年齢に合わせた化粧とはどういうことでしょうか。

40代になってアンチエイジングを気にしたり、使う化粧品を見直す人は多いと思います。

人はどう頑張っても年齢に逆らうことはできません。

肌のハリやツヤが衰えて、シワが増えてくると、鏡を見るのも嫌になってメイクをするのも憂鬱ですよね。

20代の頃は手の込んだケアやメイクをしなくても、それなりに見えていたのに、30代を境にどんどん肌は元気をなくしていきます。

鏡を見て「老けたな」と思うのも、主に顔のシミやシワ、たるみが原因でしょう。

「あの頃の肌に戻りたい」「できるだけ若く見られたい」と思う人は、基本となるお肌の手入れを見直すことはもちろんですが、メイクの仕方や使うアイテムを改めることを検討すべきです。

化粧品には、年代ごとに適切なブランドが異なります。

若い子向けのブランドでは展開している色合いのほか、肌に与える効果や成分も‘若い肌’に合うものです。

それに比べて、ミドル・マダム向けのブランドでは、年齢によって気になり出す部分をキチンとカバーできるように様々な技術が応用されています。

年を重ねると肌がくすんでしまうので、肌に合う色合いも変わってくるので、ミドル向けのブランドでは、口紅・チーク・アイシャドウなどのカラー展開も変わるのです。

こうして使うアイテムを年に合わせて新調するタイミングは、メイクの仕方も変えるタイミングでもあります。

40代のメイクポイントとは?

40代のメイクポイントは‘年相応’という部分です。

40代と言うと、皆さんはどんな印象を持っていますか?

女性として成熟し、落ち着きと心の余裕を持った対応ができる‘立派な大人の女性’であるべきですよね。

母として子を育て、妻として夫を支え、上司として部下を率いる。

さまざまな苦労や喜びを感じながらも、忙しなかった20代や30代の頃に比べて、そのライフスタイルは変化の後の落ち着きを感じているのではないでしょうか。

40代というのは、人生における自分の在り方を改めて考える時期でもあります。

仕事や私生活がマンネリ化して、「もう40代だし頑張らなくてもいいのでは?」なんていう考え方になってしまうこともあるでしょう。

しかし、40代をどう過ごすかで、自分の人生の半ばを迎える50代・60代のスタートをどう迎えられるかが変わります。

周りから「素敵な女性だ」と、思ってもらうためには幾つになっても見た目に気をつかっていなければいけません。

年に見合ったスタイルでないと、「無理に若作りしている」と思われてしまいますよね。

これは、自分を客観的に見られていない証拠です。

無理に若く見せようとせず、今の自分を最もよく見せるためのメイクを心がけることで、よりその人本来の美しさが際立ちます。

もちろん若く見えるに越したことはありませんが、若い頃と同じようにメイクすれば若く見られると言うわけではありません。

他の年代の人と自分を比べるのではなく、同世代の人と並んだ時に、どう見られるかという部分を意識して自分の見られている姿をコーディネートしましょう。

こんなメイクはNG!!


40代で「無理している」「似合わない」と思われがちのメイクは、具体的にどんなものでしょうか。

メイクはどうしても手癖で身についた方法を実践しがちです。

それこそ、若い頃から同じ方法でやってしまっている人も多いのだと思います。

しかし、人の顔立ちは年齢を重ねる毎に変化していきます。

同じようなメイク法では、不釣り合いな部分も出てくるでしょう。

ここからは、特にNGだと言われるメイク例を紹介していきます。

派手すぎる

40代は落ち着きある大人の女性として、化粧も落ち着かせるべきです。

若い子のように、明るい色合いのカラーを使ったり、ガッツリ盛り盛りのメイクをするのはNG!

