みなさんは、なんでも話せるような友だちがいますか?

学校や仕事などでみんながストレスを抱える時代ですが、話をよく聞いてくれたり、気持ちを共有できたり、落ち込んでいるときや悩んでいるときなどに相談できるような人がいてくれると本当に心強いし、助かりますよね。

それに、自分の趣味の話が心置きなくできたり、暇なときに連絡ができる友人がいると楽しいですよね。

やっぱり、人は一人で生きていくのは辛いし、友だちが必要です。

でも、環境が変わってしまったり、あまり友だちがいないという人にとっては、友人を見つけるのは簡単ではないかもしれません。

そこで、インターネットを利用して友だちを見つけている人たちもいます。

でも、インターネットの友だち掲示板などで友だちって見つける事ができるのでしょうか?

サイトを利用するなら、どのサイトが人気なのでしょうか?

今回は、ネットの友達募集掲示板などで友だちを作るとき気を付けるべきポイントや、みんなが使っている使えるサイトなどをご紹介してきたいと思います♪

友達は多い方?少ない方?

みなさんは、心置きなくなんでも話せたり、一緒に出かけたり、暇な時にすぐに連絡できるような友だちがいますか?

何人かいる、という人は幸せな人です。

友だちというのは、みんなほしいと思っているけど、作るのが難しいこともあります。

人生の中で、親友と呼べる人が一人でもできる事は幸せだと言われています。

それくらい、親友というのは作るのは難しいのです。

まあ、親友とまではいかなくても、何かあったときに連絡したり、一緒に趣味を楽しんだり、お茶をしたりできる友だちがいると、毎日が楽しいですよね。

逆に、友人と呼べる人が一人もいないと、すごく孤独に感じたり、だれかと関わりたいって強く感じるときもあるでしょう。

みなさんは、どうですか?

友人は多いほうですか?

少ない方ですか??

人によって友人とはどんな関係の人なのか、ということもちょっとづつ考え方が違うし、どの程度の付き合いを望んでいるかも違うので、何人いれば充分、とははっきり言い切れないかもしれませんが、寂しいと思ったときや、暇でどうしようもない、と思ったとき、さらに何か人と話したいと思ったときに、連絡できる人が1人か2人はほしいものですね。

いくつになっても友達は欲しい!


女性は、主婦になると家事や子育てに毎日が終われ、社会との関わりが少なくなるので、友だちが少なくなってしまうということがあるようです。

地元にいて、以前からの友人がいる場所で生活しているならまだましですが、夫の転勤などで新しい土地にきたりすると、なおさら友だちを見つけるのが難しいということもあります。

男性も、転勤などが多い職業を持っている人は、知り合いが誰もいない土地に引っ越しをしてから、友人が見つけられなくて寂しい思いをすることもあります。

学生さんだって、新しい学校になってから、どうしても友だちがつくれなくて悩んでいる人もいますね。

人は、いくつになっても友だちの存在というものを求めるようです。

学生さんであれ、独身であれ、既婚者であれ、立場はみんな違うとしても、友だちがいることで毎日が充実したり、日々の生活が楽しく、がんばる力をもらうことができるんですね。

逆に、孤独に耐えるということは大変に辛いことになります。

なので、何歳になっても、どんな状況になっても、「友だちが欲しい!」と思うのはみんな自然の感情であり、必要であることがわかりますね。

学校や職場以外で友達を作りたい

何歳になっても、学生さんであれ社会人であれ、主婦であれ、みんな友だちの存在を必要としています。

しかし、今の自分の過ごしている環境になじめなかったり、新しい土地に来ていて、友だちが一人もいなかったり、さらには人と話したりコミュニケーションを取るのが苦手で、幼いときからずっと友だちがいないという人もいます。

さらに、友人は何人かいても、自分の顔見知りじゃない人、つまり赤の他人に話を聞いてもらいたいということもありますよね?

自分の生活に直接関係していない人たち、例えば学校や職場以外のところで友だちがいたらいいのに、と感じたことがあるかもしれません。

学校や職場というのは、友だちを作りやすいといえますけど、日頃の生活空間とはまた違ったところで交友関係があると安心することもありますからね。

でも、学校や職場など以外でどうやったら友だちを作ることができるのでしょうか?

