骨盤矯正やダイエットに効果的という、「お尻歩き」って知っていますか?

日本人は下半身太りの人が多いと言われていますけど、下半身というのはなかなか痩せなくて困ってしまいますよね~。

モデルさんのように、キュっと引きしまったお尻を手に入れたいし、むくみのないすっきりとした脚にもなりたいし、さらにウエストだってくびれていたら最高です!

そんな女性みんなの願いを実現してくれる!?というのが、最近話題の「お尻歩き」なんです。

ウエストの引き締め、美尻効果、そしてむくみ改善という、とにかくなりたいボディに欠かせない要素が期待できるなんて、やらない手はありませんよね!?

では、「お尻歩き」とはいったいどんなものなのでしょうか?

おしり歩きをするメリット、その方法を詳しく調べていきたいと思います♪

おしり歩きってなに?

最近、ダイエットとか骨盤矯正というワードを調べていると「お尻歩き」っていう言葉をよく見かけませんか?

動画でも、お尻歩きの方法なんていうのがアップされていたりするのですが、「お尻歩きっていったい何なのだろう?」って気になりますよね??

女性は、いつでもキレイでいたい、スタイルをよくしたいと思っているけど、仕事が忙しかったりすると、ジムに通うのだってできないし、めんどくさくなってやめてしまったという人も多いのではないでしょうか?

それに、ダイエットだって本当はしたくないですよね?

ダイエット中であっても、ストレスがかかったり、月経前になるといつも甘いものや炭水化物を大量に食べたくなってしまうという人は多いです。

さらに、無理な食事制限をしていると健康を害してしまうこともあります。

だから、ダイエットというのはそんなに簡単ではないんですよね・・・。

でもだからといって、何もしないでいるといつの間にか、お腹の周りにぷよぷよとしたお肉が乗っていることに気が付いたり、お尻がなんだかたるんできた!

という、衝撃の事実に直面することがあります。

現代人は運動不足の人がかなり多いですし、座りっぱなしの仕事だったりすると、筋肉が衰えてしまいます。

逆に、立ち仕事の人はむくみがなかなか取れないということもあるでしょう。

そうでなくても、年を取ればだれでも筋肉量が減り、それに比例して代謝も下がってしまうので、太りやすい体質になってしまうんですよね。

だから、筋肉を効果的に鍛えて、引きしまった体を手に入れるにはそれなりの努力が必要なんです。

ただ、仕事が忙しかったり、主婦は家の家事などもあると思うと、できれば家にいながらできる運動やストレッチなどがあると、ちょっと空いた時間にできるから助かりますよね?

そこで!!

注目したいのが「お尻歩き」なのです。

家にいながらできる運動で、女性のダイエットや身体の悩みの多くを解決してくれる、すごい効果ができるものらしいです。

下半身ダイエットにおすすめの運動


「お尻歩き」が得にうれしいのは、下半身ダイエットに効果的だということ。

ダイエットに挑戦したことのある人の多くが経験したことのあることだと思いますけど、ダイエットをすると、胸などの落ちてほしくないところのお肉は早い段階で落ちていくのに、下半身はなかなか痩せないってことがありますよね!?

あれって、すごく悲しいですよね!!

下半身のお肉なんて先々に落ちてくれたらいいのに・・・、どうして下半身ばかりは痩せないのよ!という悲痛な叫びが、いろいろなところから聞こえてきます。

それで、普通のダイエットをしても、つまりただただ体重を落とすだけのダイエットをしても、下半身というのは痩せにくいのです。

日本人の女性の体形で、洋ナシ形というものがあります。

これは、上半身は細いのに下半身が太いという体型です。

さらに、下半身太りという言葉もよく聞きます。

そのような人たちにとって、美しいモデルさんのような体型になりたいと思う人は、まず下半身を効果的に引き締め、余分なお肉を落とすための運動をしたいと思うことでしょう。

そのような人たちのために「お尻歩き」は効果的みたい何で鵜Sよ!

骨盤のゆがみも整える

下半身が太ってしまう原因にはいろいろあります。

むくみが取れずにそれが下半身太りの原因になっている人もいますし、骨盤のゆがみなどが原因で、お尻や太ももの付け根などに余分なお肉がついてしまっている人もいます。

それで、下半身ダイエットをするには、しっかりと必要な筋力をつけるとともに、骨盤のゆがみも直していくことが大切です。

最近、「骨盤矯正」がすごく人気ですよね。

若い人でも、骨盤矯正に通ってスタイルキープをしたり、腰痛で悩んでいる人も骨盤矯正が進められることがあります。

でも、そもそも骨盤って何なのでしょうか?

