今度こそはダイエットを成功させてみせる!って思っても途中で諦める原因になるのが食欲ですよね。

始めの2日くらいは我慢できるけど3日目あたりになってくると頭の中は食べることばかりで、ダイエットのことなんてどこかへいってしまいます。

そのうちにお腹が好きすぎて夜も眠れなくなっていき、結局は食べちゃうんですよね!

ダイエットをする時に一番考えなければいけないことは、どうやって痩せるかではなくて「どうやって食欲を抑える」ということを理解していかないと絶対に失敗に終わってしまうのではないでしょうか。

絶対にお気に入りの洋服を着たい・友達にデブって馬鹿にされた・好きな人に太ってる人はちょっと・・・って言われたなど、ダイエットをする理由は様々ですが、痩せたいという気持ちは一緒です。

どのようなことを考えていけば食欲を抑えてダイエットを成功させるかということは、女性に限らず男性にとっても必要ですよね。

特に30代に入ってくると身体の基礎代謝自体が落ちてきて脂肪がつきやすくなってきます。

ですが食べる量って減らないですよね?むしろ増える人もいるくらいですから、当然太っていくことになります。

気がついたときにはかなりマズイ状況になってたりって方も多いかもしれません。

そこで今回のテーマになります。

ダイエットに失敗しない食欲の抑え方ということを考えていきましょう!

これが出来なければ痩せる確率がかなり低くなってきます。

食べることは楽しいことでもあり喜びですが、少しの量で満足できるようにならないとダメですよね。

何度もダイエットに失敗しているという人であれば必見です。

これからご紹介する食欲を抑える17個の方法を実践していけば、きっと理想の体重になるはずですよ!

食べ過ぎちゃう人必見!食欲を抑えてダイエットを成功させよう

ついつい食べ過ぎてしまうという方に質問です。

「食事の時間って一日の中でも特に幸せを感じますよね?」

おそらくダイエットをしない人でも幸せですという返事が返ってくると思います。

食事は私たちは生きていく上で最も必要なことですし、この時間を楽しむことが出来なければ生活していてもつまらないと思います。

つい食べ過ぎるということも、食事を美味しく食べているからであって悪いことではありませんよね?

作った人だって沢山食べてもらえば嬉しいですし本来であれば良いことのように感じます。

ですが、体重が増えすぎてしまうと話は違います。

自分の健康を損なうおそれもでてきますし、体調にも変化が出てきてしまいますよね。

医者から痩せてくださいと言われた人もいるかもしれませんし、ダイエットが必要になってくる方は世の中にたくさんいます。

リンゴダイエットや納豆ダイエット、世の中には色々なダイエットの方法がありますがこういったダイエットで成功したという人はごく稀になるのかもしれません。

一番影響してくるのが食べることへの欲求ですよね。

一つの食材などでは満足できなくなる可能性があり、途中で諦めてしまうことになります。

これではどのようなダイエット方法を試してみたところで同じような結果になってしまうでしょうし、本人もやる気にならないかもしれません。

ダイエットで一番考えていきたいのは痩せる方法ではなく、いかにして食べる欲求を抑えていくかにあります。

この欲求を自分でコントロールできるようになれば、自然と痩せる身体になってくるはずです。

今まで何度やっても失敗してきたという人であれば、まずはこれからお話しすることを実践してみて下さいね!

食欲を抑えるカンタンな方法17選


これまでのダイエットの中で食欲に悩みを抱えていたという人は沢山いるのではないでしょうか?

どうしても寝ている時に食べ物のことが頭に浮かんできたり、昼間にラーメンを無性に食べたくなったりしてダイエットが失敗してしまったといいった事はありませんか?

そういう時は食べる量なんて頭から離れてしまっていますので、自分が思っていた以上に食べることになります。

それがダイエットの失敗する原因でもありますよね。

単品でのダイエットであったり急激に食べる量を減らしてみても食欲を抑えることをしなければ意味はありません。

むしろリバウンドの原因を自分でつくりだしているようなものですから、今まで失敗したという人は考えを見直してみることが大切です。

これからお話しする食欲を抑える方法は誰でも無理なく出来るものになっています。

自分が出来そうなものからやり始めていけばきっと目標の体重になるはずですので諦めずに頑張っていきましょうね!

