最近ではあまり使われなくなっていますが「ニヒル」という言葉がありますよね?

何だかあの男性ってニヒルだと思わない?など、一般には男性のことを指しているようですが、いまいち意味がわからないという方もいますよね。

なんとなくのイメージはあるけど、使い方や特徴などを知らない言葉って沢山でてきます。

ニヒルもそのうちの一つであり、自分の思っていた意味と違うかもしれませんよね。

また、自分が実はニヒルに見られていたなんてこともあり得ます。

そういった場合はどうやって治せばいいのだろうなど、色々と考えることも出てきてしまいます。

いまいち意味のわからないものを治していくのも大変なことになりますし、どうすればいいのかを知るにはニヒルという言葉を理解しておく必要があるのです。

そこで今回のテーマですがニヒルについての特徴や、自分がそうである場合の対策法などをお話していきます。

自分では全く意識もしていないのに「ニヒル」などと思われるのもあまり良い気分ではありませんよね?

意味だって知らないし実際にどんな人かもわからないとすれば言われた本人としては落ち込んでしまうことも出てきます。

人に言われると案外傷ついてしまうニヒルとは一体どのような意味をもっているのでしょう!

「ニヒル」って言葉知ってますか?

今はあまり使われなくなったという言葉がありますが、なんとなく怖いイメージとして使われているのが「ニヒル」になります。

男性がサングラスをかけてタバコをふかすなど、昔の映画などでそういったシーンを思い出させる人もいるかもしれません。

映画のような世界ではニヒルな男性も、ちょっと悪っぽくてカッコいいかもなどと思う要素はありますが、現実の世界で言われてしまったら「ただの怖そうな人」で終わってしまいます。

こういった言葉は映画やテレビの中だからこそ男性の渋い一面が見れるのであって、実際に自分が言われたら嬉しく思う人は少ないかもしれません。

怖そうなんて思われるとあまり良い気分ではありませんよね?

例えば恋人がほしいと思っていても、怖そうな男性に声をかけられた女性は驚いて逃げだすかもしれませんよね?

本人にすればかなりのショックで寝込んでしまうかもしれません。

このように映像と現実の使い方では意味が違ってくるような言葉も存在してしまうので、もし自分がそういった風に見られていたとすれば何とかしたいと思うはずです。

それでは、ニヒルという言葉はどういったことを意味するのか一つづつ見ていきたいと思います。

「ニヒル」について知ろう


「ニヒルってなあに?」こういう質問を突然された場合に完璧に答えられる人はとても少ないと思います。

言葉だけは知っていたり聞いたことがあっても意味や使い方、語源などに関してはあまり興味はありませんよね?また、そういった人の特徴なども普段は意識しないのも事実です。

