lineで告白するなら気を付けたい7個のことのイメージ写真
lineで告白したいなら、必ず気をつけたい事をいくつかご紹介していきます。

好きな人に告白したいけど、面と向かって好きだという気持ちを伝えてられない!

lineを通して好きな気持ちを伝えたい!

と感じている場合、こちらの記事を参考にしてみて下さいね。

lineで、好きな気持ちを上手く伝えるにはどのような事に気をつければいいのでしょうか?

相手が貰って嬉しいし告白lineメッセージや、lineで告白を成功させるための内容など。

今回はそんなちょっとした事に気をつけられるか、気をつけられないかの大きな差につながるポイントをお伝えしていきます。

ぜひ、この記事を読んでlineでの告白を検討してみてください。

️lineで告白しようと考えているあなたに

lineで告白したいけど、どのようなことに気をつければのかわからないなんてことはありませんか?

今回は、lineで告白しようと考えているあなたに様々なことをお伝えしていける内容になっています。

素敵な告白内容に、相手も喜ぶ告白にしたいですよね。

また、なかなか直接本人に自分の気持ちや思いを伝えられない場合、LINEでの告白はいいかもしれません。

しかし、実際自分の気持ちを本人の口から伝えてもらいたいと考えるのが一般的です。

そのため、もしあなたに行があるのであれば、きちんとあなたの口から本人に告白してみてもいいですね。

好きな人にlineでの告白

好きな人にlineでの告白している
さて、好きな人にLINEで告白する場合本人に直接伝える告白より、少々告白内容を考えなければなりません。

好きな人にきちんと好きな気持ちが伝わるようなLINEのないようにしなければ、相手からあなたの本気度が伝わらない可能性があります。

このように、好きな人にLINEでの告白は、本人に直接する告白より、伝えるための工夫をきちんと考えておかないと、なかなかあなたの気持ちをうまく伝えられないかもしれません。

このように、好きな人にLINEでの告白をする場合、いくつかの注意点に気をつけることと、相手に伝わる告白内容考えてことが大切です。

ただ気持ちを伝えるだけじゃダメ!

ただ「好き」と言う気持ちを伝えるだけじゃいけません。

直接告白する場合、ただ好きと言うだけでいいかもしれません。

しかし、LINEでの告白の場合、あなたがたとえ本気で「好き」と伝えても相手からは冗談に思われてしまうことも考えられます。

さらに、伝え方を間違えてしまうことにより、相手がからかわれたと思ってしまうこともあります。

このように、ただあなたの気持ちを伝えるだけでなく、相手にあなたの気持ちがきちんと伝わるような告白の仕方を考えていかなければ、あなたの本気の気持ちが伝わる事はありません。

