あなたは自分が将来やってみたい仕事をすでに見つけることができていますか?

まだ学生の方の中には、自分が将来やってみたいことを見つけている人もいれば、見つけられていない人もいると思います。

理想の仕事を見つけるまでの時間は個人差がありますので、まだ見つけていない人は焦る必要がないのですが、早めに理想の仕事を見つけておいた方が早く行動できるという意味では大きなメリットがあると考えることができます。

だからこそ早い段階で出来る限り理想の仕事を思い描いていた方が有利なのですが、そんな理想の仕事の中には最近は海外で仕事をする事を目標にしている人がたくさん見受けられます。

なぜなのかと考えると、やはりグローバルな時代になってる今だからこそ、海外の語学の知識などを活かして仕事に結びつけたいと考えている方が多いのです。

いきなり海外に就職したいと思っている人もいるでしょうし、ある程度日本での実務経験を経た上で、海外に転職をしたいと思い描いている方もいると思います。

確かにこれからさらに外国とたくさんの関わりを持っていくと考えると、グローバルな知識を持っておくという事は非常にメリットがあると思います。

今の時代では、会社によっては予想していない状況で海外に転勤をさせられるといった事態などもあると思いますので、海外に興味をもっていない状況でも海外で勤務をする経験になる方もいると思います。

そういった事を踏まえて、今回は海外転職をテーマにして、海外転職になった場合に注意しておきたいことをご紹介していきます。

日本を飛び出し、海外へ転職!

日本を飛び出して海外へ転職をする、または海外で就職をするということを聞いた時に、どのような印象を受けますか?

人によっては華やかな仕事をすることができて羨ましいと感じる人がいるかもしれませんね。

しかしながら、その逆に海外で働くということをあまり良い事だと思えない人もいるのは事実です。

なぜならば、海外で働くということはこれまでの生活環境が一変するということになり、様々なストレス起きる可能性があると考えることができるからです。

慣れ親しんだ日本食があまり食べられなくなる可能性もありますし、海外で働く上では正確に言葉を扱えないとコミュニケーションで必ず困る事態になる可能性もあります。

家族とも離れて暮らさないといけなくなる可能性などもありますので、様々な面で不安要素が生まれるのです。

しかし、それでも海外で働くという事を考えるとたくさんのメリットがあるのも事実です。

それを踏まえて考えてみると、やはり考え方は個人差があるものになると捉えることができます。

自分がメリットが少しでもあると思うのであれば、海外へ転職をして自分の力を大きく試してみるのも魅力的な手段だと考えることが出来ます。

憧れる人も多い海外転職


様々な不安要素がある海外転職ですが、たくさんの方が自分は嫌だと感じる一方で、その逆に憧れる人が急増しているのも一つの真実です。

まず普通に考えて、海外での職務経験があるないということ自体が大きな経験の差につながるようになりますので、海外での職務経験がある人間の方が価値は高いと考えることも十分できますよね。

それを踏まえて考えてみると、最終的に自分の価値を引き上げる行為になりますし、海外で仕事をしているということが一つのステータスであると捉えることができます。

なぜ海外転職に憧れるような人もたくさん増えていると考えることができるのですが、ただ単に海外で働く方がかっこいいからという理由で海外転職を希望したり、海外で就職することを望んでいるのは少し考え方が浅いかもしれません。

なぜならば、海外で働くということはそう簡単なことではないですし、日本と比べてシビアの環境で働くことになりますので、大きなストレスが自分の身に降りかかってくる可能性が十分考えられるからです。

それらを考慮した上で海外転職という選択をしなければ、必ず途中で大きく後悔してしまうことになりかねません。

これから海外で働きたいと思っている方は、海外転職の不安要素の部分にもしっかりと目を向けた上で、海外転職のメリットと天秤にかけた状態で最終的な意思決定を行わなければいけないのです。

