑えられると、老廃物が溜まり易くなり筋肉疲労を起こします。

筋肉疲労は、肩こりや腰痛の引き金になることがあります。

体調に合わせた無理のない簡単なストレッチをすることで、萎縮した筋肉を優しく伸ばすことができるため、肩こりや腰痛を改善させることができ、身体の疲労回復に効果があります。

また、一方、ストレッチを行うことで脳波のアルファ波が増加して副交感神経の働きを活発化させることから、リラクゼーション効果があると言われています。

複雑な人間関係などで精神的疲労に陥っているときは、ストレッチにより心と神経をリラクゼーションさせることができます。

お風呂でリラックス

お風呂の湯船に身体を埋めて温めることで、心身ともにリラックスできます。

湯船の中で身体全体が温められることで、日中の忙しい仕事や家事で張り詰めていた気持ちの緊張がほぐれてストレスから解放され、心からリラックスした境地に包まれます。

また、身体が温められることで、身体全体のコリが解れて血管が広がり、血液の循環が促進されますので体内の老廃物がスムーズに汗とともに排出されて疲れた筋肉を回復させてくれます。

自分の体温に合わせた、最適な温度のお風呂で心と身体の緊張感をほぐすことで、快い気分とともに疲れを解消できます。

入浴により身体が温まることで副交感神経の働きが優位になり神経がリラックスしますので、快い睡眠へと誘ってくれます。

リラックスして眠りにつくことができるため、疲労回復に大きな効果があります。

質の高い睡眠

疲れを取る3大回復法の1つに睡眠があります。

睡眠は、3つの生体リズムである睡眠物質の分泌、体温、脳の眠気で成り立っていると言われています。

これらの3つのリズムを巧く組み合わせることで、疲れが解消されてスッキリと目覚めることができます。

質の高い睡眠のためには、最適な体温を保つ必要があります。

このためには、足首を温めることです。

寝ている間に足の裏から熱を放出して適度な体温を維持してくれます。

入浴後に、すぐにフトンに入ると、体温が高いままの状態が続いて眠りに入れないことがありますので、体温のホテリを静めてから就寝することです。

また、精神的な疲労で頭と心の緊張が続いていると寝付けないことがありますので、氷や水で頭を冷やすと眠りにつき易くなり、精神的な疲れをとることができます。

質の高い睡眠をとるためには、毎晩同じ時間帯にフトンに入ることを心がけることです。

寝る前にゲームやテレビ、インターネットで脳を興奮状態にしない心掛けも大切です。

深呼吸

精神的な緊張が続いているときは、心と頭が疲れた状態になっていますので、ストレスが高まる前に解消することが必要です。

人の体は緊張状態が続くと自律神経、交感神経の働きが活発になり、呼吸が浅くなります。

呼吸が浅くなると脳細胞の酸素が不足することがあります。

緊張状態を和らげるためには深呼吸をしてリラックスすると副交感神経の働きが優位になるため、身体の酸素不足を解消して、心身の疲れを取ることができます。

仕事の合間や家事の合間に疲れを感じたときは、深呼吸をして身体をリラックスさせることで、疲れを溜めずに解消することができますので、ストレスのうっ積を予防できます。

テレビを見て大笑いする

笑いは、ストレス解消に大きな効果があると言われています。

笑うと副交感神経の働きが活発になり、緊張がほぐれてリラックス効果が高まります。

大笑いすることは、深呼吸と同様に腹式呼吸になりますので、身体に多くの酸素を取り込むことができます。

多くの酸素を体内に取り込むことで血液の循環が高まり、体内の疲労物質が体外に排出され易くなります。

疲労物質が身体からに出ることで、疲労回復が早まります。

また、大笑いすることで、心や頭の緊張が解れてきますので、ストレスを解消することができます。

