やりたい仕事は何ですか?

子どものころには良く聞かれた質問ですが、年齢が上がってくるにつれて、だんだんと自分がやりたいことは何だろうと現実的に考えるようになります。

さらには「自分がやりたいことは何だろう」から「自分がやれることは何だろう」という、より現実的な視線へと変わっていくでしょう。

これは、自分の能力を学生のうちに見限ってしまい、その中の狭い選択肢の中で考えるようになるということを表しています。

そのうちに、やりたい仕事、できる仕事が自分の中で確定するので、それに向かって就職活動を行う、資格勉強を始めるなどの具体的な行動へと移るようになります。

ただし、誰もが自分のやりたい仕事を見つけられるわけではありません。

世の中には、妥協で見つけた仕事をそのまま続けているということもあるでしょう。

本当にやりたい仕事の見つけ方、さらには、世の中にある仕事など、「自分にしたいこと」で悩んでいる方を応援するために、色々な情報をご紹介します。

本当にやりたい仕事ってなんだろう?

本当にやりたい仕事と言うのはどういうことなのでしょうか。

子どものころには、何の疑いもなく自分の夢を語ることができていましたよね。

ですが、そんな具体的でもない夢を語れるようになるのは中学生くらいまでです。

高校生くらいの時には、職業を具体的に決めている方は、簡単に大学の専門科目を決めることができます。

ですが、そのコースに悩んでいる方も多いでしょう。

この時期から、自分が本当にしたいことは何なのか、さらには、自分が本当にできることは何なのかが分からなくなってしまうのです。

自分がやりたい仕事と、できる仕事は違います。

そのギャップに苦しんでしまう若者もいます。

本当にやりたい仕事の探し方が分からない方もいるでしょう。

また、やりたいことは分かっているのに、そんなものは夢のまた夢だと言って諦めて現実的な道を選ぶ人もいます。

夢と現実が一致している人はなかなかいないので、やりたいこと、できること、自分がやらなければいけないことというのは常に戦っている状態です。

そのうちに、だんだんと現実よりの「できること」の中からできる仕事を見つけ出し、その選択肢の中から「やりたい仕事」を見つけ出すのが大学生くらいの頃です。

残念ながら、最初に心の中で思い浮かべていた「やりたい仕事」が、「できること」と言う枠の中で見たときには排除されているということも少なくありません。

【そもそも「仕事とは?」で悩んでいる人は、こちらの記事もチェック!】

やりたい仕事の見つけ方

やりたい仕事はどのようにして見つければ良いのでしょうか。

やりたい仕事と言っても、そう簡単に頭の中に思い浮かばない人も多いでしょう。

世の中にはたくさんの仕事が溢れています。

ですが、そのどれに自分がなるのかは、就職活動が終わるまではなかなか分からないでしょう。

まず、ここではやりたい仕事の見つけ方についてご紹介します。

自分の中での希望が確定していない方は、ぜひ、以下を参考にして、何をしたいのか見つけ出してみましょう。

好きなことを活かす

やりたい仕事を見つけるためには、好きなことを活かすというのが一番良いかもしれません。

好きなことを仕事にすることができれば、長く続く仕事でも、少しくらい厳しい課題を与えられたとしても、苦にならずに楽しんで作業をすることができます。

少しくらいの失跡でもめげることがないでしょう。

好きなことを一生の仕事にできた人は本当に幸せ者と言えるのではないでしょうか。

資格を活かす

資格を持っている方は、ぜひそれを活かすような職業を目指すと良いでしょう。

