時代が変化するにつれて、様々なことが変化するようになるということは考えてみれば当たり前のことかもしれませんが、時にはそれが受け入れ難いと感じたりすることも事実です。

なぜならば自分にとって当たり前のことが当たり前ではなくなった時にそれを受け入れたりするのは多少なりストレスがかかったり、自分の考えを否定されてしまうようで苦痛に感じてしまうことがあるからです。

しかし、それを認められないようでは物事の捉え方が狭くなりがちになり、狭い視野でしか物事を判断できなくなってしまいますので、事実を受けとめ、それを理解するという事はとても大切な事です。

今の時代と昔の時代を比べてみても、当たり前のことはたくさん変化しています。

例えば、当たり前だったことが当たり前ではなくなったことを一つに、専業主夫という言葉が存在しています。

これまでは専業主婦という言葉が使用されていましたが、最近では専業主夫という言葉も生まれており、それを社会でも認めようという風潮になっています。

昔の時代の考え方ではありえないような考え方かもしれませんが、これも時代の変化による副産物の一つです。

そこで、今回はたくさんの人が関心がある専業主夫をテーマにして、専業主夫が増えている理由、そして専業主夫になる方法について詳しくご紹介していきたいと思います。

️専業主夫がだんだん増えてきている

あなたは専業主夫が増えている事実をどのように受け止めていますか?

人によっては時代の変化により仕方がない考え方であると捉えている方もいるかもしれませんし、人によってはたとえ時代の変化だったとしてもそれを受け入れることができないと考える方もいるかもしれません。

人によって考え方が違うということはしょうがないことでもありますが、ある一方でそれを認めなければいけないというような風潮も存在しています。

なぜならば、たとえ個人的な考えでそれに反対だったとしても、会社自体がそれを支援するような考え方を示しているのであればそれを受け入れる必要性がありますし、理解をしてあげなければいけません。

自分の考え方を変えるのは大変かもしれませんが、先ほども述べたように、時代の変化とともに様々な事が変化しますので、これも一つの変化だと思って受け入れるべきだと考えられます。

専業主夫とは


そもそも人によっては専業主夫という言葉自体がどういう事を意味しているのかよくわかっていないという方もいるかもしれませんね。

専業主夫という言葉自体が最近よく聞くようになった言葉でもありますし、まだまだ身近に専業主夫を行っているような人などもいないので、理解していないのは仕方がない事かもしれません。

専業主夫が増えてきている理由をご紹介する前に、専業主夫はどういう存在なのかということを理解していただく必要性がありますので、ここからは専業主夫とはどういう事をしている人なのかという事について触れていきます。

家事や育児を担当する夫

専業主夫とはどういう意味を持っている言葉なのかと考えた時に、専業主夫とは「家事や育児を担当する夫」という意味の言葉です。

つまり、男性が家の仕事を行ったりして、子供がいる場合は子供のお世話をしたりするようなことを意味しています。

専業ではない場合は主夫という言葉で呼称されたりする場合がありますが、専業となるとメインで夫が家事や育児を行っている場合となりますので、妻よりも夫の方がメインで行っている状態と考えるとより意味がわかりやすいかもしれませんね。