忙しい毎日の中では、なかなか交友の輪を広げる事が難しいという人もいるでしょう。

インターネットの友達掲示板がおすすめ

そんな人達にとって、インターネットにある友達掲示板が友だちを作る一つのツールとなっているようです。

そこでは、全国にいる友だちを募集している人たちと知り合う事ができます。

昔では考えられなかったことですが、今は世界中の人簡単につながる事ができる世界なので、このような形での友だちづくりも当たり前となっているわけですね。

通常、ネットサイトに登録して、そのサイトに登録している人の中で友だちを作るということができます。

ネットの友達募集掲示板を利用するメリットというと、やはりいろんな場所にいる、たくさんの人達と友だちになれる、ということでしょう。

話すのが苦手でもコミュニケーション出来る

さらに、それだけではなく話すのが苦手という人もネットでのメールのやり取りだったら友だちになりやすい、ということもあるでしょう。

実際に、人と面と向かってしまうとすごく緊張したり、うまく話せないという人も多いかもしれません。

しかし、ネットでの書き込みという形なら、自分の気持ちや考えを伝えやすかったり、気楽に感じるという人もいます。

学校や職場の友だちには直接いえない悩みなども、ネットで知り合った人なら話せるということもありますしね。

過去の辛いトラウマなどがある人も、ネットでのコミュニケーションのほうが楽に感じることもあるでしょう。

同じ趣味・嗜好の人と繋がれる

友達掲示板などでは、検索条件を絞ることができます。

例えば、アニメ好きの人で友達募集をかければ、同じ趣味を持つ人達と知り合うことができます。

自分の周りに、自分の趣味を理解してくれる人がいなくてつまらない、という人も、ネットの力を借りれば、全国のどこかにいる同じ趣味・趣向の人をきっと見つけることができます。

マイナーな趣味であれば特に、、近くに同じ趣味の人を見つけるのは難しいかもしれませんので、ついに情報共有できたり、同じ感覚で話ができる人を見つけられると、すごくうれしいかもしれませんね。

相談しやすく愚痴も話し易い

そして、やはり自分を知らない人と話せるということで、人には到底言えないこともいちゃう、というメリットがあるようです。

例えば、自分のリアルな生活の中で感じている愚痴など。

家族のこととか、学校や職場の人のことなどって、その人本人を知っている人や、自分を知っている人にはなかなか言えないことがよくありますよね。

口に出してしまったら、そのあとが大変になりそうだから言えないけど、でも誰かに聞いてほしい・・・。

そんなときにも、リアルの自分を知らないネット上の友だちになら、気兼ねなく話せたり、相談することができるかもしれません。

ネットでは、そんなリアルでは口に出せない、恥ずかしいこと、心に溜まってしまった愚痴などを言いたい放題言えるわけです。

自分を知らない他人にだからこそ、どう思われるだろうということを心配せずに、話せるわけですね。

さらに、もし相手と気まずくなってしまったときに、簡単に円を切れるということもメリットの一つだと感じている方もいるようです。

学校や職場や家庭というのは、自分の毎日の生活空間であり、簡単にそこから抜け出すことはできません。

だからこそ、厄介な人間関係トラブルを抱えたくないですよね。

気まずくなって、どんなにそこから逃げ出したくなっても、毎日そこにいなくてはいけないんですもん。

でも、ネットの友だちならもし、もう連絡取りたくないな、と思ったら、自分から簡単にブロックできちゃうわけです。

まあ、だからこそ本音で言いたい放題できる、ということなのでしょう。

リアルな友達関係では、本音で言いたいことを言える人、なんでも相談できる人、というのを見つけるのは難しいものです。

身近な人にそのような人がいるならば、それは本当に幸せなことですし、心強いのですが、身近にそのような人がいない場合に、誰でもいいから聞いてほしい、本当の自分の気持ちをぶちまけたい、本当の自分をさらけ出したい、という願望から、ネットで友達検索をして、自分という人間をまだ知らない人との繋がりを求めるのかもしれません。