自分にはあまり関係のないようなことには興味を持たないのが当たり前であり、自分に関係してきてはじめてその事について調べようと思うのです。

実際にニヒルという言葉は昔から使われていますが、今ではほとんど耳にすることはありません。

ニヒルな男と呼ばれた時代の格好をする人もほとんどいませんし、様々なファッションが出てきた現在では、その雰囲気にマッチする男性も少なくなったのです。

では、このニヒルについての意味をお話します。

自分が持っているイメージと実際の意味ではどのような違いがあるのでしょう。

意味

ニヒルというのは本来「虚無的」といった意味があり、「無」や「無価値」という言葉にも置き換えることができます。

「無価値」と聞くとなんだか良いイメージはありませんよね?ニヒルって呼ばれる男は価値が無いの?なんてことも考えてしまいます。

これはあまりにも酷いので違う方向で考えてみたいと思います。

確かにこういった意味は含まれてきますが人に対しての意味とは少しちがってきます。

いきなり無価値の男なんて言われたら腹も立ちますよね!こういった意味が含まれているだけであって本来の意味は虚無的という方がしっくりきます。

では虚無的という言葉で考えてみましょう。

虚無的に含まれる意味は「現在・過去など全てにおいて意味を感じることができない。

虚しいと感じる」このほうがニヒルの意味にはピッタリとなってきます。

なにか過去につらいことがあって影がある男性・心に深い傷を負っていて全てに対して嫌悪感を抱いている男性といった方がイメージ的にはわかると思います。

簡単にいえば「前向きではない人」これが一番わかりやすいですよね。

暗そうなネガティブ思考に見えてちょっと怖そうなイメージのある人がニヒルな人ということになってきます。

使い方


実際の使い方ですが「あの映画俳優は本当にニヒルな表情をするのが上手だ」「あの人は少しニヒルなところがあるので時々怖いと思ってしまう」などが例になってきます。

いずれの場合も小説や映画などではその場の雰囲気がでて良いアクセントになってくる言葉ですが、日常ではあまり良い意味ではないことがわかります。

ニヒルという言葉が似合う人を見かけても、使わないようにしたいですし多用するような言葉ではありませんのでご注意下さい。

語源

ニヒルの語源についてですが、意外なところからきていて哲学の用語が元になっています。

ニヒリズムという虚無主義があり、過去や現在における人間の存在を現したものであり「本質的な価値がない」という考え方になります。

なんだか難しくてよく理解できませんが語源としてはこういったことになっています。

類語

ニヒルの類語は虚無的ということになるので、関連する言葉を少しご紹介します。

「冷酷・冷たい・醒めた・クール・近寄りがたい」他にも沢山あるのですがこのようなものがニヒルと同じような意味で使われることになります。

あの人は冷酷だ!という言葉はよく聞かれると思いますし、ニヒルのイメージにも合ってきます。

人に対する思いやりがなく無慈悲なことを冷酷であると言いますが、これもまた前向きな考えではありません。

このように人に対して冷たい態度をするのが「ニヒル」ということであると言えます。

それでは実際にニヒルな人とはどのような特徴を持っているのかご説明していきますね。

もし、自分がそういった事を言われた経験があるのならば治していきたいですよね?前向きではない人なんて思われたくないですし、決して人を褒めている言葉でもありません。

自分で治す方法を考えるにも特徴は知っておくべきです。

「ニヒル」な人の特徴8個

今までの話でなんとなくのイメージは掴めてきたと思います。

ニヒルとはあまり良い意味ではなくむしろマイナスな印象になってしまいます。

こうしたことは自分にとってはあまり良いことではありませんので特徴を知って自分に当てはまるところがあれば治していくようにして下さい。

頑張り屋さん

頑張り屋さんの何がいけないの?

ちょっと疑問に思ってしまいますよね。

ですがあまりにも真面目すぎてしまうと人との距離をおくことになってしまいます。

本人は全く気がついていないのが特徴ともいえて、とにかく一生懸命に仕事などもするのですが誰かとの交流がないような人を指します。

周りの人から見ればお金だけに興味を抱くような感じに見えてしまい、人間関係には決して前向きではありません。

本来であれば真面目な良い人になるはずが、他人と距離を置きすぎてしまうとニヒルというイメージがついてしまうことになりますので注意したいところです。

何事もほどほどにしなければいけませんし、一番大切なのは人との触れ合いになってきますよね。

このように自分で全く意識していなくともニヒルなイメージは勝手についてしまうことがあるので心当たりのある人は注意して下さい。

周りが見えてない

よく自分のことが精一杯で周りが見えていない人がいますよね。

そういった方は冷たいイメージがあります。

他人のことを思いやれないという態度も出てしまうのでニヒルな印象を持たれてしまうのです。

もしも自分で思い当たるような所があれば、治すようにして下さい。

おそらく周りが見えていない人は、自分のことばかり考えているはずです。

そうした態度は他人を不快な気持ちにさせますし自分にも悪いイメージが出来上がってしまいますよね。

穏やかな気持ちになれるような趣味をもってみたりと心に余裕をもてるようにしなければいけません。

自分には取り柄がないと思っている

取り柄が全くないと思っている人は生活自体が投げやりになっています。

人との会話もあまりしないのではないでしょうか?

