皆さんは手相というものに興味があるでしょうか?

人生の様々なことを予測したりすることのできる占いでもあり、色々な面で助けてくれるときもある力強い味方です。

「そんなものが当たるものか!」といった考えを持った方もいらっしゃると思いますが手相はその人が歩んできたことをきちんと表しているのです。

また、自分の手相というものは日々変化しています。

健康に関するものであったり仕事や恋愛に関する手相もありますが、一生同じ手相ではありません。

それが幸運を知らせる合図であったとすればどう思うでしょう?こういった手相の事を知らなければ見逃してしまうかもしれませんよね。

本当であれば恋愛運が上昇していたから告白も上手くいったはず!などと後から嘆いてみても仕方のないことになります。

また、仕事なども影響が出てきます。

この手相が良い方向へ変化している場合は少し大きなことにチャレンジしていくことも必要になり、その行動を起こすことで自分の運が変わってきます。

手相は自分の様々な運を見極めるような合図を常に送っているのですが、見方がわからないから自分ではやろうと思わなかったり、元々そういった占いを信じていないからやらない人もいると思います。

手相もあくまで占いですのでハッキリと幸運が舞い降りるという結果になるわけではありませんが、きちんとしたきっかけは教えてくれます。

そういったことを見逃してしまうと幸せになるチャンスを少しづつ失くしていっていることも事実です。

少しでも幸福への道が開く確率があるのならば、やはり行動しなければ最終的に道など開きません。

幸せは向うからやってくるのではなく、あくまでも自分で引き寄せるものになりますので、手相を知っていて損をすることはないのです。

そこで今回のテーマですが手相がよくわからないという人もこれだけを覚えておけば大丈夫という手相をお話します。

あまり細かいものになってしまえば面倒で確認する気にもなれませんよね?

それではせっかくのやる気も無駄になってしまい幸せになるチャンスも減ってしまいますので簡単な見極め方をお話していきますね。

誰でも実践できる手相の見方を教えます!

「手相を見るなんてなんだか怪しい!」こういった考えを持っている人はかなり多いのではないでしょうか?

ですが占いを専門にやっている人たちもたくさんいますし、私たちの周りには手相を大事にする人がかなり多いという事も事実のようです。

「一度占ってもらったけど当たらなかったから二度としない」確かにこういう考えも間違いではありませんよね。

自分は一度でも手相という占いを信じたのに結果として何も得るものがなければこういう考えになってしまうことも仕方ありません。

むしろそれでも信じている方がおかしいと思えます。

そこで考えていただきたいのですが、一度外れてしまえばそれは全く効果のないものなのでしょうか?

手相によって人生が変わったという人はたくさんいます。

そして手相と出会ったことによって運命を変えようとする人も大勢いらっしゃいます。

なぜ当たらないような占いにこんなにも人が集まってくるのか不思議ですよね?

占いですから毎回のように当たるわけではありませんが、確実に幸せに近づくようなメッセージは残してくれるものです。

最初はその内容に気がつかなくても色々と努力をしていくうちに自然と幸せになってる方が大勢います。

そしてそういった方は手相をとても大事にしているのです。

幸せになるって簡単ではありませんよね?大きな困難も待っているでしょうし何かの壁にぶち当たる場合もあります。

ですがそういう時でも手相がわかれば何かしらの対策が思いつくかもしれません。

まずは簡単なものだけ覚えてみて自分の手相に興味を持つことも時間の無駄にはならないと言えますので挑戦してみませんか?

それによって運命が変わってくるようであれば楽しいですよね?生活が楽しくなれば自然に笑顔も増えてきて明るい性格に変わってきます。

手相は何かしらのきっかけであり、本当の意味で運命を変えていくのは自分です。

それを引き出すにも自分自身になってきます。

それでは簡単に覚えられる手相を7つ用意してみました。

これだけを覚えておけば色々な場面で役に立ってきますので、まずは興味をもつことから始めてみましょう!

