男性の象徴と言えば、毛深さもヒトツの魅力と言う方もいます。

でも毛深い男性がイヤと言う女性もいます。

女性がワキ毛を堂々と見せたり、脛毛の処理をしていないとギョッとしてしまいますし、だらしいない女性と思われてしまいます。

でも、男性であれば、それが当たり前の世の中です。

それが普通の世の中でしたが、最近は男性の美意識は女性よりも高い。

毛深いことが恥ずかしいと思う男性本人も多いのです。

毛深いことが恥ずかしいと思う男性は自分で脱毛クリームを使い処理を行う方も入れば、
男性専用の脱毛エステで肌もツルツルにする方もいます。

その証拠にテレビで人気の若手俳優さんや男性アイドルが「毛深い」というイメージは全くありませんよね?きっと脱毛処理を徹底的に行っているのでしょう。

男性本人にとっても毛深いことは恥ずかしいことなのかも知れませんし、女性にとって受け入れることができないことなのかも知れません。

とは言え、逆に毛深い男性が好きな女性がいることも事実です。

️毛深い男性ってどう思う?

女性に比べて男性の方が毛深いことは当り前なのに「毛深い男性はチョット・・・」という流れになってきたのでしょうか?毛深い男性イコール不潔と思われることが多いからです。

例えば、顔周りのヒゲが男性に似合っている、整えているのであれば不潔に感じませんが、ただの不精ヒゲであれば「だらしない」と思われます。

短パンで脛毛がボーボーの男性も度を越えれば「処理しろ」と思います。

腕の毛も手の甲まで伸びて指まで毛深いとドン引きする女性は多いでしょう。

腕や足の脛毛がボーボーであることが逆にワイルドでカッコイイと感じる女性もいます。

普段はクールで華奢な男性の胸毛を見た時に「男らしい」と感じることもいます。

要はギャップ萌えというヤツかも知れません。

見るからに毛深い男性よりは、華奢だけれど毛深いことが魅力なのです。

それでも、見るから毛深い男臭さが漂う男性が好き!というツワモノもいます。

十人十色という言葉があるように、結局は男性の好みは個々に違うものです。

男性だってポッチャリな子が良いという方もいれば、スリムな女性が好みの方もいます。

それと同じく毛深くない男性が良いという方もいれば、やっぱり男は毛深い方がいい!という女性もいるのです。

毛深いのが気になる男性は意外と多い


「最近の男性はムダ毛もなくて、肌もツルツルだよね」というイメージが強いです。

毛深くない男性は「ひ弱」「軟弱」な印象を持っている方もいます。

もともと男性ホルモンが少なく、毛深くない男性もモチロンいます。

しかし多くの男性は、やっぱり女性よりは毛深いものです。

肌がツルツルでキレイな男性が多いのは、毛深いのが気になる男性は意外と多いからです。

女性が毛深いことを苦手と思う以上に男性本人がイヤだと感じるのです。

例えば、アイドル男性タレントが毛深いとイメージを大きく壊してしまいます。

童顔が多いアイドル男性にとって男らしい毛深さなど必要ないからです。

美しく、可愛い存在がアイドルであり、毛深さは間逆の印象を与えてしまいます。

恋愛マンガのヒーローも毛深いキャラなんていない。

何故、毛深いのが気になる男性は意外と多いのでしょうか?それは見た目だけじゃない。

毛深いと汗をかいたときにも、汗管に溜まりやすくなり臭いとなるのです。

毛深いことがキツイ体臭に繋がるからです。

美意識が高い男性にとって毛深いことは不潔と感じてしまうのです。

女性の意見をまとめてみました

人間の好みは十人十色です。

ですから、毛深い男性が好きという人もいれば、毛深い男性は絶対にイヤ!と思う意見もあり当然なことです。

ただ社会的な流れを見ても毛深い男性よりは毛深くない男性の方が好まれる傾向があります。

毛深い男性が苦手という意見を聞いてみると「それは確かに」という意見も多いですし、逆に毛深い男性が好きという意見を聞いても「それは確かに」と納得してしまう。

やはり自分自身の好みを主張することは、それなりに根拠があり自信があるのです。

あまり男性の毛深さについて意識していない女性もいます。

極端な話、好きになった男性が毛深いと知ったときに「毛深いからダメ」とはならない。

しかし、あまりにもギャップと違い過ぎて毛深いとすれば別れる原因になるかもしれない。

逆にムダ毛1本ないとすれば、美意識高すぎて気持ち悪さを感じることもあります。