性格的にネガティブ思考になっているので普段から表情が暗くなりちょっと怖いイメージもあるかもしれません。

笑うことも少ないので自分の周りには人は寄ってこずに一人で過ごすことが多くなってきます。

このタイプの人は少し性格から変えようとしなければいけませんよね。

何でもマイナス的な考えになってきてますので明るいことを考えるようにしなければいつまでもニヒルな印象を持たれてしまいます。

存在感を認められたい

自分の存在感を認めてもらいたい人の多くがワガママであり自己中な考えの人が多いと言えます。

こういった人は他の人をサポートすることはあまりないですし自分を最優先にしてしまいます。

仕事でもなんでも同じことが言えますが自分の要求などばかりの人は嫌われますよね?

他人の気持ちなどは考えないであくまでも自分中心の態度をとればニヒルなイメージを持たれて当然です。

もっと人に対して前向きな姿勢を見せていかなければ他人からの評価は変わらないと言えるので注意して下さい。

存在感を認めてもらいたいのであれば周りとのコミュニケーションが一番必要のはずですよね。

誰かの助けを借りて、それを自分で返すような努力をしなければ存在価値など認めてはもらえません。

自分だけという考えを捨てて周りとの調和を大事にするようにしていくことが大事になってきますので、やれることから始めてみましょう。

実は寂しがりや

こういったタイプの人たちも本音を言えばとても寂しがりやの方が多いと言えます。

行動をする時はどうしても独りでいる場合が多くなりますが、心のどこかでは周りと仲良くしたいという気持ちがあり、誰かに相談してみようとも思っているはずです。

ただし、元々の性格があまり前向きではない為にいつも最初の一歩を踏み出すことのできない人とも言えます。

自分のちっぽけなプライドでどんどん悪い方へと向かっていくので、こういった人はきちんと話ができる友人をつくって下さい。

そうした心を許せる友人を作れれば段々と周りとの距離も縮まってくるでしょうし、人とのつき合いも多くなるはずです。

寂しさを気がつかれないように少しだけ頑固な態度をとっている人も、少し肩の力をおいて周りの人と話をするようにしましょう!