みなさんは、骨盤にはどんな役目があるのか知っていますか??

骨盤というのは、上半身の体重を支えていて、内臓を入れる器とも言われています。

大腿骨と脊柱の間で体を支えている、一体化した一群の骨を指してします。

男性と女性の骨盤というのは少し違います。

そして、男性は骨盤周りの筋肉が太く強いです。

それで、ゆがみにくいのですが、一度ゆがむと元に戻しにくい、という特徴があります。

一方、女性の骨盤は、妊娠や出産の時のために股関節周りが柔らかくなっています。

生理周期に合わせて開いたり閉じたりしている、とも言われています。

そして、男性と比較すると筋肉量も少ないので、骨盤がズレます。

この骨盤は年齢を重ねると歪んでしまいやすくなります。

さらに、姿勢が悪い人も骨盤がゆがんでしまいます。

スマホをいつも見ていると背中が知らないうちにまるまっているということがありませんか?

さらに、イスに浅く腰を掛けていたり、足を組んで座っている、あるいはいつも同じ方向を向いて寝ているとか、カバンをいつも同じ肩にかけて持っている、ということがあると、骨盤がゆがみやすくなるようです。

歩きにくい靴を履くのものよくありません。

では、骨盤がゆがむとどうなるのでしょうか??

例えば、骨盤全体が前に倒れてしまっているようなタイプの人というのは、お尻と太ももの付け根の境目が無くなってしまいます。

それは、骨盤がゆがんでいるせいで、太ももの裏の筋肉が衰えて、そこに脂肪がつくからです。

それでお尻が大きくなったり、お尻が垂れてしまうということがおこります。

さらに、骨盤がねじれていると、左右のお尻の大きさや形が違う、ということもあります。

普段の生活習慣や、クセなどによって、骨盤は知らないうちにゆがんでしまっていることが多いのです。

それで、骨盤をちゃんと正常な位置に戻さないと、美しいラインを手に入れることが難しいかもしれません。

しかし、大丈夫です!

そんな人にこそ、骨盤のゆがみを整えてくれる「お尻歩き」が効果的なのです。

おしり歩きするメリット

「お尻歩き」は下半身ダイエットに効果的であり、骨盤のゆがみを直して整える効果がある、ということがわかりました。

では、具体的にお尻歩きをすることによって、どんなメリットがあるのでしょうか?
詳しく見ていきましょう♪

便秘が解消する

骨盤がゆがんでしまっていると、便秘になりやすくなるそうです。

それは、内臓が下がってしまうことによって血行が悪くなり代謝も下がることから来るようです。

代謝が悪くなると、太りやすい体になることはみなさんもご存知かと思います。

それにくわえて、便秘にまでなりやすいというのは、代謝が下がっていいことは一つも無いということですね。

女性の方は特に、便秘で悩んでいる人は多いですよね。

便秘が続くと、お腹が張ったり、ぽっこりとお腹が出てしまってすごく不快です。

便秘解消のためにサプリメントを飲んだり、食物繊維たっぷりの食材をいっぱい食べるように努力している方も少なくありませんよね。

お尻歩きをすると、その便秘の根本原因を治す事ができるかもしれません。

骨盤を矯正することによって、内蔵の位置を正常に戻し、そして体の内側の筋肉を鍛えて代謝をあげます。

上半身の体重を骨盤にのせて運動するわけですが、この運動によって内臓機能も上げるので、体のめぐりが良くなり排泄もスムーズになる事でしょう。

みなさんも、運動した後にはお通じがよくなった、という経験をしたことがあるかもしれません。

体を動かすと、内蔵も動いて活発になるので、便秘解消にいいのです。

お尻歩きは、内蔵機能を上げ、朝に刺激を与える運動なので、便秘で悩んでいる人にはピッタリの運動ということができますね。

便秘による浮腫みも解消

さらに、便秘の人はむくみでも悩んでおられる人が多いでしょう。

むくみは、循環器系がよく機能していなかったり、冷え性による血行不良などが原因となっていることがあります。

むくみというと、足とか手のむくみは見てもすぐに分かるし、自分でも不快感などを感じやすいですよね。

しかし、実は腸自体もむくむことがあるのをご存知だったでしょうか?

