人生色々な事が起こります。

いい事もあれば悪い事だって起こるかもしれません。

どんな事が起きようと、気合があれば乗り切れる事もあるでしょう。

『こんな事に負けないぞ』『前向きに考えよう』そう思う事が出来れば、人生は明るく楽しい物になるのかもしれません。

しかし、それはあくまでも自分の努力が及ぶ範疇での話です。

どんなに努力をしても出来ない事はあります。

その中の最たるものと言えば『お金』です。

お金は、努力でどうにかなる物ではあります。

節約などを頑張る事で、少なからず多く用意する事は出来る可能性もあります。

しかしながら、いきなり100万円もってこいと言われても、無い物は無いのです。

お金だけは努力ではどうする事も出来ず現実が突きつけられるだけとなります。

お金がない事によって起きる問題は沢山あります。

病気になった場合、お金が無ければ治療を受けることが出来ません。

毎日ご飯を為、安心して眠る場所を確保するにもお金が必要であり、私たちの生活からはお金は切っても切れない物なのです。

そんな大事な物だからこそ、お金は簡単に考えては行けません。

どうにかなる。

大丈夫だと思っていてもどうにもならない場合も多々あるのです。

その為、どうせいつか返す事が出来るだろうと高をくくりお金を借りてしまう事もあるかもしれません。

ですが、自分で努力でもしない限りどうにかなる事は絶対にありません。

お金程シビアな物はこの世には無いからです。

その為、努力をしない人はいつまでも手元にお金が残らず不安な日々を過ごす事になるのでしょう。

更に言えば、お金の喧嘩程虚し物はありません。

お互いの性格に対する不満などは話し合いを行う事によって改善する事が出来る場合も多々ある事でしょう。

しかしながら、お金に関する喧嘩は意味がありません。

どんなに喧嘩したとしてもそれをお金に変える事は出来ないからです。

自分たちの力ではどうする事も出来ない問題を、必死になって解決使用とする事は時間の無駄であり結果を変える事は出来ません。

そうならない為にも、お金は日頃から考えて使用する事が大事なポイントです。

もし自分の将来の為に何かしたいと思うのであれば、まずは貯金です。

貯金をする事によって、安心して暮らす事が出来るようになります。

いざとなったらあのお金がある。

そう考える事が出来るだけでも、前に進む事が出来るようになるのです。

その為にもお金をきちんと貯める事が重要なポイントとなるでしょう。

貯金のコツ8選

生きて居れば色々な事があります。

中には辛くてどうしようも無い事だってあるかもしれません。

そんな時、多くの人は『もう死んでしまいたい』『こんな現実とはおさらばしたい』なんて思ってしまう事もあるかもしれません。

勿論その気持ちは本当でしょう。

ですが、だからと言って本気で死にたいのかと聞かれればそれはまた別問題です。

『死にたい程辛い』という言葉の表現の一つです。

そんな話をしていると、大概『死ぬ気になれば何だって出来る』なんて言われ方をする事もあるでしょう。

確かに、死ぬより大変なことなどありません。

どんなに辛い出来事であっても、死んでしまえば全てがそこで終わってしまうのです。

大事な人生を棒にふるってしまう必要はありません。

本気になれば何だって出来る可能性があるのです。

ですが、それは自分の力でどうにかする事が出来る問題の話です。

人には自分では分からない程の素晴らしいパワーを秘めている場合もあります。

その為、大概の出来事は努力でカバーする事が出来るかもしれません。

しかし、一つだけ努力ではどうにもならない事があります。

それはお金です。

お金は、湧いて出てくる物ではありません。

どんなに努力したとしても一日や二日で大金を手に入れる事が出来る事など殆どあります。

中には、素晴らしい才能を発揮して実現する事が出来る場合もあります。

ですが、それはあくまでも、選ばれた才能を持っている人の事を指します。