みんなから認められたい

このタイプの人も周りとの調和を考えずに一人で突っ走ってしまう人が多くなります。

あくまで人に認めてもらえるのは周りとの関係も大切にする人物です。

自分勝手な考えの持ち主であれば認められるということはありませんので自分を変えることが必要になります。

いつでも仕事は頑張っているのにどうして自分の評価が低いという疑問をを持っている人は大抵の場合は独りよがりな考えの人が多く、周りの人たちを大切にしません。

このような考えをいつまでも続けていると、本当に自分が独りになってしまうので当てはまるようであれば自分の周りにいる人を大切にすることから始めて下さい。

時間はかかるかもしれませんがそれは自分の成長にもなってきます。

成長しない人は認められないのも事実ですので、まずは自分から歩みよる努力をしていきましょう。

褒められたい

誰かに褒められたいと常に思っている人は、行動も単独になってしまうことが多くなり誤解を与えることに繋がってきます。

本心では仲間と一緒に作業などをしたいはずなのに褒められたいという気持ちから、人に見られるようにと一人で作業することを選んでしまうのです。

たしかに一人での作業などは目につくのですがチームワークを大切にする職場や仲間の場合は少しわがままに見えてしまいますよね。

仲間の輪を乱すということは共同で作業をするといった事にもあまり関心がないと言えます。

そうしているうちに自分の周りからどんどん人がいなくなってしまい孤独を味わうことになってきます。

褒められたいという自分中心の気持ちはこういった結果に繋がっていきますので注意するようにして下さい。

正しいことを真面目にやり、周りとの距離をきちんととっていれば認められるのも早いですが、自分勝手な行動ばかり目立つようでは褒めるどころか呆れられます。

自分のやり方が間違っていたと感じたならばすぐに改めるようにしていかないと、誰からも相手にされなくなってしまいますので気をつけて下さい。

真面目な性格

意外ですが真面目すぎる性格というのも冷たい印象を持たれる場合があります。

本人はそのような気持ちはないのですが、ふざけあうという事が出来ずに誤解をされてしまう人がこのタイプであると言えます。

友人でも同僚でも同じなのですがバカ騒ぎをしたりふざけあったりする時ってありますよね?そういった時でも真面目すぎるためにみんなの輪に入れないという人は必ず出てきてしまいます。

自分がいてもみんなは楽しくないだろうといった考えから先に帰ってしまったり、本人からすれば全く悪気はありません。

ですが人の見方は違ってきますよね。

なんだかいつも先に帰って感じ悪いし冷たい人だよね!などと思われてしまうことが非常に多くなってきます。

性格を変えていくのは簡単ではありませんから、みんなとの関係を大事にしていくことから始めて下さい。

自分はどのように思われていたのかはあまりわからない場合が多くなってきますが、自分がこのような行動をしていたならば、他人は不快な思いをしているかもしれません。

ここまではニヒルな人になりやすい特徴をお話ししてきましたが、どういった原因があるのかについても見ていきましょう。

自分が同じような気持ちのときはニヒルな一面を見せてしまう可能性が高くなるので注意して下さいね。

【真面目な人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

ニヒルが出てしまうときの原因8個

私たちは色々な原因でニヒルな一面を出してしまうことがあります。

特に性格などは関係なく誰でもニヒルな態度をしてしまうことはありえます。

このような気持ちなどの時には特に注意することが大切になります。

やりがいを見失った

何かに対してのやりがいを見失ってしまった時は要注意です。

どんなに良い人であっても自分のやりがいを見失ったときにはニヒルな一面を覗かせてしまいます。

これはニヒルの意味そのもので全く前向きではなくなっている状態です。

自分の目標や楽しい将来を思い描いて楽しい毎日を過ごしていたはずなのに、ある日突然目の前から目標となるものがなくなってしまえば誰もが自暴自棄のような状態になってしまいます。

このような時は気持ちを落ち着かせることが大事ですし、優しくしてくれる人に八つ当たりをしてしまうかもしれませんよね。

とにかく心を静かにすることだけを考えて落ち着いて行動できるまでは、人には会わないようにすることも大事になってきます。

また、新たな目標を立てるような気持ちの切り替えも必要ですので自分なりに心のケアをしていって下さい。

存在意義がなくなった

例えば好きな人に裏切られた時や離婚をして子供と別れなければいけなくなった場合など、自分がこれまで生きがいにしてきたことが目の前から消えてしまえば何も考えられなくなってしまいます。