基本的な手相7つ


手相の基本となってくるのは7大線と呼ばれるものになります。

生命線・知能線・感情線・運命線・太陽線・財運線・結婚線の7つになり、これらの手相というものは日々変化しているのです。

人間の細胞というのも入れ替わりを繰り返していますよね?通常は3か月で入れ替わることが知られていますが、手相の場合は1日で変化することがあります。

これはとても不思議なことですよね。

細胞よりも早く手相が変わるなんてかなり興味深いとは思いませんか?しかもこの手相ですが、7つ全てが人にあるわけではありません。

中には3つしかないような人もいます。

ここで疑問になるのが「7つない人はどうするの?」ということですよね。

これについてですが、特に問題はありません。

手相にも良い悪いというものがありますのであまり良い線でなければ特になくても問題が出てこないわけです。

他のものがよくとも悪い線が交じるとそれだけで悪い方へ向かってしまう場合もあるので全ての線があるわけではないので、自分の手を見たときに足りなくとも心配はいりません。

それでは7つの線について詳しく説明していきたいと思います。

生命線「健康運」

まずは健康運などを見る生命線になります。

これは自分の健康や体力といったものを見ていくのに必要になる線です。

太くてクッキリと見えるものが良いとされていますが、線が細くても綺麗に見えているようであれば問題ありません。

そして生命線の長さですが、これは人によって一番違いが出てくるものになります。

きちんと手首まで続いている人もいれば途中で切れてしまっている人もいます。

一般的には長い方が長寿とされ、短くて切れているようであれば短命と言われますが、短い人は他の人よりも何かに対するチャレンジ精神が豊富とも言われています。

色々な経験をすることにより充実した人生を過ごすことができるようですし、寿命の方も運命線がカバーしてくれる場合もありますので短いからといって悲観しないようにしましょう。

また線のもつカーブにも注目してみて下さい。

生命線が弧を描くようにカーブのようであれば物事に対して積極的に動けるという特徴があり、緩い人の場合ですと外に出るのは苦手であったり室内に向いている人が多いとされています。