それでは最初にやってほしいことになります。

水を飲む

水を飲むという事はダイエットを成功させる鍵とも言えます。

朝起きたら1杯の水を飲めば腸の動きを活発にしてくれて便通も良くなってきます。

食事の前に飲むようにすれば途中で満腹感が得られるようになって全体的に食べる量が減ってきます。

普段であればご飯をおかわりする人でも、おかわりの前に水を飲めばお腹が膨らんでおかわりすることも減ってきますよね。

水分をとる事はとても重要になってきて、ダイエットをするときには特に大切なのです。

そして一番だいじなことですが普段食べているものは栄養的にも考えられたものが多いということです。

単品のダイエットなどはカロリーは減りますが栄養バランスが悪くなり身体にも大きく影響が出てくる可能性が高くなります。

その分はサプリで補っているという人もいますが、できるだけ食事で栄養をとっていった方が賢いやり方と言えます。

水で食欲を抑えることができれば普段の食事でも全く問題はありませんよね。

全体の食べる量が減るのですからカロリーも低くなり痩せることが自然になってきます。

余計なものを買う必要もないですしダイエットに掛かってくる費用も同時に抑えることができるのですから有難いですよね。

水は痩せるためにも欠かせないものですので、これからダイエットをする方は是非利用していって下さい。

歯磨きをする


歯磨きにダイエットの効果なんてあるわけない!

大抵の人はこのような考えをもつと思いますが、これは人の心理を利用した方法になります。

食事の後は歯磨きをしますよね?

