あなたはどんな資格を持っていますか?

自分の身に役立つ資格だと、私生活や仕事で活かせて便利ですよね。

さまざまな種類の資格がありますが、その中でも身につけると仕事で活きる便利な資格についてご紹介していきます!

身につけると便利な資格を紹介!

世の中には実にさまざまな資格があります。

その種類は実に1000種類以上とかなり豊富です!

メジャーなものでは管理栄養士や行政書士、簿記や歯科助手など、持っていると仕事で有利になりそうなものが多く、人気も高いです。

また、食生活アドバイザーや調理師、保育士など、仕事だけでなく私生活でも役に立つ資格もたくさんあります。

マニアックな資格では花火鑑賞士、デザートクリエイター、消しゴムはんこなど、一般にはあまり知られていないものもあります。

ごくごく一般的な資格から面白資格までたくさんありますが、どうせならば自分の役に立つ便利な資格を身につけたいところですよね。

そんな身につけると便利な資格をご紹介していきます。

資格を持っているメリットとは?

資格を持っていると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

仕事をする上で必要だと言うのならば仕方なく資格を取る人もいるでしょう。

しかし、必要に駆られなければ資格を取る意味がないかというと、そういうわけでもありません。

資格を取ることで、得られるメリットもたくさんあります。

例えば以下のようなメリットがあります。

キャリアアップ

キャリアアップとは、今よりも高い資格や能力を身につけることによって、経歴を高めることです。

希望する就職先で必要な資格があればもちろんそれを取る必要がありますが、それ以外でも資格を身につけておけば自らの能力やレベルを上げることが出来て、今以上にレベルの高い仕事へチャレンジすることが出来ます。

また、仕事で役に立つ資格を取得しておけば、就職希望先で面接をする時にも有利です。

あまり仕事をする上で役に立たない資格ばかりではキャリアアップには繋がりにくいですが、パソコン検定や英語検定など、仕事上で取っておくと便利な資格をたくさん持っている人はキャリアアップに繋がりやすいです。

特にハローワークなどに登録をしていると、資格を見た企業からオファーが来ることもありますので、資格は取っておくに越したことはないでしょう。

知識が増える

資格を取ればとるだけ自分の中の知識が増えます。

また、資格を取ることで自信のアップにも繋がります。

資格を持っているということは、周りの人たちから「資格を取れるだけのスキルを持っている」と思われるということです。

周りの人からそのように認識されることが、資格を持っている人にとっては自信に繋がります。

周りの人の中には「資格なんて持っていても無駄なだけ」と「アンチ資格」の考え方をする人や、やたらと資格を持っている人に対して小馬鹿にするような人もいますが、そういった人たちは資格を持っていないことがほとんどです。

自分が資格を持っていないことに対するコンプレックスの裏返しで資格を持っている人を攻撃する場合が多いので、「資格なんて無駄」という意見など無視するのが一番です。

資格を取ることは、自らの知識を広めて、深めてくれますので、取らないよりは取る方が良いのです。

仕事の幅が広がる

資格を取ることで、仕事の幅が広がります。

例えば事務仕事しかしていなかった人が販売員の資格を取ることで、マーケティングや仕入れといった販売に関する仕事にも携われるようになったり、TOEICの資格を取ることで海外出張の仕事が出来るようになったりします。

取る資格によっては1つの会社の中のあらゆる部署に携われるようにもなるため、自分の仕事での可能性を広げるためにも資格は取った方が良いのです。

身につけるといい資格はズバリ22個!

仕事をする上で身につけておいた方がいい資格とはどのようなものなのでしょうか?

