男性にとっても女性にとっても、「結婚」は一生を共にする相手を選ぶことになるので、人生の中でもとりわけ大切な決定の一つとなるに違いありません。

結婚相手を探そうと思う時に、何をいちばん大切な条件として挙げますか?

相手の容姿や性格、家族なども、選ぶ上では重要なカギを握る条件になると思います。

男性の方であれば、料理や掃除などが上手な、家庭的な人が良いという人もいるかもしれません。

さまざまな条件がある中で、特に女性の方にとって、相手の男性がどんな仕事に就いているか、いわゆる「職業」は、選ぶ条件の中でもとりわけ大事になってくる分野のようです。

それはやはり、女性であればだれしもが、結婚生活に安定を求めたいと願うからです。

この不況の中で将来への不安を誰でも持つ時代ですからなおのこと、収入の面で心配しなくても良い、安定した職業に就いている男性はきっと、ポイントアップになる条件の一つとなるでしょう。

️結婚相手に人気の職業、医者

未婚の女性たちに「結婚したいと思う男性の職業」についてアンケートを取ったランキングの結果を見てみると、多くの女性たちがやはり将来に安定を求めていることが分かります。

安定だけを取り上げると、やはり公務員やサラリーマンを挙げる方も多いですが、年収や資格などを考慮すると、「結婚相手としておすすめの職業」や「女性が結婚したいと思う憧れの男性の職業」で必ずトップ3に入る人気の職業は、「医者」のようです。

日本においては特に、お医者さんというう肩書きを持っているだけで、非常に社会的な地位や名声が得られます。

そうした「医者」と結婚できるということは、やはり成功したと言えると考えられているのでしょう。

医者の女性人気はやっぱり高い


医者は女性が憧れる職業の中で、やはり常にトップを占めているようです。

お医者さんというと、収入が高いとか、ステイタスのある職業というイメージを持つ方は多いのでしょう。

「医者の妻」という肩書きがあるだけで、何となく勝ち組になった気もするかもしれません。

医者と結婚すれば、大きな家や高級車など、リッチでハイレベルな生活を送れるという期待を持たれる方もいることでしょう。

あくせく働かなくても専業主婦をしながら、高級なレストランに行けたり、ブランド品を身に着けることができたり…など、贅沢な暮らしが待っているという期待もあるかもしれませんね。

いずれにしても、昔から医者と結婚したい、という憧れを持つ女性は多いようです。

医者というだけでモテる

これだけ女性が結婚したいと思う職業ランキングでトップを占めるわけですから、合コンや婚活パーティーなどにおいて、「医者」という肩書きを見せただけで、女性が必ず寄ってくるかもしれません。

ですから、医者は女性に不自由することがない人も多いようです。

多少見てくれが悪くても、女性に対するスキルが低そうな人でも、人間性や性格に難がありそうな人でも、医者という肩書きを持つだけでモテるのは間違いないようです。

まあ、お金や肩書き、地位だけで「自分」という存在を評価されて、近寄ってくる女性が多いと思うと、人間不信になってしまいそうな気もしますが…(笑) 

それだけ収入による安定を求める女性は多い、ということなんですね。

実際に、お医者さんはいろいろな人からお見合い話が持ち込まれることも多いようですよ。

婚活サイトを運営する会社から、パーティへの参加をお願いされることもしょっちゅうなのだとか☆

お医者さんは結婚を考える上で、人気の高い職業であることが分かりますし、女性にモテる職業であることもよく分かります。

だから医者は競争率も高い


これだけ医者と結婚したいと願う女性が多いということは、それだけ競争率も高いという事が言えると思います。

実際にお医者さんをゲットして結婚できる人は、割合としてはごくわずかなわけですから、たくさんのライバルを押しのけて自分を選んでもらうためには、他の人にはない何らかの魅力を持っていて、それをアピールできなければいけません。

医者と絶対に結婚したい人向け

どんな壁や困難があっても問題ない、絶対に医者と結婚して勝ち組に入りたい!という人のために、このサイトでは、医者をゲットして結婚というゴールまでたどり着くためにどんな方法を活用できるか、取り上げていきたいと思います。

