あなたは自分のボディのキレイさを保つために、日頃から何か努力をしていますか?

肌のケアや食事制限、適度な運動など人によってさまざまですが、どのやり方も内容が偏ってしまっては思うような効果を得ることは出来ません。

そこで理想のボディを手に入れて、美を保つための注意点をご紹介していきます。

今よりももっとキレイなボディを手に入れたいと思う人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

ボディケアを始めましょう!

ボディをキレイに保つためには、それなりのケアが必要です。

人によってケアの程度は違いますが、ものすごく努力している人は、それだけ美しいボディを保つことが出来ます。

また、最低限のケアでも、今のボディラインを保つなり、肌の美しさを保つなりすることは出来ます。

しかし、全く何のボディケアも行っていないという人では、当然キレイなボディを保つことも、手に入れることも不可能でしょう。

若い頃からキレイな肌やボディラインをしていた人は、何もしなくてもキレイな自分のボディに自信を持っているため、「努力なんて必要ない」と思っている人もいるかもしれません。

しかし、年齢の経過と共に、必ず肌のハリやボディラインは衰えていきます。

シミやシワ、くすみやボディラインのたるみに気付いてからでは手遅れになってしまうかもしれません。

今キレイなボディを持っている人はそれを保つために、今以上にキレイになりたいと思う人はやはりそれだけの努力をする必要があるのです。

そこで、少しでも自分のボディに危機感を覚えた人、そしてこの先もキレイなボディでいたいという人は、今からでもさっそくボディケアを始めましょう!

キレイな体ってどんな体!?

キレイな体って、どんな体のことを言うのでしょうか?国によって、美に対する意識は違いますよね。

例えばお尻の大きなほど美しいとされる国もあれば、全体的にスリムなボディが美しいとされる国もあります。

国の美に対する基準はそれぞれですが、どの国、どの人から見ても共通する美しい部分というものもあります。

どんな体が一般的にキレイとされているのかを以下にいくつかご紹介していきます。

メリハリのあるボディライン


メリハリのあるボディラインと、メリハリのないボディラインがあるとしたら、一般的にはメリハリのあるボディラインがキレイだと認識されています。

特に女性の体の場合は、「ボン・キュ・ボン」の体型が理想的と言われています。

古代の遺跡から見つかっている土偶でも、人の体を象ったものはそのメリハリが大きいです。

胸元は広く、腰がかなりくびれていて、お尻の辺りでまた大きく膨らんでいます。

その中でも女性を象った像は胸部に大きな膨らみもついており、一目で男性、女性と分かるような作りになっています。

古代から男性でも女性でも、このようにメリハリのあるボディラインが性の象徴でもあると考えられてきました。

その考えは現代でも変わることなく残っています。

男性は逞しい胸板、女性では胸元が膨らみ、腰はくびれ、お尻の辺りでまた膨らむ体型が理想的という考え方は、万国共通とも言っていいでしょう。

それだけメリハリのあるボディラインは、キレイな体の象徴でもあるとされます。

柔らかくてキレイな肌

ガサガサの肌は見た目も触り心地も悪く、また固い感触は男性ならばまだしも、女性であればあまり理想的とは言えないでしょう。

女性で理想的とされる肌の感触は柔らかく、見た目もキレイな状態が美しいとされます。

最も理想的な肌の感触はいわば赤ちゃんの「ぷにぷに肌」ですが、年齢を重ねてくるとどうしても肌の弾力が衰えてきます。

そのため、柔らかくて弾力のある肌を保ちたいと思うのなら、やはりケアが重要です。

キレイな肌は、見た目もすべすべしていて、触った時に心地良さそうだなと思えるような状態がキレイと言えるでしょう。

適度に水気を含んでいて、かつ適度に色白な肌は日本人が見て最も「美しい」と感じる肌の状態です。

健康的な体

健康的な体は、美の基準において最も土台となる部分です。

どんなにスレンダーな体型でも、行き過ぎたガリガリの状態になってしまうと不健康さを感じさせて、美しさどころか病気が心配になってしまいます。

また、健康的とはいっても食べ過ぎて体重が増加し、メリハリもなく脂肪ばかりの体型になってしまっても、今度はメタボリックが心配になってしまいます。

健康的な体の基準も国によって異なりますが、少なくとも見ていてきちんとした生活を送れているという「安心感」を覚えるような体型が理想的とされます。

要するに、「細すぎず太過ぎず適度な体型」が一番健康的と考えられているのです。

そういった意味では「ガリガリ」よりも「むっちり」の方が理想的と言えますが、「むっちり」していても、体にメリハリがある体型が最も良いと考えられます。

ボディをキレイに保つための17個の美の注意点

皆さんはボディラインをキレイに保つために、日々どのような努力を重ねていますか?