自分がやりたい職業にもよりますが、一般的に仕事上で身につけておくと便利な資格を以下にご紹介していきます。

これから何か資格を取ろうと思っている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

1.ビジネス能力検定

ビジネス能力検定とは、1995年から財団法人専修学校教育振興会が実施している文部科学省認定の検定試験です。

ビジネスにおける資格の一つで、最近では社内研修などでも取り上げられるようになってきました。

正式名称を「ビジネス能力検定(B検)ジョブパス」といい、社会人としての仕事能力を客観的に評価するための検定試験です。

主に大学における就職活動サポートや、新入社員向けの研修などに活用されていますが、最近では新たな等級を設定し、実務リーダーまでを網羅する検定試験となりました。

「ジョブパス」という名称は2013年からついた新たな名称です。

ジョブパスでは、あらゆる職種や業種に共通して必要とされる基礎的な知識を学びます。

「顧客」「品質」「納期」「時間」「目標」「協調」「改善」「コスト」の8つの項目と、ビジネスマナーやプレゼンテーション、マネジメントといった実務的なものまで出題し、ビジネスパーソンとして必要な能力を総合的に評価します。

3級~1級まで検定があり、3級は新入社員向け、2級は入社2~3年目のビジネスパーソン向け、そして1級は入社5年以上のビジネスパーソンを対象としています。

職種に限らず社会人として必要なことが学べる検定ですので、ビジネスパーソンになった以上はぜひとも取っておいた方が良い資格でしょう。

2.簿記


簿記の資格は数ある資格の中でもとても人気があり、何と60万人以上が受験した年もありました。

それだけ簿記の資格が人気なのは、企業側からのニーズが高いことが理由として挙げられます。

今では簿記の資格を取得することは社会人のマナーとまで言われており、社会で働く上で必要なスキルと言えます。

そんな簿記の資格では、実務で役に立つ経理や、会計の基礎知識について習得することが出来ます。

特に会計や財務に携わろうとする人にとっては最も初歩的で基本的な資格になりますので、事務職や金融会社、経理関係の会社へ勤めたいと考えている人にとっては正に必須の資格と言ってもいいでしょう。

また、就職以前に大学の推薦入試においても、簿記2級程度を取得していれば大学によっては推薦入試が有利になることがあるようです。

日商簿記の資格を取得していれば、就職の際に「この子は経営関係の数字をきちんと読み取ることの出来る人材だ」と判断されて有利になりますし、金融関係の会社へ就職を希望する際には予め資格を取っておくと面接官に喜ばれます。

一般的な会社でも持っていると有利な資格ですが、特に金融・経理といった仕事に就きたい人はまず取っておいた方が良いでしょう。

3.秘書検定

秘書といえば、よく会社の社長や部長クラスの役員の後について周り、身の回りのことを世話したり、スケジュールを組んだりと、細かな仕事をするイメージがある人もいると思います。

秘書検定では具体的にどのようなことを学ぶのかと言うと、「人柄」について学びます。

初対面の人と会った時に、「感じの良い人」と「悪い人」に分かれますが、秘書検定では「感じの良い人」を目指して学びます。

「言葉遣い」や「話し方」「態度」や「振舞い」といった「人柄の要素」について身につけていく資格です。

とはいえ、筆記で学ぶだけでは中々身につかないこともありますので、秘書検定では「人柄」はあくまでも基本的な部分として、さらにいくつかのことを学んでいきます。

例えば上司の身の回りの世話やスケジュールを組み立てる判断力、上司が留守の際にはどのように仕事を預かるかといった職務知識、仕事をする上で必要な文書作成やファイリング、会議などの仕事に関する技能、そしてビジネスマナーなどたくさんのことを身につけなければなりません。

常に上司の望むこと、求めていることを考えながら判断して動くため大変なイメージもありますが、取っておくと就職では有利ですし、秘書になりたい人なら必ず取得しておくべき資格でもあります。

4.WEBクリエイター能力検定

WEBクリエイター能力検定とは、Webページを制作するためのHTMLファイルのコーディング能力と、基本的なデザイン能力を身につけて、Webサイトを構築するためのクリエイター能力を認定するための資格です。