例えばダイエット中におやつを食べたいと思った時、歯磨きをすることで欲求を抑えることに繋がってくるのです。

歯磨き後はあまり食べ物を口に入れたくないって方がほとんどですから、おやつを食べることを諦めてしまえることになるのですね。

自分の食欲が抑えられないと思った時は歯磨きを生活の中に取り入れるようにして、食べる欲求を抑えるようにしてみましょう。

歯の健康にもなりますし、痩せる手助けにもなってくれて一石二鳥でもあります。

今までどうしてもダイエットが続かなかった人は是非やってみるようにして下さい。

ツボを刺激する

ダイエット中の「食べたい!」って気持ちはいつ襲ってくるかわかりません。

水を飲める状態ではないかもしれませんし、歯磨きする余裕もない時はツボを刺激することも有効になってきます。

中でも地倉と飢点はいつでもどこでも出来るツボの刺激になりますので、会社などでその場から動くことができなかったりする時はとても役に立ちます。

さらにいつもツボを刺激するなクセをつけることで一日を通して欲求を抑えてくれることも期待できますのでツボの位置は把握しておいて下さい。

それででは、この便利なツボにどのような効果があり顔のどの位置にあるのかをご説明していきます。

地倉

まずは顔の口の横にある「地倉」ですが口の両端部分にあります。

唇の端部分の左右を抑えるようにして下さい。

このツボの効果ですが主に胃の働きを助ける作用があり、ダイエットにおいては間接的に必要となってきます。

直接食欲を抑えるといったものではありませんが、顔のむくみなどもとれるので美容のツボとしても知られています。

飢点

そして耳にある「飢点」ですが、このツボは食欲を抑えるのにとても重要になってきますので覚えておくと便利です。

この位置ですが顔側にあるちょっと尖っている部分があると思うのですが、その下の部分にあるくぼみが飢点のツボになります。

食事の少し前に両耳を自分の人差し指の腹部分で強めに刺激して下さい。

また、ペンや爪楊枝などで突くようにするのも効果があります。

耳つぼダイエットはかなりの方が行っているものですので食欲が多いと思われる人や、無理せず食事の量を減らしていきたい方におすすめです。

ちょっとした隙間時間にも行えますし、間食することがクセになっていた方はおやつなどを食べないだけでもカロリーカットに繋がってきますよね。

ダイエットは身体に負担をかけるようなやり方は続きませんし、かえって痩せにくい体質をつくってしまうこともあります。

こうしたツボなどを利用したダイエットであればストレスなく続けていけますので是非取り入れてみて下さいね。

よく噛んで食べる

男性の方に多いのがご飯やおかずをよく噛まないという食べ方です。

これは食べるスピードも早くなってしまうので、つい食べ過ぎてしまう結果になります。

噛むという行為は脳にとっても良いことがあり、満腹中枢などを刺激してくれるために普段よりも少ない食事でも満足できるのです。

食事で注意することは少ない量でもゆっくりと時間をかけて楽しむことになります。

噛む回数が少なければそれだけ多くのものを食べなければ満足感は得られません。

このような自分の食べ方を改善していくためにも噛む回数を意識してみるとこが大切になります。

ダイエットではとにかく食欲を極力減らしていく事が成功の鍵でもありますので、一回の食事の時間を長くしその分噛む回数を増やす努力をしてみて下さい。

また、噛む回数を増やすと唾液の出る量も増えてきます。

唾液には消化を助ける効果がありますので健康を考えていけば噛むことはとても大事なのです。

さらに唾液は殺菌作用があるので結果的に口臭を抑えるという事にも繋がってきます。

食べないダイエットを続けていくと噛むことが少なくなってしまい口臭もひどくなるって知っていましたか?

いくら身体がスリムになっていっても口臭は嫌ですよね?他人から指摘をされるようになってしまえば日頃の生活にもストレスを抱えるようになってしまいます。

健康的なダイエットを考えていった場合は食事の量を極端に減らさないで噛むことで食場量をコントロールしていくようにして下さい。

唾液の量が減ってしまえば口がクサいというコンプレックスにもなってしまうので注意するようにして下さい。

運動する

食欲がおさまらない原因の一つにストレスというものが大きく関係してきます。

欲求が強くなるとイライラも出てくると思いますので運動を取り入れることはとても大切です。

運動後は気分がスッキリとしますし汗をかけば気分も爽やかになりますよね。

そして適度の運動は食欲を抑えてくれる働きがあるようで、運動をしない時よりも摂取カロリーが減るというデータも出ています。

いきなり過激な運動は身体にも負担がかかるのでお勧めできませんが、少し早めに歩くウォーキングなどは健康な身体作りにもなりますしここから始めてみるという方はとても多いです。

普段の生活に運動というものを取り入れるのも食欲を抑え筋力増加にもなりダイエットをする上では大事なことになります。

何回かに分けて食事を摂る

ダイエットの最初の頃はどうしても食べたくなる衝動に駆られてしまうことが多く、ほとんどの場合は3日程度で終わってしまいますよね。

こうした経験がある方は一日の食事を4回か5回に分けて摂ることをおススメします。

一日の食事回数が3回のままで量を減らしていけば当然ストレスに感じてしまい「食べたい」という欲求が出てきます。

その欲求をそのままにしておくと、食欲に負けてしまうということになりますよね。

それではいつまでもダイエットは成功しませんのでやり方を変えてみましょう。

例えば5回に食事をわけるようにすればストレスも当然軽くなっていきます。

身体が慣れてきたならば、一回当たりの量をちょっとづつ減らしていけば自然にカロリーダウンとなり体重は減ってきますよね。

無理なことはなるべくさけて自分の食欲を抑えるようにしなければダイエットは成功しませんし身体を傷める結果にもなりかねません。

なるべく少ない食事量で満足できる環境を作ってあげることも大切になりますので、ストレスが溜まりやすいと感じる方はこの方法を試してみて下さい。

グレープフルーツのにおいをかぐ

果物の効果を取り入れてみるのも食欲を抑えることには有効になってきます。

グレープフルーツは食べても脂肪燃焼を助けてくれるというダイエット食品でもありますが、においに関しても優秀です。

嗅ぐだけダイエットというものが流行った時期がありますが、柑橘系に含まれる成分のリモネンが食欲を抑えてくれるというものになります。

食事の前などににおいをかぐことによっていつもよりも少ない量で満腹感を得ることが出来てとても効果的を言えます。

低糖質のお菓子を食べる

食事を減らしていくとどうしてもお腹が減ってきますよね。

ここで食べてしまうのがお菓子になってしまうのですが、かなりカロリーが高いものが多くなりダイエットには敵とも言えます。

ですが、あまり抑えつけてしまうのも過度のストレスがかかってきてダイエットを諦めてしまうかもしれません。

こういった場合は低糖質のお菓子を食べることで乗り切っていきましょう!

