人間は人それぞれ生まれ持って育ってきた環境が違いますので、人によって性格がまるっきり異なっているのは誰もが知っている事実です。

なぜならば、育ててくれる親によって教育方法は異なっていますので、何を大事にして育てられてきたのかということは人によって違うからです。

そして、自分が育ってきた環境の中で密接な関係性にある人間、つまり友達や先生などの影響も大きく受けるため、性格などは大きく変化するようになります。

性格が違うということは、物事に対する考え方なども全く違うということになりますので、考え方によってはこれが魅力に繋がったり欠点につながってしまったりする場合があります。

例えば、周りに対して協調性があるという人物に関しては、周りと同調してうまく馴染むことができやすいのでコミュニケーション能力が高く、周りとトラブルを起こすことがない人間であると評価することが出来るはずです。

しかし、反対に考えてみれば、協調性がありすぎてあまり自分自身の主張を通すことができないような人間であると見ることもできます。

このように人間にとって見方を変えるだけで長所と欠点は相反するような存在になるものなのです。

だからこそ、ポジティブな考え方をして、自分の長所を伸ばせるような人間になる方が魅力的な人間になり、人生を生きやすくすることが出来ます。

そこで今回は長所をテーマにして、長所一覧をまとめてご紹介していきたいと思います。

これから転職や就活で面接などを控えている方だったり、自分の長所を自己分析して今後大きく生かしたいと思っている方は、自分の長所を見定めるきっかけにしてみてください。

就活で使える?!あなたの長所はどれ?

自分の長所を把握しておくということは人生を生きやすくすると先ほどご紹介しました。

いったいなぜ自分の長所を把握知っておくことによって人生を生きやすくすることができるのでしょうか?

それは、自分の長所をしておけば様々な面で優位に動くことができるからです。

例えば、一番活用される画面としては企業に就職したいと思った時に面接をしてもらう時だと思います。

社会人としての経験がある方であれば一度くらいは面接を受けたことがあると思いますが、面接を受けた時に必ずといって言うこと聞かれるのは自分の長所そして短所です。

だからこそ、自分の長所をしっかりと把握しておくことによって、自分はどういう人間なのかということを相手に明確に伝えることができ、客観的に自分のことは見ることができる人間だと主張することができる上で、自分の魅力的な点を相手に複数アピールすることができます。

自分の魅力的な部分を相手にアピールすることができれば、その企業にとって必要なスキルを持っていると認定されると面接が通りやすくなります。

即ち、自分を雇ってくれる可能性が高くなり、採用してもらえる可能性が上がります。

それ以外にも、自分の長所を知っておくことによって自分に対して自信を持てるようになれるはずです。

自分に対して自信を持っている人間は必ず自分の長所の部分を把握しています。

その反対に自分に対して自信を持っていないような人間は自分の長所を全く把握していないことが多いです。

自分に対して自信を持つことによって、様々な場面で堂々と行動することができますし、物事の捉え方が前向きな捉え方になりますので、人生において様々な場面で成功しやすくなります。

これらのことを踏まえて考えてみると、自分の長所を知っておくことが様々な面で優位に動くことができるということにつながるのです。

だからこそ、自分自身の長所くらいは早い段階で知っておかなければいけないのです。

結果的にそれがあなたを大きく助けてくれる考え方に結び付くようになるからです。

長所一覧12選。転職や就活の自己分析で参考に!