語学における資格は特に強いかもしれませんね。

資格を持っていると、それを使う職業においては、就活が楽になります。

折角、自分の能力を証明できるものが「資格」として手の中にあるのですから、それを活かした仕事を行うことで、人生に資格を役立てることができるでしょう。

資格をしっかりと取るほどに熱心に勉強できる分野なら、仕事にしていても苦にはならないはずです。

自分の強みを活かす

自分の強みが何であるのかを考えると、向いている職業のことが分かるかもしれませんね。

例えば、人と接することが得意で、説得することも得意であるならば営業が向いているでしょう。

何かを研究していることが好きなら、開発や研究者が向いていると言えるでしょう。

自分の強みと会った職業を見つけることができれば、仕事をすることが苦にならなくなります。

幼い頃からの夢を追う

やりたいことを探したい時には、幼いころからの夢を追うという手も考えられます。

幼いころに色々な夢を見ていたのなら、その夢をあきらめずに追ってみると良いでしょう。

確かに、壮大過ぎる夢を持っていた方は、そこまではいきつけないと思ってしまうかもしれません。

ですが、その分野に違う方法で関わることができない考えることはできますよ。

もちろん、幼いころからの夢が実現しそうなら、それを諦めずに追うことも良いでしょう。

夢追い人と言われることがないように現実を見ながらも、やりたいことを探すのは悪いことではありません。

やりたい仕事いろいろ

やりたい分野は見つけることができても、具体的にどんな仕事があるかは分かっていない方もいるのではないでしょうか。

例えば、医療関係と言っても、医者はもちろんのこと看護師、介護士、皿には機械を扱う技師もいます。

このように、分野だけ決まっていても、具体的な仕事にはつながっていないかもしれません。

例えば、意志に憧れていると思い込んでいたものの、勉強してみると、自分が本当に楽しいと思えるのは技師であったと言こともあるのです。

やりたい仕事はひとつではなく、色々あるかもしれないと考えて、やりたい仕事を探すときには狭い視野の中で物を見ないようにして下さい。

世の中には色々な仕事が溢れているのです。

資格を要する仕事

具体的な仕事を見てみましょう。

まずは死角を要する仕事です。

これらの仕事は特殊な資格を要するものなので、その仕事に就くためにはまず、大学の専門分野の選び方を間違ってはいけません。

つまり、高校生くらいの内から、やりたいと思ってなければいけないのです。

もちろん、途中で道を変えて資格を取ることもできますが、

どちらにせよ、資格がなければその仕事をすることもできないので、まずは仕事を探す事よりも、資格を取ることが先決ですね。

弁護士や検事など司法系

資格がいる職業の大きなものとしては司法系ですね。

弁護士、検事、裁判官は死角がなければできません。

裁判官などは、司法試験でも成績が上位じゃなければなることはできませんので、ただ資格を取ればどれでもなれるというわけではないのです。

また、大学の後にロースクールに行く必要があるので、かなり勉強が必要な分野ですね。

お医者さん

文系の「資格が必要な大きな職業」は司法系ですが、理系で言うなら医師でしょう。

高給取りの職業として知られてもいますが、人の命を預かる大事な職業であり、さらには、命と向き合う厳しい職業でもあります。

医師の仕事では大変なこともありますし、研修医から、さらに独立した医師になるまでには時間がかかることもあり、高給を期待できる職業ですが、かなり体力的にも辛い仕事ですね。