まだメリットとデメリットを天秤にかけてじっくり判断していないという方は一度冷静に自分の行動を見つめなおす事から始めてみましょう。

海外転職のメリット

海外転職に関しては大きなメリットもあれば大きなデメリットもあると先ほどお伝えしました。

海外転職をするのであれば、必ずメリットの部分とデメリットの部分を把握しておかなければいけません。

そこで、ここからは海外転職をする上でのメリットについていくつかピックアップしてご紹介していきたいと思います。

想像以上に海外転職をすることによって得ることができるメリットはたくさん存在しています。

このメリットの部分を正しく把握した上で、自分にとってのデメリットと比較して、メリットが上回れば海外転職をした方が良いと結論付けることが出来ます。

なので、これから海外転職をしたい、もしくはしようと思っている方はまずはメリットを正しく把握し、正しい判断が出来ているかどうか確認してみてください。

その上で結論を出しても遅くはないはずです。

せっかく海外就職、転職したのに後悔してしまったというのでは時間もお金も勿体ないです。

後悔しないためにも決断はじっくりと考えた上で行いましょう。

語学力を活かせる

まずはじめにご紹介する海外転職のメリットとしては「語学力を活かせる」というメリットが存在しています。

なぜ海外転職をすれば語学力を生かすことができるのかと考えると、海外へ転職するということは当然その地域に移住して仕事を行うと考えることができます。

となると、その地域で生まれ育った人間がたくさん存在している職場に足を運ぶことになると考えることができるので、当然その地域に根付いている言語を介してコミュニケーションを行なっていく必要性があると捉えることができます。

つまり、自分が移住する場所の言語を使わなければいけない状況になるという事です。

なので、結果的に考えると海外転職をすれば語学力活かすことができるメリットに繋がると考えることができます。

今の日本は少子高齢化と言われており、これから様々な問題が発生すると言われています。

大きな問題の一つとして2025年問題が存在しており、少子高齢化がピークに達すると言われているのですが、この時代になると働き手が少なくなってしまう為、外国人の労働者が増える可能性が高いと言われています。

それを踏まえて考えておくと、今のうちに語学力を身につけておけば、いつでも海外で働くチャンスに恵まれる可能性もありますし、国内で働くとしても外国人労働者とコミュニケーションをとることが十分に可能になるメリットを見据えて行動することができます。

最終的にこれからの時代がどのような時代になっていくのかということを見据えた状態で様々な経験やスキルを身につけておくことを視野に入れれば、まさに語学力を活かせるという言葉とてつもなく大きなアドバンテージになると考えることができます。

多くの文化に触れられる


次にご紹介する海外転職のメリットとしては「多くの文化に触れられる」という事が挙げられます。

なぜ多くの文化に触れられることが海外転職のメリットになるのかと考えた時に、海外に転職をするということは先ほども触れた通りその場所に移住するということになります。

移住すると考えた時に、その国や土地によって全く異なる文化が根付いていると想像することができます。

郷に入れば郷に従えという言葉があるように、その土地に根付いている文化などを受け入れた上で生活をしていかなければいけません。

そう考えると、海外転職をするということは必ず嫌でもその文化に触れなければいけない状況になると考えることができます。

なので、裏を返せば移住することによって多くの文化に触れるチャンスが得ることができると捉えることができます。

そして、多くの文化に触れて行くことによって、様々な知識という形でその国の文化を身につけることができ、よりコミュニケーションに活かすことができるようになったり、様々な文化に触れるということで自分の視野が広がるという大きなメリットも得ることができます。

なので海外転職をするメリットとして多くの文化に触れることができると捉えることができるのです。

人によってはこれが大きなストレスになってしまう可能性もあるかもしれませんので、自分は相手の文化を受け入れることにストレスを感じるか感じないのかということを冷静に見つめ直して判断をしておく必要性があります。

グローバルに活躍できる

次にご紹介する海外転職のメリットとしては「グローバルに活躍できる」ということが挙げられます。

なぜグローバルに活躍することができるのが海外転職のメリットになるのかと考えた時に、海外で転職をして海外の地域で働くということは、それだけでグローバルな活躍を見込むことができるようになります。

つまり、その経験をしたことによって今後自分の経歴として海外で勤務したという履歴を手に入れることが出来るので、大きなメリットが存在すると考えることが出来ます。

普通に生活をしていればなかなかグローバルで活躍をしたという経験を得ることはできないものになります。

なので、グローバルに活躍したという経験を持っているだけである程度評価対象に値すると考えられることができるのです。

もちろんただ働いたというだけでは根本的な意味がありませんので、グローバルでどのように活躍したのかという所までがメリットを得る上で大切になります。

なので、自分がグローバルにどのように活躍をしたいとかということを見据えた上で行動しなければいけません。

ある程度自分が今後グローバルな仕事をして、どのような経験をしたいのかという部分を明確に考えることができるのであれば、海外転職をするメリットは大きく存在すると考えることができます。

逆に、ただグローバルな仕事をしているのがかっこいいからやりたい、なんとなく海外で働いてみたいというような曖昧な考え方で海外転職を希望しているのであれば、それは中身が伴っていない考え方でしかありませんので、あまりお勧めできるような結論ではないと捉えることができます。