長所を知っておけば、自分の魅力を相手に効果的に伝えるだけではなく、自分に自信を持てますし、場合によっては自分の長所をさらに大きく伸ばす事にも繋がります。

もちろん苦手な部分を得意に変えていく作業も大切ではありますが、自分が得意なことをどんどん伸ばしていくのも一つの武器になります。

それを上手に生かすことによって社会でうまく立ち回ることもできるようになりますし、あなたにとってかけがえのない武器になり得る可能性も十分秘めています。

それを踏まえた上で、ここからは人間の中に存在しているたくさんの長所をまとめてご紹介していきます。

自分自身にはどういう長所があるのかまだ分かっていない方、もしくはこれから何かしらの長所を作りたいと思っている方は自分にどういう長所が当てはまるのか、若しくはこれからどんな長所を作っていきたいのかということを考えるきっかけとして利用していただければ幸いです。

粘り強さ


就活などの場面で、自分の長所を大きくアピールしなければいけない場面でかなり重宝される長所は粘り強さです。

自分の長所をアピールする上で粘り強さをアピールする人間はかなり多く存在しています。

なぜ粘り強さをアピールする人間が多くいるのかと考えた時に、企業にとって粘り強い性格を持っている人間は魅力的だと考えられているからです。

どうして粘り強い人間が魅力的なのかと考えた時に、粘り強い性格をしている人間の方が業務に対してしっかりと向き合って行うようになったり、辛いことがあっても逃げない人間性であることを示しているからです。

なぜならば、粘り強い性格をしているからこそ分からないことがあったり辛いことがあったりしても、それを理解するために努力をしようとするはずです。

しかし粘り強い性格ではない人間だとすれば、こんなに当たってしまった時にその壁を乗り越えることができないでくよくよしてしまったり、分からないことや辛いことがあったりした時にそこから逃げようとする人間性を持っている可能性が考えられるからです。

戦力にならないような人間を新卒として雇う場合には、技術の差がそこまでないのですから結局内面、もしくは学力でしか相手の魅力を大きく判断する材料がありません。

そう考えた時にはやはり粘り強い性格をしているという事は大きなアドバンテージになりやすいので、長所として大きく判断する事が出来るという事になります。

ちなみに、自分が粘り強い性格をしているということを示す場合には、具体的な根拠なども合わせて相手に伝えると分かりやすくなるはずです。

例えば、一般的には難しいとされるようなことを継続した努力で実現できた、相当な努力をしなければ得られないようなもの、つまり資格を取得したとか、部活で賞を受賞したとか、何かしらの実体験なども併せて相手の説明するとより理解してもらえるはずでしょう。

持続力

人間の長所となり得る部分として、持続力も大いに評価されるべき点として知られています。

なぜ持続力が評価される点になり得るのかと考えた時に、持続力は先ほど触れた粘り強さと同等の魅力を兼ね備えている特徴だと判断することができるからです。

なぜなのかと考えた時に、大きな成果を出すためには継続した努力を行わなければ絶対になし得ることができません。

なぜなら、たった1日どれほど頑張ったところで、それを一年続けているような人間の足元にも及ばないからです。

どんなにセンスがある人間だったとしても、たった一日走り込んだだけで100mを9秒台で走る事など困難です。

しかし、それを何年も何年も継続して努力し続けてきた人間なら可能になるのです。

だからこそ、より大きな成果を上げるためには、継続した努力が絶対的に必要であり、それを行うためには持続力がなくては絶対に無理なのです。

だからこそ、飛び抜けた実力がなくても、絶対に諦めない精神力が持続力を持っている人間を採用した方が後々のことを考えると大きな結果を出しやすくなるのです。

なので持続力が多いに評価されるべき点と考えられています。

持続力に関したアピールする際も、これまでの実体験を踏まえた上で相手に伝えるとより理解してもらいやすいです。

持続力をアピールする点としては、自分が困難だと感じたことは難しいと感じたことに対しても挫折も交えながら相手に話すことで、よりリアルな体験を伝えることができると思いますので、工夫しながら相手に伝えることでより理解してもらえるはずです。