【ダイエットに効くお菓子については、こちらの記事もチェック!】

ブラン黒ゴマクッキー

ブランとは小麦の外皮の部分になり小麦ふすまとも呼ばれます。

このブランですが栄養が豊富であり健康食品などでも取り入れられるようになってきました。

ゴマの香りも香ばしくて味的にも大満足出来るお菓子になります。

低糖質ということで普通のお菓子よりは太る影響が少ないですし、食べたくなったときはこういったもので乗り切っていきましょう!

こんにゃくチップス

とにかくカロリーを抑えたい場合はこんにゃくチップスもおススメのお菓子になります。

ダイエット中であればポテトチップスなどは本当に目の毒になってきますし、食べたい欲求が出てきてしまいますよね。

こういった場合はカロリーを考えてこんにゃくチップスを食べるようにして下さい。

満足感も出てきますし味的にも美味しいのでおススメの一品となります。

ブランクリームサンド

こちらもブランを使ったお菓子になります。

糖質を抑えつつ食物繊維などが豊富に含まれているお菓子であればダイエット中はかなり活躍してくれます。

ブラン黒ゴマクッキーと日替わりで食べてもいいですし、我慢できるのであればそれに越したことはありません。

どうしてもお菓子を食べたいという欲求が抑えられない場合にはこういったもので乗り切って下さい。

サートフードを食べる

食べても痩せる食材としても注目されているサートフードを積極的に取り入れた食事というものを考えていきましょう!

これは脂肪を燃焼してくれる効果が期待できる遺伝子を含んでいてサーチュイン遺伝子を活発化してくれるというものになります。

またサートフードは食欲を抑えることでも有名です。

身近に手に入るものとしてあげると「りんご」「パセリ」「ケール」「玉ねぎ」「大豆食品」「緑茶」「ココア」などがあります。

食事で利用するとなると玉ねぎや大豆食品などはメニューにしやすいですよね。

豆腐などは調理方法が沢山ありますし、玉ねぎを使った料理はかなり多くなります。

毎日の食事にこういったサートフードの食材を取り入れていけば食欲も抑えて脂肪も燃焼しやすい身体へと変えていってくれますので、試したことがなかった方であれば取り入れるようにして下さい。

質の高い油分を摂る

ダイエットをすると油に対する考えが変わってくると思います。

なるべく油を使わないようにしていく方が多いのではないでしょうか?

これは間違った知識になるのでやめた方がいいでしょう。

食欲というものは脳が指令を出すことで自分の欲求として認識していきますが、油を抑えた生活ですと脳は不安定な状態になります。

そして脳の半分以上は脂で出来ているって知っていました?ですから質の高い油分を摂るということは精神の安定へと繋がっていくことになります。

脳をきちんと正常に保つためにも油を摂るということは欠かせません。

脳の栄養が足りなくなってしまえば正しいことを考えなれなくなってしまい、イライラしたり欲求が爆発して食べることを始めてしまう事もあり得るのです。

食欲を決めるのは脳でもありますので、質の高いものを摂り脳が栄養失調にならないようにすることも大事なことですので忘れないようにして下さい。

炭酸水を飲む

ダイエット中でお腹が減ったときに有効なのが炭酸水になってきます。

今はコンビニなどでも炭酸だけが入ったものが売っていますよね?

