私たちが普段使っている日本語は昔から存在しているものを使っている場合もあれば、新しく生まれた言葉を使っている場合もあります。

つまり、私たちが使っている日本語は古い言葉と新しい言葉が存在しているのです。

言葉が新しく生まれると考えると、不思議に感じる方もいるかもしれませんが、実際に毎年たくさんの新しい言葉が生まれており、たくさんの人間が認知しそれを使用することによって一般的になり、それが日本語として認められるようになる場合も十分考えられるのです。

日本語として認められるまでには至っていませんが、比較的たくさんの人が認知し使用している言葉としては若者言葉などが該当する場合が多いです。

若者言葉はインターネット上で生まれるような言葉でもありますが、中高生を中心として爆発的に使用されている言葉でもあります。

それ以外にも、毎年その年を象徴するような言葉を発表する場として新語・流行語大賞などが行われており、ユーキャンが実施しています。

その一年で流行った言葉、その年を表す言葉を発表しているのですが、それらがたくさんの方に認知され、使用される事によって日本語として定着していくようにもなるのです。

そんな新語・流行語大賞で発表された新しい言葉の中には「日本死ね」という過激なフレーズが2016年には発表されました。

そこで、今回は「日本死ね」をテーマにして、日本死ねと話題になったそもそもの原因と現在の保育園事情についてご紹介していきたいと思います。

️流行語にもなった「日本死ね」

新語・流行語大賞は1984年から続いている伝統ある賞ですが、なんと2016年の新語・流行語大賞で表彰されたのは「日本死ね」という過激なフレーズでした。

今までたくさんの言葉が流行語として紹介をされてきているのですが、これまでに紹介されてきた流行語の中でも比較的ネガティブな印象を与える言葉であると判断することができます。

私たちが住んでいる日本に対して死ねというのですから、相当なネガティブイメージと憎悪に満ち溢れている言葉であると判断することが出来ますよね。

そもそも新語・流行語大賞で表彰される言葉というのはその1年を代表するような言葉としても知られています。

それぐらい存在感が大きく、その1年を表してくれるような言葉でもあるのですか、その言葉がこれだけネガティブな言葉になっていると言うのは少し残念な気持ちになってしまいますよね。

この言葉については知らないと答える方の方が少ないほどたくさんの方が認知している言葉だと思うのですが、残念なことにこの言葉自体は知っていても、この言葉がなぜ使われるようになったのか、なぜこのような言葉を発してしまっているのかという根本的な問題については理解されていないのが現状になっているのです。

️そもそも「日本死ね」とは


なぜ「日本死ね」というフレーズがここまで大きな言葉としてたくさんの方に認知される結果になったのか理解している人は残念ながら少ないです。

しかし、私たちが生きている日本に対して死ねというのですから、これは大きな問題である事にわかりはないのです。

それを踏まえて考えてみると、「日本死ね」という言葉が流行した経緯を知るという事は私たち日本という国の問題を知る一つのきっかけとして活躍してくれるようになるのです。

今の日本にどういう問題があり、どうやって解決していかなくてはいけないのか?という事を考えさせてくれる貴重な意見でもありますので、ネガティブな言葉ではありますが、それだけの印象で終わらせるにはとてももったいない言葉であるのも事実です。

そこで、「日本死ね」という言葉がなぜここまで流行になっているのかという事をここからは具体的にご紹介していきたいと思います。

なぜ「日本死ね」という言葉が流行ったのか知らない方や、興味がないという方にこそ理解していただきたい内容ですので、知らない方はこの機会に日本の問題を知るチャンスだと思ってこの言葉について理解してください。

発端は2016年の匿名のブログ

そもそも「日本死ね」という言葉がなぜ生まれたのかと考えた時に、発端となったのは2016年の匿名のブログから始まったと言われています。

今ではたくさんの方が自分の専用のブログをインターネット上に保管して、そのブログに日常生活で起こり得ていることなどを書き綴って公開していたりするのは一般的ですよね。