そしてカーブが綺麗に見えて角度が深ければ金運も良くなるという方が多くなりお金に対しての心配もなくなりそうですね。

生命線の場合に心配する点が一つあります。

途中で線が切れてしまっている時は病気などに注意することが必要になってきます。

ですが線だけではハッキリとした予測はわかりませんのでこの辺りは心配しなくとも良さそうです。

ただし、良い方向で考えてみると途中で切れているような人はその頃に大きな転換期を迎える可能性が高くなってきます。

人生においてなにかとても大きな変化があるかもしれません。

そう考えていくと少しワクワクしますよね。

長寿だけが最高というわけではありません。

安定した生活を望む人もいれば、スリルを味わいたいという人もいておかしくはないのです。

自分の生命線を見て色々と想像することも出てくると思います。

そしてこの手相は日々変化していくので短いから悪いといった考えにはならないようにして下さいね。

【生命線を見る方法は、こちらの記事もチェック!】

知能線(頭脳線)「頭の良さ」


次に知っていただきたい線が知能線になります。

これは自分の知能に関係してくるものであり、頭脳線と呼ばれる場合もあります。

特徴としては生命線と同じ位置から出ていますのでとてもわかりやすいと思います。

ここで知りえる情報ですが勉強ができるから頭が良いというわけではありません。

その人自身がもつ物事に対しての意見や思考といったものが含まれてきますので、自分が持つ才能なども見ることが出来ます。

ここで一番の基準となってくるのが知能線の長さになります。

線が長いと何かの問題にぶち当たった時にじっくりと考えることが多く、様々なことを想定しながら行動を進めていくという特徴があります。

そして線が短い人はまずは行動というように、動くのが先になってきます。

この辺りも自分で知能線を見た場合になるほどと思う方もいるかもしれません。

とにかくじっくり考えるタイプと体が動いてしまってしまうタイプに分かれるからです。

どちらが良いという訳ではありませんが、これはその人自身の性格にも影響してきます。

また、肝心の頭の良さについてですが「線が太くハッキリしてる」という方が頭が良いとされています。

生命線などと見比べてみるのも良いですよね。

それよりも太ければ頭が良い目安にもなってきますので他の線との違いを比べてみて下さい。

さらに知能線の場合は職業にも関わってきますので将来を決める時はこの手相は大切な決め手になってきます。

知能線もカーブを描く人と直線や緩やかなタイプに分かれてきますがが、直線の人はズバリ理系の仕事が適しています。

これは物事を直接的に捉えることからだとも言われていますが、相対的にみた場合は理系の職業が適しているようです。

また緩やかなカーブを描いている人は文系の仕事があっています。

一般にはこのタイプの人が多くなっていますので、あまり特殊な仕事などには向かないかもしれませんね。

極端にカーブがある人は芸術などの仕事関係が適していると言われています。

芸術家もそうですが感受性が強く求められるような仕事も適していると思われます。

一般的で言うと音楽家などもこういった手相の人が多いので、知能線を見て仕事をある程度選んでも間違いはなさそうです。

また、知能線が始めの地点から上がっているか、下がっているかという違いでも分かることがあります。

上がっているようであれば空想することが得意な方です。

簡単に言えばロマンチストですよね。

逆に下がっているようであれば現実的な考えを持っていることになります。

空想的な人は答えも一つではなく色々な角度から導きだしてくるのが特徴です。

また現実的な人は安定さを求めてきますので答えも堅実なものとなります。

感情線「恋愛運」

次は恋愛にも関係してくる感情線になります。

ここでは主にその人の持つ性格や恋愛運、感情などの流れをいうものが見えてきます。

ここで一番大事なことになるのが、その人が持っている心の広さというものがわかります。

あの人はこ心が広い・狭いという言葉があるようにある程度はこの感情線の位置によってわかってきます。

感情線は知能線の少し上にある線なのですが、ここから指の付け根までの広さが心の広さを表しています。

おおらかな性格であればこの部分が広く、少し神経質なような人は狭くなっているようです。

また、感情線の長さですが手の平の端から端まである人はとても愛情深い方になります。

ですがその分自分に対しての愛情も同時に求めてしまうために重い愛情ともとれますよね。

独占欲が強い人はこういった感情線が長い人が多くなり短い人はかなりクールであるとも言えます。

感情線を見ていく上で必要になってくるのが途中で切れていないかということです。

この線が途中で切れていた場合には、恋愛関係にある相手との別れなどが予測されますし、切れているものが多くなってくるとあまり堪え性がないとも言えるでしょう。

また、とても芯の強い人などに多いのが感情線が2本あるタイプになります。

こういった手相を二重感情線などと呼びますが、精神的にも強く心も広い方と言えます。

運命線「仕事運」

次に見ていきたいのが運命線です。