カロリーも気になりませんし満腹感も出てきます。

これを生活の中に取り入れていけば過度のストレスにもならず、食欲をコントロールしていくことが可能になってきます。

ダイエット中は水であったり炭酸水などを飲んだあとに食べることをしていくと自然に食事の量も減ってきます。

こういったことは将来の健康にも重要になってきますし年齢と共に食事の量を減らすことは大切なことでもあるのです。

暇な時間を作らない

食べ物を考えてしまうということは暇な時間があるということにもなってきます。

何かに集中している状態では食欲が湧くということにはなりにくいので、出来るだけ集中できる何かを見つけてみることも大切です。

例えば運動などを生活の中に取り入れればそれだけでもダイエット効果は出てきますよね。

運動が食欲を抑えるということもお伝えしましたり、暇だと感じるようであれば積極的に身体を動かしてやることが食欲を抑えてあげる一番のポイントにもなってきます。

食べる順番に注意する

食事をするときに気をつけたいことが食べる順番です。

毎回の食事の中で食物繊維が豊富なサラダなどを取り入れていくことが大切になってきて野菜を最初に食べるようにして下さい。

ご飯とメインの肉か魚を食べる方がほとんどですが、これは食欲を増進させてしまう食べ方です。

野菜などは消化にかかる時間も早いですし便秘改善にも役に立ってきますよね。

そして食物繊維には食欲を抑える働きもあるために食事の量が少なくとも満腹感が得られることになります。

最初にサラダなどを食べることである程度お腹を満たしてやれば全体の量を減らしてもストレスは感じません。

ご飯とお肉などを最初に食べると食べ過ぎにもなってしまうのでご注意下さい。

部屋に赤いものを置かない

色というものは人の深層心理を左右してくる場合がとても多くなり、赤や暖色系の色は食欲を増進させます。

これはマクドナルドなどのマークなどを見てもわかるように赤のMが描かれていますよね。

黄色なども食欲を増進させる色なので自分の部屋などには置かないようにすることが大切です。

料理でも赤色が入ったものはとても食欲をそそられますし、赤という色は食べることをイメージしてしまうのでダイエットをしている方は気をつけるようにして下さい。

アロマをたく

ダイエットをしているとどうしても自律神経の乱れというものが出てきてしまいます。

これが続いてしまうと食欲を抑えられなくなってしまうのでアロマなどを利用していくと効果的に抑えることができます。

ちょっとイライラを感じたり食べるものを連想するようになっていたら、自律神経が乱れてきている証拠などで気分を落ち着かせるためにもアロマをたくようにしましょう。

その中でも効果的な香りはペパーミントやグレープフルーツの香りです。

グレープフルーツについては前述したように食欲を抑えてくれますのでおススメです。

ペパーミントも空腹を感じなくなる効果があり、少し強烈な匂いではありますがストレスが強い場合などはおススメのアロマになります。

食事中テレビを見ない

また、食事中の注意点としてテレビがあります。

テレビを見ながらの食事は意識がテレビに向いているので食事の量が多くなる傾向があります。

きちんと食を楽しむ上でも「ながら食い」というのはやめて下さい。

テレビに限らずパソコンやスマホなども同様になってきます。

どうしても違う方に気が取られるので満腹感を得るまでに時間がかかってきますし、こういった時は噛む回数も減っているはずです。

食事の時間は美味しく食べ物をいただくという事に集中しないと食欲を抑えられなくなる原因にもなりますのでお気をつけ下さい。

お腹が空いたら筋トレする

運動をすると食欲が抑えられるということはお伝えしましたが、筋トレというものも食欲を抑える効果があります。

そしてダイエットで一番大事なのが筋肉量を増やすことです。

この筋肉が減っていくことで基礎代謝も落ちてしまい太りやすい身体になってしまうのです。

少しづつでも筋肉を増やしていけば基礎代謝もあがり脂肪の燃焼を助けてくれることになりますので、お腹が空いたと感じたときは筋トレする選択肢も覚えておいていただければと思います。

ここまでは食欲を抑える方法をお伝えしてきました。

自分でもやれることが必ず見つかると思いますので今日からできることがあれば実行していってみて下さい。

それでは食欲が湧くということについてもお話ししていきます。

なぜ食べるという欲求が出てしまうのかもわかっていれば、普段の生活でも気をつけることができますよね。

食欲UPするのはなぜ?