中身が伴っていないような考え方であれば、必ず辛いことがあった時に逃げ出したくなってしまう可能性が高まりますので、その点を考慮した上で結論をつけるようにしてください。

個人主義の働き方

次にご紹介する海外転職のメリットとしては「個人主義の働き方」で働くことができるということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、日本と海外の勤務状況の違いであると考えることが出来ます。

つまり、日本はどちらかといえば年功序列制度を採用しており、簡単に言えば仕事ができなかったとしても勤務年数が長くなれば長くなるほど給料も自然と上がっていき、安定が保証されているような働き方をすることができます。

しかしながら、海外においては年功序列などは関係なく、単純に仕事ができるかどうかが判断されるラインになります。

なので、日本のようにダラダラと残業を行うのが美徳であるとか、上司が残業しているから残らないといけないというような事が一切ないのです。

そもそも、海外の人間にとってしてみたら残業しているということが仕事ができないということをアピールしているようなものになりますので、基本的に残業する事は喜ばしいことではないのです。

言い換えてみれば完全実力主義というような世界になるので、日本のようにダラダラと周りの空気を読んだ上で行動しなければいけないというような働き方を一切しなくてよくなるのです。

それを踏まえて考えてみると、自分の実力を大きく試したいと考えている人からしてみれば海外転職において個人主義の働き方を経験することができるのは大きなメリットであると捉えることができるのです。

早い段階からこのような実力や考え方を身につけておけば、いざ日本で仕事をしたときも大きな力を発揮することが出来る可能性が高いので、良い経験を積めるという意味でもメリットがあると考えることが出来ます。

そこでしかできない仕事ができる

次にご紹介する海外転職のメリットとしては「そこでしかできない仕事ができる」という事が挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、これは結論としては考え方次第になるのですが、海外転職をして仕事を行うことで、その仕事でしか得られないような経験を得ることができるというメリットが存在すると捉えることができます。

例えば、日本にあるような求人はたくさんの求人が誰でも行えるような仕事であったり、大きな価値があるとは思えないような求人である可能性が高いのです。

しかし、海外で仕事をするということは、その時点で日本では得ることができないような仕事をすることができると捉えることができます。

なぜならば、海外の環境で仕事をしたり、海外出身の人間とコミュニケーションを取ったり、海外の文化を知ったり、海外の情勢、情報を知ったりすることができるのは海外の仕事でしか直接得ることが出来ないからです。

これは明らかに日本で仕事をしていても簡単に得ることが出来ない事だらけです。

なので、海外転職のメリットとしてそこでしかできない仕事をすることができるというメリットが存在するようになるのです。

しかしながら、日本においても自分にとってそこでしかできない仕事というのは存在しており、これはあくまで人の価値観によって左右するものであると捉えていただければわかりやすいかもしれません。

なんにせよ、自分が心の底から絶対にこの仕事がしたいと思えるような価値が存在するかどうか、ということが後悔しない選択肢になるということを理解しておいてください。

キャリアを形成できる

次にご紹介する海外転職のメリットとしては「キャリアを形成することができる」という事です。

なぜ海外転職のメリットとしてキャリアを形成することができるのかと考えた時に、先ほども触れましたが海外で転職をして仕事をした経験があるというだけで、履歴書に海外での職務経験があると記載することができるようになります。

もちろん海外でどのような仕事をしてきたのか、どのような実績を作ってきたのかということが大事な判断ポイントになりますので、勤務経験があるないというだけではそこまで大きなアドバンテージにはならないのですが、海外で一定期間仕事をして、様々なスキルや知識を得た状態になれば、魅力的な人材として企業から判断してもらえるようになります。

それだけではなく、海外で仕事をする方がどちらかといえば日本よりも大きな仕事を若い年代から任されやすい傾向にあります。

仕事をすることができる人間はどんどん仕事を任せてもらえるようになりますので、日本のように年齢が上の人間中心ではなく、若い世代が中心になって仕事を回している可能性も高いので、このことから早い段階でキャリアを形成しやすくなるのです。

