CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

貧乏ゆすりの意外な効果と注意点を紹介します


貧乏ゆすりが癖になっている人っていますよね。

子どもの頃や学生の頃から、同級生が貧乏ゆすりをしているのを目にしたことのある人も多いと思います。

または、あなた自身が気付けば貧乏ゆすりをしてしまっているかもしれません。

貧乏ゆすりは見る人にあまり良くない印象を与えてしまいますが、実は貧乏ゆすりには意外な効果が隠されているんです!

この記事では、貧乏ゆすりの意外な効果と注意点を紹介していきます。

貧乏ゆすりってすごいんです!

誰でも子どもの頃から、親や周りの人たちによって貧乏ゆすりの存在を教えられます。

例えば自分で無意識に膝を揺すってしまっていたら、それを見た大人が「貧乏ゆすりなんてやめなさい」と注意をします。

その言葉によって、私たちは膝(膝から下にかけての足部分)を揺する行為が「貧乏ゆすり」なのだとそこで初めて知ります。

自分でやっていて注意をされた人もいれば、周りでやっている人のことを誰かが指摘しているのを聞いたりして知る人もいるでしょう。

そしてその名前を聞くのと同時に、貧乏ゆすりに対する良くないイメージについても知るのです。

とはいえ、一般的なイメージは別として、貧乏ゆすりには実はさまざまな効果が隠されています。

その効果のすごさを知ったら、貧乏ゆすりをしている人に対してこれまでとは違った目線で見てしまうかもしれません。

貧乏ゆすりのイメージ

貧乏ゆすりのイメージは一般的に悪いものが多いです。

それは、子どもの頃から「貧乏ゆすりはみっともない」という周りの意見を聞いてきたために、貧乏ゆすりをしている人を見ると自然と嫌悪感が沸き上がってきてしまうのかもしれません。

しかし、そうした経緯や先入観を別にしても、やはり落ち着きなくゆらゆらと膝を揺さぶっている姿は見ていて気持ちの良いものとは言えないでしょう。

では、貧乏ゆすりは具体的にはどのようなイメージを持たれているのでしょうか?

イライラしてる・・・?

貧乏ゆすりをしている人を見ると、どことなく落ち着きがないように感じられますよね。

小刻みに膝を揺らしているさまは、どう見ても精神的に余裕がない状態に見えてしまいます。

また、イライラしている人は動きがそわそわしていたり、指をトントンと机で慣らしていたりすることが多いため、小刻みに足を揺さぶるさまも同じくイライラしているように思えてしまいます。

もし貧乏ゆすりをしながら険しい表情をしていれば、それこそ不機嫌に見えてしまうことでしょう。

機嫌が悪そうに貧乏ゆすりをしている相手には、誰しも近づきたいとは思いません。

また、その相手に対する印象も自然と悪くなってしまいます。

悪い癖

貧乏ゆすりを意識してやっている人はあまりいません。

周りの人に自分の不機嫌を伝えたいと考えている時でもない限りは、大抵は無意識にやってしまっていることが多いです。

不機嫌な時や考え事をしている時など、本人は無意識に貧乏ゆすりをしていますが、近くにいる人は地面が揺れる振動で不快に感じることも少なくはありません。

本人はあくまでも無意識にやっていますので、誰かが指摘しなければ止めることはなく、周りから見れば「悪い癖」に見えてしまっています。

貧乏ゆすりの意外な効果

世間の貧乏ゆすりに対するイメージは良くありません。

しかし、実際には貧乏ゆすりをすることで、さまざまな効果を得ることが出来ます。

効果があるからと言って積極的に人前で堂々と行っていいというものでもありませんが、人目があまりない時に行って、貧乏ゆすりによる効果を実感してみると良いでしょう。

冷え性改善

長時間座りっぱなしの状態でいると、血行が悪くなり、下半身がむくんでしまいやすくなります。

椅子に座っていることで足の血管が圧迫されてしまい、乳酸が溜まりやすくなります。

この乳酸が分解されずに溜まってしまうとむくみが起こり、さらにそこから冷えといった症状が起こります。

冷えは血行不良で起こるものですので、その血行を良くしてあげることで、冷えを改善することが出来ます。

血行を改善させるには、体を動かすことが最も手っ取り早い方法です。

座りっぱなしであれば立ち上がり、伸びをしたり軽くストレッチをしたりして、溜った乳酸を分解させます。

しかし、座った状態から中々立つことが出来ない時には、どうすればいいのでしょうか?動けない時にこそ、貧乏ゆすりが効果を発揮するのです。

貧乏ゆすりは踵を上げ下げして膝を揺らします。

膝を揺らす時に太ももやふくらはぎも一緒に動かすために、足全体が小刻みに動いて、乳酸を分解してくれます。

その結果、冷え性を改善させることが出来るのです。

貧乏ゆすりを辞書で引くと、一般的なイメージの意味の他に、「血行を改善させるために無意識に行う現象」という意味も出てきます。

足が冷えやすい人ほど、体がそれを解消させようとして無意識に貧乏ゆすりを行わせているのです。

そのため貧乏ゆすりは、女性よりも筋肉量の多い男性に特に多くみられます。

軟骨の再生


貧乏ゆすりには、軟骨を再生させる効果があります。

ページトップ