簡単に説明すると、パソコンを用いてインターネット上でWebページを作成するのに必要な資格のことです。

機械いじりが好きな人や、自分でWebページをデザインしたいという人、パソコンに携わる仕事がしたいという人にはおすすめの資格です。

特にクリエイティブ関係の仕事に就く上では、最低限取っておいた方が良い資格と言ってもいいでしょう。

どちらかと言えば理系向きの資格ですので、理系寄りの頭脳の人にはおすすめのです。

5.LPIC

LPICは、Linux技術を証明するための資格試験のことです。

IT業界では標準的な資格となっており、技術者のスキルを証明するためには必須の資格と言えます。

LPICそのものは、Linux技術者認定を中立公正な立場で行うための、特定非営利活動法人であるLPI(LinuxProfessionalInstitute)によって運営されています。

プロのエンジニアを目指す人にとっては必要不可欠な資格でしょう。

LPICは元々カナダで生まれた資格で、現在150か国以上で展開し、50万人が受験していると言われています。

また、日本ではLinuxの初動が遅かったためか、現在でもLinuxのエンジニアが足りない状況にあります。

それなのに需要は高まっているため、この資格さえ取っておけばIT関係の就職にはかなり有利と言えるでしょう。

6.銀行業務検定

銀行業務検定は、銀行業務に従事する人にとっては必須の資格です。

法務・財務・税務・年金・信託・証券などに区分され、科目により3級、2級と級が用意されています。

銀行業務検定協会が主催する、銀行業務についての試験であり、銀行や信用金庫などの多くの金融機関に研修の一部として導入されています。

銀行で働きたいと考える人にとっては必ず取る必要のある資格で、筆記試験は大変なイメージがありますが、銀行業務に携わる上でどれも基本的で必要なものばかりですので、資格は取っておくに越したことはないでしょう。

7.FP(ファイナンシャルプランナー)

FPは、節約・税金・投資・住宅ローン・不動産・教育・老後・相続までお金に関する事柄を幅広く取り扱う資格です。

いわばお金のエキスパートといっても良いでしょう。

仕事として活用するのみならず、身につけておけば自分の人生設計にも役立てることが可能ですので、計画的に人生設計をしていきたいという人にもおすすめの資格です。

FPと聞くと何だか小難しい印象がありますが、年金や保険といった生活に密着した分野を取り扱う資格です。

「ライフプランニング(保険など)」「タックスプランニング(税金など)」「金融資産運用」「不動産」「相続・事業承継」「リスク管理」の6分野について学びます。

銀行や保険、証券といった金融関係の会社に勤めている人にとってもぜひ取っておいた方がいい資格の1つです。

また、住宅メーカーや不動産関係の仕事でもFPの知識が役立つ場面は大いにあります。

8.マイクロソフトオフィススペシャリスト

マイクロソフトオフィススペシャリストは、略してMOSといいます。

MOSは、ExcelやWordなどのマイクロソフトオフィス製品の利用スキルを証明出来る資格です。

この資格を取ることによって、自称ではなく客観的にパソコンスキルを証明出来るため、就職活動などの際には有利です。

また、勉強した内容を直ぐに仕事で実践に活かせるため、無駄になることはまずありません。

仕事をする上でも、資格を持っていない人と比べると作業もスピーディで効率的に出来ますので、キャリアアップとしてもおすすめです。

また、就職活動のみならず、転職の際にも有利です。

日本のみならず世界でも通用する資格ですので、パソコンに触れる機会のある仕事をしている人はぜひ取っておいた方が良いでしょう。

9.TOEIC


TOEICの資格については、学生の頃から耳にする機会も多いことでしょう。

TOEICは、「Test of English for International Communication」の略語で、「国際コミュニケーション英語能力テスト」のことです。

外資系の企業を始めとして、英語力を求める多くの企業が採用選考の基準としてTOEICのスコアを用いています。

そのため、外資系や海外出張の多い仕事などに就きたい人は、就職活動までに必ず取っておくべき資格と言っても良いでしょう。

英語を母語としない人を対象とした資格ですので、日本のみならず世界中でも活用されています。

よく「TOEICの点数が何点だった」という話を耳にすることがありますが、その点数が高ければ高いほど就職の際には有利になります。

そのため、せっかくTOEICの資格を取っておくのなら、高得点を狙って勉強すると良いでしょう。

10.メンタルヘルス・マネジメント検定

メンタルヘルス・マネジメント検定とは、会社で働く人たちの心の不調の未然防止と、活力ある職場づくりを目指して、職場内での役割に応じて必要なメンタルヘルスケアに関する知識や対処方法を身につけるための資格です。