若い中高生の方が利用している場合もあれば、社会人として働いてる方が自分のブログを書いている場合もありますし、子供の母親となっている専業主婦の空がブログを行っている場合も十分考えられます。

たくさんの方が利用できるサービスとして日常生活でも身近なものとして存在しているのですが、そのブログに記載されている内容が後の「日本死ね」という言葉に繋がっているようになるのです。

はてな匿名ダイアリー内の投稿


「日本死ね」という言葉が生まれてブログというのは、はてな匿名ダイアリー内の投稿が発端になったと言われています。

「はてな匿名ダイアリー」とはどういうものなのかと考えた時に、「はてラボ」という株式会社はてなが運営するポータルサイトのサービスであり、そのポータルサイトの正式サービスになりきれてはいないあくまで実験的なサービスとして知られている存在なのです。

つまり、はてラボの試験的なサービスのひとつとして開放されている匿名性の日記を書くことが出来るサービスだということです。

このはてな匿名ダイアリーに記載された内容がのちに波紋を巻き起こす内容になっていたという事がそもそもの始まりになるのです。

匿名性のサービスですので、ある程度様々な範囲の問題定義を行うことができたり、若干ながら過激な言動をすることも可能な場所の一つとして認識されているわけです。

だからこそ、「日本死ね」という若干大きな表現での言葉が使われており、インパクトが強くたくさんの方の印象に残ってしまったという事が考えられるのです。

「保育園落ちた日本死ね!!!」

はてな匿名ダイアリーにどのように記載されていたのかと考えた時に、はてな匿名ダイアリーには「保育園落ちた日本死ね!!!」という風に記載されていたとされています。

それ以外にも「何なんだよ日本。一億総括社会じゃねーのかよ。昨日見事に保育園落ちたわ。どうすんだよ私活躍出来ねーじゃねーか。」という風に記載されていたとも言われています。

この言葉がどういう意味を持っているのかという事は政治や、子どもの問題などについて把握している方ではなければピンとくる事がないと思いますので、ここからはこの言葉が具体的にどのような意味を持っているのか、そしてこの言葉が生まれた今の時代の背景について細かくご紹介していきたいと思います。

それを踏まえて考えていただくために、まずは一億総括社会という言葉について簡単にご紹介していきます。

そもそも、一億総括社会とはどういう言葉なのかと考えると「2015年10月に発足した第3次安倍晋三改造内閣の目玉プラン」とされています。

具体的には、安倍晋三首相が掲げているアベノミクスという、安倍晋三内閣の経済政策のことを意味しています。

そのアベノミクスの第二のステージとして位置づけられているのがこの一億総括社会になるのですが、一億総括社会が具体的にどのような意味を込められているのかと考えると、50年後も日本の人口が一億人を維持して、家庭や職場、そして地域で日本に住んでいる人間がみんな活躍できるような社会を作り出していくという事を意味しているのです。

それを踏まえて考えてみると、先ほどご紹介した「活躍できない」という言葉が保育園を利用する事ができなくなってしまった為、働くこ都が出来ずに活躍できないという意味を持って使われているという事に解釈できるようになるのです。

【保育園落ちたのはなぜ?原因は、こちらの記事もチェック!】

保育園の待機児童の問題について

「保育園落ちた日本死ね!!!」という言葉を理解するためには、今現在私たちが住んでいる日本の大きな問題の一つである保育園の待機児童の問題について理解をしていただく必要性があります。

なぜならば、「保育園落ちた日本死ね!!!」という言葉については待機児童の問題が大きく関与していると考えることができるからです。

では、保育園の待機児童問題とはどういう問題なのかと考えると、待機児童とは「子育て中の保護者が保育所または学童保育施設に入所申請をしているにもかかわらず入所することができないような状態にある児童」を指し示している言葉なのです。

