私たち人間は生きていく上でたくさんの人間と関わり合いながら存在していると考えることができます。

なぜならば、子供の頃から現在までを思い返してみれば、既にたくさんの人間と関わってきたと考えることができるからです。

例えば、保育園、小学校、中学校、高校、大学、アルバイト先、職場などなど…。

想像してみると簡単にいくつかの該当する環境を想像することが出来るはずです。

そして、これからも私たちはたくさんの人間と毎日関わっていく事が予想されます。

たくさんの人間と関わるということは、たくさんの人間となるべく良い関係を築いていくように努力をしなければいけません。

なぜなら、集団生活をする上で周りの人間から嫌わてしまうような行動をとってしまうと、生きづらくなってしまうからです。

だからこそ、周りの人と同調することができるような協調性や、仲良くすることができるようなコミュニケーション能力を身につけておかなければいけないのです。

そして、大人になるとビジネスの場面でも様々な人間と関わることが予想されますので、生きるためにお金を稼がなければいけないという事を踏まえると、やはり他人と良い関係性を築くスキルは絶対的に必要な動力であると考えることができます。

そんな身につけておいて役に立つようなスキルの中で、集団生活で役に立つスキルは他にも存在しています。

例えば、リーダーシップなども集団生活をする上で必要なスキルになります。

なので、今回は集団生活をする際に必ず存在しているリーダーをテーマにして、リーダーとはいったい何なのか、そしてリーダーとマネージャーの違い、そしてリーダーシップのあり方についてご紹介していきたいと思います。

リーダーのあり方について考える

たくさんの人間が集まり一つの集団となって行動する時、必ずどんな場面でもリーダーという立場の人間が生まれてくるはずです。

例えば、私たちが一般的に所属している可能性が高い「会社」に関してもその考えは全く同様であると考えることができます。

例えば、会社全体を考えるのであれば、まず会社のトップである会長や社長がリーダーとして考えることが出来ます。

リーダーが会社全体に対して指示を出して、それを全うして利益を上げていると考えることができるからです。

そして、さらに小規模の範囲で考えてみると、会社の中にはいくつかの部署が存在すると思います。

その部署の中でも部長という立場のリーダーが存在しており、その部長がさらに次長などの役職の人間に対して指示を出して、さらに下の課長が指示を受ける…というようにピラミッド式にそれぞれの小さいグループの中にそれぞれ一人の代表としてリーダーが存在し、グループをまとめていると考えることができるのです。

なので、会社といえども、小さいグループの積み重なりで形成されており、小規模で考えるとたくさんのリーダーが存在しているのです。

そのようにして考えてみると、一定数の人間が集まった場所にはかなりの確率でリーダーが存在しており、複数の人間が集まった時に必ず必要になる存在であると考えることができるのです。

しかしながら、リーダーは簡単に務まるようなポジションではありません。

しっかりと役割を全うできるような人間でなければ周りから不満を持たれたり、周りから認められてもらえなかったりする可能性もありますので、それなりに大変なポジションであるということは理解しておかなければいけません。

だからこそ、リーダーになる為にはいくつかの素質などが求められるようになるのです。

リーダーってどう言う役割?


リーダーと聞くととてもかっこいい存在であると誰もが想像すると思います。

なぜリーダーがかっこいい存在なのかと考えると、リーダーはたくさんの人間の代表であるからこそ、様々な能力に優れている人間である可能性がとても高いからです。

なので絶対とは言えませんが、優秀な人間が比較的多く、それを理由にリーダーに対して憧れを持ったり、かっこいい存在であると認識しやすくなるからです。

つまり、先ほども触れたようにリーダーになるためには様々な能力が求められると考えることができるのです。

たくさんの能力を持っているからこそ、力を発揮することが出来ますし、たくさんの人間から認められるようになるのです。

ではリーダーになるためにはどのような素質が必要で、どのような役割を行わなければいけないのかと疑問に感じる方が出てくると思います。

なかなか日常生活の中でリーダーという存在に関して向き合うことは少ないと思いますので、ここからはリーダーは具体的にどのような役割を持っているのかということを説明しながら、リーダーに必要なものについても考えていきたいと思います。