それ以外の方はそうそうそんな奇跡を起こす事は出来ません。

だからこそ、コツコツ努力する必要があるのです。

お金を貯める為に、コツコツ努力する事もまた大きなお金を生み出す事と同じように才能の一つです。

得意な人も入れば不得意な人も居るでしょう。

不得意な人も『どうせ自分は出来ないから』と諦めて居てはいつまで経っても貯金を増やす事は出来ません。

少しでも、自分の貯金を増やしたいと思っているのであれば出来る事から頑張る事が大事となってくるでしょう。

1、はっきりとした目的を作る


お金を貯めたい。

貯金したい。

と思うと言う事は、何らかの理由があるはずです。

何かを買いたいと思って始める人も入れば、将来の為に始める人も居るかもしれません。

どちらも素晴らしい理由であり、どんな理由で貯金を始めようと人にとやかく言われる筋合いはありません。

自分が納得して開始する事が大事なのです。

ですが、ただやみくもにお金を貯める事は意外と辛くなる場合もあります。

毎日節約節約とあくせくしているうちに、何の為に頑張っているのか分からなくなってしまう事もあるでしょう。

そんな日々が続けば、嫌気がさし投げ出してしまう事もあるかもしれません。

せっかく頑張って来たのに、挫折してしまうのは勿体無いです。

そうならない為には、出来るだけ明確な目標を立てることが大事なポイントです。

『◯◯を購入する為に00円貯めたい』『1か月に10万円貯めよう』など、出来るだけ具体的な目標を立てる事によってそれに向かって頑張る事が出来ます。

立てた目標を達成する事が出来れば、心の中に嬉しい気持ちが広がります。

その思いを感じる事によって、人はまった努力を開始する事が出来るのです。

辛い気持ちだけでは、頑張り続けることは出来ません。

時には自分にも優しいくした上げましょう。

そうする事によって、より一層頑張る事が出来るのです。

沢山あると良い

目標を立てるさい、つい大きな目標を立てる人がいます。

頑張るやる気がそれだけあると言う事なので、一見良いような気もします。

ですが、目標はあまり高く無い方が、より良い効果を発揮すると言われています。

というのも、あまりにも高い目標の場合達成するまでに長い時間がかかります。

その間ずっと努力をする事が出来る人はいいかもしれません。

ですが、人によっては嫌になってしまう事もあるでしょう。

同じ目標額だったとしても、こまめに目標額を設定する事によってそれを一つづつクリアして行く事の方がずっと確実にお金を貯める事が出来るのです。

その為にも、ちいさな目標を沢山作る事をおすすめします。

それをクリアして行く事で、ストレスを貯める事無く、前向きな気持ちでお金を貯める事が出来るようになるでしょう。

2、目標貯金額を決める


人生の中でお金はとても大切な存在です。

お金が全てだとは言いませんが、お金が無ければ出来ない事も沢山あります。

どんなに中の良い夫婦出会ったとしても、お金が無ければ喧嘩になる事もあります。

才能があったとしても、お金が無ければ学校に進学する事が出来ず夢を諦めなければならない事もあるでしょう。

十分の思い描く人生を過ごす為には、お金はとても大事な存在なのです。

その為、誰もがお金を貯めたいと願うものでしょう。

しかし、お金はそう簡単に溜まる物ではありません。

使えばあっという間に無くなってしまいます。

使うのは一瞬ですが、貯めるのにはとても時間がかかかります。

その為、出来るだけコツコツと貯める事が大事なポイントとなるでしょう。

お金を貯めようと思ったら、まずは目標金額を定めましょう。

そうする事によって、自分がどれくらい頑張れば良いのかを実際の数字を見る事によって確認する事が出来ます。

何も分からず、やみくもに努力を続けるよりもしっかりと分かりやすい数字を見る事によって、人はより効率的に頑張る事が出来る様になります。