デスクワークなどの座りっぱなしの多い人、同じ姿勢で何時間もいる人などは、全身の血流が悪くなってしまい、体の中の巡りが悪くなります。

それで、腸自体もむくんでしまって、通常なら便の水分というのは大腸内の腸壁で吸収してくれるのですが、それがうまくいかなくなって、便の余計な水分が排出されなくなってしまい、腸がむくむという事が起こるらしいです。

体がむくむと、冷え性がひどくなったり、手足も太くなってしまっていいことはありませんよね。

便秘とも関係していたことを考えると、お尻歩きエクササイズで、腸に刺激を与え、さらに内臓機能を上げる事によって、体の中の老廃物を効果的に排出できるようになるとともに、むくみがスッキリと取れるという、体の中からキレイになれるという嬉しい効果が期待できるわけですね♪

おしりの筋肉を鍛えられる

やってみるとわかるのですが、お尻歩きはけっこうハードなエクササイズなんです。

やっていることはシンプルなのですが、いつもは使わないような筋肉を使います。

そして、骨盤の位置が正常に戻ることによって、お尻の筋肉も均等に使うことができるようになります。

骨盤が歪んでいると、あるところの筋肉がうまく使われていなくて、そこの筋肉が衰えて脂肪がつきやすくなったりします。

それで、骨盤が歪んでいる人は、お尻と太ももの境目などに脂肪がついてしまったりするのです。

最近、美尻エクササイズというのがすごく人気で、ジムなどでも美尻のための運動などのレッスンなどもあるくらいです。

お尻の形は、丸くてキュッとしているのが理想。

モデルさんのように、形が良くて引き締まったお尻って憧れますよね。

パンツを履いたりするときにも、お尻の形がすごくスタイルをよく見せたり、逆に悪く見せてしまいますよね。

お尻歩きでお尻の筋肉を鍛えることで、きゅっと引き締まったお尻を手に入れるだけで、足も長く見えて、カッコイイ後ろ姿の女性になれます。

ポッコリお腹が解消される

さらに、骨盤の位置が治ることによって、内蔵の位置も正常な場所に戻ります。

そうすると、ポッコリお腹が解消されます。

骨盤というのは、腸や子宮などの内蔵を包み込むような形をしていますが、それが歪んでしまったり、骨盤がずれてしまうことによって、内蔵を正しい位置で支えられなくなるようです。

それで、なんだか知らないうちにお腹がぽっこりと出てしまった、ということがあるんですね。

ポッコリお腹は、便秘が原因でも起こりますけど、お尻歩きで便秘が解消されること、そして、内蔵がもとの位置に戻ることによって、ポッコリと出て治らなかったお腹もすっきりと解消される事が期待できるでしょう。

お尻もきゅっと引き締まり、ポッコリお腹も解消できるとしたら、かなりのスタイルアップが望めると思いませんか!?

やはり、お腹とおしりというのは、たるみやすいというか、どうしても知らないうちにダルダルしてきてしまう部分なので、そこが引き締まっていたら、すごくすっきりとしたスタイルをキープできますよね。

それもこれも、骨盤の位置を正常に戻して、内部の筋肉を鍛える事によって可能になるので、骨盤矯正というのはスタイルキープにおいてかなり大事なポイントであることがわかりますね!

くびれが作れる


ポッコリお腹が解消されることだけでも、かなり嬉しい効果ですけど、なんとそれだけではありません!

憧れの腰のくびれまで作れちゃうそうなんです。

くびれなんて、もう何年ないかしら・・・と思っているあなた。

お尻歩きをすれば、脇腹の腹斜筋という筋肉を鍛えられて、ビヨブヨの脇腹ともおさらばできちゃうかもしれません!

くびれというのは、女性らしいボディラインの特徴ともいうべき箇所で、男性はくびれラインが大好きですよね。

でも、お腹周りのお肉というのは、いとも簡単についてしまって、くびれどころかズボンにお肉が乗るとか、寸胴体型になるというのは誰にでもあります。

そして、一度失ったくびれを取り戻すのはけっこうたいへんなんです。

しかし、ブヨブヨとお肉がついてしまった脇腹というのは、やはり格好悪いし、女性らしい美しいボディラインとはいえないので、できるならきゅっと引き締まったウエストを手に入れたいものです。

腰のお肉が取れる

でも、どうしてお尻歩きをすることによってくびれができるといえるのでしょうか?