派手なメイクは控えて、ナチュラル系の美人を目指しましょう。

若い子はメイクする時に、目をいかに大きく見せるために工夫したり、アイシャドウやパウダーでキラキラ感を出したりします。

周りの人と個性が被らないように自分なりのおしゃれを追求することで、派手さや煌びやかさを求めるのです。

しかし40代は、社会的にも人の手本となる年齢なので、上司として、先輩として、飾りすぎない大人らしい自然体の魅力を出していくようにするべきでしょう。

派手なカラーパレットを使っている人は、落ち着いた色合いのものに切り替えて、落ち着いた女性の色気を演出するようにしましょう。

厚化粧


シミやシワが気になってくる40代は、肌の悩みが増えてきます。

こうした肌の悩みを隠そうとすると、どうしても化粧が厚くなってしまい、いわゆる‘厚化粧’になってしまうことが多いのです。

見るからに塗りたくったような厚ぼったい化粧は、決して美しいとは言えません。

化粧は、いかにナチュラルに、顔を引き立たせるかがポイントになります。

ファンデーションを塗り過ぎると、崩れた時に汚くなってしまいますし、アイシャドウも塗り過ぎると目元だけが浮いて見えてしまってまとまりのない顔になってしまいます。

盛って隠すのではなく、自然に隠すためのテクニックを応用していきましょう。

世代に合わないメイク

メイクにはトレンドや流行りがあります。

しかしこうしたトレンドは主に10~20代の間で生まれるものなので、40代が同じように取り入れたとしても似合うとは言えません。

夏になると流行るビタミンカラーや秋に流行る真っ赤なリップも、若い子がその時代で流行っているファッションと組み合わせて応用することで魅力を発揮します。

時代は繰り返して昭和に流行っていたメイクが再流行したりしますが、これも主に現代の若者向けにアレンジされたアイデアだったりします。

世代を問わずオールマイティに似合うメイクと言うのは、そう多くはありません。

世代ごとにファッションも顔の明るさも変わります、周りからの評価や印象も変わります。

こうした変化に合わせて化粧も変えていかなければ、歳と不釣り合いなメイクになってしまうので注意しましょう。

40代メイクのポイント

40代になってから、メイクをする時は、いくつか注意しておきたいポイントがあります。

それは、年代によって変わってくる肌の質感やトーンとのバランスを意識したものです。

顔のたるみやくすみを上手くカバーしながら、年齢を感じさせない顔を作っていきましょう。

透明感を意識する

まず、40代は顔の透明感を意識したベースメイクがポイントになります。

年齢によって肌がたるんだり、痩せこけてしまったりすることが多いので、いかに肌のハリやツヤを出して健康的な印象を与えられるかが重要です。

透明感のある肌を作るためには、厚塗りNG!

厚塗りせずとも、ベースのポイントを押さえておけば自然で明るいトーンの肌を作り出せますよ。

顔の印象をやさしく

40代となると職場でもプライベートでも、年下を相手にすることが増えてきますね。

そうなった時、年上に対するイメージは厳格で険しい人物像になりがちです。

自分が若手だった頃、「いつも怖い顔をしている」と思う上司がいた経験がある人も多いかと思います。

年齢を重ねると、顔全体がたるんでくることで、影が出来たり、顔立ちが険しく見えてしまうことがあります。

しかし、こうした印象はメイク一つでガラリと変わります。

眉毛や目元のメイク、ハイライトの使い方など、ちょっとしたポイントメイクで、顔の印象をやさしく柔らかいものにできるので、鏡に映った自分だけでなく、周りからの見え方を気にしながら工夫していきましょう。

リフトアップを意識する

フェイスラインがすっきりせず、ぼんやりとしてしまうのは、やはり年齢によるたるみが原因です。

メイク前にリフトアップのマッサージをしたり、笑顔を意識して顔の筋肉を鍛えるなど衰えを予防するためにちょっとした工夫を続けると、顔周りをシャープになって、若々しい印象になりますよ。

メイクのためにフェイスケアやスキンケアの基礎を整えておくことも重要です。

40代のベースメイク

40代で増えるお肌の悩みをうまく隠すには、ベースメイクが重要です。

40代の肌に輝きを与えるベースメイクのコツを紹介します。

ベースを整える

まず化粧の前に、顔のコンディションを整えましょう。

顔がくすんで見えないようにリンパマッサージをして血色を良くしたり、むくみをとったりする簡単なひと手間を加えるだけで顔の明るさは段違いです!