また、医者の妻になるための心構えや、安定やステイタスだけではない、デメリットになる現実についてもお伝えしたいと思います。

もしかすると、思い描いていた未来とは、かけ離れた生活になることに気付くかもしれません。

医者は苦労も多い職業なので、それを支える妻の立場にもそれなりの覚悟が求められるということに気付かれる場合もある事でしょう。

そうした現実を踏まえた上で、医者と結婚したいという決意を強めてもらえたらいいな、と思います。

️医者と結婚するためにやるべき6個のこと

医者と結婚したいと思っても、どこで出会いを探せばよいか分からない方も多いですよね。

医者を紹介してもらえる強力なコネがある人なら問題ないと思いますが、お医者さんと知り合えるチャンスやシーンに巡り合うことはほとんどありません。

それでまずは、医者と結婚するためにやるべきことについて取り上げていきます。

いろんな方法を利用して、医者と知りあえるチャンスを作れることに気付かれることでしょう。

そのやるべきこととは、

・婚活パーティーに参加する
・合コンに参加して知り合う
・医者の知り合いを持つ友人に紹介してもらう
・お見合いする
・結婚相談所を利用する
・医者の友人や知人を狙って近づく

この6つの方法について、それぞれ取り上げて、やるべきことを考えていくことにしましょう。

婚活パーティーに行く

婚活パーティーとは、結婚を考えていたり、希望している男女が出会う機会を与えるために、一つの会場に集まって直接話しができる場所や、時間を作ってくれるサービス企画のことを言います。

他にも「カップリングパーティー」とか「お見合いパーティー」「恋活パーティー」などという呼び方がされることもあります。

こうしたパーティーの企画は、場所や日時が決まっていますし、年齢や条件などで選んで参加できるものもあるので、自分が出席したいパーティーを選ぶことができます。

パーティーによって少しづつ企画内容も異なっています。

婚活パーティーでは、すべての人とマンツーマンで話せるトークタイムがあるので、たくさんいる人の中から、自分の条件に見合った人を探せるというメリットがあります。

食事をしながら和やかな雰囲気で楽しめる企画もありますし、運営スタッフが司会進行してくれたり、サポートもしてくれるので、安心して参加することができます。

医者限定などのパーティーを選ぶ

こうした婚活パーティーの中には、お医者さん限定で男性を招待しているパーティーもあるんです。

社会人になると、結婚したいと思っていてもなかなか相手を探す時間も無いし、出会う機会もなかなかない、ということも多いですよね。

お医者さんはなおさら忙しい勤務の中で、結婚相手を探している時間を持てません。

でも、代々お医者さん家系の人や、開業している人であれば後継者を早く求める声も多いので、結婚相手を早めに探したい医者も多いのです。

そういうわけで、婚活パーティーに参加して相手を探しに来るお医者さんも多いんですね。

お医者さんが結婚条件の女性であるなら、手っ取り早く医者限定の婚活パーティーに参加したほうが、お互いに条件を明確にして伝えられますし、早く相手を探せるメリットにもつながります。

合コンで出会う

婚活パーティーより規模をかなり縮小したものが「合コン」になるかと思いますが、男性と女性が交流を深めるという目的に関しては、婚活パーティーと似ています。

合コンは「合同コンパ」の略称になります。

たいていは仕事の仲間やサークル仲間、あるいは友人や知人を介して誰かがメインの幹事となり、男性と女性を同じ人数になるように集めて交流を深めます。

積極的に合コンに参加すれば、医者と出会えるチャンスに恵まれる機会もあるかもしれません。

事前にどんな人が来るかを聞いておいたり、医者の知り合いがいる人にお願いして呼んでもらうこともできますよね。

最近では合コンを主催してくれる会社もあるようなので、登録すれば自分の条件に合った人に出会うチャンスを作れると思いますよ。

日時や場所、人数なども調整してサポートをしてもらえるので、便利なサービスだと思います。

友人に紹介してもらう

友人の紹介で結婚まで至ったケースは少なくないようです。

やはり、友人の紹介でというのは、安心感がありますよね。

まったく見ず知らずの相手よりも、信頼のおける友人が紹介してくれた人なら、身元もハッキリしているので安心できます。

それに友人は自分の男性の好みも知ってくれていますし、自分の性格もよく分かってくれているので、職業がお医者さんという観点だけでなく、条件に見合った人を紹介してくれるはずです。