努力家

努力家というキーワードも自分の長所を表す上で一般的に認知されている言葉です。

なぜ努力家が評価されるのかと考えた時に、努力家は継続した努力を行うことができる人間性である可能性が高いからです。

よく言われていますが、成功した人間は必ず努力を行っています。

努力行ったら必ず成功するというような綺麗事は存在しないのですが、それでも成功した人間は必ず努力を行っています。

だからこそ努力が行える人間を採用することによって、大きな成果を上げてくれる可能性がとても高いのです。

人はそれぞれセンスや才能などが違いますので、何かをやらせた時に早く習得したりできる人間もいれば、習得するのに時間がかかる人間もいたりします。

しかしながら、センスや才能を努力が上回る可能性が十分あります。

なので、確かにセンスや才能も大事ではありますが、それ以上に継続した努力を行うことができる努力家な人間の方が評価される傾向にあります。

だからこそ、自分の過去の失敗談からどのように努力を行ってきて今があるのかという結果を示すことで周りの人間に自分の努力家という魅力をアピールすることができるようになりますので、長所であると認められると同時に魅力的な人間だと判断してもらいやすくなります。

向上心

自分の長所をアピールする上で自分の向上心の高さを周りに見せつけたりするのも一般的に多く考えられています。

なぜ自分の向上心が高いと魅力的な人間だと思ってもらえるのかと考えた時に、向上心が高いということは周りと比べて高い目標を自分に設定することができたり、それに向けて必要な努力を言われないでも行うことができる人間性であると判断されるからです。

高い目標を自分で考えて設定して、それに向けた継続した努力が行えるようになると必ず結果が出るようになります。

たとえ結果が出なかったとしても、継続した努力を行い続ければいつか必ず一定レベルまでスキルなどは向上するはずです。

そう考えた時に、向上心を持っている人間と向上心を持っていない人間を比べてみると、人間性によって大きな実力の差がつくようにもなりますし、言われないでも自分で率先して行うからこそ魅力的な人材だと判断されやすいのです。

だからこそを向上心が高い人間は魅力的な人間だと思ってもらいやすいのです。

もしも向上心がない人間の場合は、自分ができないようなことを常に放置してしまいがちになり、人から注意されなければ自ら動くようなことをしない人間になってしまいます。

そう考えてみると、向上心がある人間の方がはるかにレベルの高い人間であると判断する事はたやすいです。

向上心を持っておくだけで、簡単に魅力的な人間になれますし、意識せずとも必要な努力を行える素晴らしい人格を形成することが出来ますので、身に付けておきたいスキルのひとつでもあります。

プロ意識


自分の魅力的な点をアピールする上でプロ意識をアピールすることも大きな効果を得ることができます。

そもそもプロ意識とはどういうものなのかと考えた時に、その名前の通りプロフェッショナルの意識を高く保つという意味です。

専門的な職業についている人間であれば、プロ意識を高く保たなければ自分の仕事をしっかりと行うことは絶対にできません。

なぜなら、プロ意識が高い人間ほど、仕事をきっちりとこなせるようになり、ミスが少なく、自分の仕事に責任を持つようになります。

だからこそプロ意識は魅力的な点としてアピールすることができるのです。

プロ意識が低い人間ほど、仕事のミスが多かったり、仕事を雑にこなしてしまったり、自分の今のスキルを高めようと向上心を持ったりしない場合が多いです。

自分の仕事に責任を持つという考え方を取り入れていれば、いい加減な仕事をしようとは思わなくなるはずです。

いい加減な仕事をしようと思わないのであれば、良い仕事をしなければいけないという観念に駆られますので、自然とどうすれば今よりも上手になれるのかという事を考えるようになります。

つまり、プロ意識を高く持っている人間は向上心を高く持っている人間とほぼ等しい意味合いと考えることができます。

そう考えていただければ、プロ意識を持っているということは人としての魅力がありふれているということが明白になるはずです。

専門性の高い仕事ではなくても、どんな仕事でもプロ意識を持って行う事でどんな仕事にも通用する人格を形成することが出来ますので、仕事によってプロ意識を持つ持たないという事を選ばないようにしてください。