複雑な人間関係を乗り越えるために自分の感情を抑えることがあります。

感情を抑えるとストレスが溜まり精神的疲労感に包まれます。

テレビを見て大笑いすることで副交感神経の働きが活発になり、自律神経のバランスが平常になるため疲れを回復し易くなります。

大笑いは、精神的な疲労の回復に大きな効果があります。

昼寝をする

副交感神経が優位になるとリラックスしてきて昼寝がし易くなります。

昼寝は短時間の睡眠ですが、家事などに追われて疲れを感じたときは、タイミングをみて寝ることで、疲れのうっ積を軽減することができます。

昼食後に眠気をモヨオスことがあります。

眠気は身体の自然な欲求ですので、我慢せずに昼寝をすることで疲労回復に効果を発揮します。

昼寝は短時間であっても、夜の就寝と同様の疲労回復効果があると言われています。

適度な昼寝は、疲労のうっ積を防ぎます。

しかし、昼寝をし過ぎると身体のダルさを感じることがありますので、適度な時間を決めておきましょう。

オレンジの香り

アロマオイルに代表されるように、香りは人の感情や行動に働きかけて、癒しの効果をもたらします。

香りの中でもオレンジの香りは、緊張をほぐす効果がありますので、仕事や人間関係で緊張した心と神経を和らげてくれます。

精神的な疲労は早めに手を打って解消しなければ、ストレスが溜まり、うつ病の原因になることがありますので、オレンジの香りをストレス解消のために活用しましよう。

また、オレンジの香りは精神的な疲れで落ち込んでいる心の元気を取り戻してくれる効果があると言われています。

オレンジの香りで精神的な疲れが回復できることで、周りの物事に前向きに取り組めるようになります。

サプリメントを摂取

栄養補助食品であるサプリメントは成分に応じた様々な効果がありますので、疲労回復のためにサプリメントを服用する人は少なくありません。

人が疲れを感じる原因は活性酸素にあると言われています。

活性酸素は、激しい運動やストレスにより体内に発生します。

発生した活性酸素は体内の細胞を傷つけますので、健康な細胞が減少します。

健康な細胞が減少することで体内のエネルギー生産量が低下して、疲れを感じる症状が表われてきます。

疲れを感じたときサプリメントを服用することで、サプリメントの成分が体内の細胞に作用して、活性酸素で傷つけられた細胞を修復してくれます。

修復された細胞が増えることでエネルギーの生産量が高まりますので、疲れを回復できます。

また一方、疲れを予防するためにサプリメントを服用する人も居ます。

疲れ予防のためのサプリメントには抗酸化成分が含まれているため、体内の細胞が傷つくことを防いでくれます。

細胞が傷つかないことで、体内エネルギーの発生量が低下しないため、疲れを感じることなく元気を維持できます。

疲れを感じたときには、クエン酸やオルチニンが含まれたサプリメントが効果的です。

また、疲れ予防には、ビタミンC、ビタミンEを含んだサプリメントが有効です。

多くのサプリメントの中から服用の目的に合わせ、サプリメントの有効成分を確かめて使用することで効果が発揮されます。

趣味をゆっくり楽しむ

疲労が蓄積すると脳の内部に炎症が起こり、脳機能が低下すると言われています。

疲れることで『考えることが面倒』になるのは脳が疲れている症状の表れです。

頭が疲れて思考力が低下している時は、気分転換をして、脳の緊張状態を和らげる必要があります。

気分転換に最適なのが、大好きな趣味をゆっくり楽しむことです。

趣味に没頭することで、仕事や家事の忙しさや人間関係の煩わしさを、いっとき忘れさせてくれます。

趣味をゆっくり楽しむことで、心が楽しさに包まれて高揚感が湧いてきますので、精神的な疲れを回復させるために有効です。

友だちと話す