なので、海外でどんどん仕事を行っていけば、気がつけばたくさんの実績とキャリアを形成できていたということは十分考えられるのです。

若いうちからそのようなキャリアを形成しておくことによって、いつか日本に帰ってきた場合に日本の企業に転職する際とてつもなく有利になるはずです。

それらを踏まえて考えてみると、海外転職はキャリアを形成しやすいというメリットがあると判断することが出来ます。

【他にも海外で働くメリットについては、こちらの記事もチェック!】

海外転職での4個の注意点

海外に転職をする場合、通常では得ることができないようなとてつもなく大きなメリットが存在することは把握頂いてると思うのですが、海外転職をする際には必ず知っておかなければいけないのがそれに反して注意点も存在するということです。

物事の良い部分だけではなく、悪い部分や注意点なども必ず目を通した目で判断をしなければ必ず後悔してしまう可能性が高くなります。

どうしても人間は都合のよい事ばかりに目を奪われやすくなり、公正な判断ができなくなってしまう可能性があります。

なので、ここからは海外転職において発生する注意点をいくつかご紹介していきたいと思いますので、これから海外転職をしようと思っている方は必ず注意点を確認した上で最終的な判断をするようにしてください。

海外転職について考え直す

海外転職をしようと思ってる際に注意していただきたいのは、一度「海外転職について考え直」す思考を持つという事です。

なぜ海外転職について考え直す必要性があるのかと考えると、一度自分の考えを考え直すことによって、その考えの問題点であったり、現実性を見直すことができるようになるからです。

つまり、自分がこれから海外転職をしようと思っている場合、一度考え直すことによってもっと良い未来を選択できる可能性があるかどうか確認する事が出来るようになるのです。

例えば、海外転職をするのであれば当然それなりに長い期間日本を離れることが予想できるのですが、その期間の間に他にできることを考え直した時に、海外転職をするよりももっと魅力的なことが発見できる可能性があるかもしれません。

なので、自分がこれから行動することに関しては全ての事において考え直す癖を身につけておかなければいけないのです。

考え直しても、現状としてはやはり海外転職が一番の近道であると考えるのであれば海外転職が正しい判断であると捉えることができます。

もしも、考え直した時に他の方法もあるのではないかと悩むのであれば、その他の方法をもっと詳しく調べた方が後悔しない決断になるので、天秤にかけて考えるようにする必要性があるという事です。

人生は長いと思われがちですが、意外とあっという間に時間は過ぎています。

きちんと自分の人生設計を現実的に立て直さないと、必ず時間の無駄が発生してしまいます。

若いうちの時間の無駄はのちの人生に大きな影響を与える要因になりますので、大きな選択をする際には嫌というほど考え直すようにしておきましょう。

必要な語学力はあるか

海外転職をしようと思っているならば、必ず注意していただきたいのが「必要な語学力はあるかどうか」考える事です。

なぜかと言いますと、海外で転職をするということはその土地で現地の人と関わり合いながら仕事を行っていく必要性がありますよね。

そうなった時に、必ず求められるのは現地の人やその会社と関わりのある人とコミュニケーションをとることができる語学力です。

どんなに優れた人間で、仕事ができる思考を持っていたとしても、言葉が通じないのではその実力を十二分に発揮する事は不可能です。

それを踏まえて考えてみると、必要な語学力があるかどうかということを冷静に見つめることはとても大切なことなのです。

ただ海外で仕事をしたいと思ってる方ほど、この点を曖昧に考えてしまいがちなのですが、しっかりと将来を見据えて考えている人はこの点をより厳しく考えています。

この点を必ず注意しておかなければ、海外で実績を作る事も難しくなりますし、そもそもただ働くだけでも大きなストレスを感じてしまいやすくなります。

海外では実力主義の考え方になりますので、仕事ができない人間は首を切られる可能性も十分考えられます。

それを踏まえた時に、必要な語学力を身につけていないのは自殺行為にも等しいです。

なので、必ず必要な語学力を持っているのかどうか注意して考える必要性があるということです。

向こうの文化に対応できそうか

海外転職するにあたって考えなければいけない注意点としては「向こうの文化に対応できそうかどうか」という事です。

なぜ文化に対応できるかできないかを注意しなければいけないのかと考えた時に、文化に対応できるできないで自分が感じるストレスは大きく変化する可能性があるからです。

自分が今まで当たり前だと思ってきたことが当たり前ではなくなってしまうと、かならず不安な気持ちになったり、ストレスが生じる事になります。

それは生活習慣でもそうですし、食べ物でもそうですし、考え方も同じです。

これらをきちんと海外転職する前に把握しておかなければ、理想と現実のギャップが激しくなり、より激しいほど大きなストレスになってその場から逃げ出したくなってしまいます。