几帳面

これは捉え方によって変化する可能性がありますが、一般的に几帳面であるということをアピールするのも長所の特徴に該当しています。

なぜ几帳面が長所だと判断されるのかと考えた時に、几帳面にあるということは何事に関しても丁寧に行うことができる人間だと考えることができるからです。

何事も丁寧に行うことができる人間は、物事を雑に行う人間に比べてミスをすることが圧倒的に少ないです。

几帳面に一つ一つの工程を丁寧に考えながら行うことによって、より物事を理解しながら把握しながら行うことができるようになります。

なので、最終的にはその作業に慣れた時スピードも伴うようになり、なおかつミスが少ないという事にもなるので、仕事の面において大きな魅力を発揮してくれる可能性が考えられるからです。

なので几帳面ということが長所であると判断され、魅力的な体につながるのです。

しかしながら、几帳面ということをアピールする際には、その企業の特色なども把握した上でアピールしなければいけません。

なぜならば、あまりにも几帳面すぎると自分よりも下の立場の人間の行いに対して強く指摘をしてしまったりする場合があり、完璧主義と似た状況になり、人から苦手意識を持たれたりする場合があります。

そして、これは慣れるまでの話かもしれませんが、あまりにも几帳面すぎると几帳面になることを意識しすぎてスピードがおろそかになってしまう可能性が考えられます。

スピードを意識して仕事が大切な職業につく場合は、とにかくスピードが伴っていなければ意味がないという場面もあるかもしれませんので、その点をカバーできるような魅力も兼ね備えておかなければアピールするのに少し足りない場合があるかもしれませんので、注意してください。

誠実

自分の強みや長所を相手から聞かれた時に、どんな場面でも必ず良い印象に受け取ってもらえる言葉として誠実というキーワードが存在しています。

一見すると、当たり障りのない、あまり大きな長所として認めづらいような言葉に感じるかもしれませんが、意外とこれが一番大切だったりもします。

なぜ誠実さが大きな長所として成り立つのかと考えた時に、誠実であるということは素直であるということと同じような意味です。

誠実であるということは、まず相手に対して嘘をつくようなことがありません。

そして、相手の言っていることに対して素直に耳を傾けて、それを実行する能力があるとも考えられます。

これがなかなか難しいポイントで、どうしても人間は自分がやっているやり方を重要視してしまう人が多く、相手のやり方に賛同するのが苦手だったり、ストレスに感じたりする人が多いです。

そのため、結果的に反抗的な態度を取ったりして人間関係が悪くなってしまったり、基本的な場面で扱いにくく感じさせてしまったりすることがあります。

しかし、誠実な人間にはそれがないので、人間関係も良好に行えるという事は協調性があるという事であり、人から好かれ、なおかつ注意をきちんと理解しますので、仕事などもきちんと行える可能性がとても高いのです。

なので、何をするにしても絶対的に必要なスキルでもあります。

なので、誠実という言葉どんな長所を差し置いてでも、必ず持っておかなければいけないスキルであり評価できる点として考えられているのです。

しかしながら、厳しいことを言うのであれば、これぐらいの長所は持っていて当たり前の長所にしかなりません。

あえて相手に対してアピールするにはどうしてもインパクトにかけてしまう一面も持っていますので、誠実さともう一つ何か付け加えて、結びつけながらアピールすることでより魅力的な点を作ることができるようになるはずです。

積極的

物事に対して積極的な気持ち、考え方を持っているという事はかなり長所の中でもアピールポイントとして認識されています。

企業にとっても相当大切なスキルだと考えられているものでもあり、たくさんの人間が積極的さをアピールして魅力的に感じてもらおうとしている場合が多いです。

なので、周りの人間全員が積極的さをアピールしすぎてしまうということもありますので、時には少し違ったアピール方法も考えておかなければいけないかもしれませんが、それだけ積極的だという言葉が魅力的だということに変わりはありません。