ですから、医者だったのはいいけれど、それ以外魅力的なところが見つからなかった…ということもほとんどないと思います。

さらに、お互いに共通の友人なので、何かあった時でも相談をしやすいメリットもあります。

お見合いをする

医者の中には、教授などの上の立場にいる人や、親や親戚がお見合い相手を見つけて来てくれて、結婚に至ったケースも多いようです。

もし病院関係にコネや知り合いがいるなら、結婚を考えている旨を伝えて、お見合いの場を設けてもらうこともできるかもしれません。

また、最近ではお見合いサイトも充実しています。

間に入ってくれるプロの人がいるので、安心してお見合いをお願いすることができると思います。

最近では、親御さん同士が子どもに変わってお見合いをして、子どもの生涯のパートナーを探すお見合い企画もあるようですよ☆

自分のことをよく分かってくれている親が見つけてくれる人なら安心できるでしょう。

また、結婚というのは家族や親戚同士のつながりが増えるということですから、初めからそうしたトラブルを回避するためにも、親同士でお見合いしてもらって、条件にかなった相手を探してもらうというのも、ある意味で安心かもしれません。

結婚相談所を使う

結婚相談所も、結婚を前提に考えている男女が出会うことを目的とした、婚活運営サービス会社の一環のことを言います。

相談所の中には、100パーセントお医者さんだけ、という会社もあるようですし、医者の奥さんになるための心得などを教えてくれるセミナーやパーティーを開催してくれるところもあるようです。

結婚相談所にはおもに二通りのパターンがあります。

一つは、仲人や担当のカウンセラーがいて、自分の希望の条件に見合った人を会員の中から探してくれて、紹介してもらえる方法です。

この方法は、相手を探してくれて終わり、ではなく、お付き合いや結婚に至るまできちんとフォローしてもらえるというメリットがあります。

カウンセリングサービスも充実しているので、不安を解消しながら良い結婚相手を探すことができます。

そしてもう一つのパターンは、自分のプロフィールや、相手に求める条件をデータ上に乗せて、マッチする人がいたら自分で連絡を取り、電話をしたり実際に会って知り合えるという方法です。

この人だ!と思った人に、自分でアプローチできるので、よく吟味しながら探すことが可能になると思います。

どちらの方法を選択する場合でも、「医者」という条件を必ず入れて相手を探すことができるので、求める条件に見合った人を選べる良さがあると言えるでしょう。

医者になった友人などを狙う

同級生や、仲の良い友人の中にお医者さんがいるでしょうか。

何が何でも医者と結婚したい!という人は、その医者の友人に積極的にアプローチしてみるのはどうでしょうか。

気心知れた友人であれば、まったく知らない医者よりも安心できますよね。

友人の関係から異性の関係に見てもらうためには、女性としても魅力を知ってもらう必要もあると思いますが、友人から恋人に発展するパターンは意外と多いので、身近に医者の友人がいるなら狙ってみるのも良いかもしれません。