通常、腰のくびれをつくるために良くするエクササイズというのは、上半身をねじったり、ひねるような動きを繰り返す筋トレですよね。

そのような運動というのは、先程紹介した腹斜筋を鍛えているのです。

お尻歩きエクササイズも、お尻を動かすさいに、上半身をひねります。

それで、腹斜筋を鍛えることができて、腰周りの余計なお肉を落とす事ができるようです。

お尻の筋肉を鍛えて、骨盤を矯正し、ポッコリお腹を解消すると同時に、ひねり運動までプラスして脇腹のブヨブヨお肉を取ってくびれを手に入れる事ができるなんて、ちょっと夢のようなエクササイズに聞こえますね。

お尻歩きって、女性が年をとると必ずと言っていいほど気になる体の部分を、刺激して効果的に引き締めてくれるエクササイズのようです。

基礎代謝がアップ

お尻歩きは、簡単に自宅でできる運動なのですが、有酸素運動効果が高いということで、運動不足の人にもおすすめでしょう。

特に必要な特別な道具もいらないし、どんどんとうるさい音をだすわけでもないので、すごくやりやすい運動です。

ダイエットには有酸素運動がいい、ということはよく知られていることですよね。

有酸素運動というのは、血中のグルコースをエネルギー源として消費する運動です。

これによって、中性脂肪を燃焼させてくれるそうです。

それで、脂肪を燃焼し、基礎代謝を上げてくれます。

基礎代謝というのは、筋肉量があると上がります。

お尻歩きは、そのときに脂肪を燃焼させるだけでなく、筋肉をつけることにもなりますので、基礎代謝をあげてくれて痩せやすい体作りを可能にしてくれるのです。

それも、普段の生活ではなかなか鍛えにくい筋肉を鍛えることになりますので、たるみやすい部分とか、脂肪がつきやすい部分が引き締まると同時に、太りにくい体を手に入れる事ができるという嬉しい効果がいっぱいなのです。

冷え症も改善される

さらに基礎代謝が良くなることと、歪みを改善して体の巡りをよくすること、内臓機能が活発になることによって、体は血行が良い状態になっています。

それで、冷え性が改善された、という人も多いみたいです。

女性にとって、冷えというのは美容にも健康にも大敵です。

しかし、女性は男性に比べると筋肉量が少ないので冷えやすいし、むくみやすいのです。

お尻歩きによって、筋肉もつき、さらに体全体の機能がアップすれば、そして歪みがなくなれば血の巡りもよくなって、手先や足先もポカポカになることができるでしょう。

冬場などは、特に体が寒さでこわばって緊張して、筋肉も固くなるし、代謝も悪くなるから、お尻歩きで血液の巡りをよくしたり、基礎代謝を上げて冷えにくい体を手に入れましょう。

腰痛が改善される

腰痛で悩んでいる人にもオススメです。

腰痛というのは、なかなかつらいですよね。

立ったり、座ったりするだけでも痛かったり、常に腰を気にしながら生活しなくてはいけないのでストレスもかかります。

腰痛の原因というのはいろいろありますが、姿勢の悪さや骨盤の歪みが関係していることもあります。

上半身をバランスよく支えることができなくて、どこかに負担がかかりすぎることによって腰痛が起こるのです。

骨盤は姿勢を安定させるためにとても重要な部分なのに、そこが歪んでいることによっていろいろなところに不具合が生じてしまうのですね。

骨盤の歪みを治せば、あなたも腰痛も改善されるかもしれません。

それで、骨盤矯正などに通う人も多いですけど、自分でできる方法としてお尻歩きもいいでしょう。

骨盤矯正効果とともに、骨盤まわりの筋肉を鍛えてくれるので、普段なかなか鍛えにくい腰回りの筋肉をつけることで、腰痛予防にもなるでしょう。

無理をすると悪化する

ただ、腰痛に悩まされている人が、急にお尻歩きを一生懸命に行ってしまって、逆に腰に負担をかけると、腰痛が悪化する恐れもあるようです。

それで、くれぐれも無理はしないようにしましょう。

何事も、やり過ぎもダメだし、急に何かの運動やエクササイズを過度に行うと逆に体に負担がかかりすぎてしまいます。

やるなら、無理のない程度に徐々に体を慣らしながら、適度に行いましょう。

もし、少しでも痛いなとか、違和感を感じたらやめたほうがいいかもしれません。

無理をしても悪化するだけだということを忘れないようにしてくださいね!