このように簡単な2つの意見を聞いただけでも「うん・・・確かに」と思いますよね。

私は毛深い男性が嫌いなのか?好きなのか?迷うところですよね。

️毛深いのってアリ?ナシ?女性の賛否両論


毛深いのってアリ?ナシ?女性の賛否両論になって当たり前のことです。

結構「そんなの好きになったら関係ない」と思っている女性も多いですが、それは実際に極端な毛深さに出会っていないから言えることです。

男性自身が毛深いことをイヤと恥じる男性は案外多いのです。

自分自身がイヤと感じると過剰に処理をして美しさを保つ男性もいます。

そうすると、毛深さだけじゃなく外見に必要以上に磨きをかけてしまうもの、それが人間です。

逆に男性が毛深いことなんて気にしないタイプは外見を気にしないナチュラル派です。

ナチュラルも言葉で聞けば、自然で良いですが簡単な話が無頓着です。

ムダ毛の処理をしないことが体臭に繋がり、不潔になって行くのです。

ただ、単純に毛深いのってアリ?ナシ?の問題ではなくなるのです。

️毛深いのはアリ!肯定派意見

では、毛深いのはアリ!肯定派意見を見てみましょう。

毛深いことがアリと言う意見の多くは毛深いことを気にしたことがない!ということでしょう。

ナチュラルな男性が好き!ということです。

毛深い男性と付き合うことを考えたときに、自分自身もナチュラルでいられるからです。

毛深いことを気にしている男性なんて逆に疲れると思っているのです。

そのような女性の多くは、男性的な考えの方が多いのです。

細かいことに気にしない、自分自身も大雑把だから普通に付き合えば良いじゃない?と思っているから、毛深いことなど気にしないのです。

毛深いのはアリ!肯定派意見を聞くと妙に納得できるものがあります。

もしかしたら、毛深いのはナシ!と思っていた方も毛深いのはアリ!と思うかもしれません。

特に気にならない

そもそも毛深いことは男性として当たり前で何が悪いの?と思う女性もいます。

毛深いことが人生とか付き合うことで関係しますか?と言われたら「確かに・・・」。

男性が毛深いことは普通であり、逆に毛深くなければ、それはそれで良いこと。

細かいことに気にしない女性は、男性が毛深くても気にならない。

むしろ、毛深いとか毛深くないとか、どうでも良いことなのです。

毛深いことが特に気にならない女性はサバサバしている男性的な女性が多いです。

その為、自分自身もナチュラル志向です。

外見とか関係なく、性格で男性を好きになる。

ですから、プールに行って男性の脛毛がボーボーでも気にしません。

男性にとってはナチュラルな女性は付き合う意味でも楽なのかもしれません。

ですが、ナチュラルな女性は楽な反面、女性自身もムダ毛を気にしないことも多い。

その為、特に気にならない!という女性は結構、早くにオバさん化してしまうかもしれません。

特に気にならないことはナチュラルで良い反面、美意識に低い傾向があります。

だからこそ、相手のことが無関心なのです。

男らしくていい

男らしいイメージを聞くと、女性にない物をイメージします。

例えば、がたいの良い男性や胸板の厚さも男らしいイメージです。

男の象徴として、毛深いことも男感じさせるポイントです。

一度は聞いたことがある言葉で「男臭い」がありますが、まさに毛深い男をイメージしますよね?山男のイメージ画像も顔にボアボアのヒゲを生やした大男。

逆に色白で背も小さく毛がない男性を目にして「男らしい」とは思いません。

男らしい人が好き!という女性の中には、やはり毛深い男性が好きな人も多いのです。

たしかに毛深くなることは男性ホルモンの活性化していることになります。

男性ホルモンの分泌量によって、男性らしい肉体になり性格になります。

外見では体毛の発育を促し、皮膚分泌を増やし毛深くなっていきます。

男性ホルモンが強いことにより、性格も男らしくなって行くのです。

毛深く、男らしくなることは競争心や野心が強くなることも特徴のヒトツです。

逆に男性ホルモンの分泌が少なくなることは老化現象を早めることにもなります。

毛深いことは男性らしさを現す象徴なのです。

女性にないものを持っている男性は魅力的に写るのです。

毛深いのが好き

毛深いのが好きという女性は感触的なことが肌触りです。

男性の毛の感触はフンワリよりも、どちらかと言えば剛毛と言った方が良いでしょう。

