大学生を卒業していざ仕事を頑張ろうと思っていても中々うまくいかなかったりしますよね?

入った時とは違うような形と思う人もいるかもしれません。

また働いていると最初の方は良かったのに会社の方針が変わってしまい、激務になってしまった、時間が取れずに残業が多くなってしまったなど様々な理由があると思います。

その時に仕事を続けるかどうかというのを考えますよね?

仕事を辞めるかどうかという理由は人それぞれだと思います。

アルバイトであるのであれば気軽に言うことができるかもしれません。

しかしながらアルバイトではなく仕事を辞めるということは働く場所が無くなるということにもなります。

生きていくには働いてお金を稼がなくてはいけません。

その為にも中には次の仕事を探すようにしながら今の場所で働いているという人もいるでしょう。

転職という方法も1つの手なのです。

様々な理由がある中、今仕事を辞めようと思っている人はいませんか?

仕事を辞める理由というのはいろいろな理由がありますが、決してあなただけがその様に思っているのではありません。

様々な人が今の仕事を辞めたいと思っているのです。

ですがそのまま続ける人もいますよね?職が無くなったらという人もいますが、中には良い企業に入れそうということでやめる人もいます。

夢を叶えるために辞めるという人も中にはいます。

今あなたが辞めようとしている理由というのはどの様な理由ですか?

人間関係がうまくいかない、仕事にプレッシャーを感じる、病気になってしまったなど様々あると思います。

今回はそんな人たちの仕事を辞める理由ランキングを作りました!当てはまるものもあるのではないでしょうか?じっくりと考えることが大切です。

どの様な理由であれ自分にあった選択を選ぶのが一番だということを忘れないようにしましょう。

仮に人手がいないとなっていても、自分の体調が悪化したり、ストレスになる場合は無理をしない様に行動をするようにしましょう。

️仕事を辞めるか悩んでいるあなたに

仕事を辞めるか悩んでいる人というのは多くいます。

特に卒業生の人達はいざ働いてみると思っていたのと違ったというような事が多くあると思います。

アルバイトであれば直ぐに辞めれるのに仕事となるとプレッシャーなども多くありますよね。

ですが辞めるという勇気も大切だということを忘れないでください。

そして辞めた後に後悔をしないかどうかということがとても大切です。

例えば今働いている仕事を辞めて、新しい仕事をするようになった場合、その新しい場所がとても激務になっているというような経験はありませんか?

働く前に聞かれたことと実際に働いてみて違うというような人もいるのではないでしょうか?この様なことは数多くあります。

「前回の職場の方がまだよかったかもしれない」と思う人も多くいるのではないでしょうか。

当時はとても辞めたいと思っていても後々になって「辞めなければよかった」という後悔がよく残るのです。

それも経験の1つにはなりますが、後悔などはしたくありませんよね?

今仕事を実際に辞めようと思っている人は、今の仕事のメリットやデメリットなども考えつつ、次の職場を見つけて上回る場所を探すようにしましょう。

給料が多いが残業が多く家にあまり帰れない職場に働いていたとして、次の職場は今のところより給料は低いが定時に帰れるとなった場合、どちらを優先的に取るかをよく考えて辞めるかどうかを決めると良いでしょう。

今働いているところにおいては給料が多いというメリットですが、後者の場合はプライベートを確保できるというメリットになっています。

人はメリットデメリットを考えて仕事場を選んだりすることもあります。

考えて行動をするように心がけましょう。

仕事を辞めて新しいスタートを切る


仕事を辞めて新しいスタートを切ることもできます。

今の仕事場からとにかく辞めたいという人はその場所から離れて別の仕事場で活躍をすることもできるのです。

例えば前職ではアパレルで働いていたけれど激務で辛くなり介護に移行したという人もいるのではないでしょうか?