きちんと内容考えて注意点を踏まえて考えていきましょう。

注意点を押さえておこう

LINEでの告白では、直接告白する場合と違いなかなか相手に気持ちが伝わりにくいことも考えられます。

そのため、きちんと注意点を押さえておくことにより相手に伝わりやすい「好きな気持ち」を伝えていきましょう。

言い方ひとつでも、内容の捉え方が変わってしまう事も考えられます。

さらに好きな気持ちをLINEで伝えた事が、言い訳になってしまわないように気をつけたいところです。

また、注意点を押さえておくことで、あなたが伝えたい気持ちをできるだけ相手に伝えられる内容考えていけるのかもしれません。

きちんと注意点を押さえておくことで、LINEでの告白が成功するといいですね。

お互いの顔が見えないので、文章には気を使う

お互いの顔が見えないLINE
LINEでの告白は、当然お互いの顔が見えませんので告白する内容には充分気をつけておきましょう。

さらに、お互い顔が見えないことで、どのような雰囲気で告白を考えているのかがわかりません。

そのため、きちんと誠実に、素直な気持ちで相手に告白をすることが大切です。

さらに、誰が読んでもわかるようなわかりやすい文章心がけておくことも大切です。

好きな気持ちを伝えるけど相手に何が言いたいのかがわからない、と思われてしまわないように注意しなければなりません。

お互いの顔が見えないLINEでのやりとりになるからこそ、慎重にならなければならないのです。

送られた相手の気持ちになり、どのような文章にすれば相手に伝わりやすくなるのかをよく考えて文章考えていきましょう。

️lineで告白するときに気をつけたい7個のこと

それではここからは、LINEで告白するときに気をつけたいならこのことについてお伝えしていきます。

一つ一つのことに注意をおきながらぜひ、LINEでの告白に生かしていけるようにしてください。

LINEで告白するときに、きちんと相手に気持ちが伝わるように言葉をできるだけ噛み砕き相手に伝えるようにすることが大切です。

できるだけリアルにあなたの気持ちが相手に伝わるように、分かりやすい文章で伝えていきましょう。

さらに、LINEで告白する場合相手が答えやすい文章考えておくことも大切です。

自分の気持ちだけをさらけ出す文章にしてしまうのではなく、きちんと相手にあなたの気持ちを理解してもらいましょう。

また、それに応えやすい文章を心がけていくことで、よりLINEでの告白が成功やすくなりますよ。

しっかり自分の言葉をつづる

まずは、しっかりとあなた自身の言葉で告白の文章を考えていきましょう。

さらに、誰かの歌詞やコピーしたような、出来過ぎた文章になると却って本気な気持ちが伝わりません。

きちんと、あなたらしい普段の言葉遣いと自分の言葉で告白の気持ちをつづりましょう。

ちゃんと自分の言葉で伝えることにより、相手にあなたの気持ちが伝わりやすくなります。

また、自分の言葉を意識することで、あなたらしい表現と相手を思う気持ちがどれほどなのかを伝えることもできそうです。

このように、しっかり自分の言葉を綴ることで、より相手にあなたの気持ちを伝えやすくなることでしょう。

スタンプや絵文字に頼らない

きちんと言葉で伝えることで、相手に伝わりやすくなるという事は、スタンプや絵文字に頼らないということになります。

スタンプや絵文字に頼ってしまうことで、冗談のように相手が感じとってしまったりからかわれていると思われることが考えられます。

このように、真剣な場面ではスタンプや絵文字に頼らず、きちんとあなたの言葉で素直に伝えるようにしてください。

また、スタンプや気持ちに頼ってしまう文章になると、かえってあなたの本気度が伝わりません。

スタンプや絵文字に頼らず、きちんとあなたの言葉で伝えることが何より大切なのです。

長すぎ・短すぎはNG

LINEで告白をするときに、文章は長めにするのが良いのか、短めにするのがいいのか悩むところです。

ここでは、告白するときのちょうどいい文章の長さについてお伝えしていきます。

例文を上げると、「いつも部活帰りに一緒に帰ってくれてありがとう。いつも一緒にいてくれてありがとう。これからもずっと一緒にいたいと感じました。これからは友達ではなく、お付き合いしてください。」

など、感謝の気持ちを伝えたり、相手のどのようなところが好きなのかをきちんと伝えるようにしましょう。

さらに、相手のどのようなところが好きになったのかなど具体的に伝えることで、より相手があなたの気持ちが本気であることを理解してくれると思います。

長すぎるとウザい

LINEで告白を考えている場合、長すぎる文章になことで、相手から何を伝えたい文章なのか分からなくなります。

文章が長すぎることで文章を読むのがめんどくさくなってしまうこともあします。

長すぎることでうざいと感じてしまうかもしれません…。

せっかく考えた長い文章も、相手がめんどくさがったりうざいと感じられる文章になってしまっては、付き合う以前の問題になってしまいます。

相手から何を伝えたいのか、また何を言いたいのかわからない文章になってしまっては意味がありませんよね。

長すぎる文章は、LINEでの告白には適していないと覚えておきましょう。

短すぎると伝わらない

LINEでの告白が短すぎると逆に伝わらないことも考えられます。

「好き。」と言えば、あなたの気持ちはよく伝わります。

しかし、自分だったら「好き。」と言われたら「だから何?」となりませんか?

文章が短すぎたり、たとえ告白する内容だと分かったとしてもです。

相手がどのように答えていいのかがわからない文章はNGです。

さらに、文章が短すぎることで、あまり気持ちがこもっていないように感じられることもあります。

このように、短すぎる文章で伝えてしまうことにより、かえって粗末な文章に捉えられることも考えられます。

長すぎず短すぎずの文章ほどよく考えていきましょう。

lineでの告白をどう思っているかリサーチ

LINEで告白したい相手が、「告白」についてどう思っているかをリサーチしていきましょう。

「告白されるなら、直接会って告白するのが当たり前。」と思っている相手に、LINEで告白してしまったら、無理だと言う事はご理解いただけますよね?

