私たち人間は生きていくためには水分を様々な形で摂取しなければいけないのですが、水分を摂取する場合大抵飲料水から水分を摂取すると思います。

そんな飲料水にはたくさんの飲み物の種類が存在しており、水、お茶、炭酸飲料水、果実飲料など様々な飲み物が存在しています。

そんな飲み物の中でも特に大人になると好きになってしまうのがコーヒーです。

コーヒーが好きな方は毎日一杯以上はコーヒーを飲まないとストレスを感じてしまうという方などは多いです。

それだけ私たち日本人にとってもコーヒーという存在は切っても切り離せないような存在になっているのです。

どれだけ切っても切り離せない関係性なのかと考えた時に、私たち日本人は世界で見ても日本特有の文化でコーヒーを飲んでいるという点などもその証拠として挙げられます。

例えば、私たち日本人においてはアイスコーヒーの存在は定番だと思っていますが、海外を見てみるとホットコーヒーが定番でアイスコーヒーが存在していない場合もありますし、缶コーヒー自体の存在も基本的にはほとんど存在していません。

これらは全て日本特有の文化であると言っても過言ではないのです。

なので、日本人にとってそれだけコーヒーが慣れ親しまれている証拠であり、切っても切り離せないように欠かせない存在になっているということなのです。

今回はそんなコーヒーをテーマにして、コーヒーを飲むことによって得ることができるプラスな効果、そして、マイナスな効果などをご紹介していきたいと思います。

コーヒーの効果が本当にすごかった!?

子供の頃はあまり飲むことが少ないコーヒーですが、甘いコーヒーなら子供でも飲んでいる可能性は高いかもしれませんね。

そんなコーヒーですが、一般的に想像される以上にプラスの効果が含まれている事が判明しています。

普段何気なくコーヒーを飲んでいるという人もいるかもしれませんが、そんなコーヒーという飲み物には毎日たくさんのパワーを与えられていると考えることができるのです。

今回は具体的にコーヒーを飲む事でどのようなプラスの効果を与えてくれるのかということを中心にご紹介していきたいと思いますので、普段日常的にコーヒーを飲まないような人にこそ知っていただき、コーヒーを愛飲する魅力を知って頂きたいと思います。

コーヒーの効果11個


あなたはコーヒーを飲むことによって得ることができるプラスの効果を理解してコーヒーを飲んでいますか?

人によってはしっかりとコーヒーのプラスの効果を見据えた上でコーヒーを飲んでいる方もいるかもしれません。

一般的にコーヒーのプラスの効果として有名なのがカフェインが含まれていることによる覚醒効果が知られていることが多いと思います。

例えば、眠気がひどい時にコーヒーを飲むことによって眠気を遮ることができると考えられています。

しかしながら、それはコーヒーに含まれているプラスの効果のたった一つに過ぎません。

コーヒーに含まれているプラスの効果はとてもたくさん存在していますので、この機会に今まで知らなかった事実を知って、日常生活の様々な場面で活躍することができるようにコーヒーを飲む習慣を取り入れるようにしてみてください。

ダイエット効果

コーヒーを飲むことによって得ることができるプラスの効果の一つとして「ダイエット効果」を見込むことが可能です。

なぜコーヒーを飲むことによってダイエット効果を得ることができるのかと考えた時に、コーヒーの中に含まれている成分が関与していると考えることができます。

どのような成分が存在するのかと考えた時に、まずはコーヒーに含まれているカフェインの成分ですが、カフェインの成分には体の脂肪を分解する消化酵素を活性化させる作用が含まれており、リパーゼという成分がこれを促して脂肪が溜まるのを抑えてくれる効果をもたらしてくれます

そして、それ以外にもコーヒーに含まれているクロロゲン酸という成分が存在しますが、このクロロゲン酸に関しても脂肪を分解する効果や脂肪を体の中に蓄積させないようにする抑制効果を期待することができます。

だから、食事を通して摂取してしまった無駄な脂肪などを積極的に燃焼させてくれる効果を見込むことができるのです。

なので、コーヒーは体に余計な脂肪がたまるのを防いでくれるダイエット効果を持っている飲み物であると判断することが出来ます。

アンチエイジング効果

次にご紹介するコーヒーを飲むことによって得ることができるプラスの効果の一つとして「アンチエイジング効果」を期待する事も可能なのです。

なぜコーヒーを飲むことによってアンチエイジング効果を期待することができるのかと考えた時に、まず私たちの体においでmTORという細胞内にある成分を知る必要性があります。