そうなってしまうと、せっかく海外で転職をしてもすぐに日本に戻ってきてしまうという無駄な行為になってしまうのです。

初めから注意をしておけば、受け入れられないような文化が存在する場合は別の道を探すこともできます。

絶対に海外で勤務経験を積まなければいけないという決まりはありませんので、自分ができる現実的な道を探すことができるようになりますので、必ず転職先の文化を確認しておき、その文化に対応できそうかどうか確認するという事は注意してください。

出発前に必要な手続き

次にも紹介する海外転職するにあたっての注意点としては「出発前に必要な手続き」を確認する必要性があるということです。

なぜ出発前に必要な手続きを確認しなければいけないのかと考えた時に、もしも万が一この手続きを注意深く確認していなかった場合、当日になって海外に行けないなんて言うことも発生する可能性があるのです。

そんなことになってしまうと、これまでに立ててきた綿密な計画が全て水の泡になりますし、すでに就職が決まっている場合は企業からしてみれば信頼できない人物であると評価されてしまうことになります。

なので、出発前に必要な手続きは必ず確認をしておかなければ自分の首を絞めてしまうことになりますので、必ず注意しなければいけない点になると考えることができるのです。

海外に行き馴れている方であればある程度を把握しているかもしれませんが、初めて海外に行くという方からしてみれば、分からないことがたくさん存在すると思いますので、必ず時間をかけて必要な手続きはチェックするようにしてみてください。

パスポートの取得

出発前に必要な手続きがひとつにはパスポートの取得が存在していますが、パスポートの取得に関してはとても大変な手続きになります。

というのが、パスポートの取得をするためには様々な書類を準備しておかなければいけないのです。

パスポートの取得に必要な書類としては一般旅券発給申請書、そして戸籍謄本、そして住民票の写し、写真が一枚、そして申請者本人を証明することが出来る書類が必要になります。

これを踏まえて考えてみると、事前に市役所に足を運んだりして書類を発行してもらわないといけない為、若干手間がかかる作業になります。

これを忘れていると大変な事になりますので、必ず海外に出発する前にチェックしておかなければいけないのです。

ビザの申請

海外に行くにはパスポートだけを取得すれば良いと考えている人がいるかもしれませんが、それは考え方が甘いです。

なぜならば、ビザの申請の必要になるからです。

ビザとはいったい何かと考えた時に、ビザとは査証と呼ばれるものであり、簡単に言えば入国するのに値する資格を持っている人間かどうかということを証明する書類になるのです。

不審な人物が自分の国に簡単に入れたら恐ろしいですよね、なのでビザなどの書類が必要になるのです。

しかしながら日本は犯罪率も低い国なので、ビザが必要ない場合なども多いです。

しかし、それを当たり前だと感じているといざビザが必要になった時に手続きをしていなかったという事になりかねませんので、自分がこれから足を運ぶ国にはビザが必要なのかどうか必ず注意をしておく事が必要になるのです。

さらに、これはあくまで観光の場合であって、長期間の滞在や、仕事をする目的があれば当然専用のビザが必要になるのです。

なので、ビザがいらないのが短期間の観光だけに値すると考えておいてください。

国外転出届の提出

海外に行く際には更に注意しておかなければいけないのが国外転出届の提出も必要になります。

簡単に言えば、海外に行くための届出を自治体にしなければいけないという事です。

三カ月間の留学に関しては必要ないのですが、12カ月以上の留学であったり、ワーキングホリデーなどでは手続きなどが必要になります。

これらの手続きをしておく事によって、その間の年金や健康保険そして住民税などを止めてくれるようになるのです。

なので必ず行わなければいけない手続きになるのですが、この件に関しても様々な書類が必要になったりしますので、ある程度面倒な手続きになります。

これが漏れていたりすると面倒な事になるので、かならず手続き漏れがないかどうか注意しておかなければいけません。

海外転勤をするなら事前にチェック!

海外転職と一言で聞くと、華やかなイメージしかないのですが、実際はとてつもなくストレスがかかったり、様々な手続きが面倒だったりと色々大変なことが多いのも事実です。

物事の表面の部分だけを捉えるのではなく、その裏の面に隠されている見えない部分にも目を通したり、何の目的があって行うのかということを考えることが一番大切なことだということを忘れないようにしてください。

これから海外転職しようと思っている方は、自分が決断した選択を後悔しないためにも、よく考えた上で行動するようにしてください。

そうする事によってより有意義な人生経験を得る事が出来るようになるはずです。