転職をしたいと考えている人は、あたり前のことですが現在の仕事に何らかの不満を持っているからです。

いや仕事の不満ではなくて、もっと別のことで転職をしたいと思っている人もいます。

わたしの先輩は、マンションから一戸建ての家を購入したのですが、会社までの通勤時間が長いので、家の近くの会社に転職したのです。

もちろん、技術面でのキャリアがあるので、そこそこの優良企業に転職できたのです。

このように、転職の動機は様々で、ユニークな動機もあります。

食べ物に執着する人は、食堂のメニューが少ないとか量が少ないので嫌になったとか、有給休暇を取りにくい雰囲気で嫌になったとか、残業ができないから、独身女性の社員が少ないから、事務所のビルが古くて冷暖房の設備が調節できないから、自由に研究をさせてくれないから、など、まだまだあります。

しかし、転職の一番の動機は、やはり給料に関してと評価に関しての不満が一番多いと思います。

新卒の学生がそれぞれ就職して3ヶ月後、少し落ち着いたころに仲の良い友達で集まって飲み会をします。

こんな時には、就職した先の会社の様子について、話題になることがあります。

興味があるのは、他社の仕事環境と給料と人間関係です。

そこは、どんな雰囲気の職場で、どんなことをさせられているのか、給料や残業はどうか、上司や先輩はどんな人か、などと興味津々なのです。

さすがに、給料は完全にオープンにはしないけれど、残業時間については話題に上がります。

理系を卒業して研究職に就いている友人は、ともかく社員はよく働き、実質の残業時間は軽く月に100時間は超えていると豪語していますが、もう一人は休暇は申請すれば簡単に取れるし、夏休みは1週間休暇がもらえるので、旅行の計画を立てているところ、という友達もいるのです。

就職先の様子は、前もって先輩や教授から聞いてはいたのですが、やはり実際に就職すると意外な面も見つかるのです。

その意外な面が、自分に合っているか我慢できる程度であれば良いのですが、頑張ってきたけれどもある時に我慢の限界を越えてしまうと、辞めたい、転職したいと思うようになるのです。

一旦、そう感じてしまうと仕事に対するテンションも下がり、仕事に熱が入りません。

周囲の仲間からも、様子がおかしいと見られるようになり、余計に嫌気が差してくるのです。

そんな行動を見ていた上司が、たまりかねて面談を申し入れてきて、そこでつい本音を話すことになります。

このような流れで、転職を考えた人もいることでしょう。

辞めたいと思った動機はともあれ、まだ30代であれば充分転職して、自分に合った会社でやり直すことも問題はありません。

人生80余年で65歳までは働ける時代です。

年金支給年齢も上がっていく時代に、30代はまだまだ青い年齢です。

自分で辞めたい、転職したいと決心したら、思い切って頑張ってみましょう。

️30代の転職事情

大学や高校を卒業して就職する時は、みんな有名企業に入社したいと願って就活してきたはずです。

しかしながら、その時の時代によって就職が容易であったり難しかったりすることもあったのです。

俗に言う、バブル崩壊後の景気悪化によって、就職戦線も大きな影響を受けて就職氷河期(1993年~2005年)と言われた時代もあったのです。

大卒の就職先が少なくて、就職が困難になった時代です。

この時代の学生は、就職氷河期世代と呼ばれ、失われた世代とか貧乏くじ世代と揶揄されたのです。

学生の質が悪かったわけでもなく、一生懸命に勉強したけれども時代が悪かっただけなのです。

この時の学生たちも、30代~40代になって仕事に励んでいるはずです。

そんな不幸な時代に頑張って就職した人もいる代わりに、なんとなく親が勧めるから就職したという軽い考えで働いている人もいるのです。

そして、バイトをコロコロ変えるように、転職を繰り返す人もいます。

動機はそれぞれ違っていても、30代での転職について、有利なのか不利なのか、すべきか止めるべきかを考えてみたいと思います。

30代からの転職は遅くない


転職したいという人がいる半面、高度なスキルを持っている若い人を採用したいという企業もあるのです。

では、一般的な企業としては、30代の転職希望者をどのように考えているのでしょうか。

それを考える前に、職業によって若手とベテランの年齢は大きく差があるのでしょうか。

つまり、転職を希望する人が、もしもベテランの域に入っている年齢だと雇い主が考えているなら、若い人が持ち合わせていないような特殊な技術や知識を持っていないと、採用する必要が無くなるからです。