リーダーの意味

リーダーという言葉は日常的によく耳にしたりすると思うのですが、具体的にどのような意味を持ってる言葉なのかと問われると、正しく説明することができない人もちらほら存在しています。

そもそもリーダーの役割を知るためには、リーダーがどのような存在であるのか、どのような意味を持っている言葉なのかということを正しく知っておかなければいけません。

なぜならば、正しい言葉の意味を知らないと、その言葉が本来どのような役割を担っている言葉なのかということが想像することができないからです。

そこで、まずはリーダーの役割をご紹介する前にリーダーがどのような意味を持っている言葉なのかということからご紹介していきます。

リーダーという言葉の基本的な意味を正しく理解することによって、自然とリーダーの役割などが見えてくるようになると思いますので、まずは意味を正しく把握するところから始めていきましょう。

指導者・統率者

リーダーという言葉がどのような意味を持っているのかと考えたに、該当する意味としては「指導者・統率者」という意味を持っていると考えることが出来ます。

つまり、何かしらの目的を持った集団を指導したり、統率したりするという意味だと理解することが出来ます。

統率という言葉は少し難しく感じるかもしれませんが、「多くの人々をまとめていること」という意味で解釈できます。

つまり簡単に言えばたくさんの人間の先頭に立ってこれからどのようなことをするのかということを率先して行ったり、考えたりするという風に解釈していただければわかりやすいと思います。

先ほども触れたようにたくさんの人間が集まるとリーダーというポジションの人間が存在しやすくなります。

なぜならば、たくさんの人間が行動を共にする場合、必ず何らかの意思決定をしたりするときに重要なポジションにつく人間が生まれます。

それがリーダーとなり、その集団の意思決定機関としての役割を担うようになったりするからです。

グループの長

リーダーという言葉を言い換えてみると「グループの長」という言葉で言い換える事も出来ると思います。

これも突き詰めて考えると意味としてはかなり似ており、所属しているグループの中のリーダーであるという事を意味していたり、存在している複数のグループの中の最終的な長であるという解釈をする事も出来ます。

結局は、そのグループのリーダーであるということを意味している言葉になりますので、そこまで違う言葉であると解釈する必要性はありません。

先ほど触れたように、会社員の中での役職などもこれにとても近い言葉の意味を持っており、例えば一番低い立場のリーダーとしては係長などが該当している事が多いです。

そして、その係長の中でのリーダーとして課長補佐などが存在していたりする事が多いです。

そのようにピラミッド式でどんどん積み重なっていき、最終的なトップとして代表取締役社長や会長などが存在すると考えることが出来ます。

リーダーの役割


リーダーという言葉が持ってる意味は「指導者・統率者」という言葉の意味が存在すると触れましたが、その言葉から想像してみると、リーダーが行わなければいけないような役割が少しずつ見えてくると思います。

そして、それ以外にも私たちが子供の時からリーダーという存在は身近な存在として認識することができていたと思いますので、その経験を思い出すとより理解が進むかもしれません。

例えば、学校などのたくさんの人間が集まるような場所に身を置いていた場合、自分が該当しているクラスの中でリーダーを選出しなければいけないという状況を経験したことがある人間はたくさんいると思います。

例えば、クラスの中で学級委員長を決めたりするのも言い換えてみればリーダーを決めるという事に近い事だと思います。

学級委員長に選任された人間は、そのクラスの中での何かしらの議題を率先して取り扱ったり、解決策を出したりするのに一役買ったりする事が多いですよね。

そのようなことを踏まえて考えてみると、リーダーの役割というものがどんな方でもある程度は想像することができると思います。

自分の子供の頃の経験を思い出しながら、これからご紹介するリーダーの役割と重ね合わせながら理解してみてください。

先頭に立って進むべき道を示す人

リーダーの役割を想像してみた時に該当する意味としては「先頭に立って進むべき道を示す人」という意味を想像することが出来ます。

なぜリーダーの役割にこのような事が含まれているのかと考えると、リーダーは指導者が統率者となってグループの人間をまとめないといけません。

その意味を考えた時に、「複数の人間の先頭に立ってこれから進んで行く道や方向性を示してあげる」ということは、紛れもなくリーダーの役割であると想像することができるからです。