男性ホルモンが強い人ほど、毛の色は黒々としている。

毛を触ることで安心する女性も多いそうです。

それは一種のフェチ的な要素も強いです。

毛深い男性が父親的な安定感や熊のようなキャラを感じること、ワイルドさを感じるなど様々に個々に抱いているイメージは違うものの、安心感があるのです。

毛深い肌に触れていることで「私を守ってくれる」イメージがあるのです。

確かに毛深い男性は体型的にガッチリとしている人が多いですよね?男性独特の臭いも毛深い男性の方が感じやすいです。

総合的に考えても毛深い男性は野性味を感じる存在なのでしょう。

剃ってる方がキモい

毛深いのはアリという以前に毛を剃っている男性が苦手!という女性も多いです。

それこそ、自分の毛を剃っているなんて美意識高くて男性らしさを感じないという意見です。

美意識高い男性のイメージはナルシスト的な要素が高い。

ツルツルの肌に男性自身が憧れているから剃っているのです。

最近では男性専用の脱毛エステもある時代ですから、毛を剃ることも普通?いや、まだまだ男性が脱毛エステを利用することは違和感をおぼえる女性も多いのです。

そもそも脱毛エステは女性が利用する為に作られたものです。

女性の中にも脱毛エステなんて必要ない!と思えば、男性が美意識を気にし過ぎて毛を剃るなんてキモい!と感じるのでしょう。

自然に生えている毛を、わざわざ剃る必要ある?と思うのでしょう。

確かに毛を剃っている男性は、細かいことに目が行くから毛にも感心があるのです。

それは良くも悪くも女性から見たら、面倒な男と感じる人もいるのです。

毛深すぎなければ良い

普通が1番と思う女性も多いです。

毛深いのがアリと言うよりも、毛深すぎなければ良いレベルに考えています。

極端に毛がありすぎると不潔なイメージがあるからチョット。

でも、ツルツルな肌も逆に違和感あり過ぎてチョット・・・と決めかねる状態です。

たしかに、極端に毛深いとギョッとしますが、ツルツルもイヤなものです。

毛深い部分にもよりますよね?例えばワキ毛であれば仕方ない部分もありますし、世間一般的に服を着ていれば隠せる部分です。

脛毛であっても「あ、毛が濃いタイプ」と思う程度で済みます。

しかし、プールに行ってギャランドゥ状態の身体は引く女性も多いのでは?ポロシャツのボタンから見える胸毛も暑苦しいですし、チョット恥ずかしいですよね。

毛深い部分でも許される部分と許されない部分があるのです。

よくポッチャリは許せるけれど、デブになると許せないということと一緒です。

自分の許容範囲の中で毛深さが許せるか、許せないかが大事です。

露出をしなければOK

極端に毛深い男が大好きというワケではないけれど、毛深いことを否定するまでもない。

抽象的な意見が、露出をしなければOKです。

全国的に毛深い男がオールマイティーに受け入れられるワケではありません、まして自分の女友達が毛深い男が嫌いと事前に聞いていたら、彼氏を会わせにくくなります。

自分の中では毛深いことは許されるけれど、露質するような服装を着られると毛深い男と周囲に分かってしまうことがチョット嫌なのです。

彼氏の腕毛が甲まで伸びていたり、服から飛び出していたら恥ずかしい!と思ってしまう。

女性同士は、誰でも他人の彼氏をとやかく難癖をつけることも多いのです。

毛深い彼氏がいることを周囲にバラされてしまって、「◯◯さんは毛深い男フェチ」みたなあだ名を付けられてしまうことや、いじられることが嫌なのです。

毛深いことを恥ずかしいとも何にも感じない彼女ですが「露質はカンベンして」これは微妙な乙女心でもあるのです。

毛深いことは誰にでも受け入れられる大きな器がない、でも毛深いことで気にするような小さな人間になりたくないが、気にしてしまう葛藤的なものがあるのです。

私にしか見れないのが良い

毛深い部類を知っているのは自分だけ!独占欲を感じられることも毛深いことを好きな理由のヒトツです。

特に草食系男子で童顔なのに実は毛深い。

そのギャップを知っているのは自分だけ!と思えば、なんとなく勝ち誇った気持ちになり
同性同士の恋愛話で自慢できること。

女性は特に彼氏自慢をしたくなる傾向があるので、さりげなく『あ、◯◯君ね、意外と毛深いとこあるのよね。胸毛とかあるし』なんて言ったら、周囲は『え?そーゆう関係なの?』と内心思ってしまいます。