これまで母親役だった仕事を夫がこなしている

これまでの時代を踏まえた上で一般的な考え方をしてみれば、男性は外で仕事をして女性は家で家庭を守るということが当たり前とされていました。

つまり、家で家事を行ったり育児を担当したりするのは女性の仕事であり、女性がするのが当たり前で男性は一切しなくてもよいというような考え方が広まっていました。

しかしながら、最近では立場が逆転しているような考え方が認められるように変化しています。

なので、専業主夫という言葉が生まれて、最近では男性が家事や育児を行ったりしている場合がとても多くなっているのです。

昔の人からしてみればこのようなことは考えられない出来事かもしれませんね。

人によっては奥さんが外で働きに出ている姿を見られるのがとても嫌だと感じるような人だったり、それは恥ずかしいと感じるような人がとても多かったのです。

そして、女性が家事や育児を行うのが当たり前で、男性は一切その手助けをしないというのも当たり前に考えられてきた事でした。

でも今ではそのような考え方を相手に押し付けてしまうと女性側からしたら多大なるストレスに感じますよね。

時代の変化とともに、当たり前の考え方は変化していますので、これまでの当たり前とはまったく真逆の考え方も理解する柔軟な考え方が大切であるということになります。

️専業主夫が増えている理由


専業主夫という存在がどういうものなのか理解はできても、なぜ専業主夫がこれほどまでに増加傾向にあるのかということの理由がよくわかっていない方が多いのも事実です。

しかし、時代の変化と専業主夫に同様な因果関係があるのかと考えた時に、よく考えてみると様々な理由が該当していることがお分かりいただけるはずです。

そこで、ここからは専業主夫が増えている理由について詳しくご紹介していきたいと思います。

専業主夫が増えている理由を知る事によって、専業主夫に対する理解にも繋がるようになりますので、専業主夫に対してあまり良い印象をもっていない人ほど、なぜ専業主夫が増えているのかという理由について理解してみてください。

もしかすると専業主夫に対する考え方などが変化するようなきっかけになる可能性もありますので、それを踏まえて考えてみると新しい視野で物事を考えることが出来るようになるはずです。

働き方の多様化

なぜ専業主夫がこれほどまでに増えているのかと考えた時に、一つの理由として「働き方の多様化」が存在していると考えることが出来ます。

なぜ働き方の多様化が専業主夫が多くなっている理由に関係しているのかと想像した時に、まず働き方の多様化というのは、時代の変化と同じような関係にあると捉えて間違いありません。

昔の時代と今の時代を比べた時に大きく違うのはインターネットの発達です。

インターネットが発達したことによって、様々な可能性を生んでいるのは事実です。

離れた場所の人間とすぐに連絡を取り合ったり、様々なことを共有したりすることができるようになったおかげで、仕事に関しても必ずしも相手と会う必要性がなくなっているのです。

インターネット環境がある状況であればどこでも仕事ができようになったという事を考えると、これまでは会社のオフィスに足を運んで仕事を行っていたような人が、わざわざオフィスに足を運ばなくても自宅で仕事できるようになったりするような場合が生まれるということです。

これを踏まえて考えてみると、自宅にいながら仕事をすることができますので、隙間の時間などで家庭の事を行ったり、子どもの面倒を見たりするという事が可能になっているのです。

もちろん全ての人が家で仕事できるわけではありませんので、必ずしも全員に該当するとは限りませんが、少なくとも一定多数の人間がインターネット環境がある場所で仕事をすることができるように変化しているのです。

この時代の変化が働き方の多様化に繋がり、働き方の多様化が専業主夫を生み出していると考えることができるのです。

人によってはインターネット環境がある場所でたった数時間ほど仕事をするだけで暮らしていくのに十分なお金を手に入れることができるような場合もありますので、そういった人たちは無駄に仕事に時間かけずに家庭の事などをしっかりと行った方が結果として母親の負担なども減るようになります。

なので、良い関係を維持しながら、しっかりとした役割分担が出来るようになるというメリットもあるのです。

家庭のあり方の変化

専業主夫が増えている理由を考えた時に、「家庭のあり方の変化」が関連していると考えることも出来ます。

家庭のあり方の変化とは具体的にどういうことなのかと考えてみると、例えば一昔前までの男性は外で仕事をして女性は家で家事を行う、という昔の概念が変化しているということです。

確かに世の中の一般的な考え方も大切ではありますが、それ以上に大切なのは夫婦として生きていくと決めたのであれば、やはり夫婦間での考え方というものがより大事になっていきます。