例えば、先ほどご紹介した学級委員長の件でもそうですが、例えば誰しもが経験したことがあるのがクラスの中で学級テーマを決めたりするときに学級委員長が主体になって話し合いを行おうと促したり、たくさんの人間の意見を取りまとめたりしたような光景を見たことがあると思います。

このことを考えてみても、まさに自分自身がたくさんの人間の先頭に立ってこれからしなければいけないことを周りの人間に対してを促している姿を想像することが出来ると思います。

なので、リーダーの役割に該当する、大切なスキルであると考えることが出来るのです。

このことを考えてみると、リーダーになる人間はある程度たくさんの人間をまとめることができるリーダーシップが存在し、頼れる存在になれるような信頼性の高い人物でないといけないという事も想像できますね。

成果を生み出す人

リーダーの役割を想像してみた時に該当する意味としては「成果を生み出す人」という意味が該当すると考えることが出来ます。

なぜリーダーは成果を生み出す人という意味が含まれているのかと考えると、リーダーはたくさんの人間を取りまとめて進むべき道を示しつつ、さらにそれによって結果を生み出さなければいけないのです。

例えばビジネスの場面において考えてみると、先ほど触れたように部署には部長というリーダーが存在しており、そのリーダーが部署の中で良い結果を出すために部署の中の人間に働きかけなければいけないと考えることが出来ますよね。

それを踏まえて考えてみると、リーダーは必ず結果や成果を生み出すなければいけないポジションになるのです。

なぜならば、一つの部署のリーダーという役割を与えられておきながら、その部署全体の結果や成果を生み出すことができなければ不要な存在であると考えられてしまうからです。

逆に言えば、結果や成果を持つことができる人間は貴重な存在であり、優秀な力を持った人間であると判断されてさらに良いポジションにいく事も可能なのです。

リーダーとして選ばれたからには、当然ながらそれなりに成果を生み出すことを期待されて選任されているのです。

なので、ただ単にたくさんの人を導くだけではなく、導いた先に何かしらの成果が出せるようにしなければいけないのです。

だからこそ、成果を生み出すという事はリーダーの大事な役割であると結論づけることが出来ます。

リーダーとマネージャーの違いは?

リーダーというポジションが様々なスキルが求められるポジションであるということがわかりいただけたと思いますが、リーダーという言葉とその他にマネージャーという言葉もあると思うのですが、人によってはこの言葉の違いがよくわからずに混同してしまってるような人も存在しています。

社会人としての経験が長い方であれば、言葉の違いなどに正しい認識を持っているかもしれませんが、社会人経験が乏しい方であったり、学生の方からしてみればリーダーとマネージャーの違いを問われるとよくわかっていない可能性はとても高いです。

なので、ここからはとても似ているこの二つの言葉の違いについて詳しくご紹介していきたいと思います。

この二つの違いを理解している事で、社会に出た時に厳密な意味の違いを正しく理解することにもつながりますので、必ず役に立つ知識などで覚えておきましょう。

仕事での2つの役職

社会人になると様々な役職などを耳にすることが多くなると思います。

なぜならば、株式会社などではそれぞれの立場によっていう役職が違っており、そういう役職によって求められるスキルなどが全く違うようになるからです。

最初は役職についてよくわからない状態で社会人の一員になったりすると思うのですが、複雑なのが会社によって全く役職の名前などが違ったりすることがあるということです。

具体的にどういうことかと言いますと、例えば一般的な会社では主任や係長、課長補佐、課長、次長、部長などの言葉が存在しているのに対し、他の企業ではグループリーダー、マネージャー、エリアマネージャーなどの言葉が存在していたりして、まったく自分の会社と違うなんていう事があったりするからです。