また、月々にいくら貯金するかを前もって確実に決めておく事も大事なポイントなのかもしれません。

それは、1万円の人も居れば5万円の人だって居る事でしょう。

その金額は、人と比べる必要はありません。

自分が出来る範囲の金額にする事が大事です。

残った金額を貯金しようと思っても、多くの人の場合はなかなか貯金する事が出来ません。

先に貯金額を引いてしまう事によって、より確実にお金を確保する事が出来るようになるのです。

目の前にお金があると使ってしまうという方も、この方法を採用する事によて甘い自分を戒める事が出来るかもしれません。

3、貯金専用口座を作る

お金を貯める事が出来ない人の場合には、あったらあっただけ使ってしまうという人も居ます。

マイナスになる事が無ければ、一応問題はありません。

ですが、その生活を続けて居ても、お金が貯まる事はありません。

いざという時に必ず後悔する事になるでしょう。

そんな人におすすめなのが、貯金専用の口座を作るという事です。

目の前にあると使ってしまうというのであれば、目の前から無くしてしまえば良いのです。

残った金額を貯金に回そうとすると、結局使ってしまうと思いますので、先に貯金額を決めて入金してしまいましょう。

そして、残ったお金で生活するようにするのです。

自分の目の前からお金が無くなる事によって、その存在は無かったものとする事が出来ます。

自分の目の前にある物だけで生活するように努力しえいけば自分の生活水準も抑える事が出来るようになる事でしょう。

定期預金口座にする

貯金用の口座がある程度貯まってきたら、定期預金んに切り替える事も大事なポイントです。

いくら口座を分けて居ても、本気になればあっという間に引き出す事が出来てしまいます。

しかし、定期口座にしてしまうと、ATMなどで簡単に引き下ろす事が出来なくなってしまいます。

引き下ろす事に手間がかかるので、自分でも面倒になりそうそう簡単に引き出す事が無くなるでしょう。

そうする事によって、せっかく貯めたお金を守る事が出来るのです。

人には欲があります。

その欲が強くなると、冷静な判断をする事が出来なくなってしまいます。

その為、お金を引き出そうと考えてしまう事も十分に考える事が出来ます。

ですが、引き出そうとしても、手間がかかる事によって一旦冷静になる時間を確保する事が出来るようになります。

その結果、引き出す事をやめることが出来るかもしれません。

自分の性格を良く理解して、その上をいく対策をとることが大事なポイントとなる事でしょう。

4、自炊する

人間は、基本的に3食食事をする生き物です。

人によって生活スタイルはマチマチなので多少のずれはあるかもしれません。

しかしながら、1日に一食も全く食べる事が無いという人は殆ど居ないのでは無いでしょうか。

誰しも必ず、何かを摂取して生きています。

食べる事は生きる事です。

その為、自分の好きな物を沢山食べたいと誰しもが思うものでしょう。

ですが、毎日毎日自分の好きな物ばかり食べて居てはバランスが乱れてしまいます。

外食の場合には、お金も勿論かかってきてしまうでしょう。

毎日の食事を外食で済ませてしまうと、それだけ多くのお金が必要となります。

もし本気で貯金を考えて居るのであればその習慣は今すぐにやめるべきです。

出来るだけ自炊を心がけるだけでも、確実に節約に繋げる事が出来るようになります。

自炊は、外食に比べ手間がかかります。

忙しく働く人にとっては、億劫な作業になるかもしれません。

その為、毎日必ず自炊しろとは言いません。

しかしながら、出来るだけ努力する事によって、外食に使って居たお金を他の事に回す事が出来るようになるかもしれません。

貯金にしても良し、何か好きな物を購入する事だって出来るのです。

それだけお金には多くの可能性があるのです。

ただ何となく食べて消えてしまうお金より、考えて購入するものにお金を使う事が出来た方が良いとは思いませんか?