看護師さん

医師の傍でそれを支える看護師もまた、資格が必要な職業です。

専門の教育を受けなければなることができませんし、体力勝負なところは医師と同じでしょうか。

女性に人気の職業でしたが、最近では男性の看護師も増えていますね。

小・中・高の教師

教師も資格がなければ取ることはできません。

大学の授業で「教職」と呼ばれているものを取れば、誰でもなることはできますが、

正式に資格を取るためには教育十種にも参加しなければならないなど、取ることが大変な資格の一つですね。

さらに、小学校教師は水泳の試験もあるなど多種多様なものを教えられなければいけない職業です。

教師を目指すときには、どの教師になるのか、どの分野を教えるのかをしっかりと考えましょう。

幼稚園教諭

幼稚園教諭という職業もあります。

幼稚園の先生ですね。

専門学校を出て資格を取ったのちに活動し始めるのが幼稚園の先生です。

まだ小さな子を相手にするので体力勝負なこともありますが、子どもが大好きと言う方には天職かもしれません。

図書館司書

図書館司書には司書資格が必要です。

ただし、司書の資格があれば、図書館以外で働くことも可能です。

企業や学校の資料室、図書室での勤務もありますので、持っていて安心な視覚の一つだと言えるのではないでしょうか。

また、比較的簡単に資格を取ることもできますので、もし、大学でそういった講座があった場合には取っておいても良いですね。

通訳の仕事

通訳の仕事は、どの言語にしてもしっかりとした言語の資格がなければいけません。

活躍の場は少なくありませんが、少数言語の資格を持っていると、より働きやすいのではないでしょうか。

英語やフランス語など、通訳として人が溢れている分野もありますので、どの言語を選ぶか、選択には迷いそうですね。

ツアーコンダクター

旅行が好きだという方はツアーコンダクターを考える人もいるでしょう。

語学の資格などを持っていれば、海外の旅行のツアーコンダクターになることもできます。

お客様をお連れするツアーの内容を企画するような仕事もありますので、旅行好きの方にはぴったりの職業ですね。

美容師やネイルアーティスト

美容師やネイルアーティストも専門の学校で色々なことを学ぶ必要があります。

美容師などは人気の職業とも言えるのではないでしょうか。

きちんとした資格があれば、最終的に店を出すことも可能な世界です。

人気の仕事たち

人気の仕事にはどのようなものがあるでしょうか。

視覚を要する仕事以外にも、世の中には人気の仕事があります。

これらは、狭き門ではありますが、本当に望んで仕事についている人が多いのが特徴ですね。

自分の得意分野や好きなものを活かした職業選択であるイメージがあります。

ただし、中には、経済的に安定しているというのが人気の理由であるということもありますので、人の選択には様々なものがあると言ことが分かりますね。

これらの仕事を選ぶのなら、早めの準備と、強い意志が必要です。

公務員

公務員と言うと、人気の職業としては絶対に挙げられますね。

その理由は何と言っても「安定」でしょう。

好きなことを仕事にするというよりは、とにかく人生における安定を求めている方が目指す世界です。

しっかりと堅実に、そして手堅く生きたい、きちんとお金を稼いで福利厚生の良いところに行きたいと思っている方は、一番に公務員を思い浮かべるのではないでしょうか。

テレビ業界


華やかで、娯楽の中では最大級のテレビ。

この世界の中で働きたい、この世界を作る人になりたいという想いを抱く人は少なくありません。

特に、現代ではテレビを見ない人はいないので、テレビ番組を見ながら育ってきた世代としては、

華やかな世界の中で働くことができたらと憧れを持つ人が多いでしょう。

ですが、タレントや歌手、俳優と言うのは才能も必要ですし、あまりに厳しい道であるというのは周知の事実です。

そのため、裏方に回って、その世界や舞台を作る側としてテレビ業界に存在したいと考える人は少なくありません。

システムエンジニア

パソコン関係ができる方にとっては、システムエンジニアと言う仕事が憧れの的のようです。

機械の世界で働きたいと思っている方は、一番にこれを思いつくのではないでしょうか。

小さなころにロボットなどに憧れたという方も、最終的に機械に関わる道としてシステムエンジニアという選択肢を考える人がいるようです。