友達募集掲示板で気を付けるべき7個のポイント

インターネットを通じて、日本国内だけでなく全世界の人と繋がりを持つことができるようになった現在、友だちもネットで探すこともできるようになっています。

ネットを通じて、自分と趣味・趣向が同じだったり、関心事が似ていて共通の話題で盛り上がることができる人を見つけたり、さらには、人にはなかなか言えないような愚痴や相談事も話せたりする、というメリットがあるようです。

さらに、人と話すのが苦手な人でもネットを通してメールやチャットの形でなら、コミュニケーションを取りやすい、という人も少なからずいるでしょう。

人とのつながりや交友をみんな求めているのですが、それぞれの状況ゆえに、なかなか友だちを見つけられなかったり、作ることが難しい場合に、ネットの知大募集掲示板を利用することにするかもしれません。

ネットならではのメリットがたくさんあるわけなのですが、しかし、残念ながらデメリットや危険が潜んでいるのも事実です。

友達募集掲示板に来ている人たちがみんな、誠実で、みんないい人ならば問題ないのですが、皆さんもお気づきの通り、中には自分の本当の正体を隠して人を食い物にしようとしている人たちもうようよいるのです。

なので、その危険と注意点について確認しておくのはとても大事なことでしょう。

では、友達募集掲示板を利用する際に、気を付けるべきポイントについて見ていきましょう!

1、個人情報は絶対教えない


友達募集掲示板というのは、大抵だれもが簡単に見ることができます。

つまり、不特定多数の人が見ているということで、その中には本当に友達を探している人だけではなく、人の個人情報を盗もうとしている犯罪者たちもいるのです。

特に出会い系などでも多いのですが、こちらに興味のあるふりをして、個人情報を盗もうとする人たちはたくさんいます。

それで、仲良くなるとすぐにこちらの個人情報を聞きたがる人には注意しましょう。

サイトを利用する際には、こちらの個人情報を入力しなくてはいけないようなものは避けましょう。

例えば、メールアドレスを回収する目的で活動している業者は、友達になったふりをして、メールアドレスを回収しようと、別のサイトに誘導しようとすることがあります。

さらに、電話番号やLINEのIDなどを入力させようとすることもあります。

そのようなものや、他にも個人を特定できるような情報も絶対に乗せない、教えないようにしましょう。

例えば、自分の本名を乗せるなんてもってのほかです。

ニックネームを使用します。

年齢とか仕事、さらに住んでいる地域なども大丈夫だと言われていますが、会社名とか最寄り駅などの生活している場所が特定できるような情報もNGです。

言うまでもありませんが、住所とか銀行口座情報とか、身分証情報などは絶対に教えてもいけませんし、SNS上に載せてもいけません。

事件に巻き込まれる可能性が

もし、個人情報を教えてしまうと事件に巻き込まれる可能性があります。

例えば自分のメールアドレスを教えてしまったがために、毎日のように大量の迷惑メールが来るとか、架空請求とか詐欺らしきメールが届くようになった、ということはしょっちゅうあることです。

それも、そのメールに添付されているURLなどにアクセスしてしまうと、有料サイトに誘導されてバカ高い使用料を請求される、というケースもあります。

身分証を送って、住所を特定されることもあります。

「何かの抽選で当選したのであなたの口座にお金を振り込みたい」というような内容で、こちらの口座番号を要求してきた場合、「口座番号を教えても別に問題ないでしょ」と思うかもしれませんが、”押し貸し”という詐欺にあう危険があります。