肌のキレイさやボディラインなど、気になる部分によっても違うとは思いますが、一般的にキレイを保つために良いとされることを以下にご紹介していきます。

これからボディのキレイを磨いていきたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

1.睡眠をとる


毎日しっかりと睡眠をとる、実はそれだけでもキレイを保つことは出来ます。

人間は活動した分だけ、しっかりと休息をとる必要があります。

理想的な睡眠時間は人によって異なりますが、一般的には6時間~8時間とされています。

毎日それだけの睡眠時間をきちんと確保している人では、あまり睡眠をとらない人よりも何もしなくてもキレイを磨くことが出来るのです。

人は寝ている間に体内の細胞を修復したり、痩せやすい物質を分泌したり、疲労を解消したりとさまざまな体にとって良い効果を得ています。

特に昼間活動して夜に睡眠をとる人は、昼夜逆転の生活を送っている人よりも健康的でキレイになりやすいとされています。

それは、主に夜になると体内の疲労回復やキレイに関係のある物質が分泌されるからです。

そのため、自分の美を磨きたいと思ったら、まずは正しい生活習慣を身につけることが大切です。

2.水を飲む

人の体の約60%は水分で出来ています。

水分が多すぎるとむくんでしまうことがありますが、適度に体内に水分が巡っている状態であれば、全身に酸素や血液がきちんと循環し、健康的にも問題がない状態を保つことが出来ます。

また、肌のみずみずしさや乾燥予防にもなりますので、水分をきちんととることで美容効果にも繋がります。

一方で、体内の水分が不足してくると、全身に酸素や血液が十分に循環されなくなります。

それにより貧血や脱水症状や冷え症、老廃物が蓄積したり肌も乾燥したりと、さまざまなトラブルが体内で起こりやすくなってしまいます。

トラブルが多いと当然肌の状態も悪くなるため、キレイとは言えなくなってしまうでしょう。

日頃から貧血や冷え、肌の乾燥などの症状で悩んでいる人は、水分不足が原因かもしれません。

その場合、こまめに水分を補給するようにしましょう。

3.ダラダラしない

ダラダラと過ごしていると、体型はあっという間に崩れてしまいます。

何もすることがない時やリラックスしている時、人によってどんな風に過ごすのかは違いますが、寝転がるなど姿勢が悪くダラダラと過ごしていると、自然と体型は崩れやすくなってしまいます。

猫背の状態の人ではお腹周りに脂肪が付きやすくなってしまいますし、姿勢が悪いと骨盤や背骨に歪みが生じてしまい、それも体型の崩れに繋がってしまいます。

また、だらけているとモチベーションが上がらなくなってしまうため、動くことが億劫になります。

そしてあまり動かずに食べて適当に時間を過ごしていると、いつまで経ってもキレイを磨くことは出来ないでしょう。

何もいつも体を動かしていろというわけではありません。

リラックスする時にはもちろんしても良いですが、姿勢には気をつけたり、適度に立ったり座ったりと姿勢を変えたりするだけでもダラダラしなくなりますので、意識して過ごすようにしましょう。

4.体を動かしたくなる曲をダウンロードする

音楽が人の心に与える影響はとても大きいです。

明るい曲を聴けば気分は明るくなり、静かな曲を聴けば自然と心が落ち着いてきます。

自分の今の気持ちに合わせた曲を流すのも良いですが、モチベーションを上げたい時や落ち着きたいと思った時に、音楽を聴いて気持ちを切り替えるやり方はとても有効です。

休みの日や時間が空いた時に、ついダラダラ過ごしてしまいそうだという人は、体を動かしたくなるような曲をダウンロードするのがおすすめです。

明るく早いテンポの曲や、少しくらい激しめの曲の方が、体がうずうずとしてきます。

音楽を聴くのが好きという人には特におすすめの方法ですので、ぜひ試してみて下さい。

5.偏った食事はNG

自分の好きなものばかり食べていると偏ってしまい、体型が崩れやすくなりキレイなボディラインを保てなくなってしまいます。

しかし、あまりに体型維持やダイエットに気を遣い過ぎる人も食事内容が偏ってしまうことがあります。

例えば「炭水化物は太るから食べない」「お肉は筋肉がついてしまうから食べない」などと理由をつけて、サラダや果物ばかり食べていると、必要な栄養分が取れずに反対に不健康になってしまいます。