なぜ積極的さがここまで認められやすい特徴になるのかと考えた時に、積極的であるという事はチャンスをいかせる性格をしていると捉えられます。

目の前に転がっているチャンスを生かすも殺すも自分の積極的さが大切なのです。

チャンスはいつまでも待ってくれませんので、自分がここだと思ったタイミングで積極的にならなければ、チャンスをつかむことができませんし、いつまでも待っているような受け身な考え方はビジネスの面で害をもたらす可能性があります。

積極的な考え方を持つ事で、行動することが出来、結果を出せる可能性が高まります。

受け身な人がいくら待っている所で結果は出てきません。

だからこそ、受け身な人よりも、仕事ができなくてもいいから積極的さを持っている人間を採用する企業はたくさんあります。

なので、積極的さを身に付けるという事は魅力的な人間になれるという事にもなり、長所として成り立つと考えることが出来ます。

ポジティブ

物事に対してポジティブな考え方をすることができる人間も大きな長所として相手にアピールすることができます。

なぜポジティブシンキングをすることができる人間が長所として考えられるのかというと、結局世の中に起こり得ている物事に関しては自分自身の見方によって様々な考え方ができるようになっています。

その物事をポジティブな面で見るのか、それともネガティブな面で見るのかということで全く見方が変わってくるからです。

どちらでも見れるのであればどうせならポジティブな面で見た方が自分の力を大きく発揮しやすくなりますし、ポジティブな人間の方が周りに良い影響を与えられますし、リーダーとしての素質なども兼ね備えられます。

それ以外にも自己肯定感を持つことにもつながりますし、それは自信を持つということにもつながります。

周りに対する感謝の気持ちを持つこともできますので、人から好かれてコミュニケーションなども問題なく行える人間であると判断することができるからです。

もしもネガティブに考えてしまう人間であれば、積極的さを失ってしまい、自分に自信が持てないことから結果を出しにくくなってしまったりする場合もありますし、周りの人間のモチベーションを下げてしまう可能性も考えられます。

明るい人間と暗い人間を単純に比べた時に、暗い人間が欲しいと考えてる企業があるわけがないですよね。

なのでポジティブな考えをすることができる人間は大きな長所として捉えることが出来、魅力的な人材として考えられるということにつながります。

リーダーシップ

相手に対して自分の魅力をアピールする際には、自分にリーダーシップが存在しているということを伝えるのも一つの方法です。

なぜリーダーシップを持っていることが魅力的なのかと考えた時に、リーダーシップを持ってる人間は物事の決断力に富んでいる傾向があります。

決断力が乏しい人間がリーダーになりえるわけがないですし、決断力が乏しい人間が自分に自信を持って周りを引っ張ることができるかと言われればそうではありませんよね。

なので、リーダーシップを持っている人間は自分に自信を持ち、周りを引っ張っていく強さを兼ね備えていますので、精神的にも強いですし、決断力にも富んでいますし、積極的な一面をもっていると考えることができます。

企業に入社してすぐにリーダーシップを発揮する必要性はないかもしれませんが、いずれ役職などが与えられて部下の管理などを行う時には、当然リーダーシップが必要になりますし、大切なスキルになりますので、持っていない人間よりも持っている人間の方が圧倒的な魅力がある事に変わりはありません。

なので、リーダーシップを持っていると魅力的な人間であり、長所であると判断される傾向にあるのです。

交渉力

より高い自分の長所を相手に対して示したいのであれば、自分の交渉力を相手にアピールすることも大切なポイントになります。

なかなか社会的な経験がない方は自分の交渉力をアピールすることは難しいかもしれませんが、様々な経験をしてきた人間であれば自分の交渉力をアピールすることで相手に自分の交渉力を示すのは大きな効果があります。