まだ若手だと判断すると、多少の欠点や問題があっても、ここで働きたいという強い熱意が感じられれば、採用の可能性も高くなるからです。

そう考えると、職業によってまだ若手だとかベテランだとか判断する年齢が、異なっていることも分かります。

例えば、相撲やラグビー、サッカーや野球などの体力とスピードが勝負の世界では、10代の前半の頃から激しいトレーニングを初めて、10代の後半ですでに一人前の選手になることもあります。

つまり30代では、もうベテランの領域に入っているのです。

すると、この年代から特訓しても、一流の選手になることはかなり困難で、30代の選手を雇用することはできないでしょう。

若手とは、中学生の頃の年代と言えます。

こんな体力勝負の世界とは違う一般企業の場合を考えてみます。

一般企業の中途採用の責任者の話では、採用してから教育し直して、会社の戦力として通用するまでに育て上げられる年齢は、30歳までと考えているようです。

ということは、30代で転職するには、健康と共に企業の即戦力となれるスキルを持っていることが重要です。

そして、採用されたら、自分の力でテーマを見つけて自分の力で結果が出せる能力が要求されるのです。

30代からの転職は遅くはありません。

これからの人生を考えると、まだまだこれからです。

しかし、あなたに期待することは、即戦力なのです。

期間はだいたい3ヶ月

30代で転職を決心したら、実際にどれくらいの期間が必要かを考えてみます。

できるだけ早く転職したいと思っても、1~2週間でできることではありません。

平均的には3ヶ月は必要なようです。

ちなみに、実際に転職した人の準備期間は、1ヶ月以内で完了した人と、6カ月以上かかったという人の割合がおよそ2割弱で、3ヶ月以内という人が約6割でした。

20代の人では、4割強の人が1ヶ月半以内であることを考えると、年を取るほど時間がかかるようです。

もし、30代の人がこれから転職活動を始めようと考えているなら、3ヶ月は必要だと考えてスケジュールを組んでください。

なぜこれほどの時間が必要かと言うと、応募する企業を絞り込んで中途採用の条件を確認し、必要な書類を用意して履歴書を作成することで約1~2週間、応募してから面接の案内が届くまでにも1~2週間程必要です。

その後に、日時を決めて面接を受けることになるのです。

しかし、最初に受けた会社から内定をもらえれば良いのですが、もらえなければまた応募作業から始まるのです。

このように考えると、3ヶ月という転職活動期間は妥当な期間と言えそうです。

️30代で転職をする理由


30代というのは、会社に就職してから約10年が経った頃です。

会社の社風にも慣れて、仕事もひと通り覚えた頃です。

しかし、応募したころの仕事に対する期待が裏切られたり、人間関係が上手く行かなかったりすると、もっと自分に合った会社があるのではと考え込んでしまうのです。

これ以外のいろんな動機もあるのですが、一般的な転職の理由で多い順から上位5件を並べますと、①会社の将来性が不安である、②ほかにやりたい仕事があるから、③給料が安い、④他社で専門知識をもっと習得したい、⑤残業が多い・休日が少ない、という結果になります。