炭水化物は確かにとり過ぎると太ってしまいますが、適度に摂取する分には脳の働きを良くするガソリンの役割を果たしてくれます。

また、たんぱく質であるお肉を食べることでも、体を動かすための活力の源となります。

それらをとらないと、頭の回転が悪くなったり、体に力が入らなくなったりしてしまいます。

体力の低下だけでなく老化を早めてしまうこともあるため、健康にも美容にも良くありません。

そのため、偏った食事内容にならないように、日頃から注意しましょう。

炭水化物は少な目でとる、お肉も野菜もしっかりとバランス良く食べるようにしていれば、食事だけでもキレイを維持することは可能です。

6.細すぎは注意!

日本人は体型に関して、「細ければ細いほどいい」と考えがちです。

雑誌やテレビで見かける芸能人やモデルが細い人ばかりなので、一般の人も「細い体型が最も理想的」と考えてしまいやすいですが、なにも細ければいいというわけではありません。

健康的な生活を送っていて、三食きちんと食事をとり、適度に運動をしている人で細ければそれは理想的と言えるでしょう。

しかし、細くなることにこだわりすぎてしまい、ろくに食事をとらない人や不健康な生活を送っている人では、理想とするキレイなボディラインを手に入れるのは難しいでしょう。

不健康な細さになってしまうと、キレイかどうかという以前に病気の心配が出てしまいます。

食生活や運動不足が原因で細いのに内臓脂肪がついてしまったり、若い内から骨粗しょう症を患ってしまったりと、さまざまな体のトラブルが起こりやすくなります。

そのため、細さを目指すのは自由ですが、過剰に細さを求めるのは止めましょう。

7.瞑想の時間を作る

キレイな体は、ある程度気持ちにも余裕があることで作りやすくなります。

気持ちに余裕がない人の場合、「こんなに努力しているのにどうして理想に近づけないのか」「もっと早くキレイにならなきゃ」「キレイになるためにあれもこれもしなきゃ」と頭で考え過ぎてしまい、気持ちばかりが焦ってしまいがちです。

そうすると無理なダイエットをしてしまったり、精神的な余裕がなくなってイライラしやすくなってしまったりします。

精神的なストレスを感じてしまうと、それが体にも出てしまうため、結果的に肌荒れや不眠症になってしまう可能性もあるのです。

キレイなボディラインを作りたいと思うのなら、ある程度心のゆとりを持つようにしましょう。

焦ってランニングや筋トレを激しく行うよりも、ゆっくりと時間をかけてヨガを行う方が効果的な場合もあります。

気持ちが焦りやすい人は、リラックス効果のある音楽などを聴きながら時間をかけて一つひとつの行動をとるようにしましょう。

8.スキンケアを欠かさない

スキンケアを欠かさずしている人は、年齢を経ても美しいボディラインを保ちやすくなります。

今美しい肌をしていても、それは「今だけ」です。

数年後、数十年後も同じように美しくいられるかどうかは、日々の努力の差によって大きく変わります。

今の美しさで余裕を感じ過ぎてしまい何もケアをしない人は、きっと数年後には後悔することになるでしょう。

一方で、きちんとケアを続けている人は、数年後にも大きな変化やトラブルが起こる可能性は低いです。

スキンケアはそれだけ体の美しさを保つために大事なことなのです。

9.水の飲み過ぎはむくみの原因に?