人はなぜ食欲がUPしてしまうのでしょう?

痩せたいのに食欲がジャマして痩せられない!と常に考えている人もいるのではないでしょうか。

これさえなければダイエットは簡単なのにと思いますよね?

そんな人は自分の行動なども考えてみる必要があります。

食欲はこのようなことで引き起こされてしまうのです。

疲労やストレス

人はストレスや疲労が溜まってくると何かで発散させたくなります。

また不規則な生活で身体が疲れているいる場合なども同様です。

こういった場合には猛烈に食欲が湧いてきてしまう人が出てくるのです。

食べ物を食べている間は気分が落ち着くという方がいるように、食べることは人の欲求の一つでもあり生きていく上では切り離せないことでもあります。

何かのストレスで気持ちがイライラしている時などは特に食欲がUPして暴飲暴食といったことにも繋がってきますので、気持ちを落ち着かせるような行動をしなければダイエットは成功しません。

しっかりと睡眠をとるようにしてストレスのない状態を作ってあげることが大切になります。

ブルーライトの影響

家に帰ってから寝るまでスマホをいじっている方は要注意です。

スマホやテレビ、パソコンからはブルーライトという光が出ますが、それが食欲を暴走させてしまいます。

これは食欲を抑えてくれるレプチンというホルモンが減り、反対に食欲を増進させるグレリンというホルモンが増えるために起ります。

通常の生活をしていればこういった事にはなりませんが、常にスマホで何かをしていたりするとホルモンバランスが乱れてしまい、食欲が抑えられない状態になってしまうのです。

また、寝る直前までスマホをいじっていれば睡眠の質も低下してきます。

これによって疲れが取れないといった状態になり、それが続くことによってストレスを抱えるようになります。

まさにスマホなどは身体を疲れさせてストレスを与えるものにもなり、ブルーライトの影響で食欲を暴走させてしまうものということがわかりますよね。

ダイエット中に限らずスマホやパソコン・テレビなどは必要なとき以外では使わないようにしていくことが大切です。

仕事でどうしても使うという人はアロマなどを利用して気持ちを落ち着かせることも大事なことになりますし、なるべくストレスに感じないような環境を作っていくようにして下さい。

食欲が我慢できない人は是非試してみて!(まとめ)

ダイエットをやり始めて最初から成功したという人もいれば、何度挑戦しても諦めてしまう人がいます。

その失敗の原因は食欲を抑える方法を知らないからだと言えます。

食べる量を急激に減らしてみたり過度の運動を始めてみたりすれば、自ら大きなストレスを与えているようなものです。

これではダイエットが続かないことにも納得できますよね。

最大の敵でもある食欲を抑えなければダイエットが成功することは決してありません。

それでも色々な理由から痩せたいと思う方がいるわけですが多くの人は間違った行動から入ってしまいます。

一番大事な食欲を抑える方法をあまり考えない為に、暴食してしまう環境を自分で作ってしまうのです。

これからダイエットを始める方や、リベンジするかたは最初に考えるべきことは食欲を抑える方法を実践することになります。

今回お伝えした17個の方法はどれも効果的であり、ダイエット中の身体の健康も考えたものになっています。

これは単に痩せればいいという事にはならないからです。

ダイエットによって健康を壊してしまったりすれば痩せること自体が無意味になってしまいますよね。

健康的に痩せることができれば仕事も元気にこなすことが出来ますし生活も楽しめますが、体重を落とすことだけを考えていけば自分の身体も傷つけてしまいます。

食べることへ意識が集中しなければほとんどの方はダイエットに成功するはずですので、水を飲むことから始めるなど自分にとって簡単なことからやっていって下さい。

そして、自分が理想とする体型やスタイルを苦労なく手に入れられる方法は、食欲を自分でコントロールできることがとても大切になるのです。

今度は一番簡単な方法から試してみて絶対にダイエットを成功させましょうね!