やりたい仕事は何ですか?

子どものころには良く聞かれた質問ですが、年齢が上がってくるにつれて、だんだんと自分がやりたいことは何だろうと現実的に考えるようになります。

さらには「自分がやりたいことは何だろう」から「自分がやれることは何だろう」という、より現実的な視線へと変わっていくでしょう。

これは、自分の能力を学生のうちに見限ってしまい、その中の狭い選択肢の中で考えるようになるということを表しています。

そのうちに、やりたい仕事、できる仕事が自分の中で確定するので、それに向かって就職活動を行う、資格勉強を始めるなどの具体的な行動へと移るようになります。

ただし、誰もが自分のやりたい仕事を見つけられるわけではありません。

世の中には、妥協で見つけた仕事をそのまま続けているということもあるでしょう。

本当にやりたい仕事の見つけ方、さらには、世の中にある仕事など、「自分にしたいこと」で悩んでいる方を応援するために、色々な情報をご紹介します。

本当にやりたい仕事ってなんだろう?

本当にやりたい仕事と言うのはどういうことなのでしょうか。

子どものころには、何の疑いもなく自分の夢を語ることができていましたよね。

ですが、そんな具体的でもない夢を語れるようになるのは中学生くらいまでです。

高校生くらいの時には、職業を具体的に決めている方は、簡単に大学の専門科目を決めることができます。

ですが、そのコースに悩んでいる方も多いでしょう。

この時期から、自分が本当にしたいことは何なのか、さらには、自分が本当にできることは何なのかが分からなくなってしまうのです。

自分がやりたい仕事と、できる仕事は違います。

そのギャップに苦しんでしまう若者もいます。

本当にやりたい仕事の探し方が分からない方もいるでしょう。

また、やりたいことは分かっているのに、そんなものは夢のまた夢だと言って諦めて現実的な道を選ぶ人もいます。

夢と現実が一致している人はなかなかいないので、やりたいこと、できること、自分がやらなければいけないことというのは常に戦っている状態です。

そのうちに、だんだんと現実よりの「できること」の中からできる仕事を見つけ出し、その選択肢の中から「やりたい仕事」を見つけ出すのが大学生くらいの頃です。

残念ながら、最初に心の中で思い浮かべていた「やりたい仕事」が、「できること」と言う枠の中で見たときには排除されているということも少なくありません。

やりたい仕事の見つけ方

やりたい仕事はどのようにして見つければ良いのでしょうか。

やりたい仕事と言っても、そう簡単に頭の中に思い浮かばない人も多いでしょう。

世の中にはたくさんの仕事が溢れています。

ですが、そのどれに自分がなるのかは、就職活動が終わるまではなかなか分からないでしょう。

まず、ここではやりたい仕事の見つけ方についてご紹介します。

自分の中での希望が確定していない方は、ぜひ、以下を参考にして、何をしたいのか見つけ出してみましょう。

好きなことを活かす

やりたい仕事を見つけるためには、好きなことを活かすというのが一番良いかもしれません。

好きなことを仕事にすることができれば、長く続く仕事でも、少しくらい厳しい課題を与えられたとしても、苦にならずに楽しんで作業をすることができます。

少しくらいの失跡でもめげることがないでしょう。

好きなことを一生の仕事にできた人は本当に幸せ者と言えるのではないでしょうか。

資格を活かす

資格を持っている方は、ぜひそれを活かすような職業を目指すと良いでしょう。

語学における資格は特に強いかもしれませんね。

資格を持っていると、それを使う職業においては、就活が楽になります。

折角、自分の能力を証明できるものが「資格」として手の中にあるのですから、それを活かした仕事を行うことで、人生に資格を役立てることができるでしょう。

資格をしっかりと取るほどに熱心に勉強できる分野なら、仕事にしていても苦にはならないはずです。

自分の強みを活かす

自分の強みが何であるのかを考えると、向いている職業のことが分かるかもしれませんね。

例えば、人と接することが得意で、説得することも得意であるならば営業が向いているでしょう。

何かを研究していることが好きなら、開発や研究者が向いていると言えるでしょう。

自分の強みと会った職業を見つけることができれば、仕事をすることが苦にならなくなります。

幼い頃からの夢を追う

やりたいことを探したい時には、幼いころからの夢を追うという手も考えられます。

幼いころに色々な夢を見ていたのなら、その夢をあきらめずに追ってみると良いでしょう。

確かに、壮大過ぎる夢を持っていた方は、そこまではいきつけないと思ってしまうかもしれません。

ですが、その分野に違う方法で関わることができない考えることはできますよ。

もちろん、幼いころからの夢が実現しそうなら、それを諦めずに追うことも良いでしょう。

夢追い人と言われることがないように現実を見ながらも、やりたいことを探すのは悪いことではありません。

やりたい仕事いろいろ

やりたい分野は見つけることができても、具体的にどんな仕事があるかは分かっていない方もいるのではないでしょうか。

例えば、医療関係と言っても、医者はもちろんのこと看護師、介護士、皿には機械を扱う技師もいます。

このように、分野だけ決まっていても、具体的な仕事にはつながっていないかもしれません。

例えば、意志に憧れていると思い込んでいたものの、勉強してみると、自分が本当に楽しいと思えるのは技師であったと言こともあるのです。