つまり簡単に言えば、保育園に関しては必ず原因が存在しており、その定員以上の児童を入所させる事が難しくなっているのです。

日本においては1960年代から1970年代にかけて第二次ベビーブームになっていましたので、この時に頻繁に使われている言葉ではあるのですが、現在においても一部の地域ではこの問題が発生しており、一般的には都心部が待機児童が多いと言われています

なので、都心部に住んでいる人間は待機児童で困っている人が多く存在している状況になっています。

待機児童を抱えていると、働くことができずに子供の面倒を見てあげなければいけなくなってしまいますので、結果的には子供の面倒を見なければいけない時間で本来稼ぐことができる金額を稼ぐことができなくなってしまうという問題が発生してしまうのです。

なので、所得が多い家庭であればそこまで問題はないのかもしれませんが、そもそも所得が少ない家庭に関しては生活する上で負担が大きくなってしまうという問題が発生しているのです。

なので先ほどご紹介したつぶやきに関しても、働きたいのに保育園に入ることができないから働くことができないということを指し示している言葉になるのです。

投稿者の不満が綴られている

結局「保育園落ちた日本死ね!!!」というつぶやきに関しては投稿者の不満が綴られているということに他ならないのです。

子供を育てた経験がある方ならば分かるかもしれませんが、子供を育てるということはとてもストレスがかかりますし、それと同時に様々なことに注意をしてあげなければいけない行いになります。

それだけではなく、子供を育てるにしてもかなり多くの金額が発生してしまうということは現実的な問題として存在しているのです。

例えば、赤ちゃんを育てるために必要なものなどを買い揃えるだけでもそれなりの金額が発生するようになります。

ベビーカーに関しても決して安い金額では販売されていませんし、様々なグッズであったり、赤ちゃんを育てるための必要な物資などのランニングコストもバカにはなりません。

きちんと順序立てて子供を育てようとしている家庭であれば、ある程度の貯金はある程度の収入を得ることができるようになってから子供を作ると言ったような金額的な子育てをしている家庭もあるかもしれませんが、全ての家庭がそうであるとは断言できないのです。

時には本来子供を作る予定がなかったにもかかわらず妊娠をしてしまったという場合もあるかもしれませんし、想像よりも早く妊娠してしまったというようなこともあるかもしれません。

それは家庭によって全く別々なので、全ての家庭が準備をした状態で子供を作っているとは限らないため、お金に困っている家庭が存在しているというのも事実なのです。

それを踏まえて考えてみると保育園に落ちてしまうことによって仕事ができなくなってしまうというのは大きな予想外の出来事であるに代わりはありません。

不満をこぼしたところで簡単に改善される問題ではないにしても、少なからずその問題によって自分が活躍することができないということが腹立たしく感じて、匿名性のブログに愚痴をこぼしてしまうというのも十分考えられる心理ではあるのです。

これがきっかけでデモまで起きた

知らない方からしてみれば驚かもしれませんが、「保育園落ちた日本死ね!!!」という言葉がきっかけになり、デモまで起きているという真実もあるのです。

それも考えてみれば自然なことであり、今現在日本の全ての人口から導き出して大体の数値として共働きの数値は60%以上だと言われています。

それくらいたくさんの家庭がお金に困っていると考えることが出来るのです。

そうしてみると、待機児童問題において社会で活躍することが出来なくなってしまっている家庭がたくさん存在し、相当の不満を抱えている現実を目の当たりにすればデモが起きても不思議な事は何一つ存在していないのです。

裏を返せばデモが起きるぐらいたくさんの人間がこの問題に直面しており、深刻な状況になっていると考えることが出来るのです。

積極的にデモを行ってそれが届けば、今の現状が改善されるので、有効な手段ではありますが、実現にはまだまだ時間がかかる難しい問題だという事を理解しておかばければいけません。