この成分は主に情報を伝達するような役割を持っている物質なのですが、それ以外の役割として伝達された情報をそのまま書き写したり、あるいは翻訳したりするような役割などを行っており、私たちの体を形作る細胞を増やしたり、もしくは私たちの体が活動するエネルギーなどを生み出したりするような役割も担っているのです。

そんな役割を持っているmTORですが、一見すると良い成分だと判断されやすいですよね。

しかし過去の実験によってコーヒーを飲むことでmTORを抑える働きが見つかり、このmTORを抑えた方がアンチエイジング効果が高いという事が発見されたのです。

いわゆる抗酸化作用というものです。

なので、コーヒーを飲むことによってmTORを抑制させることが出来、それによって老化を遅らせることが出来るという事が立証されたのです。

それらを踏まえて考えてみることにより、コーヒーを飲むことによってアンチエイジング効果を期待することが出来るのです。

また、それ以外にもブラックコーヒーを飲むことによって私たちの体に日常的にダメージを与える紫外線の影響を薄くする効果があると言われています。

紫外線対策としても有効な手段であり、実際にブラックコーヒーを飲むことにより体の中から色素沈着させる作用を持っているホルモンを活発化させる効果も見込むことができると言われていますので、まさに美容と健康に良い効果を得ることができる飲み物だと定義することができます。

このことからも、シミやシワを防ぐ飲み物であると考えることができるので、アンチエイジング効果を持った飲み物であると定義することができます。

リラックス効果


次にご紹介するコーヒーを飲むことによって得ることができるプラスの効果の一つとして「リラックス効果」を得ることが出来ると言われています。

なぜコーヒーを飲むことによってリラックス効果を得ることができるのかと不思議に感じる方もいると思いますが、これはコーヒーを飲むことによって私たちの脳にあるアルファ波と呼ばれる特殊な波長が存在するようになる事が一つの理由であると言われています。

アルファ波とは一体何なのかと考えた時に、アルファ波とは「人や動物の脳が発生する電気的信号」という意味であり、その内8~13Hzに該当する波長が主にアルファ波と呼ばれています。

これだけを聞いても、いまいちアルファ波とリラックス効果の関連性についてしっくりこないと思いますが、分かりやすく説明すると私たちが安静にしている時や睡眠を行っている時に関してはアルファ波が占める割合がとても高くなっている事が判明しているのです。

それを踏まえて考えてみると、私たちの体の中にアルファ波が流れている時というのは、基本的に体がリラックスしている時であると考えることができますよね。

なので、コーヒーを飲むことによってアルファ波が流れるという事はリラックス効果を得られる証拠であり、コーヒーは飲む事でリラックス効果を得ることが出来ると判断することが出来るのです。

誰しもがビジネスの場面などにおいて緊張するような習慣があったりすると思いますが、そのような時にブラックコーヒーを飲むことによってリラックス効果を得る事が出来るという事になります。

なので、本来の自分を保つことが出来るようになる可能性が増えますので、ここぞという時やビジネスでのチャンスを作りたい時にはコーヒーを飲むようにしてください。

脳の活性化

次にご紹介するコーヒーを飲むことによって得ることができるプラスの効果の一つとして「脳の活性化」が存在しています。

これは一体どういうことなのかと考えると、たくさんの方が知っている通りコーヒーにはカフェインという成分が含まれており、カフェインという成分が私たちの脳の中に存在している中枢神経を刺激してくれることによって眠気を遮断してくれる効果を得ることができます。

そうすることによって眠たい時に動かない脳を活性化させて様々な思考を凝らすことができる状況に変化させることができるのです。

それ以外にもコーヒーを飲むことにより脳の血管を収縮させて脳の中の血流を良くさせる効果を得ることができると言われており、脳の血流を良くすることによってしっかりと頭が冴えるようにプラスの効果を与えてくれると言われています。

なので、コーヒーを飲むことによって脳の活性化を得ることができるのでプラスの効果であると判断することができるのです。

ちなみに予備知識として知っていただきたいのが大体コーヒーを飲んでどれくらいでこのような効果が得ることができるのかということですが、だいたいカフェインが効き始めるまでに20分ほどの時間が必要であると言われています。

そして、個人差がありますので絶対とは言えないのですがだいたい1時間後が最大に聞き始め、それから4時間程度まではその効果を見込むことが出来ると言われています。

なので、自分にとって大事な場面の20分前であったり、眠気を感じやすい寝起きの瞬間などにコーヒーを飲むことによってコーヒーの恩恵を最大限に受けることができるようになりますので、コーヒーを飲むタイミングについても今後は意識をしてみるとより効果を得やすくなると思いますよ。