ゲームクリエイター

ゲームが好きな方は、ゲームを開発する側に回りたいと思うことも多いようですね。

大好きなゲームに関わっていられる職業として一番に挙げられるのがゲームクリエイターです。

もちろん、クリエイティブな才能も必要ですし、当たらなければ起用されない厳しい世界でもありますが、

ワクワクするゲームの世界を楽しんでいる方は、今度はその世界を作る側に回りたいと思ってしまうようです。

編集などの出版社

編集業も人気があるものの一つです。

流行を生み出すことができる雑誌、作家さんとの効力作業で人を楽しませる本を作り出す漫画や小説の編集者、

芸術関係に関わることができるアートの本など、出版社にも様々なジャンルがあります。

特に、本を読むことが好きだという方、小さなころから本に関わってきた方は、こういった出版社の編集業を目指すのではないでしょうか。

一般事務

一般事務も意外と人気がありますね。

それは、営業のように他人と接することが多いわけでもありませんし、地味ながらもしっかりと着実に歩むことができる仕事だからです。

真面目でしっかりとした堅実な性格の人にとっては、一般事務が一番むいていると考えるのかもしれません。

マーケティングや商品企画

マーケティングや商品企画も人気です。

例えば、新商品が出たときにワクワクするタイプの人は、そうしたマーケティングや商品企画に興味を持つ傾向があるようです。

「こうしたら良いのに」「こんな商品を編み出したい」という気持ちを強く持っている方は、企画や開発に関わることを楽しいと思うようですよ。

エステティシャンやセラピスト

エステティシャンやセラピストに憧れる方も多いようですね。

特に、そうした職業の人たちに癒されてきた、助けられてきたという方は、憧れの気持ちを抱くことが多いようです。

また、はっきりと「人の役に立つ」と言うことが分かっている職業ですので、やりがいがありそうだという点も人気の理由でしょう。

デザイナーやイラストレーター

 絵を書くことが好きな人、クリエイティブなことをしたい人にとっては、デザイナーやイラストレーターは憧れの職業だと言えるでしょう。

クリエイティブな仕事をする人は、自己表現の場が与えられているので、しっかりとした自分なりの世界観を持っている方にはおすすめですね。

ただし、本当にそれが世に認められるかどうかは、相当に狭き門を通らなければいけないと考えましょう。

初心に帰って!子どもたちのやりたい仕事とは

やりたい仕事を考えるときには、初心に返ることも必要です。

本当に自分がしたいことは何だろうと考えたときに、子どものころに老い浮かべていた職業を思い出す人もいるようです。

子どもの夢は、子どもが思い浮かべているからこそ、あまり現実味のない職業もありますよね。

ですが、実は頑張ればできるものもあるかもしれません。

今からでも遅くない、本当はやって見たかったという職業があるのなら、子どもの頃の夢をもう一度、今度は現実的な方法で追いかけてみるのも悪くないでしょう。

男の子編

男の子はどんな夢を見ているのでしょうか。

やはり、パッと見てカッコいいという印象がある夢を描いている子は多いですね。

ただし、中には現実的になることができるような道もあるでしょう。

あまり具体的ではないのが子どもの夢なので、壮大な夢を現実的に見て職業を探してみると、今の自分でもなれる職業が見つかるかもしれませんね。

スポーツ選手

スポーツ選手になりたい!と思っている男の子は多いでしょう。

スポーツ好きな男の子なら、誰もが一度は通る道なのではないでしょうか。

ですが、そのスポーツを真剣にやっていればいるほど、それがどれほど難しいことなのか身にしみてわかっているという方もいるでしょう。

もちろん、プロのスポーツ選手に手が届きそうなら、その道を進むのが良いと思います。

ですが、手が届きそうにないのなら、スポーツに関わる職業を目指すのが良いかもしれませんね。

例えば、トレーナーや、スポーツ選手の身体を支えるドクター、また、スポーツ関係の道具の開発でも良いでしょう。

また、スポーツの結果を伝える記者になるという手もあります。

どのような方法でスポーツに関わることが楽しいのか、スポーツを諦められない方は、ぜひ色々考えてみてください。

パイロット

パイロットという夢を言っていた男性も少なくないのではないでしょうか。