押し貸しというのは、口座に勝手にお金を振り込んできて、後で法外な金利をつけて請求してくる詐欺です。

知らない番号から電話がかかってきて脅しを受けたり、「このまま放っておくと裁判になります」というようなハガキが届いたりという被害にあることもあります。

2、LINE IDなど気軽に交換しない

LINEの友達募集掲示板も人気ですよね。

LINEは手軽だしかなり便利なので、今やだれもが利用しています。

出会いのツールとしてよく取り上げられることもありますね。

しかし、このLINEの友達募集掲示板というのはLINE非公式サイトです。

そこではLINEのIDを簡単に交換できます。

登録だって無料だったり、会員にならなくても交換できる場合も多いです。

別のサイトなどで知り合った人でも、サイト以外で連絡を取り合おうとする場合に、LINEを交換することも多いでしょう。

しかし、このIDを交換してしまうことにより多くのトラブルが発生しています。

例えば、IDを特定の人に教えた結果、その人がIDを勝手にばらまいたことによって、こちらの全然知らない人たちから大量の迷惑メールが届いた、という経験をしている人もいます。

それも、その中にはキモイことを聞いてきたり、変態もいっぱいいて、それもひっきりなしにメールが届くので本当にうんざりするような経験をしているみたいです。

乗っ取られてしまうかも

さらに、アカウントが乗っ取られるという危険もあります。

じつは、LINEのアカウントって結構簡単にのっとることができるらしいのです。

みなさんも実際に、周りの人でアカウントが乗っ取られた人を知っているかもしれません。

アカウントを乗っ取られると、勝手に友達にLINEが送られていて、それも詐欺に利用されていることがあります。

例えば、自分のLINE友達から急に「◯◯のプリペイドカードを買うのを手伝ってくれない?」というようなメールが届いたことはありませんか?

それも、かなりの高額な金額を要求してくることもあり、「あれ?変だな。なんでこんなメール送ってくるんだろう??」と思うかもしれません。

そして、実際に本人に確認してみると、本人はそんなLINEを送っているわけもなく、乗っ取られて勝手に悪用されていた、ということが判明するのです。

他にもこれからいろいろな手口でアカウントを乗っ取り、勝手に悪用されてしまうことが考えられます。

なので、簡単に人にIDを教えることがないように注意してください。

3、誹謗中傷する書き込みはしない

ネット上なら、なんでも言いたい放題、書き込みたい放題だと思うかもしえませんが、じつは違います。

確かに、ニックネームで登録し、自分のことを誰も知らない場所では、大口をたたいてしまうこともあるでしょう。

ネットでの書き込みの中には、たくさんの批判とか中傷も見かけますよね。

そのようなものを受けて、サイトやSNSを閉鎖せざるを得なくなったユーザーもいます。

批判したり、誹謗中傷する側の人は、それを書き込んでいるのが自分だとは気づかれないということで、言いたい放題するのかもしれませんが、じつはそのことで裁判になったり、犯罪告訴されることもあるんです。

つまり、加害者として訴訟や刑事罰の対象となる可能性もあるということです。

例えば、ある企業に対して批判をしたとします。

自分としては、熱くなった気持ちをそのままネットに書き込んでいるだけで、それは企業に対する指摘に過ぎないと思うかもしれません。

しかし、それがエスカレートすることによって企業の評判を大きく損なったり、それによって売り上げも低下させるほどになったりするとします。

その場合、企業に対して過度の誹謗中傷をした、悪意のある書き込みをしたということで、営業妨害をしたことになり告訴されるかもしれません。

個人に対しての書き込みも、誹謗中傷や名誉毀損ということで訴えられることがあります。

その場合には、警察が介入します。

そうしたら、個人を特定されることになり、自分は加害者として出廷しなくてはいけなくなるでしょう。

指摘という感覚で、悪意のある書き込みをしたり、それがエスカレートして脅迫になったりする場合もそうです。

名誉毀損罪となると、3年以下の懲役または50万円以下の罰金が課されることになります。

犯罪者としての汚点がつけば、人生がめちゃくちゃになるでしょう。

迷惑行為もしない

それで、ネットで匿名だからといって、なんでもかんでも書き込んでも問題がないと思ってはいけません。

誹謗中傷となる書き込みは絶対にやめましょう。

人としてのモラルの問題でもありますしね。

さらに、迷惑行為もやめましょう。

例えば、わいせつな書き込みをしたり、利用者を不快にさせる行為、さらに不正な動作を行うタグを書き込んだりするような掲示板を荒らす行為は絶対にやめましょう。

4、感情的に任せて書込みしない

分かっていて意図的にする誹謗中傷はもちろんダメですけど、他にも感情的になって書き込みをしないように注意しましょう。

例えば、他の人の意見に腹が立って、反論するときに相手の人格までも否定したりとか、脅しのような言い方をしたりなどをしてしまうことがあるかもしれません。

その場合でも、加害者となってしまうかもしれません。

簡単に書き込みができるゆえに、あまり考えずに書き込みをしている人が多いかもしれませんが、一度ネット上に挙げてしまった自分の書き込みはまたたくまに世界中に広まって、それを完璧に消すことなどできないでしょう。