肝臓に良い

次にご紹介するコーヒーを飲むことによって得ることができるプラスの効果としては「肝臓に良い」という効果が存在してます。

なぜコーヒーを飲むことで肝臓に良い効果を与えてくれるのかと考えた時に、初めに知っていただきたいのは活性酸素という存在についてなのですが、活性酸素とは「呼吸をすることによって取り込まれた酸素」になるのですが、この活性酸素を過剰に発生させてしまうと自分の体が酸化してしまうというデメリットが起きてしまうのです。

しかしながら、生きるためには私たちは呼吸をしなければいけないので、この活性酸素を無くす事などは出来ないのです。

そして、活性酸素のデメリットが生じるとどうなるのかと考えると、老化や体調不良を引き起こしてしまうというデメリットが生じるようになります。

つまり一言で簡単に表すならば体が錆び付いてしまうということです。

これは自分の体の各器官に影響を与えますので、当然肝臓なども対象になるのですが、コーヒーの中にはクロロゲン酸という成分が存在しており、このクロロゲン酸が活性酸素の発生を抑える効果を持っているのです。

つまり、肝機能の低下を招いてしまう恐れがある活性酸素などを除去する働きや効果を期待することができる成分と判断することができますので、結果的にコーヒーを飲むことによって肝臓を守る、つまり肝臓に良い効果を得る事が出来ると定義することが出来ます。

二日酔い解消

次にご紹介するコーヒーを飲むことによって得ることができるプラスの効果として「二日酔い解消」などが期待できると考えることが出来ます。

なぜコーヒーを飲むことによって二日酔いを解消することができるのかと考えた時に、結論を言えばコーヒーを飲むことによって自分の体の中の血管を収縮させる効果を期待することができるからと言えます。

ではどうして血管を収縮することが二日酔いを解消することにつながるのかと考えると、二日酔いになってしまうメカニズムを考える必要性があります。

二日酔いになってしまった場合は当然たくさんのアルコールを摂取してしまったことが原因になると思うのですが、たくさんのアルコールを摂取してしまうことによって自分の体の中にアセトアルデヒドという成分を発生させることがわかっています。

そして、アセトアルデヒドが発生することによって自分の体の中をめぐっている血液が酸素を取り入れようとした時に、酸素を取り入れる分血管が拡張しますので、血管が拡張することによって自分の体の中の神経を刺激してそれが痛みに繋がってしまうというメカニズムになるのです。

それを踏まえて考えてみると、血管が拡張することによって神経を刺激して痛みが発生しますので、この神経の拡張を防ぎ収縮させる効果を持っているコーヒーはまさに二日酔いの解消にうってつけの効果を持っていると考えることができます。

なので、コーヒーを飲むことによって得ることができるプラスの効果として二日酔いの解消が挙げられると考えることができるのです。

うつ病予防

次にご紹介するコーヒーを飲むことによって得ることができるプラスの効果として「うつ病予防」などが期待できると考えることが出来ます。

なぜコーヒーを飲むことによってうつ病を予防することができるのかと考える時に、考えられる理由としてはコーヒーに含まれているカフェインの成分が理由であると捉えることができます。

どうしてカフェインの成分がうつ病予防するプラスの効果を与えてくれるのかと考えると、カフェインを摂取することによって私たちの体の中の中央神経システムを刺激してくれるからだと考えることができます。

この神経システムを刺激することにより、神経伝達物質が正常に分泌をすることを促してくれますので、そうすることによって自分の精神を安定させてくれる効果を得ることができるのです。

うつ病になってしまう場合を想定してみると、精神バランスが崩れて情緒不安定になってしまったりすることがひとつの症状として考えることができますので、この精神バランスを保つことができる効果はまさにうつ病予防してくれる効果であると判断することができます。

実際にアメリカのハーバード大学で行われた調査などに関しても、数字として一日に2~4杯のコーヒーを飲んでいる人は大体10%ほどうつ病にかかるリスクが低い事が判明しています。

なので、これを踏まえて考えてみるとうつ病予防してくれる効果を見込むことができ、コーヒーはうつ病予防というプラスの効果を持っている飲み物であると断定することができるのです。

消化促進

次にご紹介するコーヒーを飲むことによって得ることができるプラスの効果として「消化促進」などが期待できると考えることが出来ます。

なぜコーヒーを飲むことによって消化促進を期待することができるのかと考えた時に、コーヒーの中に含まれている成分が関係していると言われています。

具体的にはコーヒーの中に含まれているカフェインであったり、クロロゲン酸などが作用するのですが、これらの物質が作用することにより自分の胃の粘膜を刺激するからであると言われています。