この中では、①と②が12%ほどで、それ以外は10%以下ということです。

30代で①と②が多いということは、今の仕事では満足できないほどの余力があるか、他の会社の仕事を知りたいという前向きな意欲があることを示しています。

そのうえで、このままここにいても会社と共に成長できるかという不安があるのです。

他の会社で自由にやらせてくれたら、もっと力が発揮できて業績を上げることもできるという漠然とした自信も垣間見えます。

悩むなら、心が熱いうちに転職を実行すべきと思います。

給料に不満がある

給料に不満があって、もっと給料が多い会社に転職したいという人の割合は転職者全体の1割ほどで、断トツに多い訳ではありません。

将来の生活設計を立てる時には、やはり給料の動向が鍵になります。

少ないよりは、多い方が良いに決まっています。

現在の給与水準から判断して、頑張って働いて良い評価を受けたとして、近い将来どれくらいの給与になって役職も上がるのかは、先輩の事例を聞けば分かるはずです。

入社時点では他社に比べて給料は高いが、入社後の昇給のスピードが落ちるのであれば、これも自分が描いた将来像が達成できないのです。

会社の業績が上がらずに、業界編成の波に巻き込まれて他社に吸収されるようなことが起こるようであれば、期待が持てなくなってしまいます。

現在だけでなく、将来の給料upが見込めなくなります。

このような理由から、転職を考えることも多いのです。

他にやりたい仕事がある

本当に転職を考えている人は、もっと自分を活かせる会社に行きたい、もっとスキルをupして能力を上げたい、などとポジティブに考えている人が多いのです。

このままでは、この会社で終えたくないという気持ちです。

自分にはこんな特技や能力も持っているので、もっと有効に活用して会社に貢献したいなどと本気で思っているなら、ぜひ転職すべきです。

面接官にこの意欲をぶつけて、採用を引き寄せることもできるのです。

あなたのこの意欲が、応募した会社の社風に合って即戦力に向いていると判断されると、すぐにでも採用に結び付くのです。

あなたのスキルと熱意は、面接官が求めていることなのです。

会社の将来性が不安

30代の転職者の動機で最も多い理由が、会社の将来性に関するものです。

30代ともなれば会社の風土も実力もよく理解できます。

そして、沈滞している業界にこだわっていたり、グローバル化の波に追いつけないような実力のない会社であったり、IT関連のシステム構築が不十分な会社など、自分の思いと乖離していることにも感ずくのです。

すると、急にこのままここで働くことが無意味なように思われて、他社の情報を集めて調べてみるのです。

自分の予想が正しければ、会社の将来に期待ができなくなってしまいます。

このような動機は、十分なスキルを持った能力が高い人に多いようです。

スキルアップしたい

30代で仕事に精通して来ると、ライバル社やそこで働く能力が高い社員とも交流します。

すると、自分の会社の知識レベルとの比較をしてしまって、自社では自分はスキルアップ出来ないのではと不安になるのです。

自分一人で学ぶこともできますが、やはり先輩達の指導や経験を吸収することで、仕事の喜びも得られるのです。

もっと、いろんな人から知識を吸収したいという純粋な気持ちは、給料にも代えがたいものです。

研究職なら、企業によっては高度な分析機器や実験装置を備えているところもあります。

そんな設備を備えた会社で働けば、自分のスキルも飛躍するとも考えるのです。

そんな会社に転職して、もっとのびのびと研究をしたいという願望も起こるのです。

人間関係などへの不満

一番分かりずらいことは、職場の人間関係です。

表面上は普通の会話をしているように見えても、その陰ではし烈な火花が散っている時もあるのです。

ある程度その人達の関係を知っている人は分かるのですが、知らない人にとっては普通の会話に見えるのです。

また、よく観察すると、言葉以外にも表情の変化や声の強弱やジェスチャーなど、見る人が見れば険悪な状態であることが理解できます。

いわゆる相性が悪いひと達は、心から仲直りすることは難しいので、遺恨というものはずっと続くようです。

そうなってしまうと、将来に渡り関係がこじれると、当然仕事にも影響し、同じグループでチームワークを固めることなどできなくなります。

そして、相性の合わない人がグループ内で仲間をつくると、自分が孤立してしまい辞めなければ収まらないようになってしまいます。

その上に、上司からお叱りを受けることなど何かのキッカケがあると、退職に一直線なのです。

幅広い仕事を経験したい

自分の仕事に情熱を燃やして、貪欲に力を伸ばしたいと思っている人も多いのです。

退社後に自己啓発で英会話を覚え、さらに中国語など何ヵ国語も語学を学び、各国の人との交流が好きな人もいます。

仕事のスキルを覚えると、もっと自由にグローバルな仕事をしたくなって、転職を決心する人も多いようです。

就職するまでにも、インターンシップで留学を経験したリすると、商社などの海外との取引がある企業に応募しますが、いわゆる就職氷河期の時代に採用されなかった人は、まだまだ能力を発揮できずに埋もれています。