介護などの職では誰でもできるものであり、アパレルなどの接客業の経験からそのまま介護へと繋ぐこともできます。

前職での経験というのはとても役に立つものばかりで「何か起こったときはどうするか」というのが前職の経験から生きてきます。

初めて接客業として介護に入るのか、アパレルをしていた経験を生かして介護に入るのか、というのは全く違います。

よく「アルバイトをして社会経験を学ぶ」という言葉がありますが、アルバイトの経験というのもとても役に立つものですよね。

自分が経験してきたことを他でも活かせるというのはとても良いことです。

仕事を辞めてどうしようかと思う人もいるかもしれませんが、その経験を欲している会社も数多くいるのです。

最近では気軽に辞めるということがあまりできませんが、辞めて新しいスタートを切るというのはとても良いことなので覚えておくようにしましょう。

今の仕事を辞めていいかわからない

今の仕事を辞めていいかわからないという人もいると思います。

仮に今の仕事を辞めてその仕事では困る人は多くいると思いますが、それでも辞めるという人も多くいると思います。

「辞めることが会社に迷惑をかける」ということもよく聞きますが、決してそうではないとも思うのです。

仕事を辞めていいのかどうかというのは自分自身が決めることであり、その相談などを上司や同僚にすることが大切です。

仮にわからないということになっても、今の自分にとってその仕事というのはどの様なメリット、デメリットがあるかを考えて辞めるかどうかを決めると良いでしょう。

仮に転職先を探している場合は、その転職先の会社との比較をすることが大切です。

転職をしてしまって後悔などをしては遅いので、転職活動をしているという人は、その事をふまえた上で考えるようにしましょう。

他の会社ではないようなことを自社では持っているとなればそれは立派なメリットにも繋がります。

デメリットは少なければ少ない方が良いです。

色んな人の仕事を辞める理由を参考にしてみよう


色んな人の仕事を辞める理由を参考にしてみるのも良いでしょう。

例えば今の会社の上司や大学生、学生時代の友人などに辞めている人、転職などをしている人というのは多くいると思います。

その様な人達からたくさん話を聞くようにしてみてはいかがでしょうか?

仕事を辞める理由というのは人それぞれですが、中にはそんな理由で辞めたのかと思う人もいるかもしれません。

ですがその後の事も大切だということを忘れないようにしましょう。

例えば辞めたけど今の仕事はどの様な形なのか、メリットはあったのかなどを聞くのが一番です。

同じ職種でも違う会社に働くという人も多くいますよね。

それは職場の環境が大きく変わっているのが主な理由になることが多いです。

前職では空気が重かったが、今の職場ではフレンドリーな関係を築けているということであれば、転職をして正解だと思うでしょうし、今の仕事は前職よりもやりがいを感じるということもあるでしょう。

この様な仕事を辞める理由というのは様々な人の経験を聞くことができるので、多ければ多いほど自分がいざ仕事を辞める時に参考になるかと思います。

仮に直ぐにでも聞ける人がいるとなれば、是非聞いてみてはどうでしょうか?

️仕事を辞める理由ランキング22選

では仕事を辞めたいと思っていてもその理由というものが必ずありますよね?例えばやりたい仕事ができた、給料が少し低いなど様々な理由があると思います。

特に仕事を辞める理由で多いというのは待遇が悪い、人間関係や待遇の悪さなどがあるのではないでしょうか?

前職では人間関係でトラブルが多くあったが、今の職場ではその様なことがなく、仕事を順調にこなしているという人も多くいると思います。

仕事を辞める理由というのは人により違いますが、時には大きな理由にもなったりするものです。

例えば病気になったというのは精神的な病気が多いと思われます。

うつ病などが良い例でしょう。

ですがそのうつ病になるというのも原因があるのです。

例えば先ほどいった人間関係のトラブルであったり、仕事が遅くまで残業が多いということでストレスを抱えてしまったりと様々あると思います。

実際に病気になって辞めたという人もいるでしょう。

今の会社でうつ病になり、転職をしてみると症状がよくなっていたという人もいるかもしれません。

仕事を辞める理由というのは様々あると思います。

ではその辞めてしまう理由というのは他にもどの様なものがあると思いますか?詳しく見てみたいと思います。

人間関係のトラブル

人間関係のトラブルというのは良くあることですよね。

例えば上司との間でトラブルがあった、同じ会社の同僚とあまりうまくいかないというものがあると思います。

この人間関係のトラブルは先ほども言ったように仕事を辞める理由としてはとても多い内容です。

上司や同僚とのトラブルというのは必ずその次の日もついてくるものですよね。

解決をしない限りはとても厳しいものです。

会社がある日は毎日会ってしまう、その都度何かを言われたり、ストレスが溜まったりするものではないでしょうか?人というのはとても難しいですが、一番は和解をすることだと思います。