自分の生活スタイルを変える事はそう簡単な事ではありません。

しかし、それをする事が出来れば全く新しい生活をスタ⁻トする事が出来るかもしれません。

5、貯金は一番最初にする

お金を貯める事が出来ない人の多くは、全ての欲求を満たしそのうえで残ったお金を貯金しようと考えて居ます。

しかしながら、そういった性格の人の場合、大概が残らないのです。

だからこそ、貯金を増やす事が出来ないのです。

貯金の基本は余ったお金を貯めるのでは無く、まず貯金額を確保して、その他のお金でやりくりする事が大事な事となります。

貯金額は、いくらでも良いのです。

生活に合わせて確実の残す事ができるお金を確保しましょう。

そして、その確保したお金は、絶対に引き出す事が無いように心に決めてやりくりを行うのです。

足りなくなってしまったからと言って引き出してしまっては意味がありません。

先に確保したお金は確実に残せるように努力しましょう。

最初は、なかなか大変な思いをするかもしれません。

やりくりが上手く行かず、先取りしたお金を降ろしたくなってしまうかもしれません。

ですが、そこをぐっと我慢する事によって自分自身に節約を叩きこむ事が出来るようになるのです。

節約を癖にする事が出来れば、その後は自然と生活して行くだけできちんとお金を貯める事が出来るようになります。

最初はなかなか難しい事もあるかもしれませんが、やって出来ない事はありません。

6、家計簿をつける・見直す

貯金を考えた場合、先に貯金したいお金を確保してから生活を始める事が大事なポイントだという話をさせていただきました。

この際確保するお金は、ただやみくもに決めれば良いという問題ではありません。

本当は4万円必要なのに、2万円しか手元に無ければ赤字は確実です。

現実をしっかりと理解してから、金額をきまなければ毎月赤字となり結局やる気が無くなってしまう事でしょう。

そうならない為にも、現実を見る為に家計簿を付けましょう。

家計簿を付けることによって、自分自身の生活をしっかりと見直す事が出来るようになります。

しかし、家計簿を付ける事は意外と面倒な作業です。

やりたくないと思う人も居るでしょう。

しかし、本気でお金を貯めたいと思って居るのであれば家計簿はさけては通る事の出来ない大事なポイントです。

1円単位まで財布の中と合わせる必要はありません。

自分がいくら使って居るのか。

それをしっかりと理解する事が目的なので、まずは収支をしっかりと考えて行きましょう。

アプリを使うと便利

最近では、家計簿もアプリで行う事が出来るようになってきました。

一つ一つ記入する事が苦手な人も、レシートを写真で撮影するだけで内容をインプットしてくれて表にしてくれるようなアプリもあります。

その為、今までずぼらでなかなか継続して続けることが出来なかった方もこれさえあれば簡単に家計簿を続ける事が出来ます。

どんなに素晴らしい事だとしても、続けることが出来なければ意味がありません。

続ける事が出来る様に、出来るだけ簡単で負担の無い方法を探してみるのも良いのでは無いでしょうか。

7、学生時代から貯金しておく

大人になれば、お金を自由に使う事が出来ると思っていた方も多いでしょう。

ですが、大人になればなるほど、お金は自由に使う事が出来なくなってしまいます。

自分が本当に使いたい物の前に、『生活』というものが大きくのしかかってきます。

この生活をまずは維持する事を考えなければならないのです。

家族が居る人は、その人たちの生活もしっかりと考えなければなりません。

そんな状態では、自分のお金を自由に使う事は出来ないでしょう。

お金では買えない幸せがあるとは分っては居る物の、お金を使う事が出来ない事実は変わる事はありません。

その為、貯金は学生の頃の方がずっと簡単に行う事が出来るかもしれません。

実家に暮らしている人の場合には、家賃がかかる事も無く光熱費も必要あります。

それらのお金を使ったつもりで貯金して行くだけでも、多くのお金を貯金しておくことが出来るでしょう。

いつかの為に貯めたお金は、必ず自分を助けてくれる時がやってくるでしょう。

その事をしっかりと心に刻み出来る時に出来る事をしておくことが大事なポイントです。

8、500円玉貯金をする

貯金を全くした事が無い人の場合、何から始めたら良いのか分からない事もあるでしょう。

そんな時は、まずは500円貯金から始めてみてはいかがでしょうか。

500円貯金とは、そのまま500円玉を貯金する事を指します。

500円玉貯金は、多くの方に知られている節約方法の一つです。

その為、専用の貯金箱なども沢山販売されて居ます。

その為、楽しみながら開始する事が出来るでしょう。

1000円などのお札を貯金する事は難しくても、500円であれば何とか頑張る事が出来るのでは無いでしょうか。

貯金をする大事なポイントの一つは、大きな無理をしない事です。

少し努力するだけで、変える事が出来る事もあります。

是非始めて見てはいかがでしょうか。

【500円貯金については、こちらの記事もチェック!】

あなたは貯金が出来る人?出来ない?