飛行士は制服のカッコよさや、空を飛べるという憧れからも、小さな男の子の夢としては一般的に良くあげられるものですね。

パイロットを目指しているのなら、大学卒業後に航空会社の面接を受けて、そこで自社養成パイロットの訓練を受ける必要があります。

それとは別に、航空大学に行くという方法もありますね。

また、自衛隊でパイロットを目指す方法もあります。

そのほかには、飛行機の開発に関わるという方法もありますし、空港での管制官など、空に憧れている方が目指す職業も多彩です。

宇宙飛行士

宇宙飛行士と言う夢を抱えていた人もいるでしょう。

宇宙飛行士は、大きく報道されることもありますし、宇宙と言う壮大な世界は男性にとっては一種のロマンのように思えるでしょう。

ですが、現実的に見ると宇宙飛行士はとても厳しい道のりを歩むことになります。

その道を歩むのなら、まずは、現役の宇宙飛行士たちがどのような学校を出て、どのようなルートでNASAなどに就職したのか、考えなければいけません。

ただし、宇宙にきょみがあるだけなら、宇宙研究などの分野もありますので、自分が何を目指しているのか、本当にしたいことはなんであるのかは考えておいてくださいね。

学者

学者という道を夢見ていた男の子は、今からでも全く遅くありません。

大学に入ってから、しっかりと自分の進む道を決めて、その方向での研究を行うことができます。

ただし、学者の道でも、色々な派閥がありますし、研究が本当に将来的に続くものであるのかどうかと言うのは、事前に見極めなければいけないところでもあります。

例えば、学者の世界では学歴ももちろん関係がありますし、大きな大学であればあるほど、研究費が潤沢に使えるでしょう。

研究者としていきたいと思ったときには、将来的な経済力の面で不安を抱えることもあるでしょうから、

少しでも安心できるような研究の場を見つけるためにも、大学選びで間違えないようにしてくださいね。

警察官


警察官の制服に憧れたという男性もいるでしょう。

警察官は、その専門学校を出なければなることはできません。

ただし、どのようなルートで警察官になるかと言うのは、しっかり考えなければいけないところですね。

高卒で警察官になる道、大卒で警察官になる道ではエリートかそうでないかと言う面で大きく異なります。

自分が最終的にどのようなところで働きたいと思っているのか、交番勤務で地域に貢献したいのか、刑事として犯罪事件にかかわっていきたいのか、

それとも、警察全体をまとめる幹部を目指しているのかで、どのようなルートを選ぶかは大きく変わるでしょう。

女の子編

女の子の夢はやはり、可愛らしいものが多いようです。

こちらもあまり現実的で具体的な夢ではないものもありますが、中にはしっかりした職業をあげているものもあります。

大学生くらいから目指しても鳴ることができる夢もありますから、自分の子どものころの夢を追いかけてみても悪くはないでしょう。

食べ物屋さん

食べ物屋さんをしてみたいという方もいるでしょう。

例えば、カフェで働くのは女の子にとっては夢のようなものですよね。

もちろん、バイトなどでカフェで働くことはできますし、カフェ経営という夢を追うこともできます。

カフェから離れれば、大手チェーンの元となっている会社の開発に関わることで、提供するメニューの開発をすることもできるでしょう。

食べ物関係ではさまざなに仕事がありますから、どのような方面で「食」と関わっていくのか、少し自分で考えてみてはどうでしょうか。

お花屋さん

お花屋さんと答えていた女性も少なくないでしょう。

女の子の夢としては一般的なものです。

もちろん、お花屋さんを経営するというのも悪くありません。

他の道としては、例えばプリザーブドフラワー教室の講師であったり、生け花の資格を取ることも考えられます。

また、フラワーアーティストとして活躍するという手も考えられます。

全然違う道としては、例えば、花の交配を研究する農学系の道を選ぶことも考えられますね。

日々の生活の中で花は大きな役割を持っていますから、お花屋さんを夢に抱えていた方は、花を活かすような職業の中で、自分が興味を持ったものを調べてみてください。

パティシエ

パティシエを目指していた肩もいるかもしれませんね。

お菓子は女の子にとっては可愛らしい世界の象徴のようなものですから、憧れる気持ちもわかります。