こうして考えてみるとどんな役職がどういう役職と同じくらいのレベルであり、そもそもどのような役割を担っている人間なのか全くわからなかったりするのです。

なので、それを踏まえて考えてみると社会人経験が乏しい方がわからないのが当たり前なのです。

しかしながら、わからないままにしておくと必ず困ってしまう場面に遭遇してしまいますので、この役職の違いをよく覚えておかなければいけません。

似ている意味にもなりますので、初めて知るという方は知識としていつでも引き出せるようにしてください。

マネージャーの意味

リーダーとマネージャーの違いを考えるためには、リーダーとマネージャーという言葉の正しい意味を理解した上で、この二つの言葉を比べて考える必要性があります。

リーダーという言葉は先ほどご紹介しましたので、ここからはマネージャーという言葉がどのような意味を持っているのかということについて触れていきます。

支配人・管理人

マネージャーという言葉を考えてみた時に、該当する意味としては「支配人・管理人」という言葉が存在していると考えることが出来ます。

この言葉を考えてみると、想像できるのが営業主に代わって店舗の営業取り仕切る責任者などの意味が該当するのですが、一般的には外資系企業なので特に使用されている例が見受けられます。

なので、日本の株式会社なのでマネージャーという言葉が使われていたりするのは最近では増えていますが、あまり一般的ではないと考えられる場合もあります。

具体的に日本の株式会社の役職のどの部分に回答するのかと疑問に考える方もいるかもしれませんが、会社によって厳密には違うのであくまで参考程度に覚えていただきたいのが「課長」「係長」クラスの役職であるというイメージを想像していただくと分かりやすいと思います。

マネージャーの役割

マネージャーという役職がどのような役割を担っているのかどう考えた時に、マネージャーの役割としては組織に属している人間の持っている能力をしっかりと見極めた上で、その個人個人の能力をしっかりといかしてあげられるように支援をしてあげたり、助けを出してあげたりすることが主な役割であると考えることができます。

一つの組織と言っても実際にその組織の中に存在している人間はバラバラな人間ばかりです。

あくまで個人個人レベルで考えてみると、力の差はまったく違っていた、知識の量などもバラバラであったり、何が得意で何が不得意なのかということは人によって全く違うようになっているのです。

それらの人間が力を合わせて一つの方向性に向かって会社として業務を行っていくと考える場合、必ずバラバラな人間たちをなるべく反発し合わないように一つの大きな力として結集させてあげないといけないのですが、それがまさしくマネージャーの役割であると考えることが出来ます。

そう考えると、マネージャーという仕事に関してはある程度人と関わる積極性を持っている人間である必要があると考えることができます。

なぜならば、人と積極的に関わることができないような人間であれば個人個人の能力を引き上げたり、人のことを想像して動いたりすることが出来ない可能性があるからです。

【マネージャー向きだなと思う人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

マネージャーとリーダーの違いまとめ

結局、リーダーとマネージャーの違いを考えてみた時に、リーダーが「先頭に立って進むべき道を示す人」に対して、マネージャーが「個人個人の能力を見極めた上でそれぞれ支援する人」という事を考えてみれば、この二つの言葉の本来持っている意味、そして行わなければいけない役割などが違うということがすぐにわかると思います。

どちらかと言えばリーダーはたくさんの人の先頭に立って明確なビジョンを示して、理想とする未来に突き進んで行けるような力を持った人間である必要性があり、マネージャーはむしろ前に立って何かをするというよりは、そこに向かって走っている人間のサポートする役割であると考えることが出来ます。

こうして考えてみると、二つの言葉はとても似ていますが明確な違いが存在する言葉であるということが分かるはずです。

これを理解しておけば、二つの言葉が混同したり、意味がわからなくなってしまったりするような事はなくなると思いますよ。

リーダーシップとは

リーダーとして活躍するためにはリーダーシップが備わっていなければいけないのですが、人によってはリーダーシップという言葉が何を意味している言葉なのかよくわからないと感じている方もいるかもしれません。