️医者と結婚するうえでの注意点

医者と知り合える機会なんてほとんどないのでは…と思っていましたが、今は条件にヒットする相手を自分で探せるチャンスが結構たくさんあることが分かりますね。

そのチャンスを積極的に自分でモノにすれば、医者と出会える可能性はグッと広がっていく感じがします。

ではここからは、医者と結婚したい人に向けての注意点についても取り上げていきたいと思います。

確かにステイタスもあって、社会的な地位や名声も得ている職業ですし、セレブリティな生活を期待している方も多いと思います。

でもそうした表にしか見えない、華やかな一面だけではなく、それに伴う厳しい一面や現実も待っていることも知っておくべきです。

その覚悟を持てたなら、出会えた医者との結婚に踏み切りましょう☆

年収だけで決めない

確かに一般のサラリーマンと比較してみると、医者の年収ははるかに高いですから、それだけ安定を期待することができるでしょう。

サラリーマンの平均年収は、年齢によっても異なりますが、だいたい400~500万と言われています。

そうすると平均の月収は、おおよそ35万円ということになります。

それに比べると、医者は専門的な資格も伴いますから、収入はかなり高いです。

実際に、専門的な資格を持つ職業の年収ランキングでは、弁護士を抑えて医者が第一位でした。

医者の年収は勤務医と開業医によっても異なりますが、ある程度のポストに就いた場合、おおよそ1200万~2000万円という年収になります。

そこにさらに役職や年齢が伴えば、さらに上がるケースもあるでしょう。

いずれにしても、ハイレベルな生活は確実に期待できる職業です。

でも、年収だけで医者との結婚を決めてはいけません。

年収は確かに高いですが、それ以上に苦労も多い仕事だからです。

それを支える妻の負担も増えてくることを覚えておきましょう。

結婚後の生活を想像してみよう

そのためには、結婚した後の生活を想像してみることが役立ちます。

医者は基本的に休みがありません。

どこかの大学や医院で勤務しているなら、朝晩関係なく、急患などの緊急の呼び出しがあります。

当直もありますし、寝る時間がほとんどないほどの激務に襲われます。

たとえ開業していてもそれは同じです。

開業には最初の投資に1億かかるとも言われています。

ということはその借金を返済するためにしばらくは大変なので、寝る間も休憩も惜しんで患者さんを集めないといけません。

ということは、夫と一緒にいられる時間はほぼないことになります。

家のこと、子供にかかる世話はすべて一人でこなすことになるので、自分も働くのは難しいと言えるでしょう。

専業主婦に向いていない人には、医者の妻は難しいかもしれません。

他にも医者になる人は、子どもの頃から周りから大切にされたり、もてはやされてきた人が多いので、権威主義的な男性が多いかもしれません。

亭主関白であったり、少し横暴であったり、わがままに振る舞うのも当然と考えている人もいることでしょう。

さらに、医者の妻は後継者となる子どもを産むことを当然のように求められることもあります。

たいていの場合、1人だけでなく、2人3人と産むことを当たり前のように要求されるかもしれません。

しかも、ただ産んで終わり、というわけにはいかないのが、医者の妻に求められる責任でもあり、プレッシャーにもなる次の分野です。

子どもの塾通いは必須

医者の子どものほとんどは、それなりの教育レベルの基準を満たすことを幼いころから求められます。

そのために、幼稚園前からお稽古や、塾に通わせることになるでしょう。

幼稚園から、あるいは小学校に上がる時からお受験をする場合が多いので、子どもを塾に通わせることは必須条件となります。

そうした塾通いは、小さいうちだけでなく、大学に無事合格するまで続いていくことでしょう。

ハイレベルな生活を送れるだけでなく、ハイレベルな教育を求められるのが、医者の子どもとして生まれた“宿命”のようなものです。

子どもも医者になる可能性が高い

代々家系が医者であったり、病院を開業していたりすればなおのこと、生まれてきた子どもにも医者になってもらって、継がせたいという周りの願いは強いはずです。

医者になるためには、たくさん勉強して成績を上げて、より良い学校での教育を受ける必要があります。

そのために通わせる塾であったり、ハイレベルな学校なので、子どもの教育のためにたくさんの時間が取られることになります。

奥さんは送り迎えで苦労する

塾に通わせるために、母親は子どもが幼いうちから約15年にわたって、あるいはそれ以上の期間、子どもの送り迎えをする必要が出てきます。

それは週に何回もしないといけない時もあるでしょうし、年齢がいけば夜遅くまでかかる場合もあるでしょう。

たとえ塾が近くにあったり、交通の便利な地域に住んでいたとしても、母親が車で送り迎えをする場合がほとんどのようです。

歩きや、バスや電車などで何かの事件や事故に巻き込まれては行けませんし、その分の時間や体力は、家に帰ってからの勉強に残してあげないといけません。

母親は、寒い日も暑い日も、雨の日も風の日も、自身の体調が優れない場合でも、子どものために自分の時間やエネルギーを用いることが求められるので、苦労も多いことでしょう。