️「日本死ね」が話題になった原因

そもそもなぜ匿名性のブログに記載されている「日本死ね」というつぶやきがこれほど話題になっているのか不思議に感じる方がたくさんいると思います。

匿名性のブログなので、そこまで大きな反響を及ぼすには少し存在感が少ない場所なのではないかと感じる方もいると思いますし、待機児童の問題に関して知らない方からしてみればいきなりこの問題が取沙汰されるようになったと感じる方がいても不思議ではないと思います。

そこで、ここからはなぜここまで「日本死ね」という言葉が話題になってしまったのかという事について触れていきたいと思います。

以前から問題視されていた待機児童

なぜここまで「日本死ね」が話題になったのか?と考えた時に、考えられる一つの原因としては以前から待機児童が問題視されていたという現場が存在しています。

知らなかった人からしてみれば、いきなり待機児童という問題が話題になったと感じているかもしれませんが、子供を持っている家庭からしてみれば、これはいきなり飛び出てきた言葉ではないのです。

きちんと数年前から問題になっており、その問題が積み重ねられてきた結果、このつぶやきが注目されるようになり一気に不満が爆発したというような状況になっているのです。

後ほど詳しくご紹介をしていきますが、待機児童問題に関しては数年前からきちんと問題視されそのための問題解決策なども具体的に定義されていました。

その一つとして「待機児童解消加速化プラン」というものが存在していたりするのですが、このようなきちんと対応を進めていってもなかなか改善出来ない難しい問題でもあったため、ここまで反響を呼んでしまったというのが一つの原因になっていると考えることが出来ます。

同じ境遇の人たちの共感を呼んだ

先ほども触れたように過去の時代にもベビーブームが到来した時に、待機児童問題が取り外されていたということはその時に子供を育てていた家庭ならば必ず知っている問題です。

しかしながら、昔の時代は自分が考えた事を世の中に発信する手段はかなり乏しく、なかなか同じような境遇の人達同士でコミュニティを気づいたりすることが難しかったのも事実です。

しかしながら、今現在の時代はスマートフォンなどが一人一台の持っているようになっていますので、スマートフォンを経由する中で同じ境遇に落ちている人同士が簡単に繋がりあうことができるようになっています。

そうすることによって自分たちの不満を理解し合うことができ、さらには共感することによって何かしらの行動につなげることができるようになっているのです。

だからこそ、たくさんの人たちが同じ思いを現実化させるために何かしらのアピールを政府に対して行うようなことも簡単に行えるようになっています。

その結果、「日本死ね」という言葉がきっかけになってここまで大きな爆発力を生み出したという事になるのです。

SNS等でどんどん拡散

SNSは今現在、世の中に存在してるたくさんの方が利用しているサービスになるのですが、これらのサービスを使って「日本死ね」という言葉が一気に拡散されたのも一つの爆発力を生み出す理由になっていると考えることが出来ます。

具体的なやり方としては、Twitterなどでハッシュタグと呼ばれる写真の名前のようなものに「日本死ね」という言葉を代用したような言葉で投稿されたり、リツイートしたりするなどしてたくさんの目に触れやすいように拡散されているのもここまで問題が大きくなった原因として考えることが出来ます。

その結果、お昼が夜に放送されている情報番組やニュース番組などでも頻繁にこの問題が取り上げられるようになり、インターネットをあまり詳しくないような世代にも伝わるようになって日本全国の国民の関心が大きく高まったという状況になり得るのです。

️現在の保育園事情

たくさんの方が気になってることが現在の保育園の事情についてだと思います。

そもそも、この問題を根本的に解決させるためには保育園がたくさんできて、児童を受け入れる環境を整えてあげることが絶対的に必要不可欠だということは誰もがお分かりいただけると思います。