あなたには今、いくらの貯金がありますか?どんなに親しい友人でも、貯金額をお互いに話す事はそうそうありません。

その為、自分より年収が低いと思っている人が自分の倍以上の金額を貯金していたとしても可笑しくは無いのです。

貯金額と年収は余り比例しません。

使ってしまえばお金は無くなります。

その為、高給取りだとしても貯金がゼロだと言う事は多いにあり得るのです。

貯金は誰かがしてくれる物ではありません。

自分がいかに頑張る事が出来るかにかかってきているのです。

貯金をする事が出来るかどうかは、自分への甘さも大きく関わってきます。

自分に甘い人の場合にはお金を貯める事は出来ません。

反対に自分に厳しくする事が出来る人の場合にはお金を貯める事が出来るでしょう。

お金はあって困る物ではありません。

だからこそ、大事に使う必要があるのです。

どうしても貯める事が出来ない人は、何か根本的に間違って居る事があるのかもしれません。

その事に気が付く事が出来るかどうかによって、現実を大きく変える事が出来るでしょう。

高収入だから貯金出来る?

貯金が出来る出来ないに、収入は関係ありません。

確かに、多くのお金を貰っている人の方がよりお金を貯めることが出来る可能性はあります。

ですが、使ってしまっては何の意味も無いのです。

お金をあるだけ使ってしまう性格の人の場合、100万円稼いでも10000万稼いでも結局足りなくなってしまうのです。

その為、お金を貯める事と収入は関係ありません。

本当にお金を貯める事が出来る人は、自分をしっかりと管理する事が出来る人です。

自分の要求に負ける事無く、しっかりと理性をもって生活する事によってお金を確実に貯める事が出来るのです。

それは簡単に出来る事では無く、努力をする事が大事なポイントです。

お金を貯める事を目標にしていると、何の為に頑張って居るのか分からなくなってしまう事もあるかもしれません。

しかし、何か明確な目標を立てる事が出来れば無理なくお金を貯める事が出来る可能性は十分にあります。

無理をしても長続きさせることは出来ません。

一つづつコツコツと。

それが大事なのです。

コツさえ掴めば貯金は出来る

貯金は簡単にする事が出来る物ではありません。

その為、どうせ自分には出来ない。

向いていないと高をくくって居る日とも居るかもしれません。

確かに簡単ではありません。

ですが、決して難しい事ではありません。

コツさえ掴めばだれもが実現する事が出来る可能性があるのです。

まず、貯金をする目的を考えましょう。

何か欲しい物があるのか。

どこか行きたい所があるのか。

それだけでも、楽しみながら貯金をするきっかけを掴む事が出来るようになるでしょう。

更に言えば、自分の中で目標額を決める事によってそれに向かって頑張る力を手に入れることが出来ます。

余りにも高い目標では挫折してしまう事もあるでしょう。

ですが、チョット頑張れば手に入れることが出来る物があれば、誰でも続ける事が出来る可能性があるのです。

自分が出来るだけ辛く無い方法を探す。

これが貯金を続ける為には大事なポイントなのかもしれません。

貯金は挫折しやすい…

どんな人でも、お金は大事です。

例え無欲な人であったとしても全くお金が無ければ生きていく事は出来ません。

お金はあるに越した事は無く、あればあっただけ安心感を手に入れることが出来ます。

だからこそ、多くの方は貯金を目指して頑張るのでしょう。

ですが、誰しもが簡単に貯金をする事が出来るわけではありません。

収入が1億も2億もある人は使い切る事が出来ず自然と溜まって行く事もあるでしょう。

ですが、多くの家庭は収入と資質のバランスがギリギリのラインで生活しています。

その為、少しでも気が緩んでしまうとそのバランスが崩れてしまう事もあるのです。

いくら頑張っても結果が出ない時もあるでしょう。