リーダーとして活躍をしたことがない方からしてみれば、リーダーに必要なものを調べた経験などもないと思いますので、ここからは具体的にリーダーシップとはどのようなスキルが必要なのかという事をご紹介していきたいと思います。

リーダーシップがどういうことなのかということが理解できるようになれば、リーダーシップを身につけるために必要な行いなどもある程度想像がつくようになると思いますので、これからリーダーを目指したいと思っている方には絶対的に必要な知識になると思います。

それを踏まえた上で、リーダーシップとはどういうことなのかという事に向き合ってみてください。

リーダーとしての能力

リーダーシップとはいったい何なのかと考えた時に、該当する意味としては「リーダーとしての能力」という単純な意味合いになっています。

つまり、リーダーとして活躍するために必要な能力であると良い変えることができるのですが、たくさんの人間の前に立って何かを行う人間にはこの能力が必ず求められます。

なぜならば、リーダーシップがない人間は頼りなく感じられ、たくさんの人間から信頼されにくくなってしまい、リーダーとしての役割を全うすることができなくなってしまうからです。

では、リーダーシップにはどのような能力が必要なのかと考えた時に、考えられる能力としては「物事の方向性をしっかりと見定める能力」、そして「優先順位を明確にすることができる能力」であったり、「たくさんの人間から信頼される能力」などが必要になると考えることが出来ます。

なぜこれらの能力が必要になるのかと考えると、リーダーは方向性を見定めた上でチームが取るべき行動を決定する必要性がありますし、様々な問題点の中でも重要なものを見定めて限られた時間の中で効率よく成果を生み出す必要があり、なおかつたくさんの人間を引き連れていく事が求められるからです。

これらの能力がないとリーダーシップがなく、周りから頼りにされないようなリーダーになってしまい、成果なども挙げられずに失敗をしてしまう可能性が増えてしまうのです。

組織を引っ張っていく力

リーダーシップがあることによって結果的には組織を引っ張っていく力を身に付けることができると考えることができます。

世の中全体を考えてみた時にも言えることですが、どんな組織でも必ず組織を引っ張っていく力を持った人間がトップに立って仕事を行っていますよね。

トップの人間が頼りなかったり、成果を上げることができないような人間だった場合はすぐに解任されたり、そのポジション別の人間に奪われたりしてしまい、結果的には淘汰されていく存在になってしまうからです。

なので、逆を言えばリーダーシップがないとトップは務まりませんし、リーダーシップを磨くことによってとに立ちやすくなると考えることができます。

そのためには先ほどご紹介したリーダーとしての能力が必要になるのですが、リーダーとしての能力を身につけるのは簡単なことではありません。

それなりに日常的に意識をしておかなければ身につけることができませんし、一朝一夕で身に付けるようなものでもないからです。

だからこそ、普段からきちんと物事を広い視野で見ることが出来、方向性を見誤らないように出来るスキルや、常に優先順位を明確にして効率的な行動をする事ができるスキル、そしてたくさんの人間と誠実に向き合う事が出来、人から好かれるようなコミュニケーション能力を持った信頼されるスキルなどが必要になるという事です。

そして、これこそが組織を引っ張っていく力になると考えることが出来ます。

リーダーシップのあり方

リーダーとして活躍するためにはリーダーシップを持たなければいけないとお伝えしましたが、リーダーシップを意識したことがない人間からしてみればなかなか難しいことではあるはずです。

なので、ここからはリーダーシップのあり方についていくつか必要な考え方をピックアップしてご紹介していきたいと思います。

リーダーシップのあり方を知ることによって、さらにリーダーになるために必要な考え方を身に付けることができるようになります。

これからリーダーというポジションで力を発揮していきたい、もしくは将来的にその力を身につけたいと思っている方はこれからご紹介する考え方を日常的に注意することによって確実にリーダーシップを身に付けることができるようになるはずです。