なんでそんな簡単なことが日本という国はできないのかと不安に感じる方もたくさんいるかもしれません。

そこで、現在の保育園の事情についていくつか特徴的なことをまとめてピックアップしてご紹介していきます。

今現在子育てをしている方であったり、今現在妊娠して子供をおなかの中で育てている方、これから結婚して子供も近いうちに作りたいと思っているかなどは必ず確認しておかなければいけない部分になると思いますので、現在の保育園事情について詳しく理解してみましょう。

働きたい女性が増加

そもそもなぜこのように待機児童が大きな問題になってるのかと考えると、原因になっているのは働きたいと思ってる女性がとても多くなっているという時代背景が関係しているからです。

なぜたくさんの女性が働きたいと思っているのかと考えた時に、今の時代と昔の時代を比べてみると、今の時代は圧倒的に人員が不足している時代であり、さらに不景気の時代と言われています。

少子高齢化によって働き手が少なくなっている時代でもあり、なおかつ不景気によってお金を得ることが難しくなってしまっています。

それを踏まえて考えてみると、各家庭においても共働きをしている家庭がたくさん存在するようになるはずですし、人員が不足しているということで女性でも雇用のチャンスがとても多く存在しています。

そう考えてみれば、家で子育てをするよりも、子供を預けて外で働きたいと考える女性が多くなるのも不思議ではないのです。

むしろ家庭によっては働かなければ家計が火の車になってしまうという場合もありますので、焦りを感じている家庭もたくさん存在しているのです。

なので、育児をするよりも仕事をして働きたい女性が増加しており、保育園に子供を預けたいという女性が殺到してしまっているのが現在の保育園の事情につながっていると考えることができるのです。

共働き家庭が増えている

昔は女性が外で働くということに関しては否定的な考え方を持っている男性が多かったり、一般的にそのように考えられている時代でした。

なぜならば、外で女性が働くということはその過程がお金を稼いでいないという証拠になり、男性にとって恥ずかしいことであると考えられていたからです。

また、女性は外で仕事をするよりも家を守って家庭のことに専念するということな美徳であると考えられているため、女性が外で働くということに関して反対意見がとても多かったのです。

しかし先ほどご紹介しており現在は不景気の時代になっていますし、雇用に関しても男女平等に行われている時代になりましたので、今では女性が外で働くことを禁止しているような考え方や男性はとても少なくなっています。

先ほども触れたように、現在世の中に存在してる家庭の60%以上の家庭が夫婦共働きで生計を立てています。

なので、10人に6人は共働きを行っている家庭になるのです。

自分自身が子供の時を思い出してみてください。

お母さんがパートやアルバイトに足を運んでいたという思い出を持っている方はたくさんいると思います。

これが紛れもなくたくさんの家庭が共働き家庭に増えている証拠になり、結果的に保育園に子供を預けようとしている家庭が世の中全体でも多く存在しているということを示す根拠につながるのです。

日本全国で問題視されている

現在の保育園事情については日本全国で問題視されている状況になっています。

先ほどくれたように、日本全国の中でも特に都心部に関してはかなり深刻な問題として扱われています。

なぜならば、地方に住んでいる方はそこまで待機児童問題に脅かされている人口は多くはないのですが、都心部に住んでいる場合は都心部に住んでいる人口がとても多いということもあり、待機児童問題がとても盛んに起きているのです。

考えてみればわかるように、都心部に関してはたくさんの人間が集まるのに、面積に関しては他の地域とそこまで大きな差が生まれているわけではないですし、場合によっては面積が狭いのに沢山人が集まりすぎているというような状況もあるかもしれません。

そういったことも関係して、そもそも保育所などが足りていない、それ以外の雇用の問題なども関係して人員が足りないというような問題点が浮彫になってしまっているのです。

なので、今現在日本全国、特に都心部は大きな問題として問題視されているのです。

待機児童解消加速化プラン

現在の保育園事情を考えるならば待機児童解消加速化プランについて触れておかなければいけません。

待機児童解消加速化プランとはどういうものなのかと考えた時に、待機児童解消加速化プランとは「待機児童の解消に向けて今後の子どもや子育て支援新制度の施行を待たずに地方自治体に対してできる限りの支援策を講じること」を目的としているプランの事です。