それを踏まえて考えてみた時に、女性がメインで働いて男性が家庭を守るという事も役割分担という点で考えるならば全くおかしくはない考え方になるのです。

なぜならば、結果として他の家庭とやっている事だけを見れば全く同じなのですから。

周りの意見も大切ですが自分たちがどうして行くのかということを自分たちで考えることもものすごく大切な考え方なのです。

それを踏まえて考えてみると家庭のあり方が変化していることによって専業主夫がたくさん生まれ出したという事も大きな関連した理由になりえると考えることが出来ます。

イクメンの流行

専業主夫が増えている理由に関連している事として「イクメンの流行」も一つの理由であると考えることが出来ます。

そもそも、イクメンという言葉自体を知らない人がいるかもしれませんが、イクメンとは「子育てをする男性」を指し示している言葉として知られています。

先ほども述べたように昔の考え方では男性は子育てなどをサポートしたりすることはなく、一般的には女性がすべてを行ったりするのが当たり前の考え方でした。

しかし、時代の変化とともに考え方もかわり、男性が育児を行ったりするということも夫婦のあり方として理想的な行動なのではないかと考えられるように変化しています。

その時代の変化や考え方の変化なども関連し、巷ではイクメンという言葉が生み出されて、それが流行となって、イクメンという事に一種の魅力を感じている人が増えているのも専業主夫が増えている理由に繋がっていると考えることが出来ます。

女性の社会進出

専業主夫が増えている理由を考えた時に、結局は時代の変化ということが大きな理由にはなるのですが、なぜ時代が変化したのかと考えると「女性の社会進出」がひとつの大きな関連事項であると捉えることができます。

そもそも突き詰めて考えていくと、時代が変化したことが専業主夫が増えている理由に直結しているのですが、なぜ時代が変化したのかと考えると、これまでと違って女性が社会に進出することによって、女性の力がなくしては社会が成り立つなくなってしまったのが大きな理由になります。

今は女性を正社員として雇っている企業はたくさん存在しています。

女性の力がなくしてはやっていけない企業も世の中にはたくさん存在しているはずです。

今では女性でも役職を与えられてバリバリ管理職をこなしているような人もたくさんいますし、その女性がいなくなってしまうと会社の業務が滞ってしまうような場合なども十分考えられます。

そう考えてみると、女性が活躍をして当たり前の社会になってしまったからこそ、場合によっては男性が働くよりも女性が働いた方が収入なども上で、家計も助かるという事が生まれる家庭も必ず出てきます。

また、女性の中には仕事をしているのが大好きであまり家事をしたくないと考えているような人もいるかもしれませんので、そういった事も関連して専業主夫が多くなっていると考えることが出来ます。

それぞれの家庭の事情

「それぞれの家庭の事情」があるという事も専業主夫が増えている理由の一つとして捉えることができます。

具体的にそれぞれの家庭の事情とはどういうことがあるのかと考えた時に、一概に全てを紹介するのは難しいのですが、例えば何らかの理由によって男性が普通に仕事をすることができなくなってしまったような状況も十分考えられますよね。

それ以外にも、限定的に仕事をすることができなくなってしまったようなことなども該当する場合が多いです。

それを踏まえた上で、一般的にどのような家庭の事情が関連しているのかということいくつかご紹介していきますので、もしも自分がそうなってしまったら…という事を踏まえながら見て頂くとより理解いただきやすくなるはずです。

失業やリストラ

それぞれの家庭の事情の一つを考えてみた時に「失業やリストラ」などが該当する場合があります。

昔の時代と比べて今の時代は不景気な時代になっていると言われています。

昔とは考えられないほど、不景気な時代になり儲からなくなってしまっているということが関連して、企業によっては会社を存続することが難しくなるため人件費を削減するためにリストラを行ったりするような会社も多く存在しています。