仕事の忙しさや人間関係の複雑さで精神的に疲れが溜まりストレスを抱えている人は少なくありません。

人間関係をスムーズに運ぶために自らの感情や本音を抑えることで、ストレスがたまることもあります。

自分の感情や本音を抑えた状態が続くと大きなストレスとなり、発散したい衝動に駆られることがあります。

うっ積したストレスを発散したい衝動に駆られた心理状態から心を解放させるためには、本音をぶつけ合える友達との会話が大きな救いになります。

友だち同士でお互いに遠慮なく心を開き、本音を出し合えることで、心中にうっ積していたストレスを大いに発散することができます。

人はストレスが溜まった状態が続くと物事に消極的になることがあります。

しかし、ストレスを発散することで消極的な心境が影を潜めて、積極的な心理状態に復活させることができます。

心を許せる友だちと話すことは、精神的な疲れを取るためには最適な方法の1つと言えます。

読書する

読書をすることで、小説の世界に自分自身を投影させて、『別な自分』に浸ることができます。

『別な自分』になりきることで、日常生活の仕事や家事の忙しさで溜まっている精神的な疲れを忘れさせてくれます。

日常生活とは全く異なる小説の世界に『心を投じる』ことで、日常生活とは違った世界の疑似体験ができます。

日々の忙しい生活の中で『凝り固まった』心理状態が続くことによるストレスを抱えているとき、小説の世界に『心を投じて』疑似体験することで、ストレスを解消できます。

読書は日常生活の中で、うっ積した精神的な疲れを忘れさせてくれる『架空の世界』を提供してくれる『ストレス解消の特効薬』と言えます。

好きな音楽を聴く

自分にとって好きな音楽を聴くことで、心をユッタリできる『時間』を満喫することができます。

大好きなメロディーや歌詞に『心を任せる』ことで、日常生活の仕事や家事の忙しさや人間関係の煩わしさを忘れさせてくれます。

自分にとって好きな音楽は、日常生活の中で溜まったストレスに『縛られた心』を解放してくれます。

精神的なストレスを自覚する日々が続くときは我慢せずに、好きな音楽を聴く時間をもち、自分の心をストレスから解放してあげましょう。

ストレスがうっ積した状態を続けていると、うつ状態に陥り自信喪失につながることがあります。

心の疲れを安易に見過ごさないことが『心の健康』を維持するための秘訣です。

好きな音楽を聴くことは、精神的な疲れを癒してくれる『心のビタミン剤』になります。

疲れってどのような症状?!

疲れの原因は、体内に活性酸素が溜まることで起きます。

活性酸素は、肉体を酷使することや精神面のストレスが溜まることで発生します。

活性酸素は、体内の細胞を傷つけます。

細胞が傷つくことで、体内のエネルギー生産量が低下するため『疲れ』の症状が表われてくるのです。

疲れをとり回復させるためには、休養や栄養のある食事を摂ること、適度な運動をすること、サプリメントを服用することなどが挙げられます。

朝起きるのが辛い

疲れには、寝ることで回復できるケースと回復させることが出来ないケースがあります。

朝、目を覚ましても疲れが回復せずに、起きるのが辛いことがあります。

単に、肉体的に身体が疲れているときは、寝ることで身体が休まり、朝目覚めたときには疲れが回復して、布団からスムーズに起き上がることができます。

しかし、精神的な疲れにより心が疲弊してストレスがうっ積している心理的疲労状態に陥っているときは、布団に入っても、気持ちが落ち着かずに眠りに就けないことがあります。

また、熟睡できずに目が覚めてしまうこともあります。

精神的な疲れは、疲れの原因を解決させなければ、いつまでも気になり心が落着かない状態から抜け出せないため、布団に入っても熟睡できずに睡眠不足になり、朝起きるのが辛い状態に陥ってしまいます。