つまり、様々な取り組みを行っておくことによって、新制度を取り入れた時にさらに弾みをつけて問題解消が出来るために取り組む事を想定した、問題解決を加速化させるためのプランです。

具体的にどのようなことをするのかと考えた時に、とにもかくにも保育所を用意しないことには問題解決できませんので、保育所整備しなければいけないということと、保育所で働く人間を確保する保育士の確保、そして保育事業などの新制度への先取り、事業所内保育施設への支援であったり、認可を目指す認可外保育施設への支援などが5本の柱として採用されています。

これらを踏まえて、待機児童に向けた問題解決を図ろうと日本が動き出しており、保育園の事情が緊迫したものになっていると考えることが出来るのです。

2017年に保育ニーズがピークに達する

先ほどご紹介した待機児童解消加速化プランについては「待機児童問題改善に向けて行うべきプラン」と紹介しましたが、実はその今後というのが今現在の2017年なのです。

簡単に言えば、2017年に保育人数がピークに達するということが判明していましたので、それに向けて準備するために数年前から待機児童解消加速化プランが試行錯誤されていたということになるのです。

つまり、待機児童解消加速化プランについては平成25年から現在に至るまで思考錯誤されていたプランだという事になるのです。

実際に今年の平成27年4月から子ども・子育て支援新制度などがスタートしており、先ほど触れた待機児童解消加速化プランの新制度を取り入れた時の弾みというのがまさにこの新制度であるという事がお分かりいただけるのです。

このように、問題について向き合って新制度を導入したりと今現在もこの問題解決に向けて政府は動いてくれているという事が分かるはずです。

現在の待機児童数

問題を解決するために今現在も政府が試行錯誤しているということはこれまでご紹介してきた通です。

しかし、一番大切なのは、そのような様々な試行錯誤を行った結果、今現時点での待機児童数はどれぐらいになっているのかということです。

そこで今現在の待機児童はどれくらいの人数になっているのかと考えた時に、平成27年10月時点での待機児童に関しては約45.000人も存在していると言われています。

前年度と比較すると約1.000人の減少にはなっていますが、今でもこれだけたくさんの子どもが待機児童として保育園に入ることが出来ないという事になっているのです。

様々な試行錯誤を行った結果、待機児童の数自体は減少しているかもしれませんが、それでもまだまだ完全解消まで今遠い道のりを歩んで行く必要性があるということがお分かりいただけるはずです。

また、保育士の仕事に関してもかなりの重労働ですし、賃金に関しても決して高い仕事だとは言えない職種です。

さらには、少子高齢化ということがあり働き手の人口が少なくなっている現状もあります。

それを踏まえて考えてみると、なかなか待機児童数を減らすのは至難な状況だという事になります。

いずれにしてもこの問題とは長い期間これからも向き合っていく必要性がある大きな問題であると考えられます。

️今後待機児童は減る可能性はあるのか?

根強く残っている待機児童問題ですが、改善するために今たくさんのことを行っているとはいえ、なかなか大きく減少することができないでいるのも事実です。

しかしながら、少しずつではありますが待機児童の数は減っているのも現実です。

このまま積極的に継続して待機児童問題を改善するために行動していけば、いつか必ず困る人たちは少なくなっていくはずです。

特に今後は少子高齢化の時代が続くと言われていますので、場合によっては待機児童がまったくいなくなって国民の多くが老人になってしまう問題なども予想されます。

いずれにしても時間とともに減っていく可能性は考えられるのですが、それがすぐに実現されるとは保証はできませんので、きちんと世の中の動きなどを考えた上で子どもを作るなどの計画を立てておかなければいけないという事は理解しておいてください。