これは自分の仕事運にも関係してくる大事なものになってきます。

運命線は自分の手の中指へ向かっていく線になるので比較的簡単に探すことができますよね。

ですがこの運命線がないという人も存在します。

女性などでもこの運命線がないという人がいるのですが、以前ですと旦那の給料で家を守るという女性が多かったためにこういった手相になる人は存在します。

誰かに支えてもらいながらそれに対して自分も支えていくタイプの人が多いと言えます。

この運命線ですが、子供の事からはっきりでる人もいれば大人になっても全くでてこない人も存在します。

この運命線についてですが成人してからの方がでてくる人が多いと言われています。

自分に運命線がないからといって仕事運がないという訳ではなく、出世に興味がなかったり自分のペースでなんでもやっていくという人には出てこないケースが多くなります。

こういった人は会社や社会に縛られていることが耐えられない人でもあるので自由な考えを持っていると言っていいでしょう。

必ずしもこの線の有無が仕事に直結するわけでもありませんのでないとしてもあまり心配しないで下さい。

太陽線「人気運」

次の線は人気運も意味する太陽線になります。

これは自分の薬指に向かっていく線であり、この線もある人とない人に分かれてきます。

これがあると人気者になれるというわけではありませんが、太陽線がない人の場合は人からの人望があまりなかったりといった事には繋がっていくようです。

またこの太陽線ですが、途中で切れていたり線が色々な方向へついていたりすると逆に人との関係を築いていくのが難しいと言えますのでない方が良いといった場合も出てきます。

ただし、この線は芸能人を目指すような方は必要になってくるかもしれませんよね。

人気運がない状態で芸能の仕事を始めたとしてもかなり厳しい状況になってしまう確率が高くなります。

人気あっての仕事ですから仕事を選ぶときに太陽線を確認するのも必要な場合がありますのでご注意下さい。

太陽線の中で一番良いとされている形ですが運命線から枝分かれして薬指へ向かっている形が最も良いとされています。

この手相を持つ人は仕事でも大活躍が期待できて、自分で事業を起こすことも選択肢の一つになると言えます。

また先端が何本かに分かれているような形もあり、この場合はとても運が良く恵まれている人が多くなっています。

太陽線の中で気を付けたいのが途中で線を切ってしまう障害線の存在です。

これはその人のもつ地位などを落とすような悪いものとなってきますので注意が必要になります。

財運線「金運」

次は自分の金運を見る財運線になります。

これはほとんどの人が関心を示すものだと思います。

自分の金運が良いのか悪いのかは心配でもありますが興味も出てきますよね。

財運線ですが小指の付け根に向かっている線になり、これもない人が存在してきます。

ちょっとガッカリしてしまう方も出てくるでしょうが、あまりにも微妙な線であったり障害線などがあるとお金に苦労するという事になってしまうのでこういった場合はない方が良いとされます。

この財運線で最も良いとされるのが運命線から分かれている線になります。

この線を持っている人は仕事上でも成功を収め、大きな富を得ることになるでしょう。

そして長さなのですがこれは長ければ長いほど大きな財運があると言えますし、かなりの金運を持っていると言えます。

結婚線「恋愛運」

そして7つの線の最後になるのが結婚線になります。

これは小指の下の側面部分から手の平へ向かって伸びている線になります。

ここで分かることですが恋愛に対してどれだけの関心があるのか・結婚はするのかしないのか・結婚するとしたら時期はいつなのかといったことが分かってきます。

まずは結婚する時期ですが、結婚線が小指に近い位置から出ている場合は晩婚となります。

小指から早い位置であれば若いうちに結婚することになるでしょう。

そして結婚線の長さですが、あまりに短いと結婚生活も短期間で終わってしまうということになりがちです。

この線が長い場合でしたら相手との関係も良好で結婚生活も上手くいくでしょう。

ただし長い場合でも気を付けたいのが途中で切れてしまったり障害線がある場合です。

そして一番気になるのが結婚して幸せになるかどうかですよね?

これは結婚線が1本だけはっきりと出ている人が幸せな結婚生活を送れることになります。

この場合は夫婦円満になるケースが非常に多くなってきます。

また結婚線が上向きになっている人も幸せな生活が待っているでしょう。

どちらの場合も仲が良い夫婦としてすごすことができて生活も安定しています。

もういった手相を持っているのであれば結婚に対しての悩みはないと言えるので安心して下さい。

それでは実際に手相を見る時のポイントをお話していきます。

手相を見るときのポイント

まずは手相を見るときにどちらの手で見るかという事になります。

右手の手相は生まれながらにしてもっている手相と言われ、左手は自分が育ててきたものという手相になると言われていることから左手で見るなどの意見もありますが、基本的にはどちらの手で見ても良いとされています。