さらに化粧水や乳液もしっかり重ねて、肌のベースを整えることが大切。

メイク前の化粧水や乳液は肌の水分量や油分を調整し、化粧のノリに大きく影響する部分なので適当ではいけません。

きちんと浸透させるよう、基礎を整えるための時間も確保しましょう。

化粧水や乳液を付ける時も肌をリフトアップさせるイメージで、上へ上へと引き上げてつけて行くようにすると効果的です。

厚塗りはNG

肌のトラブルを隠したいからと言って、むやみやたらに塗りたくるのは絶対にいけません。

重ねすぎると、ファンデーションにムラ出来たり、化粧が崩れやすくなってしまいます。

肌のトラブルは、ファンデーションではなく、下地が重要!肌のトーンを明るく見せるベース選びが大切になります。

厚塗りせずとも、肌のトーンが明るくなるだけで、くすみを飛ばしてツヤのある肌を作ってくれます。

40代の肌のくすみを飛ばすにはサーモン色のベースがおすすめです。

サーモン色は、肌の血色を良く見せてくれるので、肌がワントーン明るくなります。

また、ベースは均等に塗れるよう、多めに使うのがコツです。

大き目のパール1粒くらいを取ったら素早く顔全体にスタンプを押すようにペタペタとのせて行きましょう。

全体にのせたあとに指で伸ばしていくと、ムラなく塗ることができますよ。

ベースは指でくまなく叩きこんでいきましょう。

塗り残しがあると化粧崩れの原因になってしまうので注意!くすみやすい目元や口角は特に念入りに塗りこんで乾燥を予防しましょう。

小じわやくすみはコンシーラーで

シワやシミ、くすみなど肌の気になる部分はコンシーラーでカバーします。

無色の下地の上にさらに色付きの下地を重ねる様な人もいますが、肌全体が重たくなるのでNG!コンシーラーで充分です。

シミを隠すコンシーラーは自分の肌より濃いめの色を選ぶのがコツ。

肌と同じ色や明るい色だと、シミが透けて見えてしまいます。

コンシーラーは肌全体に使うのではなく、隠したいシミやシワの部分だけにピンポイントで使いましょう。

シミを隠す場合、シミの周辺にまでつける必要はなく、シミの大きさと同等位につけたほうが目立ちません。

隠したいシミの部分には触れず、境目を指でぼかすようにすればOK。

目元や口角のくすみを飛ばしたい時は、明るい色のコンシーラーを使いましょう。

ハイライト効果があるので、肌がトーンアップして見えます。

40代のアイメイク

年齢を重ねると、若い頃に比べて、目元のシワ・くすみ・くぼみ・クマなどが気になりはじめますね。

たるみやシワによってアイラインがうまくひけなくなるなど、化粧がしにくくなる部分でもあります。

目の周りの皮膚は薄く、とてもデリケートなので年齢によるダメージ設けやすいのです。

アイクリームなど特別なケアをして、乾燥を防いでうるおいを与える必要があります。

しかし、目元は顔の印象を左右するポイントになるので、力を入れてメイクしたい部分です。

アイメイクはあくまでもナチュラルに、顔の印象を良くするために引き立たせるのがポイントですよ。

アイライナーは黒でメリハリ

ナチュラルメイクというと、アイラインをひかない人が居ますが、40代になると肌にハリがなくなって顔の印象がぼやけてしまうのでアイラインは必要です。

ナチュラルに見せながらも、目元の印象を強めてメリハリを生み出すことが大切!