仮にもう無理だと思うのであれば、辞めるか、もしくは部署を違う場所に移るという方法もあるでしょう。

仕事を辞める理由として多いのは人間関係のトラブルだと思うので、解決できそうなものであれば解決をするように努力をしてみてはいかがでしょうか?

やりたい仕事がある

やりたい仕事があるというのも1つの辞める理由だと思います。

例えば転職活動をしつつ内定を貰った会社へ入社をするという人も中にはいると思います。

クリエイター方面の仕事をする人ではクリエイターを目指しながら会社で働く、芸術関連の勉強をしながら会社で働く、公務員の勉強をしながらなど様々なやりたい仕事のために時間をかけるので、それまでにこの会社で働いているという人もいるのではないでしょうか?

やりたい仕事があるというのはとても良いことであり、その仕事につけるということはとても嬉しいですよね。

夢が叶ってて仕事をしている人もいると思います。

例えば歌手やアイドルなどがそうでしょう。

それが夢で他で仕事をしながら目指しているという人もいると思います。

やりたい仕事というのは人生の中で経験できるかできないかというのは行動の差でもあります。

誰でもできるものではありませんが、他にやりたい仕事を見つけたと言って辞める人も多いのではないでしょうか?

実際に数多くの人がやりたい仕事のために辞めているという人も多いでしょうし、今働いている場所がやりたい仕事として働いている人もいるかもしれません。

少なからずやりたい仕事をするというのはとても厳しいものもありますが、後悔だけはしないように生きていくようにしましょう。

給料への不満

給料への不満というのも1つあります。

例えば残業なども多いのにも関わらず給料がとても低いという会社が多く、時には事件にもなったりしますよね。

何百時間と働いているのに給料がこれだけしかもらえていないという人も多くいるでしょう。

給料への不満から辞める人も多く、転職先の方が給料が良いからそっちに移動するという人もいると思います。

給料がどんどん上がるという会社もありますが、一向に上がらないという人からすると不満になりますよね。

「楽なのは良いけれど給料が低すぎる」というのも少しデメリットがあるものだと感じませんか?仕事はきつくなければ楽しくできますよね?

ですがその楽しさを取っている分、給料が少ないと考えると生活が少し苦しくなったりするのではないでしょうか?

他にも給料以外で引かれるものなどの関係によりもっともらっていないという人も多いのではないでしょうか?

実際入るときとは違うというところもあるかと思います。

給料への不満というのはこの様な所からきたりするので、他の人に辞めた理由などを聞く際には給料のことなども聞いてみると良いでしょう。

待遇の悪さ

待遇の悪さで辞めるという人もいます。

例えばどの様なものかというと、ほとんど毎日残業がある、休日が少ない、有給なども出ないなど様々なことがあると思います。

待遇が悪いということで辞めるのかと思う人もいるかもしれませんが、いる事も事実であり、今ではこの様なことが問題にもなっていたりします。

待遇の悪さというのはいわゆる本当はこの時間からこの時間までと決まっているはずなのに、それ以上の仕事をしないといけないということになりますよね。

残業などは時には問題となってニュースにもなるほどです。

今ではその様な場所も多くブラック企業と呼ばれたりすることもあるでしょう。

ですがその様な場所だらけではありません。

ちゃんとした規定のものを守っているところもあります。

待遇の悪さというのは実際に入ってみないと解らないことであり、実際にそこで働いていて辞めたという人のもいるのではないでしょうか?