世界がどうなろうと関係ないという気持ちにもなりますし、自分の存在する理由もわからなくなってしまうでしょう。

やりがいというものは自分の心を保つために必要なものですよね。

それ自体がなくなってしまえば心が壊れてしまい「どうでもいい」という気持ちが産まれるのも仕方ないのかもしれません。

気持ちが落ち着くまで休養したり、自分の身体を労わってあげるようにすることが大切です。

この場合も冷淡な考えになってしまうことが多くなりますので注意するようにして下さい。

強い不安感

理由はわからないけど強く不安を感じる時ってありませんか?自分だけが不幸になるような気持ちになったりと、とても怖くなりますよね。

そういった心の状態のときは他人に対する興味がなくなってしまいます。

幸せそうな人を見れば怒りが湧いてくるかもしれませんし、とにかくいつものような平常心は保つことができなくなっています。

不安を取り除くには安心する何かが必要になりますが、理由はわからないような不安感の場合は身体の不調などが原因かもしれませんのでゆっくりと休養をとって下さい。

自分では感じなかったストレスを抱えている場合もあり、精神的に少し疲れている状態でも不安感は襲ってきますのでしっかり休むことが大切です。

失恋

大好きな人にフラれてしまったりした時は、どうでもよくなってしまえという気持ちが生まれてきてしまいます。

これは性格などに関わらず誰でも起こり得ることです。

失恋は確かに大きな悲しみが残ってしまいますが、同時に新しい出会いも待っているはずです。

一つの恋愛が終わる時はとても哀しくなり他人にも酷いことをしてしまったりするのであまり人には会わないほうがいいでしょう。

こういった場合も自分の冷たい人間性を見る瞬間でもありますが、その時を乗り越えれば明るい未来も待っているのでやけになったりするのはやめましょう。

信頼している人に裏切られた

誰かに裏切られた時にも心はとても傷ついてしまいますよね。

本当に信頼していた人物であれば他人にはわからないほどの苦しみも味わうことになってしまいます。

このような時も他人への態度は普段とは全く違ってきてしまうことが多いです。

心が乱れている状態ですと相手の意見も聞き入れられませんし、気持ちを落ち着かせることを第一に考えていきましょう。

まずは怒りの気持ちを抑えるようにしなければいけませんし、あまりにも深い悲しみであれば気分転換に旅行などをしてはいかがでしょう。

一人で冷静になって考える時間はとても大事になってきます。

あまり考え込むことがないようにしなければ、自分の心が壊れてしまうのできちんと気持ちの切り替えをするようにして下さい。

現実と理想のギャップが違った

自分の思っていた理想と違うことって沢山ありますよね。

人でもそうですし仕事などもそういった場合があります。

それまではイキイキとしてすごしていたのにギャップの大きさを知った時はかなりのショックを受けてしまいどうでもよくなってしまいますよね。

確かにそういった思いは出てきてしまうのは当然ですが、割り切った考えも必要になってきます。

あなた自身のことを心配してくれる人もでてくるはずですから他人へ当たってしまうような事にならないようにして下さい。

強い不信感

今まではとても信頼していた人物の本音などを聞いたときに強い不信感を持ってしまうことがあります。

自分の理想とまで考えていたのですから落胆する気持ちは痛いほどわかります。

ですが、こういったことも自分が成長するための経験だと思うことが大事です。

自分は人にこういった気持ちを抱かせないようにしなければいけないと、気持ちに喝をいれることだって必要になってきます。

あなたを慕ってくる人がいればその人に同じ思いをさせないようにしなければいけません。

人に裏切られることは自分の性格を変えてしまうかもしれない出来事になりますが、そういった時でも平常心を保つことは自分の身を守ることにも繋がってきますので忘れないようにして下さい。