それはちょっとした自慢にもなるのです。

露骨に「女性からも人気の◯◯君と付き合っている」なんて言えない関係でも、さりげなく毛深さを私は知っている自慢をすれば周囲は関係をさとるもの。

毛深いことが好き嫌いの問題ではなくて、彼氏との関係をアピールしたいだけかも知れません。

気にしてるところが可愛い

女性にしてみれば「毛深いことなんて気にしなくてもいいのに」と思う女性は多い。

意外と女性以上に男性の方がナイーブな部分があるのです。

毛深い、髪が薄い、腹が出ているなど微妙なラインでも気にする男性はいます。

むしろ、微妙なラインだから気になる、ちょっと美意識が入っている男性です。

「この前のプールで彼女、ドン引きしてなかったかな?」と思っているのでしょう。

そもそも美意識ない男性は周囲の目なんて気にしないので、毛深いことなんて恥ずかしいとも何とも思っていません。

周囲の目を気にするなんて可愛いですよね。

彼女の脱毛クリームを隠れて使ったりする姿は知ってしまうと余計に可愛い。

普段は男らしくてオラオラ系なのに、毛深いことを気にしてしまう乙女な一面もある。

それこそ自分だけが知っている秘密でもあるのです。

男性の可愛い一面は、女性が惹かれるポイントでもあります。

️毛深いのはナシ!否定派意見

毛深いのはアリ!と言う女性もいれば、毛深いのは絶対にナシ!な女性もいます。

例えば肉食系男子と草食系男子の違いのようなものでしょう。

ギラギラした男らしい人より、涼しげな男性に魅力を感じる。

毛深いのはナシ!その理由は、やはり見た目的なことが多い。

見た目からして毛深い男は不潔に見えて暑苦しく目障りに感じるのでしょう。

毛深いことは自然と思っている男性は良く言えばナチュラル派です。

悪く言えば美意識がない、ちょっと時代遅れです。

特にマンガのヒーロー好きやアイドルや若手俳優が好きな女性は毛深いのはナシ派が多いと思います。

美意識高い、アイドルや若手俳優に夢を描き過ぎて求めすぎると現実とのギャップを感じてしまうものです。

ゴリラみたい

毛深い動物と言えばゴリラやオラウータンなどサル系ですよね。

特に腕毛や胸毛が毛深い男子絵を見かけるとゴリラみたいに感じてします。

もともとサル系から人間に進化したワケですからゴリラに見えても仕方ない。

でもモノは考えようです。

最近は東山動物園のイケメンゴリラのシャバーニが有名ですよね?写真集も発売されるほど人気です。

しかも連日、イケメンゴリラに会う為に動物園に通うゴリラ女子までいるそうです。

毛深いけれどイケメンなら言うことなし?友達に彼氏、誰に似ていると聞かれたら「イケメンゴリラのシャバーニ」と答えれば良いのです。

イケメンじゃないにしても、毛深いなら、それなりにゴリラに見えるので大丈夫です。

あまり毛深いと引く

モノには限度がある。

自分の中のキャパシティを越えるほどの毛深い男は無理という女性もいます。

極端に毛深い男性が苦手なワケではないけれど、度を引きほど毛深いのはチョット。

世の中、自分の中のセーフティーゾーンは誰でもあります。