様々な辞めた理由というのは転職サイトなどの口コミでも見られることですが、どの様な形かを見れる良い機会でもあります。

身近な人に聞くというのではなく、実際にどの様な形の場所なのかを口コミから見て情報を集めるのも良いでしょう。

スキルアップ

スキルアップをしたくて辞めるという人も多くいます。

例えば小さい企業であればそれ以上の企画などをしたいと思っていても難しいと感じますよね?ですがでかい企業に入ることができればスキルアップをすることが可能になります。

例えば今クリエイターとして働いているけれど、今以上にもっと勉強をしたく大手企業に転職活動をして内定をもらって入ったという人もいるでしょうし、その企業でもっと勉強をしたいという事で転職をするという人もいると思います。

スキルアップというのは自学でするものでもありますが、必ずそのスキルアップする壁にぶつかるものです。

壁にぶつかる状態の時に助言をしてくれたり、教えあうことができる人がいると更なるスキルアップを可能にしますよね?

その場の環境というのも大きく関わることであり、多くのことを学びたいと思うのであれば、今の環境から離れるというのも1つの方法になるのです。

仕事を辞めたい理由としてスキルアップをしたいので抜けるという人も多くいるので、その様なことを考えているという人であれば、是非自分の力を磨いてみてはいかがでしょうか?

結婚

結婚を理由に仕事を辞めるという人もいます。

例えば結婚をして地方に行かなくてはいけなくなった、女性の場合は家庭を持つということなので、子供の世話などをしなくてはいけませんよね?

結婚を理由にして辞める、男性の場合は相手の親の仕事を継ぐということもあるのではないでしょうか?

結婚というのも1つの立派な理由なので、仮に悩むという人がいるのであれば上司や同僚に相談をするようにしましょう。

引き止めるという人はいないはずです。

結婚を理由にして辞めるというのは女性には多いですが、数年ほど辞めてまた復帰をするという人もいます。

会社の待遇にもよりますが、休職をして子供を産み一時してまた復帰をするという制度もあります。

結婚を理由にしている人はその様なことも一度見てみてはいかがでしょうか?

また結婚を気に他の仕事をしたいという事で辞めるという人もいます。

引越しをするので地方で働くということは新しいことをするということでもありますよね?

今の仕事より他のことをしたいという人であればその様な方法も1つあるということを覚えておくようにしましょう。

子育て

子育てをするので会社を辞めるという人もいます。

これは女性にも多いですが、男性にもあると思います。

例えば主夫になるという人であれば、会社を辞めて家庭を支えなくてはいけませんよね?子育てというのは必ず誰かが付き添ってあげなければいけません。

また家族との和を作るためにも必要なことだと思います。

子育てをする際に預けるということもできるでしょうが、いっそのこと辞めて落ち着いたらまた仕事を探すという方法もあることを忘れないようにしましょう。

勤務時間への不満

勤務時間への不満から辞めるという人もいます。

例えば9時から18時までなのに8時から働かなくてはいけないという状況になったり、残業があり20時近くまで働くということもあるのではないでしょうか?

勤務時間というのは何時から何時までというのは必ず決まっていますが、それ以上を働くとなると残業になりますよね。

純粋に時間が遅いという人もいると思います。

例えばアパレルなどでは12時から閉店までという様なところもあるでしょう。

時間をもっと早く確保して帰るようにしたいという人もいると思います。

勤務時間への不満というのは直ぐに解決できるものではなく、必ずこの時間からこの時間まで出ないといけないというルールがあります。

最近の会社ではフレックスタイム制という時間内までには自由出勤をすることができるという会社もあります。

その様な会社に転職をするというのも1つの方法になるのではないでしょうか?

福利厚生が手薄

福利厚生というものがありますよね?皆さんは働いている時にどの様なものがあるか確認をちゃんとしていますか?