適度な水分を補給することは大切です。

しかし、水分ばかりとりすぎてしまうと、今度はむくみの原因となってしまいます。

むくむ理由は、とり過ぎた水分が体外へ排出されずに溜まってしまうため、顔や体が腫れたようになってしまうからです。

たくさん水分をとっても、それだけ体を動かしていれば、適度に排出されるためむくんでしまうことはありません。

しかし、仕事や長時間の移動などであまり動かない人では、摂取した水分を適度に体外へ排出することが出来なくなってしまいます。

そのため、顔や足などがむくんでしまうのです。

人間が1日に摂取する水の量は1.5リットル~2リットルが理想とされています。

そのため、その基準を意識して水を飲むようにすれば、飲み過ぎを防ぐことが出来るでしょう。

また、個人の体重やどの程度汗をかいたかの状態によっても変わってきますので、自分に合った摂取量を知ることが大切です。

10.ストレスをためない

ストレスをためないことは、健全な肉体や美しいボディラインを保つ上で重要です。

私たちが毎日生活を送っていれば、少なからずストレスは感じてしまうものです。

そのストレスがどんどんたまり、大きなものになってしまうほど、健康面に影響が出るおそれがあります。

また肌荒れや痩せすぎ・太り過ぎなどのトラブルも起こりやすくなってしまいます。

ストレスを感じてしまうのは仕方がないことです。

大切なのは、こまめにストレス発散を行うことです。

その日に感じたストレスは、出来るだけその日に解消させるようにしましょう。

それが難しいという人は、休みに入ったら思い切り遊ぶなり騒ぐなり、自分の好きなことをしてストレスを解消させましょう。

たまった分だけきちんと解消出来ていれば、体に悪影響が表れることはそうありません。

11.ポジティブな発言を心がける

ネガティブな発言ばかりしていると、心だけでなく体にも悪影響が出てしまいます。

「どうせ自分なんて」と自分の可能性を殺すようなことばかり口にしていると、実際には頑張れることでも頑張れなくなってしまいます。

そして気持ちが落ち込んでしまうと、モチベーションが下がりあらゆることに対するやる気がなくなってしまいます。

行動しなければ当然結果は表れないため、自分を磨くことを止めてしまった人は、今以上キレイになることは出来ません。

それどころか、行動しないことによってどんどん状態が悪くなっていってしまいます。

それは体調不良や肥満、やつれなど人によってさまざまですが、一度そうなってしまうとポジティブな思考に切り替えることが困難になりますので、もしネガティブなことを想像してしまっても、口には出さないように気をつけましょう。

そして、出来るだけポジティブな発言を心がけましょう。

日頃からポジティブな発言を繰り返していれば、次第にモチベーションも上がりやすくなり、良い流れを引き寄せられるようになります。

12.求めすぎない

キレイなボディを保とうとすると、ついあれもこれもと欲張りに求めてしまいますよね。

「体重を減らしたい」「肌を磨きたい」「バストアップしたい」など、誰でも願望を挙げれば切りがないと思いますが、最初から何もかも求めすぎてしまうと、欲張り過ぎた結果何1つ手に入れることが出来なくなってしまいます。

「二兎を追う者は一兎をも得ず」ということわざがあるように、目移りした状態では、一つひとつのことに集中出来ず、十分な結果を出せなくなってしまいます。

そのため、目標はいくつあっても構いませんが、一つずつに的を絞って努力するようにしましょう。

まずは食生活の改善から始めて、肌の状態が良くなってきたら次は体重を落とすために運動を行うなど、自分の中で順序立てて努力を重ねていけばきっとその内に結果が付いてきます。