ノーメイクの目元は、印象がう薄くなるので、幼く見えたり、手抜きに見えてしまって、きりっとした大人のイメージからは遠ざかります。

目元がハッキリしていないと、「なんだか眠そう」「機嫌が悪そう」などと思われかねません。

黒の細めのアイライナーで軽やかでハッキリした目元を演出しましょう。

あまり目尻からはみ出さないよう、黒目の上を中心にアイラインを描くことで、黒目が引き立つパッチリとした目元になります。

太めのペンシルでまつげの際を塗りつぶすように引いていくのも、ナチュラルに目の輪郭を強調できるのでおすすめです。

まつげの隙間を埋める時のアイライナーはジェルタイプが最適。

まぶたを指で持ち上げながら、根元に隙間がないように塗っていきましょう。

目尻気持ち上にはねあげるように、ほんの少しだけはみ出すと、目元のたるんだ印象が軽減されリフトアップ効果があります。

アイシャドウの色味は落ち着かせて

アイシャドウはブラウンなど落ち着いた色味がおすすめ。

目元がくすんで見えないように、ブラウンとピンク系が入ったカラーパレットが良いですね。

パールやラメの入ったものは、そこだけ浮いてしまったり、若い印象になってしまうので控えるようにしましょう。

パール系を選ぶ場合は、粒子が細かいタイプにするとあまり浮きません。

アイシャドウをのせる時は、まずアイホール全体にピンク系をのせて色味を明るく整えてから目のブラウン系をのせていくと馴染みやすくなります。

基本的にアイシャドウはブラシでのせるとムラができにくく均等にできますよ。

眉の下の部分、眉骨がある部分に明るめの色を少しのせるとハイライト効果が生まれて顔が立体的に見えます。

下まぶたをスッキリ見せて

下まぶたへのメイクはあまり濃くしないようにしましょう。

目尻にアイシャドウをくの字に入れるくらいが適切です。

あまりシャドウが広がってしまうと、目元が暗く見えてクマのようになってしまったりするので、細いブラシでぼかすように入れるのがポイント!アイライナーは引かなくてもOKですが、引く場合は細めに目のラインに沿って入れましょう。

あまりオーバーなラインになるのはNGです。

必要に応じてつけまもOK

つけまつげは若者向けのメイクアイテムだというイメージがあるかもしれませんが、実はそんなことありません。

40代になると普段のメイクがナチュラルで控えめになるので、オンとオフの差がつきにくくメイクの楽しみが少なくなりがち。

ですが、ポイントとしてつけまつげをつけると、グラマラスで色気のある目元を演出できます。

あまりバサバサしたものではなく、ナチュラルで細い、自まつげに近いアイテムを選ぶのがポイントです。

目の全体につけるのではなく、目尻につけるだけでもOK。

いかにもな感じにならず、自然と印象的な目元になりますよ。

パーティやデートの時など、ちょっと普段とイメージを変えたい時におすすめのアイテムです。

重要!40代は眉毛を意識せよ

顔のイメージがガラッと変わるパーツというと、目だと思っている人も多いと思います。

あながち間違いではありませんが、実は目というより‘眉’によって顔の印象は変わるのです!眉の濃さや角度によって、顔全体のイメージが変化してしまいますので、間違った眉の書き方をしている人は大損。

とんがり眉はNG

眉は描き方にトレンドがあるので、年代によってクセがあります。

中でも特に、とんがり眉はもう時代遅れです。

バブルを彷彿とさせるとんがり眉は、年代を感じさせるのでNG!

ナチュラルな太眉

眉は角度をつけると、きりっとした男前な印象になってしまうので、アーチは緩やかにしたほうが優しイメージになります。

細い眉毛は目元の印象を貧相にしてしまうので、割と太くしっかりした眉がおすすめです。

眉を書くのが苦手という人は、まず、眉を思い切って書いてから整える方法がおすすめ!おおよその部分に土台を書いてから、足したり引いたりすると、理想の形に近づきやすくなります。

色味は明るすぎないブラウンで

眉はカタチだけでなく色も重要です。

濃いめのブラウンにすると顔全体が引き締まった印象になりますが、他の部分のメイクが薄い人は眉だけ目立ってしまいます。

髪の色を問わず、日本人に合う眉の色はやや黄色がかったブラウンです。

いかにも書きました、と言うような眉にならないよう、自然で柔らかな色味で肌と馴染ませながら書いて整えるとベストです。

40代のリップはどうすればいい?