このように、LINEでの告白をどのように相手が感じるかをしっかりと考えておきましょう。

さらに、相手に合わせた告白シーンを考えていくことが大切です。

告白は直接派の人なら避けるべき

LINEでの告白を考えている場合、相手が告白は直接派の人なら、LINEでの告白は避けるべきだと感じます。

当然、ほとんどの人が告白は直接してほしいと考えています。

LINEで告白されることにより本気度が伝わらないこともあります。

それに、冗談を言っていると思われたり、さらには馬鹿にされていると感じる人もいるようです。

便利になってきたことで、メールやLINE等で気持ちを伝えようとすることが当たり前になりがちです。

大切な気持ちは直接あなたの言葉にして聞きたい、と感じるのが本来の人の姿なのかもしれません。

lineをあまり使わない人も避けたい

LINEをあまり使わない人にとっては、なぜLINEで告白してきたのかがよくわからないと思うこともあります。

もともとLINEはメッセージをやり取りするツール位にしか思っていないのかもしれません。

LINEで告白されることにより、軽い感じに取られてしまうこともあります。

やはり本気の気持ちが伝わらないことも考えられます。

このように、LINEをあまり使わない人にとっては、LINEで告白される意味がわからないことがあるようです。

送る時間を考える

LINEでの告白は、送る時間帯も考える必要があります。

相手が忙しい時にLINEで告白しても、既読スルーされてしまうことが考えられます。

さらに、送る時間をきちんと考えなかったことで、相手をイライラさせてしまったり、タイミングが合わないことも考えられます。

お付き合いできる確率を上げたい場合、相手のことをきちんと考えましょう。

そして、タイミングが良い時にLINEでの告白メッセージを送るようにしてください。

送る時間を考えないばかりに、LINEの告白内容が良いにもかかわらず、断られてしまったなんてこともよくある話です。

きちんとタイミングを考え、相手の良い時間帯に送ることを考えていきましょう。

相手が忙しいときはNG

当然ですが、相手が忙しい時はNGです。

相手が忙しいと分かっている時間帯に告白することで、相手が忙しい時にメッセージを入れてくること自体が不快に感じることもあります。

このように、相手が忙しいと分かっている時間帯は、LINEでの告白はやめておきましょう。

さらに、相手がリラックスしている時間帯を狙うと良いかもしれません。

仕事が終わり、一息つきゆっくりしている時間帯や、そろそろ寝る頃かな?と感じる時間帯がいいかもしれません。

深夜だと返信が来なくてモヤモヤすることも

また、自分の気持ちが盛り上がり夜になかなか寝付けない場合、思いついたかのように深夜に気になる相手にLINEで告白することも避けましょう。

深夜にLINEで告白することで、朝になり告白した相手があなたからのLINEを見て返信する間もなく急いで仕事に行かなければならない場合もあります。

そうすると、しばらく返信が返ってこなくてモヤモヤしてしまいます。

さらに、返信をすることを忘れていることも考えられるのです。

このように、深夜にLINEで告白してしまったことにより、タイミングが悪く相手もあなたからのメッセージをきちんと読めていないことも考えられます。

相手が絶対に一人の時を狙う

相手が友達と遊んでいる時や、誰かと一緒にいるときにLINEでの告白をする事はやめておきましょう。

知らずに送ってしまった場合は仕方がありません。

もし相手が誰かと一緒にいるときに送ってしまっことで、あなたが相手のことを好きなことを話されてしまうことも考えられます。

さらに、誰かと一緒にいることで既読スルーされてしまったり、相手があなたの返信を後回しにすることにより忘れられてしまうことも考えられます。

あなたが告白をした周りの人に気持ちをばらされてしまうことと、返信を忘れることが考えられるのです。

最低限の言葉は入れる

LINEでの告白を成功させるためには、必ず告白をするときに重要なキーワードをいくつか入れておきましょう。