そして良い流れは連鎖しますので、一つのことが成功すればそのまま次も上手くいく流れを作りやすくなります。

「こうしたい」と思うものがたくさんある人ほど、まずはメモに箇条書きで自分の願望を書き出して、順に振り分けたら一つずつ取り組むようにしましょう。

13.朝食は絶対に抜かない

朝食は絶対に抜かないようにしましょう。

低血圧の人ほど起き抜けに食事をとるのは辛いですよね。

また、時間がなくて食べられないという人もいれば、ダイエットを気にしてわざと朝食を食べないようにしている人もいます。

しかし、どんな理由であれ、朝食を抜くのは良くありません。

寝起きの体は水分や糖分が不足しています。

その状態のまま昼まで過ごそうと思っても、貧血が起こりやすかったり体力が落ちやすかったり、また頭の回転も悪くなり勉強や仕事に集中出来なくなってしまいます。

朝食をとることは健康的な生活を送る上で、必要不可欠なのです。

ましてやキレイなボディを保ちたいと思うのなら、なおさら少しでも朝食はとるように心がけましょう。

低血圧で食欲がないという人は、少し早めに起きてしっかりと目を覚ましましょう。

意識が完全に覚醒していない状態では、食欲がないのは当たり前です。

そのため、寝起きから意識が覚醒するまでに少し時間をおいてから食事をとりましょう。

朝はバタバタして時間がないという人も、普段よりも15分早く起きれば、その15分間を食事の時間にあてることが出来ます。

また、ダイエットを気にしている人は、朝食を食べなければお昼にたくさん食べてしまい逆効果になってしまいます。

例えばバナナとヨーグルトといった少量でもいいので、必ず何か口にするようにしましょう。

14.保湿は積極的に行う

季節に関係なく、肌は一年中乾燥します。

そのため、保湿を積極的に行いましょう。

朝起きて顔を洗った後や、仕事の合間、肌が乾燥してきたと感じた時や夜眠る前など、こまめに肌の保湿を行うことで、いつでも肌に潤いを保たせることが出来ます。

夏場には汗や油のせいで乾燥などしていないと思いがちですが、実際に肌は乾燥していることも多いです。

そのため、冷房の効いた室内にいる時などはしっかりと保湿を行いましょう。

また、冬場は特に暖房を付けた空間内はひどく乾燥しますので、気付いたら保湿出来るように、日頃から保湿クリームを持ち歩くと良いでしょう。

15.基礎代謝を上げる

基礎代謝が下がっていると、血流が悪くなり、むくみや冷えが起こりやすくなってしまいます。

そうなると体に脂肪がたまりやすくなって、いざダイエットを始めても中々脂肪が燃焼しづらくなります。

一方の基礎代謝が上がっている状態では、食事や運動などを行うと直後には体内でエネルギーが燃え始めますので、脂肪は落ちやすくなり、また付きにくくなります。

さらには体内が燃えている状態ですので、むくみや冷えといった症状も起きにくくなります。

キレイなボディを保つためには、偏りのない食生活はもちろんですが、適度な運動も行って体内の基礎代謝を上げるように心がけましょう。

16.なりたい人の画像を待受け画面に設定する

誰でも「こんな人になりたい」「あの人みたいになりたい」という理想の人物がいると思います。

モデルや芸能人がそういった理想に当てはめられることはとても多いです。

自分がなりたい理想像がある人は、その人の画像をスマホやパソコンの待ち受け画面に設定するのがおすすめです。

頻繁に目にすることによって、自分がなりたい理想の体を常に意識し続けることが出来ます。

そして、目にする度に「こうなりたい」と思っていれば、モチベーションも上げやすく、自ら努力しようと励むことも出来ます。

人によっては、自分の部屋の壁にポスターなどを貼っておくのも良いでしょう。

そして、それを見ながら少しでも理想像に近づけるように毎日努力していれば、その内に少しずつ自分の体にも変化が表れてくることでしょう。

17.意識を高く持つ

最近、「意識高い系」という言葉をよく目や耳にすることがありますよね。

この「意識高い系」という言葉には、「意識を高く見せようとしている人に対する皮肉」という意味が込められていますが、本当に意識が高い人というのは、自分の意識の高さを周りにひけらかすことはしません。

心の中で強く目標を持って、黙って意識高い行動をとる人ほど、本当に意識が高いと言えます。

意識を高く持つことは、モチベーションアップの効果に繋がります。

「こうありたい」「こうなりたい」という目標を持ち、黙々とそれに取り組むことで、自然と結果もついてきます。

そのため、理想のキレイなボディを手に入れたい、保ちたいと思う人は、日頃から意識を高く持つようにしましょう。

美を保つために参考にしてほしい人

モデルや芸能人ほど、美に対する意識がとても強いです。

自分自身の魅力で仕事を得て、お金を稼いでいるため、商売道具でもある自分の体のケアを欠かすことはまずありません。

モデルや芸能人ほど、意識高くストイックに自分を磨いていますので、あなたも自分の美を保ちたいと思ったら、ぜひ彼女たちを参考にしてみてはいかがでしょうか?