やりたい仕事はひとつではなく、色々あるかもしれないと考えて、やりたい仕事を探すときには狭い視野の中で物を見ないようにして下さい。

世の中には色々な仕事が溢れているのです。

資格を要する仕事

具体的な仕事を見てみましょう。

まずは死角を要する仕事です。

これらの仕事は特殊な資格を要するものなので、その仕事に就くためにはまず、大学の専門分野の選び方を間違ってはいけません。

つまり、高校生くらいの内から、やりたいと思ってなければいけないのです。

もちろん、途中で道を変えて資格を取ることもできますが、

どちらにせよ、資格がなければその仕事をすることもできないので、まずは仕事を探す事よりも、資格を取ることが先決ですね。

弁護士や検事など司法系

資格がいる職業の大きなものとしては司法系ですね。

弁護士、検事、裁判官は死角がなければできません。

裁判官などは、司法試験でも成績が上位じゃなければなることはできませんので、ただ資格を取ればどれでもなれるというわけではないのです。

また、大学の後にロースクールに行く必要があるので、かなり勉強が必要な分野ですね。

お医者さん

文系の「資格が必要な大きな職業」は司法系ですが、理系で言うなら医師でしょう。

高給取りの職業として知られてもいますが、人の命を預かる大事な職業であり、さらには、命と向き合う厳しい職業でもあります。

医師の仕事では大変なこともありますし、研修医から、さらに独立した医師になるまでには時間がかかることもあり、高給を期待できる職業ですが、かなり体力的にも辛い仕事ですね。

看護師さん

医師の傍でそれを支える看護師もまた、資格が必要な職業です。

専門の教育を受けなければなることができませんし、体力勝負なところは医師と同じでしょうか。

女性に人気の職業でしたが、最近では男性の看護師も増えていますね。

小・中・高の教師

教師も資格がなければ取ることはできません。

大学の授業で「教職」と呼ばれているものを取れば、誰でもなることはできますが、

正式に資格を取るためには教育十種にも参加しなければならないなど、取ることが大変な資格の一つですね。

さらに、小学校教師は水泳の試験もあるなど多種多様なものを教えられなければいけない職業です。

教師を目指すときには、どの教師になるのか、どの分野を教えるのかをしっかりと考えましょう。

幼稚園教諭

幼稚園教諭という職業もあります。

幼稚園の先生ですね。

専門学校を出て資格を取ったのちに活動し始めるのが幼稚園の先生です。

まだ小さな子を相手にするので体力勝負なこともありますが、子どもが大好きと言う方には天職かもしれません。

図書館司書

図書館司書には司書資格が必要です。

ただし、司書の資格があれば、図書館以外で働くことも可能です。

企業や学校の資料室、図書室での勤務もありますので、持っていて安心な視覚の一つだと言えるのではないでしょうか。

また、比較的簡単に資格を取ることもできますので、もし、大学でそういった講座があった場合には取っておいても良いですね。

通訳の仕事

通訳の仕事は、どの言語にしてもしっかりとした言語の資格がなければいけません。

活躍の場は少なくありませんが、少数言語の資格を持っていると、より働きやすいのではないでしょうか。

英語やフランス語など、通訳として人が溢れている分野もありますので、どの言語を選ぶか、選択には迷いそうですね。

ツアーコンダクター

旅行が好きだという方はツアーコンダクターを考える人もいるでしょう。

語学の資格などを持っていれば、海外の旅行のツアーコンダクターになることもできます。

お客様をお連れするツアーの内容を企画するような仕事もありますので、旅行好きの方にはぴったりの職業ですね。

美容師やネイルアーティスト

美容師やネイルアーティストも専門の学校で色々なことを学ぶ必要があります。

美容師などは人気の職業とも言えるのではないでしょうか。

きちんとした資格があれば、最終的に店を出すことも可能な世界です。

人気の仕事たち

人気の仕事にはどのようなものがあるでしょうか。

視覚を要する仕事以外にも、世の中には人気の仕事があります。

これらは、狭き門ではありますが、本当に望んで仕事についている人が多いのが特徴ですね。

自分の得意分野や好きなものを活かした職業選択であるイメージがあります。

ただし、中には、経済的に安定しているというのが人気の理由であるということもありますので、人の選択には様々なものがあると言ことが分かりますね。

これらの仕事を選ぶのなら、早めの準備と、強い意志が必要です。

公務員

公務員と言うと、人気の職業としては絶対に挙げられますね。

その理由は何と言っても「安定」でしょう。

好きなことを仕事にするというよりは、とにかく人生における安定を求めている方が目指す世界です。

しっかりと堅実に、そして手堅く生きたい、きちんとお金を稼いで福利厚生の良いところに行きたいと思っている方は、一番に公務員を思い浮かべるのではないでしょうか。

テレビ業界


華やかで、娯楽の中では最大級のテレビ。

この世界の中で働きたい、この世界を作る人になりたいという想いを抱く人は少なくありません。

特に、現代ではテレビを見ない人はいないので、テレビ番組を見ながら育ってきた世代としては、

華やかな世界の中で働くことができたらと憧れを持つ人が多いでしょう。

ですが、タレントや歌手、俳優と言うのは才能も必要ですし、あまりに厳しい道であるというのは周知の事実です。

そのため、裏方に回って、その世界や舞台を作る側としてテレビ業界に存在したいと考える人は少なくありません。