そんな時に、もっと広い世界に飛び出して仕事ができる会社が見つかれば、きっと転職も考えることでしょう。

能力がある人は、もっと幅広い仕事を経験したいと思っているのです。

地元で働きたい

大学は都会の有名大学に進学して、結局都会に本社がある企業に就職した人も多いことでしょう。

若い時は、華やかな都会の生活に憧れを持つものです。

でも実際に都会に就職してみると、都会は24時間休みなしに動いています。

都会の生活のスピードはとても速くて、ゆっくりしていられません。

いろんな地方からいろんな性格の人達が集まっています。

考え方や習慣もまったく自分と違うこともあります。

始めのうちはそれらに合わせていましたが、5年10年と経過して来ると、その間に恋愛や結婚、子供の保育、親戚付き合いなど面倒なことも増えてきます。

ストレスも重なって、精神的に苦しくなる人も出てきます。

もっと気楽に生活したいと思う時がくるのです。

そんな時に、地元の学友の同窓会などがあって地元に帰ると、昔の生活のリズムが蘇ってきます。

地元にもIT関係の企業や物流拠点も進出していて、仕事環境も良くなっていることを知ります。

その一部の会社が人材を募集してることを知ると、もう奥さんと転職と移住の話をするのです。

将来は、地元で土地付きの持ち家を計画して地元で働きたいと、地元回帰の気持ちも強くなるのです。

休日が少ない

休日が少ないとか残業が多くてゆっくり休めないのも転職の動機になります。

サービス業では、みんなが休みの日に遊びにくるので忙しいという、休みをとるか仕事をとるかのジレンマに会うのです。

今の時点では、サービス業や介護関係の仕事では、人手が足らないという状況が続いています。

現在の人員で回転させなければ乗り切れないのです。

すると、満足するようなシフトが取れなくて、どうしても休日が少なくなってしまうのです。

給料が下がっても良いので、休日を増やしてくれという叫び声も聞かれるのです。

休日が少ないということも大きな動機になっています。

雇用形態を変えたい

将来にわたり、安心して働くことができるかどうかの目安は、雇用形態にもあります。

雇用形態とは、企業と従業員とで締結する雇用契約の内容で、一般的な雇用形態とは正社員、契約社員、派遣社員、パート・アルバイトなどに分かれています。

正社員は長期の雇用を前提に採用されているので、社会保障や給料.賞与.待遇面で最も安定した雇用形態です。

もし、あなたが正社員でなければ、能力があるなら正社員を目指して転職することも動機になるのです。

️多くの人はスキルアップを目的としている

真面目に仕事をしたいと思っている人は、その世界でもっとスキルをあげておいて、万一会社が倒産したリ他社に吸収されても、どんな状況でも働き抜くことができるようにしておきたいのです。

スキルアップしていれば、転職の時でも有利なのです。

スキルアップと言っても、転職に役立つ資格を取得する方法もあります。

転職には資格は必ずしも必要ではありませんが、転職先の仕事と関連するのであれば、雇う方も即戦力になる可能性があるので採用の動機にもなるのです。

企業にとっても、スキルアップは従業員のモチベーションも上がるし、企業のレベルアップにも繋がるので重要なことです。

本来、スキルとはその仕事に対する技能や技術のことを意味するのですが、これ以外にもビジネスを円滑に進めていく上で必要な能力、つまりコミュニケーション能力やビジネスマナーなども含まれています。

こういったスキルを高めることも転職の大きな動機にもなるのです。

現在の会社の状況では、このようなスキルアップが望めないと判断したら、もっとスキルアップに力を入れている企業に転職したいとも思うのです。

自分自身を成長させたい

自分自身の能力をもっと上げたい、いろんな資格に挑戦したいと思っているポジティブな気持ちを持った人も多いのです。

このような人達は、当然現在の会社でも充分に努力をしているのですが、それでもまだまだ満足できない人は、自分自身を成長させたくて転職も考えるのです。

それと合わせて、現在の世の中で重視されているPC技術の資格も有効です。

現在の会社の仕事でもPCを使用している人も多いのですが、もっとそのスキルを上げることもできます。

マイクロソフトのワードやエクセルなどはよく利用しているはずですが、マイクロソフトオフィス(MicrosoftOffice)の基本操作や応用操作を実践的に利用する資格(マイクロソフトオフィスマスター)を取得することも転職に有利になります。