その福利厚生が手薄な状態になると他の会社では充実しているのにと感じることもあるでしょう。

福利厚生は会社により違うので、全く同じような待遇というものを受けておりません。

福利厚生が充実していればしているほど、社員の満足度も上がると思いますが、手薄な状態はあまり良いとは言えませんよね。

この様なことを理由にして辞めるという人もいるので覚えておくようにしましょう。

出世の道が見えない

会社というのはその場所でずっと働き続けなければいけないとなることはありません。

出世の道が見えないという人も多くいるのではないかと思います。

その会社で上の人になりたいと思っていてもなる道が見えないとなるとその仕事のやる気が変わってきますよね。

例えば出世をしたいのにずっと平社員だという人もいるのではないでしょうか?本当はもっとこの様なことをしたいと思っていてもずっとその場所でとどまり続けているという人もいるかと思います。

出世の道が見えないというのはそれほど上に行くことができない、もしくは上がれる制度があったとしても上がることができないという事になるので、それを見定めて会社を辞めるという人もいるのです。

親の介護

親の介護をしなくてはいけなくなり辞めるという人もいるでしょう。

実家から遠出して1人暮らしをしている人にはよくある理由の1つだと思います。

親の介護というのはとても大事なことですよね。

ですが仕事も大事だと思う人もいるかもしれません。

親の介護というのは地方から出ている人にとっては実家に帰るということになり、その会社から離れるということになるでしょう。

仮に地方にもその会社と同じ系列の会社があるのであれば良いですが、無いとなった場合は辞めることになると思います。

その時はよく相談をすることが大事です。

上司や同僚に相談をしてみてはいかがでしょうか?

病気になった

病気になったという理由で辞める人が多くいると思います。

例えばうつ病になってしまって続けることができなくなったという事が多くあると思います。

ですがこの病気というものは原因というものがあり、それが元となって「病気となり辞めた」という事になるのです。

病気になってしまっては治るのも中々難しく復帰も難しいことばかりでしょう。

なので病気になる前に相談などをして対策をすることが大事です。

うつ病などの病気は特に直ぐに治るものではないと思うので、ストレスなどに感じる前に辞めるかどうかという相談をしつつ決断をするべきだと思います。

やりがいを感じない

やりがいを感じないというのも1つの辞める理由です。

やりがいを感じないということはそれほどその仕事に魅力がないということになります。

人というのは魅力を感じることができればできるほどその仕事などにやりがいを感じるものだと思います。

そしてそのやりがいを感じることで満足をするという形になるので、そのやりがいを感じることができないという事は、それほど満足していないのと同じになるのです。

評価制度への不満

評価制度への不満というのもあるでしょう。

例えば会社などが評価で給料がアップするという形のところがいくつかあると思います。

売り上げに関することは全て当てはまったりしますよね?その評価制度への不満が多くあると、辞める理由の1つになってしまうのです。

社風が合わない

社風が合わないというのも1つの理由になるでしょう。

例えば自分はフレンドリーな社風を求めていたのに皆が静まりかえっており、全員が全く喋らないというようなところもあると思います。

社風が合わないということはそれほど自分に対して影響を与えるものなので、社風が合わないとなれば辞めてしまうという人も中にはいるのです。

雰囲気というのはとても会社にとって大きな影響を与える1つです。

社風が合わないということはそれほど自分にとってはいずらい場所になるので、よく考えることが大事になります。

勤務地への不満

勤務地への不満というのもあるでしょう。

とても良い会社にも関わらず勤務地まで行くのに時間を2時間以上もかけていくとなるととても辛いですよね?待遇や福利厚生が充実しているのにも関わらず勤務地が遠いから辞めてしまうという人も少なからずいます。

部署が近くにあれば変わる、もしくは引越しをするという人もいるでしょうが、中にはそのまま辞めてしまうという人もいると思います。

安定性がない

安定性がないというのも1つの辞める理由です。

これは仕事をしている時に何かトラブルがあったりすると減給になったりするというような所に多く、給料の安定性、人間関係の安定性など全てに当てはまることに関して、乱れたりすると辞めるという人も多くいると思います。

特に仕事でのトラブルというのはとても重大なことになりますよね?