その証拠に朝起きて得に食事をせずにブラックコーヒー飲みを飲んだことがある方ならば経験したことがあると思うのですが、食事をせずにブラックコーヒーを飲んだりする人はおそらく胃が空っぽの状態でコーヒーを飲んで胃の粘膜を刺激されることにより胃液の分泌が多くなって胃が痛くなってしまったり、気分が悪くなってしまった経験をしたことがあると思います。

これは正しく消化促進されていることによって引き起こされたどちらかといえば悪い効果の一例になります。

しかしながら、この症状経験したことがある方ならば分かるように、それだけコーヒーを飲むことによって得ることができる消化促進効果は大きな効果を持っていると考えることもできるのです。

このことからも、コーヒーを飲むことによって得ることができる消化促進効果は立証され、コーヒーを飲むことにおいてのプラスの一面として捉えることができるのです。

糖尿病予防効果

コーヒーを飲むことによって期待することができる大きなプラスの効果の一つとして「糖尿病予防効果」を得ることが出来ます。

なぜコーヒーを飲むことによって糖尿病予防効果を得ることができるのかと考えた時に、コーヒーに含まれているクロロゲン酸の作用が理由の一つとして考えられています。

具体的には、食事をする時にコーヒーを合わせて摂取することにより、クロロゲン酸の恩恵を受けることができ、インスリンを活性化する効果を得る事が出来ると言われています。

インスリンとは自分の体の中の血糖値を下げることができる成分なのですが、糖尿病に関してはこのインスリンが不足してしまうことによって血糖値が高くなってしまって引き起こされる病気になるのです。

つまり、インスリンが作られないと糖尿病が引き起こされてしまうと考えることができますので、インスリンを活性化させることができるクロロゲン酸を含んでいるコーヒーという飲み物は糖尿病予防の効果を持っていると考えることができますので、糖尿病予防効果があると断定することができるのです。

もしも糖尿病予防効果を見込んだ状態でコーヒーを飲もうと思っているのであれば、可能であればかなり多めのコーヒーを飲むことがおすすめです。

具体的には1日に5.6杯程度などを飲む事で良い効果を得ることが出来ると言われていますので、積極的にコーヒーを飲むようにしてみてください。

口臭予防

コーヒーを飲むことによって期待することができる大きなプラスの効果として「口臭予防」も得ることが出来ると言われています。

なかなか自分では気づきにくい口臭の問題に関しては、相手にとても嫌なイメージを与えてしまいますので、日常的に対処しておきたい問題ではありますよね。

そんな口臭の問題ですがコーヒーを飲むことによって予防することができると言われているのですが、なぜコーヒーを飲むことで口臭予防の効果を期待することができるのかと考えると、コーヒーの中に含まれているフラン類という成分が関係していると言われています。

このフラン類という成分に関しては食物におけるニラなどの不快な匂いを発生させる匂いを打ち消してくれる効果を持っています。

なので、餃子などを食べた後に口臭が気になったりする形がいると思いますが、コーヒーを飲むことによってそれを予防させてくれるのです。

それ以外にも、先ほど触れたようにコーヒーを飲むことによって抗酸化作用を見込むことができるのですが、この抗酸化作用に関しては歯周病を防ぐともいわれています。

そもそも歯周病は活性酸素が原因で引き起こされる可能性があると言われていますので、この活性酸素を防ぐ抗酸化作用を持ったコーヒーは結果的に見ると口臭予防につながっていると考えることができます。

なので、コーヒーを飲むことによって口臭予防という大きなプラスの効果を期待することができると考えることができるのです。

片頭痛を軽減する

コーヒーを飲むことによって得ることができるプラスの効果としては「偏頭痛を軽減する」効果を見込むことが出来ると言われています。

なぜ偏頭痛を軽減することができるのかと考えた時に、そもそも偏頭痛がなぜ起こってしまうのかということを理解する必要性があります。

偏頭痛が起こってしまう原因をたどって考えてみると、結果的には自分の体の中に存在している血管が過激に拡張されてしまうことによって引き起こされている痛みであると判明しています。

つまり、先ほどご紹介した二日酔いととても似ている痛みであると考えることができます。

偏頭痛は結果が拡張して周りの神経が刺激されて炎症が起きることにより発生すると言われていますので、これを防ぐためには血管の拡張を防ぐ収縮作用をもたらすことが大切なのです。

なので、コーヒーを飲むことによって血管を収縮させる効果を見込むことができますので、偏頭痛を軽減することができると考えることができるのです。

まって!実はコーヒーにはデメリットもあるんです

コーヒーを飲むことによって想像以上にさまざまなプラスな効果を得ることが出来るという事がお分かりいただけたと思います。

これまで自分を悩ませてきたようなことがもしも該当するのであれば、日常的にコーヒーを飲む習慣を取り入れることにより悩みを解決することができる可能性がぐっと高まると思います。