以下に、特におすすめの有名人を挙げていきます。

ミランダ・カー

数年前から日本でも話題になっている海外のファッションモデルで、175センチの高身長に、すらっとした細身の美しいスタイルは世の女性たちの憧れでもあります。

肌のハリや美しさも、とても34歳とは思えないほどで、彼女の取り組んでいるダイエットやスタイル維持のメニューは一般女性の間でも瞬く間に広がっています。

今や世界でも有名なファッションモデルであるミランダ・カーは、理想のボディにするのにピッタリと言えるでしょう。

身長差だけは目指そうと思っても難しいものがありますが、メリハリのあるボディや肌の美しさ、そして体型維持の努力は大いに学べるものがあるでしょう。

中村アン

モデル・タレント・女優と三足の草鞋を履く中村アンは、まさに女性の理想とするボディを持っています。

161センチと高身長過ぎず、けれどもそのスタイルの良さからスラっと足が長く見え、きゅっとくびれた腰は女性らしいしなやかさを感じさせます。

ただ細いだけでなく、適度に鍛えられている肌の質感も美しく、適度な細さは女性だけでなく男性が見ても魅力的でしょう。

中村アンは日本人女性が目指しやすい体でもありますので、彼女を目指して日々努力を重ねるのも良いでしょう。

ローラ

テレビではちょっとおばかでお茶目なキャラクターが人気のローラ。

しかしモデルとしての彼女はとても格好良くて素敵で、世の女性の憧れでもあります。

クォーターの血が入っているとはいえ、身長は165センチとさして高身長過ぎるわけでもないのに、何故か彼女の立ち姿はとても背が高く、そして足が長く見えますよね。

もちろんヒールのせいだけではなく、すらりと細長く引き締まった彼女のスタイルがそう見せているのです。

また、肌も健康的な色で白すぎないため、スタイルが細くても不健康な印象を感じさせないのも魅力の一つです。

格好いいお姉さんを目指したい!という女性は、ぜひ彼女を理想像にすると良いでしょう。

ダレノガレ明美

元々華奢なタイプの人におすすめなのが、ダレノガレ明美です。

彼女はこれまでにご紹介してきた有名人の中でも特に細見のスタイルをしているため、元々華奢な体型になりやすい人にとっては、比較的目指しやすいボディと言えるでしょう。

かなりスレンダーなスタイルですが、健康的な肌の色をしているのと、ハリのある美しい肌のために弱弱しさを感じさせることなく、女性の美を表しています。

まるでバービー人形のようにスレンダーなスタイルを目指したい人はぜひ彼女を参考にすると良いでしょう。

黒木メイサ

女優・歌手・モデル・タレントと華々しい活躍をしている黒木メイサ。

化粧品のCMでも目にする機会の多い彼女は、キリッっとした印象で「格好いい」と感じる人も多いのではないでしょうか?彼女のスタイルは、スレンダーですが細すぎないところが魅力です。

骨格がしっかりしているため、見た目の印象も痩せすぎにはならず、また鍛えられているボディの線もとても美しいです。

骨格が元からしっかりしている人や、格好良い女性を目指したい人にはぜひおすすめです。

長谷川潤

格好良さと女性らしい美しさを兼ね備えた理想的なボディの長谷川潤。

2児の母になったとは到底思えないそのスタイルの良さは、世のママたちが憧れるのも無理はないでしょう。

引き締まったお尻から太もものラインはセクシーさを感じさせ、31歳という年齢を一切感じさせることはありません。

子持ちのママにはぜひ理想として欲しいメリハリボディです。

美意識を保つためには良質な生活習慣が一番!

もしあなたが今すぐにキレイになりたいと思ったなら、サプリメントを購入したり、ジムに通ったりする前に、まずは毎日の生活習慣を整えることから始めましょう。

バランスの良い食事と質の良い睡眠、適度な運動とストレス発散、それらを心がけるだけで、少なくとも今よりも美意識が保てるようになります。

ジムに通ったり、サプリメントを飲んだりするのはそれからでも遅くはありません。

むしろ、何もせずにいきなりジムやサプリメントに頼ろうとすると、基本の土台が出来ていないため、長期間続けることは難しいでしょう。

まずは土台を整えることから始めましょう。

健康的な生活習慣を身につけて、それから具体的に自分の理想とするキレイなボディを手に入れるための努力を行いましょう。