PCの業務の幅が広がり、作業効率が向上するのです。

企業にとっては、実務的に期待できることになります。

もちろん、研究職や工場、営業職での活用も期待できるのです。

工場や工事現場の作業でも無人化が進行して、PC技能の活用が進行しています。

オフィスだけの技能ではなくなってきています。

転職の幅を広げるためにも、自分自身を成長させることが望まれてきました。

️30代の転職を成功させる7個の注意点

30代でいよいよ転職を考えている人は、しっかりと成功させるように準備が大切です。

30代の人は、今の会社でもある程度の経験を積んでいるはずです。

中には、すでにチームリーダーとなって活躍している人もいます。

しっかり業績を上げることができていれば、将来も期待されていることです。

つまり、実績が現れて来た時の30代の人材は、会社の期待の星でもありますが、別の見方では転職適齢期とも言えるのです。

本気で転職を考えるなら、最適の時期ともいえるのです。

ただし、誰でも容易に転職ができるという訳でもありません。

転職には本人のスキルと熱意が必要なのです。

では、どのような点に注意して転職に臨むかを考えて見ました。

転職の目的を明確にする

転職に当たって、自分自身の転職の目的を明確にしておかなければなりません。

もちろん、転職の時の面接でも目的や動機を尋ねられることになりますが、目的が明らかになっていれば、応募する企業も選択し易くなります。

もし、最初の応募先が上手く行かなかったとしても、目的別に次の候補も決めやすいのです。

また、知人や先輩に転職先を紹介してもらうことになっても、目的がハッキリしていると紹介もしやすくなるからです。

しかし、給料が高いとか残業が少ない会社など、目の前の状況を考えるだけでなく、転職先で長く働くためには、将来性や社員に対する投資がどのように行われているかを目的に置いた方が間違いがないと思います。

例えば、評価制度が明確な企業(評価が給与に直結する)、新規事業に積極的に取り組む企業や新商品の展開が速い企業(自分のスキルが活用できる)、教育研修制度が充実している企業(企業でも知識の収集ができる)、前向きな社風の会社(革新的なことが期待できる)、職場環境に積極的な企業(効率化が進み残業が少ない)などが挙げられます。

これらの目的を参考にして、転職先を選ぶこともできます。

前向きな転職は成功しやすい

面接官をした経験がある人の話を聞くと、上手く転職ができそうな人と、ちょっと苦しいかなとか無理だなという人は、一度会って雑談をするだけで、事前になんとなく分かるそうです。

その人の経験とかスキルというものではなく、一人前の社会人としての常識や評価なのです。

もしその転職希望の人がテーブル席で、先に椅子に座って待っているところに出向いた時に、その人がキッチリと席から立ち上がり、顔を合わせて頭を下げるかどうかです。

こんな単純なことでも、できる人とできない(知らない)人がいるのです。

まずはしっかりと挨拶の礼をするところから判断するのです。

どのような言葉を発するかも観察するのです。

いわゆる、大人としての礼儀や言葉遣いで判断できるのです。

この段階で、すでに採用候補になるのかが分かるのです。

そして、転職の動機についての話題になると、「今の会社では自主性に任せて自由に仕事をさせてくれている」と会社の姿勢を褒めているのですが、そのあとで「しかし」とか「でも」などの言葉から「でも、自分の提案をまったく受け入れてはくれないのです」とか「しかし、少しも前向きな評価をしてくれない」などとネガティブな転職の動機になってしまうのです。