立ち仕事している人におすすめ

普段、立ち仕事をしている人の多くが、腰痛とかむくみという悩みを抱えています。

立ち仕事では、常に姿勢良く仕事をしていられるわけでもなかったりしますよね?

片方に重心が偏ったり、腰に負担がかかるような姿勢になることもあります。

そのように、普段の姿勢によって骨盤は歪んでしまいます。

それで、立ち仕事をしている人が骨盤のゆがみをリセットするために、お尻歩きを毎日少しでもして、腰回りのコリをほぐしたり、血行の滞りを改善したりするのもいいかもしれません。

立ち仕事ゆえに腰がいたい、とか、いつも腰回りが凝っていて違和感があるという人は、腰周りの筋肉をつけて、上半身を支える骨盤をしっかりと正常な位置に戻すエクササイズを毎日することによって、体の巡りを良くして、疲れを溜めない体づくりができるかもしれません。

腰痛だけじゃなくむくみにも効く

そして、体の巡りがよくなるということは、老廃物や余計な水分を溜め込まないようになります。

立ち仕事をしている人は、どうしても血流が悪くなってむくみやすくなりますけど、内臓機能がアップしたり、血流が良くなることで、手足のむくみも改善しやすくなるでしょう。

冷え性とむくみというのは、セットのような感じですので、体が冷えづらくなると同時に、むくみも改善されるので、体も動かしやすくなると思います。

仕事柄、立ちっぱなしにならざるをえないという人は多いとおもいますが、お尻歩きエクササイズで、少しでも腰痛とむくみ改善ができたら助かりますね。

おしり歩きをしないと…

お尻歩きの効果を色々とみてきましたが、では逆にお尻歩きをしないとどうなってしまうのでしょうか??
逆の発想で、お尻歩きをしないときの体の状態について考えてみました。

血行が悪くなる

お尻歩きをしないということは、骨盤が歪んだままで、さらに筋肉も鍛えられないままということになります。

骨盤が歪んだ事で、内蔵も下にさがり、機能が低下します。

結果、血流が悪くなります。

血流が悪くなるとどうなるかというと、冷え性が起こります。

そして、むくみも生じます。

おしりが大きく見られる

骨盤が歪んでいることで、本来なら使われるはずの筋肉がしっかりと使われなくなってしまいます。

その結果、お尻にお肉がつきはじめます。

どこにどうお肉がつくかは、どんなふうに骨盤が歪んでいるかということで少し違いがあるそうですけど、とにかく余分な脂肪がついていまうことで、お尻が大きくなります。

プリッとしているならまだしも、ダルダルに大きくなってしまったお尻は恥ずかしいですよね・・・。

お尻が大きくなると、スキニーパンツを履くのも恥ずかしくなるし、タイトスカートもお尻が気になって履けなくなり、結局いつもワイドパンツやフレアスカートなどを履いて、お尻を隠すということになってしまいます。

おしりが垂れる

お尻が大きくなると同時に、お尻が垂れてきてしまいます。

骨盤が正常で、筋肉がしっかりと使われているなら、きゅっとしたお尻なのですが、骨盤が歪んでいることによって、お尻が垂れてしまいます。

お尻が垂れるというのは、年齢とともに多くの人が経験していることなのですが、垂れて嬉しい人はいませんね。

それで、お尻が大きくなって垂れてしまうことを防ぎたいなら、お尻歩きエクササイズをしてみた方がいいかもしれません。

太ももが痩せない

お尻のみならず、むくみや筋力の低下、姿勢の悪さのために太ももにまでたるみがでてきたり、脂肪がたっぷりと付いてしまう事があります。

結果、お尻と太ももが太いという下半身太りが起こります。

いくらダイエットをして体重を落としてみても、血の巡りが悪いし、むくむし、冷え性も改善されずにいると、脚痩せというのはなかなか実現しにくいです。

脚はもともと痩せにくい箇所ですし、太ももは筋肉をつけて、しっかりと血流をよくして、滞りをなくさないとスッキリとしない部分ですので、ただただダイエットしても脚だけ太いということになりかねませんね。

おしり歩きの方法

では、さっそくお尻歩きの方法を調べてみましょう!