コースはⅠ種、Ⅱ種、Ⅲ種に分かれていて、Ⅰ種のマスターコースは人事労務管理スタッフや経営幹部を対象としています。

社内全体へのメンタルヘルス対策の推進を行い、メンタルヘルスケア計画を立て、産業保健スタッフやその他の専門機関との連携を図ります。

また従業員への教育や研修などに関する企画や立案、実施が出来るのが特徴です。

Ⅱ種のラインケアコースでは、部門内や上司から部下へのメンタルヘルス対策の推進を行います。

そしてⅢ種のセルフケアコースでは、組織における従業員自らのメンタルヘルス対策の推進を行います。

すなわち、もし一般社員がこの資格を取る場合、自らのメンタルヘルスを推進することになり、ストレスなどによる精神面への悪影響を自ら改善するように取り組みます。

もし面接の際にこの資格を持っていれば、「この人は自分で自己管理がきちんと出来る人なんだな」と面接官から好印象を受けられます。

また、Ⅱ種の資格を持っている人では、部下の精神的なストレスを日々チェックし、もし精神的に悩んでいる部下がいればすぐさまその解決に乗り出せるようになります。

さらに、会社全体を視る立場にある人もⅢ種の資格を取っておくことで、社内のメンタルヘルス対策を推進することが出来ますので、この資格は会社のどの立場にある人にとっても取っておいた方が良い資格と言えるでしょう。

11.第1種衛生管理者

第1種衛生管理者は、一言でいえばすべての業種の事業場において衛生管理者となることが出来る資格です。

第2種もありますが、第2種の場合には有害業務と、関連の少ない情報通信業や金融、保険業、卸売や小売業など一定の業種の事業場においてのみ衛生管理者となれますので、どうせ取るのなら第1種で取った方が良いでしょう。

第1種衛生管理者の資格を持っていれば、就職や転職で有利になりやすいです。

特に有資格者に不足している企業にとっては、資格がある人は喉から手が出るほど欲しい人材ですので、資格を持っているというだけで面接がスムーズに進む場合もあります。

また、第1種衛生管理者の資格を持っていれば、一般社員から管理者への道も開けますので、キャリアアップの可能性が広がります。

特に衛生管理者の資格は取得するのに難易度が高いと言われていますので、その資格を持っているというだけで一定の評価をもらえる可能性もあります。

さらに、資格があれば資格手当がつくこともありますので、給料アップも望めます。

12.健康運動指導士

健康運動指導士は、公益財団法人健康・体力づくり事業財団が認定する資格です。

生活習慣病を予防して、健康を維持・増進するために個人の体力に合った運動計画を立てて指導します。

一般ではそこまで聞き慣れない資格ではありますが、運動に関係する仕事に従事する人たちの間ではポピュラーな資格の1つです。

ジムやフィットネスクラブでちょっとした指導をする人でも、プロのスポーツトレーナーでも、運動関係の仕事に従事するのであれば欠かさずに取っておくべき資格でもあります。

健康運動指導士とは、いわばその資格を持っているからこそ堂々と人に運動の指導が出来るのです。

スポーツトレーナーや運動に関する指導の仕事がしたいという人は、就職活動をする時点で持っておくと有利です。

また、転職の場合にももちろん必要になります。

13.フードマイスター

フードマイスターには、「アスリートフードマイスター」や「スーパーフードマイスター」「アンチエイジングフードマイスター」などの様々な種類があります。

しかしどれも食事に関する資格という部分で共通しています。

例えばアスリートフードマイスターの場合、スポーツ選手のための食事や栄養についての資格ですので、一般人向けではなく、あくまでもアスリート向けの食事内容について専門的に学ぶ資格です。