それよりも、自分のキャリアを活かして貢献したいという前向きな熱意だけを表す方が良いと思います。

転職サイトや転職エージェントを活用する

転職を成功させるためには、転職先の情報をできる限り集めて、そこから自分の目標に見合う会社を選ぶのです。

これらの情報は、ネットの転職サイトに詳しく掲載されていますので、じっくりと確認することができます。

それ以外には、有料で転職をサポートしてくれる会社もあります。

転職エージェントという有料職業紹介事業所のことです。

厚生労働大臣から認可を受けた斡旋を目的とした会社で、人材紹介会社や人材バンクとも呼ばれています。

転職エージェントに登録すると、転職希望者に対して求人情報を提供して希望する職種の企業をまとめて提案してきます。

そして、転職希望者の性格やスキルを聞き取りしてから、希望に見合う企業を提案するのです。

さらには、採用条件の確認、面接日程の調整、勤務先や入社日なども調整してくれるというメリットがあります。

細かなところでは、経歴書の書き方や面接の指導まで、支援してくれるのです。

初めての転職希望者にとっては、心強い会社なのです。

転職エージェントは、人材を探している企業からの求人の依頼も受けているので、転職を希望する人と企業の求人担当を繋ぐ存在なのです。

情報収集はしっかりと

転職したいと思う企業の情報は、一般的な企業のHPに掲載されています。

応募条件や日程も、その中で表示されているところも多いようです。

それ以外の企業の雰囲気や評価方法などについては、表記されていないのが現状です。

実際の企業の動向は、実際の社員などから聞き出すことぐらいしかできません。

後は、転職エージェントから、詳細な情報を得ることが必要になります。

転職してから、こんなはずでは・・・とならないように、情報収集は厳密にしっかりと行うことが大切です。

自分の強みを認識する

自分の特徴や特技、自分の強みを認識しておいて、それに見合う企業を選択することです。

背伸びして入社しても、いずれ正直な評価が出るわけですから、自分の強みを活かせる会社が理想です。

30代転職者に求められることを考える

人手が足らないという情報もよく聞くのですが、これは正社員以外の契約社員やアルバイトの世界のようです。

ハローワークの正社員有効求人倍率は1以下の水準です。

正社員の雇用については、まだ厳しい状況なのです。

そこで、30代の転職者に対しても、自分のスキルと実績をよく認識して、応募することが必要です。

それでは、求人側の企業の要望することは、どんなことでしょうか。

即戦力になる

30代の転職者の強みは、何と言っても仕事を経験してきたので、即戦力としての強みです。

少なくとも、入社後10年前後の期間を働いてきたので、その経験からマネジメント経験もあると判断されて、希望する職種が合致すれば、あなたに対する期待も大きくなるのです。

次期幹部候補

あなたのスキルが仕事に活かされて、チームが活性化されるようなことになると、上司からの信頼も高くなって、将来の管理職候補にも慣れます。

身の丈に合った条件を選ぶ

仕事仲間からの信頼を得るためにも、自分の特徴や長所短所も自覚して、身の丈に合った条件の企業を選ぶことです。

自分の経験やスキルを考える

あなたに求められているのは、あなたの経験やスキルを活かして、問題を解決したリ新しい分野に挑戦できる組織に作り替えることです。

自分の経験やスキルをよく考えてください。

高望みはしすぎない

高収入、好待遇の会社を初めから希望するのは無理です。

転職の世界も応募者が多く、転職エージェントに登録すればすぐに見つかるという甘いものでもありません。

未経験や異業種を避ける

もし転職が成功しても、あなたを待ち受けている人は、あなたの経験やスキルに期待を寄せているのです。

このような仕事は初めてです、などの状況では信頼されません。

できるだけ経験を活かせる会社を選択して、異業種は避けるべきです。

どうしてもその仕事がしたいならアリ

しかし、給料が下がっても、環境が悪くても、どうしてもその仕事がしたという熱意があるなら、応募もアリと思われます。

給料や待遇が悪くなる可能性

自分はこれは得意な分野だと思っていても、30代という年齢から若い人には後れを取ることもあります。

年齢で差がついたり、給料や待遇が悪くなる可能性もあると思ってください。

マネジメント経験を活かす

30代の特徴は、これまでのマネジメント経験が豊富だということです。

これを活かせる分野にまずは転職すべきです。

経験がないと少し難しくなる

30代の転職者に期待していることは、これまでの経験です。

転職を繰り返していたり、休職の期間が長く経験が浅い人は、採用も難しくなります。

️30代の転職はまだまだ売り手!

今の30代の転職に関しては、まだ転職市場は活況と言われています。

失業率は比較的低水準で推移しています。

有効求人倍率も1を超えて、景気が良いように思えます。

しかし、正社員に限った有効求人倍率は1以下で、正社員に関して言えば狭き門なのです。

現在の雇用形態は以前に比べて大きく変化し、非正規社員が増加している傾向です。

そんな中でも、30代の人材は、マネジメント経験も豊富で、就職氷河期を生き抜いて来た経験もあるので、まだまだ売り手市場だとも言われています。

どうしても転職を考えている人は、自分のスキルや経験を自覚して、それを充分に活かせる企業を選別してから応募することを望みます。

今と比べて、全ての面で優位な企業というものはほとんど見つかりません。

あなたの大事な目標を達成できる企業に絞り込んで、応募すべきと思います。

30代はまだまだ若いのです。

決心したらチャレンジあるのみです。

【転職のタイミングについては、こちらの記事もチェック!】