最低限の言葉を入れないために、告白のメールだったのかがわからずスルーされてしまうこともあります。

さらに、なんて返していいかわからないメールになってしまうため返信が返ってこないことも考えられるのです。

このように、最低限の言葉を入れないことにより失敗してしまう例はよくある話です。

最低限の言葉を入れることで、より相手に伝わるLINEでの告白になるのです。

「好き」

「好き」と言う言葉は、ストレートで相手に伝わりやすい言葉になります。

なので、告白をするときに「好き」という言葉を入れることで、より相手にあなたの気持ちを伝えることができます。

好きという言葉を入れずに伝えてしまうことで、何を言いたいのかわからないLINEメッセージになってしまいます。

相手が戸惑ってしまうことも考えられます。

このように、LINEの告白で最低限の言葉を入れなかったために失敗してしまう話は避けたいところです。

「付き合って」

LINEでの告白を考えている場合、「付き合う」という言葉を伝えておくことで、あなたが相手とどのようにになりたいのかが伝わります。

たとえ、勇気をふりしぼり「好き。」と伝えたところで、相手からは「だから?」と思われてしまうことも考えられます。

このように、「好きだから、付き合って欲しい。」などストレートで今後どのようにしたいのかをきちんと伝えましょう。

より明確に、さらにストレートに相手に伝える言葉になりますので、わかりやすくていいかもしれません。

どうしたいのかを伝える

結論からいますと、「好き。」だけでも「付き合ってほしい。」だけでもあまり伝わりにくいです。

「好き」+「付き合ってほしい」と言う言葉をセットにして伝えることにより、あなたの気持ちと今後どうしたいのかをきちんと伝えることができるようになるのです。

相手に1番嫌がられる告白内容としては、あなたがどのように考えているのかが伝わらず、結論だけを言われる場合。

あなたの気持ちだけをぶつけたLINEになるとどのように返信していいのかがわからなくなります。

このように、あなたの気持ちだけを伝えることだけでなく、きちんとその後どうしたいのかを伝えることにより、より相手があなたに対して返信しやすい内容になります。

返信を急かさない

相手にあなたのLINEでの告白の返信を急かさないようにしましょう。

相手はあなたにどのように答えたらいいのか言葉の整理と心の整理をしているのかもしれません。

もし、告白されるまであなたの気持ちに気づいていなかった場合、混乱してしまい心の整理や心の準備ができるまでに時間がかかってしまうことが考えられます。

このように、返信を急かされることで、前向きに考えていた答えも前向きに考えられなくなってしまうことがあります。

送ったら返事を待つのみ

とにかく、LINEで告白をした場合相手からの返信をじっくりと待つようにしましょう。

たとえ1週間が過ぎて返信がなかったとしても、あせらずじっくり待つことが大切です。

相手は、1週間では返事ができないのかもしれません。

もし、1ヵ月程経っているなら、あなたへの返信を忘れていることも考えられます。

さらに、友達のままでいたいと感じていること考えられます。

告白を断ってしまうことで、あなたとの関係が崩れると不安になっていることも考えられます。

このように、送ったら一旦返事を待つ体制に切り替えて、忍耐強く待ち続ける事も大切です。

「返信待ってます」などの言葉を添えておく

やはり、返信はきちんとしてほしいと思いますよね。

相手に返信を急かすのではなく「あなたの気持ちや答えが出るまで、待ってます。」

「あなたの気持ちがまとまったら、返信してください。」

など丁寧に返信の言葉を添えておくとより、あなたの気持ちも不安な気持ちが軽くなるのではないでしょうか。

このように、返信を促すメッセージをLINEの告白の時に言葉に添えて送っておくことで、よりあなたの告白にきちんとした返信をしなければならないと相手も思うようになるでしょう。

️lineで告白のメリットとは?