会社を存続させるには大切な選択かもしれませんが、いきなりリストラを宣言されたりした人間からしてみれば本当に迷惑な話ですよね。

しかしながら、会社が決めたことに対して強く反発することはできない可能性などもありますので、多くの人がそれによって失業してしまったりしている状況は生まれています。

しかしそう考えてみると、それがきっかけで専業主夫になったという方などはたくさん存在しています。

最初は期間限定で行おうと思っていたけど、実際にやってみると女性が働いて男性が家事をした方がうまくマッチしていたという事などもありますので、その時に初めて気づくきっかけになったという場合などが意外と多いのです。

そう考えてみると、家庭の様々な事情が専業主夫の増加に関連していると捉えることが出来ます。

抱えている病気

家庭の事情の中の一つを考えてみた時に「抱えている病気」という問題も存在しています。

私たちがいつまでも健康でいられるという保証は誰も保証されていません。

日常生活を過ごしていく中で、何かしらのトラブルに巻き込まれて怪我をしてしまったり、何かしらの病気になってしまうことによって仕事ができなくなってしまう状況というものは必ずしも存在しています。

例えば、事故に巻き込まれてしまって体が不自由になってしまって仕事を行うことができなくなってしまう場合もありますし、病気が発症してしまって自宅にいなければいけなくなってしまうような事などもあります。

ある程度の期間経てば直る見込みがあるものであれば、短期間だけ専業主夫を行うという場合もありますし、治る見込みがなければ今後は専業主夫として役割分担を担って生活をしていくという方もたくさんいるでしょう。

このように病気によって専業主夫にならざるを得ないというケースなども十分考えられますので、家庭の事情の一つとして、抱えている病気が理由で専業主夫になるという事は理由として十分考えられるのです。

️専業主夫になる4個の方法と注意点

もしもこれから専業主夫として生活をしていくとなった時に、ある程度家事や育児の経験がある人間であればそこまで苦労することはないかもしれませんが、大体の男性が家事や育児を経験が豊富な人がそこまでいません。

一人暮らしはあるけど長い期間行っている方であれば家事なら問題なくこなせる方もいるかもしれませんが、育児に関してはこれまでに子供を育ててきた経験がある人しか経験を得ることができませんので、世の中全体の割合を考えてみるとそれは経験したことがない人間の方がはるかに多いはずです。

なので、専業主夫になるのであれば、事前にある程度様々なことを勉強しておく必要性があります。

実際に経験しながら成長していくということも大切ではありますが、いつまでも行き当たりばったりで何かをこなしているのであればそれは効率が悪いですし、たくさんの失敗を招いてしまう原因にもなりますので、あまりお勧めは出来ません。

そこで、ここからは専業主夫になる為の方法といくつかの注意点をまとめてご紹介していきたいと思います。

これらを参考にして、これから専業主夫として活躍しようと思っている方は、効率的に専業主夫としての実力を身に着けるきっかけにして頂きたいと思います。

家事の基礎知識を身につける

専業主夫として活動していくのであれば、必ず必要になってくるのは家事の基礎知識です。

家事の基礎知識がなぜ必要になるのかと考えた時に、家事の基礎知的がなければ十分に家事を行うことができない可能性がありますし、効率的に家事を行うことができなくなってしまうからです。

専業主夫としての活動を行った事がない人ほど専業主夫としての活動を簡単に考えてしまいがちかもしれませんが、意外と専業主夫は難しいです。

ある程度慣れてくれば問題なくこなせるかもしれませんが、最初は分からないことなどもたくさんあったり、必要以上に時間がかかったりするような作業なども存在する事が絶対にあります。

なので、これから専業主夫として生きていく方は、まずは家事の基礎知識を身に付ける事から初めていきましょう。

家事の基礎知識として必ず必要になる事をいくつか項目別にご紹介します。

掃除

専業主夫として身に付けておかないといけない家事の基礎知識の中には、掃除に関する基礎知識が絶対的に必要です。

なぜ掃除の基礎知識が必要なのかと考えた時に、家を清潔に保つためには掃除が必ず必要です。

掃除を怠ってしまうと、家の中がほこりだらけになってしまい、衛生的に環境が悪くなってしまいますし、部屋の中が散らかってしまって精神的にもストレスを感じてしまうようになりやすいです。