40代になって変わるのは、肌だけでなく唇も変わってきます。

色がくすんできたり、乾燥して縦ジワが目立つようになったりするので、似合うリップの色も変化するのです。

肌のトーンが変わってくることも関わっていますので、ベースやアイシャドウを年相応に整える時に顔全体のバランスを見ながらリップの色合いも見直していきましょう。

ふっくらとしたボリューム感もなくなってくるので、唇にもハリとツヤを意識してください。

赤リップはNG

赤のリップは若い子の間で流行っていますが、40代の人がつけると顔全体の印象が暗く見えてしまいます。

赤リップは色が濃く、唇全体に色がのってベタ塗りになってしまうので、抜け感が出ません。

透明感がなく、くすんだ印象になってしまうので40代以上に老けて見えてしまいます。

濃いマットなカラーはあまりおすすめできません。

ツヤ感を出すコーラル系で

唇は自然な色ツヤを意識してボリューム感を出すのがポイントとなります。

アイメイクや肌の印象もとても重要ではありますが、唇のイメージをきちんとコントロールするのもメイクの鉄則です。

リップのメイクは女性の魅力を引き立たせる重要な部分ですので、貧相な顔立ちにならないよう、唇はふっくらとセクシーな印象にしましょう。

マットなものではなく光沢のあるリップがおすすめです。

パールが入っているものは、逆に色むらがあるように見えてしまうので、パールなしのコーラル系・サーモンピンク系がGOOD!

40代のメイクでは唇をあまり派手な色にせず、自然な色合い透明感を意識すると、顔全体の印象に明るさが生まれます。

まるで自分の唇本来の血色とツヤが自然に美しく見えるようにコーラル系でナチュラルでうるおったリップにするといいですね。

唇はカタチやハリ感によって顔全体のゴージャス感をアップできるので、リップペンシルでちょっとオーバー気味にライン取りをして下唇をボリューミーにするのもおすすめ。

口角が下がらないように、コンシーラーで口角の下を塗りつぶして唇の角にエッジを利かせるのも効果的です。

40代は特に意識してほしい!メイクの基本

40代のメイクは、化粧のポイントは透明感とハリ感です。

頑張り過ぎずやり過ぎない、抜け感のあるお洒落を楽しむためには、基礎となるスキンケアも重要!ナチュラルだけど、手抜きに見えないメイクを目指しましょう!

基礎的なケアを行う

ナチュラルメイクにするためには、厚塗りのメイクで隠すのではなく、素肌を生かしながら化粧をすることが重要。

だからこそ、基本的なスキンケアは怠ってはいけません。

年齢が上がるにつれて、肌のトラブルは増えて行きますので、ケアもより念入りにしていく必要があるのです。

顔のパーツを引き立たせるのはメイクだけでなく、日頃のケアによる肌のコンディションが大きく影響します。

血色がよく明るい肌のトーンやメリハリのある顔立ち、スッキリとしたフェイスライン。

若々しく見える肌を作るために、デイリーケアで調子を整えておきましょう。

乾燥してくすんだ肌ではなく、潤いとツヤがある光を集めたような健康的な肌が目標です!

保湿は十分に

シミ・シワ・たるみ・乾燥など肌のトラブルの大半の原因はうるおい不足!

保湿が足らない肌はバリア機能が衰えてしまうので、充分に保湿をすることを心がけましょう。

特に、お肌にとって紫外線は大敵です。

紫外線を浴びると肌の免疫が衰え、うるおいも減っていきます。

紫外線はシミのもとにもなってしまうので、季節を問わず日焼け止めクリームを忘れずに塗りましょう。

メラニン色素が肌に沈着してしまわないよう、定期的にピーリングをして肌の新陳代謝を高めることでターンオーバーを促すのもおすすめ。

睡眠や食事といった部分にも十分に気を付けて、身体の内側から美しさを生み出すように努力しましょう。

40代のメイクは基礎基本をしっかり抑えること!(まとめ)

加齢によって肌の老化がドッと進みだす40代は、スキンケアやメイクを見直す時期です。

できるだけ若々しい肌を保つために、肌のアンチエイジングをサポートするスキンケアを積極的に取り入れて行きましょう!

ビタミンやアミノ酸など、肌を構成する成分を補給していくことも忘れずに。