それではここからは、LINEでの告白のメリットを考えていきましょう。

LINEで告白するメリットはどのようなことが考えられるのでしょう。

さらに、LINEで告白するメリットを知っておくことで、直接告白するときよりリラックスした状態で、あなたの気持ちを伝えやすくなります。

さらにお手紙を書くような文章で相手に言葉を伝えることができます。

気持ちのコントロールがうまくできない人や、文章を書くのが得意な人はLINEでの告白が非常に効果的だと言えるでしょう。

気まずさが減る

LINEで告白することにより、お互いの気まずさが減るかもしれません。

また、気まずさが減ると言う事は相手に直接伝えるわけではありませんので、気まずくないところもあります。

顔が見えない分、相手がどのような表情しているのかは気になります。

しかし、お互いに顔見合わせてする告白ではありませんので、このような気まずさもなくなります。

気まずさが減ることで、あなたらしい文章を相手に伝えることができますよね。

緊張し過ぎない

緊張しすぎてしまうことにより、きちんと伝えたかった言葉がきちんと伝えられなかったり、緊張しすぎることで言葉が飛んでしまったりすることも考えられます。

このように、緊張しすぎてしまうことで、本来言いたいことが伝えられず文章も考えられない状況になります。

緊張しすぎることで、気持ちが乱れたり何を伝えたくなるのかが分からなくなってしまうようであれば、元も子もありません。

まずは自分の気持ちをきちんと伝えられる方法を考えていきましょう。

言葉をしっかり考えられる

LINEでの告白を考える場合、ラブレターやお手紙のように言葉をしっかりと考えられることができます。

このように、言葉をしっかり考えることができることにより、きちんとあなたの気持ちを伝えることもできるのです。

あなたらしい言葉で、好きな気持ちや、付き合いたい気持ちを伝えることで、よりあなたのアピールポイントが増えることでしょう。

きちんと、あなたの言葉で相手の思いと今後どのようになりたいかをきちんと伝えられることでしょう。

お互いに忙しくても伝えられる

LINEで告白の場合、お互いに忙しくても、遠距離やなかなか時間が取れない2人にはちょうどいいのかもしれません。

このように、お互い忙しくてもLINEでの告白により、あなたの気持ちや今後2人がどうしていきたいのかが伝えられることが何よりのメリットです。

忙しいことを理由に気持ちを伝えられないと言うばかりではなく、忙しいからこそLINEでの告白を考えてみることも1つの手になります。

このように、お互い忙しくても好きな気持ちを伝えたり、相手と今後どのようになりたいかを伝えることができます。

忙しくても気持ちを伝えることの大切さが身に染みてわかる告白になるかもしれません。

遠距離でも、lineで告白できる

仕事が忙しかったり遠距離の場合でも、LINEでの告白は可能です。

さらに、なかなか会えない場所にいる相手や、仕事で忙しい場合にもLINEで伝えることにより、離れていても告白することができます。

離れていることを理由にせず、遠距離でも思い切って告白してみてはいかがでしょう?

お互いに遠距離でお付き合いができると感じれば、きっとあなたからの告白も受け入れてくれることでしょう。

遠距離でも思い切ってLINEで告白してみることにより、相手が遠距離恋愛がOKな人であれば、あなたの気持ちを受け入れてくれるかもしれませんよ。

思い出に残る

このように、LINEで告白することで、相手のLINEにメッセージが残り、思い出に残ることも考えられます。

また、LINEでの告白が成功した場合、お互い良い思い出に残る告白かもしれません。

しかし、LINEで告白したことで、駄目だった場合、それも苦い思い出になるかもしれません。

そこから、学べることがたくさんあり、またLINEで告白することにより多くのものを学ばせてもらえることも考えられるのです。

まずは、LINEで成功できる告白の仕方を考えること。

うまくいっても、うまくいかなくてもその結果をきちんと自分の心の中で消化できるようにしてください。

ゆとりある気持ちを持てるように心がけておくことが大切かもしれません。

Yes/Noの答えがハッキリ出る

LINEでの告白の場合、相手が「イエス」や「ノー」の答えがはっきり出ます。

告白された側からは答えやすいかもしれません。

相手が1番嫌がるLINEでの告白は、どのように返していいのかが分からない内容です。

何を伝えたいのかが分からない内容の場合、相手がどのように返していいのかがわからなくなり、返信が返ってこないことも考えられます。

このように、自分の気持ちばかりを綴った内容や、長すぎる文章、何が言いたいのかわからない文章になってしまわないように気をつけたことが大切です。

冒頭にもお伝えしましたように、長すぎず短すぎず、また相手にきちんと伝わるような最低キーワードを入れるようにしてください。

そのようにすることで、相手からはっきりした答えを言いやすい環境作っておくことも大切です。

曖昧な返信になりそうな文章であれば、もう一度LINEでの告白を見直すようにしてください。

相手がきちんと返信しやすい内容を考えてあげるのも、告白する側にとってはとても重要なポイントになります。

️lineでの告白、絶対に成功させよう!

いかがでしたか?

LINEでの告白を絶対に成功させたいと思うのであれば、必ず成功するための7つの方法を実践するようにしてください。

さらに、告白が成功するポイントとしては、やはり相手が返信しやすいないようにすることです。

あなたが何を伝えたいのかがわからない文章や、曖昧な文章にしてしてはいけません。

相手がなんて返事をしていいのかわからなくなってしまいます。

あなたの気持ちが伝わらなくて、なかなか返信が返ってこないと言うことも考えられます。

LINEでの告白は、お互いの顔が見えないやりとりです。

きちんと相手のことを思い、返信しやすい内容と、相手がリラックスしたタイミングで送ることが大切です。

きちんと相手のことを考えられた内容であれば、相手もあなたも素直にLINEでの告白を受け入れ交際がスタートするかもしれません。

【LINE告白を成功する方法は、こちらの記事もチェック!】