1人のミスで全員にも責任が行くような仕事をしていたりするという人はとても辛いものだと思います。

将来性がない

将来性がないというのもあると思います。

例えばこの会社はもう数年くらいで終わりそうだなと思うこともあるかもしれません。

将来性が無いということはそれほど自分が今後どの様にするのかということに関わってくることになると思います。

仮にその会社でずっと働くことができれば良いですが、将来性が無く不安になり会社を転職するという人もいるのです。

尊敬できる上司がいない

上司に尊敬できる人がいないという人も辞めてしまう理由の1つになります。

これはとても大事なことであり、働く際には必ず上司になる人がいますよね?その人に付いていけるかどうか不安である、この人では不安だという人も多くいるので、尊敬できる上司をどうしても探してしまいます。

この様な人は仕事を辞める理由の1つとして、その上司だと不安だということが挙がるのです。

尊敬できる上司がいないということは、仕事に関してもそうですし、人間関係に関しても不安だということになります。

仮に人間関係が良くても仕事を全く教えてくれないという人だと将来が不安になりますよね?なので尊敬できる上司がいるというのはとても重要になるのです。

休日出勤が多い

休日出勤が多いというのも1つの理由であり、これはよくある理由にもなります。

休日出勤というのは普段は休みの日であっても出勤をしなくてはいけないということになりますよね?

家族との予定を入れていたのに仕事が入ったという例もあると思います。

この様な形になると家庭との輪が崩れてしまったりする傾向もあり、休日出勤が多く家族との時間が取れないで辞めるという原因にもなるのです。

入社後のギャップが大きい

ギャップが大きいというのもあると思います。

例えば入社前はこの様な会社と言われてとても魅力を感じていたにも関わらず、いざ入ってみると雰囲気が全く違い、とても体育会的な場所だと思う人もいるでしょう。

入社後のギャップというのは入ってくる人にとってとても大きな影響を与えてしまいます。

この様な場所なのかと落胆をしてしまったりすることもあるでしょう。

なんとなく生理的に合わない

なんとなく生理的に合わないという人もいると思います。

この場所が嫌だ、この仕事が嫌だという理由で辞めてしまう人もいるのです。

️仕事を辞めるときの心構え

仕事を辞めるときの心構えとして大切なことがあります。

それは本音と建前をうまく使い分けたり、まずは上司に相談をするということが大事になります。

仕事というのはずっと付いてくるものであり、それは今の会社を辞めた後でも同じことです。

必ず働いてお金を稼いで生活をするというのは変わらないと思います。

仕事を辞める際には、勝手に出すのではなくまずは相談をした上で決めるのが一番です。

また仕事を辞めたときには直ぐに次の場所などを探すようにすると良いでしょう。

どうしても直ぐに辞めたいとなった場合はその意思をちゃんと上司や会社の人に言うことが大切です。

何も言わずに辞めるというのが一番いけないことなので、必ず伝えるように心がけましょう。

本音と建前をうまく使い分ける

本音と建前をうまく使い分けることが大切です。

本音と建前というのは、本当はこの様な理由で辞めたいけれどその場所を少しだけ濁すということをしなくてはいけません。

この人が苦手だという訳ではなく、人間関係でトラブルがあり改善する余地が無いということを言うと相手も納得するのではないでしょうか?

まずは上司に相談をする

まずは上司に相談をすることがベストです。

上司に難しければ仲の良い人に相談をするのが一番でしょう。

相談をしないで決めるというのは後悔をしてしまう原因の1つにもなるかもしれません。

仮に辞めたい理由が改善できるものであれば、上司なども協力的になってくれる可能性があります。

まずは一度相談をすることです。

️仕事を辞めたい人は結構多くいる

いかがでしたか?仕事を辞めたい人は多くいるのです。

それはあなただけではなく他の人達も同じことです。

仕事を辞めるとあまり良い印象を持たないという人もいるでしょうが、決してそうではありません。

様々な理由で辞めるという人がいます。

仕事を辞めるということは次の新しいスタートにもなるので、よく考えて決断をすると良いでしょう!

【仕事を辞める為の手順は、こちらの記事もチェック!】