自分一人がいくら頑張った所で、家族の協力を得ることが出来なければ、やる気も無くなり投げ出したい気持ちになってしまう事だってあるかもしれません。

そんな時、貯金する事をやめ挫折してしまう事も十分考えられます。

ですが、挫折した心をそのままにして置いても何の解決にもなりません。

自分自身でその原因を究明し、解決する事が出来るように努力する事が大事なポイントとなるのです。

挫折を乗り越える方法

挫折を乗り越える方法は人によって様々です。

原因をしっかり究明し、自分自身の甘い部分を冷静に判断する事が改善に繋がる人も入れば、楽しい目標を立てて努力を再開する事が向いている人もいます。

どの方法も正しく、どれが一番だと言う事はありません。

それぞれが自分に合った方法をとればいいのです。

一番大事な事は、挫折した気持ちをそのままにしない事です。

挫折してしまった記憶と言うものは、いつまで経っても残ってしまう物です。

その記憶が残って居ると、自分の気持ちも前向きにするお事が出来ず貯金に対しても投げやりな気持ちになってしまうかもしれません。

しかし、それを成功体験に変える事が出来れば自分の気持ちも切り替えることが出来また新たな気持ちでチャレンジする事が出来るかもしれません。

一度や二度の失敗を気にする必要など全くありません。

思考錯誤する事で、人は成長して行くのです。

他の人が出来た方法があなたに当ているとも限らないので、自分に出来る事を一つづつ行ってみてはいかがでしょうか。

貯金は継続が大事!無理せず続けて目標金額を貯めましょう!

お金を貯める事は、単純な事です。

稼いだ額より少なく使う事で毎月必ずお金を貯めていく事が出来ます。

それは、誰しもが知る事実です。

ですが、頭でわかっていても実現する事が出来ない事は多々あります。

人間は弱い生き物です。

例えお金を使っては行けない。

節約しなければ。

という思いがあるにも関わらず、欲しい物があるとつい買ってしまい気が付くとお金が無くなってしまっているなんてこともあるかもしれません。

お金は使えば無くなってしまいます。

自分の欲に勝つ事が出来無ければいつまで経っても、お金を貯める事は出来ないでしょう。

しかし、だからといって何も購入してはいけないと言う事ではありません。

自分の好きな物も食べたい物も一切買わずボロボロの服を着て過ごしたとします。

それで確かにお金は貯める事が出来るかもしれません。

ですが、それを継続する事は出来るでしょうか。

おそらく我慢の限界が来て爆発してしまうでしょう。

一瞬お金を確保する事が出来たとしても、その反動で思い切り使ってしまう事だってあるかもしれません。

人間はそうそう我慢は続きません。

辛い出来事は継続する事が出来ないので、そんな事をしても意味がありません。

人生は長いのです。

出来るだけ、無理の無い範囲で努力をする事が必要です。

その為にも、買いたいものや食べたいものは適度に購入して行きましょう。

この適度という部分が大事なのです。

なんでも感でも、自分の思いのままにすればいいと言う事ではありません。

しかし、我慢ばかりも行けません。

自分の中で限度をしっかりと作り、真面目にコツコツと生活して行く事によってお金を貯める事が出来るでしょう。

お金を貯める事を目標にしてしまうと、何の為に努力しているのか分からなくなってしまう事もあるかもしれません。

ですが、何か自分の中で『お金が溜まったらこれがしたい』『これを買いたい』など明確な目標を作る事によって、辛い時もぐっと頑張る事が出来るようになるかもしれません。

お金は使えば無くなります。

しかし、使わなければ貯める事が出来るのです。

いかに使わずに貯める事が出来るかが大事なポイントとなる事でしょう。

【一人暮らしで貯金額を増やすには、こちらの記事もチェック!】