なので、家の中を清潔に保つということは専業主夫にとっては必ず身に付けておかなければいけない知識なのです。

そのためには、どのように掃除をすれば部屋の中がきれいに見えるのかという事などを考えながら掃除を行ったり、部屋の中の様々な場所ごとによって掃除の仕方などが異なりますので、きちんとその場所にあった掃除のやり方、そして掃除する場合に必要となる物などを把握しておかなければいけません。

苦手な場所だから放置しておこう、見えない場所だからたまにでいいだろうというような考え方だといざという時に溜まってしまった汚れやほこりなどが掃除の意欲をかき消してしまいます。

きちんと正しい知識を身に付けて部屋の中を綺麗に保つ必要性がありますので、絶対的に必要なスキルであり、知識であると考えることが出来ます。

洗濯

専業主夫として身につけておかなければいけない基礎知識の中には選択の洗濯も存在しています。

洗濯なんてただ洗剤を入れて洗えば良いのではないか、と考えている方がいるかもしれませんが、その考え方はとても甘いです。

洗濯するということ一つ考えても、洗濯には様々な方法が存在しており、洗濯をする衣類の種類によって使用する洗剤などを変えなければいけないからです。

例えば一般的な布製品であれば、洗剤を入れて乾かせばそれで済むかもしれませんが、もしもシルクやレーヨンなどを使用した製品であればきちんと専用の洗い方をしてあげなければ毛羽立ってしまったり生地が傷んでしまったりする可能性もあります。

このように服の素材を確認した上で決められた洗い方を考えなければいけませんし、もしも妻がスーツを着用して出勤しているのであれば、きちんとYシャツなどはアイロンで伸ばしてあげなければいけませんし、衣類の汚れ具合によっては特殊な洗剤などを使用しなければいけない場合などもあります。

このようにただ洗えば良いというわけではなく、きちんとその状況を見極めた上で適切な方法を行わなければ、洗濯をすることができないのです。

それ以外にも、定期的に布団などももしてあげたり洗ってあげたりしないとばい菌が残ってしまう可能性もありますので、簡単そうに見えてやる事などはたくさんあります。

これらの知識がないと相当時間がかかりますので、専業主夫として活動する方は事前に勉強しておく必要性があるという事になるのです。

専業主夫としての仕事が全うできないと妻からも注意をされたりする可能性もありますし、人間関係も悪くなってしまいがちになりますので、きちんと最初から徹底するようにしておきましょう。

料理

料理に関してのスキルを身につけたり、知識を身につけたりしておくことも専業主夫として活動する上での基礎知識になります。

料理に関してはもともと得意な人であればそこまで困ったりするようなことはないかもしれませんが、人によっては苦手だと感じている方もいるかもしれませんので、苦手だと感じるならば事前に勉強したり練習したりする必要性があります。

料理は必ず私たちが毎日食べなければいけないようなものにもなりますし、節約するにおいても必須の行いです。

また、生活の中での楽しみの一つにもなりますので必ず美味しい料理を作ってあげる必要性があります。

逆の立場で考えてみて、仕事から帰ってきて疲れた状態で料理を口に運んだ時に美味しくなかったら嫌な気分になったりしませんか?