また、スーパーフードマイスターは、スーパーフードの魅力について理解を深めて、それを上手く調理するための資格。

またアンチエイジングマイスターは、老化防止や若返りに焦点を当てたフードマイスターの資格です。

この他にも資格対象者の年齢に合わせてジュニアからシニアまでの幅広いフードマイスターの資格があります。

フードマイスター自体は、食事や栄養について学ぶものですので、それらを若者・高齢者・アスリートなどの対象別に分けたものと思ってもらえればいいでしょう。

料理が好きな人はもちろんですが、家族など大事な人にきちんと規則正しい食生活を送って欲しいと考える人も積極的に取っていける資格です。

一般家庭でも取れる資格ですが、取っておくと食事に関係のある職場で働く際には有利になります。

14.アロマテラピー検定

アロマテラピー検定は、「社団法人日本アロマ環境協会」が実施している検定です。

2005年とまだ比較的誕生してから新しい資格で、アロマテラピーの業界では日本で唯一の公益法人です。

誕生した当時はマイナーな資格でしたが、近年では認知度も増えており、特に女性に人気の高い資格の1つとなっています。

検定は2級と1級があり、2級ではアロマテラピーを自分で楽しむための知識を勉強します。

精油使用上の注意や歴史を学び、さらに10種類の香りを覚えます。

1級では2級の内容に加えて、自分のみでなく友人や家族とも一緒にアロマテラピーを楽しめるように、安全に活用するための知識を学びます。

また、アロマテラピーが心身に何故良い影響を与えるのかについても学び、覚える香りは2級の10種に8種を合わせた、合計18種に増えます。

自分だけで楽しみたいという人にとっては2級を持っていれば十分ですが、アロマテラピーを自分の店で使うという場合や、人に使い方を教えるような場合には1級を取得した方が良いでしょう。

15.調理師

調理師は、食品の調理技術の合理的な発達と人々の食生活の向上に役立つことを目的とした、日本独自の資格です。

調理師の免許を持つことで、基本的な調理技術や知識があるという客観的な判断基準になるため、飲食店で働く際には面接で有利になりやすいです。

また栄養士として働く場合にも持っておくと有利な資格です。

プロの料理人を目指す人にとっては必須の資格ですし、サービス業を目指す飲食店勤務の人でも取っておいた方が良い資格と言えるでしょう。

ただし、ユーキャンのように手軽に取れる資格の場合、調理師免許とは言っても、筆記試験だけで合格出来てしまう場合もあります。

その場合には、紙の上の知識だけはあるものの、実際には調理が出来ないなんてことにもなりかねませんので、出来るだけ実践も同じように積んでおくようにしましょう。

16.PRプランナー

2007年度からスタートしたこのPRプランナーは、広く社会の発展に寄与するPRパーソンとしての知識やスキル職能意識を有することを認定する資格です。

PR関連の会社で働いている人はもちろん、企業の広報部門でPRを担当している人や将来的にPR関連の会社で働きたいと考えている人も取得しておいた方が良い資格です。

この資格を取ることで、PRに関する知識やスキルを深めることが出来ます。

例えばより効果的に宣伝素材を作ることが出来たり、人目に付きやすい広告を作れるようになったり、人前でのPRが上手に、効率的に出来るようになったりします。

「会社のPRに力を入れていきたい!」という企業は多いため、予めこの資格を取っておくことで、就職や転職の際に有利になる可能性は高いでしょう。

17.カラーコーディネーター

カラーコーディネーターは、都市空間や建築、環境やインテリア空間、ファッションや商品などにおける分野で、調和の取れた心地よい色彩計画を考案する資格です。

色を扱う仕事ですので、ある程度の色彩センスは必要とされますが、しっかりと勉強すれば取得するのにそこまで困難な資格ではないでしょう。

建築やインテリア、ファッションと分野が幅広いため、自分がどの分野で活躍したいか予め目的を立てて資格の勉強をすると良いでしょう。

資格が取れれば、実際にカラーコーディネーターとして仕事をすることが可能ですが、個人で独立してやっていく場合には名前が売れない内はある程度の下積みは覚悟した方が良いでしょう。