しかしながら、物事には良い面もあれば悪い面もあるように、コーヒーを飲むことに関してもプラスの効果もあればマイナスの方かも存在するということに目を向けなければいけません。

ではコーヒーを飲むことによってどのようなマイナスの効果を得てしまうのかということについてここからピックアップしてご紹介していきたいと思います。

普段からコーヒーを愛飲している方の中で、これからご紹介するマイナスな効果が影響して悩んでいるという方は少しコーヒーの摂取を控えた方が良いかもしれません。

胃が荒れる

コーヒーを飲むことによって得てしまうマイナスの効果としては「胃が荒れる」という効果が存在しています。

なぜコーヒーを飲むことによって胃が荒れてしまうのかと考えた時に、これは先ほどご紹介したプラスの効果である消化促進の影響であると考えることができます。

先ほども具体例を出してお伝えしましたが、朝起きたばかりなどの胃に何も入っていない状況でコーヒーを飲んだりしている場合は、胃の粘膜を刺激されることにより胃液が増加してしまったり、気分が悪くなったりすることによって胃が荒れてしまうデメリットが起きてしまうのです。

もちろんこれに関しては対処法として、コーヒーを飲む時には何かしらの食べ物を胃に入れるなどの行動を伴うように心がけてください。

そうする事により、きちんと消化作用を高める効果を見いだすことができます。

何も食べないでコーヒーを飲んでいるが原因になっていますので、その点を気を付けるようにすれば避けることが出来るポイントだと理解してください。

発がん性

コーヒーを飲むことによって得てしまうマイナスの効果としては「発がん性」が存在すると考えることが出来ます。

なぜコーヒーを飲むことによって発がん性を得てしまうのかと考えた時に、コーヒーの中に含まれている成分が関係しており、コーヒーの中に含まれているアクリルアミドという成分が発がん性を持っていると言われています。

しかしながら、これも考え方によって難しい部分になるのですが、アクリルアミドに関しては焙煎の方法によって変化することが判明しており、浅煎りよりも深煎りの方が増加したり、コーヒーカスを入れる入れないでも変化すると言われています。

なので、作り方に問題があると考えることができるのですが、インスタントコーヒーや缶コーヒーに関しては添加物などがたくさん入っていますので、これらに関しては基本的にあまりお勧めは出来ない飲み物だと考えられます。

しかし、それとは反対にコーヒーには癌を予防する効果を持っている抗酸化作用を与えてくれるメリットもありますので、結局考え方によって変化するマイナス効果として考えられています。

一般的には添加物などが入っていないコーヒーなどは飲んでも問題がないと言われていますので、添加物の入ったコーヒーは極力飲まないようにすることが一番の改善ポイントになると捉えることができます。

睡眠妨害

コーヒーを飲むことによって得てしまうマイナスの効果としては「睡眠妨害」も挙げられます。

なぜコーヒーを飲むことによって睡眠妨害が引き起こされてしまうのかと考えた時に、これはプラスのポイントでもお伝えした覚醒効果が影響していると考えることができます。

先ほど触れたように、脳を覚醒する効果をコーヒーは持っていますので、眠たい時に飲むことによって眠気を遮断してくれるのですが、逆に考えてみると眠ろうと思った時にコーヒーを飲んでしまうと睡眠を妨害してしまう効果がありますので、状況によってはそれがプラスの効果にもなるし、マイナスの効果にもなってしまうと考えることができるのです。

なので、大切なのはコーヒーを飲むタイミングを自分自身でよく考えながら判断しなければいけないということです。

寝る数時間前にはコーヒーを飲まないように注意をしておけば特にマイナスポイントになるようなことはありませんので、自己管理を徹底しておけば防げるマイナスポイントだということは理解してください。

コーヒーの効果を理解して、正しい飲み方で飲もう(まとめ)

コーヒーにはプラスのポイントのもあれば、マイナスのポイントもある効果を持った飲み物だということがよくおわかりいただけたと思います。

しかしながら、コーヒーに関してはきちんと効果を理解して正しい飲み方をすることによって、よりたくさん飲むメリットを得ることができるということは事実なのです。

なので、世の中に存在している便利な道具と同じように、正しい使い方を理解しておけば、本当に自分の身体に良い飲み物だと言えます。

なので、これから過ごす日常の中でコーヒーの恩恵を受けたいと思った時には、積極的にコーヒーを摂取して見るようにしてみてください。

きっとあなたに良い効果を与えてくれるはずですよ。