自分の聞き手などで見る人もいれば、左手に決めている人もいるですので好きな手を見るようにいても良いのかもしれません。

線の濃さ

手相を見る場合は線の濃さというものを大事にしていきましょう。

この濃さに関係してくるのがその線が持っている主張の強さになってきます。

薄ければ主張が弱くなり、濃いほど主張が強くなってきます。

見た目でもわかるように濃い方が線の長さなどもはっきりと見えますし良いとされます。

ただしこの場合は自分の持つ個性にも関係してきますので注意が必要になります。

線は濃い方が良いのですが個性も強くなってしまうとわがままであったり自分勝手な面も出てきてしまいます。

また線が薄い人は自分から意見を言うことが難しいといった人になるのでストレスを抱えやすい傾向があります。

ただし、人からの助けがもらえるのは線の薄い人が多くなります。

どちらのタイプも一長一短になりえますのでどちらが良いのかの判断は人それぞれになってきます。

これをカップルに当てはめてみると線が濃い方が男性になり薄い方が女性といったパターンが多くなりますが、近年では逆のケースもあり得ますよね。

女性が男性を引っ張っていくようなカップルも増えてきていますので、観察していくと面白い手相に巡り会うかもしれません。

線の長さ

次に線の長さが示すことですが、線が濃くても長さが短い人・線が薄くても長さが長い人と色々な種類の手相が出てきます。

そして長さについてですがその線のもつ意味を表していくものと考えます。

同じ恋愛運を持っていたとしても長さによって違いは出てきますし、長ければそれだけのパワーを秘めていると言ってよいでしょう。

長さがあれば線の濃さを補うことにも繋がってきますし短ければそれだけの力しかありません。

こういった微妙な組み合わせを見ていくことで総合的に判断することになります。

これは何度も手相を見ていくうちに慣れてきますのでご家族の手相から始めてみたりと、楽しみながらやるのも良いでしょう。

またこういった手相では異性との親密度も増すきっかけにもなってきます。

簡単な手相であれば少し練習すればある程度はわかってきますので気になる人の手相を見て仲良くなるという事にも使えそうですよね。

自分でも手相というものは勉強にもなりますし、手が示してくれるものは何かしらのメッセージがこめられています。

こういったものを続けていくうちに自分がどのようにして将来を決めていくのかのきっかけにもなってきますので楽しみながらやっていくようにして下さい。

最初はわからずとも何度もやっているうちに手相を見ることが好きになってもきますので、時間が空いたときなどは自分の気になる線を調べていくことも面白いと思います。

線の形

線の形は色々なことがわかってくると思われます。

形が良くても途中で切れてしまっていたり障害線がある場合などもわかるようになると適切な判断が下せるようになってきます。

形は線の種類によってもカーブを描いていたり直線であったりとしますが、各線でも色々と良い形というものがあります。

それらのことを考えながら手相を見ていくことでより正確な判断ができるようになってきます。

最初は色々な形を実際に見ることから始めることが大切になてきます。

手相は誰一人同じものはありませんので様々なタイプの線が出てきます。

それらを見ていくうちに手相とその相手の性格なども共通するものが見えてきます。

こういった線の形はこのような性格であったり考えになっていくのかということも次第にわかってきます。

これらの事を続けていけばある程度の手相はわかるようになり楽しくなってきます。

自分で研究をしていけば新たな発見が出てくるかもしれませんよね。

今までは手相というものに興味がなくとも始めてみると楽しいと思う方がたくさんいるようです。

手に入っている線が人のこのようなものを伝えているのかと思うと、このことも不思議なことでありピッタリをあっている場合などは少し怖い気もしてきますよね。

手相は私たちは普段気がつかないようなことも教えてくれる線です。

その人独自の考え方なども手に現れてきますので、研究などを続けていけばかなり有益な結果を出せるようになるのではないでしょか。

始めのうちはこれらのことを重点的に考えておけば大丈夫です。

見ることに慣れてきたならば線の出発点などにも気を配るようにして下さい。

始めから色々と考えていくと楽しいものもきちんと楽しむことが出来ずにやめてしまう場合があります。

まずは重要となってくるポイントを押えて線のもつ意味を見ていくようにして下さい。

【番外編】成功する人の手相も知っておこう!