朝起きるのが辛いときは、先ずはストレスの原因を解消させることが必要です。

肌荒れ

人の肌は、特に顔の肌の細胞は、血行の良し悪しの影響を直接受けることから、体調の変化が直接、顔の肌に表われてきます。

肌の良し悪しが健康のバロメーターと言われるほど、人の肌は健康状態が如実に表れる場所と言えます。

肌荒は、心身の疲れが溜まり、身体の健康が損なわれている状態を表しています。

肌への血流が低下すると肌の細胞の老廃物を排出する働きが低下して肌荒れを起こします。

特に、仕事や家事の忙しさから肉体的疲労と精神的な疲れからストレスが溜まっていると血流が損なわれて、肌の艶や生気が失われ、肌荒れを起こすことがあります。

肌の血流が低下すると、肌の老廃物が排出できずに吹き出物がでることになります。

肌の細胞は、身体の疲れや精神的な疲れに敏感に反応しますので、肌は健康と疲れのバロメーターと言えます。

目が疲れる

目の疲れは、身体の疲れや精神的な疲れが原因になっていることがあります。

一方、スマートホンやパソコンの画面に集中する時間が長くなると、目の周りの筋肉の緊張が続くことで血流が損なわれてきます。

血流が低下すると、目の細胞への酸素の供給が少なくなり、目の疲れの症状として表われてきます。

目の疲れを感じたときは、身体と目を休めるために休養をとることが必要です。

目を長時間にわたって酷使することを控えましょう。

肩がこる

身体の上半身を酷使することで、肩こりになることがあります。

肉体面で身体に大きな負荷をかけると筋肉が硬直して血流が低下します。

血流が低下すると、筋肉の細胞に酸素が充分に行き渡らない状態に陥ります。

筋肉細胞に酸素が行き渡らないとエネルギーの生産量が減り、筋肉が硬くなるため、肩こりの症状として表われてきます。

肩こりは軽いストレッチなどで解消させることができます。

集中力が落ちる

肉体的な疲れや精神的な疲れに陥ると、回復するために体内で多くの酸素を消費することになります。

吸収した酸素を使ってエネルギーをつくる過程で活性酸素が生じます。

活性酸素は体内の細胞を酸化させるときに脳へ疲労の信号を伝達すると同時に筋肉や細胞の働きが低下するため気力の低下も招きます。

疲労を感じると気力が低下して、思考力や集中力が落ちる状態を招きます。

肉体的な疲れや精神的な疲れに陥ると体内の自己治癒能力が働いて、疲れの源を排除することにエネルギーが注がれます。

このため、身体の活動や脳の活動に注がれるエネルギーが減る状態になり、集中力を維持するためのエネルギーも低下することになります。

食欲がない

夏バテのときに食欲が出ないのは、肉体も脳も神経もエネルギー不足に陥り疲労状態になっているためです。

日常生活の中で食欲がないときは、夏バテと同じ状態に陥っているのです。

人の身体が疲れを感じているときは、筋肉や脳、神経にエネルギーが充分に行き渡らないため、細胞の働きが低下した状態になっているのです。

食欲を司る神経細胞の働きが低下することで、胃の働きも減退し、空腹状態になっても食欲が湧かない『無反応』な状態に陥ります。

食欲を回復させるためには、肉体と心の休養をとり疲労を解消することで、食欲を回復させることができます。

【食欲がない時は、こちらの記事もチェック!】

気力がなくて、やる気がない

仕事や家事の忙しさのため、オーバーワークの日々が続くと、体内の酸素を大量に消費する状態が継続することになるため、エネルギーの素になる酸素不足が慢性化します。

体内の酸素不足が慢性化すると、神経細胞や脳細胞の働きが低下します。

気力を増進させるためには、神経細胞や脳細胞の働きが活発になる必要があります。

しかし、体内の細胞にエネルギーが行き渡らないことで、神経細胞や脳細胞の働きが低下しますので、気力やヤル気が湧かない鎮静状態に陥ることになります。

気力やヤル気を回復させるためには、休養を充分に取り、体内の様々な細胞の働きを本来の姿に戻す必要があります。

全身がだるい

人体の活動を正常に保つためには、筋肉や脳、神経が必要とするエネルギーが充分に供給されることが前提になります。