なので、感情に任せて書きこみをせずに、投稿する前に一度チェックしましょう。

掲示板でのいざこざが事件に発展する事も

怒りやその場のノリで、よく考えずに書き込みをした内容が、自分たちが思っても見ないところにまで拡散されて、トラブルが起きたというケースもよくあることです。

掲示板でのいざこざが実際に事件に発展することもあるのです。

よく考えずに、感情のままに書き込んでしまったことが、自分の生活をめちゃくちゃにしてしまうなんて、すごく残念なことですね。

やはり、自分の行動や発言には、いつどんなときも、ネット上であっても責任を持たなくてはいけないということですね。

5、成りすましに注意する

友だちを探したいと思って、サイトを利用しているわけですが、その中に紛れ込んでいる業者などと出会うことはたくさんあります。

それで、そのような成りすましに注意して、見極めていかなくてはいけません。

成りすましというのは、第三者がある人物本人であるかのようにして書き込みをしたり、メールを送ってきたりすることです。

芸能人とか有名人、さらにはそれらの弁護士のふりをして、メッセージを送ってくることもあります。

もちろん、一般人も成りすましの被害にあっています。

怪しいと感じたら関わらない

知人のふりをして、変なサイトに誘導したり、商品を買わせようとしたりすることがあります。

さらに、個人情報をうまく聞き出そうとすることもあります。

何が目的で成りすましを行っているのかわからない場合もありますが、その場合でも関わるのは危険です。

それで、何か違和感を感じたり、怪しいなと思ったら関わらないようにしましょう。

好奇心で友達になったりすると、被害にあう可能性があります。

6、利用する掲示板を適当に選ばない

どこの友達募集掲示板を利用するか、ということもちゃんと考えなくてはいけません。

どこも同じだろうということで、適当に選ぶのはやめましょう。

すべて無料という言葉につられて、悪徳サイトに登録してしまったという人もいます。

個人情報を抜くサイトもある

中には、個人情報を抜き取ることが目的のサイトもあります。

なので、本当にそのサイトが安全なのか、信頼できるのかということを確かめてから利用しましょう。

聞いたこともないようなサイトや、設立されたばかりのサイトなどには特に注意しましょう。

7、礼儀正しく接する

ネット上でも、礼儀は必要です。

顔が見えない相手だとしても、相手はどこかで生活している人たちです。

本当に、友だちが作りたいと思っているなら、相手の感情を思いやったり、失礼なことや迷惑行為をして困らせたり、掲示板の雰囲気を悪くしたりすることはしないようにしましょう。

挨拶が大事

掲示板の中にも時々注意している人がいますけど、挨拶がない人は相手にしてもらえません。

どこの世界でも、挨拶というのは基本中の基本で、人との関わりの中では必要なマナーですね。

気軽にチャットができたりメッセージが送れるとは言え、挨拶は忘れずにいたいですね!

使えるサイト5選

注意点の一つにもありましたが、利用するサイトを適当に選ぶのは危険があるということでした。

やはり、サイトとして信頼されているところに登録しないと、迷惑メールが大量に届いたり、個人情報が流出したり、そこにいる人のほとんどが業者だったりすることがあります。

もちろん、どこのサイトにも危険がありますし、変な人たちが潜んでいますから、各自が自己責任で危険を回避していかなくてはいけませんが、多くの人が使っているサイトをピックアップしてみました。