将来的なことを見据えて今のうちから行動しておくことはとても大切なことになりますので、最初は考え方を取り入れるのは難しいかもしれませんが、継続して行いは慣れていきますのでチャレンジしてみてください。

ビジョンを掲げる

リーダーシップのあり方を考えた時に、大切な考え方をひとつとして「ビジョンを掲げる」という事が挙げられます。

なぜビジョンを掲げる事が大事なのかと考えた時に、リーダーにとって大切な役割は「先頭に立って進むべき道を示す人」です。

なので、先頭に立って進むべき道を示すためにはビジョンを掲げなければいけません。

明確なビジョンを掲げることができない人間は、たくさんの人間を不安に落としてしまうことになります。

なので、より具体的なビジョンを掲げて、そのビジョンに向かってブレずにどう進んで行けばいいのかということを明確に示してあげることで安心感を与えて、信頼感を得ることが出来るようになるのです。

そのビジョンに賛同してもらい信頼を得たり、結果を出していく事でさらにたくさんの人間が信頼してくれますので、リーダーシップのあり方を考えた時にビジョンを掲げるということは絶対的に必要な考え方だと結論付けることができます。

組織の仕組みづくり

リーダーシップのあり方を考えた時に、さらに大切な考え方として「組織の仕組み作り」が存在すると考えることができます。

なぜ組織の仕組み作りが大切なのかと考えた時に、そもそも組織の仕組みがしっかりとその備わっていないと、その組織はもろい組織になってしまい、崩壊してしまいます。

なので、組織の仕組み作りは必ず行わなければいけないリーダーの役割になるのです。

そして、組織の仕組み作りとは、簡単なことではなく、バラバラな複数の人間が集まってそれを一つにまとめ上げていくので、とても複雑な行為に該当します。

だからといって仕組みづくりを怠ってしまうと、一つの集団として機能しなくなってしまい、リーダーとして認めてもらえずに、バラバラの方向性になってしまい、結果を出す事もできませんし信頼もしてもらえませんし、こちらの意見も聞いてもらえ無いという事になりかねません。

だからこそ、しっかりとした仕組みを作り、ただ仕組みを作るだけではなく積極的にコミュニケーションを取ったり、本当に相手のためを思って行動してあげたり、それぞれの適材適所を理解した上で仕組みを作ってあげる努力をしなければいけないのです。

これもリーダーシップのあり方の一つだと考えることが出来ます。

広い視野で隅々まで見渡す

リーダーシップのあり方を考えるときに大切な考え方の一つに「広い視野で隅々までに渡す」という事が挙げられます。

なぜ広い視野で隅々までに見渡す必要性があるのかと考える時に、広い視野を持ってたくさんの人間を見てあげることによって、その人間が持っている問題点などに気づいてあげられる可能性が高くなります。

それ以外にも、普通に見ているとわからないような小さな問題点なども気づいてあげられるようになりますので、結果的に問題を解決できるだけではなく、それぞれの人間の問題点に気づいて対処することができるので、組織のレベルが上がりますし、場合によってはその人間とのコミュニケーションも信頼の高いものに変化することになります。

そうなることによって、一人の個人というだけではなくリーダーとして認めてもらえるようになり、最終的にたくさんの人間からの信頼を集められるということになるのです。

なのでリーダーシップのあり方の一つとして広い視野で隅々までに渡すことが求められると考えることができます。

リーダーシップの心得を覚えておこう

リーダーシップは先ほどもお伝えした通り一朝一夕で身につくようなものではありません。

常日頃から意識して、意識しないでも無意識のうちにそれを発揮できるようなレベルにまで高めておかなければいけません。

しかし、逆に考えればそれぐらいのレベルまでリーダーシップの心得を身につけておくことによって、リーダーに抜擢される可能性はとても高くなります。

将来的にそれなりのポジションになるために未来を見据えているのであれば、今のうちからリーダーシップの心得は覚えておいた方が絶対に得になりますので、最初は難しいことばかりかもしれませんが、積極的にリーダーシップを身に付けられるように努力してみてください。