しかし、体内の細胞の活動に必要なエネルギーが行き渡らない状態が慢性化すると細胞の働きが低下して、全身のダルさを招く結果になります。

呼吸により体内に吸収された酸素からエネルギーが作られる過程で活性酸素も作られます。

活性酸素は細胞を酸化させるため、細胞の疲労を招きますので全身がだるくなります。

全身のダルさを回復させるためには、老化した細胞を修復させる必要があります。

体内の細胞を修復させるためには、食事などで充分な栄養を摂取するとともに充分な休養をとる必要があります。

腰痛

仕事や家事の忙しさや無理な姿勢を身体に強いることで肉体の疲労を招きます。

肉体の疲労は、身体の中心にある腰に集中します。

肉体の活動を維持する過程で最も負担が掛かる場所が腰です。

肉体を酷使する際にも、最も負担が強いられる場所が腰になりますので、肉体の疲労は腰に集中します。

このため、腰痛に悩まされる人は少なくありません。

腰は身体の上半身と下半身の『橋渡し役』をする役目をもっています。

身体の無理な動きのときには、腰に大きな負担が掛かります。

肉体の疲労を安易に見過ごすことで、腰痛の症状として表われてきますので、肉体の疲れは溜めずに、コマメに解消することを心掛けることで、腰痛を防ぐことができます。

考えがまとまらない

疲れは、筋肉細胞や神経細胞、脳細胞の機能が低下することで生じます。

特に、脳細胞の働きが減退すると思考力が鈍り考えることに集中できずに、考えがまとまらない状態に陥ります。

疲れの原因になっている活性酸素が脳細胞の働きに影響を及ぼし、脳の機能低下を招くのです。

脳の機能が低下することで、思考力や発想力が充分に働くことが出来なくなり、考えることにも充分なエネルギーを注ぐことができなくなります。

考えることに充分なエネルギーが注がれなければ、集中力が散漫になり、考えがまとまらない状態に陥ります。

仕事が進まない

仕事が疲れの原因やストレスの原因になっているなら、仕事へ気力を集中することが難しくなります。

仕事に拒否反応を示して、仕事に集中できなくなりますので、仕事が進まない状況になります。

精神的な疲れが心の疲れを呼び起こし、無気力感に包まれて仕事が進まなくなるのです。

疲れの原因を知って解消しよう!(まとめ)

疲れは肉体的、精神的な面のオーバーワークにより生じるものです。

日常生活の中で平易な肉体行動や、ストレスの掛からない気持ちで生活できる状況であれば、体内の細胞も平常な働きで過ごせることになり疲れが生じることはありません。

しかし、肉体面や精神面に無理が掛かる状態が続くと多くのエネルギーを身体が要求しますので体内で多くのエネルギーを作り出さなければなりません。

エネルギーが作り出される量に比例して多くの活性酸素も作られるため、身体は疲れの状態に陥ることになります。

疲れの症状は、身体が病気に至らないようにするための『警告メッセージ』です。

疲れの症状を回復させずにガマンしたまま生活していると病気になることがあります。

疲れの症状は、未病の『警告メッセージ』と言えますので、無視をせずに、疲れを感じたときは休養をとり栄養のある食事に心がけることが大切です。

また、精神的な疲労が続くと、うつ状態に陥ることもありますので、日常生活の中で心をリラックスさせる手段を持つことは精神面の健康を維持するためにも必要なことです。

疲れには、肉体的疲労と精神的疲労、神経的疲労がありますので、自分の疲れの状態が肉体面か精神面か、または肉体面と精神面が複合した疲れなのかを見極めることで、効果を出せる適切な対処方法を選ぶことができます。

最も気を付けなければならないのは、疲れがピークに達すると神経の感覚も鈍るため、疲れを自覚できずに、命に関わる状態に陥ることがありますので注意が必要です。

疲れを安易に見過ごすことは健康を損ないますので、疲れの警告メッセージを無視せずに早めに回復の手立てを打つことが大切です。

『疲れ』は、病気になる前の身体からの『警告メッセージ』です。

日常生活の中で、疲れをマメに取ることで、心と身体の健康を維持することができます。

健康を維持できることで、充実した人生を楽しく送ることができます。

『疲れ』は、充実した人生を送るための『身体のチェックポイント』とも言えます。