例えばMサイズが入らないでLサイズになってしまうポッチャリさんは可愛いけれど、歩くことも息苦しいドクターストップがかかるデブはチョット・・・と同じ感覚です。

太っている子が大嫌いなワケじゃないけれど、限度を超せば無理です。

「顔の毛を毎日剃らないと毛深いから大変なんだよ」と言っているうちは良いですが、長袖を着ているのに袖口から毛が出てきていると、どうしても目が行ってしまいます。

胸毛からギャランドゥまで毛が続いている、眉毛が繋がっているとなると引きますよね。

とは言っても、ホルモンバランスの問題だから露骨に引くとも言えないところです。

人間は気になりだすと、目が向いてしまいます。

それが段々と「気持ち悪い」に変化してきてしまうのです。

自分の彼氏だとしても、触ってほしくないと感じてしまいます。

彼氏でも毛深いことを引いてしまう、拒絶するのですから赤の他人であれば、尚更です。

肌触りがイヤ

毛深い男性の肌触りがイヤ!という女性もいます。

女性の毛と違って、男性は剛毛で少し硬くてチクチク感があります。

毛深くても女性が大好きなフワフワ系のネコやアルパカであれば可愛いと思いますが、可愛い動物も毛が剛毛だと「あ、毛が硬い・・」とチョットテンション低くなる。

人間だと尚更です。

赤ちゃんがパパの顔に頬刷りしてヒゲがジョリジョリして泣くケースありますが、まさに毛深くて肌触り悪いは遠慮したいですね。

仲良くなり恋人と抱き合ったり、キスしたくてもジョリジョリとした剛毛が気になると、気分も盛り上がらないし、何か気持ち悪いと思ってしまいます。

こればかりは馴れるしかないのか?それとも毛深くない男性を見つけるしかない。

かゆい

毛深いことは男性本人でもかゆいと思う人が多いです。

やはり毛深いことで毛が密集しているので通気性は悪い、とくに夏になると汗が溜まりやすくなり、痒くなる人も多いそうです。

毛深い本人も痒くて可哀想ですが、正直、毛深い男性を見ている側も痒い感じになります。

毛深い男性を見て、お世辞でも涼しげですね!とは言えません。

特に夏場は毛深い部分がじっとりと湿っている感じも痒さをそそります。

冬場は室内が乾燥している為、毛深い男性本人が痒いかもしれません。

毛深い男性が清潔感がなく感じることは、イメージ的に痒そうだからかもしれません。

見栄えが悪い

毛深い男性は、正直言えば見栄えが悪いです。

先ほど「痒そうに見えること」とダブリますが清潔感がないのです。

毛深い男性で清潔感があるようにしている男性は努力をしているのでしょう。

洋服にしても胸のボタンを派手に開けると毛がチョロっと見える。

半袖のTシャツを着ても袖口からワキ毛が出ている姿はカッコ良いとは言えない。

なんだか見た目からしても臭ってきそう。

日本人は欧米人に比べて毛に対しても当りが強い部分があります。

例えばキッチリとしている日本料理であれば身だしなみは厳しいです。

一流の寿司屋の板前さんがヒゲを生やして腕毛ボーボーだと食欲なくしますよね?でもバル系の軽い洋食であれば口ヒゲを生やしていることもファッションの一部?とは言っても、軽いバルだから許されること。