自尊心が傷つけられた

普段からプライドが高いような人は一度自分の自尊心を傷つけられると、冷淡な一面がでてくることがあります。

これは自分に対しての自信がありすぎるために人からの意見を聞き入れないという状態になってしまうためです。

自分に自信を持つということは大切ですが、それが正しいかどうかはわかりません。

本当に正しいことであればプライドを傷つけられることはないはずですので、一度見つめ直すことも大切になってきます。

それでは最後に、自分にニヒルな一面が出てしまった時・ニヒルになりうる特徴をもっているときの解決方法をお話していきたいと思います。

ニヒルの解決方法

私たちは自分では気がつかないような冷たい一面を持ち合わせています。

それはあるきっかけで人に見せてしまうかもしれませんし、性格がそうさせるのかもしれません。

自分がそんな一面を出さないようにするには色々な解決方法をとらなければいけませんし、その方法も問題によって様々です。

ですが、ニヒルな印象は自分を悪い方向へと向かわせます。

ですから時間をかけないようにして治していくことがとても大切になってきます。

もし、そういった気持ちになったりニヒルな要素を持っていると感じていればこれからお話することを参考にしてみて下さい。

まずは精神的にダメージを受けた時の場合です。

時間が解決してくれる

失恋や誰かに裏切られたと感じた場合など、心が大きく傷つくようなときはゆっくりと休む以外に方法はありません。

それは時間しか解決できないからです。

気持ちを切り替えていくにも時間は必要になってきます。

そのことが頭から離れるようになるまでには人によってはかなりの時間が必要になってくる場合も考えられますよね。

そういった状態の時は普段よりも周りの人は優しく接してくれるはずです。

その気持ちを踏みにじってしまうかは自分次第になってきます。

悔しい気持ちや憎しみの気持ちは自分の心をマイナスな方向へと向かわせてしまうので、最初にやるべきことはゆっくりと休むことです。

少し気持ちが落ち着いてきたら少しづつ新しい出会いなりを求めていくようにして下さい。

とにかく行動する

あなたが自分の性格に問題があるのではないかと思ったら、まずは行動することが大切です。

真面目すぎるゆえに生み出してしまう誤解などは自分の行動一つで解決することができるはずです。

あれこれ悩んでいても何も解決への道は開きませんし、その扉は自分で開けるしかありませんよね。

誰かに頼ってみたところで最後は行動するしか方法はないのです。

最初はとても勇気がいるかもしれませんが、ほんの一瞬で不安は消え去ります。

人は行動に移す前は本当に出来るのだろうかという気持ちになりますが、一歩を踏み出してしまえば進むしかありませんよね。

進んでしまえば後戻りは出来ませんので開き直れるはずです。

今までの自分とサヨナラする瞬間でもあるので、変わっていく自分を見つめながらニヒルな一面も出なくなっていきます。

本を読んでみる

自分のプライドが高い場合などは本などを読むことをお勧めします。

いくら自信がある人でも何もかも知っている人は存在しませんよね。

自分が知らなかった何かを学ぶだけでちっぽけなプライドは吹き飛んでしまう事だってあるのです。

思いっきり笑う

自信がなくなったり怒りで人を信じられなくなったりした時に、一番やってほしいことは思いっきり笑うことになります。

悲しい気持でも怒りの感情でも笑っているうちに少しづつではありますが、気持ちを落ち着かせてくれます。

そのうちに悩んでいたことが馬鹿らしく感じてくることさえあるので笑うということはどのような場合も大事なことになります。

体を動かす

色々なストレスが溜まっているような状態であれば体を動かして汗をかいてみましょう。

考え込むことが多かったりする時にはニヒルな一面を見せやすい時とも言えます。

汗をかけばストレス発散にもなりますから運動することも大事なのです。

遠いところに身をおいてみる

どうしても誰かと会ったら嫌なことを言ってしまったりするようであれば遠いところに身をおいてみるのも一つの方法です。

静かなところへ行って一人でゆっくりと考えてみれば何かの解決策が見つかるかもしれません。

もしそういった良策が浮かばなかったとしても自然溢れる場所へいけば少しは気が晴れますし心の休養にもなるのです。

ニヒルの原因や解消法を知って、覚えておこう(まとめ)

今回はニヒルという普段はあまり使わない言葉についてお話してきました。

どういった意味なのかも知らなかった人もいると思いますが、あまり良い言葉ではありませんよね。

出来ればニヒルな人なんて言われたくはないでしょうし、人に言ってもよい言葉ではないということがわかって頂けたと思います。

ニヒルな一面というのはその時の状況などによって出てしまう場合もあり特徴を持つ以外の人も注意しなければいけません。

解決の方法も人によって様々になってきますが、どんな人もまずは笑ってみましょう。

そうすればニヒルな考えはなくなっていくので一番の良策であるとも言えます。

大体の原因はこの笑いは普段から少ない人が多いと感じます。

普段からケラケラとした人はこういったニヒルな一面を持っていません。

ストレスなども少ないですからいつでも同じように楽しく過ごすことができるのです。

自分がニヒルと思われないようにするために必要なことは笑顔を増やすことになってきます。

他の解決する方法と笑顔を組み合わせていけば、きっと良い結果が待っていることでしょう。