専業主夫としての活動を最近始めたばかりだという状況ならばしょうがないですが、ある程度の期間専業主夫としての活動を行なっているのであれば、いい加減料理が上手になってほしいと文句を言われたりするようなことも考えられます。

そうなってしまうと、人間関係が悪くなる恐れが生まれます。

夫婦の間でなるべくヒビができないようにするためには、自分の苦手な事を早めに克服しておくように努力をしておかなければいけません。

なので、専業主夫として活動するならば料理に関しての知識は絶対的に必要であるという事を理解しておいてください。

育児の勉強をする

専業主夫として活動するならば、必ず必要になる知識としては育児の勉強が存在しています。

子供がいない家庭であれば必要ない知識かもしれませんが、もしも子供がいる場合は必ず育児の知識を身につけておかないと絶対に困ってしまう状況になります。

子供は小さい時は喋ることができませんので、相手に対して何かを使いたい時には泣き出したりするようなことがたくさんあるのですが、なぜ自分の子どもが泣いているのか全く予想を立てることができない場合は、問題の発見までの時間が余計にかかってしまいますし、問題を発見しても解決手段を知らなければそれまでにまたさらに時間がかかってしまうようになります。

初めて育児を経験するという方はしょうがないかもしれませんが、それでも自分で勉強しておくことによってなるべくスムーズに育児を行うことができるようになりますので、専業主夫として活動するならば必須の知識と考えて身に付けておくようにしましょう。

妻の帰宅時間に合わせてスケジュールを作る

専業主夫として活動するのであれば、必ず気遣ってあげなければいけない事として、妻が帰ってくる時間に合わせて、いろんなスケジュールを考えてあげる必要性があります。

例えば、考えてあげなければいけないスケジュールとして、料理、お風呂などが該当しています。

仕事から疲れて帰ってきて家に着いた時に、すぐに行いたいのはやはり美味しい夕食をリラックスしながら食べたいと思うことです。

それなのに、仕事から帰ってきたら夕飯がまだできていないという状況になると残念ですよね。

お風呂に入るにしても、寒い時期であるとお風呂にお湯が貯まっていたりすると嬉しいものですが、それもないとなるともうちょっと気遣ってほしいという気持ちになるはずです。

なので、妻の帰宅してくる時間に合わせて、どういう事をしてあげると相手は嬉しい気持ちになるのかということを先読みした状態で自分のスケジュールを立てる必要性があります。

初めて専業主夫をする方は難しく感じるかもしれませんが、自分がもしも仕事をしている時に家に帰ってきてしてもらったら嬉しいようなことは何だろう?という風に考えてみると、ある程度想像することができると思いますので、その点を踏まえた上で自分なりに想像力を働かせて考えてみてください。

しっかり家計のやりくりをする

専業主夫として活動するのであれば、必ず必要になるのが家計のやりくりを工夫するということです。

これはどういうことかと言いますと、専業主夫として活動するならば、家庭に必要な物を揃えたり、食材を購入したりしなければいけません。

つまり、工夫してお金をやりくりしなければいけないということです。

少しでも節約できるようなものは節約をしてお金を残しておくことによって、将来的にたくさんのお金を残しておけるようになります。

ちょっと遠い所でも、安い食材や商品を販売しているのであれば、工夫して安い場所で購入した方が積もればたくさんのお金の節約に繋がります。

そうした工夫なども積極的に行い必要性がありますので、家計のやりくりに関してもきちんと高い意識をもって行わないと専業主夫を務めることはできません。

なので、専業主夫として活動するならば、しっかり家計のやりくりをするという事をよく理解しておいてください。

️専業主夫、あなたはどう思う?

専業主夫として活動するという事は以外と大変な事だという事が想像できたと思います。

これらは、実際に自分が行ってみたり、行なってみる立場として物事を考えてみなければ絶対に理解することができない大変さです。

人によっては、専業主夫という存在を否定的に考えている方もいるかもしれませんが、今回ご紹介した内容を踏まえて考えてみると決して楽なポジションであるとは思わなくなったと思います。

どんなことをするにしても必ず辛いことが存在したり、大変な事は存在するものです。

専業主夫の大変さを理解するという事は、専業主婦として活動している方に対する思いやりも生まれるようになりますので、それだけで広い視野が持てるようになるはずです。

それをよく理解した上でもう一度専業主夫に対する考え方を考えてみてください。

【主夫のメリット・デメリットは、こちらの記事もチェック!】