何事も、しっかりと正しい方法で行わないと、体を痛めたり、効果が出なかったりしますので、まずは正しい方法をちゃんと確認して、やってみましょう♪

1、両足を伸ばし姿勢よく床に座る

まず、床に両足を伸ばして姿勢よく座ります。

お尻が痛くないように、床にマットなどを敷くとよいでしょう。

このとき、姿勢が悪いと効果が半減してしまいます。

しっかりと胸を張り、背筋を伸ばしましょう。

おへその下あたりにキュっと力を入れる感じで座ります。

つま先は、上に向けます。

2、手を前に伸ばしおしりを前後に動かし動く

姿勢を良くした状態で、手を前に伸ばします。

そのまま、お尻を前後に動かして前に進みます。

この時、両足が開いてしまわないように気を付けます。

さらに、つま先がちゃんと真上に向いているかも確認して下さい。

背筋はしっかりと伸ばしたままをキープします。

ここで、背筋がまるまってしまうと効果が半減しますので、がんばって背筋を伸ばした状態でお尻を動かしましょう。

目線はまっすぐ前を見るようにします。

なかなか進めない、うまく動かせないと思う人は、骨盤周りの筋肉が固くなっているのかもしれません。

そんな時にはまず、腰や股関節のストレッチをするとよいでしょう。

そうして、筋肉をほぐしてから再チャレンジしてみましょう。

3、前に進んだら次は後ろに進む

お尻を前後に動かすようにして前に進んだら、今度は後ろに下がります。

最初は、前に10歩進んだら後ろに10歩下がるのを1セットとして、3セットくらいを目標にやってみましょう。

しかし、個人差がありますので、もし辛いと思ったら無理をせずに休憩をしながらやってみましょう。

前後合わせて100歩程度がおすすめ回数

徐々に慣れてきたら、セット数を増やしていって、10セットつまり前後合わせて100歩程度できるようになるといいそうです。

たぶん、最初からこのくらいできる人は少ないと思います。

やってみるとわかりますが、単純な運動とはいえ、普段なかなか使わないような筋肉を使い、あまりしない動きをするので難しかったり、キツイと感じる人は多いと思います。

しかし、慣れてくると徐々に歩数を増やすことができますので、無理はせず、最終的に100歩を目指してみましょう。

30分ほど続けるとかなり効果が出る

このお尻歩きは、30分ほど続けているとかなりの効果が期待できるようです。

しかし、30分というとけっこう時間がとられますね・・・。

それに、30分もするのはキツイという人もいると思います。

なので、最初は自分のペースで毎日5分から始めてみてもいいでしょう。

慣れてきて、できそうな時には30分を目標にしてもいいかもしれませんね。

テレビを見ながらとか、お気に入りのDVDをつけながらやれば、意外とあっという間に終わるかもしれませんよ♪

おしり歩きする際に気を付ける事

最後に、お尻歩きをする際の注意点をチェックしておきましょう。

無理をしない

単純なエクササイズとはいえ、それでも慣れないうちは結構難しいと思ったり、けっこうキツイ運動に感じる人も多いと思います。

それに、その日の体調や身体のコンディションによっては、無理をすると余計に腰痛などが悪化する恐れもあるかもしれません。

それで、自分の体とよく相談しながら決して無理はせずに、楽しみながら、ちょっときついかも!くらいを目指してやっていきましょう。

厚めの服装で行う

床にお尻をこすることになりますので、ちょっと厚めの生地のズボンなどを履いて行ったほうがいいかもしれません。

床に肌をこすりつけて痛めないようにしてくださいね。

体が硬い人は怪我しやすい

骨盤周りの筋肉が固まっている人、体全体が硬い人は最初すごくやりづらさを感じるかもしれません。

体の硬い人が無理にやろうとすると、けがをしやすくなります。

それで、まずはストレッチなどをしてから行うとよいでしょう。

体が硬いまま、無理にやって怪我をしないようにしてくださいね!

柔らかい所で行う

床が固いと、お尻が痛くなるかもしれません。

それで、できるだけ床が柔らかいところでやったほうがいいでしょう。

ヨガマットなどがあればそれを使用しましょう。

お尻が痛くならないようにしてくださいね♪