パティシエになるためには、やはり、専門の分野での勉強を積む必要があります。

その専門学校に通って、しっかりと訓練を行うことが一番です。

まずは、その学校の入学を考えるようにしましょう。

それとは全然違う道を選ぶのなら、例えばレシピ本の編集の道や、カフェ経営などが挙げられます。

可愛らしいお菓子の世界を創造するのも良いですが、それを紹介する道を選ぶこともできますね。

アナウンサー


アナウンサーを目指していた女性もいるでしょう。

現在のアナウンサーはただニュース番組に出るだけではなく、多種多様な使われ方をしています。

まるでアイドルのようだと思った人もいるのではないでしょうか。

アナウンサーになるためには、外見ももちろん磨かなければいけませんが、早いうちからそういったインターンに行くなどの準備が必要です。

早め早めに調べて、内定をもらわなければアナウンサーにはなれません。

また、アナウンサーになるためには、一定以上の学歴も必要ですから、高校生の方は受験勉強を頑張らなければいけませんね。

歌手やタレント

歌手やタレントを夢見ていた女性もいるのではないでしょうか。

華やかなテレビの世界で活躍している人たちを見ると、小さな子どもが憧れるのも無理はありません。

ですが、現実的に見ると、歌手やタレントに慣れるのは狭き門を通った人のみ。

本当に人気を持続させるのもとても難しい話ですから、現実的には…と思っている方もいるでしょう。

本当にタレントを目指すのなら、とにかく若いうちにオーディションを受けるなどしておかなければいけません。

事務所に所属するにしても、若いうちの方が良いのです。

歌手やタレントへの道を考えている方は、暇ができたらと思わずに、若いという一種のアドバンテージを目いっぱい利用しなければいけません。

また、そこまでの大きな話は望んでいないという方は、例えば、ディレクターやプロデューサーを目指すなど、テレビ業界に所属することを考えてはどうでしょうか。

お嫁さん

女の子が描く夢の一つであるお嫁さん。

こちらは厳密には職業とは言えないので「番外編」ではありますが、永久就職と言うが言葉あるように、専業主婦と言う選択肢もありますね。

家族や家庭をしっかり守っていくお母さんという仕事は、厳密に職業と言われているわけではないものの、社会、そして家庭の中では大切な役割の一つです。

ただし、現代では晩婚化していますし、婚活がはやってしまうほどに、結婚相手を見つけるのは難しいと言われています。

もし、本当に、仕事を見つけるよりも結婚を優先したいという方がいたら、活動は早めにしておいた方が良いでしょう。

もちろん、やりたい職業として仕事を選ぶことも大切ですが、結婚も早めにしっかりと人生設計の中に入れて準備しなければいけません。

やりたい仕事をしっかりと見つけた人生の先輩が、結婚という夢の前に何度も敗れている姿を見ることも多いでしょう。

就職活動のように、人生の決まった時期に一気に勢いで頑張るものではないのが結婚です。

やりたい仕事を探すことも大切ですが、小さいころに「お嫁さんになりたい」という夢を掲げていたことを思い出したら、

自分の年齢と併せて考え、そのことも頭の隅に置いておいた方が良いかもしれませんね。

下手をすると、やりたい仕事に就職するよりも、永久就職の方が難しいということもあるかもしれません。

やりたい仕事は見つかりましたか?

いかがでしたか?

ここまで読んできて、やりたい仕事は見つかりましたでしょうか。

現代では仕事を見つけるのは大変なこととなっています。

就職難な世の中では、やりたい仕事どころか、現実的に仕事であれば何でも良いと考える人も少なくないのです。

ですが、本当にやりたい仕事を見つければ、仕事でどんなに忙しくても人生が楽しく感じるでしょう。

また、安定して過ごすことができていても、仕事が苦痛であれば人生も苦痛を感じるものになってしまいます。

人生の大半は仕事をして過ごすことになるのですから、少しでも楽しい人生を送りたいですよね。

自分が楽しく充実した人生を送るためにも、就職活動の前に自分のやりたい仕事を考えた方が良いでしょう。

また、大学を選ぶときにも、将来の職業選択と言うのは視野に入ってきます。

全て適当に決めて、適当に選ぶようなことがないように、しっかりと将来の自分を見据えてやりたい仕事に向かって頑張るようにしてくださいね。