しかも、そうした教育に関わることは、すべて一人で行なわなければなりません。

夫は仕事で忙しいですから、相談することも、協力を求めることも不可能に近いことを銘記しておくべきです。

長時間の外出が難しい

医者の妻になれば、優雅なランチを楽しんだり、高級な洋服やジュエリーを買いにショッピングに出かけたり…と、セレブリティな専業主婦の優雅な生活を想像される方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、実際には夫の予定に合わせて、時間や自分の予定が縛られる場合が多くあります。

なので、日中長い時間家を空けて、外出することが難しい人も多いのが現実のようです。

開業医は昼ごはんの用意が必要

特に、自分で診療所やクリニックを開業した医師の妻であれば、なおさら長時間の外出は難しくなります。

なぜなら、自分で開業する場合、ほとんどの医師は自宅とつなげて病院を建てたり、あるいは自宅のすぐ近くに病院を開く場合が多いからです。

そうなると、午前中の診療が終わると自宅で食事を取ったり、休憩を取ることになるでしょう。

しかも、診療時間も患者さんの人数次第で終了時間が毎日違うので、それに合わせてすぐに食事をとって休めるように、妻も待機して準備していなければいけません。

医者が倒れるわけにはいかないので、いつも栄養のある、バランスの取れた食事を用意する必要もあるでしょう。

それが毎日ですから、妻が日中家を空けるのは難しくなると言えます。

家事や育児全般は基本奥さん

医者の妻になると、自分のために使える時間はほとんどなくなります。

毎日仕事時間が違う夫に合わせて、食事を用意する必要があります。

子どもの教育も含め、すべての育児はほぼ夫の協力は望めませんから、一人で基本行なわなければいけません。

子どもがより高い教育を受けて、医者になれるように、子どもに合う塾や学校も自分だけの力で探さないといけませんし、子どもにも栄養価の高い、バランスの取れた食事を用意する必要もあります。

大きな家に住めて幸せだと思います。

でもその大きな家を一人で維持し管理しないといけません。

夫が家事や育児を手伝ってくれない、と愚痴をこぼすことはまず難しい職業になります。

世間の目からの攻撃

「医者の妻」という肩書きは、確かにうらやましがられたり、憧れを受けることも多いかもしれませんが、それは同時に世間からの注目度も増えたり、強くなるということでもあります。

自分の行動や発言が、夫への評価につながる場合も少なくないことでしょう。

順調にすべてがいっている場合は良いですが、何か問題事が生じた時に世間からのバッシングを受けやすい、それほど知名度や注目度合いも強くなることを覚えておくのは良いことです。

医者の奥さんというレッテル

医者の妻というだけで、周りの人から見られるイメージや期待度も変わる時があります。

やはり上品で、物腰も柔らかいエレガントさを期待する人も多いでしょうし、真面目で謙虚でありながらも、かげで夫や子供をよく支える、良妻賢母を求められる場合もあります。

また、誰がどこで見ているか分からないので、常に身だしなみをきちんとしていなければいけません。

ちょっとその辺に買い物に行くとか、用足しに行くだけでも、ヘアスタイルやメイク、服装をきちんと整えて、周りが抱くイメージを下げない努力もしなければいけない場合もあるでしょう。