なぜ交渉力が大きな長所になり得るのかと考えた時に、世の中は様々な交渉が存在しています。

例えば、世の中にはたくさんの人間が存在しておりたくさんの立場が存在しています。

自分の立場が変わったり、相手の立場が変わったりする事によって相手との話内容などは変化していきます。

それを踏まえた時に、別の考え方をしてみればあらゆる利害関係者としての面を持っていると考えることができます。

結局は自分にとって利益が持たされるように相手と妥協ポイントを探りあいながら話を進めていくことがビジネスの場面では大きなります。

それを踏まえて考えてみると、交渉力が弱いと自分にとってそんな選択をしないといけなくなってしまいます。

自分にとって損とは会社にとっても損なわけですから、逆に高い交渉力を持っている事をアピールできれば、会社にとって利益になる存在だと思われる可能性が高いです。

それ以外でも、プライベートの面でも交渉力が高い人間がいれば、トラブルに巻き込まれた時に回避することが出来る可能性が高まります。

なので高い交渉力を持っている人間は大きな力を持っていると判断されやすくなり、自分の長所として認めてもらいやすくなるのです。

しかしながら交渉力を身につけるためには様々な場面での経験が必要であり、なおかつ心理的なテクニックなども身に付けておかなければいけませんので、一朝一夕では身につかないという事も十分理解しておかなければいけません。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力を持っているということも自分自身にとっての大きな長所になり得る武器です。

なぜコミュニケーション能力を持っていると長所になるのかと考えた時に、コミュニケーション能力は日常生活のあらゆる場面、そしてビジネスにおいてのあらゆる場面において必ず必要になる能力だからです。

なぜならば、私たちは生きていく上で一人で生きていくことは絶対にできません。

たくさんの人間と関わり合いながら、社会の一員として人生を生きていくはずです。

そう考えただけに、自分の会社の人間だけとしか話さないとしてもコミュニケーション能力は必ず必要になりますし、社外の人間と話す機会が多いのであれば、必ず持っておかなければいけない能力です。

なぜならば、コミュニケーション能力がないと同じ社内の人からも嫌われてしまう可能性がありますし、社外の人とコミュニケーションが取れないと信頼関係が結べません。

そう考えると、コミュニケーション能力がないと社会ではやっていけないと考えることもできます。

もちろん一定レベルのコミュニケーションがあれば困ることは少ないかもしれませんが、職種によっては高度なコミュニケーション能力を持っていなければそもそも成り立たないような仕事などもあります。

例えば営業職などはその典型的な例です。

いかに相手と信頼関係を築けるかが勝負の仕事でもありますし、それ以外の仕事でも人脈などを形成するのはとても大切な事です。

その人脈を形成するのがコミュニケーション能力でもありますので、コミュニケーション能力が社会において必須であるという事はちょっと考えてみれば明白なのです。

なので、コミュニケーション能力は大きな長所になりえると同時に、社会で生きていく為には絶対的に不可欠な力であるという事がお分かりいただけるはずです。

就活で困った時に参考にしてみてくださいね!(まとめ)

なかなか自分の長所を見つけるということは難しいことかもしれませんが、まずは難しく考えずにポジティブな考えを持ちながら自分の性格を判断してみてください。

そして自分が過去にどんな体験をしてきたのかということを考えながら、その体験から自分の長所を結びつけて考えるようにしてみるとより説得力のある伝え方ができるようになるはずです。

もしも自分がどう考えても長所がないと感じるのであれば、そのようなものは作ってしまえば問題ありません。

どういう長所を身につけたいのかと考えて、それをアピールするための行動を実際にとってみれば良いだけの話なので、自分がどういう人間になりたいのか、相手はどういう人間が欲しいのかということを考えた上で綿密に計算してみると良い面接を突破しやすくなり、就活などの面でも役に立てると思いますよ。

様々な面で自分の長所を把握しておくということが役に立つことなので、早い段階で自分の長所を見付けて、自分のものにする努力を行ってみてくださいね。