手相に興味が出てきたのであれば成功する人の手相というものも知っておいた方が良いと言えます。

中でも最強と言われているのが三奇紋と呼ばれるもので運命線と太陽線と財運線がはっきりとわかる手相になります。

このような珍しい手相をしっておくことも大切になってきますし、自分もそういった理想の手相を目指すのであれば知ることも大切な勉強ですよね。

運命線が中指から手首まで綺麗に入っている手相なども珍しいので成功者の手相はどういったものなのかを調べていくだけでも楽しいと思います。

マスカケ線のように非常に稀な手相も存在していますし、珍しい手相にはどのような意味があるのかと調べてみるのも大切かもしれません。

そして成功する人の特徴ですがこのようなことが挙げられます。

手のつやがキレイ

成功する人は手につやがありとてもキレイです。

これは普段の生活にもきちんと気をつかっている証拠でもあります。

成功するためには色々な人物に対して気を配ったりしなければいけません。

手が汚ければ仕事でも成功は出来ませんし普段の生活にも色々と取り入れているのだと思います。

そうした事実を知っていくことで成功する人の生活パターンなどもわかってきますよね。

どのような毎日を過ごしているのかなどにも興味が湧いてきますし成功者とはこういった考えを持っていたのかなど、自分の将来へ向けた基準にもなってくるのです。

線がはっきりしている

成功者に多い特徴ですが、線がとにかくはっきりとしています。

線の持つ意味は種類によって色々ですが、とにかく手相を見てみると線がはっきりしているのでわかりやすいという事が言えます。

何かしら主張が強くなければいけませんし線が薄く自分の主張も言えないようでは成功することは難しいですよね。

成功する秘訣のようなものも発見できるかもしれませんし、成功者の手相は知っておいて損はありません。

立派な運命線

成功者に多いのですが本当に立派な運命線を持っています。

運命線は人生が順調に進むかを決めるものでもありますので、成功する人は1本のはっきりとした運命線を持つことが多くなります。

このタイプの人は何かの問題にぶち当たっても自らの力で乗り越えていきます。

手相の基本的な見方を覚えて相手を占ってみよう(まとめ)

手相というのはやり始めるととても面白さを感じます。

線のもつ意味であったり長さによって変わる意味などをわかってくると、手相を見ただけでどのような人物であるかということがわかるようになってくるのです。

最初は色々なことを確認しながら見ていくために時間もかかってしまいますが段々と見ることが楽しくなってきます。

家族の手相を見ることから始めても面白いでしょう。

自分がよく性格などを把握している相手であれば線の位置や長さ、濃さなどを確認しながら見ていくことが出来ますよね。

全く知らない相手であればそういったことは出来ませんがよく知っている人物であれば線のもつ意味をいうものが理解できてくるのです。

手相というものにあまり関心がなかったとしても基本の7つの線を覚えていけば楽に取り掛かることができます。

こういったものは絶対にこうなるということではありませんが、人がもつ運であったりの予測には大いに役立つものです。

日々変わっていく手相にはそれなりの意味があるものだと思えますし始めてみると自分に合っているかもしれません。

線を見れるようになれば人間関係においても有利になってきますし色々な場で利用することも出来てきます。

そして、自分がどのようになりたいのかを手相で知ったときには、理想の手相になれるように努力をしているのではないでしょうか。

人生において成功するためにはこのような手相も必要になってくる場合があります。

手相を勉強していくことはその成功への第一歩なのかもしれません。