うらやましいと思われるということは、妬みを買いやすいということでもあります。

他の一般的な職業であれば問題ないことでも、医者の奥さんというレッテルだけで判断されることも多いと言えそうです。

必然的にハードルが上がる

周囲の目や期待が高いので、それだけハードルの高い立場に身を置くことになることが分かりますね。

家や車はレベルの高い水準に常にしておかなければいけません。

自分や子どもたちの身に着ける物にも気を配らないといけません。

子どもの教育についても、周囲の無言のプレッシャーがかかってきます。

収入も多い職業ですが、それだけ支出も多くなる職業でもあることを覚えておきましょう。

妻の果たす役割次第で、夫や子供の将来にも大きく影響を与えるということを考えると、妻としてはハードルが必然的に上がってきますね。

離婚率が高い

多くの女性が結婚相手に求める職業として、常にトップにランクインする職業であるにも関わらず、実は離婚する確率が非常に高い職業にも「医者」が上がっているのが現実なんです。

医者と結婚すれば、安定した収入も見込めるし、セレブでハイレベルな生活が待っているだけのはずなのに、どうしてこんなに離婚という結果になってしまう夫婦が多いのでしょうか。

それはやはり、医者という職業は、非常に特殊な職業であるからです。

幸せで充実した生活を期待していたけれど、現実は想像していたものとはまったく違っていた、と感じている妻が多いのが現実のようです。

医者との結婚に夢ばかりを見ていて、現実が見えていなかった、という人も多いかもしれません。

では具体的に、離婚に至ることになった原因にはどのようなものがあるでしょうか。

離婚の原因

お医者さんはとにかく女性にモテます。

結婚していてもやはり、医者というだけで変わらずにモテるようです。

毎日たくさんの患者さんが来ますから、モーションをかけてくる医者狙いの女性も多いかもしれません。

周りにはきれいな看護師さんもたくさんいます。

ここまでくれば、離婚の原因が見えてきますよね(笑)そうです、夫の不倫が原因になることが多いようです。

医者という仕事は、基本的に朝晩関係のない職業です。

学会など、出張で出かける場合もたくさんあります。

医師同士の付き合いで呼ばれることも多々あるかもしれません。

ということは、簡単に浮気をしやすい状況や時間を作れてしまう、ということがあるようです。

そして、常に女性がチヤホヤと近づいてくるので、誘惑に負けやすい医師も多いのでしょう。

夫の愛人ともめて修羅場になった経験を持つ医者妻もいるみたいですよ☆

他にも、夫が忙し過ぎて、まったく構ってもらえず寂しい思いをしたことや、夫の親戚からの嫌味や圧力、攻撃に耐えられずに離婚した医者妻もいます。

また、ワンマンで横柄な態度を取られることに嫌気がさした、という方もいるようです。

3組に1組が離婚

いずれの理由にしても、せっかく憧れのお医者さんと結婚できても、結婚した夫婦の実に3組に1組が、離婚という残念な結果に終わっているのが現実のようです。

やはり、お金だけでは本当の安心感や満足感は得られないのが事実なのかもしれません。

収入の面では確かに安心できても、愛情や心の穏やかさといった、内面の満ちたりた気持ちを得られることも、結婚生活には大切なんでしょうね。

こうした、数字で表れている結果にもよく注目して、医者と結婚することのメリットだけでなく、デメリットもよく考えるのは大切なことと言えます。

️医者と結婚は憧れる!

それでもやっぱり、お医者さんとの結婚は女性にとっては憧れですよね!医者の妻になるためにはそれなりの覚悟が必要なことは確かですが、メリットがたくさんあるのも事実です。

特に、夫や子供のために家庭を守り、支えることに喜びを感じられる人であるなら、医者との結婚はとても向いていると思います。

夫の仕事を支えることが喜びや結果につながれば、やはり「勝ち組」と言われるにふさわしいステイタスが得られることは間違いありません。

高収入でセレブな暮らし

そしてなんといっても、医者と結婚出来れば、やはり一般家庭とは違うセレブな生活が待っていることは間違いありません。

収入も年齢や役職が上がるごとに、どんどんと上がっていきますから、将来も安泰ですよね◎

思い描く自宅を手に入れたり、高級な車や洋服、アクセサリーなど、リッチでセレブな暮らしも手に入れることができるでしょう。

みんなが憧れる、リッチで余裕のある生活が待っていることは確かです。