やはり身だしなみが厳しいところであればシェフを含め、ホールの接客する人間だって頭をビシッと決めているものです。

ハーパンとか履かないで欲しい

「毛深い男性はハーパンとか履かないで欲しい」少しキツイ言葉ですが、たしかに納得してしまうところはありますね。

ジョギングをしているガリガリで脛が丸見えの年配者がダブダブのタンクトップにショートパンツ姿は見るに耐えないものがある・・・それと同じ感覚ですね。

本人は好きな物を着ているだけで誰に迷惑もかけていない。

でも、結果的に目にして不快と感じている人はいるのです。

男性側もメチャクチャ太っている女性がプチプチの超ミニスカートとベアトップ姿でいたら、「えぇ~もう少し自分のスタイル考えて服選べよ」と思うはず。

何を着ても個人の自由ですし、とやかく言われる筋合いはないのです。

とやかく言わないまでも心の中では誰もが不快と感じていることも事実です。

毛深いなら毛深いなりの服を選べば、誰も何にも思わない。

でも毛深いのにハーパンを選ぶことが服のチョイスの間違いです。

そもそも女性の多くはハーフパンツを穿いている男性をカッコイイとは思っていない。

海とかプールで気になる

せっかく恋人と海やプールに来ても毛深いと気になってしまいますよね。

毛深い部分が特に気になるポイントです。

腕毛や脛下であれば「まぁ仕方ないかな」程度に思えなくもない。

ですが、胸毛、ギャランドゥは勘弁してほしいところです。

海やプールに行けば、当然水滴に毛が濡れるワケですから見た目的にも更につらい。

あまり日本人は胸毛やギャランドゥに面識があるワケでもない。

欧米人であれば、胸下やギャランドゥが激しい方もいますが、日本人は胸毛など処理している男性も多いのです。

とくにプールや海に行く前であれば、自分でカットしたり剃ったりすることが当たり前です。

毛深くて処理もしないとすれば注目浴びてしまうのは仕方ない。

ハワイや南国の海であれば、まぁ、差ほど気にもしないのでしょうが日本の海やプールで目立ちたくないなら、少なかれ処理をするべきです。

逆の立場を考えて、もし女性がビキニを着ていて下の毛をカットしていなかったらどうでしょう?電車に乗り、ノースリーブの女性が脇毛の処理をしっかりしてなくてボーボーだったら、どうでしょうか?ストッキングから脛毛が団子になっていたら引きますよね。

男性だから女性だから許せるの問題ではないのです。

不特定多数の人間が集まるような場所では最低限のエチケットは大事です。

海やプールで毛深い男を見ても平気!といえる人ばかりではないのですから。

毛深いことを気にもせずに、エチケット心が乏しい毛深い男がイヤなのかも知れません。

美意識が低い

毛深い男性は意外とナチュラル志向なタイプが多い。

毛深いことを気にする男性であれば、何らか脱毛やカットなどしているし、着る服装も目立たないようなデザインを選びます。

でも、毛深いことを気になしない男性は全く服装も気にしない。

毛深いことは恥ずかしいことではない、むしろ気にする男性の方が小さいヤツと思っているのです。

良く言えばワイルドですが正直、時代遅れと言うか美意識がない男性です。

おしゃれな服を着たいと思えば、身だしなみにも気を使うようになります。

毛深いとしても毛深いことを感じさせないセンスの良さを身につけることができます。

でも、美意識がもともとないと毛深い男性は、ただの毛深い男性です。

️女性の意見をまとめると…

結果的に女性の意見をまとめると極端な毛深さでなければOKなのです。

100人の女性がいて、全ての女性に好かれることなんて無理です。

世の中にはフェチだっているのですから、剛毛でボーボーの毛深い男性が大好きという女性もいるのです。

一般論とすれば、ボーボーの毛深さもイヤだけれど、毛深いことを気にし過ぎてエステだ、脱毛だとツルツルにするナルシストもイヤなのです。

ナチュラルでいれば問題がない。

多少、脛下、腕毛、ワキ毛が濃いとしても男性だから仕方ないことです。

多少はファッションに気をつける男性が女性は一番好きなのです。

結局、普通が一番!

身だしなみが良い女性は好かれますが、極端な堅物は好かれません。

多少おバカはモテますが、本当にバカだと逃げたくなります。

色気のある女性は好かれるけれど、露骨に見せすぎると男性は引きます。

誰でも一度は情熱的な恋愛に憧れるけれど、やっぱり最終的に落ち着くのは平凡な恋愛。

人間は普通に暮らしたいし、人間は普通が一番安心するのです。

毛深いことを自慢して露骨に見せるオラオラ野性味溢れる男性はイヤ、でも毛深いことを気にして絶対に肌を見せないで神経質になる男性も面倒です。

毛深いことを気にすればキリがないし、付き合っていても目立つ場所には行きたくないとなり楽しくない。

でも、毛深いことを全く気にしないで目立つところばかり行けば、周囲の目が気になる。

ツルツルもボーボーも嫌!