1、PCMAX

出会い系マッチングサイトといえば、PCMAXといえるほど有名なサイトです。

創設10年以上であり、なんと会員数は1000万人を突破しています。

機能も充実しています。

友達掲示板が充実している

PCMAXというと、アダルトな出会いが主なイメージがありますが、そこで趣味友や飲み友を作ることもできるようです。

PCMAXは、掲示板が充実しているのですが、中には「ゲーム友だち募集」「同じ趣味の人募集、「ランチやディナーにいこう」というものがあります。

セキュリティも万全

安心、安全の取り組みとして、24時間365日の監視体制や、メールでのサポートを行っています。

さらに、18歳以上の年齢認証もしていますし、個人情報の外部流出を防ぐために、外部に委託することなく独自のデータセンターで管理されています。

2、ジモティー

地元の掲示板「ジモティー」は、地元の人と交流したり、格安で、あるいは譲渡という形で物を売買できる掲示板サービスで、住んでいる自分の地域の掲示板から友達を見つけることのできるコミュニティー機能があります。

つまり、物を簡単に売ったり買ったりすることもできるし、求人や友達募集ができたりします。

地域を限定して探せる

ジモティーでは、全国の友だち募集情報の掲示板があり、自分の地域を限定して探すことができます。

地元で友達が欲しいという人も利用することができますね。

友達募集も無料で出来る

LINE友達募集とか、飲み仲間を募集していたり、同じ趣味の人を募集している掲示板など、たくさんあります。

無料でできるところもうれしいですね。

3、メルカリアッテ

フリマアプリとして有名なメルカリですが、「メルカリアッテ」というものもあります。

これは、ご近所さんと直接会って相談とか、友達を作ることができる、会員登録や利用も全部無料のコミュニティーサービスです。

監視体制もバッチリ

24時間365日知性の監視と、登録時に電話番号や生年月日などのアカウント情報を登録しないといけないというシステムで、不正にアカウントを複数登録できないようになっています。

さらに、外部サイトへの誘導などを取り締まっています。

メルカリアカウントでも利用出来る

その名のとおり、メルカリグループが運営しているアプリで、「メルカリ」の会員登録情報と連携しているそうです。

それで、メルカリアカウントを持っている人はそのアカウントで利用できるので、手軽ですね。

安心して取り引きするための、3つのポイントもサイト内で掲載されていますので、確認し利用しましょう。

4、ハッピーメール

「ハッピーメール」も、国内最大のマッチングアプリとして有名です。

累計登録数は、15000万を超えています。

会員登録する前に、掲示板お試し機能を利用することができ、掲示板に投稿されている最近の書き込みをチェックすることができますよ。

友達掲示板に力を入れている

ハッピーメールもアダルトな出会いも多いですが、友達掲示板にも力を入れているようです。

メル友募集の掲示板や、趣味友募集もあります。

ライトな使い方も出来る

ハッピーメールは、かなり気軽に利用している人が多いです。

多くの人はなんか気が合いそうな人がいたらいいな、くらいなノリで使っているようですね。

そして、気が合う人がいたら恋に発展するかも、くらいです。

もし合わなければすぐにフェードアウトすればいいみたいです。

5、友達がいない!

「友達がいない!」は、社会人やOLなどが中心のコミュニティーサイトで、みんな友達がいないという悩みを持つ人たちのサイトと紹介されています。

40代以上の利用も多い

サイトには、20代30代の人社会人やOLたちが集まるコミュニティーとありますけど、40代以上の利用も多いみたいです。

迷惑行為と判断された書き込みをしているユーザーに対しては、強制退会または投稿ができないような処置がとられているようです。

危険性も理解した上で友達掲示板を利用する

マッチングアプリや、出会い系のサイト、さらには情報掲示板を扱うサイトにも、友達募集の掲示板があります。

メル友を募集していたり、飲み友や趣味友など実際に会ってお話しができる友だちを募集していることもあります。

そのどれを利用するとしても、ネットでの手軽な出会いを期待する以上は、危険もあることを覚えておきましょう。

危険も理解したうえで利用することにしたならば、自分自身マナーを守って正しく利用するようにしましょう。

【おすすめの掲示板アプリは、こちらの記事もチェック!】