また、企業で仕事をする場合でも、クライアントや上司との色のセンスが合わない場合に苦労することは多いですが、やりがいのある仕事でしょう。

自分で色彩を決めたり、空間を生み出したりするのが好きな人にはピッタリの資格です。

18.社会福祉士

社会福祉士は、社会福祉分野で働く人に関する国家資格です。

社会福祉士は、職業としてその名を使うことはあまりなく、介護や医療機関においては「ソーシャルワーカー」や「相談員・指導員」と呼ばれることが多いです。

社会福祉士は、相談援助を行う上で知識が重要視されるため、試験自体は難しく設定されています。

そのため、毎年合格率は30%未満と言われていて、なかなか取得するのに難しい資格と言えるでしょう。

しかし、一度合格してしまえばその資格を活かしてさまざまな医療機関や介護、福祉の場で活躍することが出来ます。

また就職や転職にも有利ですので、ぜひ資格取得にチャレンジしてみましょう。

19.宅建

宅建は、「宅地建物取引士」の略称です。

宅地建物取引士資格試験に合格し、都道府県知事の登録を受けて宅地建物取引士証の交付を受けた人のことを指します。

宅建の資格を取得すると、不動産関係の仕事の就職に有利です。

また一般企業においても、宅建の資格は人気が高いです。

宅地建物取引を行う企業では、事務所の従業員5人に1人以上の割合で宅建の有資格者が必要となります。

会社が大きくなればそれだけ宅建の有資格者の数も必要になってくるため、社員に宅建の資格取得を進める会社も多いのです。

そのため、宅建の資格を持っていると就職や転職に有利になる場合があります。

20.医療事務

医療事務の資格を取っておくと、医療関係の職場で働くことが可能です。

私たちにも馴染み深い場所でいえば、病院の受付の人がこの資格を持っていることが多いです。

病院で患者さんの受付をしたり、カルテを作成したり、必要な情報をパソコンに打ち込んだりと、働く場所が医療機関というだけで、仕事内容自体は事務の仕事とそこまで大きく変わりはありません。

とはいえ、医療に関する専門的な用語などもたくさんあるので、やはり医療事務の資格を持っていた方が就職や転職では有利でしょう。

21.通関士

通関士は、あまり世間一般には広く知られていない資格でしょう。

通関士とは、輸出入者に代わって国際物流の正しい手続きを行う人のことです。

そのため、一言でいえば「貿易を支える仕事」です。

日本は世界中とあらゆる物流の輸出入を行っていますが、それらが輸出入に問題のない貨物かどうかや、関税や消費税を徴収すべきかどうかなどについて判断します。

本来それらは税関の管轄ですが、通関士は税関に代わって安全で正しい貿易活動が行えるように仕事をしており、その仕事をする上で必要不可欠な資格でもあるのです。

22.食品安全検定

食品安全検定は、食品に携わる人々に正しい知識を知ってもらうために作られた資格です。

そのため、調理に関する仕事や飲食店に勤務する人のみならず、一般の過程でも人気の高い資格です。

検定試験は初級と中級があり、初級では「食に関わるすべての人(一般の人)」を対象にしており、また中級では食に関する仕事を行っている人や、現場のリーダーとなるような人を対象にしています。

そのため、仕事で資格を取りたい人は中級を目指し、一般の人は初級を目指すと良いでしょう。

身につけると良い資格を取ろう!

いかがでしたでしょうか?

ご紹介してきた中で、1つでも「取っておいたほうがいいかな」と思う資格があった人は、ぜひこの機会に資格取得にチャレンジしてみて下さい。

自分が将来やりたい仕事がある人は、それに関係のある資格を取ると良いでしょう。

また、今の仕事でキャリアアップを目指したい人は、仕事に関係する身近な資格から取っていくといいかもしれません。

資格はいくつあっても無駄にはなりません。

特に仕事で自分の役に立つものであれば、積極的に身につけていきましょう!