ツルツルの男性は、あきらかに自分で手を加えていますよね?脱毛やエステに行き、毛の処理をしているワケですが、でも男性がそこまで気にするとナルシストです。

毛のない自分に酔っている部分があり、ちょっと面倒なタイプですよね。

毛だけじゃなく、あらゆることにも細かく神経質なイメージがあります。

逆にボーボーの男性は全く自分で手入れをしていないことになります。

これは完璧に美意識ない無頓着な性格なのか?逆にボーボーの姿を見せることで自分がワイルドと思っているナルシストなのか?微妙なラインです。

結局、ツルツルもボーボーもタイプは違うけれどナルシストの要素はあるのです。

自分に自信を持っているから極端にツルツルだったり、ボーボーにしていたりしているのです。

それは女性が一番、面倒な男性だなと思うタイプです。

️毛深いのが気になる男性におすすめの処理方法

でもやっぱり毛深いことが気になる男性はいますよね?気になるのであれば、処理をすれば良いのです。

カミソリで剃る男性もいますが、毛を擦ると一瞬はキレイになりますが再び生えての繰り返しで毛が濃くなってしまうことがあるのでおすすめはできません。

世の中には様々な処理をする方法があるので試してみても良いと思います。

自分で出来るモノからエステに通ってやってもらうことも出来ます。

美意識高い男性も多くなってきたので男性エステの数も増えてきました。

ですが、やはりサロンは安全ですが価格がかかるものです。

初心者の方は、市販のクリームなどが一番、早くて安心感もしれません。

脱毛で毛の量を減らす

脱毛をすることで毛の量を減らし、目立たなくすることができます。

脱毛は毛を抜くことです。

自分でもピンセットで1本ずつ毛を抜くことができますが、毛深い場合は時間もかかるし、肌も傷つきやすくなります。

毛を抜いても通常であれば、毛は再び生えてきてしまいます。

毛深いことがコンプレックスに感じているのであれば、思い切って永久脱毛にする方法もあります。

永久脱毛は医療レーザーを使用して針とレーザーを使うようになります。

もちろん、医師の資格がないと出来ないから料金もかかりますが、ほぼ毛が生えてこないことで毛深いことで悩んでいた男性にはおすすめです。

恐らく、芸能人は永久脱毛をしている男性も多いかもしれませんね。

除毛クリーム

除毛クリームは毛深いことを悩んでいる初心者さんにおすすめです。

薬局やスーパーなど手軽に購入することができる除毛クリームです。

除毛したい部分にクリームを塗り、数十分放置して拭き取ることで除毛されます。

いきなり脱毛は抵抗あるかな?急にプールに行くことになった!そんなときに除毛クリームはおすすめです。

素早くスピーディーに痛みもなく除毛することができます。

しかし除毛は、あくまで毛を取り除くだけで剃ったことと変わりはありません。

除毛クリームで毛がなくなりツルツルになっても脱毛したワケではないので、1週間程度で毛は生えてきてしまいます。

ブラジリアンワックス

最近人気のブラジリアンワックスもおすすめです。

ブラジリアンワックスはアンダーヘアの脱毛方法の一種と言われています。

ブラジリアンワックスが人気な理由は「ハチミツをベースにしている」自然な方法で脱毛することができるからです。

安全だからこそ、デリケートゾーンのアンダーヘアに使用することができるのです。

自分でブラジリアンワックスを購入して塗り、ストリップスの紙で剥がす方法もあります。

心配な方はブラジリアンワックスを使っているサロンに行き、脱毛することができます。

永久脱毛ではないので、ブラジリアンワックスをしても2~3週間で毛は生えてきますが、使い続けることで毛が目立たなくなります。

もちろん、アンダーヘアの脱毛方法と言われていても脛毛でも腕毛でも大丈夫です。

ブラジリアンワックスは多少、ストリップスの紙を剥がすときに痛みを伴うことがありますし、剥がし方が悪いと痒みや腫れを引き起こすこともあるので注意です。

コツは一気に剥がさないことです。

️毛深いのを解消すれば男としての自信が持てる

毛深いことがコンプレックスであり、自分の殻に閉じこもってしまうことは悲しい。

毛深いことを他人に知られたくないから服で隠し、やがて性格まで消極的になってしまう。

それでは彼女もできないし、夏に海やプールではしゃぐことができない。

毛深いことは自分が過剰に気にしているだけで、周囲は実際に気にしていないものです。

それよりも周囲が気になることは、極端に隠してしまうオドオドな態度です。

ですから、普通でいれば問題は何もないのです。

と言っても毛深いことがコンプレックスであるなら、取り除かないといけない。

毛深いことを解消することで自分自身に自信がもてるのであれば変えた方がいい。

毛深いことはある毛を無くすことですから除毛や脱毛で解消することができるのです。

ない毛を増やすことは大変ですが、ありすぎる毛を無くすことは簡単にできます。

やろうと思えば1日で毛深いコンプレックスは解消することができるのです。

だから、悩む必要なんて何ひとつないのです。